カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
213

ドン!!ガシャン!!ドカン!! 衝撃音サウンド集

シンセ系の音楽を作っているとどうしてもやってみたくなるのが衝撃音ですよね。ガラスが派手に割れる音、クラッシュ音、隕石の衝突などなど、無駄に入れてみたくなる衝動に駆られるのは人間の本性でしょうか?(笑) さて、そんな衝撃音を集めたサウンド集が発売されました。その名も「IMPACT EFFECTS」。これさえあればもう衝撃音に困りません。収録数は全部で 605種類もあり、以下のような音色が収録されています。ダウンロー... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> シンセ系の音楽を作っているとどうしてもやってみたくなるのが衝撃音ですよね。ガラスが派手に割れる音、クラッシュ音、隕石の衝突などなど、無駄に入れてみたくなる衝動に駆られるのは人間の本性でしょうか?(笑)<BR> <BR> さて、そんな衝撃音を集めたサウンド集が発売されました。その名も「IMPACT EFFECTS」。これさえあればもう衝撃音に困りません。収録数は全部で 605種類もあり、以下のような音色が収録されています。ダウンロードフォーマットは WAV 形式ですからクオリティとしても問題なさそうです。ダウンロードサイズは 386MB なので、昨今のインターネット環境であればそれほど時間もかからないでしょう。あ、価格は 11,130円だそうです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IE01DL.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IE01DL.jpg" alt="IE01DL.jpg" border="0" width="230" height="230" /></a> <BR> <a href="http://sonicwire.com/fxbgm/product/detail?id=19291" target="_blank" title="http://sonicwire.com/fxbgm/product/detail?id=19291">http://sonicwire.com/fxbgm/product/detail?id=19291</a><BR> <BR> 弓矢/自動車の衝突&爆発/ボール/肉体/骨/建物の崩壊/銃弾/衝撃実験/残骸/地震/落下音/ゴミ/ガス爆発/ガラス/激しく打つ音/軽くぶつかる音/殴る音/ナイフ/大量破壊/金属/隕石/プラスチック/岩/地下鉄の衝突/剣/木など<BR> <BR> <BR> しかし、効果音はあると楽しいですが使う頻度はそれほど高くないですよね。それに1万円出すのもどうかなと考えるのは立派な常識人です(笑)。欲しい音だけ欲しいときに買いたい人向けに、シングル効果音販売があります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SinngleEffect.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SinngleEffect.png" alt="SinngleEffect.png" border="0" width="520" height="120" /></a> <BR> <a href="http://sonicwire.com/fxbgm/single" target="_blank" title="http://sonicwire.com/fxbgm/single">http://sonicwire.com/fxbgm/single</a><BR> <BR> このサービス、日本語に対応していてキーワードと再生時間を入れると該当する効果音がリストアップされるんですね。しかも視聴可能。これはスゴイ! 早速やってみましょう。キーワードに「地雷 爆発」を、再生時間を30秒未満にしましょう。すると、、、結構出るじゃないですか! <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Explosion.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Explosions.png" alt="Explosion.png" border="0" width="159" height="123" /></a> <BR> <BR> なになに、「自動車の爆発音。4本の黒色火薬パイプ爆弾を使用」って、生々しいな、おい(笑)。てか、ホントに爆発させたの?自動車を!? 金かかってるよこれ(笑)。視聴すると確かに音源が遠いんですよ。近くだとマイクごと吹っ飛ばされるってこと!?(笑) しかし、音楽に携わる人間が人生の中でまさか爆弾を扱うことになるとは思わなかったんじゃないかとか考えると面白いですね。<BR> <BR> ま、このように効率的に必要な音色効果音を入手する方法もありますので、何かの時には参考にしてやってくださいまし。 それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/213/clap" id="fc2button-clap-213" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-213").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/213/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_42222820170623171311"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416606"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175234"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416669"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175252"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416670"});</script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
208

HALion 4 (生楽器の音色編)

前回から Steinberg のフラグシップマルチ音源、HALion 4 を紹介しています。皆さん HALion 4 の何が知りたいってやっぱり音質ですよね。どんな音が出せるのか興味があるのだと思います。今日はいくつか代表的な音色をピックアップして紹介してみましょう。 その前に1つだけ。よく総合音源と専用音源を比較して「総合音源は音が悪い」とか言ってる方がおられますが、そんなの当たり前ですから!(笑) 総合音源は音質... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回から Steinberg のフラグシップマルチ音源、HALion 4 を紹介しています。皆さん HALion 4 の何が知りたいってやっぱり音質ですよね。どんな音が出せるのか興味があるのだと思います。今日はいくつか代表的な音色をピックアップして紹介してみましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Steinberg-Halion-4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Steinberg-Halion-4s.jpg" alt="Steinberg-Halion-4.jpg" border="0" width="108" height="160" /></a> <BR> <BR> その前に1つだけ。よく総合音源と専用音源を比較して「総合音源は音が悪い」とか言ってる方がおられますが、そんなの当たり前ですから!(笑) 総合音源は音質はそこそこに汎用的な使用に耐えうる多彩な音色と軽快な動作に主眼を置いて企画された音源なわけですから、そこに専用音源並みのハイクオリティ音質を求めるのは酷です。逆に専用音源はたとえロードが遅かろうと使いにくかろうと(笑)、音質と関連アーティキュレーションだけは「ゆずれんね」な頑固音源なわけですから、目指すべき方向が全く違うわけです。自分の求める音楽に合わせて最適な音源を選択しましょう!<BR> <BR> さて、HALion 4 は総合音源ですから、決してハイクオリティな音を求めてはいけません。とは言え最近の総合音源の音質は向上していて、なかなか使える音が揃ってるんじゃないかと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Apiano.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Apianos.png" alt="Apiano.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <BR> <BR> まずは王道、ピアノから。こんな音がでます。ピアノだけでも 148 音色ほどあり、アコースティックピアノに限定しても 35 音色ほどあります。目移りしますね。その中から "SR Live Grand Piano" を選んでみました。この音色は HALion Sonic SE にも入っている音色です。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHALion4-Piano.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> どうでしょうか?<BR> 何の楽器かと言われればもちろんピアノだけど、なんだか少し本物と違う気がしますね。エッジの立ち方・減衰の加減・単純さ・倍音の少なさ等、色々と思い浮かぶのではないでしょうか。ちなみに一応この曲の曲想に合わせた音色をチョイスしたつもりです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Violin.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Violins.png" alt="Violin.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Viola.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Violas.png" alt="Viola.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <BR> <BR> もう1つ生楽器系を行ってみましょう!<BR> ヴァイオリンとヴィオラあたりを見てみましょうか。実は HALion 系の総合音源は、オーケストラ関係の楽器は弱いんです。と言うのも、オーケストラ系の楽器は HALion Symphonic Orchestra と言う兄貴分の音源があるので、そっちに任そうって設計なんです。ですから音色数もヴァイオリン単体でたったの 20 音色。しかもそのうち 16 音色が HSO で、HALion 4 としては 4 音色しかありません。ヴィオラに至っては HALion 4 は 3 音色しか持ってません(HSO は 11 音色)。いかに HSO に頼っているかが分かると思います。裏を返すと HSO はそれほど信頼を置いている音源だと言うことです。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHALion4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> さて、音色を聴いて寂しいなと思いました? じゃあちょっとだけ、HALion 4 付属のエフェクトを使って色付けしてみましょうか。少し触るだけでこれぐらい変わります。それなりに使える感じに聴こえるでしょ? 2つめはオマケで HALion Symphonic Orchestra で同じようにしてみたものです。う~ん、これを聴いてしまうと再び意気消沈してしまいますかねぇ(笑)。個人的には HALion Symphonic Orchestra は 16bit 版でいいので持っておくべきだと思いますね。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHALion4-2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViolinViolaHSO.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> と言うことで、今日は代表的な生楽器の音色について紹介してみました。次回はどうしようかなぁ。。。それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/208/clap" id="fc2button-clap-208" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-208").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/208/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
206

高機能バーチャルサンプラー HALion 4

こんにちは。 VariAudio シリーズに続きまして、今回からは音源を紹介していきたいと思います。まずはじめは、私が最もお勧めしたい音源「HALion 4」を紹介します。 HALion 4 はとどのつまり総合音源のジャンルに分類されるのですが、肩書きは「バーチャルサンプラー」となっています。このサンプラーって言葉なんですが、その昔、ハードサンプラーって機材がありまして、、、とか説明しようと思ったらここに素敵な... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> VariAudio シリーズに続きまして、今回からは音源を紹介していきたいと思います。まずはじめは、私が最もお勧めしたい音源「HALion 4」を紹介します。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4.png" alt="HALion4" border="0" width="520" height="300" /></a> <BR> <BR> HALion 4 はとどのつまり総合音源のジャンルに分類されるのですが、肩書きは「バーチャルサンプラー」となっています。このサンプラーって言葉なんですが、その昔、ハードサンプラーって機材がありまして、、、とか説明しようと思ったらここに素敵な動画がありましたので、HALion 4 の機能紹介も兼ねてこちらを見て頂いた方がいいでしょう(笑)。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/AOf6iESW6QI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> HALion 4 と HALion Sonic の違いなんですが、HALion 4 は HALion Sonic の上位ソフトになります。ですから HALion Sonic に含まれる音色・エフェクト・機能は全て HALion 4 に搭載されています。もちろん HALion Sonic SE の音色も搭載されています。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSource.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSources.png" alt="SoundSource.png" border="0" width="159" height="125" /></a> <BR> <BR> 私の環境で確認すると、画像のように HALion Sonic の音色数が 1335、Sonic SE の音色数が 1067、そして HALion 4 の音色数が 270 の合計 2672 音色です。これ以上どんな音色が必要だというのでしょうか?(笑) 音色面で見ると、HALion 4 と HALion Sonic は 270 音色しか違いませんから、HALion 4 に搭載された高度な機能があまり必要ない方は HALion Sonic を選択するのも良いでしょう。ちなみに追加の 270 音色は画像のようにさまざまなカテゴリに満遍なく散らばっていて、何かの音色に特化している訳ではありません。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSource2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SoundSource2s.png" alt="SoundSource2.png" border="0" width="159" height="97" /></a> <BR> <BR> さて、HALion 4 と HALion Sonic の違いはたくさんあるわけですが、その中で最も素晴らしいのが画面のカスタマイズ性能です。今までプラグイン音源で画面のサイズを自由に変更できるものがあったでしょうか? 画面サイズを自由に変更できるだけでなく、表示内容を自由に変えられたり、一部だけ別画面に取り出したり、タブ化できたり。ちょっと無茶苦茶やってみた画面がこれ。どうですか?(笑)大きすぎるって? まぁ、楽しくカスタマイズできるのはありがたいですね。今後の課題としては画面サイズを変更する際には随時表示内容をリアルタイム更新するのではなく、Windows の最適化のように枠だけを表示するようにして高速化するなどでしょうか。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UI.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/UIs.png" alt="UI.png" border="0" width="159" height="98" /></a> <BR> <BR> そして、次に素晴らしいのがその操作性とスピード。ほとんど待たされ感ありません。ボタンをクリックすればキビキビ変わります。音色のロードも1秒以内(音源データは SSD に格納しています)。音色選択も最初は少し戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れますし、慣れてしまうと選択しやすいですね。音色検索機能もきちんと備えています。とても完成度の高い音源です。ちなみに HALion Sonic も音色検索はなかなかです(Sonic SE はダメ)。<BR> <BR> ではでは、今日は概略の紹介ですので、簡単にどんな音がするか出してみましょうか。HALion 4 を起動するとウィンドウの左下にトリガーパッドと呼ばれる8つのボタンが見つかります。図のように青色になっている場合は音が出ます。最初から何か出るようになっているんですね。ちょっと押してみましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trigger.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Triggers.png" alt="Trigger.png" border="0" width="158" height="54" /></a> <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4_Sample20121030.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> こんな感じの音が最初から出ます。音圧上げとかもまったくやってません。これが HALion 4 クオリティです。音色の細かな紹介は別の機会に譲るとして、これぐらいの音質のデータが標準的に搭載されています。中でもシンセティックな音色はそのモダンな音色傾向と相まって HALion 4 の得意とするところではないでしょうか。<BR> <BR> 次回からはもう少し掘り下げて見ていきましょう!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/206/clap" id="fc2button-clap-206" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-206").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/206/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
204

VIENNA DIMENSION STRINGS/FL リリース

こんにちは。 毎回 VariAudio の話題ばかりで胃もたれするので、今日は久しぶりに音源の紹介でもしてみましょう。今日は新しくリリースされたばかりの(って数週間前だけど 笑)VSL (VIENNA Symphonic Library) の新音源、VIENNA DIMENSION STRINGS/FL の紹介です。 VSL は最近この DIMENSION 系のシリーズ拡大を図っています。ちょうど EastWest が Hollywood シリーズを拡大しているのに負けじと頑張っている感じ(笑)... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> 毎回 VariAudio の話題ばかりで胃もたれするので、今日は久しぶりに音源の紹介でもしてみましょう。今日は新しくリリースされたばかりの(って数週間前だけど 笑)VSL (VIENNA Symphonic Library) の新音源、VIENNA DIMENSION STRINGS/FL の紹介です。<BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSLDSFL.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSLDSFL.jpg" alt="VSLDSFL.jpg" border="0" width="230" height="230" /></a> <BR> VSL は最近この DIMENSION 系のシリーズ拡大を図っています。ちょうど EastWest が Hollywood シリーズを拡大しているのに負けじと頑張っている感じ(笑)。この不景気に金のかかる新しい音源を収録しようとする意気込みは大変すばらしいですね。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/qoZdaHs887g" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> さて、この DIMENSION シリーズの売りは何と言ってもその独立性! 個々の楽器が独立して収録されているんですね。どーゆー事かと言うと、例えば普通の音源でヴァイオリンの音を選択する場合、「ソロ」と「アンサンブル」の2つから選ぶことになります。つまりソロ奏者が単独で演奏した音と複数のヴァイオリニストが全員で演奏したアンサンブル音が収録されているわけです(もうちょっと細かく分かれているのもあるけどね)。<BR> <BR> しかし、この DIMENSION シリーズは「完全独立」、即ちヴァイオリニスト1人1人をそれぞれ収録して、それを合わせて鳴らすことで結果としてアンサンブルを構成する方式を採用しているのです。鳴らす本数も組み合わせも位置も全部独立して操作できるわけです。つまり、本物の演奏と同じということ。「オートディビジ」ってなんですか?ってことですね(笑)。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/f-Jnq0nqxzQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> 単純にイメージしても、例えば演奏の中で少しだけエッジを効かせるために1本だけ奏法や強弱を変えるとか、ピチカートのタイミングを大胆にずらしたいとか、あえてハーモニーを濁らせたいとか、そういう細かな表現を実際の演奏をイメージしながら構築できるメリットがあります。<BR> <BR> しかも VIENNA シリーズは賢いヒューマナイズ機能を搭載していますので、1本1本の発音タイミングや音程の入り方(出音時に低目から入るとか)を自動的に分散調整してくれます。これって既存の VSL 音源でも結構効果があってなかなかいい感じで機能するので、DIMENSION シリーズだとまた一味違うんでしょうね。<BR> <BR> こちらからデモソングなどお聴き頂けます。<BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=36224" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=36224">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=36224</a> <BR> <BR> さて、いいことばかりに見える DIMENSION シリーズですが、ダメな所はないのでしょうか?<BR> <BR> あります。それは「細かすぎること」。<BR> VSL は本気なんです。本気で生演奏を再現できる音源作りを目指しているんです。ですからそれこそ1音単位でアーティキュレーションを変更するために創意工夫されたエンジンや、音色加工・クロスオーバー技術による曲想に合った音色作り、リアリティ再現のためのヒューマナイズ・パフォーマンス検出アルゴリズムなど、ユーザが情熱と知識を持って挑まなければ到底宝の持ち腐れになるような機能が山盛りで、初心者にはホント取っ付きが悪い。VSL の意図した使い方を理解しなければ普通に演奏させるのも難しいかもしれません。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■注意点</span><BR> <BR> 現在販売されている VIENNA DIMENSION STRINGS/FL はまだ未完成で、ストリングスのうちヴァイオリンしか収録されていません。なんちゃってストリング音源をうっかり買って激高しないようにしてくださいね(笑)。完成は年明けになるようです。<BR> <BR> で、全部が揃うまでは「アーリーバードオファー」と言う名の早起きキャンペーンを開催しています。フルバージョン(スタンダード+エクステンディッド)のみの販売ですが、キャンペーン終了後の正規価格の約 40% OFF \78,750 で手に入ります。<BR> <BR> このキャンペーン戦略を私なりに解釈しますと、スタンダードのみで大体満足できる「ちょっといい音の音源が欲しいな~」程度の方であれば、キャンペーン終了まで待ってスタンダード単体で購入した方が安上がりです。VSL は毎年明けにキャンペーンをやりますので、ひょっとするともう少し安く手に入るかもです。逆に、将来確実にエクステンディッドも欲しくなる意欲的な方は是非この機会に安くフル版を手に入れて年明けに全カテゴリがラインナップされるのを待ちましょう。<BR> <BR> 上記のダメな点で書いた通り、VSL は細かすぎるのが玉に瑕なのです。それをエクステンディッドでさらに細かくするわけですから、よほどの情熱と音楽センス・必要性がなければきっともてあそばしてしまうでしょう。高い買い物ですし、買って使えない・使いにくいって言うのはホント辛いので、購入は十分に検討を重ねてくださいね。<BR> <BR> ちなみに、もっと分かりやすくて(表面的な完成度において)VSL とタメ張れるぐらいのストリング音源なら LASS や Hollywood Strings などがありますのでそちらも検討してみてください。<BR> <BR> それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/204/clap" id="fc2button-clap-204" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-204").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/204/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
192

