カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
210

マウス選びと Cubase への応用テクニック

このブログは Cubase 関連の記事がたくさんあるのですが、その中でもマウスに関する記事は結構好評を頂いております。今日はマウス選びについて私なりのポイントをご紹介して、Cubase の技まで昇華させてみたいと思います(笑)。 最近のマウスは何と言っても種類が多くて何がいいのかさっぱりわからん! 皆さん共通の悩みではないでしょうか。最近はハズレ商品も増えていて、すぐ壊れたり、認識が悪くなったり、重か... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> このブログは Cubase 関連の記事がたくさんあるのですが、その中でもマウスに関する記事は結構好評を頂いております。今日はマウス選びについて私なりのポイントをご紹介して、Cubase の技まで昇華させてみたいと思います(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/0702b.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/0702bs.jpg" alt="0702b.jpg" border="0" width="160" height="119" /></a> <BR> <BR> 最近のマウスは何と言っても種類が多くて何がいいのかさっぱりわからん! 皆さん共通の悩みではないでしょうか。最近はハズレ商品も増えていて、すぐ壊れたり、認識が悪くなったり、重かったり、イメージと違ったりすることがよくあります。こういったトラブルから逃れる方法はないものでしょうか?<BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">■いきなり結論!</span></strong></u><BR> <BR> マウスはゲーマー向けマウスがベストです。「ゲーミングマウス」と言うのですが、このマウスが世にあるあまたのマウスの結論を述べています。要は、マウスは「マウスを最もよく使う人たちが使っているものがやっぱり一番いいよ」ってことです。業務用ですね(笑)。<BR> <BR> まず、ゲーミングマウスは信頼性が第一! ゲーム中の誤認識や切断は即、死を招くのです(笑)。これらが絶対起きないようにするため、ゲーミングマウスは必ず有線です! この無線全盛期のご時世に敢えて有線を採用すると言うことは、つまりこの世にある無線マウスは信頼性の観点から論外と言っているのです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mh1ul_02.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mh1ul_02s.gif" alt="mh1ul_02.gif" border="0" width="158" height="57" /></a> <BR> <BR> 次に、ゲーミングマウスは超高精度です。ゲーム中の甘い動きは即、死を招くのです(笑)。高精度レーザーセンサーを搭載し、その解像度は最大で 5,000dpi を超えます。通常のマウスでだいたい 1,000dpi ぐらいですから、いかに高精度か分かると思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mh1ul_03.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mh1ul_03.jpg" alt="mh1ul_03.jpg" border="0" width="150" height="150" /></a> <BR> <BR> さらに、ゲーミングマウスは操作性抜群です。ゲーム中の操作ミスは即、死を招くのです(笑)。ソール(底面)にフッ素樹脂加工を施して滑らかな移動を可能にしたりクリック感を徹底的にこだわったり、ラバーグリップで握りやすくしたり。的確な操作を行うためのありとあらゆる対策が施されているのです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000329769_0005.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000329769_0005s.jpg" alt="K0000329769_0005.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <BR> そして、ゲーミングマウスは耐久度抜群です! 高橋名人が秒間100連射(むりむり)しても壊れないのです! 有線ケーブルも断線しにくいメッシュケーブルを採用したり金メッキコネクタを採用して信号劣化を低減したり。ほら、だんだん欲しくなってきたでしょ?(笑)<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mh1ul_04.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mh1ul_04.jpg" alt="" border="0" width="150" height="150" /></a> <BR> <BR> 最後に、ゲーミングマウスは高機能です! マクロ機能により敵を一瞬で葬り去る複雑な魔法をボタン一つで瞬時に詠唱するのです!(なんのこっちゃ 笑)。それにボタンもたくさんあるのでいろんな機能が割り当てられます。この技を応用すれば Cubase の操作も楽になること請け合いです。<BR> <BR> さあ、無線マウスがかっこよくてエレガントとか、幻想は捨ててゲーミングマウスを使ってみませんか? 私が使っているものをご紹介しますね。私は ELECOM の <a href="http://www2.elecom.co.jp/peripheral/mouse/m-h1ul/" target="_blank" title="M-H1ULBK"><u>M-H1ULBK</u></a> を使用しています。詳しいスペックは<a href="http://www2.elecom.co.jp/peripheral/mouse/m-h1ul/" target="_blank" title="メーカーサイト"><u>メーカーサイト</u></a>で確認して頂くとして、かなりいいですよ。また、合わせてこのようなセットも購入するのが紳士です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41N1nfyf1XLSL500AA300.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41N1nfyf1XLSL500AA300s.jpg" alt="41N1nfyf1XLSL500AA300.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/61Wfsa5pK2LAA1500.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/61Wfsa5pK2LAA1500s.jpg" alt="61Wfsa5pK2LAA1500.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">■Cubase に応用せよ</span></strong></u><BR> <BR> さぁ、ここからが Cubase の話題。マウスを使った Cubase の操作で最も不満なのが横スクロール。最近のマウスには横スクロールボタンがついているのですが、Cubase は反応しないのです。おそらく Cubase 7 もダメでしょう。これをゲーミングマウスで対応してみます。<BR> <BR> まずは、<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-103.html" target="_blank" title="ここ"><u>ここ</u></a>の説明を読んで <, > キーに「1小節戻る」と「1小節進む」を割り当てます。そして、ゲーミングマウスのアプリを開いて、横スクロールボタンが押されたら <, > が反応するように設定するのです。すると、何ということでしょう! 狭かったお風呂場が(違う違う 笑)、Cubase のどの画面でもきちんとスクロールするではありませんか。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MouseSetting.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MouseSettings.png" alt="MouseSetting.png" border="0" width="160" height="113" /></a> <BR> <BR> 他にもいろいろな機能を割り当てることができます。例えば Cubase で何か自身の楽曲を開いてみてください。エディット画面でノートを選択し、「Alt + ←」とか「Alt + →」とか押してみてください。ノートの長さが変わりませんか?(Shift キーも押しながらやるともっと面白いかも)。こういったものもマウスで操作できるようになります。ノートの入力はたいていマウスでやりますから、ノート長の調整もそのままマウスでやりたいですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/OneNote.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/OneNotes.png" alt="OneNote.png" border="0" width="160" height="116" /></a> <BR> <BR> その他、マクロ機能を使うとさらに複雑な動作も設定できるのですが、それはまた別の機会にでも。それではよいマウスライフを! いちおう、おすすめセットを下に紹介しておきますね。よかったら試してみてください。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/210/clap" id="fc2button-clap-210" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-210").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/10.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/210/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="https://media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
198

DTM における OS 再インストール時の注意点

先週末はパソコンの OS を入れ替えしました。と言っても Windows 7 をもう一回入れただけで何も変わってないんですけどね。PC を長く使っていると少しずつ調子が悪くなってきます。落ちる頻度が上がったり、アプリの反応が遅くなったり。 私の場合、Cubase と HALion 系のプラグインの調子が少し悪くなってきていまして、その他、いろんなソフトのインストールなどによってレジストリも汚れてきていましたから綺麗にしてみるこ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 先週末はパソコンの OS を入れ替えしました。と言っても Windows 7 をもう一回入れただけで何も変わってないんですけどね。PC を長く使っていると少しずつ調子が悪くなってきます。落ちる頻度が上がったり、アプリの反応が遅くなったり。<BR> <BR> 私の場合、Cubase と HALion 系のプラグインの調子が少し悪くなってきていまして、その他、いろんなソフトのインストールなどによってレジストリも汚れてきていましたから綺麗にしてみることにしました。よくやるんですけどね(笑)<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Windows7RC64-I002.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Windows7RC64-I002.jpg" alt="Windows7RC64-I002.jpg" border="0" width="520" height="400" /></a> <BR> <BR> 今日は「私も OS の再インストールしてみたい!」って方のために DTM 関連データとか気になる部分についてレポートしてみたいと思います。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■どのようにデータを保持していますか?</span><BR> <BR> OS を再インストールすると、そのパーティッションのデータは消失します。ですから自作した楽曲データ・音源データ・メールなど、消えてほしくないデータは別のパーティッションかドライブに保存していなければいけません。<BR> <BR> 動物使いとしては物理的に分かれていた方がいいと思いますので、別ドライブをお勧めします。また、大容量の外付け HDD などを別途用意して万が一のバックアップも取って置きましょう。これなしに OS の再インストールは危険です。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■RAID を組んでるんですが大丈夫ですか?</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/69144-1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/69144-1s.jpg" alt="69144-1.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a>それはメイド!(爆) <BR> <BR> 大丈夫です!最近のオンボード RAID は賢いんですよ。<BR> まず、OS を再インストールするパーティッションは当然消えてしまう(消してしまう)ので仕方ないとして、それ以外のパーティッション・ドライブはきちんと認識されます。SATA ケーブルを前回と違うポートに挿しても認識しますし、HDD が4台とかでも大丈夫です。SSD×2 + HDD×4 とかでも大丈夫です(笑)。<BR> <BR> ですから、普段からアプリケーションのみをプライマリパーティッションに格納し、データ類は別ドライブへ格納する習慣ができている方は簡単に OS の入れ替えが完了します。これは絶対お勧めのデータ保存方法なので皆さんやった方がいいですよ! 多少のセキュリティ対策にもなりますしね。と言うのも、Windows 指定の「マイドキュメント」や「マイミュージック」などにデータを保存している場合、デフォルトであるが故にウィルスソフトに狙い撃ちされる可能性が高いです。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■再インストール前にすること</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img02.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img02s.jpg" alt="img02.jpg" border="0" width="160" height="103" /></a> <BR> <BR> これはもうバックアップを取ることに尽きます。特にいろんなサイトのログインパスワードとかシリアル番号や暗証番号とか、絶対なくなったら困るデータについてはきちんと複数バックアップを取りましょう。最悪、これさえあれば何とか心が折れずにすみます。<BR> <BR> 一点、Windows 7 には BitLocker みたいなドライブごと暗号化してしまうすばらしい機能がありますけども、これ、そのままだと違う PC では読めませんので悲惨なことになります。事前に解除するとかしておきましょう。ちなみにメッチャ時間がかかりますけど、、、(笑)<BR> <BR> その他、プライマリパーティッションからはブラウザの「お気に入りデータ(ブックマーク)」と ProgramFiles ディレクトリ、そして C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming 配下はバップアップしておくといいことがあったりします。それから、自身の楽曲のオーディオデータファイルがプライマリパーティッションにある場合は、これもバックアップしてください。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■インストール後にすること</span><BR> <BR> DTM 関係のアプリをインストールする前に、①ハイバネートの OFF(SSD 使用のデスクトップ PC)、②ページファイルの設定(メモリに余裕のある方)、③OS のアップデートをやりましょう。セキュリティソフトのインストールもすべきですが、アプリインストール時に相性が悪いものがあったりしますので、これはお好みで。間違ってもいきなりブラウザつないでエロサイトとかはやめた方がいいです(笑)。失礼(このブログ学生さんも見てるんですよ!)。<BR> <BR> ハイバネートについては<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-174.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>を参照してください。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■DTM ソフトのインストールは簡単?</span><BR> <BR> 私はありがたいことに結構いろんな音源をもってるんですが、インストールはどれも簡単です。いちおう躓きそうなポイントだけ紹介しますね。<BR> <BR>  ①Cubase/E-Licenser は真っ先に最新にしておこう!<BR>  ②HALion4 をインストールしたのに音色リストが表示されない人は、付属の HALion Sonic<BR>   トライアル版をインストールしてから HALion 4 を入れてみよう<BR>  ③Spectrasonics STYLUS の音色が表示されない人は、最新版にアップデートしてみよう<BR> <BR> 音源ソフトのインストールは、setup.exe を起動させるため DISK1 は CD ドライブに挿入する必要がありますが、データドライブを指定してあげるとたいていそれだけで終わってくれます。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ライセンスは正しく再利用できますか?</span><BR> <BR> ほとんど大丈夫ですが、一部面倒なものがあります。iLok, Steinberg キーなどの外部ドングルにライセンスを保存するソフトは問題ありません。問題があるのは、<BR> <BR> ・<u>Spectrasonics</u><BR>  最認証が必要、あまりやるとオンラインで「目的」を聞かれちゃいます。「OS の再インストールだ」って言っておけば問題ありません。<BR> <BR> ・<u>BFD2</u><BR>  英語でライセンスサーバのリセット?を依頼する必要あり。担当者は応答も速く丁寧なのでそんなに苦じゃないかな。<BR> <BR> ・<u>Sonivox DVI</u><BR>  DVI シリーズって言うダウンロード販売のプチ音源シリーズがあるのですが(現在は買収され、購入できないみたい)、これ、一回ライセンスを取得すると次からは、「それはもう取得済みだ」って言われちゃいます。現在交渉中。めんどくせー。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■音源インストール後、楽曲データは再生できますか?</span><BR> <BR> 2つ問題があります。<BR> 1つはオーディオデータの保存場所。楽曲にオーディオデータが含まれる場合、そのデータ位置にそれがないと認識してくれません。これは楽曲を保存するディレクトリと同じディレクトリにオーディオデータを入れる習慣にしておけば問題ないと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/symphonicchoirs.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/symphonicchoirss.gif" alt="symphonicchoirs.gif" border="0" width="159" height="130" /></a> <BR> <BR> 2つ目は EastWest です。この会社のソフトは出来が悪いことで有名です(だった?)が、ここでも露呈します。具体的には音色データのとのリンクが切れてしまうので自身で再度選択する必要が出てきます。それだけなら良いのですが、EWQL Choir の Word Builder のデータも飛ぶようですので注意してください(どうやって? 笑)。<BR> <BR> <BR> と言うことで、色々問題もあるのですが、やり終わるとスッキリした気持ちになりますね。PC の調子が悪い方は検討してみては如何でしょうか。ただし、くれぐれも自己責任でお願いしますよ! それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/198/clap" id="fc2button-clap-198" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-198").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/198/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
197

