カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
212

Cubase 7 のミキサーについて

つい先ほど、日本時間 23:00 に Cubase 7 ダウンロード開始になりましたよ。ま、買ってませんけどね(笑)。 さてさて、Cubase 7 のミキサー画面、今回から新しくなりまして「ミックスコンソール」と言う名前になりました。見た目だけでなく中身も一新されまして音質も向上したとか。透明感あふれる音が聴けるようですよ! しかし、思うに画面1つ1つがデカくありませんか? フルスクリーンにする機能もあるようなんですが... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> つい先ほど、日本時間 23:00 に Cubase 7 ダウンロード開始になりましたよ。ま、買ってませんけどね(笑)。<BR> <BR> さてさて、Cubase 7 のミキサー画面、今回から新しくなりまして「ミックスコンソール」と言う名前になりました。見た目だけでなく中身も一新されまして音質も向上したとか。透明感あふれる音が聴けるようですよ!<BR> <BR> しかし、思うに画面1つ1つがデカくありませんか? フルスクリーンにする機能もあるようなんですが、そんなことしなくてもすでにフルスクリーンだよ!みたいな(笑)。最近のディスプレイは大きくなったとは言え、大きすぎますよねぇ。。。ミキサー画面の詳しい説明はこちらをご覧ください。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/BXhSM-3PAZ4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> ちなみに Cubase 6 以前でもミキサー画面は大きかったです。これを小さくするためには2つ方法があって、1つはこの(下画像)ボタンを押してサイズを半分にする方法。これは知っておくと便利ですが、トラックがたくさんになると1つずつやるのは大変です。裏ワザで、このボタンを押すと一括で切り替えられます。知ってました?(笑)<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WidthChange.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WidthChanges.png" alt="WidthChange.png" border="0" width="153" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AllWidthChange.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AllWidthChanges.png" alt="AllWidthChange.png" border="0" width="153" height="159" /></a> <BR> <BR> 次に、もう1つは不要なトラックを表示から消す方法です。これも細かく言うと2つ方法があります。1つはグループ単位で消す方法。画面のここをそれぞれクリックしてみてください。MIDI チャンネルだけとか Audio チャンネルだけとか、そういった単位で表示/非表示が切り替えられます。MIDI なんかは通常 VST インストゥルメント側でボリューム操作しますので、非表示で良かったりします。状況に応じて活用してください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GroupChannelHide.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GroupChannelHides.png" alt="GroupChannelHide.png" border="0" width="153" height="159" /></a> <BR> <BR> 2つ目は個別に消す方法。これが結構分かりづらい。まず、ここをクリックして「隠す」を選択しておきます。この時点で非表示にならないので普通のユーザさんは一体何のボタンなのか意味不明なはずです。しかし、この状態でここをクリックすると、「隠す」に設定してある各チャンネルだけが隠れるのです。この2段構えを理解するのに苦労します(笑)。ちなみにこの下にある +-× ボタンも押したりしてみるとさらに面白いことが分かりますよ。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hide.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hides.png" alt="Hide.png" border="0" width="153" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SpecifiedChannelHide.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SpecifiedChannelHides.png" alt="SpecifiedChannelHide.png" border="0" width="152" height="160" /></a> <BR> <BR> このように Cubase 6 でも不要なチャンネルを非表示にすることは出来ましたが、Cubase 7 ではこれらがさらに分かりやすくなっているようですね。現在の状態が把握できたり、リストから個別に表示/非表示を変更できたりします。この点は評価できます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/C7MixConsole.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/C7MixConsole.png" alt="C7MixConsole.png" border="0" width="520" height="300" /></a> <BR> <BR> ただ、このチャンネルストリップ画面は個人的には好きじゃないですね。このつまみのバラバラ感が嫌いです。このチャンネルストリップにはゲート、コンプレッサ、エンベロープシェーバー(ドラムなどのエッジを立てたりするエンハンサ)、サチュレーション、リミッタの5つを自由な順序で組み入れることが出来ます。この5つ、当然機能が違うわけですから、つまみの数や色・メーターも違うはずです。それを無理やり統一感を出そうとして余計わけわからなくなっている気がします。機能に対して大きすぎる画面もイヤ。中級ユーザさんはサードパーティのエフェクトを挿すでしょうからあまり気にすることではないように思いますが。<BR> <BR> そんなわけで、今日はミキサーについて語ってみました。Cubase 7 アップグレードしようかな~、どうしようかな~(笑) それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/212/clap" id="fc2button-clap-212" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-212").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/212/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_42222820170623171311"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416606"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175234"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416669"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175252"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416670"});</script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
  • Date : 2012-12-05 (Wed)
  • Category : Cubase
209

Cubase 7 アナウンス!