VIENNA Instruments お得なキャンペーン開催中!

今日はオーケストラ音源 VIENNA Instruments の話題です。今月末までお得なキャンペーンを始めたようなので紹介したいと思います。キャンペーンは『数量限定!DVDパッケージ・ファイナル・セール 』と『Buy 3 and get 1 FOR FREE!! ~3本買ったら1本プレゼント!~』の2つあります。 結論から言うと、年末の恒例キャンペーンよりかなりお得だと思われますので、今まで VIENNA が気になっていながら高嶺の花だと敬遠していた方... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日はオーケストラ音源 VIENNA Instruments の話題です。今月末までお得なキャンペーンを始めたようなので紹介したいと思います。キャンペーンは『数量限定!DVDパッケージ・ファイナル・セール 』と『Buy 3 and get 1 FOR FREE!! ~3本買ったら1本プレゼント!~』の2つあります。<BR> <BR> 結論から言うと、年末の恒例キャンペーンよりかなりお得だと思われますので、今まで VIENNA が気になっていながら高嶺の花だと敬遠していた方は是非検討してみては如何でしょうか。 <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■数量限定!DVDパッケージ・ファイナル・セール</span><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIENNA_sale.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIENNA_sale.png" alt="VIENNA_sale.png" border="0" width="510" height="195" /></a> <BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/vienna_dvd" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/vienna_dvd">http://www.crypton.co.jp/vienna_dvd</a><BR> <BR> VIENNA Instruments はこの度、全てのライブラリがダウンロード販売可能になったのを記念して、今までの DVD 版の在庫を一掃する計画です。1本 20% OFF での提供で、2本以上買うと 28% OFF になります。つまり2本以上買うなら海外から個人輸入するのとだいたい同じぐらいのお得度になる計算です。買うなら断然2本以上ですね!<BR> <BR> 対象製品は単品ものばかりでバンドル製品は含まれないので注意してください。あと、在庫がなくなったらこのキャンペーンもなくなるので、そちらも注意が必要かと(笑)。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■Buy 3 and get 1 FOR FREE!! ~3本買ったら1本プレゼント!~</span><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIENNA_sale2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIENNA_sale2.png" alt="VIENNA_sale2.png" border="0" width="510" height="180" /></a> <a href="http://www.crypton.co.jp/vienna_3f1" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/vienna_3f1">http://www.crypton.co.jp/vienna_3f1</a><BR> <BR> 3本以上購入すると1本タダで付いてくる! もちろん3本の中で一番高い製品の価格より安いもの限定だけども。それでもこれはかなりお得です。こちらのキャンペーンはなんと DVD 版の購入じゃなくても適用されます。とにかく対象製品を3つ買うかダウンロードすればいいわけです。<BR> <BR> で、ポイントはこのキャンペーンは上の『数量限定!DVDパッケージ・ファイナル・セール 』と併用できることです。つまり、3本を1単位で購入するとすごぉぉーくお得になるのです!<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■シミュレートしてみよう!</span><BR> <BR> 例えばオーケストラライブラリをひと通り揃えたいとしましょう。通常ですと一番割安な方法は VI Symphonic Cube を買うことです。海外で買うとだいたい27万円ぐらいします(日本だと30万円超え)。含まれるパッケージは以下の通り(右は定価)。<BR> <BR> VI Solo Strings         36,750円<BR> VI Chamber Strings       45,150円<BR> VI Orchestral Strings I     48,300円<BR> VI Orchestral Strings II    45,150円<BR> VI Woodwinds I         48,300円<BR> VI Woodwinds II         42,000円<BR> VI Brass I           44,100円<BR> VI Brass II           44,100円<BR> VI Percussion          38,850円<BR> VI Harps            17,640円<BR> <BR> で、これを4本ずつのグループに分けます。すると、、、<BR> 全て2本以上の購入ですから『数量限定!DVDパッケージ・ファイナル・セール 』によって全てが 28% OFF になります。さらに、『Buy 3 and get 1 FOR FREE!! ~3本買ったら1本プレゼント!~』によってグループの中で2番目に高い製品はタダになります(◎)。<BR> <BR> VI Solo Strings         36,750円<BR> VI Chamber Strings       45,150円 ◎<BR> VI Orchestral Strings I     48,300円<BR> VI Brass I           44,100円<BR> <BR> VI Orchestral Strings II    45,150円 ◎<BR> VI Woodwinds I         48,300円<BR> VI Woodwinds II         42,000円<BR> VI Brass II           44,100円<BR> <BR> VI Percussion          38,850円<BR> VI Harps            17,640円<BR> <BR> タダになった製品を除いた合計金額は 320,040円で、そこから 28% OFF になりますので 230,428円(税込)で買えてしまいます。海外個人輸入するより安いですね。3番目のグループにもう1製品足して『Buy 3 and get 1 FOR FREE!! ~3本買ったら1本プレゼント!~』を適用するのも良いアイデアかも(笑)。<BR> <BR> キャンペーンは8月末までやっているようです。さぁ、550GB のライブラリを数日徹夜でインストールする地獄の旅へ出発しましょう!(笑) </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/192/clap" id="fc2button-clap-192" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-192").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/192/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
185

物理モデリング音源いろいろ(第6回:ギター音源 Evolution Acoustic Guitar)

連載で物理モデリング音源を紹介してきましたが今日はギター音源です。紹介するのは Orange Tree の Evolution™ Acoustic Guitar(以下、EAG と呼びます) です。 ■Evolution Acoustic Guitar (Orange Tree) http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings この音源は最近流行りのサンプリングと物理モデリングのハイブリッド仕様になっています。この方式はサンプリングと物理モデリングの... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 連載で物理モデリング音源を紹介してきましたが今日はギター音源です。紹介するのは Orange Tree の Evolution™ Acoustic Guitar(以下、EAG と呼びます) です。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/boxshot_eagss.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/boxshot_eagss.png" alt="boxshot_eagss.png" border="0" width="200" height="200" /></a> <BR> ■Evolution Acoustic Guitar (Orange Tree)<BR> <a href="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings" target="_blank" title="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings">http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings</a><BR> <BR> この音源は最近流行りのサンプリングと物理モデリングのハイブリッド仕様になっています。この方式はサンプリングと物理モデリングのいいとこ取りをする方式で、デモ曲などを聴く限り、現在のところ最も優秀な方式だと私は思っています。<BR> <BR> Orange Tree はこの音源を「MIDI ベースによるギターシュミレーションの可能性の認識を覆すサンプリングライブラリ」だと言っています。そして「Listen to the demos for yourself. Let your ears be the judge.(自分の耳でデモを聴いて判断しろ)」と言ってますね。自信がありそうです。早速聴いてみましょう!<BR> <BR> デモ曲はこちらに7曲ほど登録してあります。ちょっとわかりづらいですが、再生プレーヤーの右端にある縦のスライダーで曲を選択できます。お勧めは、う~ん、特にないですかね(笑)。強いて言えば1番目の "Pulse" かな。自信があるならもっと単音を聴かせるデモを置けばいいと思うのですが、その点はマイナスです。<BR> <BR> ■デモ曲<BR> <a href="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings" target="_blank" title="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings">http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings</a><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SteelStringsInterface.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SteelStringsInterface.png" alt="SteelStringsInterface.png" border="0" width="390" height="263" /></a> <BR> EAG はサンプリングアコースティックギター音源の突破口を示すものだ。他のどんなサンプリングライブラリや音源も我々のリアリズムには到達できない。単音からコードのストラムに至るまで、EAG はサンプリング・スクリプティング・物理モデリングを組み合わせたアルゴリズムを採用しており、KONTAKT 4 のインターフェースを使って驚くほど簡単に、EAG は自信を持ってギター音源の最終製品だと言えるだけのリアリスティックな結果を得られる。<BR>            ----EAG HP より引用<BR> <BR> <BR> この音源の特徴は、他のハイブリット音源と異なり 6.5GB ものサンプリングデータを有している点です(フィンガー&ピック)。ですからどちらかと言えばサンプリング音源に近い物理モデリング音源と言えるでしょう。使用されたアコースティックギターは Martin D16R。24bit、48KHz で高音質録音されています。通常ギターの録音はモノラルで行われますが EAG はステレオ録音することでより自然な音色表現に成功しています。なお、このステレオ幅は調整可能です。<BR> <BR> その他、専売特許の共鳴エンジンによるリアリズムの再現や1つのノートに対して4つのサンプルを持つことで連続再生時のマシンガン現象を回避したりと色々な工夫が織り込まれているようです。<BR> <BR> ここまで書いて思ったのですが、これ、物理モデリング音源じゃなくてサンプリング音源ですよね。これを物理モデリング音源と呼ぶなら私の使ってるピアノ音源 Ivory II だって物理モデリング音源です。どうも若干騙されちゃったみたいですね(笑)。ギター音源の中で物理モデリングがベースになっているのは AAS の STRUM ACOUSTIC GS-1 ぐらいでしょうか。興味がありましたら見てみてください。<BR> <BR> ■AAS STRUM ACOUSTIC GS-1<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/strumacoustic_thumb.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/strumacoustic_thumbs.png" alt="strumacoustic_thumb.png" border="0" width="159" height="144" /></a> <BR> <a href="http://www.minet.jp/aas/strum-acoustic" target="_blank" title="http://www.minet.jp/aas/strum-acoustic">http://www.minet.jp/aas/strum-acoustic</a><BR> <a href="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/" target="_blank" title="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/">http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/</a><BR> <BR> 私見ですが、ギター音源の生らしさは音そのものの色・艶・厚み等の質感もさることながら指が奏でる意外性だと思うんですよね。わずかに弦に触れたノイズのような微細音やフレームを押さえきれなかった時に出る割れたような嗄れた音などです。<BR> <BR> 現在の音源は音質的には申し分ないレベルに到達していますが、1つ1つの音が完璧すぎて結果的にギターらしくない演奏に聴こえる気がします。もちろんそのような意外性も複数サンプルや指の動きをシミュレートした音色生成アルゴリズムにランダム係数を掛けるなどしてある程度の再現を試みることは可能でしょうが、どうなんでしょうね。<BR> <BR> ギターの弾けない私などはこのようなアプローチは大歓迎ですが、中途半端では逆にうそ臭さを助長するかもしれませんね。ギターは意外性の発生しやすい楽器である点を考慮すれば、最もリアリティの再現が難しい楽器であると言えるでしょう。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/185/clap" id="fc2button-clap-185" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-185").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/185/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
183

物理モデリング音源いろいろ(第5回:ブラス音源 Sample Modeling)