HDD/SSD どっちが DTM/DAW にオススメ?

こんにちは。 最近少し涼しくなってきましたけど雨が多いですね。今も降っていて一瞬停電しました。さよなら、さっきまでの原稿(笑)。 今日は小休止してハードウェアのお話でも。 DTM/DAW には大容量記憶デバイスが必須です。ちょっと調子に乗って色々音源を買ったりするとあっという間に領域を圧迫してきます。それに自身が作った曲の保存にもそれなりの容量を必要とします。私の環境では音源データに 1.5TB 弱、楽曲の保... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> 最近少し涼しくなってきましたけど雨が多いですね。今も降っていて一瞬停電しました。さよなら、さっきまでの原稿(笑)。<BR> <BR> 今日は小休止してハードウェアのお話でも。<BR> DTM/DAW には大容量記憶デバイスが必須です。ちょっと調子に乗って色々音源を買ったりするとあっという間に領域を圧迫してきます。それに自身が作った曲の保存にもそれなりの容量を必要とします。私の環境では音源データに 1.5TB 弱、楽曲の保存に 30GB は使ってますね(汗)。もちろんフリーの音源など、今となっては使わないだろうものも少なからずありますから、整理すればもう少し節約は出来るでしょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SSD.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SSD.png" alt="SSD.png" border="0" width="520" height="350" /></a> <BR> <BR> ところで最近は SSD が結構安くなってますよね。さっき価格.com で調べたらこんな感じ。<BR> 240GB が 1万5千円台で買えるんですね。ざっと計算して HDD の 20倍ぐらいには落ちてきた感じでしょうか。しかし、1TB 以上の環境を作るとなるとやはり結構な出費になります。<BR> <BR> 現状では HDD と SSD どっちがベストソリューションなんでしょうか?<BR> 私の経験から考えると、まだ HDD をオススメしたいかなと思います。と言うのも HDD で遅さを感じるシーンは割りと限定的だからです。私は同じ種類の HDD を 4台重ねて RAID0 を組んでいます。最近はマザーボードが RAID をサポートするので、HDD を買ってくるだけで手軽に RAID を組むことが出来るようになりました。<BR> <BR> そんな動物使いが DTM 作業で HDD にイラッとする瞬間ベスト3をまとめてみました!(笑)<BR> <BR> ---- <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/10_syncing.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/10_syncings.png" alt="10_syncing.png" border="0" width="157" height="34" /></a> <BR> <BR> <u>第3位:プロジェクトの読み込み時間</u><BR> <BR> これは大きな楽曲編成になるほど遅いですね。だいたい 1分~2分ぐらい待たされることもあります。ま、これは起動時に 1回だけなのでまだ許せる範囲かと。プロジェクトを複数立ちあげて切り替えなんてやると、そうとうイライラします(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/38075.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/38075s.jpg" alt="38075.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <BR> <u>第2位:Spectrasonics の音源たち</u><BR> <BR> Spectrasonics 3兄弟といえば Omnisphere, Trilian, Stylus なんですが、まぁどいつもこいつも音色のロードが遅いわけですよ(笑)。Spectrasonics の製品は音色数の多さも売りにしているので、音色の切り替え時にワンテンポ待たされるわけです。だいたい 1秒ぐらいですが、音色によっては 10秒ぐらい待たされたりします。音探ししているときは何百という音色をザッと聴いてしまいたいのですが、それが出来ないんですよね。ただし音質は素晴らしいです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ew_header.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ew_headers.jpg" alt="ew_header.jpg" border="0" width="157" height="159" /></a> <BR> <BR> <u>第1位:EastWest シリーズ</u><BR> <BR> この会社はね、音楽に対する情熱は素晴らしいのですが、ソフトエンジニアさんがね、どうも今ひとつなのです(涙)。音色のロード時間は私が知る限り最遅です。中でも一番遅いのは EWQL Pianos。Bosendorfer なんかは 90秒はかかるかな。<BR> <BR> しかも、EWQL にはマルチポジションマイクと言うなかなか生かした機能があって、同じ音色でも雰囲気を幅広く変えられるのですが、これはまた別々にロードが必要。しかも一旦 OFF にすると ON にする時はまたロードし直しと言う超シンプル設計。その他、EWQL シリーズのどの音源のどの音色をロードするにもプログレスバーを見つめることになります(笑)。Goliath ですら。<BR> <BR> ----<BR> <BR> さて、逆に言うとその他の音源は私の環境ではそれほどストレスを感じることはありません。もちろん大容量音源ほど待たされ感はあるのですが、UI の見せ方が秀逸だったり、データを圧縮して時間短縮を図ったり、ロード完了部分から再生出来るエンジンだったりと工夫が見られます。ですから今の段階でどうしても SSD と言うことはないと思いますね。<BR> <BR> もう1つ私が考えているのは、ストレスが溜まる音源のみを SSD に格納する方法。これなら SSD にかける費用が節約できますし HDD で十分な音源もたくさんありますから効率がいいと思います。SSD を 3万円ぐらいで 2つ買って RAID0 でも組めば Spectrasonics 兄弟と EastWest はスッポリ入りますし、割りとリーズナブルかと。<BR> <BR> 皆さんも工夫してみてくださいね!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/197/clap" id="fc2button-clap-197" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-197").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/20.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/197/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
175

DTM/DAW モニタスピーカー YAMAHA MSP7

10年以上使用していたスピーカーが、4月頃からビリビリ言い出しまして、お別れの時が来たことを教えてくれていました。ONKYO の GX-70AX と言う白色のかわいいスピーカーなんですが、PC 用のスピーカーとして購入しました。1万円ほどしたような記憶があります。 当時私は学生だったと思うのですが、1万円はなかなかの大金でして、たかだか PC のスピーカーに1万円も必要なのかとか、それでも少しはいい音が聴きたいとか、... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 10年以上使用していたスピーカーが、4月頃からビリビリ言い出しまして、お別れの時が来たことを教えてくれていました。ONKYO の GX-70AX と言う白色のかわいいスピーカーなんですが、PC 用のスピーカーとして購入しました。1万円ほどしたような記憶があります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4961330010199_PL.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4961330010199_PLs.jpg" alt="4961330010199_PL.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> 当時私は学生だったと思うのですが、1万円はなかなかの大金でして、たかだか PC のスピーカーに1万円も必要なのかとか、それでも少しはいい音が聴きたいとか、色々悩んだのを懐かしく思い出しました。<BR> <BR> このスピーカーは出音に色付けがしてあり中域の暖かな音色が特徴でした。もちろん当時の私にそんなことが分かるはずもなく、とにかく自分が想像していた以上の音が出てくれたことが大変嬉しかったように記憶しています。<BR> <BR> 実は、恥ずかしながら、私はこのスピーカーを DTM のモニタとしてついこの間まで使用していました。しかもメインで(爆)。DTM を知っておられる方ならきっと大笑いされると思います(笑)。もちろんスピーカーの音色特性はある程度わかっていたので、不足する高低音域とふくよかな中域を頭の中で補正しながらミックスをやっていました。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■新しいモニタスピーカーを導入!</span><BR> <BR> さて、つい先日とうとう新しいモニタスピーカーを購入しました。YAMAHA の MSP7 STUDIO です。何のひねりもないモニタの王道です(笑)。今日はこの MSP7 のレビュー、と言うよりまだ十分使用出来ていませんので、ファーストインプレッションをお届けしたいと思います。<BR> <BR> このスピーカーはご存知、NS-10M STUDIO の後継モニタスピーカーで、MSP3/5/7 とあるラインナップの最上位機種となります。詳しい説明は YAMAHA のホームページを見て頂いた方が良いでしょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/msp7studio.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/msp7studios.jpg" alt="msp7studio.jpg" border="0" width="104" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YamahaMSP7rear_l.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YamahaMSP7rear_ls.jpg" alt="YamahaMSP7rear_l.jpg" border="0" width="105" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YAM-MSP7STUDIO_a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YAM-MSP7STUDIO_as.jpg" alt="YAM-MSP7STUDIO_a.jpg" border="0" width="159" height="149" /></a> <BR> ■YAMAHA MSP7 STUDIO<BR> <a href="http://proaudio.yamaha.co.jp/products/speakers/msp_studio_series/" target="_blank" title="http://proaudio.yamaha.co.jp/products/speakers/msp_studio_series/">http://proaudio.yamaha.co.jp/products/speakers/msp_studio_series/</a><BR> <BR> まず、モニタが届いて思ったこと、「重い、、、」。1つ 14kg ほどあります。アンプ内蔵のアクティブスピーカーですから当然なんですが、重い(笑)。モニタは通常インシュレータの上に載せますが、1個あたりの耐荷重に気を付けなければなりません。通常、3点支持が良いと思いますので(前1点、後ろ2点)5kg 以上ないと危ないですよ!<BR> <BR> 次に箱から取り出して思ったこと、「でかい、、、」(笑)。これは液晶テレビと一緒かなと思います。はじめは我が家にデカすぎたと焦るのですが、使っているうちに慣れます(笑)。ただ、不意のお客様は歪に感じるでしょうね(笑)。<BR> <BR> 個体の作りは非常にしっかりとしていて艶消しブラックが高級感を醸し出しています。MSP7 には音質優先のため、スピーカーを守るキャビネットが付属していませんので取り扱いには充分気をつけましょう。さもないと家電量販店売り場のスピーカーの運命になります(笑)(裸のスピーカーを見ると指で押してみたくなるのは何故なんでしょうね?)。<BR> <BR> 電源はモニタの裏側にあります。入り切りしにくいです。最近は省エネのためコンセントにスイッチが付いたものがありますので、そちらで入り切りする方がやりやすいかもしれませんね。<BR> <BR> 大事なことですが PC を立ち上げる時に電源を入れる順番は、PC→オーディオインターフェース→モニタです。音の出元から出先に向けて電源を入れていきます。切る場合はこの逆です。要するにモニタに突発的なノイズが入ってスピーカーを痛めてしまわないように配慮すべきと言うことですね。<BR> <BR> 次にモニタの配置は左右モニタの距離とリスナーの距離が同じになる正三角形が推奨されています。また、リスナの位置からモニタの正面が見えるよう、モニタの顔をリスナーに向けます。高さはツイーターの位置が耳の高さに来るように調整するのが良いようです。<BR> <BR> 高音域は指向性が強いためスイートスポットと呼ばれる最も音が良く聴こえる視聴位置を作り出します(上記の正三角形の位置)。モニタを視聴する場合は必ずこのスイートスポットに顔を置くようにしましょう。特に高さは意識希薄になりがちなので注意が必要ですね。高さを変えるだけでもだいぶ音が違います。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■接続構成</span><BR> <BR> 接続構成も紹介しておきますね。<BR> PC から USB 接続でオーディオインターフェース(RME FireFace UC)に接続し、TRS-XLR バランスケーブルでダイレクトに MSP7 へ繋いでいます。ケーブルは BELDEN 88770、インシュレータは audio-technica の AT6099 です。結構な構成でしょ? <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/key_dtm-rme-ffuc.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/key_dtm-rme-ffucs.jpg" alt="key_dtm-rme-ffuc.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110406_164901.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110406_164901s.gif" alt="20110406_164901.gif" border="0" width="133" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/k61632369.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/k61632369s.jpg" alt="k61632369.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> ケーブルは自作される方も多いと思いますが方向に注意しましょう。ケーブルに印字されている文字の方向に音が流れるようにします。BELDEN なら B → N の方向に出力されるよう、B 側に TRS 端子を、N 側に XLR 端子を接続します。ケーブル長を左右同じにするのは言うまでもありません。<BR> <BR> 長さは短い方がノイズが乗らなくて良いとされていますが、真偽の程は定かではありません。個人的にはそれなりのケーブルを使っていればあまり関係ないような気が、、、。他にもっと拘るべきところがありますし、短すぎて困るよりはよっぽどマシかと。ただ、不要に長いケーブルも邪魔ですから必要最低限ってことで。私は 3m で使用しています。<BR> <BR> モニタのボリュームつまみは2つ回しただけの位置。これでもかなりの音量が出ます。近所への配慮が必要な方はこの程度が限界かと。故にモニタとしては不十分な鳴り方をしているかも、、、(笑)。ちなみに周波数特性の切り替えスイッチがあるのですが、一応全てフラットで使用しています。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■音はどう?</span><BR> <BR> まず最初に気になったのは高域が少し落ちている印象。明るさとか輝きとかが少し物足りない。これは相当フラットだと認識している AKG の K702 ヘッドフォンと比較してです。スイートスポットを外すとさらに落ちますね。ボリュームレベルが低いのでモニタとして十分な性能が出せていないかもです。背面パネルの High Trim を上げることで一応解決できそうです(こういうオプションがいいですね)。<BR> <BR> 中域から低域にかけてはひとまず文句ありません。癖を感じることなく真っすぐ伸びているように聴こえます。MSP7 STUDIO には専用のサブウーファーもあり、これがないと低域は不足するかなと思っていたのですが、重低域を意識しなければ充分使えそうですね。<BR> <BR> 次に解像度について。やっぱりスピーカーはいいですね。当たり前ですがヘッドフォンでは密集して埋もれがちになる音もそれぞれの場所からきちんと聴こえてきます。立体感も出ていますし低域の締りも good! 特にベースの躍動的な動きは鮮明に聴き取れるようになりました。楽曲制作時に意図した僅かな音量差もきちんと描き分けます。<BR> <BR> うれしい誤算だったのが音のつながりについて。モニタスピーカーなのでとことんシビアに再生されて楽曲がまるで個々の楽器をそれぞれ聴いているみたいに分断されてしまうのかとか思っていたのですが、きれいに繋がるじゃないですか!我が家にある再生環境の中では最高にいいです!<BR> <BR> 恐らく各音の余韻まできちんと再生されているためなのでしょうが、この誤算は正直ありがたかったですね。素人が見栄張って MSP7 なんか買って違いが分かるのかとか思ったのですが、私としてはこの音が聴けるなら大枚はたいた価値はあったと感じています。あ、もちろん MSP5 とかでもそうなったかもしれませんが。。。<BR> <BR> と言うことで、今日はモニタスピーカー YAMAHA MSP7 の紹介でした。スピーカーは長く使えるものですからいいものを選びたいですね。<BR> <BR> <BR> 余談:<BR> ONKYO の GX-70AX、なんだか名残惜しくって捨てられないんですよねー (^ ^) </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/175/clap" id="fc2button-clap-175" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-175").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/175/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
174

