カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
172

物理モデリング音源いろいろ(第1回:ピアノ音源)

こんにちは。前回からだいぶ開いてしまって申し訳ありません。 今日は先日の続きで物理モデリング音源を色々紹介してみたいと思います。まだまだ数は少ないんですが結構いい音出すのが揃ってるんですよね。 まず今日はピアノ音源を紹介しましょう。先日も紹介した pianoteq と TruePianos です。 ■pianoteq http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq 物理モデリング音源の醍醐味はなんといっても滑らかなベロシティレイ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。前回からだいぶ開いてしまって申し訳ありません。<BR> 今日は先日の続きで物理モデリング音源を色々紹介してみたいと思います。まだまだ数は少ないんですが結構いい音出すのが揃ってるんですよね。<BR> <BR> まず今日はピアノ音源を紹介しましょう。先日も紹介した pianoteq と TruePianos です。<BR> <BR> ■pianoteq<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq" target="_blank" title="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq">http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq</a><BR> <BR> 物理モデリング音源の醍醐味はなんといっても滑らかなベロシティレイヤ。これはデモソングを聴いて頂くと随所に感じ取れると思います。なるほどピアニッシモからフォルテへ上り詰める流れがとてもスムーズに聴こえますね。<BR> <BR> そしてもう1つの特徴が音色変化の幅です。<BR> サンプリング型ピアノ音源はモデルとなるピアノの音を収録しますので、基本的にそのピアノの音しか出せません。しかし物理モデリング音源はパラメータを操作することで自由に音色を変化させることが出来ます。自分だけのピアノが作れるわけですね。<BR> <BR> ただこれは欠点と言えるかもしれません。<BR> 例えば Bosendorfer みたいな音が作りたいなと思っても、それはあくまで「みたいな」音であり本物のそれとは違います。ですから物理モデリング音源はビジネス的には売りにくい一面があるのかなと想像しています。もちろん世界の名器を超える音が作れる可能性もあるわけですが。<BR> <BR> <BR> 【前回の解答】<BR> さて、そんな pianoteq の演奏は、先日紹介した演奏(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-170.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)の2番目でした。他の演奏に比べて音が真っ直ぐストレートに伸びているように聴こえます。このストレートさ、好印象の方とそうでない方がおられるのではと想像します。私は少し素直すぎる印象。音質も透明感が高くとても綺麗ですが、少し綺麗すぎでしょうか。<BR> <BR> しかし、基本的なポテンシャルの高さを感じさせますので、今後、楽器独特の味わいや複雑さを表現できるようなパラメータが追加されれば、とても面白いことになると想像しています。リリースを重ねるごとに更に良くなっていくことでしょう。とても楽しみです。<BR> <BR> そして気になる VIENNA Bosendorfer の音は1番目の演奏、生演奏は3番目でした。生演奏はわかり易かったのではないかと思います。如何だったでしょうか?<BR> <BR> <BR> 続いて紹介したいのが TruePianos です。<BR> こちらは最近はやりのハイブリッド音源です。はやりのハイブリッドと言っても「サンプリング」と「物理モデリング」のハイブリッドです。ガソリンと電気ではありません(笑)。サンプリング音を少し内包していますので純粋な物理モデリング音源より少しサイズが大きめです。しかし、代表的なサンプリング型音源と比べればそのサイズは無視できるほどに小さいと言えます。<BR> <BR> ■TruePianos<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a> <a href="http://www.truepianos.com/" target="_blank" title="http://www.truepianos.com/">http://www.truepianos.com/</a><BR> <BR> こちらもデモソングがいっぱいおいてあるので聴いてみてください。なかなかに使える音です。Sonar にも1種類が付属しているんですよね。ありがたいことです。お持ちでない方はトライアル版もダウンロードできますので、一度試してみてはいかがでしょか。<BR> <BR> 私もデモソングを幾つか聴いてみました。音の傾向は pianoteq と同じで、やはり物理モデリング音源らしくどこまでもストレートで透明感の高い音が出てきます。私は atlantis の音色が気に入りました。diamond はその名の通り非常に硬い音質でこちらもなかなか。amber、emerald は暖かい音色ですね。いろいろな種類があり、実際の楽曲作りの中で最適な音色が選べるのはとても実用的です。<BR> <BR> 私の印象としては、どの音色も完成度が高く曲中で「なかなか」と感じさせる場面も多々ありますが、全体として各音色とも一本調子なところが垣間見えることがあり、「この音と全く同じ音を数小節前も聴いた」などと認識できる場面があります。こちらも今後の伸びに期待したいですね。<BR> <BR> <BR> ピアノ音源に限らず、現在の「物理モデリング」を詠う音源はたいてい「ベロシティレイヤのスムーズさ」を売りにしています。サンプリング型のように少数のベロシティレイヤーの配分量を組み合わせて音量を表現するのではなく、無段階で生成できることを特徴として詠っているわけなのですが、私としては、これをサンプリング音源に対するアドバンテージと捉えているうちはまだサンプリング音源には勝てないのかなと思います。<BR> <BR> 理由はうまく言えませんが、音源として勝負すべきはそこじゃない気がします。本物らしい音はベロシティレイヤの量で決まらない印象です。その裏付けと言ってはなんですが、スムーズさを詠う物理モデリング音源のデモソングは私にとっては気持ち悪いぐらいスムーズに聴こえます。本物の演奏はそんなにスムーズじゃありません。私としては物理モデリング音源が次に何を詠い文句にするのかに大変興味があります。<BR> <BR> <BR> と言うことで今日は物理モデリング音源のうちピアノ音源を紹介してみました。ここまで読んで下さった方へのお礼として、私の持っている <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="Ivory II Italian Grand"><u>Ivory II Italian Grand</u></a> でも先週紹介した Debussy - Clair de Lune のデモソングを作ってみたのでお聴きください(体力の限界のため途中までですが、、、笑)。<BR> <BR> ■VIENNA Bosendorfer<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperial.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperials.png" alt="VIViennaImperial.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■pianoteq<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■Ivory II Italian Grand<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="IvoryII Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/debussy-clair-de-lune-4">Debussy Clair de Lune-4</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> 次回はオーケストラ系の物理モデリング音源 WIVI を紹介します。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-177.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/172/clap" id="fc2button-clap-172" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-172").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/172/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="//media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
170

サンプリング音源 vs 物理モデリング音源 vs 生演奏

サンプリング型音源全盛期の現在でありますが、最近は物理モデリング音源も台頭してきました。どちらの音源のほうが優れているのでしょうか?また、本物のピアノとはどれほどの開きがあるのでしょうか? ここでそれぞれの音を聴いてみましょう。生録音、サンプリング型音源代表として VIENNA Bosendorfer、物理モデリング音源代表として pianoteq です。比較がしやすいように同じ曲を集めました。曲目は Debussy - Clair de Lun... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> サンプリング型音源全盛期の現在でありますが、最近は物理モデリング音源も台頭してきました。どちらの音源のほうが優れているのでしょうか?また、本物のピアノとはどれほどの開きがあるのでしょうか?<BR> <BR> ここでそれぞれの音を聴いてみましょう。生録音、サンプリング型音源代表として VIENNA Bosendorfer、物理モデリング音源代表として pianoteq です。比較がしやすいように同じ曲を集めました。曲目は Debussy - Clair de Lune、ベルガマスク組曲より「月の光」です。とっても落ち着いた幻想的な曲です。演奏順番は秘密です(笑)。次回のブログで紹介しますね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperial.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperials.png" alt="VIViennaImperial.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Model_290.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Model_290s.jpg" alt="Model_290.jpg" border="0" width="159" height="106" /></a> <BR> <BR> 聴き方についての注意ですが、ピアノ発表会じゃないんで、演奏表現を評価しないでくださいね。純粋に発音や減衰、ダイナミクス表現、響きの自然さ、複雑さなど音源として評価してくださいよ(笑)。音量に捕らわれるのも禁物です。<BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048665%3Fsecret_token%3Ds-5aTlR&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048665%3Fsecret_token%3Ds-5aTlR&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-3 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 物理モデリング音源の歴史は意外と古いものかもしれません。シンセサイザーが世に出回り始めたころ、各楽器の音は基本波形の加工によって擬似的に再現されていました。サンプリング型音源に必要な大容量データを積み込めるだけの記憶デバイスが容易に利用できなかったためです。また、PCの処理能力も低く再現アルゴリズムも貧弱であり「似た感じの音」を再現するのが限界。リアリティとはおよそほど遠いレベルのものでした。<BR> <BR> そこに登場したのがサンプリング音源。「波形によって音を作り出すのが難しいならその楽器の音をそのまま録音してしまえ!」と言う至って単純な発想に基づきます(笑)。ムーアの法則によって成長するコンピュータ市場の流れもあり大容量ストレージデバイスの急速な普及に伴って収録方式のスタンダードとなりました。<BR> <BR> 現在では、その楽器のあらゆるアーティキュレーション(奏法)や音量の差による音色の違い(ベロシティレイヤー)を圧倒的な高音質で全て収録し、ひとたび鍵盤を押さえればいつでも最適なサンプルが再生される。容量もさることながら再生技術も成熟し、マルチレイヤーや響きの再現など、一聴しただけでは本物と聴き分けられないほどのリアリティを獲得しています。<BR> <BR> しかし、この方式にも大きな欠点がありました。<BR> 例え豊富な奏法やベロシティレイヤーを収録しても、実際の演奏表現を超えることが原理的にできないのです。例えばトランペットが1つの音をロングトーンしていたとき、途中から突然クレッシェンドするかもしれませんし、その後穏やかにディミニエンドして消えていくかもしれません。いつどのタイミングで発生するか分からないイベントに対してそのサンプルを全て収録することは不可能なのです。<BR> <BR> そこで登場するのが物理モデリング方式です。<BR> サンプリング方式が音を「再生」するなら、物理モデリング方式は音を「生成」します。例えばピアノ音源であれば、他の弦の振動・キャビネットの共鳴・ペダルやハンマー位置による相互作用・ハンマーの固さによる音色の変化、これらを全て演算によって音を生成するのです。特定の条件化でのみ収録されたサンプリング音源には到底出来ない業です。<BR> <BR> 現在のコンピュータは非常に高速になり、こういった複雑な計算も瞬時に行えるようになりました。大容量サンプルを必要としない物理モデリング音源は圧倒的な低サイズにもかかわらず驚くほどのリアルな音を生成し、音色調整の幅を提供します。次世代の再生方式と言っても良いのではないでしょうか。<BR> <BR> 私の個人的な意見としては、物理モデリング音源は発展途上だと考えます。これは様々な物理モデリング音源の音を聴いてみた私なりの感想です。現時点では物理モデリング音源はサンプリング型音源を超えられていません。しかし、暫くの間はサンプリング型音源が主役を守り通す中で、物理モデリング音源はそのアルゴリズムを着実に進化・精錬させ、最終的には名器の味わいさえも表現するようになるでしょう。その時は小さな自分の部屋で世界の Bosendorfer を超える音が出せる至福の時になるのでしょうね。<BR> <BR> さて、次回は現在の代表的な物理モデリング音源を紹介してみることにしましょう。<BR> <BR> それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/170/clap" id="fc2button-clap-170" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-170").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/170/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
125

