カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
213

ドン!!ガシャン!!ドカン!! 衝撃音サウンド集

シンセ系の音楽を作っているとどうしてもやってみたくなるのが衝撃音ですよね。ガラスが派手に割れる音、クラッシュ音、隕石の衝突などなど、無駄に入れてみたくなる衝動に駆られるのは人間の本性でしょうか?(笑) さて、そんな衝撃音を集めたサウンド集が発売されました。その名も「IMPACT EFFECTS」。これさえあればもう衝撃音に困りません。収録数は全部で 605種類もあり、以下のような音色が収録されています。ダウンロー... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> シンセ系の音楽を作っているとどうしてもやってみたくなるのが衝撃音ですよね。ガラスが派手に割れる音、クラッシュ音、隕石の衝突などなど、無駄に入れてみたくなる衝動に駆られるのは人間の本性でしょうか?(笑)<BR> <BR> さて、そんな衝撃音を集めたサウンド集が発売されました。その名も「IMPACT EFFECTS」。これさえあればもう衝撃音に困りません。収録数は全部で 605種類もあり、以下のような音色が収録されています。ダウンロードフォーマットは WAV 形式ですからクオリティとしても問題なさそうです。ダウンロードサイズは 386MB なので、昨今のインターネット環境であればそれほど時間もかからないでしょう。あ、価格は 11,130円だそうです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IE01DL.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IE01DL.jpg" alt="IE01DL.jpg" border="0" width="230" height="230" /></a> <BR> <a href="http://sonicwire.com/fxbgm/product/detail?id=19291" target="_blank" title="http://sonicwire.com/fxbgm/product/detail?id=19291">http://sonicwire.com/fxbgm/product/detail?id=19291</a><BR> <BR> 弓矢/自動車の衝突&爆発/ボール/肉体/骨/建物の崩壊/銃弾/衝撃実験/残骸/地震/落下音/ゴミ/ガス爆発/ガラス/激しく打つ音/軽くぶつかる音/殴る音/ナイフ/大量破壊/金属/隕石/プラスチック/岩/地下鉄の衝突/剣/木など<BR> <BR> <BR> しかし、効果音はあると楽しいですが使う頻度はそれほど高くないですよね。それに1万円出すのもどうかなと考えるのは立派な常識人です(笑)。欲しい音だけ欲しいときに買いたい人向けに、シングル効果音販売があります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SinngleEffect.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SinngleEffect.png" alt="SinngleEffect.png" border="0" width="520" height="120" /></a> <BR> <a href="http://sonicwire.com/fxbgm/single" target="_blank" title="http://sonicwire.com/fxbgm/single">http://sonicwire.com/fxbgm/single</a><BR> <BR> このサービス、日本語に対応していてキーワードと再生時間を入れると該当する効果音がリストアップされるんですね。しかも視聴可能。これはスゴイ! 早速やってみましょう。キーワードに「地雷 爆発」を、再生時間を30秒未満にしましょう。すると、、、結構出るじゃないですか! <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Explosion.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Explosions.png" alt="Explosion.png" border="0" width="159" height="123" /></a> <BR> <BR> なになに、「自動車の爆発音。4本の黒色火薬パイプ爆弾を使用」って、生々しいな、おい(笑)。てか、ホントに爆発させたの?自動車を!? 金かかってるよこれ(笑)。視聴すると確かに音源が遠いんですよ。近くだとマイクごと吹っ飛ばされるってこと!?(笑) しかし、音楽に携わる人間が人生の中でまさか爆弾を扱うことになるとは思わなかったんじゃないかとか考えると面白いですね。<BR> <BR> ま、このように効率的に必要な音色効果音を入手する方法もありますので、何かの時には参考にしてやってくださいまし。 それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/213/clap" id="fc2button-clap-213" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-213").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/213/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_42222820170623171311"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416606"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175234"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416669"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175252"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416670"});</script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
148

