カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
208

HALion 4 (生楽器の音色編)

前回から Steinberg のフラグシップマルチ音源、HALion 4 を紹介しています。皆さん HALion 4 の何が知りたいってやっぱり音質ですよね。どんな音が出せるのか興味があるのだと思います。今日はいくつか代表的な音色をピックアップして紹介してみましょう。 その前に1つだけ。よく総合音源と専用音源を比較して「総合音源は音が悪い」とか言ってる方がおられますが、そんなの当たり前ですから!(笑) 総合音源は音質... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回から Steinberg のフラグシップマルチ音源、HALion 4 を紹介しています。皆さん HALion 4 の何が知りたいってやっぱり音質ですよね。どんな音が出せるのか興味があるのだと思います。今日はいくつか代表的な音色をピックアップして紹介してみましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Steinberg-Halion-4.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Steinberg-Halion-4s.jpg" alt="Steinberg-Halion-4.jpg" border="0" width="108" height="160" /></a> <BR> <BR> その前に1つだけ。よく総合音源と専用音源を比較して「総合音源は音が悪い」とか言ってる方がおられますが、そんなの当たり前ですから!(笑) 総合音源は音質はそこそこに汎用的な使用に耐えうる多彩な音色と軽快な動作に主眼を置いて企画された音源なわけですから、そこに専用音源並みのハイクオリティ音質を求めるのは酷です。逆に専用音源はたとえロードが遅かろうと使いにくかろうと(笑)、音質と関連アーティキュレーションだけは「ゆずれんね」な頑固音源なわけですから、目指すべき方向が全く違うわけです。自分の求める音楽に合わせて最適な音源を選択しましょう!<BR> <BR> さて、HALion 4 は総合音源ですから、決してハイクオリティな音を求めてはいけません。とは言え最近の総合音源の音質は向上していて、なかなか使える音が揃ってるんじゃないかと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Apiano.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Apianos.png" alt="Apiano.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <BR> <BR> まずは王道、ピアノから。こんな音がでます。ピアノだけでも 148 音色ほどあり、アコースティックピアノに限定しても 35 音色ほどあります。目移りしますね。その中から "SR Live Grand Piano" を選んでみました。この音色は HALion Sonic SE にも入っている音色です。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHALion4-Piano.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> どうでしょうか?<BR> 何の楽器かと言われればもちろんピアノだけど、なんだか少し本物と違う気がしますね。エッジの立ち方・減衰の加減・単純さ・倍音の少なさ等、色々と思い浮かぶのではないでしょうか。ちなみに一応この曲の曲想に合わせた音色をチョイスしたつもりです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Violin.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Violins.png" alt="Violin.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Viola.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Violas.png" alt="Viola.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <BR> <BR> もう1つ生楽器系を行ってみましょう!<BR> ヴァイオリンとヴィオラあたりを見てみましょうか。実は HALion 系の総合音源は、オーケストラ関係の楽器は弱いんです。と言うのも、オーケストラ系の楽器は HALion Symphonic Orchestra と言う兄貴分の音源があるので、そっちに任そうって設計なんです。ですから音色数もヴァイオリン単体でたったの 20 音色。しかもそのうち 16 音色が HSO で、HALion 4 としては 4 音色しかありません。ヴィオラに至っては HALion 4 は 3 音色しか持ってません(HSO は 11 音色)。いかに HSO に頼っているかが分かると思います。裏を返すと HSO はそれほど信頼を置いている音源だと言うことです。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHALion4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> さて、音色を聴いて寂しいなと思いました? じゃあちょっとだけ、HALion 4 付属のエフェクトを使って色付けしてみましょうか。少し触るだけでこれぐらい変わります。それなりに使える感じに聴こえるでしょ? 2つめはオマケで HALion Symphonic Orchestra で同じようにしてみたものです。う~ん、これを聴いてしまうと再び意気消沈してしまいますかねぇ(笑)。個人的には HALion Symphonic Orchestra は 16bit 版でいいので持っておくべきだと思いますね。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHALion4-2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHSO.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> と言うことで、今日は代表的な生楽器の音色について紹介してみました。次回はどうしようかなぁ。。。それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/208/clap" id="fc2button-clap-208" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-208").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/208/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_42222820170623171311"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416606"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175234"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416669"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175252"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416670"});</script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
206

高機能バーチャルサンプラー HALion 4

こんにちは。 VariAudio シリーズに続きまして、今回からは音源を紹介していきたいと思います。まずはじめは、私が最もお勧めしたい音源「HALion 4」を紹介します。 HALion 4 はとどのつまり総合音源のジャンルに分類されるのですが、肩書きは「バーチャルサンプラー」となっています。このサンプラーって言葉なんですが、その昔、ハードサンプラーって機材がありまして、、、とか説明しようと思ったらここに素敵な... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> VariAudio シリーズに続きまして、今回からは音源を紹介していきたいと思います。まずはじめは、私が最もお勧めしたい音源「HALion 4」を紹介します。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4.png" alt="HALion4" border="0" width="520" height="300" /></a> <BR> <BR> HALion 4 はとどのつまり総合音源のジャンルに分類されるのですが、肩書きは「バーチャルサンプラー」となっています。このサンプラーって言葉なんですが、その昔、ハードサンプラーって機材がありまして、、、とか説明しようと思ったらここに素敵な動画がありましたので、HALion 4 の機能紹介も兼ねてこちらを見て頂いた方がいいでしょう(笑)。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/AOf6iESW6QI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> HALion 4 と HALion Sonic の違いなんですが、HALion 4 は HALion Sonic の上位ソフトになります。ですから HALion Sonic に含まれる音色・エフェクト・機能は全て HALion 4 に搭載されています。もちろん HALion Sonic SE の音色も搭載されています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSource.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSources.png" alt="SoundSource.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <BR> <BR> 私の環境で確認すると、画像のように HALion Sonic の音色数が 1335、Sonic SE の音色数が 1067、そして HALion 4 の音色数が 270 の合計 2672 音色です。これ以上どんな音色が必要だというのでしょうか?(笑) 音色面で見ると、HALion 4 と HALion Sonic は 270 音色しか違いませんから、HALion 4 に搭載された高度な機能があまり必要ない方は HALion Sonic を選択するのも良いでしょう。ちなみに追加の 270 音色は画像のようにさまざまなカテゴリに満遍なく散らばっていて、何かの音色に特化している訳ではありません。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSource2.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSource2s.png" alt="SoundSource2.png" border="0" width="159" height="97" /></a> <BR> <BR> さて、HALion 4 と HALion Sonic の違いはたくさんあるわけですが、その中で最も素晴らしいのが画面のカスタマイズ性能です。今までプラグイン音源で画面のサイズを自由に変更できるものがあったでしょうか? 画面サイズを自由に変更できるだけでなく、表示内容を自由に変えられたり、一部だけ別画面に取り出したり、タブ化できたり。ちょっと無茶苦茶やってみた画面がこれ。どうですか?(笑)大きすぎるって? まぁ、楽しくカスタマイズできるのはありがたいですね。今後の課題としては画面サイズを変更する際には随時表示内容をリアルタイム更新するのではなく、Windows の最適化のように枠だけを表示するようにして高速化するなどでしょうか。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UI.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UIs.png" alt="UI.png" border="0" width="159" height="98" /></a> <BR> <BR> そして、次に素晴らしいのがその操作性とスピード。ほとんど待たされ感ありません。ボタンをクリックすればキビキビ変わります。音色のロードも1秒以内(音源データは SSD に格納しています)。音色選択も最初は少し戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れますし、慣れてしまうと選択しやすいですね。音色検索機能もきちんと備えています。とても完成度の高い音源です。ちなみに HALion Sonic も音色検索はなかなかです(Sonic SE はダメ)。<BR> <BR> ではでは、今日は概略の紹介ですので、簡単にどんな音がするか出してみましょうか。HALion 4 を起動するとウィンドウの左下にトリガーパッドと呼ばれる8つのボタンが見つかります。図のように青色になっている場合は音が出ます。最初から何か出るようになっているんですね。ちょっと押してみましょう!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trigger.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Triggers.png" alt="Trigger.png" border="0" width="158" height="54" /></a> <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4_Sample20121030.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> こんな感じの音が最初から出ます。音圧上げとかもまったくやってません。これが HALion 4 クオリティです。音色の細かな紹介は別の機会に譲るとして、これぐらいの音質のデータが標準的に搭載されています。中でもシンセティックな音色はそのモダンな音色傾向と相まって HALion 4 の得意とするところではないでしょうか。<BR> <BR> 次回からはもう少し掘り下げて見ていきましょう!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/206/clap" id="fc2button-clap-206" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-206").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/206/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
98