Ivory II Italian Grand の機能紹介

Ivory II はピアノの持つほとんどの機能を再現すべく作られているのはこのブログでご紹介している通りです(こちらから)。今回はそれらの機能が Ivory II の中でどのように実現されているか見てみましょう。 ■Ivory II の画面構成 Ivory II は4つの画面から構成されています。 Session 音源の設定画面。メモリの使用量やベロシティカーブ、チューニングなどを設定する。 Program ピアノの設定画面。打鍵・ペダルノイズ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> Ivory II はピアノの持つほとんどの機能を再現すべく作られているのはこのブログでご紹介している通りです(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。今回はそれらの機能が Ivory II の中でどのように実現されているか見てみましょう。<BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■Ivory II の画面構成</u></span><BR> <BR> Ivory II は4つの画面から構成されています。<BR> <table> <tr><td>Session</td> <td>音源の設定画面。メモリの使用量やベロシティカーブ、チューニングなどを設定する。</td></tr> <tr><td>Program</td> <td>ピアノの設定画面。打鍵・ペダルノイズ量、各種レゾナンス量、ピアノの蓋の開け具合などを調整する。</td></tr> <tr><td>Effects</td> <td>エフェクト調整画面。イコライザ、コーラス、アンビエントの調整を行う。</td></tr> <tr><td>Preferences</td><td>バージョンの確認画面。</td></tr> </table> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Session.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Sessions.png" alt="Session.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Session 画面ではご覧の通り、ピアノ音源としての各種設定がまとめて行えるようになっています。<BR> ピアノの音色プリセットもこの画面(右上)で選択できます。プリセットはクラシック、ジャズ・ポップスなどの雰囲気に合わせたものからシンセパッドを加えたアンサンブルまで20種類以上から選べるようになっています。<BR> さて、ではこの画面の代表的な機能を紹介しますね。<BR> <table> <tr><td>Memory Use</td><td>メモリ使用量の設定。メモリに余裕がある場合は大きめに。</td></tr> <tr><td>Voices</td><td>同時発音可能数。たくさんのキーを同時押下するなら大きめに。</td></tr> <tr><td>Half Pedaling</td><td>ダンパーペダルを踏むか離すかではなくダンパーペダルの滑らかな変化を追従するモード。当然 MIDI(演奏楽器)側も対応している必要があるので注意。</td></tr> <tr><td>Ovtave</td><td>オクターブシフト設定。ピアノの全キーを備えない小さなキーボードを使用する場合などは曲に合わせてシフトさせるとよい。</td></tr> <tr><td>Transpose</td><td>移調設定。半音ずつ上がったり下がったり。私の大好きな機能(笑)</td></tr> <tr><td>Fine Pitch</td><td>100シフトさせると半音上がる(下がる)。</td></tr> <tr><td>A4 Pitch</td><td>基準音 A4 のピッチを設定する。演奏前に他の楽器と合わせましょう。</td></tr> <tr><td>Silent Key Vel</td><td>新機能!ピアノってとてもソフトにタッチした場合は音が鳴らないんですが、そのレベルを再現するための設定です。現代音楽では無音でキーを押さえ、そこに別の音を加えたときに得られる無音キーとの共鳴を演出するような音楽もあり、Ivory II ではそれすらも再現できます。</td></tr> <tr><td>Tunig</td><td>一般的な平均律と「stretch」と呼ばれるコンサート・チューニング技術者数名が実際にチューニングを施した「より自然な」チューニングが選べる。ソロのときはお勧め。</td></tr> <tr><td>Tuning Table</td><td>自分自身のチューニングを設定したり保存もできますよ。</td></tr> <tr><td>Arc Type</td><td>画面右のベロシティカーブの調整を行う。中域を厚くしたり、お使いの MIDI キーボードとの設定に合わせて調整しましょう。</td></tr> </table> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Program.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Programs.png" alt="Program.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Program 画面は Ivory II のメイン画面です。ピアノ鍵盤をクリックするともちろんその音が鳴ります。<BR> Ivory II の売りの1つである新機能、各種レゾナンス(共鳴)の設定もここで行えます。レゾナンスの度合いはプリセットから選べて、それを元に簡単に調整をかけられるようになっています。 下の表に紹介する各種機能の他にも画面右にある「Synth Layer」機能でピアノ音のバックにうっすらとストリングシンセを加えて雰囲気を追加するようなことも出来ます。Ivory II を購入した当初は邪道な機能だと思っていたのですが、使ってみるとなかなか面白くて今ではありかなと思っています。<BR> <BR> <table> <tr><td>Sustain Resonance</td><td>サステインペダルが踏まれ、ダンパーが弦から離れた状態においてピアノの弦と響板によって生まれる共鳴の量を調整します。</td></tr> <tr><td>Sympathetic Resonance</td><td>Synthogy 社独自技術であるハーモニックレゾナンス(弦の共鳴による振動現象)の量を調整します。深~い音になります。</td></tr> <tr><td>Pedal Noise</td><td>ペダルを踏んだときのノイズ量を調整します。やりすぎるとスコスコ耳障りになりますのでほどほどに(笑)。</td></tr> <tr><td>Release</td><td>鍵盤を離してから音が消えるまでの長さを設定します。規定値より少し長めがお勧め。</td></tr> <tr><td>Key Noise</td><td>打鍵時のクッションノイズ。お好みで調整してください。</td></tr> <tr><td>Timbre</td><td>音の明るさ設定。+99 が最高値でデフォルトレコーディング状態。値を下げると音が暗くなります。</td></tr> <tr><td>Dynamic Range</td><td>音量幅の設定。ピアノソロなんかでは少し高めに、ミックス時には低めにすると吉。あまり上げすぎるとダメ。</td></tr> <tr><td>Trim</td><td>発音された音が Ivory II のエフェクトに渡される前のゲイン設定です。エフェクト設定にあわせて調整してください。</td></tr> <tr><td>Stereo Width</td><td>音の広がり感の調整。Stereo Perspective と合わせて使ってください。</td></tr> <tr><td>Lid Position</td><td>蓋の開け具合。落ち着いた暖かい曲なんかは蓋を閉めたりします。よく分からなければ全開で!(笑)</td></tr> <tr><td>Timbre Shift</td><td>結構ハイテクな新機能なんですが、まぁチェンバロみたいな音にしたければプラスに、落ち着いた暗い音にしたければマイナスへどうぞ。</td></tr> <tr><td>Stereo Perspective</td><td>Performer なら低音が左で高音が右、Audience ならその逆です。特に理由がなければ Performer で使ってください。</td></tr> <tr><td>Release Samples</td><td>鍵盤から指が離れた時にダンパーが弦に戻る音。OFF にするとメモリ使用量を大幅削減できる。アンサンブル曲なら OFF がお勧め。</td></tr> <tr><td>Soft Pedal Samples</td><td>ソフトペダルを使用しないなら OFF にすることでメモリ使用量を削減できます。</td></tr> </table> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Effects.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Effectss.png" alt="Effects.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Effects 画面では Program で設定した音色にさらにエフェクトを加えられます。<BR> イコライザとコーラスとアンビエンスがあるのですが、ピアノとして鳴らすなら基本、どれもデフォルトで十分だと思います。<BR> ミックス時にピアノの個性を調整したい場合にさりげなく手を加えるぐらいが良いかと。<BR> コーラスなんかは ON にするとクラビノーバみたいになりますので、自身の音楽に合わせて選択してください。<BR> アンビエンスも「ルーム」から「コンサートホール」まで7つほどの一般的なアンビエンスが収録されています。メインリバーブは FX トラックでかけるとして、うっすらと雰囲気を持たせる程度にするのがよいかと。もちろんソロやスタンドアローンで使用する場合はガツンと掛けちゃっても言いかと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Preferences.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Preferencess.png" alt="Preferences.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Preference 画面は主にバージョンの確認ですので特にご紹介しなくても良いでしょう。<BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■スタンドアローンでも起動できる!</u></span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIICantabileProgram.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIICantabilePrograms.jpg" alt="IvoryIICantabileProgram.jpg" border="0" width="159" height="129" /></a> <BR> <BR> Ivory II には「Ivory Cantabile」と呼ばれるスタンドアローンツールが付属しています。これを使えば DTM/DAW ソフトをいちいち立ち上げなくても単体で Ivory II を使用できてライブ演奏などに便利です。<BR> Ivory Cantabile では Ivory II Plug-In の全ての機能が使えるだけでなく、メトロノームを鳴らしたり演奏を録音できたりします。手軽に演奏するにはもってこいだと思います。自宅にキーボードはあるけどピアノの音に満足できないような方も、これならキーボードが本格的なピアノ楽器に変身しますよ!もちろんペダルやベロシティレイヤーに対応したキーボードがお勧めです。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/125/clap" id="fc2button-clap-125" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-125").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/125/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
119

ピアノ音源比較 - 投票結果発表!