こんなにある!シンセ音源、Omnisphere の音色

今日はハイスペックシンセ音源 Omnisphere の音色について、いくつか実際に音を聴いて頂いて紹介をしていきたいと思います。まずは、ここのサイトを見て下さい。現在 Omnispher に搭載されている音色が全て載っています。 http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php PATCH がなんと 5,121 種類!、SOUND SOURCE が 2,740 種類、MULTI が 144 種類です。Omnisphere は音色の組み合わせに階層を設けてい... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日はハイスペックシンセ音源 Omnisphere の音色について、いくつか実際に音を聴いて頂いて紹介をしていきたいと思います。まずは、ここのサイトを見て下さい。現在 Omnispher に搭載されている音色が全て載っています。<BR> <BR> <a href="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php" target="_blank" title="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php">http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php</a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Layer.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Layer.png" alt="Omni-Layer.png" border="0" width="520" height="400" /></a> <BR> <BR> PATCH がなんと 5,121 種類!、SOUND SOURCE が 2,740 種類、MULTI が 144 種類です。Omnisphere は音色の組み合わせに階層を設けていて、画像のようにまず最上位に MULTI があって(黄色)、最大8つの PATCH をロードできるんですね。そして、それぞれの PATCH は(赤色)2つの SOUND SOURCE(レイヤーと言う)を組み合わせて作ることが出来ます(オレンジ色)。組み合わせなくてもいいですけど。<BR> <BR> 通常は PATCH をロードして使うので、それが 5,000 以上あるってことです。1日10パッチ音色を確認しても1年半かかります(笑)。膨大でしょ?しかもこの数、現在進行形で増えてるんですよね。多いのは嬉しいんですが、選ぶのが大変なんですよ、、、orz<BR> <BR> SOUND SOURCE は音作りの原型となる音色集です。PATCH は2つのレイヤーを持っていて、それぞれのレイヤーに SOUND SOURCE を割り当てて音を作ります。SOUND SOURCE はサンプル型とシンセ型の音色があります。前者はギターとかベルとか、実際に原音を鳴らして収録したタイプの音色でリアリティがあります。後者はシンセ波形から作り出す音色で、サンプル型と組み合わせることで説得力のあるシンセ音色になります。もちろんサンプル型/シンセ型音源同士を組み合わせてもいいですし、組み合わせなくたってOKです。<BR> <BR> MULTI は複数の PATCH 音色を組み合わせて作る音色です。ですから同時に鳴らせば最大 16 の SOUND SOURCE が鳴るわけですね。また、他にも演奏するキーボードの音域を分割してそれぞれの領域に別の PATCH を配置することで、1台のキーボードで複数の音色を鳴らし分けることも出来ます。生演奏に向いてますね(LIVE モードって言います)。<BR> <BR> じゃ、いくつか PATCH 音色を聴いてみましょうか。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Trilian.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Trilians.png" alt="Omni-Trilian.png" border="0" width="160" height="126" /></a><BR> <BR> PATCH はこのようにいくつかのカテゴリに分けて収録されています。今回は基本的なカテゴリの音色を紹介しますね。各音色は何のエフェクトも加えずに収録されている音をそのまま紹介しています。もちろん音圧も全く上げていません(0dB 超えないようにリミッタだけは入れてます)。<BR> <BR> ■ARP + Rhythm<BR> アルペジオを使ってリズム感を出した音色です。ベースやパーカッションを主体とした音色ですね。これだけでも 910 種類。絶句。全部聴けねーっつーの(笑)。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Rhythm.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ベース<BR> アコースティック・エレキ・シンセとあるのですが、Trilian を持っていると圧倒的に幅と生々しさが広がります。アコースティックとシンセを紹介してみます。結構生々しいでしょ?これを Omnisphere のシンセ機能を使ってさらにエディットできます。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-AcoBass.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-SynthBass.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■電子打楽器<BR> 生ドラムとはまた違った雰囲気を持ったパーカッション。紹介しているのはスネアの音ですが、音色が太いですよね。電子打楽器は 103 種類あります。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Snare.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ヒューマンボイス<BR> 人間の声ですね。シンセ曲にこう言うのが入るとすごく雰囲気が増すんですよね。男性・女性・合唱のような基本はもちろん、ジャズ風の「デゥーワー」とかエスニックな雰囲気の音色もあります。