DTM 環境を改善する(静音化とメモリ増設時の注意点)

先週末、DTM/DAW 用のパソコンを新しくしました! 懸案だったメモリの増設を行うため、マザーボード・CPU・メモリの3点を差し替えました。なにせ DDR2 メモリだったので DDR3 にするために色々と周辺も変える必要があったわけです。新しい環境はこんな感じです。いやー超快適! これで今まで作れなかった大編成も余裕です (^ ^)v  ●CPU … Intel Core i7-3770  ●MB … ASUS P8H77-V  ●RAM … DDR3 32GB (8GB×4)... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 先週末、DTM/DAW 用のパソコンを新しくしました!<BR> 懸案だったメモリの増設を行うため、マザーボード・CPU・メモリの3点を差し替えました。なにせ DDR2 メモリだったので DDR3 にするために色々と周辺も変える必要があったわけです。新しい環境はこんな感じです。いやー超快適! これで今まで作れなかった大編成も余裕です (^ ^)v<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/intel-core-i7-3770.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/intel-core-i7-3770s.jpg" alt="intel-core-i7-3770.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/73311.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/73311s.jpg" alt="73311.jpg" border="0" width="160" height="112" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/murauchi_4997401145590.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/murauchi_4997401145590s.jpg" alt="murauchi_4997401145590.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR>  ●CPU … Intel Core i7-3770<BR>  ●MB … ASUS P8H77-V<BR>  ●RAM … DDR3 32GB (8GB×4)<BR> <BR> i7-3770 は第3世代 Core iシリーズ Ivy Bridge をベースとしていて、前作 Sandy Bridge と比べて低消費電力化と発熱量の低減を達成しています。DTMer にとって低消費電力と発熱量の低減はつまり冷却ファンの回転数が少なくて済むことを意味していて、音楽制作時の静音性に直接結びつきます。<BR> <BR> マザーボードは ASUS 買っとけばまず問題ないでしょう。台湾は大変な親日国ですし、彼らの経済も応援してあげたいですね(笑)。大震災時にもお世話になりましたし。オーバークロックの必要性がない方は H77 シリーズで問題ありません(やりたい人は Z77 を買いましょう!)。<BR> <BR> RAM はとにかく量と信頼性が大事です。マザーボードは4枚挿しが普通ですから、8GB×4 がいいですね。また永久保証品を選びましょう。動作周波数は高いに越したことはありませんが、DTM/DAW においてこれはほとんど関係ありません。PC3-10600(DDR3-1333) ぐらいのもので十分です(安いですし)。<BR> <BR> これらを刷新して驚いたのが互換性。主要デバイスを総入れ替えしたので、RAID の構成も崩れるから OS の再インストールからやらなきゃダメだろうと思っていたのですが、そのまま起動しました(笑)。プライマリディスクは SSD×2、セカンダリは HDD×4 の RAID0 構成にしているのですが、どちらもそのまま認識されました。拍子抜けです。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■静音性も考えてみよう!</span><BR> <BR> DTM/DAW をする場合、静かな環境はとても大事です。にも関わらずアマチュアの環境ってのは結構劣悪ですよね。パソコン本体からのファンノイズだけならまだしもご近所ノイズや騒音、近くに冷蔵庫があったり、、、(笑)。せめてパソコンからのノイズぐらいは低減させたい! そのためにどんなことができるでしょうか?<BR> <BR> まずパソコンノイズは、①電源ユニット、②CPUファン、③グラフィックボード、④HDD から出ています。これら1つ1つのノイズ量を減らすことが重要です。<BR> <BR> ①電源ユニットに関しては高信頼性のものを選びましょう。ENERMAX なんかはお勧めです。ファンがユニット内側にあり大型で超静音です。日本製コンデンサを使用していて高信頼性でもあります。ちょっとお値段張りますけどね(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/enermaxmodu8705.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/enermaxmodu8705s.jpg" alt="enermaxmodu8705.jpg" border="0" width="159" height="119" /></a> <BR> <BR> 次に、②CPUファンですが、リテールクーラーは最悪です。ファンというのは回転数が上がるとうるさくなりますので基本的に大型の方が静音です。ゆっくり回っても必要な風量が得られるからです。従って市販のクーラーに取り替えましょう。予算があるなら水冷も検討してみたいですが、あれは水を冷やすためのファンが結局回っていたりして本末転倒な製品もありますから、熟慮が必要です。<BR> <BR> ③グラフィックボードについては、もし、あなたが特にグラフィック性能を必要としないのなら思い切ってグラフィックボードをなしにしてみては如何でしょうか。グラフィックボードのファンと言うのは静音性などほとんど考慮されていないので一番のノイズ原因になります。最近のオンボードグラフィックは十分な性能を持っています。私はオンボードでやってます(静かです 笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/antec.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/antecs.jpg" alt="antec.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> 最後に④HDD ですが、RAID なんか組んでるとたくさん HDD が必要ですよね。まず、HDD 自体の設置はシリコン素材を挟むなど、静音化させます。外部ファンは大型で静音のものを選択(間違っても静音化のためにファンを搭載しないとかはヤメましょう)。そしてこれは全体の静音化に役立ちますが、静音設計されたパソコンケースを選択するのが良いでしょう。Antec なんかはお勧めですね。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■メモリ増設時の注意点</span><BR> <BR> メモリを急に増設された方、プライマリディスクの空き容量をチェックしてみてください。思いっきり減ってませんか?特にプライマリディスクが SSD の方は、容量も少ないでしょうから注意が必要です。<BR> <BR> まず、ハイバネート(ハイバネーション)と言う言葉をご存知でしょうか? Linux なんかを触る方はよく聞くかもしれません。これはパソコンの電源を入れた時に直ぐに前回の状態に復帰できるよう、RAM の内容をハードディスクに退避する機能のことです。このおかげで私たちは何かの作業をしたままパソコンを閉じても直ぐに前回の状態から作業を再開できるわけです。特にノートPCの方には重宝する機能です。<BR> <BR> Windows ではデフォルトでこの機能が有効です。お分かりだと思いますが、この機能に必要となるハードディスクの量は搭載した RAM の量に比例しますので、メモリを増設するとその分だけたくさん持っていかれます(大体、搭載メモリの1~2倍ぐらい)。64GB の SSD なんかを使っておられる方にはこのサイズは致命的です。デスクトップユーザなど特にハイバネーションを必要としない方はこの機能を OFF にしましょう。<BR> <BR> やり方はこちらのサイトなどを参考にしてもらうのが良いでしょう。PCを再起動して、プライマリディスク直下から hiberfil.sys ファイルがなくなって空き容量が増加していれば成功です。その他、SSD 使用時の便利なティップスも参考にしてくだい。<BR> <BR> ■ハイバネーションを無効化する<BR> <a href="http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_hiberfil_sys.html" target="_blank" title="http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_hiberfil_sys.html">http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_hiberfil_sys.html</a><BR> <a href="http://www.dosv.jp/other/0903/15.htm" target="_blank" title="http://www.dosv.jp/other/0903/15.htm">http://www.dosv.jp/other/0903/15.htm</a><BR> <BR> <BR> 皆さんの楽しい DTM ライフのお役に立てれば幸いです。<BR> それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/174/clap" id="fc2button-clap-174" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-174").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/174/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
151

ホントにケーブルで音が変わるのか?

