カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
166

スケールを知っておくと便利かも

こんにちは。 今日は新しい試みでブログを展開してみたいと思います。なんと、クイズ形式!視聴者参加型のブログ運営を目指します(うそうそ、今回だけ 笑)。 今日のテーマはスケールについてです。早速ですがクイズを出してみましょう! まずこれをお聴きください。これは何でしょうか? 誰でもわかりますよね。ふつーの「ドレミファソラシド」です(笑)。これを踏まえまして、第1問目のクイズです。 ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> 今日は新しい試みでブログを展開してみたいと思います。なんと、クイズ形式!視聴者参加型のブログ運営を目指します(うそうそ、今回だけ 笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/major_kaidan.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/major_kaidans.gif" alt="major_kaidan.gif" border="0" width="122" height="159" /></a> <BR> <BR> 今日のテーマはスケールについてです。早速ですがクイズを出してみましょう!<BR> まずこれをお聴きください。これは何でしょうか?<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CDEFGABC.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 誰でもわかりますよね。ふつーの「ドレミファソラシド」です(笑)。これを踏まえまして、第1問目のクイズです。<BR> <BR>  クイズ1:<BR>  先ほどの「ドレミファソラシド」から2つ音を抜いて「演歌」にしてください(笑)。<BR> <BR> 意味が分かりますか?例えば「ミ」と「ファ」を抜いて「ドレソラシド」とかです。演歌って演歌っぽさがありますよね。その「ぽさ」を生んでいるのは何か理由があるはずです。<BR> <BR> タイムアーップ!<BR> <BR> 答えは「ファ」と「シ」でした。「ドレミソラド」が演歌です。ちょっと聴いてみてください。ほら、演歌っぽいでしょ。おーっと、勢い余って北○○郎の歌っぽくなっちゃったぞ(笑)。危ない、危ない。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CDEGAC.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Kita_Rou.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> さて、では調子に乗ってもう1問行ってみましょうか!<BR> <BR>  クイズ2:<BR>  先ほどの「ドレミファソラシド」から2つ音を抜いて「島歌風」にしてください(笑)。<BR> <BR> 島歌といえば BOOM や夏川りみあたりでしょうか。独特の沖縄っぽさがあって落ち着きますよね。<BR> <BR> タイムアーーーーーーップ!<BR> <BR> 分かりましたか?<BR> 答えは「レ」と「ラ」でした。「ドミファソシド」が島歌風です。島歌っぽく聴こえるでしょ?<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CEFGBC.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> こんな感じで、曲にはその印象を決定付けるスケール(音階)と呼ばれるものがあるんですね。これをいくつか知っておくと自身の曲作りの幅が広がると思いませんか。調べるとスケールってものすごくたくさんあるんですが、ここでは興味を持ってもらえれば良いのでいくつか代表的なもののみ紹介しますね。<BR> <BR> ■ドリア(ン)・スケール「C D E♭ F G A B♭」<BR> <BR> 私のお気に入りスケールの1つ。開放感がたまらないんですよね。これはね、何気に色んなところで登場しているスケールだと思うんですね。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DorianScale.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 単純にスケールだけキーボードで弾いても今ひとつピンとこないと思うんですが、こう言う感じで聴くと「聴いたことある」って感じません?3小節目がこのスケールの真骨頂!独特な開放感がたまらないですよね!私は果てしなく広がる草原のようなイメージが掻き立てられます。何ともいえない物悲しさもグッドです。4小節目はスケールから外れてるんですがドリアスケールを使った典型的なコード進行だと思います。<BR> <BR> <BR> ■フリジア(ン)・スケール「C D♭ E♭ F G A♭ B♭」<BR> <BR> これはひと言で言うと「スペイン」です。スケールだけ聴いてもそんな感じがしますよね。馴染みのあるコード進行を紹介するなら、やはりこれでしょうか(笑)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PhrigianScale.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> ビバ スペイン!フリジア(ン)・スケールについてはスペイン人らしきおっさんが力説している動画を発見しました。この方は「G」から始めてますね(G A♭ B♭ C D E♭ F)。<BR> <BR> <iframe width="520" height="294" src="http://www.youtube.com/embed/qlncEbZzQRE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> その他、こんなサイトも役立つかもです。<BR> <BR> ■音階<BR> <a href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%9A%8E" target="_blank" title="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%9A%8E">http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%B3%E9%9A%8E</a><BR> <BR> <BR> 外人さんって演歌とか聴いて「あー異国情緒あふれるなぁ~」とか思うのかなぁ、、、(笑)。<BR> と言うことで、今日はスケール(音階)についてのお話でした。何かの参考になれば幸いです。<BR> <BR> それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/166/clap" id="fc2button-clap-166" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-166").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/166/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="https://media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
  • Date : 2012-05-12 (Sat)
  • Category : 作曲
163