EAST WEST PLAY 3 リリース

いや~、暑いですね。いまだにエアコンつけていないので死にそうですが、換気扇を回すと結構涼しくなったりします。ちなみに先月の電気代は約3千円でした。安っ!これで何か音源でも買えそうですね。まさに捨て身の節約術。よい子の皆さんは真似しないでください。 さて、バグ盛り沢山の PLAY 環境ですが、新しいのがリリースされましたよ~! 現在の最新版は v3.0.21 です。既にビルドバージョンが 21 ってところが... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> いや~、暑いですね。いまだにエアコンつけていないので死にそうですが、換気扇を回すと結構涼しくなったりします。ちなみに先月の電気代は約3千円でした。安っ!これで何か音源でも買えそうですね。まさに捨て身の節約術。よい子の皆さんは真似しないでください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/eastwest_play3.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/eastwest_play3.jpg" alt="eastwest_play3" border="0" width="520" height="232" /></a> <BR> <BR> さて、バグ盛り沢山の PLAY 環境ですが、新しいのがリリースされましたよ~!<BR> 現在の最新版は v3.0.21 です。既にビルドバージョンが 21 ってところが不安いっぱいですが、以下のような修正が含まれているようですので、アップデートしてみては如何ですか(私が訳したのでちょっと日本語おかしいかも)。無料だしね。フフッ<BR> <BR> ・インステゥルメントアップデートインストーラとの下位互換性の修正<BR> ・EWQL Hollywood Brass Diamond と Gold エディションのサポート追加<BR> ・残メモリが少ない状況で使用した場合の警告追加(オプションで無効化可能)<BR> ・MAC OS 10.6 での 64bit 互換対応(AU, VST, and Standalone)<BR> ・"max voices" を最大 2,048 まで増加可能な対応を含む全てのプラットフォームにおける<BR>  パフォーマンスの最適化<BR> ・"Fast Disk Mode" の追加(MAC におけるストリーミングとロード時間の短縮支援)<BR> ・オートセーブ機能の追加(スタンドアローン動作時のみ)<BR> ・潜在的なノイズバーストの修正<BR> ・その他、全てのプラットフォームにおける細かなバグの修正<BR> <BR> ■Sounds online<BR> <a href="http://www.soundsonline.com/Downloads" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/Downloads">http://www.soundsonline.com/Downloads</a><BR> <BR> ■High Resolution(日本語)<BR> <a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_updata.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_updata.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_updata.html</a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Play_x64.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Play_x64s.png" alt="Play_x64" border="0" width="159" height="128" /></a> <BR> <BR> 私もインストールしてみました。特に見た目に変化はありません。ロードがクソ遅いのもご健在。使っているうちに何か分かったらまたレポートしてみたいと思います。安定性が向上してるとうれしいな。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/98/clap" id="fc2button-clap-98" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-98").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/98/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
86

HALion 4 (Steinberg) 発売

みなさん、こんにちは。 ブログネタ的には若干時期を外してしまっている感がしますが、HALion 4 が発売されてますね。発売が7月頭ですから半月ぐらい遅れちゃってます。Cubase 6, HALion Sonic と続いて HALion 4 ですからこのところの Steinberg の攻勢は激しいですね。YAMAHA の資本が流れて動きが活発化したんでしょうか。Cubase ユーザにとってはありがたい話です。 さて、HALion 4 はご存知 Steinberg が手がけ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさん、こんにちは。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4.png" alt="HALion4" border="0" width="520" height="293" /></a> <BR> <BR> ブログネタ的には若干時期を外してしまっている感がしますが、HALion 4 が発売されてますね。発売が7月頭ですから半月ぐらい遅れちゃってます。Cubase 6, HALion Sonic と続いて HALion 4 ですからこのところの Steinberg の攻勢は激しいですね。YAMAHA の資本が流れて動きが活発化したんでしょうか。Cubase ユーザにとってはありがたい話です。<BR> <BR> さて、HALion 4 はご存知 Steinberg が手がけるバーチャルサンプラーで、Steinberg の説明によると、新世代サンプル&バーチャルアナログシンセシスエンジン、マルチモニターにも対応したカスタマイズ自在なワークスペース、44エフェクト、VST 3.5 サポート、そして1,600プリセット / 15GB のサウンドライブラリーを備えた製品だそうです。<BR> <BR> <iframe width="480" height="390" src="http://www.youtube.com/embed/ZeyXpwpfwRI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> ところでバーチャルアナログシンセとかサンプラーってよく聞くけど、何が違うか分かりますか?私もよく分かってませんが、Wiki にそれなりの説明を発見しました。<BR> <BR> ■ソフトウェア・シンセサイザー<BR> <a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC" target="_blank" title="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC">http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC</a><BR> <BR> つまり、音源には大きく分けてサンプラーとバーチャルアナログシンセの2つに分けられて、それぞれ音の出し方が違うということですね。どちらも本物と同じ音を出すためのアプローチです。<BR> <BR> サンプラーの発想は笑っちゃうほど単純で「本物と同じ音を出したいなら本物の楽器の音を録音してしまえ!」ってこと。現在世にあるピアノ音源やオーケストラ音源などのアナログ楽器の音源はほとんどがこの方式。可能な限り高音質で1音1音録音した結果、大量のハードディスクを必要とするようになり、またそのアクセスにもマシンパワーが必要となってしまったんですね~。DTM をするには大量の ROM/RAM が必要と言われる所以はここにあります。<BR> <BR> 一方、バーチャルアナログシンセは主に電子回路で構成される楽器類やシンセサイザーに適用される方法で、「最近のパソコンは賢くなったんだから昔の電子回路ぐらいパソコン上でエミュレートして同じ音を出してしまえ!」ってことです。さらに、「音を構成するための波形やオシレータなどを自由に組み合わせ出来るようにして好きな音も作れるぜ」、ってのがシンセサイザーですね。オルガンやギターなどのビンテージ楽器(昔の名機)は主にこの方法で再現されています。<BR> <BR> で、HALion 4 は「新世代サンプル&バーチャルアナログシンセシスエンジン」搭載ですから、訳すと「新時代のサンプル音をたくさん入れたサンプラー音源とアナログシンセ音源の両方を搭載したどっちでも行けるぜ!音源」と言うことになります。<BR> <BR> サンプラー音源として 1,600プリセット / 15GB のサウンドライブラリーの中から好きな音色を選んで使用するも良し、バーチャルアナログシンセとして自ら新しい音を作り出すも良し、ってこと。さらにエフェクトも44種類も付いてるから出した音に色付けをすることも簡単ですよってこと。つまり「なんでも出来ますから初心者さん買ってください!」ってことですね(笑)。<BR> <BR> ちなみに 1,600プリセットと言うのは総合音源の中でもかなり多い部類に入りますし(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-61.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>を参照)、15GB と言う容量もなかなかのものになります。注意としては HALion Sonic の音色をそのままサポートしていますから、HALion Sonic を持っている人は大半がかぶってしまうことになります。<BR> <BR> ■HALion 4<BR> <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html">http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html</a><BR> <BR> じゃあ、実際どんな音がするんでしょうか?デモソングを聴いてみましょう。Steinberg の HP に4曲ほどアップされています。お勧めは1曲目と4曲目でしょうか。それぞれシンセ音源とサンプラー音源の音を聴くことが出来ます。<BR> <BR> ■HALion 4 デモソング <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html#/halion4_demo_songs" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html#/halion4_demo_songs">http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html#/halion4_demo_songs</a><BR> <BR> 1曲目はシンセティックな音色の曲。シンセサウンドを扱った曲を評価するにはその高音域のクリアな伸びと中低音の太さ聴いてみるといいでしょう。また、聴き終わった後に爽快感が残るかも私は大事かと思います。<BR> <BR> 4曲目はサンプラー音源色の曲。ピアノなど名前の分かる楽器も随所に使われているはずです。曲を聴いて各楽器の音がリアルに聴こえるかを評価してみては如何でしょうか。個人的はこの価格帯の製品としては良い部類に入るのではないかと思っています。<BR> <BR> <BR> HALion 4 のユーザインターフェースは基本的に HALion Sonic のそれを踏襲しています。HALion Sonic については<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-72.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>で紹介していますので見て頂けば良いのですが、実際に使ってみて操作性はかなり良い出来に仕上がっています。さらに Steinberg の製品ですので Cubase との相性も完璧で Cubase ユーザがとりあえず買ってみるマルチ音源としてはなかなかのものではないかと思います。また、HALion 3 と完全互換であり優待価格が適用される(2011/4/7 以降 HALion 3 を購入された方)ことから、HALion 3 ユーザにも手を出しやすい製品と言えますね。<BR> <BR> HALion 4 の価格ですが、実勢で 36,000円ぐらい。もっと高いのかと思ってました。HALion Sonic が 1,200音色、12GB で 27,000円ぐらいですから、これだったら HALion 4 の方がお得な気がします。単純にサンプラーとしてのみ使用するのであれば Sonic の 1,200音色でも十分だと思いますが、音作りを重視される方は HALion 4 の方が良いように思います。<BR> <BR> 最後に、HALion 4 はいわゆる総合音源の1つです。総合音源はたくさんの音色を幅広く集めた広く浅く的な音源であり、少しディープな領域に踏み込もうと思ったらもの足りなさを感じることもあると思います。そのときは専用音源の導入を検討すればよいわけですが、とは言え最近の総合音源の質は日増しに良くなってきており、簡単に曲を作るぐらいであれば十分に用を達してくれるレベルになっていると思います。また、スケッチ目的であれば動作も軽めですし重宝するのではないでしょうか。<BR> <BR> 私も HALion Sonic のお試し版の試用期限が過ぎてしまったし、検討してみようかな~。<BR>それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/86/clap" id="fc2button-clap-86" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-86").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/86/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
76