この話、よく聞きますよね。スピーカーケーブルを変えると音が激変した!とかこれこそ私の求めていた音だ!とか、、、。ホンマかいなって思いません?と言うわけで実際にやってみましょう! ■実験環境 今回は手軽に実験したいのでヘッドフォンケーブルで試してみました。使用したヘッドフォンは定番中の定番 AKG K702。このヘッドフォンはホントにお勧めです。音については言わずもがなですが、K702 はケーブルを交換... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> この話、よく聞きますよね。スピーカーケーブルを変えると音が激変した!とかこれこそ私の求めていた音だ!とか、、、。ホンマかいなって思いません?と言うわけで実際にやってみましょう!<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■実験環境</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07680.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07680s.jpg" alt="DSC07680" border="0" width="159" height="119" /></a> <BR> <BR> 今回は手軽に実験したいのでヘッドフォンケーブルで試してみました。使用したヘッドフォンは定番中の定番 AKG K702。このヘッドフォンはホントにお勧めです。音については言わずもがなですが、K702 はケーブルを交換できるのもポイントが高いです。ヘッドフォン側がミニ XLR 端子になっていて取り外せます。どうぞ好きなケーブルを使ってくださいと言うことですね。K702 については<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-48.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で詳しく紹介しています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110406_164901.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110406_164901s.gif" alt="20110406_164901.gif" border="0" width="133" height="159" /></a> <BR> <BR> 一方ケーブルは K702 純正のものと私が普段使用している BELDEN 88761 を比較します。BELDEN は目立つ赤色が特徴でシャア専用なんですが(笑)、88760 より一回り細いタイプになります。BELDEN のケーブルは材質が硬く取り回しが面倒なのが玉に瑕なので、ヘッドフォン用には 88761 が向いていると思います。ちなみにヘッドフォン用ケーブルは他にもオヤイデやノイマン、オーグラインなんかもありますね(オヤイデは K702 と相性がいい話をあまり聞かないなぁ、、、)。<BR> <BR> 再生環境は一般的なアンプではなく DTM/DAW 用途を意識してオーディオインターフェース RME FIREFACE UC を用いました。モニターチャンネルに直接ヘッドフォンを接続しています。FIREFACE についてはまたいつか紹介したいと思います。<BR> <BR> それでは早速聴いてみましょう。リスニングに使用したリファレンスソースも合わせて紹介していきますね。各ソースとも動物使いのお勧めです!<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ピアノ曲 辻井伸行 展覧会の絵</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41B63sMAZrL.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41B63sMAZrLs.jpg" alt="41B63sMAZrL.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> このCDは演奏も素晴らしいのですが、収録されている本人の息遣いがリアルに聴こえる点が非常に面白いです(結構、彼、息荒いです 笑)。純正ケーブルを先に聴きましたが悪くない。全域フラットな印象でいつもながらの優等生ぶりを発揮。そつなく聴かせてくれます。低域から高域まで気持ちいい。BELDEN と違いがあるのか不安になりました。<BR> <BR> 次に BELDEN を聴くと最初、純正より高域が強くなり中域が少し窪んだ印象を受けましたが、少し聴いているとこちらの方がフラットであることに気付きました。つまり、純正の方が中域がふくよかで温かみがある反面、高域が少し不足している。また、BELDEN の方が音の輪郭が明瞭で和音の響きに透明感が増します。分離度が高いです。高域の透明感がこの結果を生んでいる印象。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ライブ エリック・クラプトン unplugged</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201203031527453ac.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201203031527453acs.jpg" alt="Eric Clapton MTV Unplugged - 1992 - Album Cover" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> ジャンルで言えばロックなんでしょうが、聴いたのはブルース。生演奏を収録したものでリアルさを聴くのに重宝します。リファレンスとして押さえておきたいソースです。こちらも純正を先に聴きました。やっぱり悪くないんですよね(笑)。ギターの弦の1つ1つがとても生々しく頭の上に鳴ります。どの帯域も誇張しないフラットなイメージはやはり健在。<BR> <BR> でも BELDEN を聴くと違うんです。Tears in heaven では気付けなかった音に気付き Layla ではピアノとギターの生々しさが1ランク上なんです。やはり高域の透明感による恩恵に聴こえます。音の輪郭をもう1段階高く認識できる感じですね。そしてどちらがフラットかと言われると、、、う~ん、やはり BELDEN。しかし BELDEN は高域の特徴ゆえにノイズもうるさいです。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■バラード セリーヌ・ディオン All By Myself</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4988010807085.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4988010807085s.jpg" alt="4988010807085.jpg" border="0" width="158" height="160" /></a> <BR> <BR> 世界の歌姫セリーヌの痺れる歌声とスケールの大きさが半端ない名曲。今回は BELDEN を先に聴いてみることにしました。最初の印象は「こんなにノイズが多い曲だったのか」です。高域成分がきちんと出ているからでしょう。歌声は透明感があり声が喉から出るときのザラついた成分もはっきり聴き取れます。<BR> <BR> 次に純正を聴くと予想通り中域が若干膨らみ高域がしぼむ印象。しかしそれゆえに声に温かみが生まれます。ノイズも少なめ(笑)。しかし低域はあまり明確な違いを感じません。僅かに BELDEN が締まって聴こえる。総じて純正は「音楽」を聴くのに適していると言え、BELDEN はより「音」を聴くのに適していると言えそうです。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ポップス PERFUME ポリリズム (Polyrhythm)</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_800593_8237097_0.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_800593_8237097_0s.jpg" alt="img_800593_8237097_0.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> 可聴帯域全域使い切っているこの曲。箱の中にめいいっぱい音を詰め込んでます。こちらも BELDEN を最初に聴きました。BELDEN は高域がキンキンして耳が痛いだろうと思っていたのですがそうでもありませんでした。あくまで適正に出力されているイメージ。全域がフラットに聴こえることの楽しさを感じます。<BR> <BR> この曲で初めて低域の明確な違いを感じました。BELDEN の方が明らかに締まっていて分離が高くリズムが際立ちます。より乗れる感じ。粒の細かさも僅かに BELDEN が上に聴こえます。とは言え差は極めて微妙で純正も決して悪いわけではありません。よくケーブルを変えて純正は使えないとか捨てたとか言う人がいますが私は捨てません(笑)。純正も十分実用範囲内で、どちらも気持ちよく聴けます。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■エレクトリック Bjork Homogenic</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Bj__rk___Homogen_4c22314546d82.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Bj__rk___Homogen_4c22314546d82s.jpg" alt="Bj__rk___Homogen_4c22314546d82.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> 低域・高域確認用リファレンス。このアルバムの最後の2曲 Pluto は爆低音確認用、 All Is Fill Of Love は超高音確認用に使っています。Pluto はこれでもかと言うほどダンピングの効いたベースやドラムの低音を重ねる暴力的な曲で再生環境によっては機材を傷める可能性があるかもしれません。All Is Fill Of Love は中盤から耳が痛くなるほどの高域が聴ける(というよりもはや発生している? 笑)曲で、解像度が荒いともはやノイズにしか聴こえません。<BR> <BR> 純正を初めに聴きましたが特に不満なし。低音も十分躍動的に鳴って分離もなかなかのもの。これらの低音によって中域や高域が阻害されている感じもありません。All Is Fill Of Love の高域はさすがにうるさい。少し我慢している感じで聴きました。<BR> <BR> 一方 BELDEN はやはり微妙に純正を上回ります。全域に渡って分離度が高く、それゆえ色んな音を聴く余裕ができるのか次々と耳が発生した音を追いかけているのが分かります。驚いたのは All Is Fill Of Love の高域で、純正であれだけうるさかったのだからと覚悟をしていたのですが、ビックリ、うるさくないんです。純正より粒が細かく耳に刺さった感じがしないのです。霧吹きを顔にかけた感じって言えばわかるでしょうか?(笑)。いっぱい水はかかってるんだけど痛くない。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■オーケストラ ストラヴィンスキー 春の祭典</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4106121480.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4106121480s.jpg" alt="4106121480.jpg" border="0" width="160" height="159" /></a> <BR> <BR> 20世紀を代表するバレエ音楽。ニジンスキーの振り付けを得たこの曲は 1913 年の初演ではそのあまりにも異様な音に観客が暴動を起こすほどの騒ぎとなった。オーケストラに興味のない方も是非聴いて頂きたい傑作です。この曲、久しぶりに聴いたんですがあまりにも凄いんでケーブル比較を忘れて音楽を聴いてしまいました(汗)。オケの場合はあまり大差を感じませんでしたね(聴いてないだけとも言う 笑)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■まとめ</span><BR> <BR> 最後のオーケストラは締まらない感想になってしまいましたが、「ホントにケーブルで音が変わるのか?」について、私の答えは「微妙に、かつ明らかに変わる」です。少なくともただ漠然と聴いているだけでは絶対に分かりませんし、何かと比較しなければ分かりません。それぐらい微妙な差です。<BR> <BR> しかしこの微妙な差こそが肝であるとも言えます。焼肉で言えばどちらも国産牛肉で「何歳の雌牛」かを食べ比べているレベルです(言いすぎ?)。それぐらい贅沢な話をしています。焼肉が食べられればそれでいい人にとっては何の違いも価値もない話であり、純正ケーブルで十分です。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■BELDEN はお勧めか?</span><BR> <BR> BELDEN 88761 は音の分解性能・フラット特性において明らかに純正より1ランク上でした。純正の方がややマイルド嗜好で、音楽を聴くなら純正の方が楽しく聴こえるものもあるでしょう。しかし DTM/DAW のミキシング目的であれば BELDEN をお勧めします。<BR> <BR> このケーブル、実勢価格では(長さにもよりますが)3,000円~4,000円ぐらいですから、一生使うことを考えれば非常に安い買い物ではないでしょうか。AKG K702 との相性も良いですね。また、ケーブルは長さと太さによって音の傾向が変わってくるような話も聴きます。ちなみに私のケーブルは 2.5m です。純正が 3m で長く感じていましたので少し短めにしました。<BR> <BR> さて、音については素晴らしい結果を出してくれた BELDEN ですが、冒頭にも書いた通りこのケーブルは硬く、取り回しに苦労します。用途に応じて純正ケーブルも使うのが良いのではないかと思います。<BR> <BR> <BR> 以上、ケーブル比較でした。何かの参考になれば幸いです。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/151/clap" id="fc2button-clap-151" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-151").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/151/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
150

低スペックマシンで DTM/DAW をやるとどうなるか?