半年ほど前に同じピアノ曲を製品名を隠して4つ聴いて頂いてどれが一番いいか投票して頂いたのですが(こちら)、面白いコメントなども色々頂きましたので紹介してみたいと思います。 まず、聴いて頂いた曲はこの4つ。どうです?違いが分かりますか? もう一度、聴いて頂いてコメントを添えてもらってもいいですよ~(^ ^)/~ ■投票結果 投票結果はこんな感じでした。 ・1番目  (22票/42... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 半年ほど前に同じピアノ曲を製品名を隠して4つ聴いて頂いてどれが一番いいか投票して頂いたのですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、面白いコメントなども色々頂きましたので紹介してみたいと思います。<BR> <BR> まず、聴いて頂いた曲はこの4つ。どうです?違いが分かりますか?<BR> もう一度、聴いて頂いてコメントを添えてもらってもいいですよ~(^ ^)/~<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(IvoryIIV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(QLPianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(TruePianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(HALionOneV2).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> <p><b>■投票結果</b></p> 投票結果はこんな感じでした。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoVoteResult.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoVoteResult.png" alt="PianoVoteResult.png" border="0" width="520" height="280" /></a> <BR> <BR> ・1番目  (22票/42.3%) Ivory II Italian Grand<BR> ・2番目  (15票/28.8%) Quantum Leap Pianos<BR> ・3番目  ( 7票/13.5%) True Pianos<BR> ・4番目  ( 7票/13.5%) HALion One (YAMAHA S90ES Piano)<BR> ・どれもダメ( 1票/ 1.9%) <BR> <BR> どれもダメに1票入っちゃってますね(笑)。<BR> 感想も頂いてまして「比較するには少々分かりづらい演奏データだと思いました。」という事でした。512K までしかデータをアップできない FC2 ブログの制約の中でなるべく音質を落とさず低域から高域まで含んだ意味のある音楽データを探したわけですが、確かにもう少しいいデータがあったらいいなとは思ってましたね(笑)。まぁ、今回はご勘弁ください。<BR> <BR> 得票はやはり1番が最も多く、次いで2番。順当な結果と言えます。<BR> 私は1→2→3→4の順でいいと思っていましたので共感してもらえる方が多くてよかったです。しかし、3番目と4番目が同じ結果と言うのが面白いですね。つまり TruePianos と HALion One 付属の YAMAHA S90ES Piano は同程度の評価だと受け取って良いと言うことでしょうか。確かにどちらも一長一短ありますからね。<BR> <BR> <p><b>■コメントは?</b></p> さて、コメントはそんなに多くないですが、こんな感じで頂いています。<BR> <BR> ・<u>1番目</u><BR>  工夫を施すとどれもそれなりに聞こえるものですね!1と2で迷いましたが2の方が癖はないけど好みで1番。<BR> ・<u>2番目</u><BR>  まるでピアノを鑑賞している気分です<BR>  Ivory,QL,tp,HALion?最後のは音色が安定してなくて使いたくないなぁ<BR>  なんとなく<BR>  4番目は不自然だったかな?<BR>  重すぎずクリアな音が好み<BR> ・<u>3番目</u><BR>  コメントはありません<BR> ・<u>4番目</u><BR>  正直わからん…自分に高価な音源は豚に真珠だとわかりました<BR> ・<u>どれもダメ</u><BR>  比較するには少々分かりづらい演奏データだと思いました。<BR> <BR> なんで2番目にこんなたくさんコメントが集中するんだろう、、、<BR> 1番を選ばれた方は「コメントするまでもなく当然」という事なのでしょうか(笑)、2番目が対抗馬的にコメント集中しています。1番目か2番目を選ばれた方は自分自身に好みを持っておられる感じがしますね。 いや~、票って割れるもんですね。「豚に真珠」ってそんな、、、(笑)<BR> <BR> 音源について私のコメントを添えてみます。<BR> まず1番目の Ivory II Italian Grand ですが、ペダル音がはっきり聴き取れると思います。これ、聴いて欲しかった1つのポイントなんですね。ペダル音もきちんと再現できてますよって。これが逆にスコスコ聴こえて嫌だと感じた方もおられると思います。これは調整できますのでご心配なく。音色の傾向としては「はっきりした音」と言えると思います。低域から高域までバランスよく音が広がっていますし、曲のつながりもよく、総合的な完成度が高いと感じます。また、今回はシンフォニックレゾナンスを聴いてもらいたくて多めに入れてみました。発音後の音の揺れを1番目と2番目で聴き比べてください。Ivory II の方が複雑な響きであることが分かるでしょうか。多めに入れたのでやや不自然なほど揺らいでいますが、ピアノ音源にありがちな単調な響きとは無縁です。<BR> <BR> 2番目の Quantum Leap Pianos は Ivory II Italian Grand の後に聴くと、少し音量が小さくて高域にシフトした感じが物足りないと感じられるかと思いましたが、得票数とコメントを見る限り大丈夫そうですね。Bosendorfer らしいコツン・コツンと言う静謐な発音と、EastWest が誇るマイクミキシング技術により発音後の自然な響きが特徴です。この音色がツボの人も結構おられるはず。ただ、曲中の最高音が少し薄っぺらいと感じられるのは私だけではないと思うのですが、如何でしょうか。それからシンフォニックレゾナンスには対応していませんので、発音後の響きがやや単調です。ダイナミクスの幅が小さく、盛り上がった感じがあまりしないのがやや残念。<BR> <BR> 3番目の True Pianos は個人的には1・2番目に比べて少し品位が落ちた印象がします。<BR> また、高域の発音はなかなか良好ですが、低域に厚みがないのも気になります。発音後の残響も機械的に伸びた感じが否めません。これらは1番目の後に3番目を聴くと分かりやすいと思います。そして発音直後にやや不快な音の膨らみを持った残響があります。実はこれを消したくて TruePianos にデフォルトリバーブを OFF にしたかったのですが、できませんでした。製品版ではきっと大丈夫だと思いますので、この点は差し引いて聴いて頂きたいです。それから TruePianos はシンフォニックレゾナンスに対応していまして、響きの複雑さが表現できています。これは2・4番目と比較するとよく分かると思います。<BR> <BR> 4番目の HALion One (YAMAHA S90ES Piano) は上記の1~3までのコメントを踏まえて再度聴いて頂くとどうでしょうか。まず、全体として一回り小さなピアノに感じます。また、音の厚みは一番薄く、高域ほど電子ピアノ的な印象がします。それでも低域はそれなりにリアルに表現できていまして、それを評価して YAMAHA S90ES Piano を採用しました。音の伸びはやはりダダ伸ばしになった感じで、ピアノの持つ自然な減衰とは異なります。 シンフォニックレゾナンスにも対応していませんから、発音直後に聴こえる響きは単調ですよね。ただ、ダイナミクスは出ていてなかなかいいですね。ポップスなどの曲中に混ぜるのであれば十分実用的だと思います。<BR> <BR> 次回はもう少し違った形で音源比較してみたいと思います。<BR> それでは! <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/119/clap" id="fc2button-clap-119" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-119").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/119/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
115

ピアノ音源 Ivory II オススメの選び方と要求スペック

こんにちは。今日はシリーズで紹介している(こちら)ピアノ音源 Ivory II のオススメの選び方と要求されるスペックについて綴ってみたいと思います。 ■Ivory II Grand Pianos / Italian Grand どっち? -------------------------------------------------------------- まず1つ質問をさせてください。  「あなたが欲しいのはピアノ音源ですか?   それともスタインウェイのピアノ音源ですか?」 た... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。今日はシリーズで紹介している(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)ピアノ音源 Ivory II のオススメの選び方と要求されるスペックについて綴ってみたいと思います。 <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/thumbbig-24187.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/thumbbig-24187.jpg" alt="piano" border="0" width="520" height="350" /></a> <BR> <BR> <B>■Ivory II Grand Pianos / Italian Grand どっち?</B><BR> --------------------------------------------------------------<BR> <BR> まず1つ質問をさせてください。<BR> <BR>  「あなたが欲しいのはピアノ音源ですか?<BR>   それともスタインウェイのピアノ音源ですか?」<BR> <BR> <BR> ただ漠然と「とにかく素敵な音がするピアノ音源を1つは持っておきたい」と言う方は複数ブランドのピアノが同梱されたパッケージを買う必要が本当にあるでしょうか?複数ブランドのピアノが同梱されたピアノ音源は、割り算すると割安ですがパッケージとしては単品製品より高いですよね。<BR> <BR> Ivory II Grand Pianos は Bosendorfer, Steinway, YAMAHA の3つのブランドがパッケージされて定価 43,890円。一方 Ivory II Italian Grand は1種類のピアノ(Fazioli と思われる)のみで定価 22,890円。およそ半分の値段です。<BR> <BR> Bosendorfer, Steinway, YAMAHA 各ピアノを状況に応じて使い分けたい、Bosendorfer の静謐な響きが好き、Steinway の煌びやかな音が好き、Italian Grand の音は自分の音楽の方向性とは違う、こう言う何か理由がある場合は Grand Pianos を選択した方が良いですね。<BR> <BR> しかし、どのピアノの音も素敵だった、ピアノの音の違いが分からない、何か1つあればいい、安くてもいい音のピアノが欲しい、こう言う方は Italian Grand をお勧めします。音色は EQ やエフェクト類を使ってある程度変更できますし、Italian Grand のプリセットには Jazz/POP/Rock と言った設定もあらかじめ用意されていますので、ご自身の音楽ジャンルに合わせることも出来ます。<BR> <BR> Ivory II Grand Pianos と Ivory II Italian Grand の価格差は約2倍。3種類のピアノブランドが同梱されていてお得感がありますが、結局は2倍のお金を支払わなければなりません。Ivory II Italian Grand なら半分で済みますし、しかも Italian Grand は Grand Pianos に比べて特に力を注いで完成されています(容量やベロシティーレイヤー数にもその違いは表れていますね)。<BR> <BR> 将来も見越してよく考えてみましょう。<BR> <BR> <BR> <B>■PC の要求スペック</B><BR> -------------------------- <BR> <BR> Ivory II Grand Pianos / Italian Grand は1ブランドの音色あたり数十ギガバイトの容量を持つ大容量サンプリング型音源です。ハードディスクにそれだけの空き容量がなければならないことは言うまでもありません。<BR> <BR> しかし、空き容量があってもそれを読み取るアクセス速度が十分でなければ実用に耐えません。DTM では複数の音源を使用して曲を組み立てます。それぞれの音源はきっと同じストレージデバイス内に保存されているでしょう。Ivory 単体を再生するのに十分なアクセス速度が確保されていても全ての音源を同時に再生すると読み込みが追いつかないことはしばしばあります。この場合、いずれかの音源の音は途切れることになります。<BR> <BR> Ivory II Grand Pianos / Italian Grand を十分なパフォーマンスで使用するためには SSD をお勧めします。SSD はハードディスクより高価であることが玉に瑕ですが、アクセスが高速です。もし、SSD は高嶺の花だとおっしゃる場合はハードディスクの RAID0 を検討してください。<BR> <BR> 複数の同容量のハードディスクを並列に接続し、それぞれのディスクに半分ずつデータを保存することで、読み出し速度が理論上2倍に向上します。3つ並列接続すれば3倍。ハードディクは大容量で非常に価格が安くなってきていますので、現実的な解と言えます。ちなみに私は HDD を RAID0 で4台並列に接続して使用しており、動作は快適です。<BR> <BR> 大容量の音源を購入する場合は音源代の他に、こう言った周辺機器の充実も必要になってきますのでコストの計算も重要ですね。なお、CPU パワーはそれほど消費しません。現在もしくは1世代前の CPU であっても問題なく動作するでしょう。<BR> <BR> <BR> 以上、Ivory II オススメの選び方と要求スペックについてでした。皆さんのピアノ音源導入の一助になれば幸いです。それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/115/clap" id="fc2button-clap-115" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-115").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/115/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
105

Ivory II Italian Grand はどんな音がするのか?