物理モデリング音源をシリーズで紹介しています。今日は金色の楽器が大好きな Sample Modeling です。 現時点でリリースされている楽器はこれだけあります。どうです?金色ばっかりでしょ?(笑) 主にジャズ向けのサウンドに似合うシリーズです。今年6月に French Horn & Tuba がリリースされてジャンルの幅を広げつつあります。今後にも期待が持てそうな音源ですね。 ■Sample Modeling http://w... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 物理モデリング音源をシリーズで紹介しています。今日は金色の楽器が大好きな Sample Modeling です。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/logo.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/logo.jpg" alt="logo.jpg" border="0" width="268" height="147" /></a> <BR> <BR> 現時点でリリースされている楽器はこれだけあります。どうです?金色ばっかりでしょ?(笑) 主にジャズ向けのサウンドに似合うシリーズです。今年6月に French Horn & Tuba がリリースされてジャンルの幅を広げつつあります。今後にも期待が持てそうな音源ですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_horntuba.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_horntubas.png" alt="css_horntuba.png" border="0" width="159" height="158" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_trombone.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_trombones.png" alt="css_trombone.png" border="0" width="131" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_trumpet.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_trumpets.png" alt="css_trumpet.png" border="0" width="131" height="159" /></a> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_mssaxs.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_mssaxss.png" alt="css_mssaxs.png" border="0" width="131" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_saxbrothers.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/css_saxbrothers.png" alt="css_saxbrothers.png" border="0" width="350" height="150" /></a> <BR> ■Sample Modeling<BR> <a href="http://www.samplemodeling.com/en/index.php" target="_blank" title="http://www.samplemodeling.com/en/index.php">http://www.samplemodeling.com/en/index.php</a><BR> <a href="http://www.minet.jp/samplemodeling/" target="_blank" title="http://www.minet.jp/samplemodeling/">http://www.minet.jp/samplemodeling/</a><BR> <BR> 特に気合が入っているのが、そのラインナップ数でもお分かりのサックスです。その最新作であり Sample Modeling の中でも意欲作である Ms. Sax S. のデモ動画がありますので聴いてみましょう。<BR> <BR> <iframe width="520" height="390" src="http://www.youtube.com/embed/a2rGV3g3f0g" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> どうですか?<BR> <BR> サックスの特徴は、小音量時のエアーノイズを多く含んだ霞がかかった音と、高音域のやや苦しげで平べったく変形した割れる寸前の音です。特に安い音源でこの高音域を表現しようとすると、ただ平べったいだけいの品のない音になります。Sample Modeling はなかなかの音を出してますね。何も知らされず目を瞑って聴いたらキャンディー・ダルファーかと思っちゃいます(笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/swam.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/swams.png" alt="swam.png" border="0" width="158" height="58" /></a> <BR> Sample Modeling Ms. Sax S. は最新の SWAM エンジンを搭載しています。SWAM エンジンの根幹にある設計は、やはり最近主流のハイブリッド方式です。つまり、基本となる音色をサンプリングに求め、モーフィング(音色の変化表現)を物理モデリングに求めるやり方です。<BR> <BR> この方式はサンプリング・物理モデリングそれぞれの方式の強みを組み合わせたものであり、極めて合理的な選択だと言えます。恐らく今後の音源の主流方式になるでしょう。しかし実際にこれを人間の感性のレベルにまで昇華させるとなると結構大変でして、楽器に応じた独自のアプローチや高度な演算処理が必要になってきます。<BR> <BR> このため最新の Ms. Sax S. では、それまで採用していた Native Instruments の Kontakt プラットフォームを捨て、独自のエンジンを採用しています。私の勝手な音源選びの基準に「Kontakt でないこと」があります。Kontakt は様々な音源で採用されるほど汎用性に富んだ優秀なエンジン&インターフェースですが、音源を突き詰めていくとどうしても制約が出てくるようです。事実、世にある名だたる専用音源で Kontakt を採用しているものはありません。<BR> <BR> さて、Sample Modeling は3段階の工程を経て音作りがなされているようです。まず1段階目がサンプリング。プロの奏者を捕まえて無反響室に監禁し、ループ無しのサンプルを高音質で収録します。サイズだいたい 300MB ぐらいのようですね。<BR> <BR> そして2段階目がアダプティブ・モデルによる音色の擬似化です。ここでは「ハーモニック・アライメント」と呼ばれる特許取得の独自技術を使って本物の楽器と聴き分けられない程の精度で音色をバーチャル化します。<BR> <BR> そして3段階目が MIDI 入力に応じた演奏表現(アーティキュレーション・強弱・ヴィブラート・レガート・ポルタメント・トリルなど)の付加です。ここでも特許やAI(人工知能)を駆使して様々な人間らしい表現を組み立てて行くようですね。おそらく先日紹介した Synful と同じようにスライスされた断片フレーズを加工してリアルタイムにつなぎあわせていくような処理が行われているのではと想像します。<BR> <BR> ----<BR> <BR> そして、私のお勧めしたい使い方!(いつの間にかオススメになっちゃった 汗)EWI とのコラボレーションです。ご多分に漏れず Sample Modeling でもやってらっしゃる方が色々おられますね。紹介してみましょう。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/42hrU8g6_oE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> <iframe width="520" height="390" src="http://www.youtube.com/embed/a1wK0n98Fp8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> 2つ目はトランペットの演奏サンプルですが、最初一発目で外したところが生々しくて好きです(笑)。皆さんもいかがでしょうか。<BR> <BR> 日本代理店は、マニアックな製品でお馴染みの Media Integration です。価格はなんと!安い!!! 15,750円。えっ、ホントに!? 私はてっきり3~4万円はすると思ってました。ダウンロード販売ですから送料がかかりませんので、オンラインでユーロ建てで買えば更に安いです。注文フォームも日本語対応しているので難しいことは一切なし。ただ、やはり取説類は期待できそうにないので、そう言う方は Media Integration での購入がいいでしょう。<BR> <BR> <TABLE> <TR><TD>French Horn & Tuba</TD><TD>EUR 149</TD></TR> <TR><TD>The Trumpet</TD><TD>EUR 149</TD></TR> <TR><TD>The Trombone</TD><TD>EUR 149</TD></TR> <TR><TD>Ms. Sax S.</TD><TD>EUR 119</TD></TR> <TR><TD>Mr. Sax T. </TD><TD>EUR 119</TD></TR> <TR><TD>The Trumpet + The Trombone (Bundle)</TD><TD>EUR 269</TD></TR> <TR><TD>The Trumpet + Mr. Sax T. (Bundle)</TD><TD>EUR 241</TD></TR> <TR><TD>Mr. Sax B. & A. (alto & baritone sax)</TD><TD>EUR 149</TD></TR> <TR><TD>The Sax Brothers (alto, tenor & baritone sax)</TD><TD>EUR 239</TD></TR> </TABLE> <BR> 久しぶりにキャンディー聴こうっと! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/183/clap" id="fc2button-clap-183" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-183").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/183/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
181

物理モデリング音源いろいろ(第4回:オーケストラ音源 Synful)

物理モデリング音源の紹介を続けています。物理モデリング音源の紹介を続けています。今日はオーケストラ音源 Synful を紹介していきますね。 http://www.synful.com/ サイトによれば、Synful はサンプリング音源でも物理モデリング音源でもない、全く新しい概念の音源だと主張しています。面白いですね。どういうことなんでしょうか。 Synful はリアリズムを追求するための何年もの研究・いくつかの特許・および実... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 物理モデリング音源の紹介を続けています。物理モデリング音源の紹介を続けています。今日はオーケストラ音源 Synful を紹介していきますね。<BR> <BR> <a href="http://www.synful.com/" target="_blank" title="http://www.synful.com/">http://www.synful.com/</a><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Synful_logo-orch.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Synful_logo-orch.gif" alt="Synful_logo-orch.gif" border="0" width="500" height="100" /></a> <BR> サイトによれば、Synful はサンプリング音源でも物理モデリング音源でもない、全く新しい概念の音源だと主張しています。面白いですね。どういうことなんでしょうか。<BR> <BR> Synful はリアリズムを追求するための何年もの研究・いくつかの特許・および実験・設計および過去の技術に対する問題点らを総合した結果、Reconstructive Phrase Modeling(RPM) 技術に辿り着いたと書いてあります。RPM って具体的にどんなものなんでしょうか?<BR> <BR> RPM は各管弦楽器の演奏フレーズが記録されたデータベースを用いていて、これはノート単位で分離された形ではなく、全ての種類の奏法やフレーズを完全に音楽的なパッセッジとして記録されています。<BR> <BR> MIDI 入力を受け取るとピッチ・音量・ノート間の周波数特性と重なりの量、ノートの長さなどから高度な先進アルゴリズムを駆使してデータベースからどのフレーズを再生すべきか判断します。で、この処理はリアルタイムに行われていて、入力の変化に応じて最適なフレーズを随時選択してつなぎ合わせ、伸ばしたり音程を変えたりしながら再生しているようです。<BR> <BR> これはポルタメントにおけるスラーや舌を使った音程遷移、アグレッシブな速いボゥイング、長く優雅なビブラートやフルートの特徴である雑音的要素などに見て取れるみたいですね。なかなかいいじゃないですか。<BR> <BR> その他の特徴についてはここに色々と書かれていますので、英語の読める人は読んでみてください。<BR> <BR> <a href="http://www.synful.com/SynfulOrchestra.htm" target="_blank" title="http://www.synful.com/SynfulOrchestra.htm">http://www.synful.com/SynfulOrchestra.htm</a><BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■サンプル演奏を聴いてみよう!</span><BR> <BR> トップページでサンプル演奏が聴けます。<BR> <BR> 音源確認のためには各楽器の音が個別に聴けた方が都合がいいです。覚えておきたいのは音源選びをするときに、アンサンブルサンプルしか聴かせない音源はもう一歩なことが多いと言うこと。Synful はその辺り、自信があるんでしょうね。ソロ音色をたくさん載せています。<BR> <BR> 特にいいなと思ったのが、上から2番目のストラビンスキー「春の祭典」。この曲は出だしが木管セクションで構成されていて各楽器の(独特な)演奏が聴けます。なかなかの再現だと思います。<BR> <BR> それから12番めの「Bernstein Somewhere」も聴いてみてください。これはホルンのソロですが音量による音色変化が聴けるサンプルです。ホルンと言うのは男性を象徴する楽器なのですが(その昔、狩りで使われていたため)、音色の傾向は「オカマ」でして、女性っぽいふくよかな音と男性っぽい張りのある音の2つが表現できる楽器です。その再現を聴いてみてください(5番目の Ein Heldenleben「英雄の生涯」は男性っぽさ全開のソロサンプルですね)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Synful.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Synfuls.png" alt="Synful.png" border="0" width="151" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SynfulPatch.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SynfulPatchs.png" alt="SynfulPatch.png" border="0" width="151" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SynfulArticuration.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SynfulArticurations.png" alt="SynfulArticuration.png" border="0" width="151" height="159" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■デモ版を使ってみよう!</span><BR> <BR> Synful もご多分に漏れずデモ版が使えます。15日間の期限付きです。私も使ってみました。画面は至ってシンプルで若干不安な感じ。その分、操作は簡単でだれでもすぐに使えます。楽器の種類が少なく、チューバとか少しマイナーな楽器とかパーカッション系はありません。この辺は割り切りが必要です(2枚目の画像)。<BR> <BR> 「playing mode」には各楽器に応じたアーティキュレーション(奏法)や金管ならミュートなどのモードが選べるようになっています(3枚目の画像)。音色の傾向はヨーロッパ調。ド派手さよりも和の中に個性を主張する感じの音源です。個人的には好感が持てます。また、物理モデリング音源にしては珍しく「複雑さ」を感じさせる音色です。それが不安定さに感じる場面もあるのですが、良い方向に作用することもあり少し慣れが必要かもしれません。<BR> <BR> 面白いのが画面右の「expression」スライドバーで、動かすとクレッシェンドした時のように音色が変化していくのがわかります。なかなかいいと思います。これを MIDI CC に割り当てて、前回 <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-179.html" target="_blank" title="Arturia の BRASS2">Arturia の BRASS2</a> で紹介したブレス・コントローラで操作するとなかなか良い感じになるかもしれませんね。<BR> <BR> 全体的に感じたのは、この音源は「音楽家が作った音源である」ということ。個人的にはなかなかの好感触でした。上で紹介した RPM の特徴をもう少し理解できると、キーを離すタイミングやモジュレーションの動かし具合など、Synful の良さを引き出してあげられるような気がします。<BR> <BR> 先日紹介した <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-177.html" target="_blank" title="WIVI">WIVI</a> も合わせて使ってみたので、その比較については次回紹介してみたいと思います(デモ期限大丈夫かなぁ)。期待せずにお待ちください。<BR> <BR> デモ版ダウンロード:<BR> <a href="http://www.synful.com/Download.htm" target="_blank" title="http://www.synful.com/Download.htm">http://www.synful.com/Download.htm</a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■価格は?</span><BR> <BR> 気になるお値段は、ズバリ!日本円で 40,800円です。そんなに高くないです。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-177.html" target="_blank" title="WIVI">WIVI</a> の1セクション分の値段で Strings/Woodwinds/Brass の3つが揃います。デモで使ってみた限り、この値段はそれなりのコストパフォーマンスがあると思います。<BR> <BR> 物理モデリング音源で動作が軽く、容量も小さい(134MB)ので直ぐにダウンロードできて手軽に使える音源であることもメリットだと思います。<BR> <BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/181/clap" id="fc2button-clap-181" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-181").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/181/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
180

RealGuitar 3 リリース近し!

簡単な操作でギターらしい演奏が可能なお手軽音源の代表格である RealGuitar 2L の後継 RealGuitar 3 が7月にリリースされるようですよ! RealGuitar 2L についてはこちらで音色など紹介していますのでよろしければ見てみてください。 その全貌はまだ明らかになっていませんが、新機能についての動画がありますので見てみましょう。 今回はストラト(ストローク奏法)にやけに力が入ってますね。え~っと、その昔... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 簡単な操作でギターらしい演奏が可能なお手軽音源の代表格である RealGuitar 2L の後継 RealGuitar 3 が7月にリリースされるようですよ! RealGuitar 2L については<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-143.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で音色など紹介していますのでよろしければ見てみてください。<BR> <BR> その全貌はまだ明らかになっていませんが、新機能についての動画がありますので見てみましょう。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/_bqB9hHj0Gw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/rN_ExcL6DpY" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> 今回はストラト(ストローク奏法)にやけに力が入ってますね。え~っと、その昔、日本で流行ったギターフリークスで使ったようなゲーム用のギターにあらかじめ5つのコードを割り当てて、後は好きにストロークし放題ってことですね! ってなんじゃこりゃー!!!!!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/51smsnSdCHL_SL500_AA300_.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/51smsnSdCHL_SL500_AA300_s.jpg" alt="51smsnSdCHL_SL500_AA300_.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> 動画では、今、全米で大人気のゲーム用ギター Guitar HERO を使ってるんですね。日本でも販売されてるじゃないですか! ストロークだけでなくアルペジオも演奏させられるし2つのコードボタンを押さえることで複雑なコードも演奏できるようです。<BR> <BR> う~ん、Misiclab さん、いったいあなたはどこに向かってるんですか?(笑)<BR> 音質改善とか音色ラインナップの強化とか、音源としてのバージョンアップはないんでしょうか。まだ告知だけなのでなんとも言えませんが心配です。<BR> <BR> あと、ちょっと進歩したなと思ったのが、サンプル演奏がカントリー調から脱却していた点(笑)。操作性はギター音源の中でもピカ一だし、音質もそんなに悪くないんで頑張ってもらいたいですね。<BR> <BR> 現状では RealGuitar 3 はちょっとオススメできそうにありませんが、RealGuitar 2L は良音源ですので、初めてのギター音源選びの方などは特に選択肢に入れてやってくださいまし。<BR> <BR> ■価格リスト <BR> 新規購入、アップグレードの価格を整理しておきますね。<BR> <BR> 【新規購入】<BR>  RealGuitar 3: $249.00 USD<BR>  RealStrat 3: $249.00 USD<BR>  RealLPC 3: $249.00 USD<BR>  Bundle of two Real instruments: $399.00 USD<BR>  Bundle of three Real instruments: $549.00 USD<BR> <BR> 【アップグレード】<BR>  1製品 $39.00 USD<BR>  2製品 $59.00 USD for the pack of two Real instruments<BR>  3製品 $79.00 USD for the pack of three Real instruments<BR> <BR> ※どのバージョンからのアップグレードでも同じです(こういう雑なところがアメリカンですね 笑)。<BR> <BR> 事後報告ですが RealGuitar 2L を買っておくと($199)、RealGuitar 3 リリース時に +$119 でアップグレードできたようです。ちなみにこの $199 と言うのは、RealGuitar 2L, RealStrat, RealLPC の3つがセットになったバンドル製品のことで、単体で揃えると $549 になりますから、このセールを利用すると $231 の節約になりましたね。紹介が遅れてすみません。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/180/clap" id="fc2button-clap-180" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-180").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/180/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
179

物理モデリング音源いろいろ(第3回:ブラス音源 BRASS2)

