カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
178

IRCAM サマープロモーションキャンペーン実施中!

今日は時間があまりないので、キャンペーンのご紹介など。 先日こちらで紹介した IRCAM ですが、現在「IRCAM Summer Promotion」と銘打ってキャンペーンをやってます! なんと、最大 50% OFF!! 早速見てみましょう! ■FLUX:: http://www.fluxhome.com/products まず、IRCAM ってなんぞや?ってとこからですが、フランス国立音響音楽研究所のことで、芸術を科学的に研究する世界でも珍しい機関なのです。つまり... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は時間があまりないので、キャンペーンのご紹介など。<BR> <BR> 先日<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-167.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で紹介した IRCAM ですが、現在「IRCAM Summer Promotion」と銘打ってキャンペーンをやってます! なんと、最大 50% OFF!! 早速見てみましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ircam2012summer.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ircam2012summer.jpg" alt="ircam2012summer.jpg" border="0" width="520" height="280" /></a> <BR> ■FLUX::<BR> <a href="http://www.fluxhome.com/products" target="_blank" title="http://www.fluxhome.com/products">http://www.fluxhome.com/products</a><BR> <BR> まず、IRCAM ってなんぞや?ってとこからですが、フランス国立音響音楽研究所のことで、芸術を科学的に研究する世界でも珍しい機関なのです。つまり IRCAM は本場おフランスの芸術的プラグインでございますのよ~ん(笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Verb.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Verbs.jpg" alt="Ircam_Verb.jpg" border="0" width="160" height="93" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Trax.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Traxs.jpg" alt="Ircam_Trax.jpg" border="0" width="158" height="85" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Spat.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Spats.jpg" alt="Ircam_Spat.jpg" border="0" width="159" height="83" /></a> <BR> <BR> IRCAM プラグインの特徴は何と言ってもこのクールなマスク!ファンが多いんじゃないでしょうか?見ただけで「あぁ、このツールは出来るな」って思っちゃいません?(笑)。パラーメータも難しくなく直感的なのもすごくいいです。機能美を兼ね備えたプラグインです。なんかこう所有欲を掻き立てられますよね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iHeader.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iHeaders.png" alt="iHeader.png" border="0" width="160" height="93" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trax_CS_day.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trax_CS_days.png" alt="Trax_CS_day.png" border="0" width="159" height="85" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sourcefilter.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sourcefilters.png" alt="sourcefilter.png" border="0" width="160" height="86" /></a> <BR> <BR> 動物使いは現在この試用版を使っているんですが、やっぱり IRCAM はいいですね。VERV なんかすごく粒度が高くって透明感がありますし、TRAX は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-167.html" target="_blank" title="こっち"><u>こっち</u></a>で試したけどかなり面白い! いつかは所有したいアイテムの1つですね。<BR> <BR> でも、お高いんでしょ?(笑)<BR> <BR> このキャンペーンは日本代理店である Media Integration でも取り上げられています。あれ、こっちでは「Flux:: IRCAM Tools 1.1 & Studio 発売記念」になってますね。確かに半額なんてのはあんまりある話ではないですね。<BR> <BR> ■Media Integration<BR> <a href="http://www.minet.jp/flux/ircam-special" target="_blank" title="http://www.minet.jp/flux/ircam-special">http://www.minet.jp/flux/ircam-special</a><BR> <BR> IRCAM シリーズには今回新たに IRCAM Tools と IRCAM Studio が加わっており、その発売記念キャンペーンと言うことですね。IRCAM Tools は7つの IRCAM 関連製品全てをパッケージした完全版、Studio はスタジオユースということなんでしょうか、そこから SPAT と HEar を除いた5製品のパッケージとなっています。<BR> <BR> ちなみに IRCAM の製品を簡単に整理しておきますね。<BR> <TABLE> <TR><TD>IRCAM Spat</TD><TD>音像定位をコントロールするプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM Verb</TD><TD>リバーブプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM Verb Session</TD><TD>IRCAM Verb の廉価版</TD></TR> <TR><TD>IRCAM Trax Transformer</TD><TD>音声変換プラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM HEar<TD>ヘッドフォン用サラウンド・ミックスモニタリングプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM TRAX Cross Synthesis</TD><TD>振幅・周波数・位相モーフィングプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM TRAX Source Filter</TD><TD>音量などによって原音を連続的にフィルタリングするモーフィングプラグイン</TD></TR> </TABLE> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pas_spectrum.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pas_spectrums.png" alt="pas_spectrum.png" border="0" width="159" height="123" /></a> <BR> <BR> 他にも IRCAM には Pure Analyzer のような度肝を抜く製品もあります。見ているだけでも楽しいですね。興味がありましたらどうぞ。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/178/clap" id="fc2button-clap-178" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-178").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/178/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_42222820170623171311"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416606"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175234"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416669"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175252"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416670"});</script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
167