こんにちは。最近は週1ペースなんですが許してやってください(汗)。 今日はやっぱり Cubase 7 について触れないわけにはいかないでしょう。今までは2年に1回、3月下旬の更新だったわけですが、Steinberg に YAMAHA の資本が入ってから、日本市場を意識したのでしょう。年に1回マイナーアップデートして、日本のクリスマス商戦に合わせてメジャーアップグレードをぶつけてきたわけですね。そんなわけで、今日は C... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。最近は週1ペースなんですが許してやってください(汗)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Cubase7.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Cubase7.jpg" alt="Cubase7.jpg" border="0" width="520" height="300" /></a> <BR> <BR> 今日はやっぱり Cubase 7 について触れないわけにはいかないでしょう。今までは2年に1回、3月下旬の更新だったわけですが、Steinberg に YAMAHA の資本が入ってから、日本市場を意識したのでしょう。年に1回マイナーアップデートして、日本のクリスマス商戦に合わせてメジャーアップグレードをぶつけてきたわけですね。そんなわけで、今日は Cubase 7 について思うところを書いてみたいと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1211140303.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1211140303s.jpg" alt="1211140303.jpg" border="0" width="160" height="112" /></a> <BR> <BR> ■Cubase 7<BR> <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_features.html" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_features.html">http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_features.html</a><BR> <BR> まず、Cubase は通常版の Cubase 7 と簡易版の Cubase 7 Artist に分かれます。今回 Cubase 7 の方はパッケージに黒が採用されてかっこよくなりました。一瞬、同社の Nuendo(ヌエンド)と合体したのかと思ったのですが、そうではないみたいですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/nuendo_6-box.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/nuendo_6-boxs.jpg" alt="nuendo_6-box.jpg" border="0" width="120" height="159" /></a> <BR> <BR> 実は Cubase 7 のアナウンスに埋もれて影の薄い存在である Nuendoも来年の2月に Nuendo 6 へとアップグレードされるんですね。この両者の違いですが、Cubase 7 が音楽制作を目的とした DAW(Desktop Audio Workstation) であるのに対して Nuendo は「ポストプロダクション用」と言われています。<BR> <BR> ポストプロダクションとは、プロダクションの「ポスト(後)」と言うことですから、既に完成した素材に対して何らかの操作を加えていく作業のことを意味します。具体的には映画や CM なんかの編集作業・特殊効果の挿入・音場補正などの作業を指します。ですから Nuendo は MIDI よりも Audio 素材への編集環境が充実しています(サラウンドとか)。ま、普通に音楽を作りたい場合は Cubase を選択するのが正解でしょう。値段もぜんぜん違いますしね(笑)。興味があればこちらから。<BR> <BR> ■Nuendo 6<BR> <a href="http://www.steinberg.net/de/products/nuendo/start.html" target="_blank" title="http://www.steinberg.net/de/products/nuendo/start.html">http://www.steinberg.net/de/products/nuendo/start.html</a><BR> <BR> <BR> <u>Cubase 7 一番の売りは「コードトラック」機能</u><BR> <BR> コードトラックについては本家 Steinberg ホームページをはじめさまざまなサイトで取り扱っている題材ですので、ちょっと違った角度から紹介してみたいと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Chord_Track_ed.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Chord_Track_eds.png" alt="Chord_Track_ed.png" border="0" width="158" height="72" /></a> <BR> <BR> まず、コードトラック機能とは画像のように「コードを並べて書けるトラックが作れるようになりました」って機能です。sus4 とかオンコードとか複雑なコードもちゃんと書けるんですが、ちっとも驚きませんよね(笑)。しかし、このコードトラックを作成しておくと、音楽制作の中で色々と連携機能が働いて役に立つのです。あ、ひとつ言っておくとコードが分からない方のために、実際の MIDI トラックからコードトラックを作成したり、外部キーボードで鍵盤を弾いて作成することもできます。<BR> <BR> 確かに曲作りの最初でコードをきちんと決めておけば、それをマスターとしてさまざまなパートでコリジョン(和音の衝突)を避けることができます。作曲や編曲をされる方なら分かると思うのですが、それぞれのパートは、そのパートが音楽的であるかどうかを優先して作るはずです。つまり主旋律を意識してそれに合う音楽的な副旋律を作っていくわけです。<BR> <BR> しかし、それぞれのパートが満足のいくメロディアスな旋律になったとしても全体で流したときに別のパートと一部ぶつかっていたりすることがよくあるんですね。ま、その偶然のぶつかりがゾクゾクするほど魅力的であったりすることもあるんですが、たいては直します(笑)。コードトラックはそのコリジョンをあらかじめ避けたりボタン1つで修正できたりする機能を提供するのです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Chord_Assistant.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Chord_Assistants.jpg" alt="Chord_Assistant.jpg" border="0" width="159" height="88" /></a> <BR> <BR> 次に関連機能でうれしいなと思うのが「コードアシスタント」機能。<BR> これはいくつかの条件を指定でき、その条件に当てはまるコード進行をリスト表示してくれる機能。これっていっつもおんなじようなコード進行ばっかり浮かんでくる(私のような)にわか作曲家にはうってつけのお助け機能じゃなかろうかと思うわけです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VariAudio2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VariAudio2s.jpg" alt="VariAudio2.jpg" border="0" width="159" height="93" /></a> <BR> <BR> そして、私が一番楽しみにしているのが VariAudio 2.0 とのコラボレーションの実力。