総合(マルチ)音源比較(第3回):D-Pro

第3回は D-Pro です。 いきなりここへ飛んでこられた方はこちらからお読みください。 Dimension Pro の略。Cakewalk 社の総合音源であり、同じく Cakewalk の Sonar 最上位の PRODUCER に付属しますが、単体の音源としても販売されています。Sonar の D-Pro と Cubase の HALion One は長らく比較されてきましたが、どちらの音源が勝っているのでしょうか。 私は Cubase ユーザであり、Sonar は持ち合わせていませんので... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 第3回は D-Pro です。<BR> いきなりここへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-61.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cakewalk_d-pro.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cakewalk_d-pros.jpg" alt="D-Pro" border="0" width="160" height="120" /></a><BR> <BR> Dimension Pro の略。Cakewalk 社の総合音源であり、同じく Cakewalk の Sonar 最上位の PRODUCER に付属しますが、単体の音源としても販売されています。Sonar の D-Pro と Cubase の HALion One は長らく比較されてきましたが、どちらの音源が勝っているのでしょうか。<BR> <BR> 私は Cubase ユーザであり、Sonar は持ち合わせていませんので、先日の連休を利用して D-Pro を持つ友人のところへ遊びに行きました。そして D-Pro 使い倒してきました。いや~、持つべきものは友ですねぇ。<BR> <BR> Cubase/Soanr どっちにしようか悩んでおられる方は必見かもしれませんね。あっ、今は Cubase 6 には HALion One ではなく HALion Sonic SE が搭載されていますからお間違えのないように。ここでは D-Pro, HALion One(Cubase 5 付属), HALion Sonic(市販音源), HALion Sonic SE(Cubase 6 付属)の4つを比較しながら紹介していきたいと思います。<BR> <BR> <BR> ■操作性<BR> 悪くありません。古い音源ですので HALion Sonic のような先進機能は備えていませんが、基本的な一通りの機能をコンパクトな画面にそつなく揃えています。ピッチベンド量の調整(±24)、トランスポーズ、チューンのような MIDI 設定、フィルタ、3バンドの簡易イコライザ、ディレイやコーラスなどの FX 機能、モジュレータ、簡易リバーブ、簡易リミッタなどです。「簡易」と書いているのはとりあえず載ってるレベルの機能という意味です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProEdit.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProEdits.png" alt="D-ProEdit3" border="0" width="159" height="100" /></a> <BR> <BR> また、既存の音色に自前のオーディオファイル(エレメント)をミックスしてオリジナルの音色を作ることも出来ます。当然、それぞれのエレメントに対して独立したエフェクトをかけたりミックス量を調整したりも出来ます。<BR> <BR> ただ、シングルティンバー音源ですので、D-Pro から複数の音色を使用したいときはその数だけ立ち上げる必要があり、面倒です。この辺りはさすがに古さを感じますね。文字は少し小さめな部分もありますが、許容範囲内。つまみの操作性は数字を自分で打ち込めないものがあり、よろしくありません。また、バーチャルキーボードがありませんので MIDI キーボードを用意するか、打ち込み画面を開いて音符を打ってみないと音を確認できません。<BR> <BR> 音色の選択画面は別途専用で開くのですが、これが開くと D-Pro の画面が消えてしまうので嫌らしさを感じます。音色は25のカテゴリ別に一覧化されているのですが、タブを展開するとカテゴリ内の音色名がズラーッと音色が表示されて戸惑います。サブカテゴリを設けるべきだと思いますね。ただ、音色のロード時間はそれほどでもなくスパッと音色変更できますから、選択はそれほど苦ではないかもしれません。各音色名の右にサイズが書いてあるのもいいですね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProCategory.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProCategorys.png" alt="D-ProCategory" border="0" width="96" height="159" /></a> <BR> <BR> HALion One, HALion Sonic SE, HALion Sonic, D-Pro を機能の豊富さで順位をつけるなら、HALion One < HALion Sonic SE < D-Pro < HALion Sonic ですね。D-Pro は機能が多すぎず少なすぎず、付属音源としては良い位置にポジショニングしていると思います。一方、操作性は機能が多くなればそれだけ犠牲になるので一概に比較できません。HALion One, HALion Sonic SE は機能がそれほどないので操作には困りません。D-Pro はまずまずのバランスで使いやすい、HALion Sonic は機能の多さの割には洗練されていると思います。<BR> <BR> <BR> ■音色数<BR> Sonar のホームページでは約 2,200 音色となっていますが D-Pro のホームページでは約 1,500 音色となっています。どちらにしても多いです。D-Pro の1音色あたりの平均サイズは 2,200 音色で計算して 3.3MB(1,500 音色で計算すると 4.8MB) と HALion One の約2倍となります(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-61.html" title="こちらの比較表"><u>こちらの比較表</u></a>も参照ください)。<BR> <BR> 特筆すべき音色としては "Dimension" と "Garritan Pocket Orchestra" カテゴリでしょうか。"Dimension" カテゴリにはたくさんのシンセティックな音色が並んでいます。これらの音は "Dimension" と言うだけあって複数のシンセ音色をコンビネーションさせた幻想的なパッド系の音になります("Pads" と言うカテゴリもあるのですが、違いがよくわかりませんでした)。<BR> <BR> そして、"Garritan Pocket Orchestra" はあのオーケストラ専用音源 "GARRITAN" からの抜粋音源になります。この音源はハープ奏者である Garritan 氏が立ち上げた音源で、最近は GPO(Garritan Personal Orchestra) として販売されており、音質には定評があります。その抜粋音源と言うことで期待が高まりますね。詳しい紹介は後述の「■音質」のところでさせて頂きます。<BR> <BR><a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Garritan.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Garritan.gif" alt="GARRITAN" border="0" width="176" height="104" /></a><BR> <a href="http://www.garritan.com/index.php?option=com_content&amp;view=article&amp;id=154&amp;Itemid=54" target="_blank" title="http://www.garritan.com/index.php?option=com_content&amp;view=article&amp;id=154&amp;Itemid=54">http://www.garritan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=154&Itemid=54</a><BR> <BR> HALion Sonic で不足していると紹介したハープの音色も Garritan の中に入っています(と言っても2つですが)。Garritan 氏はハープ奏者ですからハープ音色は気合いが入っています。各オーケストラ音色のサイズが多くても 20MB なのに対し、ハープだけは2つとも 41MB も使ってます(笑)。「ゆずれない」と言うことでしょう。面白いですね。<BR> <BR> 音色数の多い D-Pro ですが中を見てみると同じような名前が並んでいるケースが散見されます。このような音色はだいたい似たような音がしますので、実際の選択肢としては見た目より少ないと思います。例えば "Pianos" なら最初に Grand Piano が9つ並んでいるのですが、どれも似たような音色です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProSounds.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProSoundss.png" alt="D-ProPianos" border="0" width="61" height="159" /></a><BR> <BR> それからオーケストラ系の音色数は Sonic より少ないです。「GARRITAN があるからいいや」ってことなんでしょうか?コーラス系も少ないですね。音色数が多い割りに偏りが目立つのが気になりました。<BR> <BR> さて、音色数で順位をつけると HALion One < HALion Sonic SE < HALion Sonic < D-Pro の順になります。D-Pro はここまでのところ Cubase 6 付属の HALion Sonic SE に勝っていますね。続いて音質はどうでしょうか。<BR> <BR> <BR> ■音質<BR> 皆さんが一番気になる音質についてです。ここではいくつか代表的な音色について比較紹介していきます。なお、Sonic と Sonic SE の音質は同じですのでここでは代表して Sonic について述べさせて頂きます。<BR> <BR> まず、ハープから行きましょう(笑)。残念ですが私はこの GARRITAN のハープの音色に満足できませんでした。Sonic のようにハープシコード?と勘違いするほど悪くはありませんが、この音は生のハープからはほど遠いものになります。「41MB も使って何をしてるんだ!」ってのが率直な感想です。ハープはどの音源もダメですね。<BR> <BR> ピアノは僅差ですが Sonic より明るくて固めの音で私は D-Pro の方が好きです。ピアノについては Sonar にはさらに TruePianos と言う強い味方がいますね。ベースはアンビエントの関係で D-Pro が良さそうに聞こえますが、中身があるのは Sonic ですね。高域になるにつれ D-Pro は嘘くさくなります(アコースティックは特に)。アコギは Sonic の勝ち、エレキは D-Pro は Les Paul Guitar がなかなか頑張ってますが総合で Sonic の勝ち。ドラムも Sonic が一枚上手です。総じて D-Pro は対象となる楽器の核となる音程の音質をモデリングして、後は周波数変更で各音程を再現したのがよくわかる音です。<BR> <BR> D-Pro のオーケストラ系は GARRITAN ですが、Violin Ensemble のようになかなかの音もあるものの、残念ながら全体としては昔の音でした。ただし、アーティキュレーションはさすがに GARRITAN です。ストリングスならボーイング、トレモロ、ピチカートを揃えています。なお、Garritan Pocket Orchestra の注意点ですが、オーケストラ専用音源からの抜粋だけに、本物の楽器の再生範囲しか音が鳴りません。<BR> <BR> 面白かったのは Vocals カテゴリです。いわゆるコーラス系の音色が入っているのですが、Jacyn Riffs, Lauren Riffs と言う女性が生声でイェイイェイ、ウォウウォウ歌ってます(笑)。生声ですよ!そして、それ以外の合成コーラス音色が2つしかありません。orz. 力の入れどころを間違った感がします。生声は当然リアルなわけですが、使いどころに困りますね。みなさん、コレどうやって使います?コーラスは断然 Sonic 優位です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProVocals.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/D-ProVocalss.png" alt="D-ProVocals" border="0" width="73" height="160" /></a> <BR> <BR> 音色全体としては割と素直でそれほど主張せず懐の広い音色群と言えるでしょうか。D-Pro 音色をメインにするのは厳しいかもしれませんが、楽曲の中に溶け込みやすいと思いますのでサラッと使う分にはもってこいだと思います。これを付属音源として利用できる Sonar ユーザさんはいいですね。総合音源としては今でも使えると思います。少なくとも HALion One では勝てない。<BR> <BR> 今、「Sonic と D-Pro どっちの音がいい?」と聞かれたら「Sonic の方がいい音が多い」と答えます。順位をつけるなら HALion One < D-Pro < HALion Sonic SE/Sonic ですね。<BR> <BR> <BR> さて、恒例のデモソングです。HALion One, HALion Sonic もアップしていますので聴き比べてみてください。また、D-Pro に関してはちょっと古いですがこんなサイトも見つけました。併せて参考にされては如何でしょうか。<BR> <BR> <a href="http://www.mc-club.ne.jp/computermusic/cakewalk/04/index.html" target="_blank" title="http://www.mc-club.ne.jp/computermusic/cakewalk/04/index.html">http://www.mc-club.ne.jp/computermusic/cakewalk/04/index.html</a><BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F15670210&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F15670210&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/demosong-jpop-d-pro">DemoSong(JPOP) D-Pro</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span><BR> <BR> 使用した音色:<BR> <BR>  01.Ahh Female(コーラス:副旋律-カノン)<BR>  02.Flute Ensemble 1(フルート:主旋律)<BR>  03.Grand Piano 3v m3 rt sim(ピアノ:伴奏)<BR>  04.Dull Fingered 1(ベース:ベース)<BR>  05.Room Kit 08(ドラム:ドラム)<BR>  06.Martin Steel (Bright)(アコースティックギター:アルペジオ-ストローク)<BR>  07.Violin Long Bows(ストリングス:ハーモニー-カノン)<BR>  08.Violin Legato(ヴァイオリン:副旋律-カノン)<BR>  09.French Horn Legato(ホルン:後半副旋律)<BR>  10.Sine Bells(ベル:カノン)<BR>  11.Clarinet Ensemble 1(クラリネット:伴奏-カノン)<BR>  12.Church Organ 2(オルガン:主旋律)<BR>  13.Stereo Cymbals Super Kit(シンバル:リバースシンバル)<BR>  14.Trumpet Legato(トランペット:後半副旋律)<BR> <BR> <BR> ■価格<BR> 古い音源ですが、まだ売ってるところがありますね。実勢価格 28,000円ぐらいでしょうか。Sonar ユーザはこれを無料で使えるのでコストパフォーマンスは◎ですね。しかし、さすがに古くなってきましたので現時点で3万円近く出すのであれば Sonic のような別の最新総合音源を選択するべきだと思います。<BR> <BR> <BR> ■総評<BR> かつて搭載付属音源で Cubase HALion One を大きく突き放していた Sonar D-Pro ですが、HALion Sonic SE の出現で立場が危うくなりました。HALion Sonic SE には機能的なものは搭載されていませんので機能面では依然として D-Pro の勝ちですが、HALion Sonic SE の言い分は「Cubase 付属のエフェクト類を使ってよ」ってことですので、あまり意味がないと思います。また、音色数の多い D-Pro ですが、他音源の紹介でも書いた通り音色数が 1,000 を越えてくると溺れてきますので、大切なのは量より質ですね。<BR> <BR> 現在、Sonar X1 が出回り始めていますが D-Pro の内容に変わりはありません。次回、Sonar は音源を刷新しなければ相当数のユーザを Cubase に奪われるのではないでしょうか。HALion Sonic SE の音色が霞むような総合音源をバンドルして再び優位に立ち、私たちを大いに悩ませて欲しいですね。<BR> <BR> <BR> ■ターゲットとなるユーザ層<BR>  ・Sonar 初心者~中級者<BR>  ・スケッチ目的の方<BR>  ・リアリティを必要としないちょっとした音楽作りに関わる方<BR>  ・Sonar のみで DTM 環境を完結させたい方<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/76/clap" id="fc2button-clap-76" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-76").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/76/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
72

