カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
185

物理モデリング音源いろいろ(第6回:ギター音源 Evolution Acoustic Guitar)

連載で物理モデリング音源を紹介してきましたが今日はギター音源です。紹介するのは Orange Tree の Evolution™ Acoustic Guitar(以下、EAG と呼びます) です。 ■Evolution Acoustic Guitar (Orange Tree) http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings この音源は最近流行りのサンプリングと物理モデリングのハイブリッド仕様になっています。この方式はサンプリングと物理モデリングの... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 連載で物理モデリング音源を紹介してきましたが今日はギター音源です。紹介するのは Orange Tree の Evolution™ Acoustic Guitar(以下、EAG と呼びます) です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/boxshot_eagss.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/boxshot_eagss.png" alt="boxshot_eagss.png" border="0" width="200" height="200" /></a> <BR> ■Evolution Acoustic Guitar (Orange Tree)<BR> <a href="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings" target="_blank" title="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings">http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings</a><BR> <BR> この音源は最近流行りのサンプリングと物理モデリングのハイブリッド仕様になっています。この方式はサンプリングと物理モデリングのいいとこ取りをする方式で、デモ曲などを聴く限り、現在のところ最も優秀な方式だと私は思っています。<BR> <BR> Orange Tree はこの音源を「MIDI ベースによるギターシュミレーションの可能性の認識を覆すサンプリングライブラリ」だと言っています。そして「Listen to the demos for yourself. Let your ears be the judge.(自分の耳でデモを聴いて判断しろ)」と言ってますね。自信がありそうです。早速聴いてみましょう!<BR> <BR> デモ曲はこちらに7曲ほど登録してあります。ちょっとわかりづらいですが、再生プレーヤーの右端にある縦のスライダーで曲を選択できます。お勧めは、う~ん、特にないですかね(笑)。強いて言えば1番目の "Pulse" かな。自信があるならもっと単音を聴かせるデモを置けばいいと思うのですが、その点はマイナスです。<BR> <BR> ■デモ曲<BR> <a href="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings" target="_blank" title="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings">http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings</a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SteelStringsInterface.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SteelStringsInterface.png" alt="SteelStringsInterface.png" border="0" width="390" height="263" /></a> <BR> EAG はサンプリングアコースティックギター音源の突破口を示すものだ。他のどんなサンプリングライブラリや音源も我々のリアリズムには到達できない。単音からコードのストラムに至るまで、EAG はサンプリング・スクリプティング・物理モデリングを組み合わせたアルゴリズムを採用しており、KONTAKT 4 のインターフェースを使って驚くほど簡単に、EAG は自信を持ってギター音源の最終製品だと言えるだけのリアリスティックな結果を得られる。<BR>            ----EAG HP より引用<BR> <BR> <BR> この音源の特徴は、他のハイブリット音源と異なり 6.5GB ものサンプリングデータを有している点です(フィンガー&ピック)。ですからどちらかと言えばサンプリング音源に近い物理モデリング音源と言えるでしょう。使用されたアコースティックギターは Martin D16R。24bit、48KHz で高音質録音されています。通常ギターの録音はモノラルで行われますが EAG はステレオ録音することでより自然な音色表現に成功しています。なお、このステレオ幅は調整可能です。<BR> <BR> その他、専売特許の共鳴エンジンによるリアリズムの再現や1つのノートに対して4つのサンプルを持つことで連続再生時のマシンガン現象を回避したりと色々な工夫が織り込まれているようです。<BR> <BR> ここまで書いて思ったのですが、これ、物理モデリング音源じゃなくてサンプリング音源ですよね。これを物理モデリング音源と呼ぶなら私の使ってるピアノ音源 Ivory II だって物理モデリング音源です。どうも若干騙されちゃったみたいですね(笑)。ギター音源の中で物理モデリングがベースになっているのは AAS の STRUM ACOUSTIC GS-1 ぐらいでしょうか。興味がありましたら見てみてください。<BR> <BR> ■AAS STRUM ACOUSTIC GS-1<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/strumacoustic_thumb.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/strumacoustic_thumbs.png" alt="strumacoustic_thumb.png" border="0" width="159" height="144" /></a> <BR> <a href="http://www.minet.jp/aas/strum-acoustic" target="_blank" title="http://www.minet.jp/aas/strum-acoustic">http://www.minet.jp/aas/strum-acoustic</a><BR> <a href="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/" target="_blank" title="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/">http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/</a><BR> <BR> 私見ですが、ギター音源の生らしさは音そのものの色・艶・厚み等の質感もさることながら指が奏でる意外性だと思うんですよね。