VariAudio は Cubase 7 からハーモニーの編集が可能になりました。つまり和音を扱えるようになったわけです。そして、コードトラックを入力しておくと、それに合わせたハモリを自動生成してくれるみたいなんですね。<BR> <BR> で、これだけの機能なら素人さんは喜ぶんですが、実際にハモリを作ったことがある人ならこれじゃ使えないことはイメージできると思います。だって機械的で不自然なのができるもん(笑)。その要因の1つが12平均律に基づいた固定的なピッチの自動生成です。和音と言うものは多少ずれていた方が綺麗に聴こえるのです。<BR> <BR> 例えばCコード(ドミソ)なら、ドがベース音。これに対してミは少し低めに、ソは少し高めに取るのが綺麗なんですね。12平均律から純音階に近づけると言うことです。しかし、この純音階をガッチガチに守ると、それはそれでまたおかしな響きに聴こえるんです。音楽って難しいですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/993c917c2c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/993c917c2cs.jpg" alt="993c917c2c.jpg" border="0" width="159" height="88" /></a> <BR> <BR> そこに登場するのが今回の新機能 Hermode です! Steinberg の説明を丸々パクると(笑)、「MIDI ノート情報に対して 3/5/7 度のピッチをリアルタイムに微調整することで、平均律との互換性を最大限に保ったまま、より純正律に近い響きを得られる技術です」だそうです(笑)。これと組み合わせることでより自然な響きのハモリが自動的に生成できはしないかと期待しているのです。って、これ楽器にしか適用できないのかな?(滝汗;)<BR> <BR> <BR> ■音色も増えました<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/8f7a07b820.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/8f7a07b820s.jpg" alt="8f7a07b820.jpg" border="0" width="159" height="106" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/626e4ef217.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/626e4ef217s.jpg" alt="626e4ef217.jpg" border="0" width="159" height="106" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cbff25d221.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cbff25d221s.jpg" alt="cbff25d221.jpg" border="0" width="159" height="106" /></a> <BR> <BR> 付属の HALion Sonic SE には Hybrid ライブラリーとして追加で 300 音色。Groove Agent ONE ドラムキットに 30 音色、 MIDI ドラムループパターンは 150 種類追加されているようですね。ちなみに Groove Agent ONE はあんまり音は良くありません(笑)。あくまでグルーヴ素材です。そして Sequel のループ素材も 2000 種類も追加されているんですねぇ。こういうのは聴くだけでインスピレーションが刺激されるんですよね。いいもんです。<BR> <BR> ■その他、うれしい機能追加も!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Voxengo_C7_scl.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Voxengo_C7_scls.png" alt="Voxengo_C7_scl.png" border="0" width="159" height="124" /></a> <BR> <BR> 個人的に一番うれしかったのが「Voxengo CurveEQ」の搭載。Cubase ユーザの皆さん、お待たせしました。やっとパラメトリック・イコライザの標準搭載です。他の DAW を見て「あ~、動くイコライザかっこいいなぁ~」と思っていたアナタ! ついに標準搭載です。しかも iZotope にあるような結構な高機能を搭載してるんですよ。<BR> <BR> ■Cubase 7 は買いか?<BR> <BR> Cubase 7 には Cubase 6.5 に新たに付属した音源・機能は全て搭載しています。つまり現時点で Cubase 6.5 を買う意味はなくなったわけです。次に Cubase 7 と Cubase 7 Artist についてですが、Cubase 7 のみに搭載される代表的な機能は VariAudio 2.0, コードアシスタント, Voxengo CurveEQ あたりですね。Steinberg のホームページに機能比較表が近日公開されるようですから詳しくはそちらをご覧ください。<BR> <BR> アップデート派の人は価格表に差額が提示されています。個人的には Cubase 6.5 はパスして正解だったと思います。ですから Cubase 6 の方は Cubase 7 へアップグレードした方がいいように思いますし、Cubase 6.5 の方は来年の 7.5 まで待ってもいいかもしれないですね。動作も安定するでしょうし。特段欲しい機能がない限り、Cubase は2年に1回の更新で良いのではないでしょうか。<BR> <a href="http://steinbergverup.yamaha.co.jp/product/cubase7.html" target="_blank" title="http://steinbergverup.yamaha.co.jp/product/cubase7.html">http://steinbergverup.yamaha.co.jp/product/cubase7.html</a><BR> <BR> <BR> 新規購入検討派の人は、Cubase 7 と Artist で2万円の価格差があります(Amazon 調べ)。う~ん、個人的にはボーカル素材を扱う方なら Cubase 7 をお勧めしたいですかね。そうでない方は Artist でも十分遊べそうですよ。音源や音質的な違いはないようですし。 <TABLE><BR> <TR><TD>Cubase 7</TD><TD>59,800</TD></TR><BR> <TR><TD>Cubase 7 Artist</TD><TD>39,800</TD></TR><BR> </TABLE><BR> アップデートしたらまた詳細をお伝えしたいと思います。本日はファーストインプレッションでした!<BR> 2012/12/5 世界同時発売です! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/209/clap" id="fc2button-clap-209" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-209").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/209/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-11-21 (Wed)
  • Category : Cubase
205