全部で 398 音色。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Voice.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ハイブリッドオーガニック<BR> 説明の難しい音色ですよね。ちょっと浮世離れした幻想的な響きが特徴なんですが、聴いて頂いた方が早いですよね。こんな音色もたっぷり 273 種類。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Organic.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■キーボード<BR> キーボード系からは普通にピアノを紹介して見ましょう。Omnisphere には生楽器の音色もたくさん含まれています。ただし生そのものではなくシンセ風に味付けがしてあるので Omnishere を買って総合音源にしようとかは考えないほうがいいです。キーボードカテゴリとは別に「Traditional」と言うカテゴリがあって、そちらにはかなり生楽器に近い音が収録されています(アンビエントは付いてますが)。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Piano.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ストリング+パッド<BR> シンセといえばやはりストリング・パッドは外せないでしょう。分厚いストリングの塊みたいな音は誰しも聴いたことがあるはずです。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-String.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■インパクト・ヒット系<BR> シンセ音源でヒット系がないとは言わせません。かなりド派手なヒット系が多いですがシンプルなのもあります。187 種類。再生前の注意:結構うるさいですよ!最初は音量を絞ってください!!<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Hit.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 総じて Omnispher の音色は「太い」のが特徴です。これってミックスの段階で結構重要で、多少飽和した感じの状態でもちゃんと浮いて聴こえるんですよね。その他にもサイコアコースティック・SFX ノイズなど、幻想的でブッ飛んだ音色が入ったカテゴリも存在します。機会があれば紹介しますね。<BR> <BR> と言うことで、今回は Omnisphere の音色についてかいつまんで紹介しました。Omnispher はシンセ音源ですから、これらの音色を元に自分流に編集して様々な音色を作り出すところに醍醐味があります。けど、このままでも十分使えちゃいますね。シンセ音源をお探しなら絶対にお勧めしたい1台です。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/148/clap" id="fc2button-clap-148" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-148").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/11.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/148/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
128

シンセ音源 Omnisphere でオリジナル曲作りに挑戦!

今日は Omnisphere を使って機能紹介などしながら短い曲を1つ作ってみようと思います。 まず、曲作りの最初は私の場合、拠り所探しです。ただ漠然と「曲を作りたい」と思ってもなかなか具体的になりませんよね。そこで何かベースとなるものを探していきます。(前回の記事はこちら) 色んな拠り所があると思うんですが、楽器の拠り所はもちろん「Omnisphere」。そして今回はイメージの拠り所として「深海」をピックアップして... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は Omnisphere を使って機能紹介などしながら短い曲を1つ作ってみようと思います。 まず、曲作りの最初は私の場合、拠り所探しです。ただ漠然と「曲を作りたい」と思ってもなかなか具体的になりませんよね。そこで何かベースとなるものを探していきます。(前回の記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)<BR> <BR> 色んな拠り所があると思うんですが、楽器の拠り所はもちろん「Omnisphere」。そして今回はイメージの拠り所として「深海」をピックアップしてみたいと思います。すると、「ゆったりとしたテンポがいいな」とか「少し暗めの雰囲気を持たせたほうがいいな」とか、次の拠り所が出てきます。私の場合こんなのが出てきました。表現出来なくったって構わないんでとりあえず書いておきます。<BR> <BR>  ●ゆったりとしたテンポがいいな<BR>  ●少し暗めの雰囲気を持たせたほうがいいな<BR>  ●水とか泡とかの雰囲気を入れてみたい<BR>  ●神秘的な雰囲気が欲しい<BR>  ●段々と深く潜っていく感覚を出したい<BR>  ●短めの曲で印象的に!<BR> <BR> ここで DAW と Omnisphere を立ち上げ、テンポをゆっくり目の 100bpm ぐらいに合わせます。次にコード進行選びです。シンセ曲の場合、あまり凝ったコード進行はかえってサウンドをグチャグチャにしてしまう可能性がありますから、4小節で一順するぐらいの比較的分かりやすいコードを選びたいです。そして今回は少し暗めのコードを。<BR> <BR> 私の場合、<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で紹介した方法でコードパターンを全て MIDI 化していますので、これを再生させながらコード進行を選んでいきました。いいかなと思った進行は全て別のトラックにピックアップしていきます。もちろんこの時に Omnisphere の音で確認しても楽しいと思います。そして最終的にこれにしました。ちなみにこれは HALion Sonic SE の音です。