総合(マルチ)音源比較(第2回):HALion Sonic / Sonic SE

いきなりここへ飛んでこられた方はこちらからお読みください。 HALion Sonic SE(以下 SE) は Cubase 6 に付属する Steinberg のモデリング型の総合音源です。これとは別に HALion Sonic(以下、Sonic)と呼ばれる市販品の総合音源があります。どちらも母体は同じくしていますが、その搭載音色や機能が大きく異なります。 さて、前身である HALion One からは大きな進化を遂げています。マルチティンバーに対応し、HALi... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> いきなりここへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-61.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion_Sonic_Visual_940x350_17.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion_Sonic_Visual_940x350_17s.jpg" alt="HALion_Sonic" border="0" width="158" height="59" /></a><BR> <BR> HALion Sonic SE(以下 SE) は Cubase 6 に付属する Steinberg のモデリング型の総合音源です。これとは別に HALion Sonic(以下、Sonic)と呼ばれる市販品の総合音源があります。どちらも母体は同じくしていますが、その搭載音色や機能が大きく異なります。<BR> <BR> さて、前身である HALion One からは大きな進化を遂げています。マルチティンバーに対応し、HALion One に搭載されていた音色を全て一新しただけでなく、HyperSonic 2 の基本思想を継承し新たな音色を加えて質・量共に現在の市販総合音源と比肩して見劣りしないレベルに到達しました。<BR> <BR> 以下、紹介する内容は市販品である Sonic についてのものとなります。Cubase ユーザだけでなく全ての DTM ユーザに見て頂きたいと思いそのようにしました。なお、文中で SE に特化した特徴を説明する場合はその旨を記載します。<BR> <BR> <BR> ■操作性<BR> HALion One の弱点であった、音色の検索ウィンドウが下側に隠れる使いにくさやピッチベンドが±2までしか効かなかった問題を解消し(+24,-48まで可能)、1ティンバーに4レイヤーをミックスしてオリジナルの音色を作ったり、設定されたレイヤーに対して多彩なフレーズやスライスを作り出す FlexPhraser 機能、Cubase と同等のエフェクト類搭載、ミキシング機能、バーチャルアナログシンセ、ドラムトラック生成機能、VST Expression 対応など、枚挙に暇がありません。この辺りは私が説明するよりも Steinberg のホームページを見て頂いた方が良いと思います。とにかく機能満載です。<BR> <BR> <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion_sonic/details.html" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion_sonic/details.html">http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion_sonic/details.html</a><BR> <BR><a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SEvsSonic.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SEvsSonics.jpg" alt="SEvsSonic" border="0" width="158" height="66" /></a><BR> 左が HALion Sonic SE, 右が HALion Sonic の EDIT 画面。<BR> <BR> 一方 SE はこれらの新機能はほぼ非搭載となります。ピッチベンドが±2までしか効かなかった問題は解消されたものの音色の検索ウィンドウが下側に隠れる使いにくさは健在です。製品版と機能的な差別化を図るのは理解できますが、操作性での差別化はおそらくユーザの反感を買うでしょう。<BR> <BR> 使いやすさは Sonic が勝ります。とにかく音色検索がスムースに行えます。選択音色のロード時間も許容範囲内で、かなり使いやすいと感じました。個人的には市販の総合音源の中で最も使いやすいと断言できます。各機能もエディットの深くて細かな機能を触らない限り直感的にもしくは少し触ってみれば理解できます。よく出来た総合音源です。<BR> <BR> SE は細かな機能がありませんので操作に困ることもありません。HALion One と同じく、使いやすいと言うより機能が無いので使い方に困らないと言うのが正しい表現だと思います。音色検索ウィンドウが隠れる件は相変わらずの使いにくさです。<BR> <BR> <BR> ■音色数<BR> HALion Sonic 単体の音色数は公表で 1,200 音色となっています。Cubase 6 ユーザなら SE 音色や HALion Symphonic Orchestra 音色が Sonic の音色検索ウィンドウに加えられて 2,402 音色になるはずです。<BR> <BR> 実際に操作してみましたが音色数が多くて迷います。例えば [Brass] カテゴリから [Trumpet] サブカテゴリを選択したとします。すると45音色も表示されて目移りします。さらに [Jazz] スタイルで絞り込んでも29音色です。こんなのがいくつもあります。やはり音色数が 1,000 を超えてくると溺れ始めますね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Brass_Trumpet_Jazz.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Brass_Trumpet_Jazzs.jpg" alt="Brass_Trumpet_Jazz" border="0" width="159" height="111" /></a><BR> <BR> 音色がなくて困ったと言えば「ハープ」ですかね。Sonic/SE はカテゴリやスタイルから音色を絞り込むだけでなく、直接ワードを入力して音色検索することも出来るのですが、"Harp" と打ち込んでも [GM047 Orchestral Harp] しか出てきません。いや、実際はたくさん出てくるのですが、Blues Harp とか、それっていわゆるハーモニカじゃん、ってな音色や、シンセ的なエフェクトが加わったハープばかりで純粋なハープはこれしかありません。しかも音質×。orz... このような偏りも実際にはあるようです。SE も同様です。<BR> <BR> 総じて音色数は多い方だと思いました。音色によっては左下の青い8つのパッドにアーティキュレーションが表示されるものもあり、それを押下することで、その楽器の持つ代表的な演奏技法(テクニック)を再現することが出来ます。先ほどのトランペットなら [Trumpet XXL] を選ぶとこんなアーティキュレーションが表示されます。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/articuration.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/articurations.jpg" alt="articuration" border="0" width="159" height="115" /></a><BR> <BR> なお、Sonic と SE の音色の違いですが、この2つは一部の音色を共通として別の音色が搭載されています。SE は "Basic", "Artist", "Pro", "GM 音色" の4つから構成されますが(きっと)、このうち "Artist" と "GM 音色" のみ共通としてその他の音色は Sonic オリジナルとなります。ですから Cubase 6 ユーザは Sonic と SE の両方の音色を利用できると言うことになります。「音質」のところで述べるべきですがネタばらしをすると、SE に搭載されている音色が Sonic より劣ったりはしていません。質的には同じものが搭載されており、あくまで音色だけが異なると言うことです。<BR> <BR> <BR> ■音質<BR> 皆さんが一番気にされているのがこの音質ですよね。果たして HALion One よりどの程度良くなったのか?使える音質になったのか? HALion One と比べて率直な感想を述べると「使える音が増えた」です。<BR> <BR> 総じて全ての音色で音圧が上がり、音像・輪郭が明確になってモダンな音色群となった印象です。HALion One にかかっていたもやもやとしたベールが一枚剥がれて音の核に1つ近づいたイメージでしょうか。音質は明らかに向上しています。<BR> <BR> Sonic の1音色あたりの平均サイズは 10MB を越えています。これは HALion One の約5倍に相当し、市販の総合音源と比較しても遜色ないレベルになります。数字上からも音質向上が見て取れる結果となりました。<BR> <BR> さて、実際の音質ですが、文章で表現しても伝わりづらいですし、Steinberg のデモソングは悲しいレベルのものしか置いていませんので、私の持っている音源に関しては共通のデモソングを聴いて頂くことにしました。ポップス系とロック系の2つを用意しようと思いますが、まずはポップスから。ロック系は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="ここ"><u>ここ</u></a>のページで紹介した曲を Sonic のみで再構成してアップしてみたいと思います。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-64.html" target="_blank" title="HALion One"><u>HALion One</u></a> についても同様の曲を順次アップしていきますので聴き比べてみてください。<BR> <BR> <u><strong>J-POP</strong></u> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F14661943&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F14661943&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/demosong-jpop-halionsonic">DemoSong(JPOP) HALionSonic</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 使用した音色:<BR> <BR>  01.Aah To Ooh Choir MW(コーラス:副旋律-カノン)<BR>  02.Flute(フルート:主旋律)<BR>  03.Bright Concert Piano(ピアノ:伴奏)<BR>  04.Chorus Roundwound(ベース:ベース)<BR>  05.Standard Studio Kit(ドラム:ドラム)<BR>  06.Bright Acoustic Steel(アコースティックギター:アルペジオ-ストローク)<BR>  07.Full Concert Strings(ストリングス:ハーモニー-カノン)<BR>  08.Violin Solo(ヴァイオリン:副旋律-カノン)<BR>  09.French Horns Swell 3 MW(ホルン:後半副旋律)<BR>  10.Little Bells(ベル:カノン)<BR>  11.Big Band Clarinet Section(クラリネット:伴奏-カノン)<BR>  12.VConnie 3 Drawbars(オルガン:主旋律)<BR>  13.Cymbal Large Combi Key(シンバル:リバースシンバル)<BR>  14.Big Band Trumpet Section(トランペット:後半副旋律)<BR> <BR> まずは初めてですので簡単に曲紹介をしておきます。この曲はとある友人の結婚式のために作ったオリジナルソングからの抜粋となります。私の<s>美しい</s>歌声を含めて使用音色は全て Sonic 搭載のものに差し替えました。なるべくたくさんの音色を入れようと思った結果、グチャっとなりました(笑)。丁寧に再編していないので音がブツ切りだったりダダ伸ばしだったりしますが、紹介する全ての音源でそうしますので(笑)、その辺はご容赦下さい。コメントもお待ちしていま~す!<BR> <BR> 裏でパッフェルベルのカノンが流れているのがわかりますか?個人的にはホルンがかなり味を出したと思ってます。。。<BR> <BR> <u><strong>Rock</strong></u><BR> Comming Soon... <BR> <BR> ■価格<BR> SE は Cubase 6 付属音源ですので、コストパフォーマンスは◎にしましょう。Sonic ですが、実勢価格2万円ぐらいで販売しているお店がありますね。これだけの機能が付いて2万円ならありだと思います。初めての総合音源を検討されている方にはもってこいではないでしょうか。Cubase 6 ユーザはこれを優待価格で60日体験版制限を外して使用できるのですが、その価格が 29,800円って言う意味がさっぱりわかりません。恐らく誰も購入しないでしょうし、黙って待っていればあちらから折れてくる気がします。<BR> <BR> <BR> ■総評<BR> 私はこの音源をスケッチ目的で欲しいです。音色をずばっと検索でき、ロード時間も短いのでスパスパ差し替えられる。スケッチに求められる手軽さと程よい音質を兼ね備えた良い総合音源だと思います。スケッチから楽曲に落とし込む段階でクオリティの足りない音色は専用音源に差し替え、味が出ている音色はそのまま残したりもしてみたいですね。<BR> <BR> 正直、HALion Sonic は触ってみるまではあのデモソングしか判断材料がなかったので「これは大したことないかもね」ってあんまり期待していなかったのですが、良い意味で期待を裏切られました。操作性もよく考えれていて円熟の域に入ってきたように思います。現時点では音が止まらないようなバグも散見され、既にアップデートも出ています。この辺りが解消されるとさらに良いものになるでしょう。HALion Symphonic Orchestra もそうですが、Steinberg はこういったユーザの嗜好を捉えるのが上手なのかもしれません。商売は下手ですが。<BR> <BR> <BR> ■ターゲットとなるユーザ層<BR>  ・HALion One ではさすがに物足りなかった方<BR>  ・Cubase 初心者~中級者<BR>  ・スケッチ目的の方<BR>  ・リアリティを必要としないちょっとした音楽作りに関わる方<BR>  ・Cubase のみで DTM 環境を完結させたい方<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/72/clap" id="fc2button-clap-72" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-72").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/72/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
64