VariAudio を使い倒せ!(最終回)

VariAudio シリーズ、今日が最終回です。いや~、長かったですね。恥ずかしい歌声ともこれでサヨナラです(笑)。 さて、前回まででまだ1つ紹介しきれていなかった機能があります。「アンカー」と呼ばれる機能です。下の VariAudio の画像を見てください。このセグメントは1つの音を表していますが前半の音程が低いですよね。後半は戻せていますがセグメント全体として苦しそうに聴こえてしまいます。 これを直すた... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> VariAudio シリーズ、今日が最終回です。いや~、長かったですね。恥ずかしい歌声ともこれでサヨナラです(笑)。<BR> <BR> さて、前回まででまだ1つ紹介しきれていなかった機能があります。「アンカー」と呼ばれる機能です。下の VariAudio の画像を見てください。このセグメントは1つの音を表していますが前半の音程が低いですよね。後半は戻せていますがセグメント全体として苦しそうに聴こえてしまいます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFronts.png" alt="LowFront.png" border="0" width="160" height="144" /></a> <BR> <BR> これを直すために前半だけを修正したいのですが、セグメントを2つに分割した場合、そのセグメント単位で音程をズラすことになりますので後半のセグメントととの繋がりがよくありません。2つ目の画像のように音の出だしの傾きは修正されませんし、つながり部分はやや落ち込んでしまっています。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront4.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront4s.png" alt="LowFront4.png" border="0" width="158" height="160" /></a> <BR> <BR> 正しく修正するためには音程の正しい中央付近を支点にして前半の出だし部分を持ち上げたいです。そのためには、まず、「ピッチ&ワープ」モードでマウスカーソルをセグメントに近づけます。そして、セグメント上部にアンカーバーが表示されたら、支点を置きたい箇所でクリックします。すると、このように細い縦線が置かれます。この縦線を「アンカー」と呼びます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront2s.png" alt="LowFront2.png" border="0" width="159" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront3.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront3s.png" alt="LowFront3.png" border="0" width="154" height="160" /></a> <BR> <BR> その状態でセグメントの左端上部に現れる黒い上下矢印を縦にドラッグしてみてください。支点を中心にして前半だけが持ち上がったり下がったりするのが分かります。もちろん右端上部の矢印を上下にドラッグすれば後半側を操作できます。どうです?便利でしょ!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront5.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront5s.png" alt="LowFront5.png" border="0" width="150" height="159" /></a> <BR> <BR> 画像は明らかにやりすぎなので(笑)適正な位置まで補正してください。大体こんな感じでしょうか。先ほどのセグメントを分割する方法より自然に補正できていますよね。このようなアンカーを用いた補正が出来るのも VariAudio の優れた操作感であると言えます。このようなシーンは多いと思いますので、是非、使ってみてください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront6.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LowFront6s.png" alt="LowFront6.png" border="0" width="159" height="160" /></a> <BR> <BR> さて、それでは最後に VariAudio によってどれだけ変わったか、補正前と補正後を聴き比べてみましょうか。1つ目が補正前、2つ目が補正後ですって言わなくても分かりますよね(笑)。 <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(ANS).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121002)3.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■VariAudio 補正の極意!</span><BR> <BR> シリーズ最後に、VariAudio に限らずヴォーカル補正ソフトを使って補正する際の極意をご紹介したいと思います。何だと思います? それは、、、<BR> <BR>    VariAudio(補正ソフト)をなるべく使わないこと。<BR> <BR> バカだと思いました(笑)? でもホントだと思います。<BR> <BR> まず、技術的な観点から言えば、ソフトで補正すればするほど音質が劣化します。非破壊編集とは言え、それは最後の編集状態になるまでの過程で取り消しなどによって操作を戻したりしてもその分は劣化しませんよ、ってことであって加工で劣化するのは当然です。試しに何かのセグメントを全く離れた音程に修正するとか思いっきり引き伸ばすとかしてみてください。確実に劣化しますから。ですから極力触らない方がいいんですね。<BR> <BR> でも、やっぱり聴いておかしい部分はあるから、ごく小さな音質劣化と引き換えであればメリットが大きいのでやるわけであって、ミックスで劣化が聴き取れるほど補正するべきではありません。「修正」ではなく「補正」していると認識し、あくまで味付け程度に利用する、この気持ちが極意です。<BR> <BR> 次に、人間的な観点から言えば、VariAudio を使って音質補正することを前提に歌った歌は死んでいます。特に VariAudio を知りたての人などはその補正精度に驚き、これなら自分の歌も人前に出せるレベルになると安易に迎合しがちです。しかし、そのような希薄な態度で歌った歌は必ず何らかの形で聴き手に違和感を与えるものです。<BR> <BR> 補正をする前に録り直しできないか考えましょう。ダメと思う部分を聴いてそこを練習してから再度録り直してみましょう。昨今のドライな世の中において古臭い考えかも知れませんが、音楽ってそういうもんじゃないんですか。すいません、生意気言いました(汗)。でもこれって、私の中では極意だな(笑)。<BR> <BR> と言うことで、VariAudio シリーズはこれでひとまず終わりにして、次回から音源紹介などしていけたらいいなと思います。それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/205/clap" id="fc2button-clap-205" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-205").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/205/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-10-24 (Wed)
  • Category : Cubase
203

VariAudio を使い倒せ!(第7回)

こんにちは。 最近は私の事情により週1ペースでしか更新できていません。ゴメンナサイ。 さて、今日は少しトリッキーな技を紹介していきたいと思います。 先週からメロディへの色付けと言った音楽的な要素に対する VariAudio の使い方をご紹介していますが、今日もその派生です。通常 VariAudio は「ピッチ平坦化」のような機能が示す通り、歪んだものを綺麗にするイメージがあると思いますが、逆に歪ませることも出来ると言... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> 最近は私の事情により週1ペースでしか更新できていません。ゴメンナサイ。<BR> <BR> さて、今日は少しトリッキーな技を紹介していきたいと思います。<BR> 先週からメロディへの色付けと言った音楽的な要素に対する VariAudio の使い方をご紹介していますが、今日もその派生です。通常 VariAudio は「ピッチ平坦化」のような機能が示す通り、歪んだものを綺麗にするイメージがあると思いますが、逆に歪ませることも出来ると言うお話です。<BR> <BR> 例えば歌にビブラートを掛けられない人は少なからずいますよね。そのような場合、メロディがやや単調に聴こえてしまうことが多いです。プロの歌手でも掛けない人がいますよね。ユーミンとかもかな? まぁ、あれはあれで味があるのですが。。。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Vib1.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Vib1s.png" alt="Vib1.png" border="0" width="160" height="86" /></a> <BR> <BR> ではちょっとおかしいですけど、いつものサンプルソングでビブラートを擬似的に作ってみましょう! 最後の「ように」の「に」の音に注目してください。この音はご覧の通り前半はビブラートなしのロングトーン、後半からビブラートを掛けています。これを後半と同じように全てビブラートにしてみましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Vib2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Vib2s.png" alt="Vib2.png" border="0" width="160" height="87" /></a> <BR> <BR> まずはセグメントモードにして前半部分を等間隔に分断していきます。こんな感じですね。そして、ピッチ&ワープモードにして Ctrl キーを押しながら(カーソルは白い斜め矢印アイコンになる)分断されたセグメントの左上側を摘んで上下へドラッグしていきます。すると、こんな感じでちょっと尖った山谷が出来上がりますね。聴いてみましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Vib3.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Vib3s.png" alt="Vib3.png" border="0" width="158" height="78" /></a> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121009)2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> う~ん、やや不自然な感じがします。ただこれは「に」の音の最初からビブラートがかかっていることに対する不自然感も影響していると思います。さすがにこのような例はやりすぎでしょうが、こういう技を要所要所に使うと、キラッと光る感じを出せることがあります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/before.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/befores.png" alt="before.png" border="0" width="159" height="72" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/after.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/afters.png" alt="after.png" border="0" width="158" height="69" /></a> <BR> <BR> 次の例を見てみましょう。それぞれ before と after を載せていますので見比べてみてください。黄色丸の3箇所に味付けしました(若干無理やりですが 笑)。それでは2つを聴き比べてみましょう。2つ目の方が味があると思いませんか?(1つ目は前回のもの) このように VariAudio は単に補正するだけでなく、自身のテイストを付け加えることも出来るのです。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121002)3.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121009)1.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 今回の技はあくまで応急処置的と言うか、邪道と言うか、あまり進んでやるべきことではないのですが、それらしい効果が出るので知識として知っておく分にはいいですね。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/203/clap" id="fc2button-clap-203" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-203").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/203/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-10-10 (Wed)
  • Category : Cubase
202