曲作りで苦労した点など2

前回、オリジナル曲「夜の風」の製作に当たって苦労した点などを綴ってみたのですが(こちら)、結構反響がありまして、色々な方からコメントなど頂きました。実体験に基づいた情報って結構需要があるんですかねぇ。皆さんも同じようなところで苦労されているのかなと、シンパシーを感じました。と言うことで今日は前回の続きをもう少し書いてみたいと思います。退屈な方もおられるでしょうが、お付き合いください(文章多いよ~ ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回、オリジナル曲「夜の風」の製作に当たって苦労した点などを綴ってみたのですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-162.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、結構反響がありまして、色々な方からコメントなど頂きました。実体験に基づいた情報って結構需要があるんですかねぇ。皆さんも同じようなところで苦労されているのかなと、シンパシーを感じました。と言うことで今日は前回の続きをもう少し書いてみたいと思います。退屈な方もおられるでしょうが、お付き合いください(文章多いよ~ 笑)。<BR> <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4259699de1bb8bafb0f28b9f200c7815.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4259699de1bb8bafb0f28b9f200c7815s.jpg" alt="4259699de1bb8bafb0f28b9f200c7815.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ふたたび曲先か詩先か?</span><BR> <BR> 結構ご意見を頂きました。<BR> どちらを先に作成するのも一理あると思います。ただ、この議論はいい曲を作ると言う「目的」に対する「手段」の考察であり、目的が十分に達成されるなら「手段」はそれほど重要でないように感じます。音楽は第一に感性ですから、いい曲を作るためには自分自身を好循環の(感受性の高い)環境に陥れる工夫が必要です。最初はいろんな方の意見を参考に自分でやってみて自身の好環境を構築してください。<BR> <BR> なお、前回も述べた通り私の場合は詩先です。<BR> 私も一度メロディを先に作って後から詩を乗せてみたことがありますが、結果は惨敗。気に入った歌詞や単語はメロディに合わず、メロディに合う文字数の単語にはろくなものがない。それの繰り返しで orz しました。歌詞はダイレクトに届く分、メロディより柔軟性に劣ると感じます。<BR> <BR> それから、歌詞から得られるインスピレーションを曲に反映させる面白さも特典の1つかなと思いました。逆にメロディが先にあってそれからインスピレーションを得て歌詞を書くのはイメージが沸きませんね。私の場合、詩があるからこそメロディが作りやすいとさえ感じています。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■凝ったメロディの功罪</span><BR> <BR> つまらない話を1つ。<BR> 鬼面瓦ってご存知ですか?古い家の屋根にあったりする悪除けの装飾鬼瓦です。<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mita-webshop_yamaguti-rokusun.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mita-webshop_yamaguti-rokusuns.jpg" alt="mita-webshop_yamaguti-rokusun.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> 昔、あるお城の鬼面瓦作りに2人の名士が名乗りを挙げたそうです(一人は偽者)。どちらに任せるか決めるために城主が試しに1枚作らせてみました。偽者の方は技巧を凝らし陰陽を付けた迫力のある鬼面瓦を作ったのですが、本者の名士は何の変哲もない単純な物を出したそうです。<BR> <BR> 城主は当然本者の名士に怒ってしまうのですが、本者の名士がここでひとこと言うのです。「この瓦を実際の位置に飾って見てほしい」と。すると偽者の鬼面瓦は細かな陰陽など見えるはずもなくインパクトを与えられない一方で、本者の名士のそれは名士の名に相応しい迫力と様相を呈したそうです。<BR> <BR> 私はこの点は注意してメロディを作っています。しかも聴き手が曲を聴いてくれるのはママ以外1度だけです。どんなに自身の技術力を誇示できる凝ったメロディを作ってもそれが聴き手に残らなかったら負けだし、メロディを誰かが口ずさんでくれたら勝ちですよね(まぁ、作れないだけとも言うんですけどね 笑)。<BR> <BR> あ、それから勘違いされている方がおられたのですが、私が単純にすべきと言っているのは「メロディ」であって「曲」ではないですよ。私の今の方向性は「メロディは単純に、編曲は複雑(技巧的)に」です。メロディはダイレクトに届きますけど曲は雰囲気として届きますからね。これは本能的に感じていることです。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ボーカルはやっぱり難しい</span><BR> <BR> やっぱりね、ボーカル関連は色々と考えさせられました。ボーカルってミックスに一番難しい素材ですね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/images.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/imagess.jpg" alt="images.jpg" border="0" width="159" height="119" /></a> <BR> <BR> ボーカルの収録のお話をすると、きっとスタジオなんかではヘッドフォンをして自身の歌声がヘッドフォンにループバックされる形で収録するんでしょうけども、今回、私はそれをやりませんでした。<BR> <BR> 前回も述べたのですが、私は自分の声の聞こえ方が変わると極度にパフォーマンスが落ちるんです。よく分からないんですが音って耳だけで聴いてるんじゃない気がします。なんか体全体で聴いてる感じ(骨伝導とかあるけどそれかなぁ)。都度聴こえ方をフィードバックして次の音の音量・出し方・つなげ方をコントロールするんですが、ヘッドフォンモニタを通じて聴くなどして聴こえ方が変わると、経験的に調整した次の音もおかしく聴こえてしまい、訳が分からなくなるんですよね。ちょうど合唱からカラオケへのパラダイムシフト(笑)で受けた挫折と同じです。<BR> <BR> と言うことで今回私は iPod とイヤホンを使って、イヤホンを両耳に半挿し(自分の声も聞こえるように)して BGM だけを聴きながら歌いました。これだとイヤホンから漏れる音も収録されてしまうんですが、どうせ同じ曲と被るんだしいいかなと思って。結果、そんなに違和感ある仕上がりにはならなかったので、まぁこれも1つの方法かと。次はヘッドフォンモニタを試してみます(笑)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ボーカルが溶けない、、、</span><BR> <BR> 収録したボーカルをミックスするとボーカルだけ浮きません?<BR> 恥ずかしいぐらい前に出てきてしまって曲の雰囲気とマッチしないんです。こう言う経験したことある人って多いんじゃないかな。<BR> <BR> 色々原因と対策を考えました。こんなことぐらいは考えたかな?<BR> <BR>  ①ボーカルのモノラル収録が原因?<BR>  ②コンプレッサで奥に引っ込ませる<BR>  ③ショートディレイで残響っぽさを加えてみる<BR>  ④リバーブをかけてみる<BR> <BR> ①では敢えてステレオ収録して iZotope のステレオイメージング機能を使ってステレオ感を増幅させたりして音の一点集中を避けてみました。これはこれでそれなりの効果がありますが、やっぱりボーカルはモノラルですね。ハモリやボーカルが重なる場合の回避的手法としては使えそうに感じました。<BR> <BR> ②③④もそれなりの効果はありますが、ボーカルを溶かす目的としては正答ではない印象です。最終的に辿り着いた答えはマイクを変えること。以前、私がこの件で悩んでいた際に使用していたマイクが ZOOM H4n でした(これも借り物なのですが 笑)。前回も書きましたが、これ宅録用としてはよろしくありません。今回「夜の風」では RODE NT1-A を使いましたが、今までの苦労はなんだったんだってくらい最初からよく溶けてくれます。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ハモリの加え方</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/606x606-49152.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/606x606-49152s.jpg" alt="606x606-49152.jpg" border="0" width="159" height="95" /></a> <BR> <BR> これも勉強になりました。<BR> 主に対等型の「ゆず・コブクロ」タイプと付属型の「一般」タイプがあると思います。普通はおまけ程度にハモリを入れるのがよろしいと思います。まず、当たり前ですがメインボーカルはモノラルで中央から動きません。で、同じく中央にハモリを重ねると聴きにくく感じます。ハモリは敢えてステレオで収録してステレオイメージングを絞った上で中央よりやや左側へ配置するのが良いように思います。<BR> <BR> ステレオで収録するのはパンニングするため(モノラルだと中央以外配置できませんからね)、ステレオイメージングを狭めるのはメインボーカルとの一体感を持たせるため、そしてやや左へ配置するのはハモリは基本的にメインより高い音を歌うからであり、オーケストラの基本から考えても音の高い楽器はステージの左側に配置するからです(私の曲のハモリを聴いてみてください)。<BR> <BR> さらにハモリは低域成分をややカットした上で音量を少し小さめにして沿える感じでメインに合わせると雰囲気が出ますね。あまり低域をカットしすぎると薄ッぺらく聴こえるので注意が必要です(私の曲では少し薄かったかな?)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■どこをどうハモるか?</span><BR> <BR> よくカラオケに行くと最初から最後までハモってくれる人や、うるさいぐらいの音量でハモってくれる人がいます。もちろん好意でやってくれているのですが、私としてはちょっと勘弁です(ごめんね 笑)。曲には「ハモるべきところ」と「敢えてハモらないべきところ」があります。ハモリの特性と価値を理解して効果的に使いたいですね。<BR> <BR> これが理解出来る人ならきっと最適なハモリの音量と、ハモリの歌い方がメインボーカルのそれと違うことも知っていると思います。つまりメインに添えるような音量で歌い、音程はメインが滑らかにシフトするのに対してハモリは的確に次の音を狙って飛ばなければ冗長になります。同時にメインとの音程差を常に意識して音ズレを瞬間的に補正する技術力も必要です。<BR> <BR> 打ち込みではこのような点を意識して必要なら VariAudio のような機能を使って補正していくと良い結果が出ると思います。また、具体的に曲のどの箇所にハモリを入れるかはセンスによるところが大きいので一概には言えませんが、入れてみて曲が良くなれば○、グチャっとなれば×です。ちなみに私はサビにハモリを入れられない曲はメロディとして失敗している可能性があると考えてメロディ作りをしたりしています。<BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/7j8fvv83riq6">夜の風</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> なんかこう言うお話って尽きませんけど、今回のお話は詰まらなかったかな。ごめんなさい。<BR> それでは、楽しいゴールデンウィークを! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/163/clap" id="fc2button-clap-163" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-163").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/163/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-04-28 (Sat)
  • Category : 作曲
162

曲作りで苦労した点など

こんばんは。 先週末にご紹介したポップスの処女作「夜の風」ですが、今日はその製作の裏側についてお話してみたいと思います。ご自身で曲を作って歌ってみたい方なんかの参考になればと思います。 夜の風 by AnimalsMaster ■どうやって曲の構想をまとめるか 以前、ブログの作曲シリーズで「曲先か詩先か」についてお話したことがあります(こちら)。一般的には曲先で歌詞を後からつける方が作りやすいと書... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんばんは。<BR> <BR> 先週末にご紹介したポップスの処女作「夜の風」ですが、今日はその製作の裏側についてお話してみたいと思います。ご自身で曲を作って歌ってみたい方なんかの参考になればと思います。<BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/7j8fvv83riq6">夜の風</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■どうやって曲の構想をまとめるか</span><BR> <BR> 以前、ブログの作曲シリーズで「曲先か詩先か」についてお話したことがあります(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-137.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。一般的には曲先で歌詞を後からつける方が作りやすいと書きましたが、私個人の意見としては詞先の方が作りやすいなと感じました。<BR> <BR> と言うのは曲は目で見えないので少しでも具体的なイメージ・材料があった方が作りやすいのです。歌詞が先にある場合、その歌詞の構成・語呂・イントネーション等に合わせて曲調やメロディを考えられます。メロディの種を歌詞に合わせて変化させていく手法が選択できます。<BR> <BR> また、この方法は似たような曲になりづらいメリットがあるようにも感じました。メロディを作っていくと残念なことに必ずトラブります。メロディと歌詞が合わない部分が出てくるのです。これを打開するのは容易ではありません。ちょっと変わったメロディやコードを盛り込めば、なんだかそれまでのメロディラインの統一感が喪失したように聴こえ魅力ないメロディに聴こえるのです。曲を作る人間にとって魅力ないと感じている曲を作らなければならないことほど苦痛はありません。<BR> <BR> しかし、いくらか経験を重ねてみてこれは同時にチャンスであることに気が付きました。メロディがおかしく聴こえるのは自身に「それまでのメロディの流れ」と言う見えないバイアスがかかっているようです。例えば数日音楽から離れて改めてメロディを聴いてみると「それほどおかしいこともないか」と言った感じ方に変わることがよくあります。そして、この感受性のシフトが先ほどの「似たような曲になりづらいメリット」を生んでいることに気が付きました。<BR> <BR> 曲を作る際には「集中して曲を構成する時間」と「自分とその関連の曲を一切聴かない時間」の両方が必要だと思います。そして後者はその期間が長いほど良い結果が生まれるようですが、あまり長すぎると興味が薄れますね(笑)。ほどほどに。ちなみにこの「自分とその関連の曲を一切聴かない時間」は編曲やミキシングの各段階でも必要(有効)に感じます。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■一番苦労したことは?</span><BR> <BR> 結論から言うとボーカルの収録です。<BR> ボーカル収録では「収録用の歌い方」が必要であると感じます。<BR> <BR> 私は合唱やカラオケの経験がありまして、それなりに音程も取れるのですが、合唱とカラオケでは歌い方がまるで違います。学生時代に合唱をやっていたころ初めてカラオケに行ったのですが、あのときほど自分の歌が下手だと思ったことはありませんでした。ショックでした。モニタから自身の音声が返ってくるからでしょうか?とても異質な感じがして慣れるのに大変苦労しました。<BR> <BR> 実は私、現在カラオケは結構ブイブイ言わせてる方なんですが(死ぬまでにカラオケ喉自慢でカネ全部鳴らすのが夢です!笑)。カラオケの歌い方も実は結構テクニックがあります。それはまた気が向いたら記事にしましょう。<BR> <BR> 閑話休題。ボーカル収録は合唱ともカラオケとも違った歌い方が要求されると感じました。これは私が宅録だからなのかもしれないのですが、歌うというよりはマイクに語りかけるようなイメージで声を出す方が良い結果が出るように感じます。<BR> <BR> これはつまり音圧(音量)をあまり上げないで歌うことを意味するのですが、音圧を上げて歌うと低音は出しにくくなると同時に音の形が平べったくなって品位が崩れます(今回の曲でもそうなっている音がありますが)。この現象はしゃべるように歌うことで解消されます。そしてマイクはその音量でもきちんと音を拾ってくれます。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■使用したマイク</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/235937.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/235937s.jpg" alt="235937.jpg" border="0" width="159" height="125" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rode_nt1afbb_2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rode_nt1afbb_2s.jpg" alt="rode_nt1afbb_2.jpg" border="0" width="160" height="80" /></a> <BR> <BR> ちなみに今回私が使用したマイクはこれ。RODE NT1-A。入門向けコンデンサマイクの王道的な製品なんですが、十分実用的な仕事をしてくれます。今でこそ収録された音に不満もありもう少しいいのが欲しいなと思いますが、最初に使ったときは「こんなに綺麗に録れるんだ!」って驚きましたね。ギターの収録なんかも問題ないですよ。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201104070330180ca.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201104070330180cas.jpg" alt="201104070330180ca.jpg" border="0" width="158" height="74" /></a> <BR> <BR> 参考までによろしくないかなって思う機材としてはこういうヤツ。これはこれでいい製品なんですが(多機能だし)、やっぱりコンデンサマイクに比べるとハッキリ見劣りしてしまいます。頑張っていい音で収録したい方はコンデンサマイク、試してみてください(NT1-A と H4n は NT1-A の方が安い、、、)。もう少しだけ言うと、今回使用した NT1-A は実は借り物でして(笑)、私個人としては AKG の C214 あたりが値段も手ごろだし一番良いかなと思っております。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/06-551126200_m.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/06-551126200_ms.jpg" alt="06-551126200_m.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <span style="font-size:large;">■ボーカル収録時のポイント2</span><BR> <BR> もう1つ勉強になったのが収録の方法。<BR> 宅録の場合はスタジオと違って気が済むまでやり直しが出来ますから、いいのが取れるまで何度でも歌っていいとこ取りすれば最高の作品が出来る! どうもこの考え方、違うみたいです。。。(笑)<BR> <BR> まず、回数を重ねるごとに喉がへたってきます。小音量時には声がカスれたりザラザラした音になったり、音の消え際をスッと消せなくなったり。良い録音が録れる可能性が減っていきます。私は1日の収録は最高でも3テイクまでと決めました。これ以上は声の質が明らかにダメ。<BR> <BR> また、部分的なミスが気になるケースもありますよね。そう言う場合その箇所だけを再度録り直したりするんですが、ミキシングのときに前後のソースと違和感が生じる場合があります。そのときのマイクとの微妙な距離が影響しているのだと思いますが、時間による気温や湿度の変化もあるかもしれません。採用するソースはなるべく一気通貫にした方が良いように感じました。<BR> <BR> ----<BR> <BR> 長くなりそうですので、ここから先のお話はまた次の機会にしましょうか。<BR> 何かの参考になれば幸いです。それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/162/clap" id="fc2button-clap-162" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-162").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/162/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-04-25 (Wed)
  • Category : 作曲
161