総合(マルチ)音源比較(第1回):HALion One

いきなりここへ飛んでこられた方はこちらからお読みください。 Cubase に付属する Steinberg のモデリング型の総合音源です。設計が古くマルチティンバーに対応していませんので、HALion One の音色を複数使用したいときは、その数だけ HALion One を立ち上げなければなりません。まぁ HALion One 自体はそれほどメモリを必要としませんので、複数立ち上げても問題ないとは思います。 ■操作性 Cubase 付属とい... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> いきなりここへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-61.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Cubase5_LaunchScreen.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Cubase5_LaunchScreens.jpg" alt="Cubase5_LaunchScreen.JPG" border="0" width="160" height="88" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <BR> Cubase に付属する Steinberg のモデリング型の総合音源です。設計が古くマルチティンバーに対応していませんので、HALion One の音色を複数使用したいときは、その数だけ HALion One を立ち上げなければなりません。まぁ HALion One 自体はそれほどメモリを必要としませんので、複数立ち上げても問題ないとは思います。<BR> <BR> <BR> ■操作性<BR> Cubase 付属ということもあり Cubase と統合されていて抜群です。パラメータも各音色最大8つしかなく、表示文字も大きくて操作に困ることはまずありません。音色の検索は別途開く専用検索ウィンドウがそれ以外をクリックするとすぐに閉じてしまう点(この点は不満です)を除けばカテゴリ、スタイル等で分類されていてやりやすく、音色の読み出し時間もストレスは感じません。ただし、HALion One はピッチベンドが ±2 までしか効きません。この点だけは改善して欲しいと思います。<BR> <BR> <BR> ■音色数<BR> 音色数は比較対象総合音源中、最低レベルの 707 音色です。他の音源と比較して見劣りする数字ですが、世の中の(我々の必要とする)楽器はそんなに多くないと思います。すべての音源に対して言えますが、音色数が多いのはサポートする楽器の数が多いのではなく、ある楽器のバリエーションや奏法(アーティキレーション)が多いのです(もちろん楽器の数も多少は多いです)。<BR> <BR> 例えばピアノならジャズピアノ、グランドピアノなどのバリエーションがあり、ヴァイオリンなら通常の奏法に加えてピチカート(弦を指で弾く)やスピカート(弦を弓で弾く)などの奏法があります。これらをそれぞれ1音色として数えるので結果として音色数が多くなるんですね。<BR> <BR> ですから 707 音色は楽器数としてはある程度十分でバリエーションや奏法は不足すると考えて頂ければより正確な理解になろうかと思います。707 音色あれば一生出会わない音もあるはずです。<BR> <BR> <BR> ■音質<BR> HALion One の場合、上で述べた通り音色がなくて困ることはあまりありませんが、困るのは探した音色はあるのにそれが気に入らないことがあることです。<BR> <BR> HALion One の1音色あたりの平均サイズは 2.3MB 程度であり、音質の観点からも最低の部類に入ります。ただし、すべての音色が平均的にこの程度のサイズなのではなく、ばらつきがあります。例えばピアノなどは結構力が入っていて平均を大きく超えていたりします(これもすべての総合音源に共通の傾向です)。リアリティを必要とする音色はサイズが大きめになっています。<BR> <BR> 音質を文章で説明しても伝わりづらいですので、音源比較用のデモソングを作成しました。 私が利用可能な総合音源については同じデモソングで聞き比べできるようにしてみたいと思います。現在、HALion One と HALion Sonic の2つをアップしています。デモソングの紹介は <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-72.html" target="_blank" title="HALion Sonic のページ"><u>HALion Sonic の紹介ページ</u></a>をご覧ください(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-72.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> <BR> <u><strong>J-POP</strong></u> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F14668273&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F14668273&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/demosong-jpop-halionone">DemoSong(JPOP) HALionOne</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span><BR> <BR> 使用した音色:<BR> <BR>  01.Ooh Choir Pad(コーラス:副旋律-カノン)<BR>  02.Flute(フルート:主旋律)<BR>  03.YAMAHA S90ES Piano(ピアノ:伴奏)<BR>  04.Chorus Roundwound(ベース:ベース)<BR>  05.Dry Standard Kit(ドラム:ドラム)<BR>  06.Bright Steel Guitar(アコースティックギター:アルペジオ-ストローク)<BR>  07.Big Symphony Strings(ストリングス:ハーモニー-カノン)<BR>  08.Solo Violin(ヴァイオリン:副旋律-カノン)<BR>  09.F_Horns(ホルン:後半副旋律)<BR>  10.Arctic Bells(ベル:カノン)<BR>  11.Clarinet(クラリネット:伴奏-カノン)<BR>  12.Full Drawbars Vibrator(オルガン:主旋律)<BR>  13.Rev Cymbal(シンバル:リバースシンバル)<BR>  14.Trumpet(トランペット:後半副旋律)<BR> <BR> <u><strong>Rock</strong></u><BR> Comming Soon... <BR> <BR> ■価格<BR> Cubase 付属でエクストラコストが発生しませんので、コストパフォーマンスは抜群と言うことになるのかな?<BR> <BR> <BR> ■総評<BR> 音色数や音質の数字を見て「HALion One は使えない音源だ」と結論付けるのは早計だと思います。確かに HALion One を使って一般的に CD 等で聴くような楽曲を作ることは難しいですが、楽曲のバックで仄かに聴こえる脇役音色として使ったり、レトロな感じの音色を採用したい場合などにも使用できると思います(実際私も使ってます)。<BR> <BR> また、高価な総合音源は音色のリアリティを追求しているため音色の個性が確立されており、いくら音質が良くても楽曲に合わないことがあります。そういう意味では安価な総合音源は少なからず曖昧さを含んでおり、幅広く楽曲に使える利点もあるかと思います。懐メロソングにスタインウェイのピアノとか、おかしいですよね。<BR> <BR> 個人的な感想ですが、HALion One はそれなりに使える音色もあって驚かされることもしばしばあります。ですから市販の総合音源を検討されている方は、まず HALion One を十分に触った上で目的を持って判断したほうが良いと思います。もちろん使えない音色もあります。傾向としては(安価な総合音源すべてに対して言えますが)オーケストラやピアノなど、リアリティを求める音色は苦手です。<BR> <BR> <BR> ■ターゲットとなるユーザ層<BR>  ・Cubase 初心者~中級者<BR>  ・スケッチ目的の方<BR>  ・リアリティを必要としないちょっとした音楽作りに関わる方<BR>  ・Cubase のみで DTM 環境を完結させたい方<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/64/clap" id="fc2button-clap-64" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-64").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/64/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
61