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodesSampleIntoTheDeepSea.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 次に音色を探してみましょうか!シンセ音源で音を探す場合、お勧めはやはりコードパターンを使うことです。なぜならシンセは和音を鳴らすことで凄く良く聴こえるから(笑)。単音で聴いたってたいしてインスピは降りてきません。そして Omnisphere の場合、ちょっと良さげな音が見つかったら 「ARP」ボタンを ON にしてみて聴いてみましょう!これはコードを自動的にアルペジオで再生してくれる機能です。特にギター・ベル・ピアノのような減衰の早い音色の場合はアルペジオにするといい結果が出ることが多いです。是非お勧めします!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45s.jpg" alt="Glorius Guitars" border="0" width="160" height="126" /></a> <BR> <BR> さて、気に入った音色は★を好きなだけ付けておきましょう。そうしないともう二度と出会えませんからね(笑)。そしてまず最初に探すのは曲の基本となる音色です。これはもうタグとキーワードで候補を削っていかないと、とても終わらないです。今回はアルペジオ機能が気に入ったので「Guitar」をキーワードに検索してみました。それでも恐ろしいほどヒットするので、Directory を "Omnisphere Library" に、Genre(ジャンル)を "Ballad"(バラード)にし、最終的にベースとなる音色として「Glorious Guitars」を選択しました。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarsARP.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> さぁ、次は彩を加える音色探しです。とにかくたくさん聴いて気に入ったものは常に★を付ける習慣にしましょう。次回の音色探しがとても楽になります。今回は最初に決めた「拠り所」の雰囲気に合うものを片っ端からピックアップしていき、実際にベース音色に加えてみたりしてベストマッチするものを選んでいきます。<BR> <BR>  ●水とか泡とかの雰囲気を入れてみたい<BR>   雨の音を見つけたので、深海に雨っておかしいけど(笑)入れてみることにしました。<BR> <BR>  ●神秘的な雰囲気が欲しい<BR>   コーラスで神聖な雰囲気が出ないかなと思ってやってみます。<BR> <BR>  ●段々潜っていく感覚を出したい<BR>   これは音色を重ねていくことで雰囲気を出してみたいと思います。<BR> <BR> ここで1回聴いてみましょうか?<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967618%3Fsecret_token%3Ds-ORW8l&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967618%3Fsecret_token%3Ds-ORW8l&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>IntoTheDeepSea_1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> どうです?少し曲の方向性が見えてきた気がしませんか? でもまだなんか色々足りない気がしますね。もっと装飾的な音色を追加してみましょう!こんなのどうですか?<BR> <BR>  ●ベル<BR>   適所に使うとかなりゾクッっとする印象を与えられますよね。特にこういう音は低音と一緒に使うと吉です。<BR> <BR>  ●低音<BR>   インパクトのある低音が欲しいですよね。Omnisphere の得意とするところです。<BR> <BR>  ●リバースシンバル<BR>   緊張感と惹き付ける力を与えてくれるんですよね。<BR> <BR>  ●リズム<BR>   後半からは少しリズム性のある音色を入れてリズムを出してみます。<BR> <BR> これらを加えて再度聴いてみましょう!<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967643%3Fsecret_token%3Ds-3qykh&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967643%3Fsecret_token%3Ds-3qykh&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>IntoTheDeepSea_2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> どうですか?良くなってきたんじゃないですか?(笑)こうなってくると後はノリです。他の音源も使ってどんどん雰囲気を追加していきましょう!<BR> <BR>  ●ストリングス<BR>   やっぱりこういう曲はストリングスの緊張感も欲しいですよね。バックでうっすらと流れる感じを出してみます。<BR> <BR>  ●ピアノ<BR>   幻想的で神秘的なイメージを追加してみます。これもバックでキラキラと流すことで水のような泡のような印象を出してみたいと思います。<BR> <BR>  ●ヴォイス<BR>   神秘的といえばやはり女性ヴォイスでしょう。透き通った女性のロングトーンは凄く魅力的だと思うのは私だけ?<BR> <BR> そして出来上がった曲がこちらです。<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967672&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967672&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/intothedeepsea">IntoTheDeepSea</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 如何だったでしょうか。<BR> 初挑戦にしてはそれほど難しくなく、しかも楽しく作れたように感じました。後半はほとんどインスピレーションのみで音を追加していってますので、ほんと感性とその感性が降りて来やすい環境づくりが大事だと思います。みなさんも挑戦してみてくださいね。<BR> <BR> ちなみに本家はこちらに登録してありますので是非お立ち寄りください。それでは!<BR> <BR> ■INTO THE DEEP SEA(動物使い作)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/128/clap" id="fc2button-clap-128" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-128").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/128/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