こんにちは。第1回「Ivory II Italian Grand の特徴」からずいぶんと間が空いてしまってすみません。今日は Ivory II Italian Grand はどんな音がするのか?を紹介していきたいと思います。 とは言っても音を聴きたいのであればサイトが用意しているデモソングを聴けばいいわけですし、当然皆さんはそんなもの聴いて済んでいると思います。でも、サイトのデモソングって色々と味付けしてあったりしてホントにこんな音が... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。第1回「Ivory II Italian Grand の特徴」からずいぶんと間が空いてしまってすみません。今日は Ivory II Italian Grand はどんな音がするのか?を紹介していきたいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIIpreferences.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIIpreferencess.png" alt="IvoryIIpreferences" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> とは言っても音を聴きたいのであればサイトが用意しているデモソングを聴けばいいわけですし、当然皆さんはそんなもの聴いて済んでいると思います。でも、サイトのデモソングって色々と味付けしてあったりしてホントにこんな音が出るんだろうな~って、半信半疑な一面もあるかと思います。私も買う前はそうでした。<BR> <BR> そこで、DTM 暦1年ちょっとの動物使いが実際にデモソングを作ってみました!これなら皆さんの方がキャリアが上だったりすると思いますので、「あぁ、自分も出来そうかな」とか、親近感が沸きません?<BR> <BR> 曲目は2曲用意しようと思います。<BR> 1つは皆さんご存知、大河ドラマ「篤姫」からメインテーマ。篤姫好きだった方も多いですよね。きっと感情移入しやすいかなと思います。ただし、版権ものなのでこのブログで直接お聞かせできませんから、下の特設サイトに用意しました。近いうちに YouTube アップしてブログに引っ張ってこようと思います。<BR> <BR> 2つ目は自作曲からの抜粋です。篤姫は実はちょっと失敗してまして、音がポンポン跳ねてしまってピアノっぽくない感じに聴こえると思います。これは私の打ち込みミスです。2作品目の「Farewell」はだいぶ打ち込み上手になりましたのでこちらを参考にして頂いた方が良いと思います。<BR> <BR> ■篤姫(動物使い作) ちょっと失敗作... 汗;<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" alt="atsu-piano" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/39152" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/39152">http://musictrack.jp/musics/39152</a><BR> <BR> ■去り行く友へのお別れの曲(抜粋)<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/farewell">Farewell</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■Debussy Clair de Lune <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/debussy-clair-de-lune-4">Debussy Clair de Lune-4</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> ■夜の風(動物使い作 POPS) 楽曲に混ぜる使い方が多いですよね<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" alt="jkt15786_1328930007_i.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/7j8fvv83riq6">夜の風</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> ■おまけ:INTO THE DEEP SEA(動物使い作)<BR>  インゥテゥルメンタル系のサウンドのバックに Ivory II Italian Grand を使ってみました。<BR>  音色確認の良い素材ではありませんが、こんな音にもなるんだよ!ってことで聴いてみてください。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> <BR> <BR> 視聴ポイント1<BR> ピアノの音に聴こえますか?そして、いい音(いい曲じゃなくて)だと思いますか? これ、大事ですよね。Ivory II Italian Grand は明るく煌びやかな音がします。<BR> <BR> 自分の思っているピアノの印象と比べてみてください。本物の最高級ピアノもそのブランドによって音が全く違います。Ivory II Italian Grand のように素直で華やかな響きのするもの、Bosendorfer のように重厚で静謐な響きのもの、様々です。「こんな音のピアノも私のレパートリーにあっていいな」、そう思えることが大事です。<BR> <BR> 視聴ポイント2<BR> なるべくよいスピーカーかヘッドフォンで音を大きめにして聴いて聴きましょう。<BR> ダイナミックレンジや音の消え入る瞬間、ペダルノイズやそれを放した瞬間の音の消え方など色んな音が聴けると思います。特に篤姫ではべダルノイズとキーノイズをあえて多めに入れています。ペダルノイズは全ての音が消えるときにスコンと言う低音が聞こえるはずです。キーノイズは1音1音コツンコツンと言う音が聴こえると思います。<BR> <BR> 視聴ポイント3<BR> 音楽的な表現の良し悪しは聴かない。<BR> これ、難しいんですよね。デモソングってちゃんとした曲の場合が多いので、「この表現は嫌いだな」とかあると思うんです。でもそれって音源の音とは何の関係もないんですよね。可能な限り感情を排除して聞いて下さい(普通の音楽鑑賞とは違う聴き方が求められます)。<BR> <BR> <BR> ■メーカーサイトより<BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand#2" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand#2">http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand#2</a><BR> <BR> お勧めはここの URL よりこっち → <a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand">http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand</a> <BR> 解説の下のほうに再生ボタンがあるはずです。リバーブが薄めで静かな曲でして、1音1音がしっかりと聴けます。こういう曲をアップできるのは音源に自信があるからだと思います。<BR> <BR> まず1つ1つの音がしっかりと個性を持っているのを聴いてください。これは大きな音・中ぐらいの音・小さな音の全てで、そして高音・中音・低音の全てで聴いてください。<BR> <BR> 次に各音の厚みを確認してください。録音の仕方によってはいくらいいピアノを素材に使っていても線の細いものになってしまいます。<BR> <BR> さらに音量が段階的に変化する際の自然さを確認します。ベロシティレイヤー数が少ない音源では滑らかな音量変化にならず多少のぎこちなさが生じます。これは編集である程度修正されてしまうので結構耳を傾けないと分からないかもしれません。ちなみに動物使いはこの曲で不自然さを発見できませんでした。<BR> <BR> <BR> これらの曲を一通り聴いたら、すかさず別のメーカーのデモソング曲を聴いて見ましょう。例えば EAST WEST Quantam Leap Pianos など(<a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html</a>) 異質な感じがするはずです。音の厚みが薄い気がする?ダイナミックレンジが小さい?音の個性はリバーブが多すぎて聴き取りにくい?比べることで色々と違いが見えてきます。<BR> <BR> さて、如何だったでしょうか。自分にぴったりの音源が見つかるといいですね。<BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/105/clap" id="fc2button-clap-105" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-105").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/105/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
97

Synthogy Ivory II v2.0.3(Win) / v2.0.5(Mac) アップデート リリース

2011年7月に Ivory II v2.0.5(Mac)、2.0.3(Win)がリリースされています。 Ivory IIをお持ちの方は、無償にてアップデートできるようですね。 主な変更点は以下の通りです。 ・より多くのVST ホストアプリケーションへの対応 ・iLokドライバーのアップデート ・Tunig Table、Sympathetic Resonanceチューニング、Silent Keyスレッショルドなどの改良 ■ダウンロード方法 Synthogy社のダウンロードページよりダ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/downloadsLogo.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/downloadsLogo.jpg" alt="Synthogy" border="0" width="512" height="171" /></a> <BR> <BR> 2011年7月に Ivory II v2.0.5(Mac)、2.0.3(Win)がリリースされています。 <BR> Ivory IIをお持ちの方は、無償にてアップデートできるようですね。<BR> <BR> 主な変更点は以下の通りです。<BR> <BR> ・より多くのVST ホストアプリケーションへの対応<BR> ・iLokドライバーのアップデート<BR> ・Tunig Table、Sympathetic Resonanceチューニング、Silent Keyスレッショルドなどの改良<BR> <BR> <BR> ■ダウンロード方法<BR> <BR> Synthogy社のダウンロードページよりダウンロードが行えます。<BR> <a href="http://www.synthogy.com/pages/download.html" target="_blank" title="http://www.synthogy.com/pages/download.html">http://www.synthogy.com/pages/download.html</a><BR> <BR> Mac 版と Windows 版でタブが分かれていますので注意してください。70MB 以上あるので、間違ってダウンロードすると精神的に痛手を蒙る可能性があります(笑)。Synthogy のホームページは分かりづらいですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/V203.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/V203.png" alt="V203" border="0" width="520" height="337" /></a> <BR> <BR> 早速ダウンロード&インストールしてみましたが、まぁ、そんな劇的な変化はないです。ただレゾナントの種類は増えたような気がするなぁ。<BR>それにしても Mac 版で 2,0.5 って Windows 版はどうするつもりなんだろうか。Mac 固有の不具合を直しただけなのかなぁ。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/97/clap" id="fc2button-clap-97" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-97").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/97/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
100

ハーフペダルが使えない!(トランスフォーム機能)