あなたもソプラノ歌手に! FLUX:: IRCAM TRAX

みなさん、こんにちは。 今日は面白いプラグインを1つ紹介したいと思います。 まずはこちらをお聴きください。これは誰が歌っているでしょうか? 夜の風20120422 W by AnimalsMaster じつはこれ、私(動物使い)なんです。あれっ?動物使いっておっさんじゃなかったっけ?違います。お兄さんです キリッ) (笑)。お兄さんです(大事なことなので2回言いました)。オリジナルのお兄さん音源はこちらから(是非比較... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさん、こんにちは。<BR> 今日は面白いプラグインを1つ紹介したいと思います。<BR> <BR> まずはこちらをお聴きください。これは誰が歌っているでしょうか?<BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F46558584&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F46558584&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/20120422-w">夜の風20120422 W</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> じつはこれ、私(動物使い)なんです。あれっ?動物使いっておっさんじゃなかったっけ?違います。お兄さんです キリッ) (笑)。お兄さんです(大事なことなので2回言いました)。オリジナルのお兄さん音源は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-161.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から(是非比較して聴いてみてください)。<BR> <BR> それにしてもこの声はおっさんじゃないですよね(お兄さんだってば)。実はこれ、私が無理してソプラノで歌ってみたんです。如何でしょうか。そう、動物使いは6オクターブの音域が出せるのです!(マライアキャリー、でてこいやー! 高田総統風)<BR> <BR> さて、冗談もほどほどにして(笑)、これはとあるプラグインを使って音域を女性ソプラノにコンバートしてみたものです。そのツールがこれ↓<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IRCAM_TRAX.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IRCAM_TRAXs.png" alt="IRCAM_TRAX.png" border="0" width="160" height="92" /></a> <BR> <BR> FLUX:: と言うメーカーがリリースする IRCAM TRAX です。FLUX:: は高品位なプラグインツールをリリースするブランドとして世界に名が知れています。また IRCAM(イルカム)はご存知の方もいるかもしれませんがフランス国立音響音楽研究所のことで、芸術を科学的に研究する世界でも珍しい機関です。<BR> <BR> その IRCAM の最先端の音声変換アルゴリズムと FLUX:: のプラグインノウハウが結集した傑作が IRCAM TRAX なわけです。このツールは映画『カストラート』で、女声ソプラノ歌手、男声カウンターテナーによる録音をカストラート役の声に変換したことで一躍有名になりました。<BR> <BR> <iframe width="520" height="382" src="http://www.youtube.com/embed/kgfqhp99cZ8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> <BR> このツール、前から気になっていまして今回実験的に変換してみましたが、使い方はとっても簡単です! "Source" から変換前の音源に最もマッチした選択肢を選びます。私の場合は男性テノールを選択しました。そこから "Target" で女性ソプラノを選択しただけです。それだけでここまで綺麗に変わってしまいます。<BR> <BR> その他、ブレス(息継ぎ)の表情や声の若さ、細かな音程なども指定できてとても面白いですね。慣れてくれば変換した際に自然に聴こえるよう多少の配慮が出来たりもしそうです。<BR> <BR> 気になるお値段ですが、38,850円(Media Inetgration 価格)とそんなに高くないんですよね。しかし、音声変換にそんなに大枚をつぎ込めないとお困りのあなたに朗報です。このツール(って言うか FLUX:: のツール全般)は無期限の Free Trial 版が利用できます!<BR> <BR> ■FLUX:: Free Demo<BR>  <a href="http://www.minet.jp/flux/demo" target="_blank" title="http://www.minet.jp/flux/demo">http://www.minet.jp/flux/demo</a><BR>  <a href="https://www.fluxhome.com/download" target="_blank" title="https://www.fluxhome.com/download">https://www.fluxhome.com/download</a><BR> <BR> ツールに自信があるのか商売が下手なのか知りませんが、FLUX:: のこのデモ版、デモでも結構使えてしまうんですよね(今回の実験もデモ版でやってます)。これをインストールしておかない手はないです。特に IRCAM 系のツールは UI も非常に洗練されていて所有欲を満たしますね(所有してないけど、、、笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Elixir.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Elixirs.png" alt="Elixir.png" border="0" width="158" height="103" /></a> <BR> <BR> その他、綺麗に音圧を上げてくれる Elixir(エリクサー) なんかも凄くいいです!使うと HP と MP が全快すること請け合いです(笑)。英語の出来る方は例によって本家で買った方がお安いですね。<BR> <BR> ■FLUX::<BR>  <a href="http://www.minet.jp/flux/products" target="_blank" title="http://www.minet.jp/flux/products">http://www.minet.jp/flux/products</a><BR>  <a href="http://www.fluxhome.com/" target="_blank" title="http://www.fluxhome.com/">http://www.fluxhome.com/</a><BR> <BR> それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/167/clap" id="fc2button-clap-167" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-167").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/167/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
155

DTM/DAW ソフトを起動して最初にすること(リミッタ編)