127

シンセ音源 Omnisphere レビュー

シンセ音源の決定版! Spectrasonics の Omnisphere を紹介します。シンセ音源 と言えば Spectrasonics と言うほどその名を知られているメーカーですが、実際のところその実力はどうなんでしょうか?今日はそのインプレッションを紹介していきます。  ホームページ :http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1  Spectrasonics:http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php Omnisphere は6枚組... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> シンセ音源の決定版! Spectrasonics の Omnisphere を紹介します。シンセ音源 と言えば Spectrasonics と言うほどその名を知られているメーカーですが、実際のところその実力はどうなんでしょうか?今日はそのインプレッションを紹介していきます。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/omni15n-600b.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/omni15n-600b.jpg" alt="omni15n-600b.jpg" border="0" width="520" height="270" /></a> <BR>  ホームページ :<a href="http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1" target="_blank" title="http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1">http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1</a> <BR>  Spectrasonics:<a href="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php" target="_blank" title="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php">http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php</a> <BR> <BR> Omnisphere は6枚組みの DVD に格納される総容量 50GB のモンスター音源です。ブルーを基調にあしらったパッケージがなんとも映えますね。軽く所有欲を満たしてくれます。 さて、簡単に使ってみた感想を述べてみましょう。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■良い点</span><BR> <u>◎とにかくプリセットが多い!</u><BR> 5,000 を超える音色パッチと 2,700 以上のサウンドソースをはじめ、これでもか!ってほど詰め込んであります。しかも、現在も増殖中。初めて Omnisphere が発売されたころはパッチ数は 3,500 ぐらいだったと記憶していますが、実際増えてるんですよ。こう言うアフターサービスの充実も Spectrasonics の1つのポイントですね。<BR> <BR> はっきり言って音色数は多すぎて探すのに困ります。Spectrasonics もその辺は自覚していまして、検索機能が割りと充実しています。ランダムサーチなんかもありますので、気に入った音色は★マークをつけておきましょう。そうしないともう一生その音色に出会えないかもしれませんから(笑)。Omnisphere の音色は一期一会です。<BR> <BR>  音色:<a href="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php" target="_blank" title="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php">http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php</a><BR> <BR> <u>◎音色のクオリティが高い!</u><BR> 音色は大きく分けて楽器系と波形系があるんですが、楽器系はクオリティが素晴らしいです。ギター1つにしても強弱に応じて弦のしなるような音も収録されていてまるで専用音源のようです。また音質で定評のある Trilian の音色も取り込めたりするので申し分ないです。<BR> <BR> 波形系は Spectrasonics の真骨頂。膨大な数のパッチは1つ1つが十分な分厚さとユニークさ・音圧を持っていて使ってみたくなります。また、後で紹介する音色のエディット機能を用いてこれらの音色を多彩に編集できます。このエディットがまた凄いんだ。もちろん楽器系のパッチもエディットできますよ!<BR> <BR> <u>◎アルペジエータが秀逸</u><BR> アルペジエータって言うのはギターのアルペジオに似た機能です。リズムと各ビートのベロシティが指定されたグラフのようなビジュアルテーブルを用いてロードした音色を順番に弾いていきいます。言葉では説明が難しいのでちょっとやってみましょう。ギターの音色をロードすると普通、こんな感じ。でもアルペジエータを ON にするとこんな感じになります。どうです、楽しさが広がった感じがしませんか?