DTM/DAW をする人はたいてい結構いい PC を持ってますよね。最近は Core i7 なんか当たり前になってきてますし SSD も安くなってきました。PC ってほんとすぐ性能アップしますよね。ムーアの法則ってヤツですか?私は一昔前の PC を使っていて(と言うかいつの間にかそうなった 笑)、正直 DAW するのに結構苦しんでます。 今日はそのあたりの苦しみの様子を紹介して、皆さんの PC 構築の目安にして頂ければと思います。まずは... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> DTM/DAW をする人はたいてい結構いい PC を持ってますよね。最近は Core i7 なんか当たり前になってきてますし SSD も安くなってきました。PC ってほんとすぐ性能アップしますよね。ムーアの法則ってヤツですか?私は一昔前の PC を使っていて(と言うかいつの間にかそうなった 笑)、正直 DAW するのに結構苦しんでます。<BR> <BR> 今日はそのあたりの苦しみの様子を紹介して、皆さんの PC 構築の目安にして頂ければと思います。まずは私の PC のスペックから。<BR> <BR>   □CPU Core 2 Quad Q9550 2.83GHz<BR>   □OS Windows7 64bit<BR>   □RAM 4.00GB<BR>   □SSD 64GB×2 (RAID 0)<BR>   □HDD 1TB×4 (RAID 0)<BR>   □Disp 24inch 1920×1200<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■RAM が少なすぎる</span><BR> <BR> 真面目に曲を作ろうと思ったら 4GB の RAM では全然足りません。<BR> 現在の世の中はサンプリング型音源が主流でして、とにかく大容量を売りにした音源が多いんですね。その音色をロードしただけで 500MB ぐらいのメモリを使う音色もザラにあります(EWQL シリーズ、BFD2、Trilian ...)。<BR> <BR> Windows 7 は立ち上がっただけで 1GB ぐらいのメモリは持って行きますので、残り 3GB をフルに使ってやるわけですが、上記のような音源を立ち上げればあっという間に枯渇して仮想ディスクに流れていきます。その結果、音色をロードできなかったり DAW ソフトやプラグインが落ちたりします。<BR> <BR> 暫定的な解決策としては MIDI トラックをフリーズすること。フリーズとは MIDI トラックを1回演奏させてオーディオデータに変えてしまうことを言います。こうすると後はそのオーディオデータを再生するだけでいいので、音色が自動的にアンロードされてメモリを節約できます。ただし、この方法だとフリーズ解除しなければそのトラックの編集が出来なくなって面倒です。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000327037.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000327037s.jpg" alt="K0000327037.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> 恒久的な解決策はやはり RAM を増やすこと。最近は1本 8GB のメモリも出てきましたので 8GB×4=32GB がお勧めですね。DTM/DAW においては RAM のレイテンシはほとんど考慮する必要はありません。安くて永久保証の付いた遅い RAM がお勧めです(笑)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■CPU もっと頑張れ!</span><BR> <BR> 実は DTM/DAW は CPU パワーも結構消費するのです。普通にトラックを再生している分にはいいのですが、各トラックにエフェクトプラグインなんかを挿し始めるとヤバくなってきます。プラグインは(ものにもよりますが)1つ1つは大した CPU パワーを消費しません。しかしプラグインは結構挿すんです。イコライザ・パン・ディレイ・マキシマシザ・リバーブ、気が付くと大量に挿していることも。<BR> <BR> そうすると徐々に CPU 消費が高くなり待機状態でも負荷が 50% を超えている状態になったりします。この状態で再生するとブチブチ音が切れてまともに聴けなくなり、気持ちが萎えてしまってとても音楽制作をやる雰囲気じゃなくなります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000215569.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000215569s.jpg" alt="K0000215569.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <BR> この問題は FX トラックやグループトラックを使っていくつかのトラックのアウトプットをまとめて使用するプラグインの数を減らしたらり、先ほどのフリーズを用いることで緩和できますが、やはり CPU が高速な方がいいですね。コア数も多い方がいいです。現時点でお勧めの CPU は Core i7 2700K ぐらいですね。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■画面が狭い</span> orz<BR> <BR> もう1つ何気に辛いのが画面サイズ。ご覧の通り私のディスプレイは世の「フルHD」と呼ばれるサイズより大きいのですが、それでも各音源・プラグインの画面サイズの大きさには辟易します。本格的に DTM/DAW をされている方はきっと画面を2つ持っていてトラック表示用とプラグイン表示用の2つに分けているんでしょうね。Yahoo オークションなんかでは自分と同じ中古のディスプレイが安く手に入る機会も多いでしょうから検討してみる価値はありそうです。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■結局、DTM/DAW で必要なのは何?</span><BR> <BR> 私見ですが現時点ではこれぐらいのスペックがあると楽曲製作が楽になれると思います。かなり贅沢ですけどね(笑)。逆にグラフィックカードはオンボードでもいいくらいかも。でも電源はきちんとしたものを選んでくださいね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000248009.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/K0000248009s.jpg" alt="K0000248009.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR>   □CPU Core i7 2700K<BR>   □RAM 16GB<BR>   □SSD 128GB (RAID 0) for OS<BR>   □HDD 4TB (RAID 0) for DATA<BR>   □Disp 1920×1080×2台<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/150/clap" id="fc2button-clap-150" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-150").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/150/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
63

HDD/SSD RAID0 で快適 DTM PC 環境構築

Cubase 6 への移行に伴い PC 環境をアップデートしました。 交換したのは以下のパーツです。その他の基本マシン構成はこちらに記載してあります。 ・電源      EnermaxMODU87+(700W) ・ハードディスク Samsung HD103SJ(7,200rpm)x4 RAID0 (4TB) ・SSD(追加)   Crusial RealSSD C300 64GBx2 RAID0 (128GB) 電源を変えるつもりはなかったのですが、HDD/SSD を大量に追加したため容量が足りなくなりました... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> Cubase 6 への移行に伴い PC 環境をアップデートしました。<BR> 交換したのは以下のパーツです。その他の基本マシン構成は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-62.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>に記載してあります。<BR> <BR> ・電源      EnermaxMODU87+(700W)<BR> ・ハードディスク Samsung HD103SJ(7,200rpm)x4 RAID0 (4TB)<BR> ・SSD(追加)   Crusial RealSSD C300 64GBx2 RAID0 (128GB)<BR> <BR> 電源を変えるつもりはなかったのですが、HDD/SSD を大量に追加したため容量が足りなくなりました。ハードディスクは1つあたりだいたい 50W で計算するとよいと思います。最近の電源は非常に高品質化が進んでいまして高負荷時でも安定した電力を供給してくれるだけでなく、待機時の消費電力も小さめです。電源は全ての PC パーツに影響を与えますので品質の良いものを選びたいですね。なお、電源品質の規格である 80+ を取得しているものが良いと思います。<BR> <BR> さて、オンボードではありますが HDD/SSD 共に RAID0 を構築しました。Windows7 OS 格納用は小容量かつランダムアクセスが高速な SSD RAID0 を、音源格納用は HDD で大容量かつシーケンシャルアクセスが高速な HDD RAID0 を採用しました(元々 HDD 側は高速 10,000rpm を2つ接続して RAID0 を構築していたのですが、大容量化も兼ねて4台接続の RAID0 としました)。<BR> <BR> 【基礎知識】<BR> <BR> RAID0 について:<BR> <a href="http://www.atmarkit.co.jp/fpc/special/raidglossary/raidglossary01.html" target="_blank" title="http://www.atmarkit.co.jp/fpc/special/raidglossary/raidglossary01.html">http://www.atmarkit.co.jp/fpc/special/raidglossary/raidglossary01.html</a><BR> <BR> SSD RAID0 について:<BR> <a href="http://neglock.blog66.fc2.com/blog-entry-121.html" target="_blank" title="http://neglock.blog66.fc2.com/blog-entry-121.html">http://neglock.blog66.fc2.com/blog-entry-121.html</a><BR> <BR> HDD RAID0 について:<BR> <a href="http://www.runser.jp/doc/sata-raid-stripe-1.html" target="_blank" title="http://www.runser.jp/doc/sata-raid-stripe-1.html">http://www.runser.jp/doc/sata-raid-stripe-1.html</a><BR> <BR> 定番の CrystalDiskMark での測定結果は以下の通りでした。左が SSD RAID0、右が HDD RAID0 での測定結果になります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110412235316a51.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110412235316a51.jpg" alt="SSDvsHDD" border="0" width="520" height="236" /></a><BR> <BR> HDD の4台 RAID0 構成が SSD 2台の RAID0 といい勝負どころか勝っているのが面白いです。個人的には SSD の 4K Read はもう少しいい数字を期待していました。これはオンボード RAID の ICR9H の実力でしょう。逆に Samsung の HDD は 32MB のキャッシュがよく効いています。<BR> <BR> よく価格.com などで、添付した測定結果の「Seq」の値を見て「こんなに速くなった!」とか言ってる方がおられますが、その速くなったストレージに OS を格納するのであれば、見なければならないのは「Seq」ではなく「4K」です。なぜなら OS は小さなファイルにいくつもアクセスするパターンが多く、なかなかまとまった大きなシーケンシャルデータにアクセスする機会はないからです。<BR> <BR> 逆に音源データは1つのファイルサイズが大きくシーケンシャルに書き込まれていることが多いと思いますので「Seq」または「512K」を参照するのがよいと思います。私の場合、OS を SSD、音源データを HDD に格納しますので、まずまずの測定結果だと思っています。<BR> <BR> 音源の中には SSD を強く推奨するものがあります。一方で SSD と HDD の価格差は現在で30倍ほどもあります。今回の結果のように同じ程度のアクセス速度が得られるのなら、大枚をはたいて高価で小容量な SSD を選択する意味は薄いと言えます。<BR> <BR> ちなみに SSD のストライプサイズは 16K、HDD は 32K にしています。一般的にストライプサイズを大きくするとランダムアクセスに有利で、小さくするとシーケンシャルアクセスに有利と言われていますが、SSD の場合はあまり関係がないようです。HDD RAID を構築される方は参考にしてください。<BR> <BR> さて、実際の使用感ですが、OS 側(SSD RAID0)は明らかに体感速度が上がっています。まず OS の起動が速い、起動直後にブラウザなどアプリを起動してももたつかない、ブラウザのページ更新が速い、無音動作など随所に効果が見られます。<BR> <BR> 音源格納側(HDD RAID0)はバックアップしていた音源データを移し変えた際に転送が高速で、バックアップを取ったときとは比べものにならないほど速く転送が完了しました。恐らく CCC のような大容量音源もリアルタイム再生でもたつくことはないでしょう。今回採用した Samsung の HDD は音も静かです。<BR> <BR> なお、SSD はデフラグを行わない方が良いです。HDD はデフラグを積極的に行いましょう。SSD はランダムアクセスが高速ですのでデータがフラグメント化されていてもアクセス速度に影響が出にくいです。また、書き換え可能回数がハードディスクに対して少ないですのでデフラグのように大量書き込みを行う操作はなるべく避けるのが基本です。HDD はフラグメント化すると極端にアクセス速度が落ちますし、書き換え回数もシビアではありませんので積極的にデフラグを行うべきです。<BR> <BR> もう1点、これは RAID 環境に特化したお話ではありませんが、バックアップはきちんと取りましょう。特に RAID0 は1つの HDD/SSD が壊れると、その RAID を構成していた全てのデータへアクセスできなくなります。一生懸命作った曲が飛んだら悲しいなんてもんじゃないですよね。転ばぬ先の杖です。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/63/clap" id="fc2button-clap-63" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-63").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/63/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
62

DTM 環境を Windows7 へ

こんばんは。 Cubase 6 が Windows7 のみ(公式には)対応と言うことで、遅ればせながら私も Windows7 対応することにしました。実は Windows7 へはちょうど1年ぐらい前にやったことがあり OS DVD-ROM も持っていたのですが、使い勝手やソフト対応の少なさに閉口して XP へ戻した記憶があります。 パソコン自体は3年ほど前に新調したのですが、さすがにチップセットやいろんなものの規格がグレードアップしていて時代... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんばんは。<BR> <BR> Cubase 6 が Windows7 のみ(公式には)対応と言うことで、遅ればせながら私も Windows7 対応することにしました。実は Windows7 へはちょうど1年ぐらい前にやったことがあり OS DVD-ROM も持っていたのですが、使い勝手やソフト対応の少なさに閉口して XP へ戻した記憶があります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Windows7.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Windows7s.jpg" alt="Windows7" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> パソコン自体は3年ほど前に新調したのですが、さすがにチップセットやいろんなものの規格がグレードアップしていて時代遅れになりつつある感は否めません。セットアップが完了した時点でまとめてブログに綴りますが、私の PC 環境を公開してみますね(興味ないでしょうけど)。<BR> <BR> MB : ASUS P5K-E<BR> CPU : Intel Quad Core 2.8GHz<BR> SDRAM : Corsair Dominator DDR2-800 4GB<BR> Power : Growup GUP-EG500J<BR> HDD : WD1500ADFD 10,000回転x2 RAID0<BR> GC : GALAXY GF-8600GT<BR> SC : Audiotrak Prodigy HD2 Advance<BR> KB : FILCO Majestouch<BR> Display : Mitsubishi MDT242WG 1920x1200<BR> OS : WindowsXP → Windows7<BR> <BR> 全体的に信頼性の高いパーツを採用したつもりですが、グラフィックのようにどーでもいいところは全くお金をかけてません。。。よかったと思うパーツは、う~ん、WD の 10,000回転ハードディスクでしょうか。こいつの RAID0 はハードディスクにしては結構速いですね(それでも DTM では、、、)。信頼性もまずまず。三菱のディスプレイもなかなかです。<BR> <BR> DTM をやっていて不満になるのはやっぱり RAM と HDD ですね。<BR> RAM は 4GB では絶対的に不足します。ですから私の場合、メモリを食う音源を曲に混ぜる時は、その音色だけ別プロジェクトで作ってフリーズして WAV 化したものを取り込んでいました。HDD のアクセス速度も問題でした。CCC の音色ロードなんかはロードが終わった頃には思いついたフレーズを忘れているぐらいです。<BR> <BR> 逆に CPU パワーの不足を感じることは殆どなかったですね。確かに高速な CPU の方がミックスダウンの時間も速いのでしょうが、私としては許容範囲内です。<BR> <BR> と言うことで、今回 OS を Windows7 にするにあったってこのあたりの問題も解決させようかなと、いろいろ注文をしました。私のポリシーは「少ない支出でいかにパフォーマンスのよい環境を作るか」でして、そりゃお金をつぎ込めばいくらでも速いマシンは作れますが、それじゃあんまり面白くないんですよね(笑)。<BR> <BR> 次に買い換えることも考えて、流用性の高いパーツを選んだり、逆に買うのを控えたり。例えば RAM はもっとほしいですけど、今 DDR2 RAM を倍にしようと思ったらスロットの関係で結局 2GB×4枚買わないといけないですよね。でも次に PC を変えるときはマザボは絶対 DDR3 しか刺さらないんです。だから、2GB×4枚の支出は次機種では無駄になるんですよね。なので敢えて RAM は我慢する。その代わり次に買うときは浮いたお金を注ぎ込んで大量に買います。<BR> <BR> こんなことを考えながら PC の構成を先日決定したところです。今順次パーツが届いてきていまして楽しく組み立て中です。完全に動作するようになったらパフォーマンスを含めて紹介しますね。<BR> <BR> (後日記:環境、完成しました。パフォーマンス測定も含めて<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-63.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>で紹介していますので興味がありましたらどうぞ。) <BR> <BR> 今日はこのへんで。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/62/clap" id="fc2button-clap-62" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-62").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/62/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
44