VariAudio を使い倒せ!(第6回)

月日の流れは早いもので、もう10月になりました。ちょっと前まで暑い日々が続いていたのがうそのようですね。特に明け方は寒さを感じます。季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さんも気を付けてくださいね。 さて、今日も VariAudio です(笑)。もうちょっと違うネタも挟むべきですが、これ終わらなさにと次の特集に行けないですもんね(笑)。もうしばらくお付き合いくださいませ。前回までで音程やリズムなど基本的な要... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 月日の流れは早いもので、もう10月になりました。ちょっと前まで暑い日々が続いていたのがうそのようですね。特に明け方は寒さを感じます。季節の変わり目は体調を崩しやすいので皆さんも気を付けてくださいね。<BR> <BR> さて、今日も VariAudio です(笑)。もうちょっと違うネタも挟むべきですが、これ終わらなさにと次の特集に行けないですもんね(笑)。もうしばらくお付き合いくださいませ。前回までで音程やリズムなど基本的な要素を補正して行きました。今日からは色付けといったもっと音楽的な要素について紹介していきます。<BR> <BR> 世の中には歌のうまい人がいるもんで、彼らは単に音程を外さないとかリズムがしっかりしているだけではないですよね。その秘密が「歌いまわし」と言うものです。人間、単純なものにはすぐ飽きてしまうもので、歌いまわしをしっかりして飽きさせない、面白い、カッコいいと思わせる工夫が必要です。<BR> <BR> では、サンプルを聴いてみましょう。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120926).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> う~ん、確かに音程は外していませんし発音のリズムもそんなに悪くはありませんが、なんだかちょっと物足りない感がしますね。私が一番気に入らないのは「ぐっすりと」の「と」。この音は G# 1つの音程で歌われていますが、ここは「り」の音程(A#)と「と」の音程(G#)の2つで歌った方が表情が豊かに感じます。どうですか?<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gussurito.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gussuritos.png" alt="gussurito.png" border="0" width="159" height="94" /></a> <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121002)2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 分け方ですが、通常はその小節の1拍目で分けるべきだと思います。しかし、曲想を考えると「ぐっすりと」は音楽が落ち着く方向に動いている箇所ですから、「と」は音楽より少し遅めに音程が変わった方がより音楽的です。試しに拍通りに音程を分けた場合と聴き比べてみましょう。2つ目の方がより音楽的で柔らかい感じであることが分かるでしょうか?<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121002)1.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121002)2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/to.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/tos.png" alt="to.png" border="0" width="158" height="71" /></a> <BR> <BR> 補正するときはこのように音楽の曲想に合わせて柔軟な対応をしていくことが大事です。さもないと機械的でつながりの悪い音楽になってしまうかもしれませんよ。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/too-.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/too-s.png" alt="too-.png" border="0" width="158" height="95" /></a> <BR> <BR> さて、このように補正すると次に画像の「と」と「おー」の部分、音程の変化がなだらか過ぎるのが気になります。このような箇所はセグメント分割と「ピッチを平均化」機能を使って少しエッジを利かせてみましょう。少しだけ良くなります(ただ、私はこの部分はなだらかに変化する方が音楽的だと思いますので、結局何もしませんでした 笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gutt.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gutts.png" alt="gutt.png" border="0" width="160" height="110" /></a> <BR> <BR> だいぶ良くなってきましたが、続いて私が気になるのは「ぐっすりと」の「ぐ」。もう少しね、すっきりと「っ」の高い音に上がってほしいですね。VariAudio の画面を見てください。波形がなだらかに上がっているのが分かります。要するに、「っ」の出だしは高い音だったので上がりきれず、ロングトーンになって頑張って上に調整したわけです。よくありますね(笑)。これを補正してみましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Seesaw.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Seesaws.png" alt="Seesaw.png" border="0" width="159" height="58" /></a> <BR> <BR> VariAudio には面白い機能があります。「っ」の音を選択して Ctrl キーを押しながらセグメントの左(右)斜め上にカーソルをあててください。すると白い斜め矢印が出現します。それをつまんで上下にドラッグしてみましょう。何と言うことでしょう!セグメント全体が中央を始点にしてシーソーのように補正されるではありませんか!(before after より 笑) 後はセグメント分割や「ピッチを平坦化」機能で微調整してください。<BR> <BR> このようにして補正されたのがこちら。補正前と聴き比べてみましょう。どうです?だんだん良くなってくるでしょ?<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120926).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20121002)3.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/202/clap" id="fc2button-clap-202" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-202").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/202/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-10-03 (Wed)
  • Category : Cubase
201