先日、DTM/DAW ソフトを起動してまずやるべきことの1つとして「ディザリング」をご紹介させて頂きました。今日はその続きで「リミッタ」について紹介します。 ■リミッタって? リミッタはその名の通り「制限する」プラグインエフェクトです。何を制限するかというと音量。リミッタをかますと設定した音量以上の音の大きさにはならなくなります。一番簡単な使い方は、マスター出力の最後に挿すこと(マスターインサートの7... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 先日、DTM/DAW ソフトを起動してまずやるべきことの1つとして「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-153.html" target="_blank" title="ディザリング"><u>ディザリング</u></a>」をご紹介させて頂きました。今日はその続きで「リミッタ」について紹介します。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■リミッタって?</span><BR> <BR> リミッタはその名の通り「制限する」プラグインエフェクトです。何を制限するかというと音量。リミッタをかますと設定した音量以上の音の大きさにはならなくなります。一番簡単な使い方は、マスター出力の最後に挿すこと(マスターインサートの7番がお勧めです。8番は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-153.html" target="_blank" title="ディザリング"><u>ディザリング</u></a>)。そうすると 0dB を越える音量が入力されても自動的に 0dB に抑えてくれますのでクリップしなくなります。便利ですよね。<BR> <BR> 下に説明しますが、クリップは絶対発生させてはいけません。ですからリミッタは前号で紹介した「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-153.html" target="_blank" title="ディザリング"><u>ディザリング</u></a>」と共に DTM/DAW ソフト起動時に儀式として必ずマスターエフェクトの最後に挿入するようにしましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StereoOut.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StereoOuts.png" alt="StereoOut.png" border="0" width="159" height="98" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■クリップってなんですか?</span><BR> <BR> 「クリップする」とか「クリッピング」とか言いますが、要するにデジタルで表現できないほど音が大きくなることです。例えば CD なら前回「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-153.html" target="_blank" title="ディザリング"><u>ディザリング</u></a>」紹介した通り、0dB~ -∞dB ~0dB までを 16bit=2の16乗=65,536個の値で記録しています。0dB を越える値は表現できないし記録できないのです。<BR> <BR> ですから、0dB を超える値を入力すると、(環境にもよりますが)わかりやすく言えばこのように越えた部分はカットされた波形として記録され、結果として音が歪んだり割れたように聞こえます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/hardclip.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/hardclips.png" alt="hardclip.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MAX.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MAXs.png" alt="MAX.png" border="0" width="51" height="159" /></a> <BR> ちなみに Cubase のような DTM/DAW ソフトはミキサーの最大値が +6dB(0dB の2倍の音量)になってますよね(上右画像の黄色の四角)。これは Cubase では 32bit float 型で音量を表現しているから可能なのであって、CD 等のサンプリングビット数の少ない環境にダウンコンバートした際には必ず歪みます。DTM/DAW では音量を絶対にクリップさせない(0dB を越えさせない)ことが重要です。必ずリミッタを挿入しましょう。また、マスターフェーダーは 0dB で固定です(上の画像は都合上 +6.02dB になってますけど 0dB にしてください)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■って言うか、dB って何ですか?</span><BR> <BR> 皆さんの身の回りにもオーディオ機器とか色んな再生環境があって、ボリュームに 0dB とか -∞dB とか見かけることがありますよね。本格的なオーディオ機器だと 0dB なんかとてもうるさくってボリューム全開にできませんけど、ヘッドホンだったらちょっと大きめにできたり、他の再生環境だと目一杯ボリュームを回してもまだ音が小さかったりします。つまり、dB は相対的な音量を表しており、環境によって異なります。<BR> <BR> 0dB とはその再生環境が出せる最大の音量と考えたらわかりやすいですね。再生環境によって音量の絶対的な大きさは異なります。そして -∞dB は全くの無音を意味します。<BR> <BR> 余談ですが、デシベルの d(デシ)は、dL(デシリットル)とかの「デシ」とと同じで 1/10 を表します。ですから正確には音量の単位は B(ベル)であって、dB は B の 1/10 と言う意味です。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■+6dB が音量2倍って?</span><BR> <BR> 音量は人間の感覚ですから人によって異なるのですが、音響学としては音量は次の式で示されます。<BR> <BR>     dB=20×log<span style="font-size:x-small;">10</span>(音圧実効値/基準音圧)<BR> <BR> 基準音圧は各再生機器の最大音量の絶対値です。仮に X としましょう。そして実際の音圧実効値が最大値 X だけ出ていれば、最大音量な訳ですから先ほどの説明の通り、それが 0dB です。<BR> <BR>      20×log<span style="font-size:x-small;">10</span>(X/X)<BR>      =20×log<span style="font-size:x-small;">10</span>(1)<BR>      =20×0<BR>      =0dB<BR> <BR> さっき、+6dB になることは音量が2倍になることと書きましたが、それは下に示すような意味です。音量が2倍なので、音圧実効値は 2X です。log<span style="font-size:x-small;">10</span>(2)=0.30103 ですから、<BR> <BR>      20×log<span style="font-size:x-small;">10</span>(2X/X)<BR>      = 20×log<span style="font-size:x-small;">10</span>(2)<BR>      = 20×0.30103dB<BR>      = 6.0206dB<BR> <BR> こうなります。だから、Cubase の最大値には 6.02dB と表示されていたんですね。ちなみに音量が半分なら -6.02dB です。この話題、どうでもいいですね(笑)。音量を半分にしたかったら -6dB 下げたらいいってことだけ覚えていればどこかで役に立つでしょう。<BR> <BR>      20×log<span style="font-size:x-small;">10</span>(X/2X)<BR>      = 20×log<span style="font-size:x-small;">10</span>(1/2)<BR>      = 20×(log<span style="font-size:x-small;">10</span>(1) - log<span style="font-size:x-small;">10</span>(2))<BR>      = 20×(0dB - 0.30103dB)<BR>      = 20×-0.30103dB<BR>      = -6.0206dB<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■Cubase のリミッタ</span><BR> <BR> Cubase 付属のプラグインエフェクトは見た目がとってもシンプルで頼りない感じがするのですが、機能としてはしっかり動作してくれますし、初心者の方にはパラメータが多くなくて操作しやすいと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Limiter.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Limiters.png" alt="Limiter.png" border="0" width="123" height="159" /></a> <BR> <BR> パラメータは3つしかありません。Input と Output、そして Release です。ここではリミッタをマスターエフェクトの最後の段に挿す場合の設定値について紹介します。<BR> <BR> Input は入力の音量そのものを下げますので、せっかく作った楽曲の音圧を下げたいのでなければ 0dB から変更する必要はありません。また、これからリミッタで音圧を 0dB に抑えつけるのに Input を上げてもあまり意味がありませんね。Input は 0dB 固定です。<BR> <BR> 次に Output は 0dB より大きな値にしてはいけません。少し低い値がお勧めです。と言うのも、MP3 等にダウンコンバートする際に少し音圧に余裕を持たせておくと音が良くなるとのレポートがあるからです。私も実際にやってみて確かに違うように感じました。お勧めは -0.5dB ですが、私は雑念を捨て切れず -0.3dB にしています(笑)。<BR> <BR> Release はデフォルト値が 500(ms) と割と長めなのですが、初心者の方で特に他のエフェクト類を持ち合わせていないような場合はこのままの値で使いましょう(もしくは下の方に auto ボタンがありますのでこれを有効にして自動リリースにする)。Release とは Output で指定した dB 値に達して音が抑えつけられた際に、どれぐらいの時間経過したらこの抑えつけをやめるかを指定します。0 ならすぐやめます。<BR> <BR> この値を長めに取ると比較的長い時間抑えつけられます。つまり、その間に何回か発生するだろう 0dB のピークの度に抑え付けるのではなく、それらを1回にまとめて抑え付けるので自然に聞こえます。そして、音量が下がったころ解除されるのもポイント。<BR> <BR> 中級者以上の方はご自身のお気に入りリミッタ(マキシマイザ)をお持ちでしょうから、それらのプラグインを挿せば良いですね。<BR> <BR> <BR> 以上、リミッタの説明でした。自分で音楽を楽しむのではなく他人に聴かせたいなら、こういったエチケットもしっかり意識してお互い楽しみたいですね。それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/155/clap" id="fc2button-clap-155" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-155").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/155/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
153