オリジナル曲:夜の風(動物使いバージョン)公開!

こんにちは。 今日は久しぶりに音楽の話題。昨年末から年初にかけて作曲した「夜の風」。まずは "THE 歌謡曲" と題してバラード曲を作りたく Music Track で知り合ったじょじょさんから歌詞を頂きまして初めてアレンジしてみました。 1月末には既に出来上がっており、じょじょさんが歌ったものが Music Track にアップされているのですが(こちら)、今日は私が歌ったものをご紹介したいと思います。言い訳は後で綴るとして... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> <BR> 今日は久しぶりに音楽の話題。昨年末から年初にかけて作曲した「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-139.html" target="_blank" title="夜の風"><u>夜の風</u></a>」。まずは "THE 歌謡曲" と題してバラード曲を作りたく <a href="http://musictrack.jp/" target="_blank" title="Music Track"><u>Music Trac</u>k</a> で知り合ったじょじょさんから歌詞を頂きまして初めてアレンジしてみました。<BR> <BR> 1月末には既に出来上がっており、じょじょさんが歌ったものが Music Track にアップされているのですが(<a href="http://musictrack.jp/musics/44961" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、今日は私が歌ったものをご紹介したいと思います。言い訳は後で綴るとして(笑)よろしければまずは聴いてみてください。<BR> <BR> <hr size="1" /> <BR> <span style="font-size:x-large;">夜の風</span><BR>作詞:じょじょさん 作曲/編曲:動物使い <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" alt="jkt15786_1328930007_i.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a><BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/7j8fvv83riq6">夜の風</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> こんなに風の 冷たい夜は <BR> 不意にキミを 思い出す <BR> 交わした言葉の 少なさが <BR> かえって想いを 強くする <BR> 同じ匂いを持つキミの <BR> せつなさ か弱さ はかなさを <BR> そばで抱きしめ あたためることも <BR> できはしない ボクだけど <BR> せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように <BR> ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す <BR> <BR> こんなに星の 少ない夜は <BR> 不意にキミを 思い出す <BR> 交わした想いの 切なさが <BR> ふたりの間を 行き来する <BR> 交わることのないキミの <BR> いとしさ かわいさ りりしさを <BR> そばに寄り添い たしかめることも <BR> できはしない ボクだけど <BR> せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように <BR> ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す <BR> <BR> 光を失った夜の中で キミへの想いを灯して <BR> 温もりを失くした夜の中で キミへの想いを抱きしめて<BR> <BR> <hr size="1" /> <BR> 如何だったでしょうか。<BR> 使用した音源類について紹介しておきますね。<BR> <BR>  ピアノ:<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="Ivory II Italian Grand"><u>Ivory II Italian Grand</u></a> <BR>  ギター:<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-143.html" target="_blank" title="Real Guitar 2L"><u>Real Guitar 2L</u></a> <BR>  ベース:Trilian <BR>  ドラム:BFD2 <BR>  弦楽器:<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" target="_blank" title="HALion Symphonic Orchestra"><u>HALion Symphonic Orchestra</u></a> <BR>  風の音:<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank" title="Omnisphere"><u>Omnisphere</u></a><BR> <BR> ピアノの音とアレンジは割りとキレイかなって思っています。アコギはスライド音なんかも雰囲気付けに入れています。最後のソロはどうかなぁ。ベースの Trilian はなかなか太い音が揃ってまして重宝します。ドラムの BFD2 は音はいいけど使いづらい!弦楽器は雰囲気を大事にしました。裏の旋律としてどうでしょうか。Omnisphere はエキストラ出演ですね(笑)。<BR> <BR> 歌ってみて改めて感じたのは「音が低い!」。元々この曲はじょじょさんの音域に合わせて作ったもので私の音域には合っていないんですね。曲を作ったことがある方なら分かると思いますが、ミックスってカラオケみたいに音程をポン!っと上げればいいものじゃないんですね。半音上げるだけでバランスや表情が全く変わってしまってお話になりません。曲を作る方は調決めは編曲の前までに行うのがいいですね。<BR> <BR> 最近ブログや音楽からも遠ざかっていたり、モニタスピーカーがぶっ壊れたりで(笑)ちゃんとミックスできてるか心配ですが、この曲にも区切りをつけないと次へ進めませんからね。編曲やミックスの段階で気付いたことなどもブログで綴っていければと思っています。<BR> <BR> DTM って難しいけど面白いですね!それでは!!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/161/clap" id="fc2button-clap-161" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-161").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/161/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-04-21 (Sat)
  • Category : 作曲
152

オリジナルの曲を作る(第6回:上手にパクれ!)