ピアノには3つのペダルがあり、一番右側がサスティーンペダルと呼ばれ、弾いた音を伸ばすことが出来るのは皆さんご存知の通りです。ピアノの演奏経験が浅い方はペダルは踏むか離すかのどちらかのような使い方をしてしまいますが、経験が増えるにつれ、このペダルをコントロールしてサスティーンをコントロール出来るようになります。 Ivory II に代表される(高級?)ピアノ音源も、こういったペダル操作を反映できる機... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> ピアノには3つのペダルがあり、一番右側がサスティーンペダルと呼ばれ、弾いた音を伸ばすことが出来るのは皆さんご存知の通りです。ピアノの演奏経験が浅い方はペダルは踏むか離すかのどちらかのような使い方をしてしまいますが、経験が増えるにつれ、このペダルをコントロールしてサスティーンをコントロール出来るようになります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_pedal.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_pedal.jpg" alt="gp_pedal" border="0" width="260" height="150" /></a> <BR> <BR> Ivory II に代表される(高級?)ピアノ音源も、こういったペダル操作を反映できる機能が搭載されていまして、これはハーフペダリング機能と呼ばれています。DTM/DAW では、サスティーンペダル機能は MIDI コントロール上 CC 64 にデフォルトアサインされていて、どの DTM/DAW ツールを使っていても同じではないかと思います。<BR> <BR> さて、Cubase も当然ながら CC 64 にサスティーンがアサインされているのですが、余計なおせっかいと言うか何と言うか、Cubase ではこの CC 64 は 0 か 127 のどちらかの値しか入力できないようになっています。これではピアノ音源にせっかくハーフペダリング機能が搭載されていても Cubase のせいで入力できないことになってしまいます。<BR> <BR> 今日はその解決方法をご紹介したいと思います。その名も「トランスフォーム機能」!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011082421013003a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011082421013003a.jpg" alt="trransformer_movie" border="0" width="450" height="278" /></a><BR> え~っと、それはトランスフォーマー!<BR> <BR> 余談はさておき、この機能はその名の通り、あるものを別のものに変換してしまう機能なのですが、その1つに MIDI CC があります。つまり簡単に言うと、ピアノを弾いて演奏を生打ち込みするときは、CC 64 に送られてくるサスティーンペダル情報を別の 0~127 まで値を自由に入力できる CC に変換して記録し、再生時には逆にこの信号を CC 64 に戻して音源側に送ってやることが出来れば、この問題は解決すると言うことです。<BR> <BR> まずは MIDI トラックを1つ用意します。<BR> ここでは CC 64 を CC 50 に変換する方法を紹介します。CC 番号は好みですので、お好きな番号を使用してください。<BR> <BR> ■CC 64 入力信号を別の CC に変換する方法<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformer.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformers.png" alt="Transformer" border="0" width="160" height="119" /></a> <BR> <BR> 対象としたい MIDI トラックを選択し、画面のこのボタンを押して「このトラックのみ」を選択します。するとこのような画面が出てくるはずです。画面は上下で半分に分かれていますが、上は変換元、下が変換先と考えればよいです。まずは変換元である上半分から設定していきましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerInput.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerInputs.png" alt="TransformerInput" border="0" width="159" height="82" /></a> <BR> <BR> まず、上半分の左下にある「+」ボタンを押します。するとタイプが1行追加されるはずです。ここで「フィルター対象」に「タイプ」を選択します。そして「条件」は「等しい」のままにして「パラメーター1」に「コントローラー」を選択します。<BR> <BR> 次にもう1回上半分の左下にある「+」ボタンを押します。すると2行目が追加されます。今度は「フィルター対象」に「値1」を選択します。すると表示が「MIDIコントロール番号」となりますよね。そしてそして「条件」は「等しい」のままにして「パラメーター1」に「CC 64」と入力します(単に 64 でも OK です)。<BR> <BR> この意味なんですが、変換対象となる条件を「+」ボタンで追加していると言うことです。まず1行目で変換対象を「コントローラー」に絞り込みました。そして2行目でさらにコントローラーの中の「CC 64」のみを対象とするように絞り込んだのです。もし、絞込みじゃなくて○○のときと△△のときの両方と言うような設定にしたい場合は、右端の「ブール」を「Or」に設定します。<BR> <BR> さて、次に変換先(画面下半分)の設定です。上で選択した CC 64 を何に変換するかを指定します。まず、同じ要領で画面左下の「+」をクリックして行を追加します。そして「実行対象」に「値1」を、「操作」に「値を固定」を、「パラメーター1」に「CC 50」を設定します。意味は分かりますよね。上半分で指定した CC 64 が「CC 50 に値を固定される」ように指定したと言うことです。<BR> <BR> 「操作」では他にもいろんなことが出来そうですね。例えば入力信号が小さいときに常に値をいくらか足すとか、ランダム機能を使って毎回異なる音を出すとか色々ありそうです。<BR> <BR> ■ある CC の信号を CC 64 に変換して出力する方法<BR> <BR> CC 64 入力信号を別のものに変換できたなら、その逆も簡単ですよね。ただし、出力の場合は設定する場所が違います。出力の設定はインスペクタの MIDI インサートタブから行います。まずは MIDI インサートに「Transformer」をインサートしてください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformer2.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformer2s.png" alt="Transformer2" border="0" width="160" height="137" /></a><BR> <BR> そして、"e" ボタンを押すと、似たような画面が出ます。設定の方法は上で説明したのと逆をやればいいわけですよね。CC 50 を CC 64 に変換する。練習も兼ねてやってみてください(と言っても画像に答えが出ているような気が、、、)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerOutput.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerOutputs.png" alt="TransformerOutput" border="0" width="160" height="75" /></a> <BR> <BR> ----<BR> <BR> これで、あなたのペダル操作に合わせて音源がハープペダルを認識し、今までなかったようなサスティーンが聴けるようになるでしょう。最後に Ivory ユーザさんにもう1つ情報です。Ivory の場合はこの画面で「Half Pedaling」機能を on にしていないとダメですよ! お忘れなく!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HalfPedaling.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HalfPedalings.png" alt="HalfPedaling" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/100/clap" id="fc2button-clap-100" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-100").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/9.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/100/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
77

第1回:Ivory II Italian Grand の特徴

いきなりこちらへ飛んでこられた方はこちらからお読みください。 Ivory II シリーズは Synthogy 社のピアノ専用音源です。Synthogy 社は他の音源メーカーと異なり、ピアノ音源しか開発していません。ですからまずピアノに対する熱意が違います。ピアノの持つ機能は当然ながらひと通り揃えていまして、ない機能といえば「ソステヌートペダル」ぐらいでしょうか。でも、ソステヌートペダルに対応したピアノ音源なんか見た... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> いきなりこちらへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIIpreferences.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIIpreferencess.png" alt="IvoryIIpreferences" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Ivory II シリーズは Synthogy 社のピアノ専用音源です。Synthogy 社は他の音源メーカーと異なり、ピアノ音源しか開発していません。ですからまずピアノに対する熱意が違います。ピアノの持つ機能は当然ながらひと通り揃えていまして、ない機能といえば「ソステヌートペダル」ぐらいでしょうか。でも、ソステヌートペダルに対応したピアノ音源なんか見たことありません。<BR> <BR>  ・サスティンペダル<BR>  ・ハーフ・ペダル対応<BR>  ・ペダルノイズ調整可能<BR>  ・打鍵ノイズ調整可能<BR>  ・5段階のフタの開閉変更可能<BR>  ・ソフトペダル対応<BR> <BR> これらに加えて、ピアノの持つ響きの忠実な再現にも余念がありません。<BR> <BR>  ・最大18段階のレイヤー<BR>  ・ハーモニック・レゾナンス(調整可能)<BR>  ・サスティーン・レゾナンス(調整可能)<BR> <BR> 他社ピアノ音源の平均ベロシティーレイヤは10ちょっとですので、Ivory II は他の音源に比べて1.5~2倍のレイヤー数を持っています。つまり自然なダイナミクスが得られるわけですね(後で実験します)。私の調べでは VI VIENNA IMPERIAL(最大100段階!) についで2番目に多いはずです。<BR> <BR> 余談ですが VI VIENNA IMPERIAL のレイヤー数に驚かれると思います。MIDI のベロシティーは0~127までの128段階ですから、ほぼ1対1で対応していることになります。 ここまで細かくレイヤーを分割するともはや人間では弾き分けることが出来ませんので、VIENNA IMPERIAL の収録は専用の機械が打鍵しているらしいですよ。確かにこういうのは機械の方が向いているかもしれませんね。<BR> <BR> VIENNA IMPERIAL は値段も全く違っていて、私も興味がありますが手が出せないでいます。興味のある方、こちらを見てみてください。ちなみに Bosendorfer のみですので。<BR> <BR><a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIBI.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIBIs.jpg" alt="VIBI" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32200" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32200">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32200</a><BR> <BR> お話は戻って Ivory II の最大レイヤー数は18ですから、だいたい MIDI の7ベロシティーに1つの割合で最適なサンプリング音が鳴ることになります。Ivory II の場合、サンプル補間技術により超スムーズなベロシティ・レイヤー・音程間のつながりを実現しているとのことで、別のサンプリング音に切り替わったことが分かることはないと思います。<BR> <BR> 実験してみましょう。次の2つの音を聴いてみてください。<BR> 1つは Ivory II Italian Grand、もう1つは EastWest QL Pianos です。<BR> 単音をベロシティー0から127まで2段階ごとに再生しているだけですが、片方の音源は粒立ちが揃っていないことが分かります。揃っていないほうが EastWest QL Pianos です(今度 Ivory II vs. EWQL Pianos 対決特集でも組んでみますかねぇ、、、)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dododo(EWPLP).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dododo(IvoryII).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 実際、いろいろな音源を触っていて、「あ、今レイヤーが切り替わった!」と感じるシーンは結構あります。HALion Symphonic Orchestra なんかもそうです。こう言うのを粒揃えというのですが、粒立ちが揃っていることは打ち込みにとって非常に重要です。これが揃っていないとある音だけ飛び出た感じになったりして調整が非常に面倒です。<BR> <BR> この修正作業をユーザにやらせるか、膨大なサンプルを全てメーカーで調整済みにするか。私はここに Synthogy 社のピアノ音源に対する熱意を感じ取っています。<BR> <BR> <BR> 次に、ハーモニック・レゾナンスについてです。<BR> サスティンペダルを踏んだ状態(ダンパーが下がった状態)でピアノのある鍵盤を打鍵するとハンマーが弦を叩いて響きが持続します。このとき別の鍵盤を打鍵したらどうなるでしょうか?<BR> <BR> そう、その鍵盤の音が鳴ります!<BR> いや、そうじゃなくって(笑)、その音以外に前の開放弦も振動・共鳴して僅かに音色に変化を与えるんです。これをハーモニック・レゾナンスと言います。口で言っても分かりづらいので、実際にやってみましょう!(と言っても微妙なんですが、、、)<BR> <BR> まず、C2 と C3 の音をそれぞれ独立して聴いて頂きます。次に C2 を弾いたまま C3 を弾きます。このとき C2 と C3 の干渉によって出来る響きをずっと追いかけてください。通常の音源であれば次の音が入ってきても最初の音の響きに変化はありません。なぜならピアノ音源は単に各音の WAV データを再生しているだけだからです。ところがハーモニック・レゾナンスに対応した音源では僅かに響きが変化するのです。1つ目がハーモニック・レゾナンス OFF の場合、2つ目が ON です。2つの音が聞こえたときに「ウヮン・ウヮン・ウヮン」と言う響きが聞こえたらそれがハーモニックレゾナンスです。Ivory II には "Symphonic Resonance" と書いてありますね。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NoSymphonicResonance(IvoryII).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SymphonicResonance(IvoryII).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> さらに、Ivory II は音色のエフェクト機能も豊富に揃えています。<BR> <BR>  ・音質の変更 (Timbre)<BR>  ・ダイナミックレンジの変更 (Dynamic Range)<BR>  ・音の丸め込み量変更 (Trim)<BR>  ・ステレオ幅の変更 (Streo Width)<BR>  ・簡易イコライザー搭載<BR>  ・調整可能なコーラスエフェクト搭載<BR>  ・7種類のアンビエンス(リバーブ)搭載<BR>  ・オクターブ切り替え<BR>  ・移調切り替え<BR>  ・ピッチ変更<BR>  ・ピッチ微調整<BR>  ・ストレッチチューニング対応<BR>  ・ベロシティーカーブ調整可能<BR> <BR> この中で特筆するならばストレッチチューニングでしょうか。<BR> ピアノの世界では高音の響きに華やかさを持たせたり、逆に低音の響きに重厚さを持たせるためにチューニングを高温域は高めに、低音域は低めに取ったりすることがあるのですが、それに対応しています。<BR> <BR> このように Ivory II には付属音源や並のピアノ専用音源にはない機能をたくさん揃えていますが、私はそんな目移りする機能ではなく Ivory II の素直な音色と弾きやすさを特徴として挙げたいです。音色のお話は次回に譲るとして、弾きやすさについてですが、皆さんもいろいろなピアノ音源を MIDI キーボードにつなげて弾いてみられたことがあると思います。そのとき何か違和感を感じませんでしたか?<BR> <BR> 「そこはもっとピアノ(pp)のつもりで弾いたのに、、、」<BR> 「ちょっと強く弾いただけなのにそんなに音質が変わるなんて、、、」<BR> 「サスティンの響きや長さが不自然」<BR> 「サスティンペダルをちょっと放したら響きが全部消えた、、、」<BR> <BR> 私たちは人間ですからこのような不自然さを瞬時にテクニックでかわして演奏を続けます。親指のタッチをいつもより弱く弾いたり、サスティン感を持たせるために鍵盤を長めに押したり。でもこんな努力や技術って、生ピアノの前では何の役にも立たないんですよね。<BR> <BR> Ivory II Italian Grand はそのような不自然さがあまりありません。また、不自然さの大部分は「きっと生ピアノと同じタッチフィーリングとベロシティ分解能のキーボードがあればこんな演奏にはならなかったんじゃないかな?」って感覚になります。これがすごいなと思います。私は10種類ぐらいのピアノ音源を触ったことがありますが、Ivory II が一番不自然感がありませんね。弾いていて安心感があります。これはいろんなオプション機能が付属するより大事なことだと思います。Ivory II はライブの演奏にも安心して使用できるでしょう。<BR> <BR> さて、今回は Ivory II の特徴についてざっと紹介しましたが、次回からはその音質や機能の詳細を見ていきたいと思います。お楽しみに!<BR> <BR> それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/77/clap" id="fc2button-clap-77" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-77").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/10.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/77/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
59