連載で物理モデリング音源の紹介をしています。 今日ご紹介したいのは(ってなんかテレフォンショッピングみたいになってきた)、ARTURIA の BRASS2 です。 ■ARTURIA BRASS2 http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html 先日、IRCAM のキャンペーンについてご紹介したのですが(こちら)、その IRCAM が Arturia 社と共同開発で作った物理モデリング音源がこの BRASS2 です。ま、無粋な... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 連載で物理モデリング音源の紹介をしています。<BR> 今日ご紹介したいのは(ってなんかテレフォンショッピングみたいになってきた)、ARTURIA の BRASS2 です。<BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sujpa200001sny2t.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sujpa200001sny2ts.jpg" alt="sujpa200001sny2t.jpg" border="0" width="145" height="159" /></a> <BR> ■ARTURIA BRASS2<BR> <a href="http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html" target="_blank" title="http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html">http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html</a><BR> <BR> 先日、IRCAM のキャンペーンについてご紹介したのですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-178.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、その IRCAM が Arturia 社と共同開発で作った物理モデリング音源がこの BRASS2 です。ま、無粋な紹介は後にして、デモを聴いてみましょうか。氏家克典氏によるデモビデオがありますので御覧ください。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/y9Qfl1_ksU0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> どうです?<BR> 結構いいと思いません?<BR> <BR> ブレスコントロールを用いてリアルタイムに抑揚をつけているのでリアリティが相当に増しています。通常、こういった抑揚はモジュレーションホイールなどを使って指で行うのが一般的ですが、実際のブレスでこれを表現しようと言う製品アプローチそのものが成功だったと思えます。<BR> <BR> さらに管の特性をきちんと理解した操作性にも好感が持てます。4:20 あたりからピッチベントによるトランペットのシェイクについて紹介されています。実際に管楽器の演奏経験がある方ならお分かりでしょうが、管楽器と言うのはピストンとブレスの圧力によって音程を変えるんです。ブレス圧を高くすれば同じ指でも高い音が出ます。ブレス圧を徐々に高くしていくと音が裏返る瞬間があって次の倍音に飛ぶんですね。金管奏者が音を外すことがあるのはこのためです(疲れてくると高い音はしんどいんです、、、)。<BR> <BR> 個人的な感想ですが特にサックスはいいと思いましたね。金管の高音はやや機械的でしょうか(本物はもっとしんどそうな頑張ってる感じの音が出ます 笑)。トランペットはデモではややこもったミュート気味の音に聴こえますが、これは音色を選ぶことで解決できます。なんとトランペットだけでもデフォルトで28種類の音色があるんですよ。もちろん編集できます。トロンボーンはややありえない感じの演奏かなぁ(笑)。スライドがもっと聴きたかったな。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■楽器は3類種類だけ!</span><BR> <BR> サポートする楽器の数は少なくって、トランペット・トロンボーン・サックスの3つだけです。ジャズとかソロをメインユースに想定しているのか単に予算が足りなかったのかわかりませんが、ここまマイナスポイントですね。残念!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trumpet.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trumpets.png" alt="BRASS2_Trumpet.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trombone.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trombones.png" alt="BRASS2_Trombone.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Automation.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Automations.png" alt="BRASS2_Automation.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <BR> でも、それぞれの楽器で20を超えるバリエーションがあって欲しい音色はきっと見つかると思います。ミュートの種類も色々選べるんですよ! さらに、各楽器のパラメータも細かく設定できます。音圧/音色変化・ピッチ・ノイズ・ビブラートなど、時間軸に沿って自由に編集できます。かなりのこだわり具合です。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■他にも面白い機能が!</span><BR> <BR> いくつか紹介しますね。<BR> まず1つ目が Riff モード。これは一言で言うとアンサンブルの編集モード。お気に入りのアンサンブルを追加したり予めスタイル別にプリセットされたアンサンブルを編集したり出来ます。プリセットを聴くと、いろんな奏法を駆使したものなどあって「なるほど」と感心したり、中には「このアンサンブルフレーズを使って曲を作ってみたいな」と言った印象的なものもあります。BRASS2 の可能性を確認する意味でも面白いモードです。<BR> <BR> もう1つが SPACIALIZATION です。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Spacialization.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Spacializations.png" alt="BRASS2_Spacialization.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <BR> これは音像コントロール機能ですね。なんと、各楽器の演奏位置を自由に配置できます。言ってみれば VIENNA MIR PRO みたいな機能で(日本でも販売始まりましたね)、例えばトランペットだけ奥で鳴らしたり、サックスを左、トロンボーンを右後ろ、みたいな構成を自由に作れるんです。こんなことを何気にポロッと搭載するあたり、IRCAM の技術の高さが覗えます。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■デモ版を使ってみよう!</span><BR> <BR> BRASS2 もご多分に漏れずデモ版が利用できます。15日間機能制限なしで利用できますから是非ダウンロードしてみましょう。利用方法は簡単で、まずは下記サイトから実行イメージをダウンロードしてインストールします。次にメールにアクティベーションコードが記載されていますので、eLicenser を立ちあげて「アクティベーションコードの入力」で入力するだけ。Cubase の方は eLicenser が付いているので便利ですね~。<BR> <BR> 私も使ってみました。英語インターフェースですが、操作は至って直感的で迷うことは恐らくないと思います。10分も使えば殆どの機能が理解できるはずです(画面デザインはノペーっとしててあんまり好きじゃないですけどね、、、笑)。<BR> <BR> 気になるのはプツノイズ! 上の動画でも注意して聴くとわかりますが、ブツブツ言ってます。これはデモ版を使用してみても同じように発生します。つまり製品上の慢性的な問題のようですね。ここは大きくマイナスしたい。これが修正されない限り私は買いませんよ~。<BR> <BR> ■デモダウンロード<BR> <a href="http://www.arturia.com/evolution/en/products/brass/resources.html" target="_blank" title="http://www.arturia.com/evolution/en/products/brass/resources.html">http://www.arturia.com/evolution/en/products/brass/resources.html</a><BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■おすすめの使い方</span><BR> <BR> 私が個人的にこう使いたいと思っている構成をご紹介します。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/visuel_bundle.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/visuel_bundle.jpg" alt="visuel_bundle.jpg" border="0" width="520" height="150" /></a> <BR> <span style="font-size:large;">ARTURIA BRASS2 + AKAI EWI-USB</span><BR> <BR> このセット、いいと思いません?<BR> BRASS2 をライブモードにして笛で演奏するんですよ!(笛って言うな!)これはね、絶対いけてる大人の趣味ですよ。おしゃれなお父さんの趣味ですよ。音量も制限できるから近所迷惑にもならないし、指の運動にもなるからボケ防止にもいいですね(なんのこっちゃ)。<BR> <BR> EWI の第一人者と言えば宮崎隆陸氏。CD付き教則なんかも発売されてますよ~。EWI があると、他の楽器や音源での演奏でも今まで手入力していたエクスプレッション(表現コントロール)がブレスで出来るようになって、リアリティと素早い入力が可能になるんじゃないかと思って研究中です。<BR> <BR> ■EWI MASTER BOOK<BR> <a href="http://www.alsoj.net/store/view/ALEWIS1.html" target="_blank" title="http://www.alsoj.net/store/view/ALEWIS1.html">http://www.alsoj.net/store/view/ALEWIS1.html</a><BR> <BR> EWI は高い!と言う方は、氏家氏もデモの中で使っていたブレス・コントローラでも良さそうです。まぁ、こちらは音程が取れませんけど、、、。って、販売終了? ヤマハさ~ん!<BR> <BR> ■YAMAHA BC3<BR> <a href="http://jp.yamaha.com/products/music-production/accessories/breathcontrollers/bc3/?mode=model" target="_blank" title="http://jp.yamaha.com/products/music-production/accessories/breathcontrollers/bc3/?mode=model">http://jp.yamaha.com/products/music-production/accessories/breathcontrollers/bc3/?mode=model</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/179/clap" id="fc2button-clap-179" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-179").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/179/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
177

物理モデリング音源いろいろ(第2回:オーケストラ音源 WIVI)

物理モデリング音源の紹介、今回は2回目です(第1回:ピアノ音源はこちら)。 今回はオーケストラ系の音源を幾つか紹介してみたいと思います。結構あるんですよ! 紹介の前にちょっとだけオーケストラの編成について簡単な紹介をさせてください。 オーケストラで使われる楽器っていくつかのグループに分かれているんです。大きく4つあります。  ●ストリングス(弦楽器)… ヴァイオリン・ヴィオラ等  ●ブラス(金管楽... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 物理モデリング音源の紹介、今回は2回目です(第1回:ピアノ音源は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-172.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。<BR> 今回はオーケストラ系の音源を幾つか紹介してみたいと思います。結構あるんですよ!<BR> <BR> 紹介の前にちょっとだけオーケストラの編成について簡単な紹介をさせてください。<BR> オーケストラで使われる楽器っていくつかのグループに分かれているんです。大きく4つあります。<BR> <BR>  ●ストリングス(弦楽器)… ヴァイオリン・ヴィオラ等<BR>  ●ブラス(金管楽器)… トランペット・ホルン等<BR>  ●ウッドウィンズ(木管楽器)… クラリネット・フルート等<BR>  ●パーカッション(打楽器)… シンバル・ティンパニ等<BR> <BR> ストリングスはオーケストラを代表する楽器ですね。ブラスバンド(吹奏楽)との大きな違いでもありますが、コントラバスだけはブラスバンドにも含まれているのが面白いですね。あれ、運ぶの大変なんですよ。<BR> <BR> ブラスは金属でできた楽器たちでマウスピースを使って音を出します。ブラスバンドにはユーフォニウムなんて楽器も含まれますが、オーケストラでは一般的ではないようです。ですからブラスバンドの打ち込みをしたい方などは音源選びで注意が必要です。<BR> <BR> 次にウッドウィンズは主に木製の楽器でリードを使って音を出します(フルートって何なんでしょうね?)。ブラスバンドとの大きな違いはサックスの存在です。オーケストラには一般的に登場しません。こちらも音源選びの際に注意してください。<BR> <BR> 最後にパーカッションですが、こちらは叩いて音を出す楽器ですね。パーカッションは演奏する楽曲に応じて編成が大きく異なります。ブラスバンドとの違いは特にないように見受けられます。ほとんどが減衰楽器(叩いたら後は音が消え行くのみ)なので、音源化しやすい特徴があると思われます。<BR> <BR> さて、一般的に「オーケストラ音源」と言うと上記4グループの音源がセットになっているケースが多いです。しかし、「ブラス音源」と言った場合は純粋に金管楽器のみを指している場合とストリングを除いたいわゆる「ブラスバンド音源」を指している場合があるので注意しましょう。このブログでは「ブラス音源」と「ブラスバンド音源」は意味を使い分けますね。<BR> <BR> では、具体的な音源について見ていくことにしましょう。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■WIVI シリーズ(ブラス・ウッドウィンズ)</span><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVOBB.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVOBBs.jpg" alt="WVOBB.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVWS.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVWSs.jpg" alt="WVWS.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVBD.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVBDs.jpg" alt="WVBD.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32310" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32310">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32310</a><BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32300" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32300">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32300</a> <BR> <BR> まず、最もメジャー(私が勝手にそう思っている 笑)なのが、この WIVI シリーズです。オーケストラ音源の中では比較的安価な部類で、物理モデリングならではの小容量の恩恵を生かして早くからダウンロード販売しており、入手しやすいのも特徴です。<BR> <BR> バージョンは大きく2つあります。本格派の「白」とお手軽の「黒」です。<BR> 本格派の「白」はブラスとウッドウィンズの2製品に分かれていて個別に入手できます。対応楽器数は充実していて、サックス・ユーフォニウムをはじめ若干マイナーな楽器もきちんとサポートしている点は評価が高いですね。<BR> <BR> 一方の黒は搭載する楽器数と操作パラメータを限定したモデルですが、ブラス・ウッドウィンズがセットになっており、両方の主要な楽器をきちんと押さえています。音色自体は「白」と同じと思われますね(黒の方が高級そうに見えるのは私だけ? 笑)。<BR> <BR> 価格は「白」がそれぞれ3万円前後、「黒」が1万円程度となっています。収録楽器を見て問題なければ「黒」の方がマッチするユーザも多いでしょう。ご自分の用途に合った製品を選んで頂きたいです。<BR> <BR> <BR> さて、WIVI シリーズは、物理モデリング音源共通の特徴である「無段階サンプルレイヤー」による滑らかな音色変化と、必要メモリ・CPU リソースの低減が実現出来ていることは言うまでもありません。特にオーケストラ系の打ち込みをされる方は大きな編成となり半端無くメモリを必要としますから、この恩恵はカタログ上よりも大きく体感できるでしょう。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■音はどう?</span><BR> <BR> まずはデモソングを聴いてみてください。一聴すると「これ、ホントに物理モデリング音源?」って思う程の音を出してきます(特に WOODWINDS のデモソング WVWS_4 なんかいいですね)。音量やミュートんなどによる音質の変化もきちんとエミュレートされていてスキがありません。下手なサンプリング音源よりよっぽど再現性が高いでしょう。確実に使える音源と言えます。<BR> <BR> 音色の傾向はを一言で述べるなら「ピュア」。透明感の高いまっすぐの音です。また明るめの音とも言えるのではないでしょうか。他のオケ音源をお持ちでしたらうっすら混ぜて使うことで埋もれそうな音のラインを明確にできそうです。ただしピアノ音源でも書きましたが私には少し素直すぎる印象ですね。でも十分使えますよ、コレ。<BR> <BR> WIVI はトライアルエディションがダウンロードできますので是非試してみましょう!ひと通りの音色が聴けますしちょっとしたアンサンブルなら打ち込んで鳴らしてみることが出来ます。私もやってみました。動作がスムーズでストレスフリーですし、付属するプレーヤーがなかなか面白くて、楽器の再生位置や向き・ホールの種類や広さ・聴き手位置など操作可能です。なかなかに使えるプレーヤーではないでしょうか。<BR> <BR> ■WIVI トライアルエディション<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/wivi_trial_2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/wivi_trial_2.jpg" alt="wivi_trial_2.jpg" border="0" width="148" height="87" /></a> <BR> <a href="http://www.wallanderinstruments.com/?mode=downloads&amp;lang=en" target="_blank" title="http://www.wallanderinstruments.com/?mode=downloads&amp;lang=en">http://www.wallanderinstruments.com/?mode=downloads&lang=en</a><BR> <BR> 長くなりそうですので今回はこれぐらいにして、次回は ARTURIA の BRASS2 をお届けしようかと思います。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/177/clap" id="fc2button-clap-177" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-177").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/177/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
172

物理モデリング音源いろいろ(第1回:ピアノ音源)