VariAudio を使い倒せ!(第5回)

さて、今日は VariAudio を使って音の縦の線を修正してきます。まずは恥ずかしいですが、こちらのサンプルをお聴きください。 「ねむれます」のところが若干ずれているのが分かるでしょうか? まず「ねむれます」の「ね」は遅れてしまっています。そして「れ」はなんだか中途半端なタイミングで音程が変わってしまっています。実際に自身で収録すると、ブレスのタイミングで出音が遅れたり、緊張のあまり早とちって歌っ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> さて、今日は VariAudio を使って音の縦の線を修正してきます。まずは恥ずかしいですが、こちらのサンプルをお聴きください。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_1).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 「ねむれます」のところが若干ずれているのが分かるでしょうか?<BR> まず「ねむれます」の「ね」は遅れてしまっています。そして「れ」はなんだか中途半端なタイミングで音程が変わってしまっています。実際に自身で収録すると、ブレスのタイミングで出音が遅れたり、緊張のあまり早とちって歌ってしまったりしてズレてしまうことはよくあります。これを VariAudio を使って補正してみましょう。<BR> <BR> 補正の仕方はとっても簡単!<BR> VariAudio を「ピッチ&ワープ」モードにして修正したいセグメントの左右の淵にカーソルを近づけてみましょう。すると横矢印アイコンに変わりますよね。この状態で淵をつまんで左右へドラッグしてみてください。それに合わせて後ろの波形が伸び縮みするはずです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Warp.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Warp.png" alt="Warp.png" border="0" width="248" height="66" /></a> <BR> <BR> ヴォーカルがテンポに合わせて収録されている場合は VariAudio の縦線も参考にして伸び縮み幅を調整するといいでしょう。縦線はテンポの表拍を示しています。そうでない場合は曲と合わせて聴きながら最適な伸縮量を見つけましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/breath.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/breaths.png" alt="breath.png" border="0" width="160" height="128" /></a> <BR> <BR> まずはブレスが長いのでこれを短くします。ブレスの右端をつまんで左へドラッグする。すると上部になにやら黒い▼と数字が出ますが特に気にする必要はありません。耳で聴いていいなと思う所まで移動してください。VariAudio は非破壊編集なので、編集の途中経過が積み重なってだんだん音質が劣化するなんてことはありません。あくまで最後に編集した内容がオリジナルの波形に適用されます。要するに途中、何度失敗してもいいってこと(笑)。も、もちろん最初と最後の波形が大きく違うとそれは音質劣化しますよ! 波形はあまり触らない方が良いのです。<BR> <BR> さぁ、次に「ねむれます」の「ね」の出音を早めてみましょう。今回の場合は「ね」が2つのセグメントとして認識されていて動かすのが面倒なので1つのセグメントにまとめてしまいましょう。まとめ方は前回お話しましたね。セグメントモードで Alt キーを押しながらセグメントをクリックです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ne.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/nes.png" alt="ne.png" border="0" width="160" height="132" /></a> <BR> <BR> そうすると1つのセグメントになりますので、「ピッチ&ワープ」で左端をつまんで左へドラッグします。簡単ですよね! そう、VariAudio はとっても直感的に操作できるのが素晴らしいのです。<BR> <BR> 同様に「ねむれます」の「れ」の気持ち悪いリズムも直してみましょう。この場合は「れ」がもっと長ければいいように感じます。「れ」のセグメントを選択して右端をつまみます。今回は右に引っ張ろうと思っても次の音(セグメント)が隣接していますので動かせないように思うでしょ? でもね、ここが VariAudio の賢いところ。なんと、次の音(セグメント)を同時に圧縮してくれて伸ばせるんです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/re.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/res.png" alt="re.png" border="0" width="160" height="121" /></a> <BR> <BR> これね、何気にすごい事ですよ。だって、伸ばしたい音を伸ばしてその後ろの音がそのまま全部後ろにズレるんだったら誰でもできるんですけど、そんなニーズは少ないことを Steinberg は分かってるんですね。だから関連する2音だけに範囲を区切って補正してくれる。ありがたい機能です。<BR> <BR> という事で、ここまでを補正前のものと聴き比べてみましょう。どうです?何気に良くなってきたでしょ?<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_1).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120926).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 次回はもう少し高度な技を紹介していきます。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/201/clap" id="fc2button-clap-201" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-201").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/201/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-09-26 (Wed)
  • Category : Cubase
199

VariAudio を使い倒せ!(第4回)