ディザリングって? UV22HR の紹介

皆さんは DTM/DAW ソフトを起動してまず何をしますか? 今日はとある方からご要望を頂きまして、そんな基本的なことについて Cubase を例にとって初心者さん向けに書いてみたいと思います。 最初にするべきことは大きく2つあると思います。1つはディザリング、もう1つがリミッティングです。今日はそのディザリングについて詳しく書いてみますね。 ■ディザリングとは 最近のスマホは高機能になりまして、WiFi ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 皆さんは DTM/DAW ソフトを起動してまず何をしますか?<BR> 今日はとある方からご要望を頂きまして、そんな基本的なことについて Cubase を例にとって初心者さん向けに書いてみたいと思います。<BR> <BR> 最初にするべきことは大きく2つあると思います。1つはディザリング、もう1つがリミッティングです。今日はそのディザリングについて詳しく書いてみますね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UV22HR.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UV22HR.png" alt="UV22HR.png" border="0" width="426" height="169" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ディザリングとは</span><BR> <BR> 最近のスマホは高機能になりまして、WiFi のアクセスポイントにもなれるんですね。お手持ちの iPad や PSP なんかを接続してインターネットを楽しめます。それが「テザリング」機能! でも今回説明したいのは「テザリング」じゃなくて「ディザリング」なんです。。。(笑)<BR> <BR> さ、グッと読者のハートを掴んだところで「ディザリング」について説明します(笑)。ディザリングとは早い話、ノイズを加えることです。そう、あなたの作った美しい素晴らしい曲にわざわざノイズを加えるのです! 何のためにそんなドMな行為をしなければならないんでしょうか?<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■オーディオデータの基本</span><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WaveShape.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WaveShapes.png" alt="WaveShape.png" border="0" width="159" height="118" /></a> <BR> <BR> この絵を見てください。あるオーディオデータを Cubase で激拡大させた絵です。細かなドットが連なって波形を作っているのがわかると思います。横軸は時間、縦軸はdB(音の大きさ)です。サンプリングレート/ビットが 44.1kHz、16bit(CD クオリティ)なら 1/44100=226μ秒 に1回の割合でドットがあって、縦軸に 16bit=2の16乗=65,536 個の細かさで音の大きさを記録していることになります。<BR> <BR> ちなみに Cubase 6 は、内部処理を 192kHz、32bit float 浮動小数点演算で行っています。つまり CD に比べて時間軸上で4倍以上も細かく、音の大きさも小数まで使って遥かに細かく処理しています。「高音質 MP3」とか、いかに虚しい言葉かお分かり頂けると思います(笑)。ちなみに float とは小数を表現する型の名前です(プログラムをやってる人は分かりますよね)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ダウンコンバートの罪</span><BR> <BR> Cubase の高精度なデータをオーディオインターフェースに流したり CD に焼いたりすることを考えてみましょう。Cubase 6 の高音質をダウンコンバートして対象の機器に合ったレートに下げる必要が出てきます。例えるなら、今まで 0~99 の 100 個の値で表現できていたものが 0~10 で表現表現しなければならなくなるわけです。当然波形はドット丸見えでギザギザの荒いものに変わりますよね。それでも CD がなかなかいい音で聴こえるのは、減らされた状態でもまだ十分細かいからです。<BR> <BR> さて、音楽には色んなタイプがあります。ダンスミュージックのように終始ズンチャンやってるのもあれば、クラシックみたいに音の消え際とか聴こえないほどの pppppppp(ピアニッシモシモシモシモ、、、、笑) を聴かせる曲もあります。問題はこの極小音のときです。<BR> <BR> 先ほどの図で示した通り縦軸は音の大きさを記録しています。つまり小さい音を記録する箇所では縦軸に使える値の幅も少なくなるってことです。ただでさえ 0~10 の荒さで表現しないといけないものが「0 と 1 だけにしてください」って言われたような感じです。もし0にコンバートされてしまったら、音が鳴らないってことです。ヤバイでしょ?(笑)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ディザリングの効果</span><BR> <BR> ここでディザリングの登場です。<BR> 最初に説明した通りディザリングはノイズを乗せます。するとノイズ分だけ音量が大きくなりますよね。つまり使えるビット数が多くなるわけです。「0~3 ぐらいまで使っていいよ」ってことです。この効果はディザリングしなかったものに比べて絶大です。多少ノイズが乗っても許せるぐらいに。ま、ほとんど聴こえないレベルなんですけどね。<BR> <BR> Cubase には UV22HR と言う APOGEE 社の高品位なディザリングプラグインが付属しています。UV22HR は人間の高域可聴領域である 20kHz あたりに僅かなノイズを挿入します。市販のディザリングツール(大抵マキシマイザに付属する)なんか使わなくても十分実用的ですので、DTM/DAW ソフトを立ち上げたらまずこれを挿入しておきましょう。後で入れ忘れるとイヤですので、習慣にすると良いと思います。<BR> <BR> ●UV22HR<BR> <a href="http://www.apogeedigital.com/products/uv22hr.php" target="_blank" title="http://www.apogeedigital.com/products/uv22hr.php">http://www.apogeedigital.com/products/uv22hr.php</a><BR> <BR> 一点、注意すべきことは、例えば Waves のリミッタや iZotppe Ozone4/5 のマキシマイザなんかにはディザリング機能が付属しているものがあります。これらと併用して2重にディザリングをかけてしまうとおかしなことになる場合がありますのでやめましょう。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■UV22HR の使い方</span><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StereoOut.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StereoOuts.png" alt="StereoOut.png" border="0" width="159" height="98" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UV22HR.