さて、久しぶりに作曲のお話でもしてみましょう。今日のタイトルは過激です。あえて過激に書いているわけですが、既にある曲を引用して自身のメロディを考えてみるのは1つの有効な手段です。この方法を用いて1つメロディを作ってみましょう。 歌詞はお馴染み、こちらの詩から。今日は最後のDメロを作っていきます。 ポップスでも良くあるパターンですが、ABサビが何回か続いた後、全く違うDメロが出てきて締めくくるパタ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> さて、久しぶりに作曲のお話でもしてみましょう。今日のタイトルは過激です。あえて過激に書いているわけですが、既にある曲を引用して自身のメロディを考えてみるのは1つの有効な手段です。この方法を用いて1つメロディを作ってみましょう。<BR> <BR> 歌詞はお馴染み、こちらの詩から。今日は最後のDメロを作っていきます。 ポップスでも良くあるパターンですが、ABサビが何回か続いた後、全く違うDメロが出てきて締めくくるパターン。感動的な終わりを演出するのによく使われるパターンです。<BR> <BR> ---------------------------------------------------------<BR> A<BR> こんなに風の 冷たい夜は <BR> 不意にキミを 思い出す <BR> 交わした言葉の 少なさが <BR> かえって想いを 強くする <BR> <BR> B<BR> 同じ匂いを 持つキミの<BR> せつなさ か弱さ はかなさを <BR> そばで抱きしめ あたためることも <BR> できはしない ボクだけど <BR> <BR> C<BR> せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように <BR> ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す <BR> <BR> D<BR> 光を失った夜の中で キミへの想いを灯して <BR> 温もりを失くした夜の中で キミへの想いを抱きしめて<BR> ---------------------------------------------------------<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■どこから引用するか?</span><BR> <BR> これは何だって構わないでしょう。ただ、私は少しだけ気を付けていることがあります。たいてい皆さんは好きな音楽のジャンルがあり、そのジャンルを中心に良く聴かれているでしょう。もちろん私もそうですが、引用元は自分の中心ジャンルとは別のものがいいように思います。また、ピアノ曲やクラシックなどの少し古めの曲は結構掘り出し物があります(笑)。<BR> <BR> そもそもメロディと言うのはだいたい2オクターブ(24音)とその音の長さの組み合わせで表現され、しかも音があっちこっち飛んだり調が無かったりする不自然なものはメロディになりにくいので、かなり有限なんですよね。その昔、将来メロディが出尽くして新しい音楽が生まれなくなってしまうことを心配した人がいるようですが、実際、メロディは出尽くしている感がするのも事実です。<BR> <BR> ポップスなんかは特にそんな感じがしますし、演歌なんかそもそも使う音の数が2つも少ないわけで、かなり苦戦です。それでもリリースされる曲が何か新しさを感じるのは編曲や音源、歌い方などの恩恵があるからですね。曲を作られる方はかなり苦労されていることと思います。<BR> <BR> そう考えると、メロディって言うのは早い者勝ちで、先に世に出した人がオリジナルです。だとすれば、いいメロディは昔の曲に多いような気がしませんか?上でも述べた通り、ピアノ曲やクラシックにはとってもいいメロディがいっぱいあります。いつもと違うジャンルの曲を聴いていいメロディを覚えておくのも1つの作曲スキルと言えるのではないでしょうか。うるさい著作権にも抵触しませんしね。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■やってみよう!</span><BR> <BR> 歌詞によく合いそうなモチーフが見つかったら当てはめてみましょう。そのままでは古臭かったり曲調やリズムに合わなかったりするでしょうから少しずつ加工していきます。私はこのDメロにこんなメロディを当てはめました。さて、引用元の曲は何だったか分かりますか?当ててみてください! ヒント:わりと有名なピアノ曲ですよ!<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120307214005f6c.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <span style="font-size:large;">■引用された例</span><BR> <BR> 先週、ケーブル比較の記事で世界の歌姫セリーヌ・ディオンの「All By Myself」をリファレンスに挙げたのですが、この曲は元々エリック・カルメンと言う方が作った曲です。全米第2位を記録し、数々のアーティストがカバーしているのですが、この曲はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の第2楽章をモチーフにしています。全3楽章から成るこの曲は前後の第1・第3楽章とは対照的に穏やかな曲調で、今風に言えばバラードです。2つの曲を並べてみますので、どこがモチーフになっているか探してみてください。<BR> <BR> <strong>All By Myself(エリック・カルメン)</strong><BR> <iframe width="520" height="382" src="http://www.youtube.com/embed/9AFUvn9zsT4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> <strong>ピアノ協奏曲第2番第2楽章(ラフマニノフ)</strong><BR> <iframe width="520" height="382" src="http://www.youtube.com/embed/sqwVHE_qDZQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> ※下にラフマニノフのお勧めのCDも紹介しておきます!演奏は申し訳ないけどこの動画より断然素敵です!<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/raf.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rafs.jpg" alt="raf.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■勘違いされたくない例</span><BR> <BR> 日本では平原綾香の「Jupiter」が有名でしょうか。これはモチーフにしたというよりはジャンルを超えてカバーしたと言った印象です。原曲が丸分かりの下品な引用ですが(笑)、まぁ、これは本人の意図したところなのだから良いのでしょう。賛否両論あるところですね。<BR> <BR> その他、中国のコピー三昧とか品位を失うような引用はやめましょう。同じ人間として、音楽を志す人間としてただただ恥ずかしいです。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■コピー、リスペクト、オマージュ、パクリ?</span><BR> <BR> 私に言わせれば、それぞれの言葉の意味などどうでも良いです。結局、自身の作品を生み出すのに何か別の作品を拠り所にしたことを取り繕って言っているだけなのですから。問題は品位。引用して出来たその作品が胸を張って自分のオリジナルだと言えるなら、それは立派な引用。そうでないならどんな言葉を使ったって一緒です。後ろめたさを覚えながら曲をリリースしてください。少なくとも私はそう考えて曲を作っています。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/152/clap" id="fc2button-clap-152" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-152").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/152/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-03-07 (Wed)
  • Category : 作曲
146

オリジナルの曲を作る(第5回:最も感情的な歌詞から考える)

今日は前回からの続きでメロディー作りのアプローチについて私流を書いていきます。前回までは論理的な思考でメロディを作ったので文章としても比較的表現しやすかったのですが、今回からは感性の割合が高くなっていきますので難しいですね。今回は「②最も感情的な歌詞(いわゆるサビ?)から考える」を実践してみます(お話が見えない方はお手数ですがこちらの初回からお読みください)。 (ひとこと:毎回ピアノのメロディば... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は前回からの続きでメロディー作りのアプローチについて私流を書いていきます。前回までは論理的な思考でメロディを作ったので文章としても比較的表現しやすかったのですが、今回からは感性の割合が高くなっていきますので難しいですね。今回は「②最も感情的な歌詞(いわゆるサビ?)から考える」を実践してみます(お話が見えない方はお手数ですが<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-137.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>の初回からお読みください)。<BR> <BR> (ひとこと:毎回ピアノのメロディばっかりで、ぶっちゃけつまんないですよね(笑)。そんな方はこの記事の最後を読むとちょっと読む気が出るかも、、、笑)<BR> <BR> さて、曲にも詩にも盛り上がるところがあるわけで、そこが聴かせ所ですよね。私は温度を使って曲の盛り上がりを探しますので(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-139.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、歌詞の中から最も温度の高い(低い)箇所を探します。歌詞はこちら。普通はCメロにあるんですよね(笑)。<BR> <BR> ---------------------------------------------------------<BR> A<BR> こんなに風の 冷たい夜は <BR> 不意にキミを 思い出す <BR> 交わした言葉の 少なさが <BR> かえって想いを 強くする <BR> <BR> B<BR> 同じ匂いを 持つキミの<BR> せつなさ か弱さ はかなさを <BR> そばで抱きしめ あたためることも <BR> できはしない ボクだけど <BR> <BR> C<BR> せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように <BR> ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す <BR> ---------------------------------------------------------<BR> <BR> 確かにCメロの2行目は温度が高そうです。『「瞬きに」が一番だ』と言う方もおられれば『いや、「託す」だ』って人もいるでしょう。それは感性なのでどっちでもいいのです。私は「瞬きに」が一番かなぁ。で、この詩を良く見ると、もう1つ反対にものすごく温度が低い箇所がありますよね。Bメロの2行目です。ここだけ詩が3つに割れて他と形も違うので、作詞者が何か言いたげなのは間違いないんですね。<BR> <BR> この2つが分かると、メロディをどのように構成したらいいか概略が見えてきます。Bメロの2行目は最も温度が低いですから、最も暗く悲しいメロディを配置する。と言うことは1行目はその導入でなければなりません。そして、2行目の暗さを過ぎるとCメロに向かってだんだん緩んでいき、Cメロの2行目で最も暖かいメロディを配置する。<BR> <BR> 勘違いして欲しくないのは、「温度が低い=メロディが暗い(短調)」は正解ですが、「温度が低い=メロディの音程が低い」ではないこと。暗くても盛り上がりであるのでメロディとしては音は高く(つまり印象的に)するべきです。ですから、BメロとCメロで山が2つあるイメージですね。<BR> <BR> で、なんでこんな概略を先に考えるかって言うと、初心者さんがメロディやフレーズが作れない原因って、メロディが浮かばないからじゃなくて浮かびすぎてどれも今ひとつに聴こえるからなんです。皆さんもそうじゃないですか?ちょっと出てきたけど後が続かないとか、前の方が良いと思い始めたとか、コード進行が似ていてダサく感じるとか、キーが少し高すぎる気がするとか。そう言うのをなるべく排除するために方向性を先に決めます。 <BR> <BR> ■実際考えてみよう!<BR> <BR> さて、では最初の盛り上がりであるBメロの2行目のメロディを考えて見ましょう。<BR> ここは歌詞が3つに割れています。そして同じ内容の言葉(せつなさ・か弱さ・はかなさ)が韻まで踏んで並んでるんですね。だからものすごく強調したいってこと。なのでメロディも同じリズムを3回ぶつけます。そして同じものが繰り返される場合は2回目以降をより印象的にするのは何事でも共通です。例えばこんな感じ。音が段々高くなって最後ではじけてますよね。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze20120211B1.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> そうすると、既に作成済みのAメロとの間に挟まれたBメロの1行目は、Bメロ2行目につなげるため(さらにはAメロとの違いを出すため)に少し暗めの導入にしつつBメロ2行目を暗示するようなメロディにしなきゃいけなさそうなのですが、Bメロ1行目は3つに割れてないんですよねー 汗)orz と言うことで、今回は無理やり3つに割ってみました(笑)。こんな感じ。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze20120211B2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ちょっと言葉数が少なくって間がもってない感じです。正直困りました。色々試してみたものの最終的にやっぱりこれかな、、って。ただ、逆に考えれば音楽に余裕が出来たとも言えます。つまり空いたところは伴奏で埋めるわけです。私も含めて初心者の方って逆にこう言う余裕を持たせたメロディを作るのが難しかったりしませんか?昔の鬼束ちひろみたいな息継ぎする暇もないような、、、(笑)。メロディにぽっかり穴を開けてみるのも案外良かったりします。<BR> <BR> と言うことで、今回は最も感情的な歌詞から考えてみましたが、もう1つヒントを挙げるとすれば、感性でメロディを付ける場合はピアノで弾いてはダメ。必ず口ずさむこと。同じメロディでも歌うのと弾くのでは全然印象が違います。ピアノで弾くとどんなメロディも白けてしまいます。これじゃ乗れないし濡れないんですよね(笑)。共感して頂けます?<BR> <BR> っと、ここで重大なお知らせ?です(笑)。<BR> 実はこの曲、既にミキシングまで完成しておりまして、作詞者であるじょじょさんが歌ったものが出来上がっております。いずれまじめに記事にしますが、興味がありましたら是非お聴きください!ま、歌謡曲も初めて作ったわけですが、まぁまぁこんなものかと。このブログでは私が歌ったバージョンでも<s>後悔</s>公開しようかな(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" alt="jkt15786_1328930007_i.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/44961" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/44961">http://musictrack.jp/musics/44961</a> <BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/146/clap" id="fc2button-clap-146" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-146").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/146/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-02-11 (Sat)
  • Category : 作曲
144