さて、第3回で音程の大まかな部分を修正しました。まずはそこまでを聴いてみましょう。音程は割と良くなりましたね。その分、歌い回しとかリズムとかの違和感が目立つようになったでしょうか。一番おかしい部分を修正すると次におかしな部分が目立って聴こえるのは良くあることです。 さて、今度はリズムとか縦の線を修正していきたいのですが、その前にワンランク上の修正方法について少しお話したいので上の Var... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> さて、第3回で音程の大まかな部分を修正しました。まずはそこまでを聴いてみましょう。音程は割と良くなりましたね。その分、歌い回しとかリズムとかの違和感が目立つようになったでしょうか。一番おかしい部分を修正すると次におかしな部分が目立って聴こえるのは良くあることです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Base.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Base.png" alt="Base.png" border="0" width="520" height="190" /></a> <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_0).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> さて、今度はリズムとか縦の線を修正していきたいのですが、その前にワンランク上の修正方法について少しお話したいので上の VariAudio の図を拡大して良く見てください。<BR> <BR> おかしかった部分の音程を修正したものですが、よく見るとそれぞれのセグメントがきちんと線の内側に入っていないですよね。例えば「ぐっすりと」の「っ」や、「ねむれます」の「む」のような音です。これは修正ミスをしているのではなく、わざとこうしているのです。なぜでしょうか?<BR> <BR> それは、そのようにした方が良く聴こえるからです(少なくとも私の耳には)。きちんと修正したものと聴き比べてみましょうか?1つ目が全ての音をきっちりと修正したもの。もう1つが上図のように少し高めに音を合わせたもの。どちらがいいでしょうか? えっ?わからない?(笑) 高めに音を取ったものの方が明るく聴こえませんか? 特に「ぐっすりと」の部分は分かりやすいかと思います。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_2).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_1).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> このように主旋になるものを周囲のピッチより高めに取ったり逆に低めに取ったりして明るさや重苦しさを出す手法はいろんなところで使われています。曲想に合わせて使い分けられるとより綺麗な旋律を聴かせることができるでしょう。ポイントは常に耳で聴いて自分がいいと思った音程に修正すること。機械の判定より自身の感性を一番に判断してください。<BR> <BR> また、VariAudio は音声解析を 440Hz に基づいて行います。ですから楽曲が違うピッチであった場合、VariAudio を信じて補正すると全てがおかしく聴こえたりすることもあるので注意しましょう。このような場合の解決策としては、まず VariAudio で 440Hz ベースで修正した後にそのオーディオトラックに Pitch Correct をインサートして Transpose で全体をずらす方法がありますが、どちらにしても波形はあまり触らない方がベターです。<BR> <BR> さらに、VariAudio を使ってハモリパートを補正する場合、この機能がとても役に立ちます。というのもハモリと言うのは VariAudio でぴったり補正すれば一番綺麗に聴こえるかといったらそうではないからです。これは12平均律と純音階のお話が絡むので詳細は別の機会に譲りますが、とにかく無思慮に VariAudio を適用するのは控え、一番気持ちのいい音程を探す努力をすることが大切だと言う事です。<BR> <BR> <BR> さて、では VariAudio で僅かに音程をシフトさせるにはどうしたらいいでしょうか?それはピッチ&ワープモードで Shift キーを押したまま目的のセグメントをドラッグします。滑らかにシフトしていくのが分かりますね。もう1つ、Ctrl キーを押しながらドラッグすると、現在の「ずれ量」を維持したまま上下の音程に飛んでくれます。ま、これはあんまり使いませんけどね(笑)。<BR> <BR> <BR> それでは次回からは縦の線(リズム)を補正して行きましょう!音楽が劇的に良くなりますよ!!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/199/clap" id="fc2button-clap-199" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-199").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/199/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-09-19 (Wed)
  • Category : Cubase
196

VariAudio を使い倒せ!(第3回)