オンキョーから10周年記念オーディオボード発売

SE-200PCI と言えばオンキョーの誇るデスクトップPC向けの高音質サウンドカードですが、3年ぶりに10周年記念として音楽再生品質を極限まで突き詰めたモデルが発売されるようですよ!その名も「SE-200PCI LTD TECHNOLOGY」。 見てください。 オンキョーの特許技術に「VLSC」回路って言う D/A 変換時に発生するパルス性のデジタルノイズを飛躍的に低減する技術があるんですが、この部分を銅製のプレートで完全にカバ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> SE-200PCI と言えばオンキョーの誇るデスクトップPC向けの高音質サウンドカードですが、3年ぶりに10周年記念として音楽再生品質を極限まで突き詰めたモデルが発売されるようですよ!その名も「SE-200PCI LTD TECHNOLOGY」。<BR> <BR> 見てください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232348206.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232348206.gif" alt="se200pciltd_main" border="0" width="500" height="370" /></a><BR> <BR> オンキョーの特許技術に「VLSC」回路って言う D/A 変換時に発生するパルス性のデジタルノイズを飛躍的に低減する技術があるんですが、この部分を銅製のプレートで完全にカバーして PC からのノイズをシャットアウトしようって言うんだから、凄い!音楽のファイヤーウォールや!(意味不明)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232435481.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232435481.gif" alt="tech_02" border="0" width="175" height="175" /></a><BR> <BR> コンデンサ類に高音質パーツを使うのはもはや当たり前で、新たに試聴と改良を重ねて部品メーカーと共同開発した AUDIO コンデンサーを回路全般に渡って搭載するという徹底ぶり。10周年記念だからできるバブルを彷彿とさせる開発です。<BR> <BR> さらに見てください。<BR> 中央にあるドでかいコンデンサ。暇なときに PC の電力をたらふく蓄えといて大音量が必要になったらここからいつでも好きなだけ使えますよ、ってことですよ。音楽の元気玉です(意味不明)。いつでも出てこいやーの高田総帥です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102232325113f2.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102232325113f2.gif" alt="tech_04" border="0" width="175" height="175" /></a><BR> <BR> もちろん ASIO4ALL と併用できるのでレイテンシが気になる DTM/DAW ユーザも安心して使えるでしょう。ちなみに ASIO4ALL を導入するもう1つの利点として、Windowsのカーネルミキサーをバイパス出来ることによる高音質化があります。<BR> <BR> 私の PC 環境は未だに Windows XP なのでよく分かりませんが、Windows Vista 以降では Windows Audio Session API と呼ばれる ASIO と同等のドライバが提供されているらしいです。つまり、Vista 以降はこれに対応したプレーヤーで再生すれば ASIO4ALL による高音質化のメリットはない?と言うことになりそうですか。<BR> <BR> 閑話休題。<BR> <BR> SE-200PCI は良く PRODIGY の HD2 ADVANCE と音質比較されますね。<BR> ネットで漁ると SE-200PCI は良い味付けのしてある音、PRODIGY HD2 ADVANCE は原音に忠実と言うことで、DTM/DAW ユーザは後者のほうが良いかもしれませんが、HD2 ADVANCE と ASIO4ALL は相性が悪く、個人的にはあまりお勧めしません。<BR> <BR> そうなるとやっぱり SE-200PCI LTD が気になりますね。PRODIGY と違って日本メーカーですし。機会があれば買ってみたいな。。。SE-200PCI の市場評価は相当高いですから、その LTD バージョンである本製品が期待を裏切ることはないでしょう。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/44/clap" id="fc2button-clap-44" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-44").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/44/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
48

AKG K702 ヘッドフォン

DTM をする上で必要となるのがモニター環境ですが、モニタースピーカーは値段が高い上にオーディオインターフェースも必要、その上、置き場所に困る。。。 そんな悩みを解決してくれるのがヘッドフォンです。 今日はそんなヘッドフォンの中で全領域フラットなモニタ用ヘッドフォン、AKG K702 を紹介します。日本では赤毛の名称で親しまれています(AKG をドイツ読みするとアーカーゲーなので)。 音楽の本場オーストリ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> DTM をする上で必要となるのがモニター環境ですが、モニタースピーカーは値段が高い上にオーディオインターフェースも必要、その上、置き場所に困る。。。<BR> <BR> そんな悩みを解決してくれるのがヘッドフォンです。<BR> 今日はそんなヘッドフォンの中で全領域フラットなモニタ用ヘッドフォン、AKG K702 を紹介します。日本では赤毛の名称で親しまれています(AKG をドイツ読みするとアーカーゲーなので)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/08b690cf8e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/08b690cf8es.jpg" alt="08b690cf8e" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <BR> 音楽の本場オーストリア製で、DTM ユーザにも、そうでない方にもオススメの逸品です!<BR> 1年ぐらい使用してエージングも済んで馴染んできましたので使用感や長所・短所などお話しします。<BR> <BR> <BR> <strong><u>どんな音がするの?</u></strong><BR> <BR> ひとことで言えば「何でもこなす上品な優等生」。<BR> <BR> プロフェッショナルスタジオモニター・オープンヘッドフォンと銘打つだけあって全領域フラット。ワイドレンジで再生能力が高いのですが、すべての領域の音を誇張せず、包み隠さず、あるがままに聴かせてくれます。<BR> <BR> 特に印象的なのは低域と高域で、低域は通常の家庭用スピーカーでは聞き取りづらい音も必要十分な量で再現されますし、高域も綺麗に伸びていて輝いているように聴こえます。ですから音楽を聴いた際に広大な音場空間を感じられます。<BR> <BR> DTM ユーザであればピアノなどいろいろな音源を単音で聴くことが多いかと思いますが、その際にも特定の音域に対してアンプで膨らませたような(いかにもスピーカーから再生されているような)嘘くさい音がすることは一切無く、全領域に渡って自然な音を聴かせてくれます。本当にモニター用としては最適だと思います。<BR> <BR> ピアノは楽器の王様と呼ばれ、最も再生範囲の広い楽器です。私は Ivory II Italian Grand と言うピアノ音源を使用して最低域から最高域まで1音ずつ AKG K702 の鳴りを確かめたことがありますが、初めて聴いたときにはその恐ろしいまでの自然さと生々しさに鳥肌がたったほどです。スピーカー環境も構築していますが、ここまでのリアルさは表現できません。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> <BR> 分解能もヘッドフォンの中では高い方で、低域・高域の伸びの中に今まで聴こえなかった音を発見できる場合が多いです。ただし、これは全てのヘッドフォンに言えることですが、ヘッドフォンの性質上、スピーカーの分解能には及ばないと思います。<BR> <BR> 音質上の欠点を挙げるとすれば、全ての領域がフラットであることで逆に物足りなさを感じる音楽があると言うことです。特に低域を重視される方も多いと思われますので、そのような場合には不足感を感じます。これはそのような再生を意図していないわけですから仕方のないことではあります。<BR> <BR> <BR> <strong><u>製品としての良い点・悪い点</u></strong><BR> <BR> AKG K702 はプロ業務用ヘッドフォンです。ヘッドフォンの左耳の部分に3芯のミニ XLR プラグを挿し込むようになっており、ケーブルとヘッドフォンを分離できます。これはケーブルを別の高音質品に変更できることを意味しています。オヤイデやオーグラインのような高級ケーブルに変更することでさらに音質を上げることが出来るようになっています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07673.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07673s.jpg" alt="DSC07673" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> ケーブルは3メートルと長く、かなり遠くまで移動することが可能です。ただし、コレは欠点でもあり、ケーブルに躓いたり踏んづけたりします。ケーブル交換をするなどして、自分にあった長さに調整しましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07670.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07670s.jpg" alt="DSC07670" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> さらにケーブルの反対側はこのように 6.3mm ステレオプラグと 3.5mm ステレオミニプラグの両方が使えるようになっています(どちらも同梱されています)。ステレオプラグをくるくる回して外すとミニプラグが出てきます。これは非常に便利です!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07671.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07671s.jpg" alt="DSC07671" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> インピーダンスは 62Ωと比較的高く、PC のオンボードイヤホン端子から再生するのは厳しいです(再生されますが十分にドライブできない)。別途サウンドカードやオーディオインターフェース等の購入をお勧めします。<BR> <BR> また、AKG K702 は最近はやりの開放型ヘッドフォンで、反対側から音が漏れるようになっています。これにより密閉型ヘッドフォンにはない音抜けの良さを実現しています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07674.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07674s.jpg" alt="DSC07674" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> どれぐらい音が漏れるかですが、心配しなくても聴いている音量と同じぐらい漏れたりはしません。音量を大きくして太腿にあてて聴いてみたところ、主観ですが音量は聴いている音量の10分の1ぐらいで低音よりも高音が比較的よく漏れます。大音量なら周りには何を聴いているかははっきり聴こえますので、間違っても電車の中などで聴く用途には向きません。中程度の音量でも傾向に変わりはありませんでした。<BR> <BR> <BR> <strong><u>デザインの良し悪し</u></strong><BR> <BR> AKG K702 ヘッドフォンはプラスチック製です。木目調のような高級感はありませんが、上質なプラスチックを使用しており、安っぽさとは無縁です。耳の周りにあたる部分は柔らかいクッション素材を使用しており違和感なく装着することが可能です。また、このクッション部分は軽く左に回すと簡単に外せるようになっており、洗濯が可能です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07679.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07679s.jpg" alt="DSC07679" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> ヘッドに当たる部分はこのように特殊なコブ状の形状になっています。人間工学に基づいたものらしいのですが、若干固めでネット上での評判も悪く、長時間装着が厳しい方もおられると思います。ただこれは次に紹介するゴムのせいであって、コブのせいではないと私は思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07676.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07676s.jpg" alt="DSC07676" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> このヘッドフォンで唯一許せないのが、下の写真のこのゴムの部分。片方上下2本出ているのが分かりますでしょうか。ヘッドフォンの高さを調整する機能を持っているわけですが、別にゴムのデザインがダサいと言うわけではありません。キツイんです。ゴムがキツイのでコブが頭に刺さる感じがしてとても長時間装着していられません。「AKG のヘッドフォンはハゲる」と言われる所以はここにあります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07677.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07677s.jpg" alt="DSC07677" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> 私の場合1時間は無理でした。みなさんにも当てはまる方がおられると思います。対策として、私はビニールバンドを使ってゴムが伸びきった状態で留めて使用しています。これで何時間でも装着していられるようになりました。下の写真の感じです。AKG ロゴの上側の黒いビニールバンドです。ダサいでしょ!かわいいヤツです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07675.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07675s.jpg" alt="DSC07675" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> <BR> <strong><u>向いている音楽・人</u></strong><BR> <BR> 初めに紹介した通り、AKG K702 は全領域フラットなモニタ用ヘッドフォンです。<BR> <BR> その基本性能の高さから普段イヤホンや簡易ヘッドフォンを使用されている方は確実に低音・高音が増した感じがするでしょう。逆に、音楽に躍動感や迫力を求める味付けされたヘッドフォンを使用されている方は低域に物足りなさを感じるかもしれません。<BR> <BR> 音楽ジャンルで言えば、ジャズやクラシックのような音の質を求めるタイプの音楽には最適で、ロックやメタル系のような量を求めるタイプの音楽には不向きだと言えます。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ot3l5NZu.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ot3l5NZus.jpg" alt="Ot3l5NZu" border="0" align="left" width="135" height="160" /></a> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_f278_ph01.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_f278_ph01s.jpg" alt="FAZIOLI" border="0" width="160" height="129" /></a><BR> <BR> DTM/DAW のような打ち込み、音楽制作、音響・音効等に関わりのある方にも最適なリファレンスヘッドフォンであるとも言えます。実際私は DTM をやっていますが、スピーカーでよしと思っったミックスを K702 で聴くと、音楽のつなぎ目の部分が荒かったり、全体の音量バランスが不自然だったりして焦ることもシバシバあります。逆に K702 でよしとしたミックスをスピーカーで聴いて、それほど不自然だと感じたことはありません。<BR> <BR> 私の友人もこのヘッドフォンを一度貸してあげたら、次の日、すぐに注文してました(笑)。<BR> <BR> ヘッドフォンは大切にすれば10年以上長く使えるものです。ですから多少高くでも良いものを選ぶべきではないでしょうか。AKG K702 は価格以上の価値を十分に発揮してくれる逸品であると私は確信できます。それに国内メーカーの高級ヘッドフォンと比較してもそれほど高くないんですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07659.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07659s.jpg" alt="DSC07659" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> 最後に、ヘッドフォンは大音量で聴くと耳が悪くなります。大音量での長時間の視聴は避け、適切な音量で聴くように心がけましょう。何でもピアノ調律師の資格を取るにはヘッドフォンを大音量で長時間聴いてはいけないというような研究もあるようで、ゆっくりと聴力が奪われていくようです。まぁ私は子供の頃からヘッドフォンをガンガンにかけてましたので、後の祭りですが。。。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07680.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07680s.jpg" alt="DSC07680" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> それでは。<BR> </div> <BR> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/48/clap" id="fc2button-clap-48" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-48").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/48/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
37