オリジナルの曲を作る(第4回:モチーフを引用する)

前回の記事はこちらから。 今回はタイトル通り、作ったモチーフを上手に使い回すお話です。 どんなジャンルの曲でもそうなんですが、1つのリズムやメロディと言った「モチーフ」を曲全体で色んな形でアレンジして使い回す手法は良く用いられています。 モチーフを引用する箇所や範囲は様々ですが、これは要するに曲に対して統一感を持たせるための手法ですよね。それに聴いたことのあるリズムやメロディが再登場する... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回の記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-141.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/thumbbig-24187.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/thumbbig-24187s.jpg" alt="piano" border="0" width="159" height="106" /></a> <BR> <BR> 今回はタイトル通り、作ったモチーフを上手に使い回すお話です。<BR> どんなジャンルの曲でもそうなんですが、1つのリズムやメロディと言った「モチーフ」を曲全体で色んな形でアレンジして使い回す手法は良く用いられています。<BR> <BR> モチーフを引用する箇所や範囲は様々ですが、これは要するに曲に対して統一感を持たせるための手法ですよね。それに聴いたことのあるリズムやメロディが再登場すると、聴き手は面白さ・新鮮さ、もちろん統一感も感じるんですよね。<BR> <BR> それにこの恩恵は作曲者側にもあって、なんてったって同じメロディを使い回せばいいんだから新しいメロディを考えるより楽です。今はエコの時代でもありますし(笑)この「モチーフの引用」って方法を使わない手はありません!<BR> <BR> 引用のさせ方としてはこんなのがありますかね。他にもアイデア次第で色々出来ると思います。是非取り入れてみましょう!<BR> <BR>  ①単純に2回くりかえす(2回目は少し発展させると面白いですね)<BR>  ②長調のメロディが短調になる(またはその逆、転調したりも)<BR>  ③曲の最初と最後を同じメロディで締めくくる(間奏で登場とかも)<BR>  ④あるメロディのときに以前のメロディがバックで流れる<BR>  ⑤アルバムの中で同じモチーフをアレンジを変えて用いる<BR> <BR> ①なんかはピアノ曲でも良く使われていますよね。同じ演奏を2回繰り返してあげることで聴き手にメロディの印象付けをする。②はオーケストラではお馴染みの手法。テンポや演奏する楽器も変わってとても面白いです。③は POPS でもよく使うんじゃないでしょうか。ピアノメロディで演奏が始まってピアノで締めくくるみたいな。④はパッフェルベルのカノンみたいな演出でしょうか。コード進行が同じメロディが2つあるならバックで流すと印象的になります。⑤これは編成の大きな曲に多いですね。<BR> <BR> 私の曲作りの中でもこれらの手法を組み込んでメロディを作っていきたいと思います。まずは①の小規模な引用から。前回、Aメロの前半メロディ(「思い出す」まで)を作成しました。今回はこの後半を、前半のメロディを引用して作ってみましょう。<BR> <BR>  Aメロ<BR>     こんなに風の 冷たい夜は    ←前半<BR>     不意にキミを 思い出す     ←前半<BR>     交わした言葉の 少なさが    ←後半<BR>     かえって想いを 強くする    ←後半<BR> <BR>  Aメロ前半メロディ(モチーフ)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120125115036f57.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> まず考え方ですが、いくつかポイントがあります。<BR> ポイントとか難しそうですが、結局言っているのは当たり前のことばかりです。<BR> <BR> ■ポイント1<BR> Aメロ前半の最後を聴いてください。このメロディは終わったように聴こえますか?それともまだ続くように聴こえますか?よく分からない場合はこのメロディと比べてみてください。どちらが終わった感じがしますか?きっとこっちの方が終わった感じが強いと思います(テンポが全然違うな、おぃ)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Melody20120204_04.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> この理由はメロディ最後のコード進行が違うからなのですが、作曲法で説明すると「ドミナント」と「トニック」の違いと言うことになりますけど、そんな主要三和音のことなんかどーでもいいです。要はあなたが終わった感じにしたいかどうかが重要。<BR> <BR> 私はここはAメロ後半に続くために終わった感じにしたくありませんでした。でもAメロ後半は終わらなきゃいけないですよね。そして次にBメロが始まる感じ。これが1つ目のポイントです。Aメロ後半は終わった感じにする。<BR> <BR> ■ポイント2<BR> 2つ目のポイントは、聴き手に引用だと分からなければいけないこと。ですから後半の出だしは前半とほぼ同じ形にして、「おんなじメロディが始まったよ」って気付かせてあげる。同時にメロディのコード進行を大きく変えないと言うことも大事ですよね。コード進行が変わると違う印象のメロディに聴こえてしまいます(でも最後は終わった感じに変えます 笑)。<BR> <BR> ■ポイント3<BR> 3つ目は、前半より印象的であること。どんな曲でもそうですが繰り返しをするときは後から聴く方をよりインパクトの強いものにしないと聴き手が飽きます。普通は1回目より高い音を使ったりリズムをシャープにしたり大きく歌ったりしますが、インパクトを与えられればその逆でも何でもいいです。モチーフを楽しくアレンジしてみましょう。<BR> <BR> これらのポイントを押さえると割りと簡単にAメロ後半が作れます。後半の各行のうち、前側「交わした言葉の」「かえって想いを」に全く同じメロディを適用して後ろ側だけを変えたりしてもいいと思います。また、前回紹介した言葉のリズムとイントネーションの方法を合わせて使ってみてもいいですね。<BR> いくつか作ってみましょう。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Melody20120204_01.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Melody20120204_02.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Melody20120204_03.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 今回は一番シンプルなヤツを採用しますね。<BR> こうしてまたクチャクチャ喋っているうちにAメロ後半も出来てしまいました。Aメロ全体をまとめるとこんな感じになります。歌ってみて違和感がないか確認しましょう。次回は最も感情的な部分のメロディを付けていきます(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-146.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Melody20120204_05.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/144/clap" id="fc2button-clap-144" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-144").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/144/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-02-04 (Sat)
  • Category : 作曲
141

オリジナルの曲を作る(第3回:発音からメロディを作る)