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UV22HRs.png" alt="UV22HR.png" border="0" width="159" height="63" /></a> <BR> <BR> 挿入場所はマスターインサートの8番がいいと思います。マスターインサートの7・8番は特別でして、ポストフェーダースロットになっています。私はいつもこの8番にインサートしています。ちなみに7番はリミッタ。<BR> <BR> たまに聞くのですが、7番にリミッタを挿して 0dB に設定し、8番に UV22HR を挿入すると赤いクリップランプが点灯するようです。クリップしても 0dB を超えることは無いので別に問題ないのですが、生理的に嫌な人はリミッタを -0.1dB 以下に下げましょう。ちなみに MP3 等にダウンコンバートする際は上限を -0.5dB 程にしておいた方が音がよいとの報告もあります。私は少し見栄を張って -0.3dB に設定しています(笑)。<BR> <BR> UV22HR の上のボタン類はダウンコンバートビット数の設定。CD 収録前提なら 16 を、FireFace UC のようなオーディオインターフェースに流すなら 24 を選択します。お使いの機器や目的に合わせて選択してください。<BR> <BR> 一方、下のボタン類ですが、hi/Lo は加えるノイズの量の設定です。ディザリングは説明した通りノイズを加えて小音量時のビット数を増やすことに意味があります。ですから、小音量時の表現が多い楽曲では hi に、常にうるさい曲なら Lo でもよいでしょう(笑)。また、auto black は無音時にディザリングノイズをカットしてくれますので、ON にしない手はないですね。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/153/clap" id="fc2button-clap-153" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-153").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/153/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
142

Waves v9 遂にアナウンス!

(2011.01.31 内容を一部更新しました) みなさーん、遂に WAVES v9 がアナウンスされましたよ。正式リリースは3月のようです。大きな改善点は2つ。 ・お待たせ! 64bit 対応 ・iLOK 方式をやめて 独自のクラウドライセンスプロテクト方式にする 64bit 対応はホントやっとって感じですよね。ライセンスに関する詳しいお話は下の URL を見て頂くとよく分かりますが、クラウドベースになってどこでも使えたり破損・紛失... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/waves.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/waves.png" alt="waves.png" border="0" width="520" height="100" /></a> <BR> (2011.01.31 内容を一部更新しました)<BR> <BR> みなさーん、遂に WAVES v9 がアナウンスされましたよ。正式リリースは3月のようです。大きな改善点は2つ。<BR> <BR> ・お待たせ! 64bit 対応<BR> ・iLOK 方式をやめて 独自のクラウドライセンスプロテクト方式にする<BR> <BR> 64bit 対応はホントやっとって感じですよね。ライセンスに関する詳しいお話は下の URL を見て頂くとよく分かりますが、クラウドベースになってどこでも使えたり破損・紛失した場合のメリットがあるようです。Cubase の eLicense に似ているでしょうか。なお、v8 以前のバージョンを使う場合は今まで通り iLOK を使用します。<BR> <BR> ■Rock oN Company<BR> <a href="http://www.miroc.co.jp/show-report/namm2012/archives/515" target="_blank" title="http://www.miroc.co.jp/show-report/namm2012/archives/515">http://www.miroc.co.jp/show-report/namm2012/archives/515</a><BR> <BR> 音楽機材の祭典 Winter NAMM Show での貴重な動画もありましたので紹介しておきます。<BR> <BR> <iframe width="520" height="294" src="http://www.youtube.com/embed/zuwzX6X3vjM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> で、大事なアップデートコストについてこの動画の最後で質問されているんですが、私には「全てのアップデートは、1ライセンスまたは1キー当たり200時間のサポート?を有する製品購入・アップグレード版を1年間提供する『WAVES アップデートプラン』でカバーするよ。だから無料でアップデートプランを適用する」って言ってるように聴こえるんですが、まぁ、、、信用しないでください(笑)。意味がきちんと分かる方、情報きぼーん!<BR> <BR> と言うことで、最初のうちはいくらかのバグがあるでしょうけども、数人の方からありがたい情報を頂いておりまして、バグフィックスのようなマイナーアップデートは『WAVES アップデートプラン』、通称 WUP に関係なく適用可能だろうとのことですから、現在 v8 を買って3月に v9 アップデートできるでしょうしバグがあっても大丈夫そうですね。上記の大きな変更点の他にも、ロード時間の短縮や信号処理の高速化がなされているようです。<BR> <BR> v8 は 64bit 対応していませんが JBridge のようなツールを使えば 64bit 環境でも使用できます。また、今 WAVES は年末セールからの続きで特価セールやってるんですよね。こちらを安く買って v9 にアップグレードするか、3月まで待つかは自由だー!!(笑)。<BR> <BR> ■2012年1月の Waves バンドル限定特価<BR> <a href="http://www.minet.jp/waves/bundles_special" target="_blank" title="http://www.minet.jp/waves/bundles_special">http://www.minet.jp/waves/bundles_special</a><BR> <BR> しかし、WAVES プラグインはその数が半端ないですし、バンドルパッケージもたくさんあって初心者の方はどれが自身に最適か分からないですよね。次回はそのあたりを整理してお話できたらと思います。<BR> <BR> それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/142/clap" id="fc2button-clap-142" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-142").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/142/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
121