こんにちは。前回からだいぶ開いてしまって申し訳ありません。 今日は先日の続きで物理モデリング音源を色々紹介してみたいと思います。まだまだ数は少ないんですが結構いい音出すのが揃ってるんですよね。 まず今日はピアノ音源を紹介しましょう。先日も紹介した pianoteq と TruePianos です。 ■pianoteq http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq 物理モデリング音源の醍醐味はなんといっても滑らかなベロシティレイ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。前回からだいぶ開いてしまって申し訳ありません。<BR> 今日は先日の続きで物理モデリング音源を色々紹介してみたいと思います。まだまだ数は少ないんですが結構いい音出すのが揃ってるんですよね。<BR> <BR> まず今日はピアノ音源を紹介しましょう。先日も紹介した pianoteq と TruePianos です。<BR> <BR> ■pianoteq<BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq" target="_blank" title="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq">http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq</a><BR> <BR> 物理モデリング音源の醍醐味はなんといっても滑らかなベロシティレイヤ。これはデモソングを聴いて頂くと随所に感じ取れると思います。なるほどピアニッシモからフォルテへ上り詰める流れがとてもスムーズに聴こえますね。<BR> <BR> そしてもう1つの特徴が音色変化の幅です。<BR> サンプリング型ピアノ音源はモデルとなるピアノの音を収録しますので、基本的にそのピアノの音しか出せません。しかし物理モデリング音源はパラメータを操作することで自由に音色を変化させることが出来ます。自分だけのピアノが作れるわけですね。<BR> <BR> ただこれは欠点と言えるかもしれません。<BR> 例えば Bosendorfer みたいな音が作りたいなと思っても、それはあくまで「みたいな」音であり本物のそれとは違います。ですから物理モデリング音源はビジネス的には売りにくい一面があるのかなと想像しています。もちろん世界の名器を超える音が作れる可能性もあるわけですが。<BR> <BR> <BR> 【前回の解答】<BR> さて、そんな pianoteq の演奏は、先日紹介した演奏(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-170.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)の2番目でした。他の演奏に比べて音が真っ直ぐストレートに伸びているように聴こえます。このストレートさ、好印象の方とそうでない方がおられるのではと想像します。私は少し素直すぎる印象。音質も透明感が高くとても綺麗ですが、少し綺麗すぎでしょうか。<BR> <BR> しかし、基本的なポテンシャルの高さを感じさせますので、今後、楽器独特の味わいや複雑さを表現できるようなパラメータが追加されれば、とても面白いことになると想像しています。リリースを重ねるごとに更に良くなっていくことでしょう。とても楽しみです。<BR> <BR> そして気になる VIENNA Bosendorfer の音は1番目の演奏、生演奏は3番目でした。生演奏はわかり易かったのではないかと思います。如何だったでしょうか?<BR> <BR> <BR> 続いて紹介したいのが TruePianos です。<BR> こちらは最近はやりのハイブリッド音源です。はやりのハイブリッドと言っても「サンプリング」と「物理モデリング」のハイブリッドです。ガソリンと電気ではありません(笑)。サンプリング音を少し内包していますので純粋な物理モデリング音源より少しサイズが大きめです。しかし、代表的なサンプリング型音源と比べればそのサイズは無視できるほどに小さいと言えます。<BR> <BR> ■TruePianos<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a> <a href="http://www.truepianos.com/" target="_blank" title="http://www.truepianos.com/">http://www.truepianos.com/</a><BR> <BR> こちらもデモソングがいっぱいおいてあるので聴いてみてください。なかなかに使える音です。Sonar にも1種類が付属しているんですよね。ありがたいことです。お持ちでない方はトライアル版もダウンロードできますので、一度試してみてはいかがでしょか。<BR> <BR> 私もデモソングを幾つか聴いてみました。音の傾向は pianoteq と同じで、やはり物理モデリング音源らしくどこまでもストレートで透明感の高い音が出てきます。私は atlantis の音色が気に入りました。diamond はその名の通り非常に硬い音質でこちらもなかなか。amber、emerald は暖かい音色ですね。いろいろな種類があり、実際の楽曲作りの中で最適な音色が選べるのはとても実用的です。<BR> <BR> 私の印象としては、どの音色も完成度が高く曲中で「なかなか」と感じさせる場面も多々ありますが、全体として各音色とも一本調子なところが垣間見えることがあり、「この音と全く同じ音を数小節前も聴いた」などと認識できる場面があります。こちらも今後の伸びに期待したいですね。<BR> <BR> <BR> ピアノ音源に限らず、現在の「物理モデリング」を詠う音源はたいてい「ベロシティレイヤのスムーズさ」を売りにしています。サンプリング型のように少数のベロシティレイヤーの配分量を組み合わせて音量を表現するのではなく、無段階で生成できることを特徴として詠っているわけなのですが、私としては、これをサンプリング音源に対するアドバンテージと捉えているうちはまだサンプリング音源には勝てないのかなと思います。<BR> <BR> 理由はうまく言えませんが、音源として勝負すべきはそこじゃない気がします。本物らしい音はベロシティレイヤの量で決まらない印象です。その裏付けと言ってはなんですが、スムーズさを詠う物理モデリング音源のデモソングは私にとっては気持ち悪いぐらいスムーズに聴こえます。本物の演奏はそんなにスムーズじゃありません。私としては物理モデリング音源が次に何を詠い文句にするのかに大変興味があります。<BR> <BR> <BR> と言うことで今日は物理モデリング音源のうちピアノ音源を紹介してみました。ここまで読んで下さった方へのお礼として、私の持っている <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="Ivory II Italian Grand"><u>Ivory II Italian Grand</u></a> でも先週紹介した Debussy - Clair de Lune のデモソングを作ってみたのでお聴きください(体力の限界のため途中までですが、、、笑)。<BR> <BR> ■VIENNA Bosendorfer<BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperial.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperials.png" alt="VIViennaImperial.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■pianoteq<BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■Ivory II Italian Grand<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="IvoryII Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/debussy-clair-de-lune-4">Debussy Clair de Lune-4</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> 次回はオーケストラ系の物理モデリング音源 WIVI を紹介します。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-177.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/172/clap" id="fc2button-clap-172" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-172").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/172/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
170

サンプリング音源 vs 物理モデリング音源 vs 生演奏

サンプリング型音源全盛期の現在でありますが、最近は物理モデリング音源も台頭してきました。どちらの音源のほうが優れているのでしょうか?また、本物のピアノとはどれほどの開きがあるのでしょうか? ここでそれぞれの音を聴いてみましょう。生録音、サンプリング型音源代表として VIENNA Bosendorfer、物理モデリング音源代表として pianoteq です。比較がしやすいように同じ曲を集めました。曲目は Debussy - Clair de Lun... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> サンプリング型音源全盛期の現在でありますが、最近は物理モデリング音源も台頭してきました。どちらの音源のほうが優れているのでしょうか?また、本物のピアノとはどれほどの開きがあるのでしょうか?<BR> <BR> ここでそれぞれの音を聴いてみましょう。生録音、サンプリング型音源代表として VIENNA Bosendorfer、物理モデリング音源代表として pianoteq です。比較がしやすいように同じ曲を集めました。曲目は Debussy - Clair de Lune、ベルガマスク組曲より「月の光」です。とっても落ち着いた幻想的な曲です。演奏順番は秘密です(笑)。次回のブログで紹介しますね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperial.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperials.png" alt="VIViennaImperial.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Model_290.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Model_290s.jpg" alt="Model_290.jpg" border="0" width="159" height="106" /></a> <BR> <BR> 聴き方についての注意ですが、ピアノ発表会じゃないんで、演奏表現を評価しないでくださいね。純粋に発音や減衰、ダイナミクス表現、響きの自然さ、複雑さなど音源として評価してくださいよ(笑)。音量に捕らわれるのも禁物です。<BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048665%3Fsecret_token%3Ds-5aTlR&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048665%3Fsecret_token%3Ds-5aTlR&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-3 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 物理モデリング音源の歴史は意外と古いものかもしれません。シンセサイザーが世に出回り始めたころ、各楽器の音は基本波形の加工によって擬似的に再現されていました。サンプリング型音源に必要な大容量データを積み込めるだけの記憶デバイスが容易に利用できなかったためです。また、PCの処理能力も低く再現アルゴリズムも貧弱であり「似た感じの音」を再現するのが限界。リアリティとはおよそほど遠いレベルのものでした。<BR> <BR> そこに登場したのがサンプリング音源。「波形によって音を作り出すのが難しいならその楽器の音をそのまま録音してしまえ!」と言う至って単純な発想に基づきます(笑)。ムーアの法則によって成長するコンピュータ市場の流れもあり大容量ストレージデバイスの急速な普及に伴って収録方式のスタンダードとなりました。<BR> <BR> 現在では、その楽器のあらゆるアーティキュレーション(奏法)や音量の差による音色の違い(ベロシティレイヤー)を圧倒的な高音質で全て収録し、ひとたび鍵盤を押さえればいつでも最適なサンプルが再生される。容量もさることながら再生技術も成熟し、マルチレイヤーや響きの再現など、一聴しただけでは本物と聴き分けられないほどのリアリティを獲得しています。<BR> <BR> しかし、この方式にも大きな欠点がありました。<BR> 例え豊富な奏法やベロシティレイヤーを収録しても、実際の演奏表現を超えることが原理的にできないのです。例えばトランペットが1つの音をロングトーンしていたとき、途中から突然クレッシェンドするかもしれませんし、その後穏やかにディミニエンドして消えていくかもしれません。いつどのタイミングで発生するか分からないイベントに対してそのサンプルを全て収録することは不可能なのです。<BR> <BR> そこで登場するのが物理モデリング方式です。<BR> サンプリング方式が音を「再生」するなら、物理モデリング方式は音を「生成」します。例えばピアノ音源であれば、他の弦の振動・キャビネットの共鳴・ペダルやハンマー位置による相互作用・ハンマーの固さによる音色の変化、これらを全て演算によって音を生成するのです。特定の条件化でのみ収録されたサンプリング音源には到底出来ない業です。<BR> <BR> 現在のコンピュータは非常に高速になり、こういった複雑な計算も瞬時に行えるようになりました。大容量サンプルを必要としない物理モデリング音源は圧倒的な低サイズにもかかわらず驚くほどのリアルな音を生成し、音色調整の幅を提供します。次世代の再生方式と言っても良いのではないでしょうか。<BR> <BR> 私の個人的な意見としては、物理モデリング音源は発展途上だと考えます。これは様々な物理モデリング音源の音を聴いてみた私なりの感想です。現時点では物理モデリング音源はサンプリング型音源を超えられていません。しかし、暫くの間はサンプリング型音源が主役を守り通す中で、物理モデリング音源はそのアルゴリズムを着実に進化・精錬させ、最終的には名器の味わいさえも表現するようになるでしょう。その時は小さな自分の部屋で世界の Bosendorfer を超える音が出せる至福の時になるのでしょうね。<BR> <BR> さて、次回は現在の代表的な物理モデリング音源を紹介してみることにしましょう。<BR> <BR> それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/170/clap" id="fc2button-clap-170" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-170").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/170/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
149

EastWest Quantum Leap Solo Violin リリース

EastWest より Quantum Leap Solo Violin がリリースされていますよ。 http://www.soundsonline.com/QL-Solo-Violin 実はこの製品、2月頭ぐらいからリリースされていたのですが、デモ曲が少なく記事を書くのを少し待っていたのですが、2月下旬の現在も1曲しかアップされてないですね(笑)。やる気ないんでしょうか?今日はこの QL Solo Violin についてレビューと言うよりはファーストインプレッションを書いてみた... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> EastWest より Quantum Leap Solo Violin がリリースされていますよ。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/product_header_SoloViolin.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/product_header_SoloViolin.jpg" alt="product_header_SoloViolin.jpg" border="0" width="520" height="240" /></a> <BR> <a href="http://www.soundsonline.com/QL-Solo-Violin" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/QL-Solo-Violin">http://www.soundsonline.com/QL-Solo-Violin</a><BR> <BR> 実はこの製品、2月頭ぐらいからリリースされていたのですが、デモ曲が少なく記事を書くのを少し待っていたのですが、2月下旬の現在も1曲しかアップされてないですね(笑)。やる気ないんでしょうか?今日はこの QL Solo Violin についてレビューと言うよりはファーストインプレッションを書いてみたいと思います。<BR> <BR> ■Hollywood シリーズとは別製品<BR> <BR> EastWest と言えば現在、同社の最新シリーズかつフラグシップのオーケストラ音源 Hollywood Strings/Brass を販売中です。容量的にも音質的にもブッ飛んだ音源なのですが、この QL Solo Violin シリーズは、Hollywood Strings からソロヴァイオリンを抜き出しただけかと思いきや、違うんですね。プロデュースこそ Nick Phoenix で共通ですが、きっちり違う場所で収録されています(カリフォルニアはサンタモニタ)。<BR> <BR> であれば Hollywood Strings のソロヴァイオリンとの違いは何か?と言うことになるのですが、説明によれば QL Solo Violin は "virtuoso"(巨匠)なソロヴァイオリンだと言っています。つまり、Hollywood Strings から抜き出した派生的な音源ではなく、ソロヴァイオリン音源を新たに作る気持ちで臨んだ意欲作と言うことになります。<BR> <BR> ■スペックは?<BR> <BR> QL Solo Violin の容量は 4.6GB。思っていたよりは小さいな、と言うのが素直な感想です。例えば VIENNA の VI SOLO STRINGS 1 はヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバスの4楽器を収録して 55GB(圧縮状態)ですので大したことはありません。<BR> <BR> 価格は $99 と日本円にして 8,000 円ほど。そんなに高い印象もありません(円高いいですね!)。この製品はダウンロード販売のみですので、パッケージや輸送コストを省いてインパクトのある数字を出せているように思います。ちなみに SoundsOnline はクレジットカードはもとより PayPal もきちんと使えますので、日本からの購入も安心です。<BR> <BR> また、収録される奏法は手馴れたもので必要なものは一通り網羅されており、困ることはないでしょう。この当たりは EastWest ブランドの安心感がありますね。再生エンジンも最新版の PLAY2 が付属するだけでなく、他の EastWest QL シリーズの製品とよくマッチするよう特化してデザインされた2つのリバーブインパルスも含まれているようです。<BR> <BR> ■肝心の音質は?<BR> <BR> そう、それを確かめるためのリソースが少ないんですよね。。。orz。<BR> まずは本家のデモサウンドを聴いてみましょう。<BR> <BR> <a href="http://www.soundsonline.com/QL-Solo-Violin" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/QL-Solo-Violin">http://www.soundsonline.com/QL-Solo-Violin</a><BR> <BR> 私の率直な感想は「ふ~ん」でした。特にこれと言って新しい発見はありませんでした。"virtuoso" を詠うだけに倍音成分をたっぷり含んだ豊かな響きを聴かせてくれると期待していたのですが、思ったほどでもないかな。また、表情も少し固めでヴァイオリン特有の甘い響きのようなものも感じませんでした。例えば VIENNA VI VI SOLO STRINGS 1 のデモソング Zapateado - Violin solo なんかと聴き比べてみてください(<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=27910" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=27910">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=27910</a>)。<BR> <BR> それから気になったのが収録位置なのですが、オケにおけるヴァイオリンの位置(スピーカーの中央から左寄り)にあります。これはデモ曲がピアノとのアンサンブルなので右のピアノとのバランスを考えた結果かと思ったのですが、下の動画を見る限りどうもそこが定位置のようです。ソロヴァイオリン単体の音源としてリリースされているのに不思議です。<BR> <BR> <iframe width="520" height="382" src="http://www.youtube.com/embed/elx359V9iRI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> この動画についてもう1つ言うと、"Gypsy Violin" と比較しているのですが、QL Solo Violin の方が音が物足りなく聴こえると思います。1つはダイナミクスの物足りなさ、もう1つは表現の物足りなさ。で、前者のダイナミクスに関しては「そんなはずはない」と思います。こんな物足りないダイナミクスしか出せないほど EastWest は悪くありません。発売間もないのでアップ主さんは正しく使えていない気がしますね。<BR> <BR> しかし、もう1つの表現の物足りなさについては本家のデモでもそのような印象がしますので、ある程度そう言う傾向があるのかなと感じさせます。この動画を聴き終わった後にもう一度、本家のデモソングを聴いてみてください。きっと、「あ、もっと跳ねてもいいのに」とか思う箇所があるはずです。<BR> <BR> ■お勧めですか?<BR> <BR> う~ん、どうでしょう?<BR> ソロ音源が欲しい方には値段も手ごろですし、買って使い物にならないことは絶対にないと思います。ただ、すごくいい音源ですか?と言われると「どうかな?」と言うのが率直な感想。このあたりは皆さんのご意見もお聞きしたいですね。<BR> <BR> 先ほどの収録位置の疑問や価格設定、容量、ダウンロード販売である点、デザインが同社の他音源と比べて手抜き感がある(笑)、デモソングが出てこないことなどを鑑みると、私には EastWest がこの音源に対して最高のソロヴァイオリン音源を作ろうと気概を持って臨んだようには思えません。ま、でも聴けるデモソングが少なすぎるんでまだ何とも言えませんよね(笑)。<BR> <BR> しかし、必要な音や奏法は揃っていますし音質もなかなかいいですので、色々な楽曲できちんと個性を主張してくれることでしょう。そう言う意味ではマルチな活躍を期待できるレベルの音源であることは間違いないと思います。皆さんも検討してみてください。<BR> <BR> 以上、デモソングを聴いただけの動物使いのファーストインプレッションでした。参考になれば幸いです! <BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/149/clap" id="fc2button-clap-149" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-149").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/149/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
148