わずかに弦に触れたノイズのような微細音やフレームを押さえきれなかった時に出る割れたような嗄れた音などです。<BR> <BR> 現在の音源は音質的には申し分ないレベルに到達していますが、1つ1つの音が完璧すぎて結果的にギターらしくない演奏に聴こえる気がします。もちろんそのような意外性も複数サンプルや指の動きをシミュレートした音色生成アルゴリズムにランダム係数を掛けるなどしてある程度の再現を試みることは可能でしょうが、どうなんでしょうね。<BR> <BR> ギターの弾けない私などはこのようなアプローチは大歓迎ですが、中途半端では逆にうそ臭さを助長するかもしれませんね。ギターは意外性の発生しやすい楽器である点を考慮すれば、最もリアリティの再現が難しい楽器であると言えるでしょう。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/185/clap" id="fc2button-clap-185" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-185").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/185/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_37627520170209201043"></div> <!-- i-mobile for PC client script --> <script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script> <script type="text/javascript"> IMobile.Native.PC.showAds({ pid: "43371", asid: "1335408" }); </script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
180

RealGuitar 3 リリース近し!

簡単な操作でギターらしい演奏が可能なお手軽音源の代表格である RealGuitar 2L の後継 RealGuitar 3 が7月にリリースされるようですよ! RealGuitar 2L についてはこちらで音色など紹介していますのでよろしければ見てみてください。 その全貌はまだ明らかになっていませんが、新機能についての動画がありますので見てみましょう。 今回はストラト(ストローク奏法)にやけに力が入ってますね。え~っと、その昔... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 簡単な操作でギターらしい演奏が可能なお手軽音源の代表格である RealGuitar 2L の後継 RealGuitar 3 が7月にリリースされるようですよ! RealGuitar 2L については<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-143.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で音色など紹介していますのでよろしければ見てみてください。<BR> <BR> その全貌はまだ明らかになっていませんが、新機能についての動画がありますので見てみましょう。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/_bqB9hHj0Gw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/rN_ExcL6DpY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> 今回はストラト(ストローク奏法)にやけに力が入ってますね。え~っと、その昔、日本で流行ったギターフリークスで使ったようなゲーム用のギターにあらかじめ5つのコードを割り当てて、後は好きにストロークし放題ってことですね! ってなんじゃこりゃー!!!!!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/51smsnSdCHL_SL500_AA300_.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/51smsnSdCHL_SL500_AA300_s.jpg" alt="51smsnSdCHL_SL500_AA300_.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> 動画では、今、全米で大人気のゲーム用ギター Guitar HERO を使ってるんですね。日本でも販売されてるじゃないですか! ストロークだけでなくアルペジオも演奏させられるし2つのコードボタンを押さえることで複雑なコードも演奏できるようです。<BR> <BR> う~ん、Misiclab さん、いったいあなたはどこに向かってるんですか?(笑)<BR> 音質改善とか音色ラインナップの強化とか、音源としてのバージョンアップはないんでしょうか。まだ告知だけなのでなんとも言えませんが心配です。<BR> <BR> あと、ちょっと進歩したなと思ったのが、サンプル演奏がカントリー調から脱却していた点(笑)。操作性はギター音源の中でもピカ一だし、音質もそんなに悪くないんで頑張ってもらいたいですね。<BR> <BR> 現状では RealGuitar 3 はちょっとオススメできそうにありませんが、RealGuitar 2L は良音源ですので、初めてのギター音源選びの方などは特に選択肢に入れてやってくださいまし。<BR> <BR> ■価格リスト <BR> 新規購入、アップグレードの価格を整理しておきますね。<BR> <BR> 【新規購入】<BR>  RealGuitar 3: $249.00 USD<BR>  RealStrat 3: $249.00 USD<BR>  RealLPC 3: $249.00 USD<BR>  Bundle of two Real instruments: $399.00 USD<BR>  Bundle of three Real instruments: $549.00 USD<BR> <BR> 【アップグレード】<BR>  1製品 $39.00 USD<BR>  2製品 $59.00 USD for the pack of two Real instruments<BR>  3製品 $79.00 USD for the pack of three Real instruments<BR> <BR> ※どのバージョンからのアップグレードでも同じです(こういう雑なところがアメリカンですね 笑)。<BR> <BR> 事後報告ですが RealGuitar 2L を買っておくと($199)、RealGuitar 3 リリース時に +$119 でアップグレードできたようです。ちなみにこの $199 と言うのは、RealGuitar 2L, RealStrat, RealLPC の3つがセットになったバンドル製品のことで、単体で揃えると $549 になりますから、このセールを利用すると $231 の節約になりましたね。紹介が遅れてすみません。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/180/clap" id="fc2button-clap-180" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-180").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/180/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