<BR> <BR> <div style="float:left; width: 320px;"> アルペジエータ OFF<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Guitars.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> アルペジエータ ON<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarsARP.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR>  <BR>  <BR> </div> <div style="float:right; width: 200px;"> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45s.jpg" alt="Glorius Guitars" border="0" width="160" height="126" /></a> </div> <BR> <div style="float:left; width: 520px;"> <u>◎恐るべき音色エディット!</u><BR> どれも音質・音圧共に十分。波形系はそのエディットによって化ける変幻自在ぶりが素敵です。その片鱗をこの動画で確認してみてください。7:23 からの「GRANULAR」なんて恐ろしい編集も可能です。また、各音色パッチを自由に組み合わせてオリジナルの音色も作れます。<BR> </div>  <BR>  <iframe width="520" height="294" src="http://www.youtube.com/embed/Vp0dBNecYrA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■良くない点</span><BR> <u>×ちょっと重い、、、</u><BR> ロードする音色によるんですが、200~300MB ぐらいの音色もザラにあって、特に目的の音色を素早く見つけたいときにしんどいことがあります。これはプリロード機能を使ってある程度解消できますが、私の HDD 4台並列した RAID 0 環境でも2秒弱かかる音色があります(もちろん速いのもありますよ)。<BR> <BR> <u>×音色が探し辛い、、、</u><BR> 音色検索機能は確かに充実しています。★を付けて好みの音色をリマインドする機能、様々なフィルタによって音色を振り分ける機能、キーワードで直接検索する機能などあります。ただ、全て英語ですからボキャブラリーの少ない方は単語の意味を調べないと目的を達成できません。ちょっと敷居が高いです。まぁ、慣れですが。。。<BR> <BR> <u>×FXが分かり辛い</u><BR> Omnisphere はコーラス、リバーブ・イコライザ・フェーザ等、多彩で品位の高い FX をいくつも搭載しています。ただ、これがこんな感じでトラック形式なんですね。昔はこんな感じだった訳ですが、ソフトプラグインが主流の現在、多少違和感を覚えるのは私だけでしょうか。まぁ、見た目だけのお話です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Rev_Omni_400.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Rev_Omni_400s.jpg" alt="Rev_Omni_400.jpg" border="0" width="159" height="116" /></a> <BR> <BR> さぁ、色々と良い点・悪い点を紹介してきましたが、このブログでは実演をモットーとしています。Omnisphere 初使いの私がどこまで使えるかやってみたいと思います。初心者の私がある程度使えるようなら、皆さんはもっと素晴らしいサウンドが作れることでしょう。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-128.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ!<BR> <BR> また、Omnisphere の様々な機能についても順を追って紹介していきますね。お楽しみに!(ホントにこんなに紹介できるのかな、、、汗)<BR> <BR>  <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-128.html" title="第0回:Omnisphere で曲作りに挑戦!"><u>第0回:Omnisphere で曲作りに挑戦!</u></a><BR>  <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-148.html" target="_blank" title="第1回:こんなにある!Omnisphere の音色"><u>第1回:こんなにある!Omnisphere の音色</u></a><BR>  第2回:Omnisphere の機能紹介<BR>  第3回:楽しい アルペジエータ機能<BR>  第4回:凄いぜ! GRANULAR 機能<BR>  第5回:豊富な FX<BR>  第6回:ライブ機能と ORB<BR> <BR> 最後に Spectrasonics 本家の素晴らしい動画を紹介しておきましょう。スクラッチの音色からこんな音楽が出来上がってしまうのです。もちろんそれなりのセンスは要求されるでしょうが、もっと必要なのは Omnisphere の実力を引き出せるまで使い倒してみることでしょう。そうすれば後はインスピレーションで Omnisphere はあなたの欲しかったサウンドをきっと提供してくれるはずです。<BR> <BR> <iframe width="520" height="294" src="http://www.youtube.com/embed/AA3z3574zeM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/127/clap" id="fc2button-clap-127" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-127").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/127/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。