こんなにある!シンセ音源、Omnisphere の音色

今日はハイスペックシンセ音源 Omnisphere の音色について、いくつか実際に音を聴いて頂いて紹介をしていきたいと思います。まずは、ここのサイトを見て下さい。現在 Omnispher に搭載されている音色が全て載っています。 http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php PATCH がなんと 5,121 種類!、SOUND SOURCE が 2,740 種類、MULTI が 144 種類です。Omnisphere は音色の組み合わせに階層を設けてい... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日はハイスペックシンセ音源 Omnisphere の音色について、いくつか実際に音を聴いて頂いて紹介をしていきたいと思います。まずは、ここのサイトを見て下さい。現在 Omnispher に搭載されている音色が全て載っています。<BR> <BR> <a href="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php" target="_blank" title="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php">http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php</a><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Layer.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Layer.png" alt="Omni-Layer.png" border="0" width="520" height="400" /></a> <BR> <BR> PATCH がなんと 5,121 種類!、SOUND SOURCE が 2,740 種類、MULTI が 144 種類です。Omnisphere は音色の組み合わせに階層を設けていて、画像のようにまず最上位に MULTI があって(黄色)、最大8つの PATCH をロードできるんですね。そして、それぞれの PATCH は(赤色)2つの SOUND SOURCE(レイヤーと言う)を組み合わせて作ることが出来ます(オレンジ色)。組み合わせなくてもいいですけど。<BR> <BR> 通常は PATCH をロードして使うので、それが 5,000 以上あるってことです。1日10パッチ音色を確認しても1年半かかります(笑)。膨大でしょ?しかもこの数、現在進行形で増えてるんですよね。多いのは嬉しいんですが、選ぶのが大変なんですよ、、、orz<BR> <BR> SOUND SOURCE は音作りの原型となる音色集です。PATCH は2つのレイヤーを持っていて、それぞれのレイヤーに SOUND SOURCE を割り当てて音を作ります。SOUND SOURCE はサンプル型とシンセ型の音色があります。前者はギターとかベルとか、実際に原音を鳴らして収録したタイプの音色でリアリティがあります。後者はシンセ波形から作り出す音色で、サンプル型と組み合わせることで説得力のあるシンセ音色になります。もちろんサンプル型/シンセ型音源同士を組み合わせてもいいですし、組み合わせなくたってOKです。<BR> <BR> MULTI は複数の PATCH 音色を組み合わせて作る音色です。ですから同時に鳴らせば最大 16 の SOUND SOURCE が鳴るわけですね。また、他にも演奏するキーボードの音域を分割してそれぞれの領域に別の PATCH を配置することで、1台のキーボードで複数の音色を鳴らし分けることも出来ます。生演奏に向いてますね(LIVE モードって言います)。<BR> <BR> じゃ、いくつか PATCH 音色を聴いてみましょうか。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Trilian.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Trilians.png" alt="Omni-Trilian.png" border="0" width="160" height="126" /></a><BR> <BR> PATCH はこのようにいくつかのカテゴリに分けて収録されています。今回は基本的なカテゴリの音色を紹介しますね。各音色は何のエフェクトも加えずに収録されている音をそのまま紹介しています。もちろん音圧も全く上げていません(0dB 超えないようにリミッタだけは入れてます)。<BR> <BR> ■ARP + Rhythm<BR> アルペジオを使ってリズム感を出した音色です。ベースやパーカッションを主体とした音色ですね。これだけでも 910 種類。絶句。全部聴けねーっつーの(笑)。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Rhythm.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ベース<BR> アコースティック・エレキ・シンセとあるのですが、Trilian を持っていると圧倒的に幅と生々しさが広がります。アコースティックとシンセを紹介してみます。結構生々しいでしょ?これを Omnisphere のシンセ機能を使ってさらにエディットできます。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-AcoBass.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-SynthBass.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■電子打楽器<BR> 生ドラムとはまた違った雰囲気を持ったパーカッション。紹介しているのはスネアの音ですが、音色が太いですよね。電子打楽器は 103 種類あります。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Snare.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ヒューマンボイス<BR> 人間の声ですね。シンセ曲にこう言うのが入るとすごく雰囲気が増すんですよね。男性・女性・合唱のような基本はもちろん、ジャズ風の「デゥーワー」とかエスニックな雰囲気の音色もあります。全部で 398 音色。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Voice.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ハイブリッドオーガニック<BR> 説明の難しい音色ですよね。ちょっと浮世離れした幻想的な響きが特徴なんですが、聴いて頂いた方が早いですよね。こんな音色もたっぷり 273 種類。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Organic.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■キーボード<BR> キーボード系からは普通にピアノを紹介して見ましょう。Omnisphere には生楽器の音色もたくさん含まれています。ただし生そのものではなくシンセ風に味付けがしてあるので Omnishere を買って総合音源にしようとかは考えないほうがいいです。キーボードカテゴリとは別に「Traditional」と言うカテゴリがあって、そちらにはかなり生楽器に近い音が収録されています(アンビエントは付いてますが)。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Piano.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■ストリング+パッド<BR> シンセといえばやはりストリング・パッドは外せないでしょう。分厚いストリングの塊みたいな音は誰しも聴いたことがあるはずです。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-String.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ■インパクト・ヒット系<BR> シンセ音源でヒット系がないとは言わせません。かなりド派手なヒット系が多いですがシンプルなのもあります。187 種類。再生前の注意:結構うるさいですよ!最初は音量を絞ってください!!<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omni-Hit.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 総じて Omnispher の音色は「太い」のが特徴です。これってミックスの段階で結構重要で、多少飽和した感じの状態でもちゃんと浮いて聴こえるんですよね。その他にもサイコアコースティック・SFX ノイズなど、幻想的でブッ飛んだ音色が入ったカテゴリも存在します。機会があれば紹介しますね。<BR> <BR> と言うことで、今回は Omnisphere の音色についてかいつまんで紹介しました。Omnispher はシンセ音源ですから、これらの音色を元に自分流に編集して様々な音色を作り出すところに醍醐味があります。けど、このままでも十分使えちゃいますね。シンセ音源をお探しなら絶対にお勧めしたい1台です。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/148/clap" id="fc2button-clap-148" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-148").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/11.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/148/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
145