143

ギター専用音源:Real Guitar 2L レビュー

今日はアコースティックギター専用音源 Real Guitar 2L を紹介します。 世の中には結構なアコギ専用音源がありますよね。高級ギターにこだわった Acoustic Legends HD、音の粒立ちなど細部にまで配慮の行き届いた Chris Hein Guitars、物理モデリング音源の Evolution Acoustic Guitar など。それぞれ個性的なデモソングがいっぱい置いてありますから聴いてみて下さい。  ・Real Guitar 2L (MusicLab)   h... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日はアコースティックギター専用音源 Real Guitar 2L を紹介します。<BR> <BR> 世の中には結構なアコギ専用音源がありますよね。高級ギターにこだわった Acoustic Legends HD、音の粒立ちなど細部にまで配慮の行き届いた Chris Hein Guitars、物理モデリング音源の Evolution Acoustic Guitar など。それぞれ個性的なデモソングがいっぱい置いてありますから聴いてみて下さい。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000020272.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000020272s.jpg" alt="K0000020272.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/s00247.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/s00247s.jpg" alt="s00247.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/chris_hein_guitars.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/chris_hein_guitarss.jpg" alt="chris_hein_guitars.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR>  ・Real Guitar 2L (MusicLab)<BR>   <a href="http://www.musiclab.com/products/realgtr_info.htm" target="_blank" title="http://www.musiclab.com/products/realgtr_info.htm">http://www.musiclab.com/products/realgtr_info.htm</a><BR>  ・Acoustic Legends HD (Vir2)<BR>   <a href="http://www.vir2.com/instruments/acoustic-legends-hd" target="_blank" title="http://www.vir2.com/instruments/acoustic-legends-hd">http://www.vir2.com/instruments/acoustic-legends-hd</a><BR>  ・Chris Hein Guitars (Best Service)<BR>   <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28990" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28990">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28990</a><BR>  ・Evolution Acoustic Guitar (Orange Tree)<BR>   <a href="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings" target="_blank" title="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings">http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings</a><BR>  ・AcousticGuitar (Pettinhouse)<BR>   <a href="http://www.pettinhouse.com/html/acousticguitar_for_konatkt.html" target="_blank" title="http://www.pettinhouse.com/html/acousticguitar_for_konatkt.html">http://www.pettinhouse.com/html/acousticguitar_for_konatkt.html</a><BR>  ・Acoustic Guitar Collection (Indiginus)<BR>   <a href="http://www.indiginus.com/agc.html" target="_blank" title="http://www.indiginus.com/agc.html">http://www.indiginus.com/agc.html</a><BR>  ・Strum Acoustic GS-1 (AAS)<BR>   <a href="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/" target="_blank" title="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/">http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/</a><BR> <BR> 音質で選びたいなら Acoustic Legends HD を、細部のディテールにこだわりたい方は Chris Hein Guitars をお勧めします。で、今回の Real Guitar 2L は音質はそこそに、ギターらしさを手軽に出したい方にお勧めしたいです。詳しくお話していきますね。<BR> <BR> アコギを打ち込んでみた経験のある方ならお分かりだと思いますが、アコギと言う楽器は「らしさ」を演出するのが結構難しい楽器なんです。例えばストロークならアップとダウンがあって、ダウンは低音からアップは高音から鳴るわけです。ダウンストロークの場合は複数の指が弦にあたりますね。アップストロークは親指1本ですか? さらに左手はコードを切り替えるときに独特の「キュイ」音がするんですね。これをリアルに打ち込もうと思うと大変です。<BR> <BR> 他にもアルペジオ・トレモロ・スライド、ソロの独特な質感、弦が指から離れるときや響きを止めるときの微妙なニュアンスなど、かなり神経使います。私はオーケストラの打ち込みをそれなりの質感に仕上げた経験がありますが、アコギは正直、単純な音源を使って「実際に弾いているかも?」と思わせるレベルに出来る気がしません。そして中途半端な打ち込みほど嘘くさいものはない。