iZotope Ozone 5 遂にリリース!

出ましたよ! iZotope Ozone 5! ご存知、マスタリングツールの決定版。十分な性能を持っているのは当然のこと、動作が軽快で使いやすく、何と言っても低価格。アマチュア DTM/DAW の強い味方です。前作 Ozone 4 で確固たる人気を確立し、今回満を持してのメジャーバージョンアップとなりました。早速見てみましょう! ■かっこいい?画面デザイン Ozone シリーズと言えば黒地に緑!そして、要所に映える赤です。 今... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_main.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_main.png" alt="ozone5_ozone5advanced_main.png" border="0" width="255" height="141" /></a> <BR> <BR> 出ましたよ! iZotope Ozone 5!<BR> <BR> ご存知、マスタリングツールの決定版。十分な性能を持っているのは当然のこと、動作が軽快で使いやすく、何と言っても低価格。アマチュア DTM/DAW の強い味方です。前作 Ozone 4 で確固たる人気を確立し、今回満を持してのメジャーバージョンアップとなりました。早速見てみましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/component_plugins_montage.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/component_plugins_montage.png" alt="component_plugins_montage.png" border="0" width="520" height="160" /></a> <BR> <p>■かっこいい?画面デザイン</p> Ozone シリーズと言えば黒地に緑!そして、要所に映える赤です。<BR> 今回もそのデザインを踏襲したものとなってますね。ボタン類のレイアウトも Ozone 4 とほぼ同じですが立体的に凝ったものになりました。バンド分けが必要なダイナミクスやステレオイメージングは4色のカラーを採用し、より分かりやすくなりましたし、ベクタースコープやゲインリダクションが視覚化れるなど、グラフィック面ではかなり改良された印象です。デザインや配色はともかく使いやすさはなかなかに上がっているようですね。 それからウィンドウのサイズですが、Ozone 4 より2周りぐらい大きくなってます。大画面ディスプレイじゃないと圧迫感がありますね。こんな感じ↓<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111112192307776.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111112192307776s.png" alt="画面サイズ" border="0" width="159" height="119" /></a> <BR> <p>■2つのパッケージ</p> 今回の Ozone 5 は2種類のパッケージがあります。"Ozone 5" と "Ozone 5 Advanced" です。高機能なのは Advanced の方。価格差は定価で $249 と $999 ですから4倍ほど。結構な差ですよね。何が違うんでしょうか?<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_boxes.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_boxess.png" alt="ozone5_ozone5advanced_boxes.png" border="0" width="159" height="100" /></a> <BR> 簡単に言うと2つあって、1つは COMPONENTPLUG-INS と呼ばれるもの。これは Ozone 5 の持つ6つの機能、イコライザ・マキシマイザ・ダイナミクス・リバーブ・ステレオイメージング・エキサイタをそれぞれ独立したプラグインとして利用できること。つまり、マスタリングエフェクトとしてではなく、トラックエフェクトとして単独で挿しても使いやすいですよってことです。まぁ、私は Ozone 4 でもトラックエフェクトとして無理やり挿したりはしていましたが、、、。<BR> <BR> もう1つは METER BRIDGE と呼ばれるもの。これははっきり言ってプロ向けの機能。フルスクリーンで設定一覧を表示したり、ステレオバランス/相関・スペクトラムを時間軸上に3Dグラフィック表示できたりします。この機能はグラフィックパワーを要しますので、Open GL 2.0 に対応したグラフィックカードが必須になります。グラフィックパワーが必要な音楽機材って初めてお会いしました(笑)。写真左上の3D表示がグラフィックパワーいるんですよね。それから右下のラウドネスメーターは実物を見るとすごくクールでかっこいいです!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_meterbridge.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_meterbridges.png" alt="ozone5_meterbridge.png" border="0" width="159" height="92" /></a> <BR> <BR> その他、各機能に細かな改良や小機能追加があります。<BR> <BR> 詳しくはこちらの "WATS'S NEW" を参照。<BR> <a href="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/index.asp" target="_blank" title="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/index.asp">http://www.izotope.com/products/audio/ozone/index.asp</a><BR> <BR> <p>■Ozone 4 からの変更点</p> Ozone シリーズが持つ6つの機能がそれぞれパワーアップしています!全体の機能を通して時間軸上で各エフェクトの効果を視認できるグラフィックが追加されたのは非常に素晴らしいです。動作も Ozone 4 譲りで軽快、ストレスを一切感じさせないのはさすが。CPU もそんなに喰ってないですね。<BR> <BR> <u>イコライザ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_eq.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_eqs.png" alt="ozone5_eq.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PreEQ.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PreEQs.png" alt="PreEQ.png" border="0" width="160" height="85" /></a> <BR> 通常、イコライザはマスタリングの初段で入れますが、Ozone 5 ではもう1つ「ポストイコライザ」が追加され、マスタリングの後段にも挿せるようになりました。これによってダイナミクスやエキサイタなど周波数成分が変わる変更を行った後でもイコライザ調整が出来るんですね。また、「アナログマッチイコライザカーブ」機能が追加されて高域のアナログ表示の正確性が2倍以上上がったようですよ。<BR> <BR> <u>リバーブ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_reverb.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_reverbs.png" alt="ozone5_reverb.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> Plate/Room に加えて新しく Hall/Theater/Cathedral/Arena が追加されました。パラメータもアーリーリフレクションズ(最初のこだまの設定)や、左右チャンネルのリバーブ成分間のステレオ広がり量の調整を行うクロスミックスコントロールなどが追加されています。<BR> <BR> <u>マキシマシザ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_maximizer.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_maximizers.png" alt="ozone5_maximizer.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> 透き通ったリミッティングを実現するための先進的な音響モデルである IRC(Intelligent Release Control) III が正式に追加されています。IRC は WAVES でもお馴染みですね。複数の異なるラウドネスコントロールアルゴリズムが平行に動作する中で IRC III は最も違和感のないアルゴリズムをリアルタイムに選択するようです。<BR> <BR> <u>エキサイタ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_exciter.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_exciters.png" alt="ozone5_exciter.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> モードとして、Triode/Dual Triode が追加されています。画面もカラフルになり、エキサイタの掛かり具合がグラフィカルに表示できるモードが加わって倍音成分の効果の度合いが良く分かります。また、サチった倍音成分を抑える簡易高域リミッターが付いてます。<BR> <BR> <u>ダイナミクス</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_dynamics.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_dynamicss.png" alt="ozone5_dynamics.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> 表示が一段とグラフィカルになり、何を操作しているのかとても分かりやすくなりました。どの箇所でどれだけコンプレッサが効いてるかも一目で分かります。これは初心者さんは特にありがたいハズ。その他、透明で微細な圧縮を与える Hard/Soft knee mode なんかもあります。ただ、若干ごちゃごちゃした感じになったのは残念(画像は一番ごちゃごちゃしている4バンド全設定表示時のもの)。<BR> <BR> <u>ステレオイメージング</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/stereo_imaging_full.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/stereo_imaging_fulls.png" alt="stereo_imaging_full.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> ステレオイメージを確認するベクタースコープに Polar S モードが追加されました。また、correlation trace 画面によって位相外れになる箇所も一発で視認できます。これだけ整ったステレオイメージング調整環境ってなかなか見ないですね。やべっ、欲しい(笑)<BR> <BR> <p>■気になる点</p> エキサイター、ダイナミクス、ステレオイメージング機能は4バンドに区切って調整できるのですが、この区切りが3つの機能で共通でしか設定できない点が Ozone 4 の時から指摘されていました。Ozone 5 でも残念ながらそれは改善されていませんね。<BR> <BR> それから Ozone 4 でも素晴らしかったプリセットですが Ozone 5 でも健在。ただ、やっぱり切り替え時にバリバリって言うんですよ。切り替わりはスムーズでいいんですけど、この音だけが、、、。まぁ、ご愛嬌ってことで。<BR> <BR> <p>■Ozone 5, Ozone 5 Advanced どっち?</p> ほとんどの方は Ozone 5 で全く問題ないと思います。Advanced はプロユースです。素人が買ってもカッコいいだけでとても使いこなせないのではないでしょうか。Ozone 5 は必要十分な機能が備わっていて、価格的には3~5万ぐらいしてもいいんじゃないかと思います。それが $249 ですし、今なら12月1日まで $199 のオープニングセール中です。非常に良心的な価格設定だと思います。一般の方に広く使ってもらいたい気持ちが表れていますね。<BR> <BR> <p>■まずはお試し版を使ってみよう!</p> Ozone 5 は Advanced も含めて10日間のお試し版がダウンロードできます。10日過ぎるとデモ版として動作するようです。気になる方は是非使ってみましょう!ダウンロードはこちらから。<BR> <BR> <a href="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp" target="_blank" title="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp">http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp</a><BR>  <BR> ■<a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="INTO THE DEEP SEA(動物使い作)"><u>INTO THE DEEP SEA(動物使い作)</u></a><BR>  iZotope Ozone で初心者でも簡単にこれぐらいの音圧、音の色・艶に出来てしまいます。<BR>  是非お聴きください!<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a><BR>  <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/121/clap" id="fc2button-clap-121" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-121").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/121/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
117