ピアノ音源リスト

楽器の王様ピアノ。 様々なジャンルの音楽に登場し楽曲の中でも重要なポジションを占めることが多いピアノは、その音色が楽曲の印象を左右してしまうことも多々あります。 良質のピアノ音源は押さえておきたい音源の1つです。そんなピアノ音源を一同に集めました。 世界中で愛される Bösendorfer, Steinway をはじめ YAMAHA, Bechstein など、名だたるピアノを収録したものが多く、どの製品も素晴らしい音色を... <h3> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* SSS468x15 */ google_ad_slot = "1793260184"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </h3> <div style="float:left; width: 600px; padding-left:4em;"> <div style="float:left; width; 600px;"> <div style="float:left; width: 350px;"> <p>楽器の王様ピアノ。</p> <p>様々なジャンルの音楽に登場し楽曲の中でも重要なポジションを占めることが多いピアノは、その音色が楽曲の印象を左右してしまうことも多々あります。 良質のピアノ音源は押さえておきたい音源の1つです。そんなピアノ音源を一同に集めました。</p> <p>世界中で愛される Bösendorfer, Steinway をはじめ YAMAHA, Bechstein など、名だたるピアノを収録したものが多く、どの製品も素晴らしい音色を聴かせてくれます。 また、近年では大容量サンプリング音源に代わって物理モデリング音源も台頭してきており、小容量ながら高音質な音源も存在します。</p> </div> <div style="float:right;"> <a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/Steinway.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/Steinway.png" alt="Steinway.png" border="0" width="237" height="200" /></a> </div> <div style="float:left; width: 600px;"> <p>お勧めのデモ曲もピックアップしていますので、スペックや肩書きだけでなく是非聴き比べて、あなたにぴったりの一台を見つけてください。</p> </div> </div> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>ピアノ音源のスタンダード<BR></div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">Ivory II Grand Pianos</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/IvoryIIGrandPianos.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/IvoryIIGrandPianos.png" alt="IvoryIIGrandPianos.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.synthogy.com/" target="_blank" title="SYNTHOGY"><u>SYNTHOGY</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.minet.jp/synthogy/ivory" target="_blank" title="Media Integration"><u>Media Integration</u></a><BR> ■モデル:Bösendorfer, Steinway, YAMAHA<BR> ■総容量:77GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.minet.jp/synthogy/ivory#2" target="_blank" title="Odyssey"><u>Odyssey</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=Ivory%20II%20Grand%20Pianos&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3fcord%3ds%26sv%3d11%26sitem%3dIvory%2bII%2bGrand%2bPianos&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26ei%3Deuc-jp%26fr%3Dshp-prop%26cid%3D%26p%3DIvory%2BII%2BGrand%2BPianos%26x%3D32%26y%3D11" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> ピアノ音源のみを専門に扱う SYNTHOGY。 音源にかける情熱と丁寧な作り込みは他のブランドの追従を許さない。 前作、ピアノ音源の決定版 Ivory から約5年の歳月を費やして世に問う最新ピアノ音源。 3種類の世界ブランドピアノを収録した Ivory II のスタンダード。 </div> </div> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>知る人ぞ知る幻のピアノ</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">Ivory II Italian Grand</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/IvoryIIItalianGrand.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/IvoryIIItalianGrand.png" alt="IvoryIIItalianGrand.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.synthogy.com/" target="_blank" title="SYNTHOGY"><u>SYNTHOGY</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand" target="_blank" title="Media Integration"><u>Media Integration</u></a><BR> ■モデル:Italian Grand Piano<BR> ■総容量:28GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand" target="_blank" title="A Rainy Day in Provence"><u>A Rainy Day in Provence</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=Ivory%20II%20Italian%20Grand&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dIvory%2bII%2bItalian%2bGrand%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DIvory%2BII%2BItalian%2BGrand%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26slider%3D0" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> Ivory II の中でも別格として扱われるフラグシップピアノ音源。 モデルは「幻のピアノ」と詠われ「世界最高峰のピアノ」との名声を確立したイタリアン・グランド・ピアノ(Fazioli と思われる)を収録。 イタリアらしい華やかな音色が特徴。 Ivory II Grand Pianos とは別製品として単体リリースする SYNTHOGY の自信作。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>時代は物理モデリング音源へ</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">Pianoteq Play / PRO</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/PianoteqPlay.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/PianoteqPlay.png" alt="PianoteqPlay.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.pianoteq.com/modartt" target="_blank" title="MODARTT"><u>MODARTT</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq-pro" target="_blank" title="Media Integration"><u>Media Integration</u></a><BR> ■モデル:-(物理モデリング)<BR> ■総容量:20MB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq#2" target="_blank" title="Clair de Lune(C. Debussy)"><u>Clair de Lune(C. Debussy)</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=Pianoteq&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dPianoteq%26st%3dA%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DPianoteq%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26slider%3D0" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 次世代物理モデリング型音源。 音源サイズはたったの 20MB にもかかわらずサンプル型音源には決して真似出来ない繊細かつ複雑な響きを奏でる。 ピアノ音源はどこか純粋(単純)な響きがすると感じる方はこの音源を是非検討すべき。 22種類ものパラメータ操作から得られる無限に近い音色は様々な楽曲の音楽に適用できる可能性を持つ。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width: 600px; padding-left:5em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* SSS468x60 */ google_ad_slot = "5368681137"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>王者 VIENNA の風格</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">VI VIENNA IMPERIAL</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/VIViennaImperial.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/VIViennaImperial.png" alt="VIViennaImperial.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://vsl.co.at/" target="_blank" title="VIENNA"><u>VIENNA</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32200" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Bösendorfer<BR> ■総容量:50GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32200" target="_blank" title="VIVIP_Scriabin"><u>VIVIP_Scriabin</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=VI%20VIENNA%20IMPERIAL&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dVI%2bVIENNA%2bIMPERIAL%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Ffirst%3D1%26tab_ex%3Dcommerce%26ei%3Deuc-jp%26fr%3Dshp-prop%26cid%3D%26p%3DVI%2BVIENNA%2BIMPERIAL%26x%3D0%26y%3D0" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 王者 VIENNA が贈る、1鍵あたり 1,200サンプル!皇帝(IMPERIAL) の名を冠した史上最大のピアノ音源。 重厚な低域から静謐さに包まれた豊かな中域、伸びやかに輝く高域、全域に渡るきめ細かさはまさに至福の音色。 値は張るが上質な Bösendorfer を望むなら是非この音源を検討すべき。 確実に歴史に名を刻む音源。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>王者 VIENNA の血を引く音源</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">VI BOSENDORFER IMPERIAL</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/VIBosendorferImperial.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/VIBosendorferImperial.png" alt="VIBosendorferImperial.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://vsl.co.at/" target="_blank" title="VIENNA"><u>VIENNA</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28760" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Bösendorfer<BR> ■総容量:35GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28760" target="_blank" title="Concerto Episode"><u>Concerto Episode</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=VI%20VIENNA%20IMPERIAL&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dVI%2bBOSENDORFER%2bIMPERIAL%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DVI%2BBOSENDORFER%2BIMPERIAL%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 王者 VI VIENNA IMPERIAL の廉価版音源。 ただし、廉価版と侮る事なかれ。大容量 36GB は他の音源を軽く凌ぐほど。 一聴しただけで Bösendorfer だとわかる所有欲を満たす音色。 協奏曲のようなスケールの大きな音楽との相性は抜群。 Bösendorfer の特徴である9鍵のサブ鍵盤ももちろん収録しています。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>ジャズミュージシャンへ捧ぐ</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">GALAXY VINTAGE D</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/GalaxyVintageD.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/GalaxyVintageD.png" alt="GalaxyVintageD.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.galaxypianos.com/index.php" target="_blank" title="BEST SERVICE"><u>BEST SERVICE</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32920" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Steinway D-274<BR> ■総容量:5GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32920" target="_blank" title="VD_PatrickPeronne_Impro1"><u>VD_PatrickPeronne_Impro1</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211&rh=n%3A2123629051%2Ck%3AGALAXY%20VINTAGE%20D&field-keywords=GALAXY%20VINTAGE%20D&url=search-alias%3Dmi&ajr=0">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dGALAXY%2bVINTAGE%2bD%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DGALAXY%2BVINTAGE%2BD%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 数々のジャズミュージシャンが実際に使用した Bauer Studios の 1920 年製 Steinway D-274 に特化したこだわりの音源。 リーズナブルな価格ながらしっかりとした音色が特徴。 ピアノの基本機能をきちんと押さえた上で特殊な音色も作り出せるユニークさを併せ持つ。 Steinway 好きは一聴の価値あり。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>世界3大ピアノ、ここに集結</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">GALAXY II GRAND PIANO KP4</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/GalaxyIIGrandPianoKP4.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/GalaxyIIGrandPianoKP4.png" alt="GalaxyIIGrandPianoKP4.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.galaxypianos.com/index.php" target="_blank" title="BEST SERVICE"><u>BEST SERVICE</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=33320" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Bösendorfer, Steinway, Bluethner<BR> ■総容量:15GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.galaxypianos.com/media/demos4.php" target="_blank" title="Galaxy Steinway/Classic: Rachmaninov - Prelude"><u>Galaxy Steinway/Classic: Rachmaninov - Prelude</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=GALAXY%20II%20GRAND%20PIANO%20KP4&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dGALAXY%2bII%2bGRAND%2bPIANO%2bKP4%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DGALAXY%2BII%2BGRAND%2BPIANO%2BKP4%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> BEST SERVICE が贈る本格ピアノ音源。 しっかりとした音色は GALAXY VINTAGE D と同傾向。 多彩な音色エディット機能を搭載し、クラシックから現在の最新ミュージックまで広範囲に応用できるのは大きな武器。 現代ミュージシャンにお勧めしたい。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>世界唯一の Steinway 公認音源</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">STEINWAY VIRTUAL CONCERT GRAND Basic / Professional</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/SteinwayVirtualConcertGrand.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/SteinwayVirtualConcertGrand.png" alt="SteinwayVirtualConcertGrand.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.garritan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=105&Itemid=55" target="_blank" title="GARRITAN"><u>GARRITAN</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28180" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Steinway<BR> ■総容量: 3.5GB / 67GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.garritan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=105&Itemid=55" target="_blank" title="Intermezzo in A Major"><u>Intermezzo in A Major</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=STEINWAY%20VIRTUAL%20CONCERT%20GRAND&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dSTEINWAY%2bVIRTUAL%2bCONCERT%2bGRAND%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DSTEINWAY%2BVIRTUAL%2BCONCERT%2BGRAND%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> Steinway & Sons とのパートナーシップを結び、承認を受けた唯一のピアノ音源。 Steinway & Sons の最高技術主任が自ら監修した本物の Steinway 音源。 Steinway の明るく煌びやかで豊かな音、リアルなペダル、弦の振動ノイズ、全てが本物です。 上位版 Professional は残念ながら現時点では入手不可能。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width: 600px; padding-left:5em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* SSS468x60 */ google_ad_slot = "5368681137"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>コストパフォーマンスが光る Steinway</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">EIGHTY EIGHT GRAND PIANO</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/EightyEightGrandPiano.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/EightyEightGrandPiano.png" alt="EightyEightGrandPiano.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.sonivoxmi.com/#ProductDetail.asp%3FItem%3DCDEightyEight%26Fr%3DInfoCdEightyEightOverview%2C%23infodiv%2C%23infodivcontent%2C%23productinfo%20td%20a%2Cactivebold%2C%2C0" target="_blank" title="SONiVOX MI"><u>SONiVOX MI</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=33150" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Steinway CD 327<BR> ■総容量:11GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=33150" target="_blank" title="SV88_sandandstone"><u>SV88_sandandstone</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=EIGHTY%20EIGHT%20GRAND%20PIANO&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dEIGHTY%2bEIGHT%2bGRAND%2bPIANO%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DEIGHTY%2BEIGHT%2BGRAND%2BPIANO%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> SONiVOX が贈る最新ピアノ音源。 超高品位オーケストラ・ライブラリで名声を得てきた SONiVOX の技術を結集し、最高の環境で録音したクリアかつパワフルな音質。 音色エディト機能も整った、コストパフォーマンスに優れたピアノ音源。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>安価な音源と侮るなかれ</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">VIRTUAL GRAND PIANO</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/VirtualGrandPiano.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/VirtualGrandPiano.png" alt="VirtualGrandPiano.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.artvista.net/Virtual_Grand_Piano.html" target="_blank" title="ART VISTA"><u>ART VISTA</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod/vi/dev?id=25153" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Steinway Model "B"<BR> ■総容量:5.6GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.artvista.net/Virtual_Grand_Piano.html" target="_blank" title="ページ内最初のデモ"><u>ページ内最初のデモ</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=VIRTUAL%20GRAND%20PIANO&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dVIRTUAL%2bGRAND%2bPIANO%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DVIRTUAL%2BGRAND%2BPIANO%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> まさに Steinway ピアノが目の前にあるかのような響きの再現。 高域の胴鳴り感は圧巻。 あらゆる演奏スタイルをカバーするプログラムをプリセット、著名アーティストのレコーディングスタイルをエミュレートしたプログラムは秀逸。 5.1chサラウンドにも対応。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>世界唯一の Bluthner 公認音源</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">BLUTHNER DIGITAL MODEL ONE</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/BluthnerDigitalModelOne.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/BluthnerDigitalModelOne.png" alt="BluthnerDigitalModelOne.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.proaudiovault.com/bluthner-piano-samples.htm" target="_blank" title="PRO AUDIO VAULT"><u>PRO AUDIO VAULT</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=29750" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:Bluthner<BR> ■総容量:5.5GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.proaudiovault.com/comparisons/piano-libraries-pp.mp3" target="_blank" title="Chopin's Scherzo, pianissimo - Piano Libraries"><u>Chopin's Scherzo, pianissimo - Piano Libraries</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=BLUTHNER%20DIGITAL%20MODEL%20ONE&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dBLUTHNER%2bDIGITAL%2bMODEL%2bONE%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DBLUTHNER%2BDIGITAL%2BMODEL%2BONE%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> ピアノメーカー Julius Bluthner Pianofortefabrik 社公認音源。 ビートルズも愛用したグランドピアノを完全再現。 低域から高域まで小音量の微細な響きも正確に録音。 暖かく優しい音色が特徴。 250種類以上ものサウンドプリセットでクラシック・ビートルズポップスから最新 R&B 調まで幅広く対応可能。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>総容量 270GB!世界最大のマンモス音源</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">Quantum Leap Pianos / Gold Edition</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/EWQLP.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/EWQLP.png" alt="EWQLP.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.soundsonline.com/" target="_blank" title="EastWest"><u>EastWest</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html" target="_blank" title="High Resolution"><u>High Resolution</u></a><BR> ■モデル:Bechstein, Bösendorfer, Steinway, YAMAHA<BR> ■総容量:270GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.soundsonline.com/Pianos" target="_blank" title="Chopin Scherzo"><u>Chopin Scherzo</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=Quantum%20Leap%20Pianos&url=search-alias%3Daps">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dQuantum%2bLeap%2bPianos%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DQuantum%2BLeap%2BPianos%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 総容量 270GB! 世界最高の4台のグランドピアノを収録した最高級ピアノコレクション。 3本のマイクバランスを組み合わせることによって得られる自然な響きはまさに至福(Gold Edition 非対応)。 ヴェロシティレイヤー・アーティキュレーション等、一切の妥協のない逸品。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>様々なピアノをリーズナブルに</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">CLASSIC PIANO COLLECTION</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/ClassicPianoCollection.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/ClassicPianoCollection.png" alt="ClassicPianoCollection.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.native-instruments.com/" target="_blank" title="Native Instruments"><u>Native Instruments</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/powered-by-kontakt/classic-piano-collection/?content=1031" target="_blank" title="Native Instruments"><u>Native Instruments</u></a><BR> ■モデル:NEW YORK, VIENNA, BERLIN, UPRIGHT PIANO<BR> ■総容量:11.5GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/powered-by-kontakt/classic-piano-collection/?content=1031" target="_blank" title="New York Satie"><u>New York Satie</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=1211&field-keywords=komplete%208&url=search-alias%3Dmi&sprefix=KOMPLETE%20%2Cmi%2C1403">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dKOMPLETE%2b8%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DKOMPLETE%2B8%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 安価ながら4種類のピアノをパッケージした意欲作。 世界最高峰のピアノを非常にリアルにオリジナルに忠実に再現。 様々なジャンルの音楽に適用できる幅広い音色と使い勝手の良さが魅力。 音質と価格を両立したコストパフォーマンスの高い製品。なお、同メーカーからは ALICIA'S KEYS も販売されている。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width: 600px; padding-left:5em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* SSS468x60 */ google_ad_slot = "5368681137"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 60; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>Steinberg 渾身のピアノ音源</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">The Grand 3</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/TheGrand3.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/TheGrand3.png" alt="TheGrand3.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://japan.steinberg.net/jp/home.html" target="_blank" title="Steinberg"><u>Steinberg</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/the_grand_3/start.html" target="_blank" title="Steinberg"><u>Steinberg</u></a><BR> ■モデル:YAMAHA, Bösendorfer, Steinway<BR> ■総容量:32GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/the_grand_3/media.html" target="_blank" title="MODEL D: SKRJABIN - ETUDE OPUS 8 No. 12 in D# minor"><u>MODEL D: SKRJABIN - ETUDE OPUS 8 No. 12 in D# minor</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=The%20Grand%203&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dThe%2bGrand%2b3%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DThe%2BGrand%2B3%26cid%3D2510%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> Cubase の Steinberg が贈るピアノ音源の意欲作。 代表的なグランドピアノ3種に加え、エレクトリックグランド、そしてアップライトピアノを細部まで余すところなく再現した究極のバーチャルピアノコレクション。 Cubase ユーザは格安で入手できることも魅力。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>その実力は本物。隠れた名音源!</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">PIANO Premier</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/PianoPremier.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/PianoPremier.png" alt="PianoPremier.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.rhodes-premier.com/" target="_blank" title="RHODES Premier"><u>RHODES Premier</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.rhodes-premier.com/modules/zox/pianopremier-p-1.html" target="_blank" title="RHODES Premier"><u>RHODES Premier</u></a><BR> ■モデル:Steinway<BR> ■総容量:6.2GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.rhodes-premier.com/modules/zox/pianopremier-p-1.html" target="_blank" title="Track 2"><u>Track 2</u></a><BR> <BR> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 極めて自然で音楽的なサウンドを得るための独創的な工夫が光る良質音源。 単に音が良いだけでなく、MIDI 音源としての使いやすさを考慮した設計も心憎い。 特にジャズ音楽との相性は抜群。 技術を持ったミュージックエンジニアに使って頂きたいコダワリの音源。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>先進ハイブリッドピアノ音源</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">TruePianos</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/TruePianos.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/TruePianos.png" alt="TruePianos.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://www.truepianos.com/" target="_blank" title="4Front"><u>4Front</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.truepianos.com/" target="_blank" title="4Front"><u>4Front</u></a><BR> ■モデル:-(物理モデリング)<BR> ■総容量:約100MB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.truepianos.com/demos.php" target="_blank" title="Under the Cloudy Skies"><u>Under the Cloudy Skies</u></a><BR> <BR> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 物理モデリングとサンプリング、両方の技術を採用した次世代ピアノ音源。 サンプリング音源に比べて圧倒的に低容量かつ安価にもかかわらず、そこからは全く想像できないほどのリアルな音を奏でる。 音色を宝石に見立てた5種類のモデルを内包し、Sonar には1モデルが付属する。 </div> </div>  <BR> <div style="float:left; width; 600px;"> <HR> <div>異色の特殊奏法ピアノ音源集</div> <div><b><span style="font-size:large; color:#0099FF">XTENDED PIANO</span></b></div> <div style="float:left; width: 600px;"> <div><a href="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/XtendedPiano.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-48-origin.fc2.com/d/a/w/dawsquare/XtendedPiano.png" alt="XtendedPiano.png" border="0" width="200" height="200" align="left" /></a></div> <div style="margin-left:230px"> <BR> ■開発元:<a href="http://soniccouture.com/en/products/20-experimental--ancient--rare/g24-xtended-piano/" target="_blank" title="SONICCOUTURE"><u>SONICCOUTURE</u></a><BR> ■販売元:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=33770" target="_blank" title="CRYPTON"><u>CRYPTON</u></a><BR> ■モデル:不明<BR> ■総容量:3.2GB<BR> ■デモ曲:<a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=33770" target="_blank" title="SCXTP_beam1"><u>SCXTP_beam1</u></a><BR> <BR> 商品検索: <a target="_blank" href="http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&x=0&tag=fxshelves-22&linkCode=ur2&y=0&camp=247&creative=1211&field-keywords=XTENDED%20PIANO&url=search-alias%3Dmi">Amazon</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=fxshelves-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />   <a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/0dcd94f2.82b07733/?url=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2faffiliate%3ff%3d1%26v%3d2%26uwd%3d1%26s%3d1%26p%3d1%26sitem%3dXTENDED%2bPIANO%26st%3dA%26sf%3d1%26nitem%3d%26min%3d%26max%3d&scid=af_ich_link_urltxt_pc" target="_blank">楽天</a>   <a href="http://atq.ck.valuecommerce.com/servlet/atq/referral?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--&vc_url=http%3A%2F%2Fshopping.search.yahoo.co.jp%2Fsearch%3Fp%3DXTENDED%2BPIANO%26cid%3D%26aq%3D-1%26oq%3D%26ei%3DUTF-8%26first%3D1%26slider%3D0%26tab_ex%3Dcommerce" target="_blank" >YAHOO!<img Src="http://atq.ad.valuecommerce.com/servlet/atq/gifbanner?sid=2219441&pid=877212733&vcptn=shpg%2Fp%2FziNQVjeScNk6qObGaUdkU1P2vA--" height="1" width="1" border="0"></a> </div> </div> <BR> <div style="float:left;"> <BR> 異色のピアノ特殊奏法音源集。 弓で弦を擦る、マレットで弦を叩くなど独創的な5種類の特殊奏法を収録。 もちろん更なる加工も可能。 各サンプルの音の質感も申し分ない。 アーティストのイメージを掻き立てる新しい音楽のための先鋭的ピアノ音源。 </div> </div> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/145/clap" id="fc2button-clap-145" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-145").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/25.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/145/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
143