<BR> <BR> と言うことで、それらの奏法が手軽に再現できる Real Guitar 2L をお勧めしたいと言うわけです。簡単に使ってみた感想ですが、よく出来ていると思います。「打ち込みでリアルなアコギを表現するためにかなり考えたな」と思わせる出来です。マニュアルやチュートリアルをきちんと見て使用すれば、かなり簡単にリアリティを手に入れられるでしょう。また価格も他の音源に比べて安く、最初の取っ付きとしては申し分ない音源だと思います。<BR> <BR> ■どれだけの音色があるの?<BR> <BR> 全部で8種類あります。簡単なアルペジオ演奏を用意してみました。音色の加工は何もしていません。お聴きの通り、最初の5つはモノラルで後ろの3つはステレオ収録されています。組み合わせて使っても面白そうですね。音質はまずまずですが、バリエーションとしては少し物足りない感が否めません。<BR> <BR> ・Steel Picked<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_SteelPicked.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel Fingered<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_SteelFingered.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Nylon Picked<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_NylonPicked.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Nylon Fingered<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_NylonFingered.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel2 Picked<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_Steel2Picked.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel2 (Doubling)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_Steel2Doubling.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・12-String<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_12String.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel Stereo (290MB)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_SteelStereo.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> ■何が出来るの?<BR> <BR> それは画面を見て頂くとおおよそ分かると思います。見てください、この鼻血が出るほどダサいデザインを(笑)。私は始めてみたとき瓜が写ってるのかと思いました(笑)。そうそう、ダサいといえば MusicLab のこのアイコンもねぇ、、、。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RealGuitar.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RealGuitar.jpg" alt="RealGuitar.jpg" border="0" width="300" height="210" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rgt_logo_small.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rgt_logo_small.gif" alt="rgt_logo_small.gif" border="0" width="150" height="153" /></a> <BR> すみません、話が逸れました。<BR> それぞれの機能については別の機会に詳しくお話しますが、アコギで出来ることは一通り揃えてあります。<BR> <BR> 大事なのは用意されている「モード」でして、以下の5種類あります。奏法に合わせて正しく選択することで「らしい」演奏になってくれます。これが他の音源より一歩進んだ素晴らしいポイントなんですよね。逆にこれらを正しく使えないと、いつものやっちゃった感じの演奏になります。HALion Sonic や D-Pro 等の付属音源でやってみてください。<BR> <TABLE> <TR><TD>Solo</TD><TD>メロディを弾くのに使ってください</TD></TR> <TR><TD>Harmony</TD><TD>パワーコードなどの和音を演奏する</TD></TR> <TR><TD>Chords</TD><TD>ストラミングはこのモードで</TD></TR> <TR><TD>Bass&Chord</TD><TD>5/6弦をベース弦として上位4弦をストラミングする</TD></TR> <TR><TD>Bass&Picked</TD><TD>5/6弦をベース弦として上位4弦をピッキングする</TD></TR> </TABLE> <BR> それから、みなさん気にされるであろう「キュイキュイ」ですが(フレットノイズと言います)、マルチサンプリングされており弦を離した(ノートが切れた)タイミングで自動で入ります。このあたりちょっとした技がありますので、それもまた。<BR> <BR> ■お勧めの買い方<BR> <BR> 現在はご存知の通りの円高です。そして Real Guitar 2L は本家サイトからダウンロード販売されています。ですのでパッケージが必要ない・すぐに使いたいと言う方は本家へ直行してください。ただし英語のマニュアルしか付属しません(ビデオチュートリアルもありますが)。彼らの意図した使い方をしなければリアリティを得るのは難しいですので、英語のマニュアルが読めない方は日本での購入をお勧めします。<BR> <BR> また、本家サイトからダウンロードする場合は少し安くする技があります。国の選択をするとそれに応じて「日本円」での価格が表示されるのですが、現在の通貨レートより若干高めになります。通貨選択で「USドル」を選択すれば、クレジット会社や Paypal がその時価に合わせてエクスチェンジしてくれますので、結果として少し安くなる場合があります(タイミングによってはその逆もあるかな)。お試しください。<BR> <BR> 次回はそれぞれの奏法などについてお話していきたいと思います。お楽しみに。<BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/143/clap" id="fc2button-clap-143" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-143").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/143/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。