世の中の総合(マルチ)音源

今月は音源ネタを充実させたいと計画しています。と言うことで、まずはネタ数の少ない総合(マルチ)音源についてシリーズで考えてみたいと思います。 総合音源とは DTM でよく使用される音源を1つのパッケージに集めた音源のことを指します。専用音源がある音色ジャンルに特化して深く対応するのに対し、総合音源は広く浅く多くの音色をサポートすることに主眼が置かれています。 たくさんの音色があればそれだけ作れる楽... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 今月は音源ネタを充実させたいと計画しています。と言うことで、まずはネタ数の少ない総合(マルチ)音源についてシリーズで考えてみたいと思います。<BR> <BR> 総合音源とは DTM でよく使用される音源を1つのパッケージに集めた音源のことを指します。専用音源がある音色ジャンルに特化して深く対応するのに対し、総合音源は広く浅く多くの音色をサポートすることに主眼が置かれています。<BR> <BR> たくさんの音色があればそれだけ作れる楽曲に幅ができるわけで、「多くの音色をサポートする、なるべく音質のよい総合音源を、安く手に入れたい」と言うのが我々の本音ですよね。つまり総合音源に求められるのは、<BR> <BR>  ・音の種類の豊富さ<BR>  ・音源の質<BR>  ・値段<BR> <BR> この3点だと思います。<BR> <BR> その他にも使いやすさだとか動作が軽いとかありますが、上記に比べれば副次的な内容だと思いますので今回は割愛するとして、今日は世の中に存在する総合音源と思しきものをこの3点に注目して分析してみたいと思います。<BR> <BR> まず、総合音源はたくさんの音色をサポートしなければなりませんが、我々の身の回りにはどれだけのジャンルの楽器が存在するんでしょうか?ざっと並べてみました。結構ありますね(他にもあったら教えてください)。これらを全て網羅した音源となると大変そうです。<BR> <BR>  ・ピアノ系<BR>  ・アコースティックギター系<BR>  ・エレキギター系<BR>  ・ベース系<BR>  ・ドラム/パーカッション系<BR>  ・ストリング系<BR>  ・木管(ウィンズ)系<BR>  ・金管(ブラス)系<BR>  ・ハーモニカ系<BR>  ・ハープ系<BR>  ・サックス系<BR>  ・クワイヤ(ヴォイス・コーラス)系<BR>  ・エスニック系<BR>  ・シンセ(リード・パッド含む)系<BR>  ・オルガン系<BR>  ・効果音系<BR> <BR> 次に、世の中にはどのような総合音源があるのでしょうか?有名どころをピックアップしてみました。<BR> <BR> ■HALion One(Cubase4/5/6 付属)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR>  <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_essential_4/658/667.html" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_essential_4/658/667.html">http://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_essential_4/658/667.html</a><BR> <BR> ■HALion Sonic(Cubase 6 付属)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion_Sonic_548_300_in.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion_Sonic_548_300_ins.jpg" alt="HALionSonic" border="0" width="159" height="87" /></a><BR>  <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic">http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic</a><BR> <BR> ■D-Pro(Sonar 付属)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cakewalk_d-pro.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cakewalk_d-pros.jpg" alt="D-Pro" border="0" width="160" height="120" /></a><BR>  <a href="http://www.roland.co.jp/products/jp/Cakewalk_D-PRO/" target="_blank" title="http://www.roland.co.jp/products/jp/Cakewalk_D-PRO/">http://www.roland.co.jp/products/jp/Cakewalk_D-PRO/</a><BR> <BR> ■Sample Tank2(IK Multimedia)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SampleTank2-Boxes.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SampleTank2-Boxess.jpg" alt="SampleTank2" border="0" width="160" height="124" /></a><BR>  <a href="http://www.minet.jp/ikmultimedia/sampletank" target="_blank" title="http://www.minet.jp/ikmultimedia/sampletank">http://www.minet.jp/ikmultimedia/sampletank</a><BR> <BR> ■Independence Pro 3.0(Yellow Tools)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/INDP3.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/INDP3s.jpg" alt="IndependencePro3" border="0" width="160" height="160" /></a><BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=34170" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=34170">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=34170</a><BR> <BR> ■Quantum Leap Goliath(East West)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/goliath_box.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/goliath_boxs.png" alt="Goliath" border="0" width="135" height="159" /></a><BR>  <a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/goliath.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/goliath.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/goliath.html</a><BR> <BR> ■Complete Composers Collection(East West)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748s.png" alt="CCC" border="0" width="124" height="149" /></a><BR>  <a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/Complete.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/Complete.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/Complete.html</a><BR> <BR> ■KONTAKT4(Native Instruments)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/kontakt4.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/kontakt4s.jpg" alt="KONTAKT4" border="0" width="160" height="160" /></a><BR>  <a href="http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/kontakt-4/" target="_blank" title="http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/kontakt-4/">http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/kontakt-4/</a><BR> <BR> ■KOMPLETE7(Native Instruments)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/KOMPLETE7.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/KOMPLETE7s.jpg" alt="KOMPLETE7" border="0" width="160" height="120" /></a><BR>  <a href="http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/komplete-7/" target="_blank" title="http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/komplete-7/">http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/komplete-7/</a><BR> <BR> ■VI ONE(VIR2)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VI101P.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VI101Ps.jpg" alt="VIOne" border="0" width="160" height="160" /></a><BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=29020" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=29020">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=29020</a><BR> <BR> <BR> 結構ありますね。<BR> コレ以外にもありますが、それなりに代表的なものを集めたかと思います。<BR> <BR> さて、それぞれの音源について搭載音色のジャンル、音色数、サイズ、実勢価格などをまとめてみました。ジャンルについてはひと通りサポートしているものも多いですが、音色数、サイズ、価格などは結構な開きがあります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MSS.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MSS.jpg" alt="MSS" border="0" width="520" height="363" /></a><BR> <BR> 最近は総合音源の世界も競争が激化していまして、各音源とも結構リッチな Free 版を提供したりして、購入しなくてもある程度製品の情報を知ることができるようになっています。<BR> <BR> この中には私の持っている音源もありますので、それぞれの音源について Free 版を含めて実際に使ってみた感想を交えながら、①音の種類の豊富さ、②音源の質、③値段についてコメントしてみたいと思います。<BR> <BR> ただし、このブログに記載する情報は全て私の独自調査と主観に基づくものです。万が一何らかの被害が発生しても当方は責任を持てませんので、その点はご理解くださいね。<BR> <BR> 書けたものからアップしていきま~す。<BR> <BR> 【目次(予定)】<BR> <BR>  <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-64.html" title="第1回:HALion One"><u>第1回:HALion One</u></a><BR>  <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-72.html" title="第2回:HALion Sonic / Sonic SE"><u>第2回:HALion Sonic / Sonic SE</u></a><BR>  <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-76.html" title="第3回:D-Pro"><u>第3回:D-Pro</u></a><BR>  第4回:Sample Tank2 XL<BR>  第5回:Independence Pro 3.0<BR>  第6回:QL Goliath<BR>  第7回:Complete Composers Collection<BR>  第8回:KONTAKT4<BR>  第9回:KOMPLETE7<BR>  第10回:VI ONE<BR>  第11回:目的別、総合音源の選び方<BR>  第12回:究極の総合音源<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/61/clap" id="fc2button-clap-61" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-61").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/10.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/61/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
19