スマートフォン

みなさ~ん、今日は私の相談を聞いてください。 最近スマートフォンって流行ってますよね。 私も時代の流れに乗って今のケータイから乗り換えようかな?とか思案中ですが、ブッチャケどれがいいんですか? 今のスマートフォンって、iPhone vs. Android みたいな構図ですよね?(Windows ってどこ行ったんだろ) それから海外製品の赤外線とかワンセグとか入っていないスマートフォン vs. 日本製の全部入りスマートフ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> みなさ~ん、今日は私の相談を聞いてください。<BR> <BR> 最近スマートフォンって流行ってますよね。<BR> 私も時代の流れに乗って今のケータイから乗り換えようかな?とか思案中ですが、ブッチャケどれがいいんですか?<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230030cd4.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230030cd4.png" alt="IvsA" border="0" width="500" height="250" /></a><BR> <BR> <BR> 今のスマートフォンって、iPhone vs. Android みたいな構図ですよね?(Windows ってどこ行ったんだろ)<BR> それから海外製品の赤外線とかワンセグとか入っていないスマートフォン vs. 日本製の全部入りスマートフォンって構図。<BR> <BR> 使いやすさや完成度で見れば iPhone が一歩優っているように見えますが、SoftBank ってところが気に入らなくって、電波の質が悪いんだろうなぁとか思っちゃいます。これってもう過去の話?<BR> <BR> Android もバージョンがあって 2.2 以上じゃないと遅いんですよね?<BR> これって後々バージョンアップされるのでたいした問題じゃないのかなぁ。。。<BR> 動作が遅いケータイは避けたいところです。<BR> 聞くところによると日本製の全部入りケータイはもっさり動作のものが多いみたいですね。<BR> 頑張れ日本の製造業!<BR> <BR> 海外製も HTC とか Samsung とかパンテックとかよく分からんですな。<BR> 出来れば日本製を買ってあげたいところです。<BR> <BR> でも動作の速い端末となるとこんな感じになるのかなぁ↓<BR> <BR> DoCoMo:Galaxy S (Samsung)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230152155.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230152155s.png" alt="galaxyS" border="0" width="160" height="128" /></a><BR> <BR> au:IS06 SIRIUS (PANTECH)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172303326c6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172303326c6s.jpg" alt="SIRIUS" border="0" width="159" height="106" /></a><BR> <BR> SoftBank:iPhone4 (Apple)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230411251.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230411251s.jpg" alt="iPhone4" border="0" width="104" height="159" /></a><BR> <BR> SoftBank:HTC Desire HD (HTC)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230456b65.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230456b65s.jpg" alt="DesireHD" border="0" width="159" height="126" /></a><BR> <BR> 日本製、1つもねーじゃねーか!!<BR> お願い、日本の製造メーカーさん、ほんとに、ほんとに頑張って!<BR> このままじゃ未来はないぞ~!<BR> <BR> それからソフトバンクにも頑張ってほしい。<BR> 話題性ばかりをさらうんじゃなくって地に足の着いたサービスを提供してほしいな。<BR> 私のような SoftBank じゃなかったら迷わず iPhone ってなユーザーも少なからずいる気がするな。<BR> お父さん嫌いじゃないし。<BR> <BR> 今日はオチが見つからなかったので、最後に Apple vs. Android のおもしろ画像を集めてみました。<BR> <BR> ドロイド君の攻撃!レーザーソード:攻撃力84<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172312198e6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172312198e6.jpg" alt="winAndroid" border="0" width="520" height="322" /></a><BR> <BR> Apple の反撃!会心の一撃!<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/winApple.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/winApple.jpg" alt="winApple" border="0" width="520" height="356" /></a><BR> <BR> 保護者対決!<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172321244d1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172321244d1.jpg" alt="Parents" border="0" width="520" height="387" /></a><BR> <BR> え~っと、今日、何が書きたかったんだっけ?<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/37/clap" id="fc2button-clap-37" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-37").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/37/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
30

サウンドカード PRODIGY HD2 ADVANCE(EEPROM 書き換え編)

大変です! 先日オーディオカードを PRODIGY HD2 ADVANCE に交換したブログを書いたんですが(こちら)、確かに音は良くなった。なったけど、Cubase 立ち上げて DTM しようと思ったらプチノイズが侵略すること火の如く、レイテンシが発生すること山の如しで、全く使えね~。こ、これは軽くヤバイですよ。 ASIO4ALL 入れてレイテンシは改善させてるはずなのに何故?と思って ASIO4ALL のコントロールパネルを見てみると、なに... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 大変です!<BR> <BR> 先日オーディオカードを PRODIGY HD2 ADVANCE に交換したブログを書いたんですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-29.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、確かに音は良くなった。なったけど、Cubase 立ち上げて DTM しようと思ったらプチノイズが侵略すること火の如く、レイテンシが発生すること山の如しで、全く使えね~。こ、これは軽くヤバイですよ。<BR> <BR> ASIO4ALL 入れてレイテンシは改善させてるはずなのに何故?と思って ASIO4ALL のコントロールパネルを見てみると、なにやら「192kHz まで対応した新入りのオーディオカード君が眩しくってスネています」みたいなエラーが出てるじゃないですか!2.10 の最新版にしてもダメ。<BR> <BR> ヤ、ヤバい!<BR> 俺の DTM ライフは終わった~!!!<BR> <BR> 何か方法はないのか?<BR> 調べてみると「PRODIGY HD2 ADVANCE は ASIO に対応している珍しいカードで、EEPROM を書き換えると使えるようになるよ」的な記述を発見!<BR> <BR> さらに調べると、EEPROM 書き換え用のデータファイルは AUDIOTRAK の日本サイトには置いてなくって、本場韓国のサーバにあるよ!」って。ふむふむ。早速行ってみよう!<BR> <BR> <a href="http://www.audiotrack.co.kr/kr/home.php" target="_blank" title="http://www.audiotrack.co.kr/kr/home.php">http://www.audiotrack.co.kr/kr/home.php</a><BR> <BR> 、、、って読めるかっ!こんなサイト!!<BR> 全て「チャングム」って書いてあるんでしょ?<BR> <BR> くじけてはいけない!<BR> こんな時役に立つのが、使いやすさ10の100乗、Google 翻訳。<BR> 調べていくとありました。<BR> <BR> まとめるとこんな感じ。<BR> (紹介しますけど、結構トリッキーなことをしていますので、自己責任でお願いします)<BR> <BR> ①下の2つのサイトにアクセスして EEPROM データファイルとドライバをダウンロード<BR> <BR> <a href="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/view.php?id=prodigyhd2&amp;page=1&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=10&amp;PHPSESSID=5cdd04e2fa49b185170f1d15fea90721" target="_blank" title="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/view.php?id=prodigyhd2&amp;page=1&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=10&amp;PHPSESSID=5cdd04e2fa49b185170f1d15fea90721">http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/view.php?id=prodigyhd2&page=1&sn1=&divpage=1&sn=off&ss=on&sc=on&select_arrange=headnum&desc=asc&no=10&PHPSESSID=5cdd04e2fa49b185170f1d15fea90721</a><BR> <BR> <a href="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/zboard.php?id=Prodigy20HiFi&amp;page=2&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=448" target="_blank" title="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/zboard.php?id=Prodigy20HiFi&amp;page=2&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=448">http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/zboard.php?id=Prodigy20HiFi&page=2&sn1=&divpage=1&sn=off&ss=on&sc=on&select_arrange=headnum&desc=asc&no=448</a><BR> <BR> ②フロッピーディスクを準備して「起動ディスク」としてフォーマット<BR>  先ほどダウンロードしてきた eeprom.zip の方を解凍してフロッピーディスクに保存する。<BR>  <BR>  ※これは、CD-ROM を使った方法もあるので、それについては<a href="http://audiotrak.co.kr/kr/customer/Lprodigy_hd2.php" target="_blank" title="こちら">こちら</a>を参照。<BR> <BR> ③PC を再起動させてフロッピーディスクから起動<BR>  デフォルトでフロッピー起動しない場合は BIOS の設定変更から起動順序を直して再起動して<BR>  ください。<BR> <BR> ④A:/ プロンプトが表示されたら "EEPRWA" と入力して Enter キー押下<BR> <BR> ⑤大きな文字絵で "PASS" と表示されたら書き換え OK!<BR> <BR> ⑥PC の電源を切り、電源ユニットにタッチしてから(静電気対策)電源コードを抜いてサウン<BR>  ドカードを外す<BR> <BR> ⑦JP4(ジャンパースイッチ) を "ON" にする(接続する)<BR> <BR> ⑧PC の電源 ON して普通に起動<BR> <BR> ⑨「新しいドライバが認識されました」と表示されたらダウンロードしたドライバの<BR>   "UnInstall_32.exe" を実行<BR>  ※Pdhd2PAN.exe じゃないですよ。<BR> <BR> ⑩アプリが起動したら "Update" をクリック(Unsinstall じゃなくて)<BR> <BR> ⑪完了!お好みに応じて Config メニューから設定を変更してください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102022029370b5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102022029370b5.jpg" alt="ProdigyHD2" border="0" width="520" height="269" /></a><BR> <BR> <BR> う~ん、確かにレスポンスは早くなった。プチノイズもない。<BR> だけど、ミキサー表示したり再生位置を変更したりするとノイズが混ざりますねぇ。<BR> 使いやすさも ASIO4ALL の方が上。まぁ、今日のところはこれでヨシとするか。。。<BR> <BR> ASIO4ALL 早く 192kHz 対応して~(泣)。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/30/clap" id="fc2button-clap-30" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-30").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/30/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
29