前回の記事はこちらから。 早速メロディを作っていきましょう~。ところで、メロディってよく聴いてみると割りと単純だったりしませんか? 私の中の名曲は沢田知可子の「会いたい」ですけども、おんなじ音・リズムが繰り返されたりして、結構単純ですよね~。人差し指1本でピアノ弾いてみると白けてしまうぐらい(笑)。メロディって単純な方がいいんですね。心に残るってことは覚えやすいってことでもあるのかな。凝った... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回の記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-139.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>から。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/onpu.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/onpus.png" alt="onpu.png" border="0" width="159" height="94" /></a> <BR><BR> 早速メロディを作っていきましょう~。ところで、メロディってよく聴いてみると割りと単純だったりしませんか? 私の中の名曲は沢田知可子の「会いたい」ですけども、おんなじ音・リズムが繰り返されたりして、結構単純ですよね~。人差し指1本でピアノ弾いてみると白けてしまうぐらい(笑)。メロディって単純な方がいいんですね。心に残るってことは覚えやすいってことでもあるのかな。凝ったメロディを考える必要はないと思えばかなり気が楽になりますね。<BR> <BR> 結局曲をかっこよくしているのはその後の編曲とか歌い方なので、「単純で恥ずかしい」とか思わずにまずはリラックスしてメロディを作ってみましょう。そして曲を組み立てているうちに雰囲気が出来てきて、最初のメロディにアレンジを加えたり一部差し替えたりして良くなっていきますから(笑)。<BR> <BR> ■フレーズって?<BR> <BR> メロディを考える前に1つだけ言葉の整理を。「フレーズ」って言葉がありますが、これはメロディの意味を持った最小単位だと考えてください。割り切って言うと「ブレス(息継ぎ)」をする単位、若しくは作詞者が1行で書いている単位。宇宙戦艦ヤマトなら「さらばー地球よー」までです(笑)。メロディはこのフレーズ単位で考えるのが良いと思います。このブログではフレーズと言う言葉を多用します。<BR> <BR> ■どこからメロディを考えるか?<BR> <BR> じゃ、メロディを作ってみましょう。でもどこから作りますかね? いきなりメロディ全部を考えろと言われても困るので、あたりを付けていきたいです。いろいろと方法があると思うのでいくつか挙げてみましょう。<BR> <BR>  ①歌詞の発音(イントネーションとリズム)で考えてみる<BR>  ②最も感情的な歌詞(いわゆるサビ?)から考える<BR>  ③何でもいいからコードを鳴らしてメロディを口ずさんでみる<BR>  ④何でもいいからメロディをつけて口ずさんでみる(若しくは鼻歌)<BR>  ⑤違うジャンルの曲を聴いてメロディラインをアレンジしてみる(リスペクトってヤツ?)<BR>  ⑥作曲支援ソフトをポチってみる<BR>  ⑦アップルティーを飲みながら窓の外に遠い目をやる<BR>  ⑧布団にもぐって寝ながら考える<BR>  ⑨今日は諦める<BR> <BR> 下に行くほど投げやりな感じがしますが(笑)、メロディ考えてる人って冗談抜きでこんなことやってるんじゃないかな?(笑)。⑦⑧なんかはα波が出るのを待ってるんですかね。リラックスするとメロディが出やすいように感じます。私は前回紹介した曲の温度の考え方と上記の方法を組み合わせてやってます。<BR> <BR> 個人的には①はAメロに割りと効果的です。Aメロって曲の導入部なので、音も低く歌い上げると言うよりは語ってる印象が強いですよね。なので歌詞の発音に合わせると自然とメロディになったりします。また、他と違って論理思考でメロディを導くアプローチなので、理系の人にも向いてるかなぁ。。。まぁ、この方法だと最近ありがちな歌詞とメロディが全く合ってないのに無理やり歌ってるようなパー子のメロディにはなりにくいメリットがありますよね。反面、特徴的なメロディにはなりにくいかも。場面に合わせて使いたいです。<BR> <BR> 今日はこの①の方法を使ってAメロを作ってみたいと思います。今回は初回ですから詳めに書いてみますね。<BR> <BR> ■①歌詞の発音(イントネーションとリズム)で考えてみる<BR> <BR>  Aメロ前半:<BR>    こんなに風の 冷たい夜は  ←フレーズ1<BR>    不意にキミを 思い出す   ←フレーズ2<BR> <BR> まずフレーズ1からですが、最初の単語「こんなに」は、普通に発音すると「タンタタ」で音が3つになります。音の高さは、う~ん、3つとも大体同じ感じ。なのでとりあえずリズムが「タンタタ」で音の高さが同じメロディにします。こんな感じ。誰でも出来ますね(笑)。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120125112414baf.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 次に「風の」は「タタタ」もしくは「タンタンタン」。音の高さは「低高低」でしょうか。 経験から言うと音の高さはあんまり気にしなくてもいいように思います。要は歌ってみておかしくなければいいので、リズムだけは詩の言葉を採用して音程は従わないとかやってみてください。ポイントは「風の」の「の」のような付属音はあまり目立たないように(音が高くならない)ようにした方がいいってことかな。こんな感じ(2つ目は音の高さを無視した例)。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201201251124147a6.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120125112414a69.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> で、実際に口ずさみながらメロディをくっつけてみて相性がいいものを選びましょう。また、ここで一部ずらしたりちょっと違反してみたり、アレンジを加えてみたりしても面白いですよね。そんなことがすぐに出来るのもベースとなるメロディがあったからです。私はこんなのを作りました。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2012012511241486d.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> さて、ここでフレーズについてなんですが、この歌詞のフレーズはじょじょさんが2行に分けて書かれている通り「こんなに風の 冷たい夜は」までで1つですよね。ですからここまでが1つの流れになるようなメロディがグッドです。すると、上で聴いた最初のメロディはなんだかここで一息(ブレス)ついてしまってませんか? 例えばこの流れで「冷たい夜は」までメロディを付けるとこんな感じになって、2つのフレーズに分かれてしまいます(おっと、勢い余って「不意にキミを 思い出す」まで付けちゃった 笑)。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120125183630902.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> なのでこのメロディは今回は良くない。このようにしてそぐわないものを排除していきます。せっかく作ったのにね。涙)<BR> <BR> また、前回触れたように歌詞の温度を考えると、この4つに分かれた2行の歌詞で一番温度が低いのは「冷たい夜は」、高いのは「思い出す」です。「冷たい夜」なんだから温度は低いわけだし、「思い出す」んだからいいことがあった訳で温度は高めです。ですので、「冷たい夜は」の方が温度が低くなることを考えると「こんなに風の」の方を少し明るめにしておきたいです。ここで暗いメロディにすると「冷たい夜は」で温度が下がった感じがしませんので。そんなことを考えながらメロディを選定していきます。これらは使えそうですね。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120125112414f52.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> さぁ、どんどん行きましょう!後半の「冷たい夜は」も同様に考えます。「冷たい」は発音すると「タタタタ」(または「タンタンタンタン」)で、音程は文字単位で「低高高低」ですね。「夜は」は、「タタタ」(またはタンタンタン)で「高低低」です。もちろんインスピが降ってくる場合はこんなこと気にしなくてもOKです。こんな感じ。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201201251124148eb.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> また、この辺りになってくるとだいぶフレーズが出来上がってきますので可能であれば簡単な伴奏なんかをつけたりアレンジを加えたりして雰囲気追加するとよりよいと思います。このままじゃダサいですもんね(笑)。こんな感じ。最後のヤツはちょっと変わってて面白いですが、「冷たい夜は」のところで冷たくないので、今回はダメですね。。。残念。 <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201201251124220ca.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> と言うことで何だかんだ言ってるうちに1フレーズできてしまいました。慣れてくるとこれらの作業は全て頭の中でできるようになってきます。要は慣れですね。最初は時間がかかると思いますが、少なくとも0から考えるよりは遥かにメロディが浮かびやすいはずです。<BR> <BR> その後、じょじょさんと相談してAメロは紹介した最初のメロディの流れにすることにしました。後半はこんな感じになってます。今回はじょじょさんが恐らく私より年配の方であることや、純粋な気持ちを表現したいとの要望を頂いていること、ブログで紹介することなどを考えてシンプルで分かりやすいメロディにしていきたいと思います。<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120125115036f57.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> と言う訳で今回は歌詞の発音からメロディを考える方法のお話でした。次回は「②最も感情的な歌詞(いわゆるサビ?)から考える」のお話ができたらいいなぁ。それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <!-- Rakuten Dynamicad FROM HERE --> <script type="text/javascript"> <!-- rakuten_template = "160_600_img"; rakuten_affiliateId = "0ed327d0.723e6fe4.0ed327d1.b3e4ffdd"; rakuten_service = "all"; rakuten_target = "_top"; rakuten_color_bg = "FFFFFF"; rakuten_color_border = "BF0000"; rakuten_color_text = "000000"; rakuten_color_link = "0000FF"; rakuten_color_price = "CC0000"; //--></script> <script type="text/javascript" src="http://dynamic.rakuten.co.jp/js/rakuten_dynamic.js"> </script> <!-- Rakuten Dynamicad TO HERE --> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/141/clap" id="fc2button-clap-141" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-141").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/141/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-01-25 (Wed)
  • Category : 作曲
139

オリジナルの曲を作る(第2回:歌詞を分析する)