EastWest Complete Composers Collection HD

こんにちは。 今日は先日到着しました EastWest の Complete Composers Collection について紹介したいと思います。 ご存知の通り、Complete Composers Collection(以下 CCC)は総合音源・マルチ音源の最有力候補として、yellow tools の Independence PRO や Native Instruments KOMPLETE と常に比肩される製品ですが、その音質とバグの多さ?には世の定評を受けています。 CCC は基本的に以下の EastWest 社の7製品... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> 今日は先日到着しました EastWest の Complete Composers Collection について紹介したいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748s.png" alt="CCC" border="0" width="124" height="149" /></a><BR> <BR> ご存知の通り、Complete Composers Collection(以下 CCC)は総合音源・マルチ音源の最有力候補として、yellow tools の Independence PRO や Native Instruments KOMPLETE と常に比肩される製品ですが、その音質とバグの多さ?には世の定評を受けています。<BR> <BR> CCC は基本的に以下の EastWest 社の7製品で構成されたバンドルパッケージなのですが、sounds online の HP ではこの構成をある程度変更することが出来ます。<BR> <BR> ・Quantum Leap Symphonic Orchestra Gold Complete(QLSO)<BR> ・Quantum Leap Pianos Gold Edition(QLP)<BR> ・Quantum Leap Symphonic Choirs(QLSC)<BR> ・Quantum Leap Goliath(QLG)<BR> ・Quantum Leap SD 2(QLSD2)<BR> ・Quantum Leap Voices of Passion(QLVP)<BR> ・Quantum Leap RA(QLRA)<BR> <BR> <a href="http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized/" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized/">http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized/</a><BR> <BR> 日本ではクリプトンが PLAY EDITION を販売していますが、sounds online のそれは HD Edition でして、なんと!選択した7製品が Western Digital 社の 7,200rpm 1TB の HDD にインストールされて発送されます。つまりハードディスク代込みの価格になっているわけです(iLok Key は付属しません)。<BR> <BR> CCC は基本構成でも 200GB もの容量を必要とするので1枚 4.7GB の DVD では恐ろしいほどインストールに時間がかかりますが、これならインストールは1分で終わります。日本への送料は $40.95 で、HDD 代を考えれば安いと思えます。なお、パッケージ選択を誤っても変更してくれませんので注意してください。<BR> <BR> こちらが選択した製品を HDD にインストールしてから出荷されるので到着までしばらく時間がかかるかな?と予想していたのですが、意外にも早く出荷されます(このカラクリは少し下で紹介します)。輸入の際、税関で個人使用かどうかを尋ねられる場合があります。これは Invoice に各パッケージ名が価格とともにズラズラと記載されており販売目的かと疑われるためですが「個人使用です」と回答しておけば問題ありません。なお製品到着後、税関より数千円の支払い通知が届きます。<BR> <BR> さて、到着したパッケージは上の画像にある CCC パッケージ1つのみで中身は HDD のみと言う非常にあっさりした構成で、開き直って紙切れ1枚のマニュアル?がサラッと箱から落ちる程度です。HDD は 725GB も使用しており、「あれ? 200GB ぐらいじゃなかったっけ?」と思ったりします。<BR> <BR> DVD は一切付いていませんので、ウィルスチェックをした後に HDD を別のバックアップ HDD にコピーしてバックアップをとっておきます。インストール自体は簡単です。<BR> HDD の直下にある Play Complete Composers Collection Installer XX Bit.exe をダブルクリックするだけ。と思いきや、問題が発生します。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116102833578.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116102833578s.jpg" alt="EASTWEST CCC HDD" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <BR> インストールは無事完了するのですが、どこにもインストールされていない状況が発生します。焦ります。紙切れには「既に SAMPLES(ライブラリのこと) は HDD にインストール済みだからこれらをインストールする必要はない」とあるのですが QLXX も PLAY エンジンもどこにも存在しませんしレジストリも書き換わっていません。<BR> <BR> これはインストール時に各パッケージを指定しなかったためで、SAMPLES はインストール済みだが、ここでは各パッケージをインストールするよう選択しなければなりませんでした。と言うことで下の画像の×になっているパッケージを全て「Entire feature will be installed on local hard drive」に変えます。紛らわしいです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116103732b08.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116103732b08s.jpg" alt="CCC Install" border="0" width="159" height="121" /></a><BR> <BR> この時点で分かったのですが、HDD には CCC で選択できる全てのパッケージがあらかじめインストールされていて、sounds online で何を選択しようがこれが送られてくるだけだったのです。インストールは出来るが、Authorization Codes がないので使えないってこと。だから出荷が早かったんですね。 725GB も使用していたんですね。分かってしまえば当たり前のことですが。。。<BR> <BR> インストール完了後、スタンドアロン起動しようとショートカットを開くと、??? QLSO, QLP が見当たりません。焦ります2。インストールされていないのか?!!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116105322948.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116105322948s.jpg" alt="EWQL Startup" border="0" width="117" height="149" /></a><BR> <BR> これも単純で単にショートカットが出来ていないだけで実体は Program Files の "EastWest" ディレクトリにありますから、ショートカットを自分で作ります。あと、"EWQL" だったり "QL" だったりと名前が統一されていないショートカットがありますので統一しました。<BR> <BR> これでインストール完了です!<BR> <BR> 次に認証作業ですが、Authorization Codes 自体は注文時に速攻で来る受注メールに記載されていますのでそれを入力しますが、あらかじめ sounds online HP の My Profile にある iLok.com account に iLok アカウントを入力しておかなければエラーになります。<BR> <BR> 最後に sounds online から最新版の PLAY エンジン、ライブラリをダウンロードして更新します。 そうそう、PLAY エンジンの PlugIn を インストーラのデフォルト設定でインストールした場合は、プラットフォームのプラグインパスを追加しないといけませんね。Cubase の場合は以下の感じ。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116111720a78.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116111720a78s.jpg" alt="Cubase - VSTPlugIn" border="0" width="160" height="85" /></a><BR> <BR> いや~大変でしたが、DVD をちまちまインストールしていたらまだ終わっていないよ、これ。<BR> (後日記)CCC で簡単な曲?を作ってみました!興味がある方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> 【番外編】<BR> <BR> CCC を購入すると、別の EastWest 製品が欲しくなったとき、ライセンスのみを安く購入することが出来るようです。大体半額程度ですかね。おそらく Authorization Codes が送られてきて認証するだけなんでしょうね。<BR> <BR> <a href="http://www.soundsonline.com/Additional-Licenses/" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/Additional-Licenses/">http://www.soundsonline.com/Additional-Licenses/</a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116110552e5f.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116110552e5fs.jpg" alt="EWQL Series" border="0" width="159" height="134" /></a><BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/19/clap" id="fc2button-clap-19" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-19").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/10.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/19/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
15

CCC

メリークリスマス! CCC こと EastWest 社のマルチ音源? Complete Composers Collection ですが、実勢で 159,800円ほどするものが半年ほど前にほぼ半額の 79,800円ぐらいでセールになったことがあります。覚えておられますでしょうか。 そもそも CCC は EastWest 社の7つの音源がパックになった製品で、これさえあればハリウッド映画だって作れちゃう、ってな代物です(ハリウッド直系の会社らしいですし)。 ・Sym... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> メリークリスマス!<BR> <BR> CCC こと EastWest 社のマルチ音源? Complete Composers Collection ですが、実勢で 159,800円ほどするものが半年ほど前にほぼ半額の 79,800円ぐらいでセールになったことがあります。覚えておられますでしょうか。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748s.png" alt="CCC" border="0" width="124" height="149" /></a><BR> <BR> そもそも CCC は EastWest 社の7つの音源がパックになった製品で、これさえあればハリウッド映画だって作れちゃう、ってな代物です(ハリウッド直系の会社らしいですし)。<BR> <BR> ・Symphonic Orchestra Gold Complete<BR> ・Pianos Gold Edition<BR> ・Symphonic Choirs<BR> ・Goliath<BR> ・SD2<BR> ・Voices of Passion<BR> ・RA<BR> <BR> それぞれ単品で買うと $3,264 もしますから、普通でも半額以下のパッケージなのに、さらに半額で実質 75% OFF で売られていたことになります。タイミングを逃した私としてはさすがに15万も出すのはバカらしく、どーせ来るであろう次の機会を待つことにしていました。<BR> <BR> ところが、なんと Sounds Online でまたやってるじゃないですか。クリスマス限定で。<BR> しかも HDD にインストールして発送してくれる!!つまり HDD 代込みで $799(日本円で 67,915円!)。<BR> バカ安です。<BR> <BR> <a href="http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized" target="_blank" title="soundsonline">http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized</a><BR> <BR> 200GB もあるライブラリをいちいちインストールしていたら1日あっても終わらないわけで、たとえ 7200rpm のふつーの HD だろうとメチャメチャありがたいです。つまり、Play Edition ではなく、HD Edition なわけですね。<BR> <BR> さらに、さらにですよ(ジャパネット高田風)、パッケージをカスタマイズ可能で、オーケストラはもう1つグレードの高いものにしたいとか、自由に出来ちゃう。<BR> <BR> 「ボーナス出たんだろ?」って足元を見られているのは分かっているが、これだけのものを見せられては「据え膳を食わぬ男はおらぬわー」ってことで、気が付いたらポチってました。どうせ日本代理店のクリプトンで買っても日本語マニュアルなんかないらしいし。<BR> <BR> CCC 自体古くなってきていますし EastWest としては次に新しいライブラリのリリースを予定しているのでしょう。今のうちに在庫を掃いておきたいのでしょうが、デモソングを聴く限り、今でも十分通用するサウンドのように思います。新しいものはバグが多いので、CCC は枯れてきているのではとの読みもあります。<BR> <BR> このセール、日本ではやっていないようで(と言うより SoundOnlin 限定?)皆さんも海外のサイトにも目を向けてみては如何でしょうか。新しい発見があるかもしれません。<BR> <BR> それにしても円高ってすごーい。<BR> CCC インストール編は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-19.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600 */ google_ad_slot = "2744398633"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/15/clap" id="fc2button-clap-15" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-15").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/15/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。