DTM/DAW ソフト付属のエフェクトでは物足りないのか?

DTM/DAW ソフトにはどなたでも音楽をすぐに作れるよう、音源とエフェクト類が付属しています。最近はどちらもかなり豪華になってきていまして、DTM/DAW ソフトを購入しただけでも結構な音楽が作れるようになりました。 さて、今日はこのブログを見て頂いた方からご相談コメントを頂きまして、付属エフェクト類があるにもかかわらず市販のエフェクト類をあえて購入する必要があるのかについて考えてみたいと思います。 まず、... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> DTM/DAW ソフトにはどなたでも音楽をすぐに作れるよう、音源とエフェクト類が付属しています。最近はどちらもかなり豪華になってきていまして、DTM/DAW ソフトを購入しただけでも結構な音楽が作れるようになりました。<BR> <BR> さて、今日はこのブログを見て頂いた方からご相談コメントを頂きまして、付属エフェクト類があるにもかかわらず市販のエフェクト類をあえて購入する必要があるのかについて考えてみたいと思います。<BR> <BR> まず、エフェクトは種類がたくさんあります。代表的なものを下に書いてみましたが、今の時代の DTM/DAW ソフトにはこれらのエフェクト類は全て付属しています。ですから特殊なエフェクトを除いて、必要としている基本エフェクトが付属していないと言うケースはまずありません。<BR> <BR><a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530603c.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530603cs.png" alt="Cubase付属エフェクト" border="0" width="159" height="148" /></a> <BR> <BR> ■音作りに良く使われるエフェクト<BR> <BR> ・Delay 系 … 音を遅延させ山彦のような効果を生む<BR> ・Distortion 系 … 音を歪ませる<BR> ・Filter 系 … 音に特殊なフィルタを通して変化させる<BR> ・Modulation … 音を加工する<BR> <BR> ■ミキシングに良く使われるエフェクト<BR> <BR> ・Dynamics系 … 音を大きくする<BR> ・EQ 系 … 周波数毎のダイナミクスを調整する<BR> ・Reverb 系 … 音に残響を持たせる<BR> ・Surround 系 … サラウンド効果を与える<BR> ・便利ツール類(チューナなど)<BR> <BR> 例えば Cubase のエフェクト類ならここのページに列挙してあります。恐らく一生使わないエフェクトもあるでしょう(笑)<BR> <BR> <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/plugin.html#c87457" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/plugin.html#c87457">http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/plugin.html#c87457</a><BR> <BR> では、市販のエフェクト類と付属のそれは何が違うんでしょうか? 違いは大きく2つあります。機能の差と質の差です。幾つか例を見てみましょう(ここでは市販品の iZotope Ozone4 のイコライザ・ダイナミクス(マキシマイザ)機能について比較してみます。 iZotope Ozone4 の記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-111.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。<BR> <BR> <u><p>①機能の差</p></u> Cubase 付属と iZotope Ozone4 のパラメトリックイコライザ画面です。パラメトリックイコライザはグラフィックイコライザと比較してバンド数が少ないですが、細かく調整出来るので、より積極的な音作りが出来ることが特徴です。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Standard_EQ_549b0f_03.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Standard_EQ_549b0f_03s.jpg" alt="Standard_EQ_549b0f_03.jpg" border="0" width="159" height="148" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530533d.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530533ds.png" alt="iZotopeParagraphic Equalizer" border="0" width="160" height="126" /></a> <BR> <BR> まず、調整バンド数は Cubase 付属が4に対して iZotope は8。機能面では Cubase 付属はレスポンスカーブとシェルビングモードが変更できる程度。一方 iZotope は画面でお分かりの通りありえないほどの急峻な設定も可能であったり、スペクトラム・アナライザが統合されており、リアルタイムに周波数特性を確認することが出来ます。その他、様々なプリセットが用意されていたり、mid/side で特性を変えられたりと市販品ならではの使いやすい機能が盛り沢山です。<BR> <BR> 他のエフェクト類も同様であり、充実した、あるいは統合された使いやすさが市販品の大きなアドバンテージの1つになっています。<BR> <BR> <u><p>②質の差</p></u> エフェクトを使って音に変化を加えるとき、その変化の幅(強力さ)と違和感のなさ(品位)が大切です。マキシマイザを使って音を大きくしたけどもあまり変化がなかったり、音が歪んでしまうようでは良いエフェクトとは言えません。<BR> <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CubaseMaximaizer.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CubaseMaximaizers.png" alt="CubaseMaximaizer.png" border="0" width="90" height="158" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iZotopeLoudnessMaximaizer.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iZotopeLoudnessMaximaizers.png" alt="iZotopeLoudnessMaximaizer.png" border="0" width="160" height="126" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IzotopeDynamics.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IzotopeDynamicss.png" alt="IzotopeDynamics.png" border="0" width="160" height="126" /></a> <BR> <BR> 簡単に実験をしてみました。まず、440Hz -40dB ほどの微弱な正弦波を流します。これを Cubase 付属と iZotope のマキシマイザで大きくしてみましょう。どこまで大きくなるでしょうか?実験結果は Cubase 付属が -23.8dB まで、iZotope が -0.8dB となりました(Multiband Maximizer と Loudness Maximizer の複合による)。Loudness Maximizer 単体で使用しても -20dB まで上げられます。<BR> <BR> また、音質面でも市販品は内部で 64bit 演算のような高品位なアルゴリズムを使用しており、アドバンテージがあると言えます。ただし、この違いを一般家庭のスピーカーやイヤホンの流し聞きで聴き取れるかと言えば、きっと NO でしょう。<BR> <BR> <BR> ■市販のエフェクトは買うべきか?<BR> <BR> まずは付属のエフェクトを使い倒してみるべきです。そしてそれでも目標の「あの人」の曲や一般 CD レベルの音にならないと感じたり、付属のエフェクトに物足りなさを感じたなら、初めて市販のエフェクトを検討しましょう。そうしなければ各エフェクトの意味さえ分からずに市販の多機能エフェクトの海にダイブすることになります。そして溺れます。<BR> <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/waves.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/wavess.jpg" alt="waves.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111102210233e82.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111102210233e82s.jpg" alt="images (1)" border="0" width="108" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/61613_l.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/61613_ls.jpg" alt="61613_l.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> イコライザにスペクトラム・アナライザが統合され、リアルタイムに周波数表示されることで何が便利なのでしょうか? コンプレッサのスレッショルド、レシオ、アタック、それぞれ何を意味しているか分かりますか? 音を大きくしようとしてマスターボリュームが 0dB より大きくなったり、ミキサーの各パートボリュームつまみがほとんど半分以上に上がっていませんか?<BR> <BR> これぐらいが理解できていないと新しいツールに溺れそうですよ(笑)<BR> <BR> また、こんな風に考えるとどうでしょうか。もし、あなたがたまにしか DTM をしない日曜大工的な感じなら、最初から中程度のエフェクト購入をお勧めします。そしてこれをずっと使いましょう。もし、あなたが真剣に DTM に取り組んでおられるなら、最初は安いエフェクト類(若しくは付属の)で頑張ることをお勧めします。そして、エフェクトの価値が分かりいいエフェクトが欲しくなったら、そのときはきっとあなたの欲しいエフェクトはもう分かっているはずです。<BR> <BR> これ、私がゴルフクラブを買うときに Golf5 の店員さんに言われた言葉(笑)。<BR> まぁ、年末はいろいろセールがありますし、思い切ってダイブして溺れてみるのも若さかもしれませんね。そこから学べることもあるでしょう。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/117/clap" id="fc2button-clap-117" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-117").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/7.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/117/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
111