前回から作曲についてシリーズで綴っています。今回はメロディ作りのための歌詞についてのお話です。前回はこちらからどうぞ。 まずは今回の曲作りに使う歌詞を紹介しましょう。 作詞:じょじょさん 曲名:夜の風 こんなに風の 冷たい夜は 不意にキミを 思い出す 交わした言葉の 少なさが かえって想いを 強くする 同じ匂いを持つキミの せつなさ か弱さ はかなさを そばで抱きしめ あた... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回から作曲についてシリーズで綴っています。今回はメロディ作りのための歌詞についてのお話です。前回は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-137.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ。<BR> <BR> まずは今回の曲作りに使う歌詞を紹介しましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/avt15786_1306252946_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/avt15786_1306252946_i.jpg" alt="avt15786_1306252946_i.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <strong>作詞:じょじょさん</strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1324830404_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1324830404_i.jpg" alt="jkt15786_1324830404_i.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <strong>曲名:夜の風</strong> <BR> <BR> こんなに風の 冷たい夜は <BR> 不意にキミを 思い出す <BR> 交わした言葉の 少なさが <BR> かえって想いを 強くする <BR> 同じ匂いを持つキミの せつなさ <BR> か弱さ はかなさを <BR> そばで抱きしめ あたためることも <BR> できはしない ボクだけど <BR> せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように <BR> ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す <BR> <BR> こんなに星の 少ない夜は <BR> 不意にキミを 思い出す <BR> 交わした想いの 切なさが <BR> ふたりの間を 行き来する <BR> 交わることのないキミの いとしさ <BR> かわいさ りりしさを <BR> そばに寄り添い たしかめることも <BR> できはしない ボクだけど <BR> せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように <BR> ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す <BR> <BR> 光を失った夜の中で キミへの想いを灯して <BR> 温もりを失くした夜の中で キミへの想いを抱きしめて<BR> ---------------------------------------------------------<BR> <BR> この歌詞は MusicTrack で精力的に歌詞を作られている<a href="http://musictrack.jp/index.php?pid=user&amp;uid=15786" target="_blank" title="じょじょ"><u>じょじょ</u></a>さんの作品です。寒い夜と相手を思う暖かい気持ちの対比、澄んだ夜空と純粋な気持ちの交錯がとってもいい雰囲気を出していると思います。一目見て気に入ったので、私の方から附曲させてくださいとお願いしました。<BR> <BR> じょじょさんは他にも渋い詩や面白い詩などたくさん書かれていますので、是非ご覧になってください。また、私と同じように曲は何とか作れるけど歌詞はちょっと、、、と言う方も MusicTrack にはたくさんの詩人がいますから、コラボを組んでみては如何でしょうか。コラボを組むと言うことは多少の責任ができるわけですから、いままでチョット作ってはやめてしまっていたメロディも形に出来るかもしれませんよ。前進のためには自分に適度な負荷をかけていきたいですね。<BR> <BR> ■歌詞を分析する<BR> <BR> 早速メロディ作りのための準備を始めましょう。<BR> 歌詞を見てください。1行空いているところがあり、全部で3つのグループになっています。第1と第2グループは同じ形ですからこれらには同じメロディーを使い、第3グループはちょっと違う風にしたいんだと解釈できます。第3グループは曲の終わりな訳ですからちょっと盛り上がる感じの方がいいでしょうか。曲の全体像をイメージしてみてください。<BR> <BR> では第1グループを見てみます。各行の終わりの「韻」(最後の文字を伸ばしてみて何の母音で終わるか)と歌詞の意味を考えて、さらにいくつかのブロックに分割して整理みます。こんな風にするとまとまった感じがしませんか?(ABC)<BR> <BR> ---------------------------------------------------------<BR> A<BR> こんなに風の 冷たい夜は <BR> 不意にキミを 思い出す <BR> 交わした言葉の 少なさが <BR> かえって想いを 強くする <BR> <BR> B<BR> 同じ匂いを 持つキミの<BR> せつなさ か弱さ はかなさを <BR> そばで抱きしめ あたためることも <BR> できはしない ボクだけど <BR> <BR> C<BR> せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように <BR> ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す <BR> ---------------------------------------------------------<BR> <BR> Aは韻から判断して区切りました。「あ・う」が2回続いています。つまりAの中も2つに分かれると言うことですね。Bはイメージから判断しました。A・Cに比べてBは否定的な単語が多く暗いイメージじゃないですか?Cになったとたん優しい単語になります。このようにして歌謡曲で言う「Aメロ」「Bメロ」「Cメロ(サビ)」が出てきます。もちろんこれは作詞者のじょじょさんがそのように意図して詩を構成したわけですから、本人に聞くのが一番早いですけども、、、。<BR> <BR> さて、ここで動物使い流の大事なポイントを書きます。<BR> <BR> 「詩や曲には温度があります」<BR> <BR> この詩で最も温度が低いところと、高いところはどこでしょうか?<BR> 私のセンスですと、最も低いのはBメロの2行目、高いのはCメロの2行目です。なぜならBメロの2行目は一番悲しい単語が並んでいるし、他とは詩の形が違うから。Cメロの2行目はその間逆ですよね。これには大体賛同して頂けるんじゃないでしょうか?<BR> <BR> この温度と言うのはメロディを考える上でとても重要です。つまり、温度が低いところは悲しいメロディを、高いところは明るいメロディを持ってくるのです。こうすることで曲にも歌詞の温度が伝わって一体感が生まれます。勘のいい方は「温度=長調・短調」であることに気付いたと思います。その他、各ブロックの温度もイメージしてください。温度順にC>A>Bとなるはずです。<BR> <BR> ■曲の方向性をまとめる<BR> <BR> さて、歌詞の分析が終わったところで曲全体のメロディの方向性をまとめます。<BR> <BR> Aメロは前後半2つに分かれているので、1・2行目を1つの塊としてメロディーを作り、3・4行目には同じメロディーを流用する。そして全体的にそんなに明るくも暗くもないメロディーの印象にする。<BR> <BR> Bメロは暗い。特に2行目は最も暗い。さらに2行目だけは歌詞が3つに割れています。これをうまく使って最も悲しく聴こえるようにメロディをアレンジし、3・4行目はCメロの暖かさに向かって緩んでいく感じ(口で言うのは簡単ですが後で困ることになります 笑)。<BR> <BR> Cメロは通常サビになり、盛り上がるわけですが、この歌詞だと盛り上がると言うよりは落ち着いてしまっているので正直困りました。ですので暖かく柔らかくまとめることにしてみます。これはつまり盛り上がりに欠ける曲になることを決定してしまうと言う事なので、苦渋の決断です。通常は作詞者と意見交換して改変していくのが良いと思います。<BR> <BR> そして曲調は歌詞から判断してバラード。テンポは結構ゆっくり目。<BR> <BR> このように具体的にメロディを考える前に各メロディーのイメージをまとめておくと、歌詞と曲の印象が合わなかったり、メロディーの方向性がグラついたりせずに進めて良いのではないでしょうか。<BR> <BR> それでは次回はいよいよメロディを作っていきます(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-141.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/139/clap" id="fc2button-clap-139" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-139").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/139/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-01-18 (Wed)
  • Category : 作曲
137

オリジナルの曲を作る(第1回:まずは基本的なことから)

オリジナルの曲を作ってみたい方は多いと思います。しかし実際に曲を作るのはとても大変な作業です。今回はそんな作曲について、実際にオリジナル曲を1から作りながら、その過程やアプローチなんかを複数回に渡ってお話してみたいと思います。初めて曲を作る方なんかに参考になればいいかなと思います。 最初に断っておきますが、私は趣味で音楽をやっているだけの人間です。音楽理論も全く知りません。ですからここに書... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> オリジナルの曲を作ってみたい方は多いと思います。しかし実際に曲を作るのはとても大変な作業です。今回はそんな作曲について、実際にオリジナル曲を1から作りながら、その過程やアプローチなんかを複数回に渡ってお話してみたいと思います。初めて曲を作る方なんかに参考になればいいかなと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/heonkigo.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/heonkigo.png" alt="heonkigo.png" border="0" width="120" height="141" /></a> <BR> <BR> 最初に断っておきますが、私は趣味で音楽をやっているだけの人間です。音楽理論も全く知りません。ですからここに書いた内容が有識者の方から見れば間違っているかもしれませんので、そこのところは誤解のないようにお願いしますね。おかしな所を見かけたら是非あたたかいアドバイスをくださ~い。<BR> <BR> ひとえに曲を作ると言っても色んなジャンルの曲がありますが、日本人ですから今回は「THE 歌謡曲」にしましょう。使う楽器もピアノ・アコギ・ストリングスなど一般的なアレンジで考えていきたいと思います。<BR> <BR> ■曲と詩どっちが先?<BR> <BR> 歌謡曲ですから「歌詞」と「曲」の両方が必要です。どちらを先に作るかは人によって異なります。これは好みや環境(詩の才能がないとか)によりますのでどっちが正解と言うこともないですが、一般的には曲を先に作る方が簡単なようです。と言うのも「言葉」を構成することは日常的に行っている行為であり、別の言葉を使用するなどのアレンジが利きやすいからです。頑張って作ったメロディはそのままに歌詞の方をメロディにあわせるのです。<BR> <BR> ※私は鼻血が出るほど詩才がないので歌詞の作成については割愛させて頂きます(今回は別の方が作成くださったものを使用してメロディを後から付けます)。<BR> <BR> ■音楽作りの基本的な流れ<BR> <BR> まずは音楽作りの流れと一般的な言葉を整理しておきましょう。⑤までをされる方は少ないかもしれませんが、せめて④まではやりたいですね。このブログではとりあえず④までをお話できたらと思います。<BR> <BR>  ①作曲する - 歌謡曲ならメロディーラインを考える(鼻歌上等)<BR>  ②編曲する - 演奏アレンジ(曲調・テンポ・使う楽器など)を考える<BR>  ③収録する - それぞれの楽器やヴォーカルを録音・打ち込みします<BR>  ④ミックスする - 各パートのバランスや立体配置、空気感や音圧調整などを行う<BR>  ⑤マスタリングする - 別の曲などと比べて違和感のない様に調整する<BR> <BR> 最近は作曲支援ソフトなんかもありますよね。アイデアが出ないときは便利かもしれません。参考サイトを紹介しておきますね。<BR> <BR> 作曲支援ソフト:<a href="http://onluck.blog121.fc2.com/blog-category-12.html" target="_blank" title="http://onluck.blog121.fc2.com/blog-category-12.html">http://onluck.blog121.fc2.com/blog-category-12.html</a><BR> <BR> ■曲を作るのに必要なもの<BR> <BR> これは①~⑤のどこまで作るかによりますよね。①や②だけでいいなら極端な話、紙と鉛筆だけでいける猛者もいると思いますが、基本的にピアノとかキーボードとか音が出るものはあると便利です。特に歌謡曲の場合は「歌えること」が重要ですからキーを変えられるキーボードの方が良いと思います。<BR> <BR> ③④⑤になるとこれは実際に音源や DTM/DAW ソフトが必要になってきますが、Cubase/Soanr のような一般的なソフトならクオリティの問題は別として⑤まで出来なくはないです。もちろん高価な音源や自前の演奏団があればベスト。今回の曲作りでは世間一般で広く使われているソフト音源を中心に使用していきたいと思います。<BR> <BR> ■作曲本は役に立つのか?<BR> <BR> きっと作曲に関する本を買われた方も多いと思います。しかしどうだったでしょうか?求めていた答えが得られましたか?それを読んでメロディがスムーズに作れるようになりましたか?きっとならなかったはずです。これには著者の勘違いと読者の勘違いの両方があると思います。<BR> <BR> 私たち読者が欲しい情報は「いいメロディたちがスラスラ浮かんでそれらを使って自分がイメージした通りの曲を作る方法」じゃないですか?一方で著者が本を通じて伝えるのは、やれコード進行だのハーフディミニッシュだの転調だの、小難しい作曲技法について。音楽を学んだ人間の作曲法とはこう言うものなのです。まるで音学ですね。このギャップは双方が理解する必要があると感じます。<BR> <BR> これは私の持論ですが音楽は「音楽」であり「音学」ではありません。音楽とは元々「音が鳴ると楽しい・悲しい・怖い」等と感じる人間の感性から発展しているものであり、それを体系立てて、どのようにすればそういった効果を得られるのかをまとめたのが音楽理論です。ですから人間が「いい」と感じたメロディーは音楽理論に適っていなければならないと考えます。<BR> <BR> 初めて曲を作りたい方なんかはやっぱり自身の感性を大事にしたいですよね。下手に作曲本に手を出して頭でっかちになるのは自身の音楽の幅を狭めることになります。転調なんて理論を知らなくても小室哲哉の曲を知ってたら出来ますし(笑)(※)、「いいメロディが出来たな」と思ってコードを調べたらハーフディミニッシュや Sus4 コードを効果的に使えていた、これでいいんです。音楽理論は答えあわせのために使うのが良いと考えます。<BR> <BR>  ※ただしこれは最も単純な転調<BR> <BR> と言うことで、音楽を作りたい初心者を相手に小難しい作曲技法を並べる著者も間違っているし、それを読んでメロディーが全く作れるようにならなかったと憤る読者も間違っていると思いますね。このブログでは曲作りを通してメロディが出て来やすいヒントを書いていけたらと思います。<BR> <BR> 長くなってきましたので今回はこれぐらいにして、次回はまずモチーフとなる歌詞を紹介して、それを元に実際にメロディーを作っていくことにします。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-139.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/137/clap" id="fc2button-clap-137" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-137").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/137/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-01-11 (Wed)
  • Category : 作曲
43