ピアノ音源比較(本気編)-解答

お待たせしました。 前回の「ピアノ音源比較(本気編)」の解答を発表します。 いきなりここへ飛んでこられた方はこちらからお読みください。 今回は投票も設置してみましたので、まだの方はよろしければお願いします。 設置したのが遅くてまだあまり投票されていませんが、、、。 この企画、結構コメントも頂きますし、好評なんですかねぇ。 投票の結果は結構ばらついていまして、私としては予想外の展開で面白いです... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hartmann.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hartmanns.jpg" alt="Hartmann" border="0" width="145" height="159" /></a> <BR> <BR> お待たせしました。<BR> <BR> 前回の「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html" title="ピアノ音源比較(本気編)"><u>ピアノ音源比較(本気編)</u></a>」の解答を発表します。 いきなりここへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> 今回は投票も設置してみましたので、まだの方はよろしければお願いします。<BR> 設置したのが遅くてまだあまり投票されていませんが、、、。<BR> <BR> この企画、結構コメントも頂きますし、好評なんですかねぇ。<BR> 投票の結果は結構ばらついていまして、私としては予想外の展開で面白いです。<BR> リスニング環境の違いなのか、はたまた感性の違いなのか理由はわかりませんがいろんな感じ方があるのだなぁと感心した次第。本当はもう少し解答を先延ばしにして様子を見てみたかったのですが、翌週発表すると公言してしまいましたので、後ろ髪引かれながらの発表です(笑)。<BR> <BR> <BR> それでは、気になる演奏順番は以下の通りでした。皆さん分かりましたか?<BR> <BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;"><u>④Ivory II Italian Grand</u></span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(IvoryIIV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">③QL Pianos - Bosendorfer</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(QLPianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">②True Pianos - Diamond</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(TruePianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">①HALion One - YAMAHA S90ES Piano</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(HALionOneV2).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> ピアノ音源はやっぱり自分がいいと思うものを選ぶべきですよね。<BR> 4/1 現時点では4番目の演奏、つまり HALion One が結構得票数を得てまして、Cubase 付属音源がなかなか健闘しています。意外なのが3番目の演奏、つまり True Pianos に票が入っていないことですね。<BR> <BR> True Pianos はデモ版だからなのかもしれませんが、付属のリバーブを OFF に設定しても再生開始のタイミングで勝手に 100% になってしまう不具合があります。コントロールも効きませんでした。友人の DTM 環境で試しても同じでしたので True Pianos のバグだと思いますが、1つだけ異なるリバーブが入っていることが影響しているのかなと思ったりしています。完全に公平な環境で公開できなくて申し訳ありません。<BR> <BR> <BR> さて、勝手に好評だと思っている音源比較ですが、次回はどうしようか悩んでいます。 オーケストラ音源比較なんかもご要望は頂いているのですが、比較できるほど音源持ってませんしね。個人的には HSO で十分だと思っていますが。総合(マルチ)音源でも分かる範囲内で比較してみましょうかね。やっぱり1つは持っておきたいですよね、総合音源。<BR> <BR> それでは。<BR> <BR> <BR> <u>関連クイズの答え</u><BR> 答えは「ヴィクトル・ハルトマン(ガルトマン)」でした。 お聴き頂いたピアノ曲はムソルグスキーの展覧会の絵よりプロムナードでして、音楽家ムソルグスキーは親友の美術家ハルトマンの絵からインスパイアを得てこの曲を描き上げたと言われています。前回の卵少年は「卵のからをつけたひなの踊り」の曲の元となった絵です。プロムナードとはあんまり関係ありませんが、、、。<BR> <BR> (2011.11.06 追記)<BR> アンケートの集計結果と各音源の聴き所を綴ってみました。よろしければ音源比較の際の参考にしてください。その前に、アンケートに1票入れると他の方との感性の違いが分かって面白いですよ! <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-119.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/59/clap" id="fc2button-clap-59" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-59").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/59/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
50

ピアノ専用音源 Ivory II Italian Grand

今日は私の愛用しているピアノ専用音源 Ivory II Italian Grand を紹介します。 まず、Ivory とは Synthogy 社が誇るピアノ専用音源のブランド名で、DTM の世界ではプロ・アマ問わず広く利用されています。その Ivory が 2010年にリニューアルして Ivory II となりました。リニューアルしても Ivory からの流れは変えておらず、ラインナップは以下の3つのままです。ですからアップグレードもスムーズに行なえます。 ①Ivory ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は私の愛用しているピアノ専用音源 Ivory II Italian Grand を紹介します。<BR> <BR> まず、Ivory とは Synthogy 社が誇るピアノ専用音源のブランド名で、DTM の世界ではプロ・アマ問わず広く利用されています。その Ivory が 2010年にリニューアルして Ivory II となりました。リニューアルしても Ivory からの流れは変えておらず、ラインナップは以下の3つのままです。ですからアップグレードもスムーズに行なえます。<BR> <BR> ①Ivory II Grand Pianos<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4ca5d7ccd0624_ILIVRMP2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4ca5d7ccd0624_ILIVRMP2.jpg" alt="IvoryIIGP2" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/ivory#1" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/ivory#1">http://www.minet.jp/synthogy/ivory#1</a> <BR> <BR> ②Ivory II Italian Grand<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4d674675c90f5_ILIVITFS2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4d674675c90f5_ILIVITFS2.jpg" alt="IvoryIIIG2" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand">http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand</a> <BR> <BR> ③Ivory Upright Pianos<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4c7e44a64fc6a_ILIVURP.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4c7e44a64fc6a_ILIVURP.jpg" alt="IvoryUpright" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/uprightpianos" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/uprightpianos">http://www.minet.jp/synthogy/uprightpianos</a> <BR> <BR> ①Ivory II Grand Pianos はピアノの世界で有名な「Steinway D9' Concert Grand」「Bosendorfer 290 Imperial Grand」「Yamaha C7 Grand」の3つを揃えた Ivory II の代表製品です。<BR> <BR> ②Ivory II Italian Grand は Italian Grand と銘打って「幻のピアノ」と謳われた、とあるイタリアメーカーのピアノをモデリングした製品です。このピアノが何なのかは<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-13.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>を御覧ください。ビックリしますよ!<BR> <BR> ③Ivory Upright Pianos は趣向を凝らしてアップライトピアノをモデリングしたものです。世界的に有名な4種類の異なるアップライトピアノを集めた製品で、アップライトピアノにここまで力を入れたものは恐らく Ivory Upright Pianos のみではないでしょうか。<BR> <BR>  ・Modern Upright - Yamaha U5 upright<BR>  ・Vintage Upright - A 1914 A.M. Hume upright<BR>  ・Honky Tonk, Barroom Upright - 1915 Packard upright<BR>  ・Tack Piano - A genuine early 1900’s upright with real tacks in the hammers<BR> <BR> 例えばチャップリンの音楽のピアノや、ミュージカルに出てくるピアノ、ジャズピアノ等と言えばイメージしてもらえやすいかもしれませんね。これはこれでグランドピアノにはない魅力があります。<BR> <BR> 今回紹介したいのは、②の Ivory II Italian Grand です。ていうか、それしか持ってませんので。。。悪しからず。詳しく紹介したいので、数回のシリーズに分けて紹介していきますね!その他、質問があれば受け付けますよ~!<BR> <BR> 【目次】<BR> <BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-77.html" title="第1回:Ivory II Italian Grand の特徴"><u>第1回:Ivory II Italian Grand の特徴</u></a><BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-105.html" target="_blank" title="第2回:どんな音がするの?"><u>第2回:どんな音がするの?</u></a><BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-125.html" target="_blank" title="第3回:機能紹介"><u>第3回:機能紹介</u></a><BR>   第4回:音源比較(スペックと音)<BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-115.html" target="_blank" title="第5回:オススメの選び方と要求スペック"><u>第5回:オススメの選び方と要求スペック</u></a><BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-100.html" target="_blank" title="第6回:トラブルシューティング"><u>第6回:トラブルシューティング</u></a><BR> <BR> それでは次回をお楽しみに! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/50/clap" id="fc2button-clap-50" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-50").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/50/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
46

ピアノ音源比較(本気編)