サウンドカード PRODIGY HD2 ADVANCE

良い音を出すために良い音源を揃える。 私も含めて皆さんなされていることと思います。 しかし、意外に盲点なのは音の出力デバイス、サウンドカードではないでしょうか? 想像できるようにパソコンの筐体の中は様々なデバイスからのノイズでいっぱいですし、電源供給環境もよくありません。高いモニタースピーカーやヘッドホンを用意しても出力の大元から汚れていては何をモニタしてるんだかよくわからないですよね。 また... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 良い音を出すために良い音源を揃える。<BR> 私も含めて皆さんなされていることと思います。<BR> <BR> しかし、意外に盲点なのは音の出力デバイス、サウンドカードではないでしょうか?<BR> 想像できるようにパソコンの筐体の中は様々なデバイスからのノイズでいっぱいですし、電源供給環境もよくありません。高いモニタースピーカーやヘッドホンを用意しても出力の大元から汚れていては何をモニタしてるんだかよくわからないですよね。<BR> <BR> また、自分で作った曲をヘッドホンで聴いていて音量が大きくなったときすぐに音が割れてしまったりしていませんか?それは高インピーダンスのヘッドホンをドライブ出来ていない可能性があります。<BR> <BR> そんなことに今更気が付いて、先日サウンドカードを交換しました。<BR> 交換したのは、これ!<BR> ネットでも評判の良い PRODIGY の HD2 ADVANCE です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212831cc5.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212831cc5.jpg" alt="PRODIGY HD2 ADVANCE" border="0" width="520" height="400" /></a> <BR> <a href="http://www.audiotrak.jp/product/?audiotrak=PRODIGY%20HD2%20ADVANCE" target="_blank" title="http://www.audiotrak.jp/product/?audiotrak=PRODIGY%20HD2%20ADVANCE">http://www.audiotrak.jp/product/?audiotrak=PRODIGY%20HD2%20ADVANCE</a><BR> <BR> このカード、全ての電子部品が白い絨毯の上に乗っています。裏側も全面絨毯。<BR> 端子類は全て金メッキ!かわいいヤツよのぅ。<BR> <BR> 早速 PCI スロットに装着。<BR> PC を再度起動してドライバインストールして、コントロールパネルからデバイスを選択するだけの簡単設定。<BR> さて、音は変わったのか?<BR> <BR> まずヘッドホンですけども、ヘッドホン出力端子が装備されていますので挿入。<BR> AKG K702 の 62Ωをものともせずドライブしてくれます。それもそのはず。このサウンドカードは 150~600Ω でも高音質再生が可能な設計になっているようです。<BR> <BR> 今まで音量が大きくなった部分で発生していたプチ(バリ?)ノイズも全く発生しません。<BR> 安心して音が聴けるようになりました!<BR> <BR> 音質についても激変!<BR> 音の分解能(分離)が良くなったことがすぐに分かります。音がイキイキとしてきました。<BR> パソコンの音からオーディオの音になった感じ。これ、もう戻れないですね。。。<BR> <BR> 高級パーツをふんだんに使用したこのサウンドカードですが、これはさらに!マニアの方にはたまらない「オペアンプ交換」が出来るカードなのです。オペアンプ(写真だと黒い8本足のゲジゲジのヤツ、3つある)は増幅器でして、オーディオの音質に大きな影響を与える電子パーツです。これを、自分の好きなのに交換できる!!<BR> <BR> 「いや、好きなオペアンプ、別にないっス」<BR> <BR> あっ、いや、ふつーの方はそうでしょうけども、あくまでマニア向けのオプションということで、、、(汗)。<BR> <BR> オペアンプは数百円ぐらいのものでして、手軽に楽しく音質の変化を楽しめるようです。私も今の音に十分慣れたらオペアンプ交換をして違いを確かめてみたいと思います。今はこれで満足だよ。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212839f3e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212839f3e.jpg" alt="PRODIGY HD2 ADVANCE2" border="0" width="187" height="141" /></a> <BR> <BR> この高級パーツをふんだんに使用したサウンドカード、1万ちょっとで手に入りますので、皆さんも試してみてはいかがですか?<BR> <BR> (後日記)次は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-30.html" title="サウンドカード ASIO トラブル編"><u>サウンドカード ASIO トラブル編</u></a>です。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/29/clap" id="fc2button-clap-29" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-29").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/29/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
26

マスターキーボード

こんにちは。 寒い日が続きますね。 突然ですけども皆さんはマスターキーボードに何を使っておられますか? 私は別にマスター用として買ったわけではないのですが KORG の TRINITY を使っています。 こいつはシンセとしては名機なんですが、マスターキーボードとしてはベロシティの分解能が甘かったり、ピアノタッチでなかったりと、あんまりいいもんじゃありません。 やっぱりマスターキーボードといえばピアノタッチの ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> 寒い日が続きますね。<BR> <BR> 突然ですけども皆さんはマスターキーボードに何を使っておられますか?<BR> 私は別にマスター用として買ったわけではないのですが KORG の TRINITY を使っています。<BR> こいつはシンセとしては名機なんですが、マスターキーボードとしてはベロシティの分解能が甘かったり、ピアノタッチでなかったりと、あんまりいいもんじゃありません。<BR> <BR> やっぱりマスターキーボードといえばピアノタッチの 88鍵キーボードだろうと思い探してみたんですが、あんまり良い評価のものがないですね。音源の搭載ありなしは別として、YAMAHA だと KX-8, Roland なら RD-700NX, M-Audio なら Oxygen 88, KORG はよくわからないけど M3XP-88 とかですかねぇ。。。どれもそれなりの評価で、本物のピアノとはまだまだ開きがあるようです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241958473f9.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241958473f9s.jpg" alt="KX-8" border="0" width="160" height="63" /></a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241959473da.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241959473das.jpg" alt="RD700-NX" border="0" width="158" height="37" /></a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420001416e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420001416es.jpg" alt="Oxygen88" border="0" width="159" height="64" /></a><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420010001e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420010001es.jpg" alt="M3XP-88" border="0" width="160" height="80" /></a><BR> <BR> <BR> 最近は不景気ですからコストを掛けてリアリティのあるピアノタッチを追求しても回収できないんでしょうね。<BR> 面白いことにバブルの頃は今よりももっと優れたピアノタッチ鍵盤があったようで、それが YAMAHA の KX-88 や Roland の A-90。とうの昔に生産終了になっているんですが、ネットでのコメントを見る限り、今のキーボードのピアノタッチよりも全然良かったようですよ。今でもオークションなどに出ればすぐに買い手がついてしまうとか。<BR> バブルって恐ろしい。<BR> <BR> う~ん、どうにかいいピアノタッチのキーボードはないものか?<BR> 聞くところによると Roland なんかのシンセはキーボード部分を輸入しているとか。<BR> で、調べてみると、この輸入元がイタリアの FATAR って会社らしく、キーボードを専門に作ってる様子。<BR> さらに調べるとこのメーカーのキーボードが StudioLogic ってブランドで売られてる。<BR> この中で最上級タッチを誇るのが NUMA(沼?)と言うキーボードで、重量がなんと 26Kg もある。<BR> これって YAMAHA KX-88 と同じぐらいの重量です。そう、バブルの重量!キター!!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NUMA.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NUMAs.jpg" alt="NUMA" border="0" width="158" height="52" /></a><BR> <a href="http://www.fatar.com/ " target="_blank" title="http://www.fatar.com/ ">http://www.fatar.com/ </a><BR> <BR> ただ、これって日本では代理店もないようで直接個人輸入するっきゃないようです。値段は 1,000ユーロぐらいなので円の強い今がお買い得かもしれませんね。誰か日本で使っておられる方いませんかね?よ~し、仕方ない。人柱になるか!?<BR> <BR> 他にも魅力的なキーボードがあれば教えてください。<BR> <BR> ごめんね TRINITY、君のこと嫌いじゃないよ~<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/26/clap" id="fc2button-clap-26" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-26").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/26/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
14

iLok2

今年もあと僅かとなりました。 今年は2曲ほど造ってみましたが、演奏はもちろんのこと、コンプ、リバーブ、何一つとっても難しいですね。日々精進です。 さて、iLok が新しくなりましたね。 私は iLok のあの(安っぽい)デザインが大っ嫌いでしてイケてるデザインになるのを心待ちにしていました。 どうです?結構イケてるでしょ。 挿すとブルーに光るんですよ!お決まりの中国製ですけど。 ブラックの部分は傷がつ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 今年もあと僅かとなりました。<BR> 今年は2曲ほど造ってみましたが、演奏はもちろんのこと、コンプ、リバーブ、何一つとっても難しいですね。<BR>日々精進です。<BR> <BR> さて、iLok が新しくなりましたね。<BR> 私は iLok のあの(安っぽい)デザインが大っ嫌いでしてイケてるデザインになるのを心待ちにしていました。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226212212738.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226212212738s.jpg" alt="iLok2" border="0" width="160" height="126" /></a><BR> <BR> どうです?結構イケてるでしょ。<BR> 挿すとブルーに光るんですよ!お決まりの中国製ですけど。<BR> ブラックの部分は傷がつきやすそうで少し安っぽい感じはします(あと、箱がチョー開けづらい)。<BR> まぁ、デザインは旧 iLok よりはよっぽどいいです。<BR> <BR> 本家 Pace では $49.95 なのですが、今年中に手に入れたかったのと、送料を考えるとあまり変わらないので、三木楽器 TOOL'S 店で予約購入しました。5,250 円でした(送料入れて 5,750円。うっ、輸入のほうが安かったかも)。<BR> <BR> IvoryⅡを購入してしまいましたので届いたら早速ライセンス登録をしてみたいと思います。<BR> 初めての登録にドキドキ。<BR> <BR> iLok を使用するためには iLok/iLok2 を用意した上で iLok.com でアカウントを作って、その iLok を認識させる必要があります。<BR> その後、ライセンスを購入したメーカーにアカウント名を通知すると(たいてい各メーカーがそれ専用のサイトを用意しています)、メーカーがそのアカウントに対してライセンスを発行してくれるようになっています。<BR> そうした上で再度 iLok.com のホームページからログインして発行されたライセンスを自身の iLok にダウンロードしてやっとライセンス登録完了になります。<BR> 初めての人にはかなり分かりづらいし面倒くさい作業ですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/logo.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/logo.png" alt="iLok.com" border="0" width="146" height="62" /></a> <a href="http://www.ilok.com/" target="_blank" title="http://www.ilok.com/">http://www.ilok.com/</a><BR> <BR> iLok で面白い(フザケてる)のは、複数の iLok を持っているとき、同じアカウント間のライセンスの移行は自由に行なえますが、違うアカウント間のライセンス転送は有料ってこと。1回の転送に $25 取られます。アホらしいです。皆さん、極力同じアカウントの iLok を使うようにしましょう!<BR> <BR> それから ZDT Coverage と呼ばれるサービスがあって、1本あたり年間 $30 支払っておくと、使っている iLok が破損・盗難・紛失なんかしたときに速攻でテンポラリライセンスを発行してくれると言うものです。ボロい商売ですね。iLok を自宅とスタジオ両方で使うような抜いたり挿したり派の方は保険をかけておいても良いかもしれませんが、通常自宅でしか使わない場合は必要ないですね。<BR> <BR> それにしてもツールや音源などノードロックなライセンスを必要とするものが DAW の世界は多いですね。 ただ、Cubase は専用の Steinberg キーだったり、VIENNA も専用キーが必要だったり、統一感のなさはどうにかならないものでしょうか。<BR> <BR> そういう意味ではオンライン登録で頑張ってる SpectraSonics 社なんかは好感が持てますね。<BR> <BR> それでは皆さま、良いお年を。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/14/clap" id="fc2button-clap-14" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-14").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/14/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。