作曲ってどうやってますか?(実践編)

前回、作曲の方法としてコードからメロディを造るお話を紹介しました(こちら)。 で、まぁ、せっかくだからホントに造れるよ!、ってところを実践してみたいと思います。 まず、モチーフとなるコード進行を選択するわけですが、前回この便利なお役立ち本を紹介させて頂きました。 これ以外にも私が追加した進行も少しだけ含まれているんですが、今日はこの中からランダムに1つ選択して短い曲を造ってみたいと思います。 ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回、作曲の方法としてコードからメロディを造るお話を紹介しました(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-41.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。<BR> で、まぁ、せっかくだからホントに造れるよ!、ってところを実践してみたいと思います。<BR> <BR> まず、モチーフとなるコード進行を選択するわけですが、前回この便利なお役立ち本を紹介させて頂きました。<BR> これ以外にも私が追加した進行も少しだけ含まれているんですが、今日はこの中からランダムに1つ選択して短い曲を造ってみたいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBooks.jpg" alt="CodeStyleBook" border="0" width="112" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBooks.jpg" alt="NewStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBooks.jpg" alt="GuitarStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> 早速選びました。<BR> 前回綴ったとおり、私はこの本のコード進行を Cubase に保存してありますので、Cubase 立ち上げて目を瞑って再生位置をランダムな位置にセット。でもって再生されたコード進行を採用する。はっきり言ってギャンブルです。よい子の皆さんはやめましょう。 <BR> で、選ばれたのが、コレ。。。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rashirashi.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> よりによってこんな単純な、、、くら~い、、、2コード進行だけの、、、orz<BR> 絶句。<BR> <BR> まぁ、仕方ない。<BR> 今までなかった自分が目覚めるかもしれないし、やってみましょうか。1日がかりで造りました。<BR> <BR> 私は基本的にバラード系の曲が好みなんですが、このコード進行でバラードはないと思い、試行錯誤した結果できた曲がこれ。短いので曲というかループ素材みたいな感じになりました。これ、何て言うジャンルの曲なんでしょうか。ロック?ヘビメタ? 多分ロックだよね。ロック初めてです(汗)。エレキのメロディーなんか初めて考えました。<BR> <BR> さて、ひと通り言い訳を綴ったので、聴いてみてください。広い心で、ね!<BR> <BR> (音量が大きいです。爆音です! 聴く前に音量を抑え目にしてください!)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StrongEnemy4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> テンポを変えたり、コードの切り替わりのタイミングを変えたり、1拍音を止めてみたり、ギターのエフェクトをもっと派手に効かせてみたり、色々と変化をつけてもっと楽しくできそうですが、今回は実験ということでこのへんでやめておきます。ギタリストの友人からはエレキは NG が出ました(笑)。<BR> <BR> 造ってみて思ったのは、やはりコードが先にあるとメロディーは出てきやすいってこと。 それにメロディーが出てくると、それに合うリズムも自然とイメージが出来てくるってこと。<BR> さらに、普段思いつかないようなメロディーやリズムが出てくるってのもあるのかな(それが求めていたものと一致するかは別として)。<BR> <BR> コードが先にある作曲法は私に向いているかもしれません。<BR> <BR> まぁ、今回はぜんぜん求めていないものが出来たという失敗例でした。。。おそまつ。<BR> <BR> 追記:2011.12.07<BR> ■INTO THE DEEP SEA(動物使い作)<BR>  こちらもコード進行から作成したオリジナル曲になります。是非聴いてみてください。<BR>  曲の作成過程を綴ったブログは<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-128.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/43/clap" id="fc2button-clap-43" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-43").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/43/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-02-26 (Sat)
  • Category : 作曲
41

作曲ってどうやってますか?

皆さんは曲を造るとき(作曲)どうやっていますか? 今日は私の作曲の流れをご紹介して、皆さんからアドバイスを貰えたらと思います。 まず、曲を作るためには何か拠り所が必要ですよね。そもそも何のために曲を造るか?友達の結婚式のため・彼女と別れた辛さを・ゲームの戦闘音楽・学校の課題、etc... どんな場合でも曲の題材は最初に決めた方がいいですよね。 題材が決まると曲調が見えてきます。 すなわち、バラ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 皆さんは曲を造るとき(作曲)どうやっていますか?<BR> 今日は私の作曲の流れをご紹介して、皆さんからアドバイスを貰えたらと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2010092F082F442Fc0226244_21395516.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2010092F082F442Fc0226244_21395516s.gif" alt="トロイメライ" border="0" width="136" height="160" /></a><BR> <BR> <BR> まず、曲を作るためには何か拠り所が必要ですよね。そもそも何のために曲を造るか?友達の結婚式のため・彼女と別れた辛さを・ゲームの戦闘音楽・学校の課題、etc... どんな場合でも曲の題材は最初に決めた方がいいですよね。<BR> <BR> 題材が決まると曲調が見えてきます。<BR> すなわち、バラード・ロック・クラシックと言った大きなテーマから、楽しい曲・悲しい曲・壮大な曲・リズムやハーモニーを聴かせる曲と言った雰囲気が見えてくるので、その曲のテンポや調(長調・短調)なんかも決まってきます。<BR> <BR> ここで曲の流れ(メロディー)はどうしましょうか?<BR> メロディーがないと音楽が寂しいです。よくクラシックでそう言うのありますよね。リズムもメロディーもよく分からずゴチャゴチャと音の塊が流れていくヤツ。まぁ、あれはあれで高尚な音楽理論に基づいているんでしょうけど、私にはオーバースペック、さっぱりです。<BR> <BR> さて、私の場合、メロディーはちょっとだけ蓄えがあります。<BR> メロディーを思いついたら鼻歌録音・スコアに手書きで落とす・Cubase に雑に入れる、とかしているんですが、思いつくのは大抵、お風呂・寝てる時のようないわゆるアルファー波が出ている時なので、タイミングをミスすることがシバシバ。<BR> 皆さんこのへんどうですか?朝起きたら綺麗に忘れてますよね(笑)。とにかくメロディーは一期一会なので大事にしないとすごく損した気分になります。<BR> <BR> メロディーに蓄えのない場合はどうすればいいでしょうか?<BR> そんなとき、私はコード進行を利用しています。曲の雰囲気に合わせたコード進行を先に造ってしまって、それに合うメロディーを考える。コード進行を聴いただけでメロディーが鼻歌で出てくる場合もあり、結構楽にメロディーをイメージできます(まぁ決まって似たようなメロディーですが、、、)。<BR> <BR> 先日こんな本を買いました。「コード進行 スタイル・ブック」。この本、主にポップスのいろんなコード進行を集めて音楽技法別に解説を加えながら紹介しているもので、その数116コード進行。簡単な「C→F→G→C」のようなものから涙が誘えるセカンダリードミナントまで色々なパターンがあります。結構便利です。他にも数冊買ったんですが、これが一番役立ってますね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBooks.jpg" alt="CodeStyleBook" border="0" width="112" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBooks.jpg" alt="NewStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBooks.jpg" alt="GuitarStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> <BR> 私はこのコード表を全て Cubase に打ち込んで、いつでも聴けるようにしています。<BR> 打ち込みはコードを知っていれば2時間もあればできるので、そんなに大変ではなかったように思いますが、この本に MIDI データが付いていれば最高でしたね。<BR> Am△7(onG#) とか言われてもどのキーを叩いたらいいかわかんないですよね(笑)。<BR> <BR> よく「いろんな曲を造ってもなんかおんなじ曲のイメージになっちゃんだよな」ってな人が私も含めてプロ・アマ問わずいると思うのですが、コード進行を使えばそういった問題からもある程度開放されるように思います。<BR> たまにはコード進行を最初に決めて曲を造ってみるのも面白いかもしれませんね。<BR> <BR> と言う事で、今日はそのコード進行の中から一部を抜粋してみましたので参考にしてみてください。<BR> 音色は HALionOne から StereoSt2、これに付属のリバーブ RoomWorks を少しかけているだけです(少し音が大きいかもしれませんので注意です)。<BR> ヒマを見つけて何かメロディーラインでも作ってみようかな(後日記:実際にやってみました。興味がありましたら<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodesSample.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 最後に、どこかのホームページで、「メロディーのモチーフはそれを曲にしてくれる人のところに流れていくって」書いてありました。<BR> メロディーを思いついたら今それを曲にできなくても大切に持っておいて、いつか曲にしてあげましょう。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/41/clap" id="fc2button-clap-41" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-41").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/41/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-02-21 (Mon)
  • Category : 作曲
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。