前回、ピアノ音源比較と銘打って生音による音色の比較大会を開催しました(こちらから)。 で、大会の数日後、参加したある音源さんから相談を受けました。 「僕はまだ本気を出してないよ」 そうなんです。 各音源には独自のいろいろな機能が付属しているんです。 例えば QLPianos ならピアノのフタの開け閉め量の変更や、同じピアノをクローズ(ピアノのハコの中)、プレイヤー(演奏者の頭の位置)、ルーム(視聴者の... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1145444222.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1145444222s.jpg" alt="1145444222" border="0" width="116" height="159" /></a> <BR> <BR> 前回、ピアノ音源比較と銘打って生音による音色の比較大会を開催しました(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> で、大会の数日後、参加したある音源さんから相談を受けました。<BR> <BR> 「僕はまだ本気を出してないよ」<BR> <BR> そうなんです。<BR> 各音源には独自のいろいろな機能が付属しているんです。<BR> <BR> 例えば QLPianos ならピアノのフタの開け閉め量の変更や、同じピアノをクローズ(ピアノのハコの中)、プレイヤー(演奏者の頭の位置)、ルーム(視聴者の位置)で収録した音をミックスして深い響きを与えられる。そんな機能が付属しているんです。<BR> <BR> そこで今回は各音源が本気を出したらどうなる?と言うことで、各音源のもっとも美しい(と思われる)響きを比較して頂きたいと思います。<BR> <BR> それでは音源のエントリーです。<BR> 今回は各音源の皆さんにコメントを頂きました。<BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">No.1 HALion One - YAMAHA S90ES Piano</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> Cubase を代表してワシの登場じゃ。<BR> 前回は Accoustic Piano じゃって不覚を取ったが、実はもっとええピアノがあってのぅ(忘れとったわ)。それがこの YAMAHA S90ES Piano じゃ。しかも、今回は親友の Cubase さんにお願いして、ええ感じの雰囲気を付けてもらったわい。ワシの懐の深さをとくと味わうがよいぞ。<BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">No.2 True Pianos - Diamond</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a><BR> Sonar さんからお願いされて出場する 4Front 社の True Pianos - Diamond です。私は物理モデリングとサンプリングの両方の技術を組み合わせて作られた軽量かつ高音質なピアノ音源です。今日は付属の総合音源から一歩踏み出した専用音源ならではの音色をお聴かせできたらと思います。Symphonic Resonance による複雑な響きも聴いて頂きたいですね。今回は皆さんで共通のリバーブをかけて頂く予定なのですが、私の音源内のリバーブが勝手に 100% かかってしまう不具合があり、ご一緒できません。大変申し訳ありません(皆さんも同じ症状になりませんか?デモ版だから?)。<BR> <BR> <strong><u><span style="font-size:large;">No.3 QL Pianos - Bosendorfer</span></u></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a><BR> ハリウッドから遥々やってきた EastWest の QL Pianos だ。<BR> 今日はハリウッドで培った録音技術をフルに活用して深く自然な響きを聴いてもらうよ。<BR> なんてったってリスナー、プレイヤー、ピアノ内の3つの位置で収録した音をミックスしてるんだから、普通の音源じゃ僕に叶うはずはないね!しかもピアノのフタは全開!悪いけど、優勝は僕のものさ。フッ。<BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">No.4 Ivory II - Italian Grand</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> Synthogy の Ivory II Italian Grand です。私は Piano 音源のみを研究・製作する Synthogy 社の最高傑作です。 ハリウッドだとか、いろんな音源のついでに収録したチャラチャラしたピアノ音源と一緒にして頂きたくありません。今日は「真のピアノ音源とはかく鳴るべし」と言う真髄をお聴かせできたらと思います。鍵盤を叩いた時のキーノイズ、ペダルを踏んだ時のペダルノイズ、そして Sustain/Symphonic Resonance、聴き所満載です。出来れば性能の良いスピーカーかヘッドフォンで聴いて頂きたいです。<BR> <BR> --------<BR> <BR> 比較条件:<BR> <BR> 全てのピアノは持てる機能を存分に使用します。<BR> ただし、リバーブのような空間系エフェクトはすべての音源で出来る限り統一して使用します(デフォルトでリバーブがかかってしまう TruePianos は除く)。また、ピーク時の音量は全て同じにしてあります。<BR> <BR> さて、それでは聴いて頂きますが、例によって<span style="color:#FF0000"><u><span style="font-size:large;"><u><strong>再生順番はランダム</strong></u></span></u></span>になっています。上の紹介順番ではありませんので注意してください。<BR> <div style="float:left;"> <BR> それではどうぞ!<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(IvoryIIV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(QLPianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(TruePianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(HALionOneV2).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> 分かりましたか?<BR> 解答は来週発表します。お楽しみに!!<BR> よろしければ投票にも参加してくださいね。<BR> →解答は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-59.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <SCRIPT type="text/javascript" charset="shift_jis" src="http://vote1.fc2.com/poll.php?uid=4676405&amp;mode=js&amp;no=1"></SCRIPT> <NOSCRIPT> <a href="http://vote1.fc2.com/" target="_blank">FC2投票</a> </NOSCRIPT> </div> <div style="float:left;"> <u>関連クイズ!</u><BR> 冒頭の卵の殻をかぶった少年、何だか分かりますか?<BR> 分かった方にはなんと! 300ポイント差し上げます!(笑)<BR> 分かる方はなかなかのピアノ通かも。。。(^ ^)/<BR> <BR> ヒント:○ル○マ○ <BR> </div> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/46/clap" id="fc2button-clap-46" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-46").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/46/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
31

ピアノ音源比較 (HALionOne/TruePianos/EWQL Piano/Ivory II)

お待たせしました! 4音源比較大会の結果発表です。 (いきなりここへ飛んでこられた方はこちらからお読みください) その、演奏順番は以下の通りでした!皆さん分かりましたか? 好き嫌いもあって、必ずしもブランド名と順序が一致しなかったのではないでしょうか? ①HALion One - Acoustic Piano YAMAHA S90ES Piano (後日記:よくよく見てみると HALion One には色々なピアノがありまして、その中でも一番良いと... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> お待たせしました!<BR> 4音源比較大会の結果発表です。<BR> (いきなりここへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください)<BR> <BR> その、演奏順番は以下の通りでした!皆さん分かりましたか?<BR> 好き嫌いもあって、必ずしもブランド名と順序が一致しなかったのではないでしょうか?<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">①HALion One - <s>Acoustic Piano</s> YAMAHA S90ES Piano<BR></span></strong><a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade5.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> (後日記:よくよく見てみると HALion One には色々なピアノがありまして、その中でも一番良いと思われる YAMAHA S90ES Piano に差し替えました。勉強不足で申し訳ありません)<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">③QL Pianos - Bosendorfer<BR></span></strong><a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">④Ivory II - Italian Grand<BR></span></strong><a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade3.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">②True Pianos - Diamond<BR></span></strong><a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 次回は Ivory II の魅力について語ってみようかなぁ。。。<BR> <BR> (後日記:各音源が持てる力を全て出し切った、本気対決バージョンを公開しました。興味のある方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ!) <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/31/clap" id="fc2button-clap-31" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-31").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/31/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
28

ピアノ音源比較 (HALionOne/TruePianos/EWQL Piano/Ivory II)

こんにちは。 昨日のブログで4つのピアノ音源比較をしてみたのですが、3つしか再生できなかった問題を直しました。 大変ごめんなさいでした。 4つの名だたる?音源を同じ MIDI データで比較できる面白い企画です(自画自賛)。 こちらからアクセスできます。どうぞお立ち寄りください。 http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> 昨日のブログで4つのピアノ音源比較をしてみたのですが、3つしか再生できなかった問題を直しました。<BR> 大変ごめんなさいでした。<BR> <BR> 4つの名だたる?音源を同じ MIDI データで比較できる面白い企画です(自画自賛)。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-date-20110126.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からアクセスできます。どうぞお立ち寄りください。<BR> <BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-date-20110126.html" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html</a><BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-120x240 */ google_ad_slot = "6821903996"; google_ad_width = 120; google_ad_height = 240; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/28/clap" id="fc2button-clap-28" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-28").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/28/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
27

ピアノ音源比較 (HALionOne/TruePianos/EWQL Piano/Ivory II)

皆さん DTM する上で「ピアノ」と言う楽器はウェイト高いですよね。 今日はそのピアノ音源を出来る限りフェアに比較してみたいと思います。 使用する音源は、、、当然自分が現在入手できるモノだけですけど、何か? (※その他の音源をお持ちで比較対象にしてみたい方、是非ご連絡ください) ①HALion One - Acoustic Piano YAMAHA S90ES Piano Cubase 代表、付属の総合音源 HALion One から渾身のピアノ(ってこれしか... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 皆さん DTM する上で「ピアノ」と言う楽器はウェイト高いですよね。<BR> 今日はそのピアノ音源を出来る限りフェアに比較してみたいと思います。<BR> <BR> 使用する音源は、、、当然自分が現在入手できるモノだけですけど、何か?<BR> (※その他の音源をお持ちで比較対象にしてみたい方、是非ご連絡ください)<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">①HALion One - <s>Acoustic Piano</s> YAMAHA S90ES Piano</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <BR> Cubase 代表、付属の総合音源 HALion One から渾身のピアノ(<s>ってこれしかない!</s>)。<BR> 息子の HALion Sonic が世に出て定年退職が近いが、最後に花を咲かせるか!<BR> (後日記:よくよく見てみると HALion One には色々なピアノがありまして、その中でも一番良いと思われる YAMAHA S90ES Piano に差し替えました。勉強不足で申し訳ありません)<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">②True Pianos - Diamond</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a><BR> Sonar 8.5 に付属する 4Front 社のピアノ音源。40days Demo 版をダウンロードしての際どいエントリー。<BR> Sonar の名にかけて Cubase ごときには負けられない!<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">③QL Pianos - Bosendorfer</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a><BR> EastWest 社の誇る Piano 専用音源 QL Pianos から、最も力の入った Bosendorfer がエントリー。<BR> 初めから付属音源なんか眼中に無いのか!?狙うは Ivory II の首のみ??<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">④Ivory II - Italian Grand</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> ピアノ専用音源の決定版、Synthogy 社から最高・最新のピアノ Italian Grand がエントリー。<BR> QL Pianos の追撃をヒラリとかわし、その実力を見せつけるのか?<BR> <BR> 次に、使用する曲ですが、当然ピアノ曲を選定しました。<BR> 選定基準は「短い!、高音がある、低音もある、中音もある、全部ある!」です。<BR> さらに聞き取りやすいよう、ゆっくりとしたテンポのもので単音が聞き取りやすいものを選定しました。<BR> 著作権がないことももちろんです。<BR> <BR> 曲目はムソルグスキーの「展覧会の絵」より、プロムナード。<BR> このプロムナードと言うのはこの曲の主題で、表情を変えながら何度も曲中に現れます。<BR> その中で、テンポのゆっくりとした短調のプロムナードを選択しました。<BR> <BR> MIDI データは私が演奏しても良かったのですが、ちょうど奇特にも下記にフリーの MIDI データを公開されている方がおられましたので、それを使用させて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。たくさんのピアノ曲が置かれていますので、皆さんもアクセスしてみては如何でしょうか。<BR> <BR> <a href="http://piano.s20.xrea.com/midi/main.html" target="_blank" title="http://piano.s20.xrea.com/midi/main.html">http://piano.s20.xrea.com/midi/main.html</a><BR> <BR> 最後に収録の方法ですが、全ての音源でエフェクト類(リバーブ・アンビエント等)は OFF にしてあります。<BR> サスティーンペダル情報も含まれますので、サスティーンもデフォルトですが、ペダル情報を理解しない音源は適度にサスティーンを入れてあります。<BR> それ以外はデフォルトのままで、生の響きを聴いて頂きたいと思います。<BR> <BR> さて、お待たせしました。<BR> 早速始めたいと思いますが、ただ聴いて頂いても面白くありませんので<span style="color:#ff0000"><strong><u><span style="font-size:large;">演奏順番をランダムにしました</span></u></strong></span>。<BR> どの音がどの音源か?それは次回発表させて頂きます。<BR> <BR> ブランドネームバリューの先入観なく全ての音源を平等に聴いて頂くための工夫ですので、悪しからずご了承ください。<BR> <BR> それではどうぞ!<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade5.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade3.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 解答は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-31.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/27/clap" id="fc2button-clap-27" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-27").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/27/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
18