マスタリングツール iZotope Ozone 4

皆さん、こんにちは。 皆さんはミキシング・マスタリングのときどんなツールを使っていますか? 今日は私が愛用しているマスタリング用の統合ツール iZotope Ozone 4 を紹介したいと思います。 ■iZotope Ozone 4 http://www.izotope.com/products/audio/ozone/ まず、マスタリングって言葉の定義なんですが、よく「ミキシング」とごちゃごちゃになったりします。私の中の定義では、マスタリングは複数の曲を1つの ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 皆さん、こんにちは。<BR> 皆さんはミキシング・マスタリングのときどんなツールを使っていますか?<BR> 今日は私が愛用しているマスタリング用の統合ツール iZotope Ozone 4 を紹介したいと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/o4_news_banner.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/o4_news_banner.jpg" alt="ozone_title" border="0" width="520" height="200" /></a> <BR> ■iZotope Ozone 4<BR> <a href="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/" target="_blank" title="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/">http://www.izotope.com/products/audio/ozone/</a><BR> <BR> まず、マスタリングって言葉の定義なんですが、よく「ミキシング」とごちゃごちゃになったりします。私の中の定義では、マスタリングは複数の曲を1つの CD 等に収める場合に曲によって音圧が高かったり高音が強かったり、聞こえ方が不均等にならないよう各曲のレベルを調整すること。<BR> <BR> 一方、ミキシングは1曲の中で音圧を上げたりバランスを調整したりすることだと思っています。間違ってたら教えてください。でもまぁ色んなサイトを見るとマスタリングって言葉を使ってるところも多いので厳密な定義でもないのかもしれませんね。ここではマスタリングって言うことにしますね。<BR> <BR> さて、皆さんはマスタリングでどんなことをされてるんでしょう?<BR> 私が一番に思いつくのは「音圧上げ」。次に「リバーブの設定」でしょうか。その他イコライザの設定もやりますね。<BR> <BR> iZotope Ozone 4 はそんなマスタリングの強力な味方です。主にこんな機能が搭載されています。その他、ディザ・Mid/Side プロセッシング(これはすごいよ!)・多数のプリセット等、様々な設定が出来るようになっています。<BR> <BR> それぞれの機能についての紹介は複数回に分けてやっていきますが、今日は私が全体的に いいと思っている機能について紹介してみますね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/EQ_icon.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/EQ_icon.jpg" alt="EQ" border="0" width="70" height="70" /></a>  ①パラグラフィックイコライザ  <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Exciter_icon.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Exciter_icon.jpg" alt="exciter" border="0" width="70" height="70" /></a>  ④ハーモニックエキサイター<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rev_icon.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rev_icon.jpg" alt="reverbe" border="0" width="70" height="70" /></a>  ②マスタリングリバーブ     <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dyn_icon.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dyn_icon.jpg" alt="dynamics" border="0" width="70" height="70" /></a>  ⑤マルチバンドダイナミクス<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/maximizer_icon.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/maximizer_icon.jpg" alt="maximaizer" border="0" width="70" height="70" /></a>  ③ラウドネスマキシマイザー   <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/imaging_icon.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/imaging_icon.jpg" alt="imaging" border="0" width="70" height="70" /></a>  ⑥ステレオイメージング<BR> <BR> さて、想像してみてください。<BR> 皆さんが WAVES や VIENNA SUITE 等のプロユースのマスタリングツール群を手にしたとして、まず使いこなせるでしょうか?それぞれのプラグインには確かに豊富なプリセットが用意されているでしょう。リバーブなら「ホール」「教会」「スタジアム」等。これらをプラグイン毎に個別に設定することは出来ますが、1つ1つのツールが独立しているため、上で紹介したようなマスタリングに関係する各機能をトータルで設定することは出来ません。<BR> <BR> iZotope Ozone 4 もたくさんのプリセットが用意されています(必要に応じて無料ダウンロード追加も出来ます)。iZotope Ozone 4 のプリセットが他と違うのは、全ての機能がセットになってプリセットされていることです。例えばジャズ風の設定にしたければ最初に「Jazz Master」を選択してみる。これで①~⑥が瞬時に切り替わります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MacroPresets.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MacroPresetss.jpg" alt="OzoneMacroPresets" border="0" width="158" height="84" /></a> <BR> <BR> すごいと思うのは、これらプリセットを選んだだけの設定がなかなかイケてること。普通は「選んでみたけどう~ん、求めていたのと違うなぁ」って感じになることも多いと思うんですが、私の場合 iZotope Ozone 4 でそういった経験は少ないです。もちろんプリセットを選択するのはスタート地点ですから、そこからさらにパラメータを変更して欲しい音に近づけていきます。<BR> <BR> プリセットの切り替えも簡単でして、音楽を再生しながら切り替えると直ぐにその設定で音が聴けるので比較がしやすく理想に最も近い設定を簡単に選び出すことが出来ます。ただし、切り替わり時に「ブツッ」って品のない音がすることがあるのはご愛嬌。<BR> <BR> このブログでは文章による紹介だけでなく実演をモットーとしていますので過去にこのブログで扱った曲の Before After を紹介してみたいと思います。iZotope Ozone 4 だけの編集にして他の味付けは一切排除しました(素人の業なので、素人でもコレぐらいはって感じで聴いてください)。一回 After を聴いて Before をもう一度聴くと違いが良く分かると思います。<BR> <BR> ■ロック系<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StrongEnemy(no_iZotope).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StrongEnemy(iZotope).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ピアノ系<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(no_iZotope).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(iZotope).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■オーケストラ系<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(no_iZotope).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(iZotope).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■<a href="http://musictrack.jp/musics/43171 " target="_blank" title="INTO THE DEEP SEA(動物使い作)"><u>INTO THE DEEP SEA(動物使い作)</u></a><BR>  こちらも iZotope Ozone 4 をきっちりと使った最新作。音圧、音の色・艶などを聴いてみてください。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> <BR> <BR> いい点はまだありますよ~。<BR> 意外に重要なことなのが動作が軽いこと。iZotope Ozone 4 の操作でストレスを感じたことは一度もありません。キビキビ動く、瞬時に変わる、「ブツッ」って音がする。三拍子揃ってます(えっ?揃ってない?)。マスタリングってのはある程度直感なので、音がスパッと変わってすぐ比較できないと、結局よく分からんってことになっちゃいます。ただしメモリや CPU は相応に使うようです(そんなに気にするほどではないですが)。<BR> <BR> <iframe width="520" height="382" src="http://www.youtube.com/embed/BkSbZXU77q0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> さらに素晴らしい機能がこれ。動画の 2:11 からの Amount Sliders を見てください。<BR> それぞれの機能ごとに効きを微調整できるんですね。そして右側のバーによって全体の効きをも調整できる至れり尽くせり。これならマスタリングが一通り終わって曲全体を聴き直したときに特定の機能や全体を素早く微調整することが出来ます。<BR> <BR> 操作も直感的ですし、黒地に緑の組み合わせが映えますね。残念ながら色合いを変えることは出来ません。動作の安定性も問題なく、iZotope が原因で DAW ソフトが落ちるなんてことや、次回起動したら設定が元に戻ってるとか、オートメーション設定したら違うパラメータが動くとか、どっかのプラグインにありがちなバグにも出会ったことがありません。非常に完成されたツールだと思います。<BR> <BR> しかもこの値段が3万円切ってる(日本代理店)んだからお買い得。でも買うなら本家からダウンロードがいいと思います。$249 ですので円高の今なら 19,000円ぐらい? 笑っちゃいます。強い円、ばんざーい!<BR> <BR> 興味を引かれた方はお試し版をダウンロードしてみては如何でしょうか。10日間使えるそうで、それを過ぎるとデモモードとして動作するようです。<BR> <BR> ■iZotope Ozone 4 デモ版ダウンロード<BR> <a href="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp" target="_blank" title="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp">http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp</a><BR> <BR> 次回からはそれぞれの機能について詳しく紹介していきますね。お楽しみに!<BR> <BR> (2011/10/18 追記)<BR> iZotope Ozone 4 について詳しくまとめてあるサイトを紹介しておきます。私が音楽関係でお付き合いをさせて頂いている Tatsu Nagao さんのブログです。実際の周波数測定結果なども踏まえて Ozone 4 の良い点・悪い点をまとめられています。私も含めてすごく参考になりますので是非ご覧ください。あわせて色んなオリジナルソングもアップされていますのでご一緒にどうぞ!<BR> <BR> <a href="http://musictrack.jp/index.php?pid=blog&amp;uid=1955&amp;bid=25591" target="_blank" title="http://musictrack.jp/index.php?pid=blog&amp;uid=1955&amp;bid=25591">http://musictrack.jp/index.php?pid=blog&uid=1955&bid=25591</a><BR> <a href="http://musictrack.jp/user/1955" target="_blank" title="http://musictrack.jp/user/1955">http://musictrack.jp/user/1955</a><BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/111/clap" id="fc2button-clap-111" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-111").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/111/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。