ギター専用音源:Real Guitar 2L レビュー

今日はアコースティックギター専用音源 Real Guitar 2L を紹介します。 世の中には結構なアコギ専用音源がありますよね。高級ギターにこだわった Acoustic Legends HD、音の粒立ちなど細部にまで配慮の行き届いた Chris Hein Guitars、物理モデリング音源の Evolution Acoustic Guitar など。それぞれ個性的なデモソングがいっぱい置いてありますから聴いてみて下さい。  ・Real Guitar 2L (MusicLab)   h... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日はアコースティックギター専用音源 Real Guitar 2L を紹介します。<BR> <BR> 世の中には結構なアコギ専用音源がありますよね。高級ギターにこだわった Acoustic Legends HD、音の粒立ちなど細部にまで配慮の行き届いた Chris Hein Guitars、物理モデリング音源の Evolution Acoustic Guitar など。それぞれ個性的なデモソングがいっぱい置いてありますから聴いてみて下さい。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000020272.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000020272s.jpg" alt="K0000020272.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/s00247.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/s00247s.jpg" alt="s00247.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/chris_hein_guitars.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/chris_hein_guitarss.jpg" alt="chris_hein_guitars.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR>  ・Real Guitar 2L (MusicLab)<BR>   <a href="http://www.musiclab.com/products/realgtr_info.htm" target="_blank" title="http://www.musiclab.com/products/realgtr_info.htm">http://www.musiclab.com/products/realgtr_info.htm</a><BR>  ・Acoustic Legends HD (Vir2)<BR>   <a href="http://www.vir2.com/instruments/acoustic-legends-hd" target="_blank" title="http://www.vir2.com/instruments/acoustic-legends-hd">http://www.vir2.com/instruments/acoustic-legends-hd</a><BR>  ・Chris Hein Guitars (Best Service)<BR>   <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28990" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28990">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=28990</a><BR>  ・Evolution Acoustic Guitar (Orange Tree)<BR>   <a href="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings" target="_blank" title="http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings">http://www.orangetreesamples.com/evolution-acoustic-guitar-steel-strings</a><BR>  ・AcousticGuitar (Pettinhouse)<BR>   <a href="http://www.pettinhouse.com/html/acousticguitar_for_konatkt.html" target="_blank" title="http://www.pettinhouse.com/html/acousticguitar_for_konatkt.html">http://www.pettinhouse.com/html/acousticguitar_for_konatkt.html</a><BR>  ・Acoustic Guitar Collection (Indiginus)<BR>   <a href="http://www.indiginus.com/agc.html" target="_blank" title="http://www.indiginus.com/agc.html">http://www.indiginus.com/agc.html</a><BR>  ・Strum Acoustic GS-1 (AAS)<BR>   <a href="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/" target="_blank" title="http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/">http://www.applied-acoustics.com/strumacoustic/overview/</a><BR> <BR> 音質で選びたいなら Acoustic Legends HD を、細部のディテールにこだわりたい方は Chris Hein Guitars をお勧めします。で、今回の Real Guitar 2L は音質はそこそに、ギターらしさを手軽に出したい方にお勧めしたいです。詳しくお話していきますね。<BR> <BR> アコギを打ち込んでみた経験のある方ならお分かりだと思いますが、アコギと言う楽器は「らしさ」を演出するのが結構難しい楽器なんです。例えばストロークならアップとダウンがあって、ダウンは低音からアップは高音から鳴るわけです。ダウンストロークの場合は複数の指が弦にあたりますね。アップストロークは親指1本ですか? さらに左手はコードを切り替えるときに独特の「キュイ」音がするんですね。これをリアルに打ち込もうと思うと大変です。<BR> <BR> 他にもアルペジオ・トレモロ・スライド、ソロの独特な質感、弦が指から離れるときや響きを止めるときの微妙なニュアンスなど、かなり神経使います。私はオーケストラの打ち込みをそれなりの質感に仕上げた経験がありますが、アコギは正直、単純な音源を使って「実際に弾いているかも?」と思わせるレベルに出来る気がしません。そして中途半端な打ち込みほど嘘くさいものはない。<BR> <BR> と言うことで、それらの奏法が手軽に再現できる Real Guitar 2L をお勧めしたいと言うわけです。簡単に使ってみた感想ですが、よく出来ていると思います。「打ち込みでリアルなアコギを表現するためにかなり考えたな」と思わせる出来です。マニュアルやチュートリアルをきちんと見て使用すれば、かなり簡単にリアリティを手に入れられるでしょう。また価格も他の音源に比べて安く、最初の取っ付きとしては申し分ない音源だと思います。<BR> <BR> ■どれだけの音色があるの?<BR> <BR> 全部で8種類あります。簡単なアルペジオ演奏を用意してみました。音色の加工は何もしていません。お聴きの通り、最初の5つはモノラルで後ろの3つはステレオ収録されています。組み合わせて使っても面白そうですね。音質はまずまずですが、バリエーションとしては少し物足りない感が否めません。<BR> <BR> ・Steel Picked<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_SteelPicked.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel Fingered<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_SteelFingered.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Nylon Picked<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_NylonPicked.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Nylon Fingered<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_NylonFingered.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel2 Picked<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_Steel2Picked.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel2 (Doubling)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_Steel2Doubling.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・12-String<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_12String.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> ・Steel Stereo (290MB)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RG_SteelStereo.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> ■何が出来るの?<BR> <BR> それは画面を見て頂くとおおよそ分かると思います。見てください、この鼻血が出るほどダサいデザインを(笑)。私は始めてみたとき瓜が写ってるのかと思いました(笑)。そうそう、ダサいといえば MusicLab のこのアイコンもねぇ、、、。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RealGuitar.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RealGuitar.jpg" alt="RealGuitar.jpg" border="0" width="300" height="210" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rgt_logo_small.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rgt_logo_small.gif" alt="rgt_logo_small.gif" border="0" width="150" height="153" /></a> <BR> すみません、話が逸れました。<BR> それぞれの機能については別の機会に詳しくお話しますが、アコギで出来ることは一通り揃えてあります。<BR> <BR> 大事なのは用意されている「モード」でして、以下の5種類あります。奏法に合わせて正しく選択することで「らしい」演奏になってくれます。これが他の音源より一歩進んだ素晴らしいポイントなんですよね。逆にこれらを正しく使えないと、いつものやっちゃった感じの演奏になります。HALion Sonic や D-Pro 等の付属音源でやってみてください。<BR> <TABLE> <TR><TD>Solo</TD><TD>メロディを弾くのに使ってください</TD></TR> <TR><TD>Harmony</TD><TD>パワーコードなどの和音を演奏する</TD></TR> <TR><TD>Chords</TD><TD>ストラミングはこのモードで</TD></TR> <TR><TD>Bass&Chord</TD><TD>5/6弦をベース弦として上位4弦をストラミングする</TD></TR> <TR><TD>Bass&Picked</TD><TD>5/6弦をベース弦として上位4弦をピッキングする</TD></TR> </TABLE> <BR> それから、みなさん気にされるであろう「キュイキュイ」ですが(フレットノイズと言います)、マルチサンプリングされており弦を離した(ノートが切れた)タイミングで自動で入ります。このあたりちょっとした技がありますので、それもまた。<BR> <BR> ■お勧めの買い方<BR> <BR> 現在はご存知の通りの円高です。そして Real Guitar 2L は本家サイトからダウンロード販売されています。ですのでパッケージが必要ない・すぐに使いたいと言う方は本家へ直行してください。ただし英語のマニュアルしか付属しません(ビデオチュートリアルもありますが)。彼らの意図した使い方をしなければリアリティを得るのは難しいですので、英語のマニュアルが読めない方は日本での購入をお勧めします。<BR> <BR> また、本家サイトからダウンロードする場合は少し安くする技があります。国の選択をするとそれに応じて「日本円」での価格が表示されるのですが、現在の通貨レートより若干高めになります。通貨選択で「USドル」を選択すれば、クレジット会社や Paypal がその時価に合わせてエクスチェンジしてくれますので、結果として少し安くなる場合があります(タイミングによってはその逆もあるかな)。お試しください。<BR> <BR> 次回はそれぞれの奏法などについてお話していきたいと思います。お楽しみに。<BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/143/clap" id="fc2button-clap-143" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-143").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/143/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
128

シンセ音源 Omnisphere でオリジナル曲作りに挑戦!

今日は Omnisphere を使って機能紹介などしながら短い曲を1つ作ってみようと思います。 まず、曲作りの最初は私の場合、拠り所探しです。ただ漠然と「曲を作りたい」と思ってもなかなか具体的になりませんよね。そこで何かベースとなるものを探していきます。(前回の記事はこちら) 色んな拠り所があると思うんですが、楽器の拠り所はもちろん「Omnisphere」。そして今回はイメージの拠り所として「深海」をピックアップして... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は Omnisphere を使って機能紹介などしながら短い曲を1つ作ってみようと思います。 まず、曲作りの最初は私の場合、拠り所探しです。ただ漠然と「曲を作りたい」と思ってもなかなか具体的になりませんよね。そこで何かベースとなるものを探していきます。(前回の記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)<BR> <BR> 色んな拠り所があると思うんですが、楽器の拠り所はもちろん「Omnisphere」。そして今回はイメージの拠り所として「深海」をピックアップしてみたいと思います。すると、「ゆったりとしたテンポがいいな」とか「少し暗めの雰囲気を持たせたほうがいいな」とか、次の拠り所が出てきます。私の場合こんなのが出てきました。表現出来なくったって構わないんでとりあえず書いておきます。<BR> <BR>  ●ゆったりとしたテンポがいいな<BR>  ●少し暗めの雰囲気を持たせたほうがいいな<BR>  ●水とか泡とかの雰囲気を入れてみたい<BR>  ●神秘的な雰囲気が欲しい<BR>  ●段々と深く潜っていく感覚を出したい<BR>  ●短めの曲で印象的に!<BR> <BR> ここで DAW と Omnisphere を立ち上げ、テンポをゆっくり目の 100bpm ぐらいに合わせます。次にコード進行選びです。シンセ曲の場合、あまり凝ったコード進行はかえってサウンドをグチャグチャにしてしまう可能性がありますから、4小節で一順するぐらいの比較的分かりやすいコードを選びたいです。そして今回は少し暗めのコードを。<BR> <BR> 私の場合、<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で紹介した方法でコードパターンを全て MIDI 化していますので、これを再生させながらコード進行を選んでいきました。いいかなと思った進行は全て別のトラックにピックアップしていきます。もちろんこの時に Omnisphere の音で確認しても楽しいと思います。そして最終的にこれにしました。ちなみにこれは HALion Sonic SE の音です。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodesSampleIntoTheDeepSea.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 次に音色を探してみましょうか!シンセ音源で音を探す場合、お勧めはやはりコードパターンを使うことです。なぜならシンセは和音を鳴らすことで凄く良く聴こえるから(笑)。単音で聴いたってたいしてインスピは降りてきません。そして Omnisphere の場合、ちょっと良さげな音が見つかったら 「ARP」ボタンを ON にしてみて聴いてみましょう!これはコードを自動的にアルペジオで再生してくれる機能です。特にギター・ベル・ピアノのような減衰の早い音色の場合はアルペジオにするといい結果が出ることが多いです。是非お勧めします!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45s.jpg" alt="Glorius Guitars" border="0" width="160" height="126" /></a> <BR> <BR> さて、気に入った音色は★を好きなだけ付けておきましょう。そうしないともう二度と出会えませんからね(笑)。そしてまず最初に探すのは曲の基本となる音色です。これはもうタグとキーワードで候補を削っていかないと、とても終わらないです。今回はアルペジオ機能が気に入ったので「Guitar」をキーワードに検索してみました。それでも恐ろしいほどヒットするので、Directory を "Omnisphere Library" に、Genre(ジャンル)を "Ballad"(バラード)にし、最終的にベースとなる音色として「Glorious Guitars」を選択しました。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarsARP.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> さぁ、次は彩を加える音色探しです。とにかくたくさん聴いて気に入ったものは常に★を付ける習慣にしましょう。次回の音色探しがとても楽になります。今回は最初に決めた「拠り所」の雰囲気に合うものを片っ端からピックアップしていき、実際にベース音色に加えてみたりしてベストマッチするものを選んでいきます。<BR> <BR>  ●水とか泡とかの雰囲気を入れてみたい<BR>   雨の音を見つけたので、深海に雨っておかしいけど(笑)入れてみることにしました。<BR> <BR>  ●神秘的な雰囲気が欲しい<BR>   コーラスで神聖な雰囲気が出ないかなと思ってやってみます。<BR> <BR>  ●段々潜っていく感覚を出したい<BR>   これは音色を重ねていくことで雰囲気を出してみたいと思います。<BR> <BR> ここで1回聴いてみましょうか?<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967618%3Fsecret_token%3Ds-ORW8l&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967618%3Fsecret_token%3Ds-ORW8l&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>IntoTheDeepSea_1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> どうです?少し曲の方向性が見えてきた気がしませんか? でもまだなんか色々足りない気がしますね。もっと装飾的な音色を追加してみましょう!こんなのどうですか?<BR> <BR>  ●ベル<BR>   適所に使うとかなりゾクッっとする印象を与えられますよね。特にこういう音は低音と一緒に使うと吉です。<BR> <BR>  ●低音<BR>   インパクトのある低音が欲しいですよね。Omnisphere の得意とするところです。<BR> <BR>  ●リバースシンバル<BR>   緊張感と惹き付ける力を与えてくれるんですよね。<BR> <BR>  ●リズム<BR>   後半からは少しリズム性のある音色を入れてリズムを出してみます。<BR> <BR> これらを加えて再度聴いてみましょう!<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967643%3Fsecret_token%3Ds-3qykh&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967643%3Fsecret_token%3Ds-3qykh&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>IntoTheDeepSea_2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> どうですか?良くなってきたんじゃないですか?(笑)こうなってくると後はノリです。他の音源も使ってどんどん雰囲気を追加していきましょう!<BR> <BR>  ●ストリングス<BR>   やっぱりこういう曲はストリングスの緊張感も欲しいですよね。バックでうっすらと流れる感じを出してみます。<BR> <BR>  ●ピアノ<BR>   幻想的で神秘的なイメージを追加してみます。これもバックでキラキラと流すことで水のような泡のような印象を出してみたいと思います。<BR> <BR>  ●ヴォイス<BR>   神秘的といえばやはり女性ヴォイスでしょう。透き通った女性のロングトーンは凄く魅力的だと思うのは私だけ?<BR> <BR> そして出来上がった曲がこちらです。<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967672&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967672&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/intothedeepsea">IntoTheDeepSea</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 如何だったでしょうか。<BR> 初挑戦にしてはそれほど難しくなく、しかも楽しく作れたように感じました。後半はほとんどインスピレーションのみで音を追加していってますので、ほんと感性とその感性が降りて来やすい環境づくりが大事だと思います。みなさんも挑戦してみてくださいね。<BR> <BR> ちなみに本家はこちらに登録してありますので是非お立ち寄りください。それでは!<BR> <BR> ■INTO THE DEEP SEA(動物使い作)<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/128/clap" id="fc2button-clap-128" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-128").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/128/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。