ピアノ音源比較

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 さて、ピアノ音源ですが探してみるとたくさんあるものですね。 デモを聴いてもどれも良く聴こえて、いつの間にかピアノ音の良し悪しじゃなくて曲の良し悪しを聴いていたりします。 これが同じ曲ならもっと比較しやすいのに、と思うことは良くありますね。 そんな中、数多くのピアノ音源を同じ MIDI データで比較できるサイトを発見しましたので紹介します... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> あけましておめでとうございます。<BR> 今年もよろしくお願いします。<BR> <BR> さて、ピアノ音源ですが探してみるとたくさんあるものですね。<BR> デモを聴いてもどれも良く聴こえて、いつの間にかピアノ音の良し悪しじゃなくて曲の良し悪しを聴いていたりします。<BR> これが同じ曲ならもっと比較しやすいのに、と思うことは良くありますね。<BR> <BR> そんな中、数多くのピアノ音源を同じ MIDI データで比較できるサイトを発見しましたので紹介します。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/banner_property_piano.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/banner_property_pianos.jpg" alt="ピアノ音源比較" border="0" width="158" height="66" /></a> <a href="http://www.crypton.co.jp/piano" target="_blank" title="クリプトン-ピアノ音源比較">http://www.crypton.co.jp/piano</a><BR> <BR> クリプトンの HP 上なのですが、ここでは10を超えるピアノ音源をクラシック・ジャズ・ラテン・ポップの4ジャンルで聴くことが出来、しかも聴くべきポイントまで書いてくれています。<BR> <BR> 価格やブランドに惑わされず、まずは目を瞑って聴いてみると発見があるのではないでしょうか。<BR> 自分のスタイルに合った音源を見つけられそうですね。<BR> <BR> 敢えて個人的な感想は書きませんが、評価すべきポイントとしてはこんなところでしょうか。<BR> <BR> ●同じ種類のピアノで聴く<BR>  音質の好みで曲の良し悪しを判断してしまうのを避けます。<BR>  Steinway, Boesendorfer が多いですので、それら同士で聴きましょう。<BR>  もちろん好きな音質のピアノがいいわけで、嫌いな音質の音源は候補から外しますが、、、。<BR> <BR> ●音楽ではなく音を評価する<BR>  よくやってしまう過ちですね(笑)。<BR>  「最後の音はもっと聴こえて欲しかった」とか、自然と思ってしまうのですが、音源を評価を<BR>  する場合は、「そんなに小さな音も出せるんだ」と評価しなければなりません。欲しい音量で<BR>  聴こえた音源はベロシティレイヤーが不足している可能性があります。<BR> <BR> ●強弱表現の幅(ベロシティレイヤー)が広いか?<BR>  これが狭いと同じ音の大きさで聞こえてしまい、単調に聴こえます。<BR>  弱音部の和音が全て同じ大きさで聴こえたり弱音が他の音源より大きく聴こえたりします。<BR>  強音部はピアノの弦音や、弱音部との音量差に注目してみると良いと思います。<BR> <BR> ●余韻(残響音)の質<BR>  残響音に不快な響きが伴うものがあります。<BR>  付属リバーブのものか収録時のものか分かりませんが(おそらく前者)ない方がいいですね。<BR>  付属のリバーブは消せるはずなので、後から良質のコンボリバーブを挿入すればいいですね。<BR> <BR> ●ペダル音<BR>  耳を澄ますと曲の静かな部分でペダル操作した時の音が聴こえるものがあります。<BR>  リアルさを追求する上で良いものだと思いますのであるものを選んでは如何でしょうか。<BR>  もちろんペダル音の多寡も調整できるはずです。<BR> <BR> ●レゾナンス共鳴<BR>  ある鍵盤を押さえた状態で別の鍵盤を鳴らすと共鳴を起こして前鍵盤の倍音が発生するもので<BR>  結果として複雑な響きを醸し出します。<BR>  静かな曲の和音部等で響きの複雑さを聴いてみて下さい。分かったような気がします(笑)。  <BR> <BR> それでは。<BR> <BR> 後日記:このブログでも HALion One, True Pianos, EWQL Pianos, Ivory II の比較をしてみました。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/18/clap" id="fc2button-clap-18" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-18").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/18/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
13

IvoryⅡItalian Grand の正体

伝説のイタリアン・グランドピアノ、IvoryⅡ Italian Grand。 IvoryⅡ Grand Pianos とは別製品としてリリースされるこのピアノはいったい何者なのでしょうか? そもそも Bösendorfer、Steinway など名だたるピアノを差し置いて単独でリリースとは恐れ多いにも程があります。 つべこべ言わず音を聴いてみます。 現在、Synthogy の代理店 Media Integration, Inc. で3曲のデモソングを視聴できます。 1曲は概要説明の... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 伝説のイタリアン・グランドピアノ、IvoryⅡ Italian Grand。<BR> <BR> IvoryⅡ Grand Pianos とは別製品としてリリースされるこのピアノはいったい何者なのでしょうか?<BR> そもそも B&ouml;sendorfer、Steinway など名だたるピアノを差し置いて単独でリリースとは恐れ多いにも程があります。<BR> <BR> つべこべ言わず音を聴いてみます。<BR> 現在、Synthogy の代理店 Media Integration, Inc. で3曲のデモソングを視聴できます。<BR> 1曲は概要説明の中で、後の2曲はデモソングタブにあります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ivory-Italian-Grand-II.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ivory-Italian-Grand-IIs.jpg" alt="IvoryⅡ Italian Grand" border="0" width="158" height="65" /></a><BR> <BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand" target="_blank" title="IvoryⅡ Italian Grand">http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand</a><BR> <BR> IvoryⅡ Grand Pianos のデモソングももちろんあるのですが、正直、私は IvoryⅡ Grand Pianos のデモソングには納得がいきませんでした。聴きながら、次に出てくる音色をイメージしてこんな音で鳴って欲しいと期待するのですが、少しずつ裏切られる感じですかね。次第に速いパッセッジの選曲で誤魔化されているのかと疑う始末。生意気言ってすみません。<BR> <BR> でも IvoryⅡ Italian Grand には納得です。<BR> 高音と低音の響きが特に気に入りました。<BR> デモソングもゆったりとした選曲で1つ1つの音を聴きやすく、良さが実感できました。<BR> パッケージを分けるのはやはり、このあたりが関係しているのかな。<BR> <BR> 閑話休題。<BR> <BR> この Italian Grand の正体はいったい何か?<BR> 手がかりは「イタリア」「伝説」「1970年代後半にデビュー」です。<BR> そして1台のピアノに行き着きました。<BR> <BR> "Fazioli"<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_f278_ph01.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_f278_ph01s.jpg" alt="FAZIOLI" border="0" width="160" height="129" /></a><BR> <BR> <a href="http://www.fazioli.co.jp/" target="_blank" title="FAZIOLI">http://www.fazioli.co.jp/</a><BR> <BR> ホントかどうか、合ってるのか分かりませんが、このピアノなら納得です。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/13/clap" id="fc2button-clap-13" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-13").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/13/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
12

Quantum Leap Pianos(EAST WEST) vs Ivory(Synthogy)

前回、Synthogy Ivory と Alicia's Keys の戦いについてコメントしましたが、もう1つ面白い戦いがありましたので紹介します。 今回は EAST WEST の Quantum Leap Pianos と Ivory との戦いです。 いや~、Ivory っていろんなところで標的にされていますね。各メーカーのリファレンスなんでしょうか? 戦いの場はなんと、EAST WEST のホームページです。 Ivory にとっては完全にアウェイでして、不利な戦いを強いられてい... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 前回、Synthogy Ivory と Alicia's Keys の戦いについてコメントしましたが、もう1つ面白い戦いがありましたので紹介します。<BR> <BR> 今回は EAST WEST の Quantum Leap Pianos と Ivory との戦いです。<BR> いや~、Ivory っていろんなところで標的にされていますね。各メーカーのリファレンスなんでしょうか?<BR> <BR> 戦いの場はなんと、EAST WEST のホームページです。<BR> Ivory にとっては完全にアウェイでして、不利な戦いを強いられています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a> <a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html" target="_blank" title="Quantum Leap Pianos vs Ivory">http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html</a><BR> <BR> ページの最後の方に大量のデモソングが置かれています。<BR> 当然 Quantum Leap Pianos のデモソングなのですが、よく見ると、なんと Ivory の名前があるではないですか!<BR> しかもご丁寧に "Synthogy Ivory" と書いてある。しかも1つじゃない!明らかに挑戦です。<BR> <BR> デモソングを聴く前に思いました。「これは相当自信があるんだな」と。「やるな EAST WEST」と。<BR> <BR> 皆さんもお聴きください。<BR> そして何を思うか、それは皆さんの自由です。<BR> <BR> なお、さらによく見ると Native Instruments も標的にされていました ^^)<BR> EAST WEST、肉食系ですね。<BR> <BR> 私も音源をいくつか手に入れたらフェアに比較をしてみたいですね。<BR> (後日記)と思っていたら手に入れましたので、<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からご覧ください。<BR> <BR> ちなみに私はこれを聴いて Ivory Ⅱ を買うことを決心しました。<BR> 次回はその Ivory II について書いてみたいと思います。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-13.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/12/clap" id="fc2button-clap-12" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-12").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/12/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。