VariAudio を使い倒せ!、今日は第3回です。今日は実際に素材を使って VariAudio で修正をしてみましょう。 サンプル素材はこれ! 本邦初公開です(笑)。今回は音程補正の紹介と言うことで、敢えて外して歌っています(笑)。いいですか、大事なのでもう1度言います、「あ・え・て外して歌ってます」(笑) 正しく言うと私が歌ったものを VariAudio で逆におかしく修正したものです(爆)。恥ずかしいので若干アンビエント... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> VariAudio を使い倒せ!、今日は第3回です。今日は実際に素材を使って VariAudio で修正をしてみましょう。<BR> <BR> サンプル素材はこれ! 本邦初公開です(笑)。今回は音程補正の紹介と言うことで、敢えて外して歌っています(笑)。いいですか、大事なのでもう1度言います、「あ・え・て外して歌ってます」(笑) 正しく言うと私が歌ったものを VariAudio で逆におかしく修正したものです(爆)。恥ずかしいので若干アンビエントも加えておきました。さぁ、どこまで補正できるでしょうか?<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/semete.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/semete.png" alt="semete.png" border="0" width="520" height="180" /></a> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(BAD).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> ※オリジナル曲「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-161.html" target="_blank" title="夜の風"><u>夜の風</u></a>」からの抜粋です。真面目な歌は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-161.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお聴きください(笑)。<BR> <BR> 曲と一緒に聴いてみましょう。お分かりの通りいくつか気持ち悪い音程がありますよね。出音のタイミングも合っていません。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(ANS).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> まず、画面を見てください(画像をクリックすると大きく見えます)。うっすらと縦線と横線が見えますよね。前回お話した通り、縦線は出音のタイミングを、横線は音程を示しています。そして左横にピアノロールがあります。各セグメントはこの左横の音程として VariAudio に認識されたと言うことです。ですからセグメントは基本的に横線の間に収まっているほど(VariAudio 的には)正しい音程と言うことになります。よく見ると間に収まっていないものも幾つかありますね(笑)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ピッチ補正の基本</span><BR> <BR> まず「ピッチ&ワープ」モードにします。そしてズレている音程のセグメントをつまんで補正したい位置まで引っ張ります。これでピッタリその音程に補正できます。細かくピッチを指定したい場合は Shift キーを押しながら引っ張りましょう。滑らかに補正することが出来ます。この2つは補正時に必ず使用しますのでぜひ覚えておきましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Shift.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Shifts.png" alt="Shift.png" border="0" width="158" height="70" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■2つの音に分割する</span><BR> <BR> 歌い方によっては2つの音が1つに認識されてしまうことがあります。音程が正しい場合はこのままでも良いですが、補正したい場合はもう片方の音も一緒に補正されないようセグメントを2つ以上に分割する必要があります。サンプルの例では最後の「ように」の「よう」ですね。1つの音として認識されていますので「よ」と「う」に分けてみましょう。<BR> <BR> TAB キーを押して「セグメント」モードにしてください。画面を拡大して対象部分が大きく見えるようにしましょう。そしてセグメントの下の方にカーソルを合わせるとアイコンがハサミに変わります。さて、何を基準に切ったら良いでしょうか?<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_before.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_befores.png" alt="youni_before.png" border="0" width="159" height="84" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_after.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_afters.png" alt="youni_after.png" border="0" width="160" height="85" /></a> <BR> <BR> 今回は音程を2つに分けることが目的ですから、音程の分かれ目を探します。すると、ちょうど真ん中辺りで音程が下がり始めているのが見えますよね。縦軸は時間(リズム)を表しているわけですから当然と言えば当然です。ここで分割しましょう。その他、バックのオーディオ波形を参照にして音が小さくなっている箇所を狙う方法もありますが、今回はそのようなメロディではないのでこの手は使えませんね。分割できたら TAB キーで「ピッチ&ワープ」モードに戻して音程を修正します。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■綺麗なロングトーンを作る</span><BR> <BR> みなさん、ロングトーンできますか?ロングトーンは歌を綺麗に聴かせるために結構重要なので是非できるようになりたいですね。さて、最後の「ように」の「に」がロングトーンですね。私の場合、ノンビブラートとビブラートを使い分けられるので、後半からビブラートがかかって音程がグニャグニャ波打っているのが分かります。これを1つのセグメントと認識してくれる VariAudio は素晴らしい!<BR> <BR> さて、このセグメントの前半を見ると確かにロングトーンですがあまり綺麗じゃありません。この前半を綺麗にしてみましょう。まずは「セグメント」モードにしてビブラート前後で分割します。方法は分かりますよね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flats.png" alt="pitch_flat.png" border="0" width="157" height="58" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat2s.png" alt="pitch_flat2.png" border="0" width="143" height="159" /></a> <BR> <BR> そして「ピッチ&ワープ」モードで前半のセグメントを指定し、画面左のインスペクタから「ピッチを平坦化」のバーの部分をクリックしてみましょう。マウスをスライドさせることで平坦化量を指定できます。それに応じて選択セグメントのピッチが平らに変化するのが分かりますよね。これ、すごく便利。合わせて音程も補正しておきましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat3.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat3s.png" alt="pitch_flat3.png" border="0" width="159" height="51" /></a> <BR> <BR> ポイントは完全に平坦にせずすこし余裕を持たせること。コレぐらいが綺麗でしょうか。あまりやるとロボットみたいになりますからね(笑)。人間味を残しましょう。その他、ここはあまり音程を揺らしたくないなと思う箇所にはこの「ピッチを平坦化」機能を使ってみましょう。良い感じになりますよ。くれぐれも使い過ぎないように。<BR> <BR> 使い過ぎの1つの基準は隣の音へシフトするときの傾き。こんな断崖絶壁になるような補正はダメですよ(笑)。アラやノイズが出る場合もありますし、何より人間の歌い方ではないです。そんないきなり次の音程に変われないでしょ?(笑) ま、そういう効果を狙った曲はありだと思いますが。。。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dangai.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dangais.png" alt="dangai.png" border="0" width="160" height="110" /></a> <BR> <BR> 長くなってきたので今日はkこの辺で。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/196/clap" id="fc2button-clap-196" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-196").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/196/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-09-01 (Sat)
  • Category : Cubase
195

VariAudio を使い倒せ!(第2回)

それでは、VariAudio を具体的に見て行きましょう。今日は基本的な使い方についてのお話なので、知っておられる方はちょっとつまらないかも。。。 まず、音楽についての小話を少々。 音楽には「縦の線」と「横の線」があります。それぞれ何を意味しているか分かりますか?縦の線は音の出るタイミングのこと。複数メンバーで演奏しているとき「縦の線を揃える」とはお互いの出音のタイミングを揃えることを意味します。そして「... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> それでは、VariAudio を具体的に見て行きましょう。今日は基本的な使い方についてのお話なので、知っておられる方はちょっとつまらないかも。。。<BR> <BR> まず、音楽についての小話を少々。<BR> 音楽には「縦の線」と「横の線」があります。それぞれ何を意味しているか分かりますか?縦の線は音の出るタイミングのこと。複数メンバーで演奏しているとき「縦の線を揃える」とはお互いの出音のタイミングを揃えることを意味します。そして「横の線」とは音程です。この基本的な考えに則り DAW は横軸に時間、縦軸に音程が取られているわけですね。<BR> <BR> さて、VariAudio は音の横線(音程)を合わせるツールと思われがちですが、実は違います。VariAudio は音の縦線と横線の両方を同時に補正できるツールです。ですからボーカル収録で外した音程だけでなく、タイミングやロングトーンの長さ等も補正できるのです。しかも Cubase の標準機能であるため、他の画面やプラグインを立ち上げることなく同じ大画面でシームレスに行えますし、アンドゥやリドゥも Cubase 操作の一環としてシーケンシャルかつ無制限に行えます。しかも操作がスムーズでストレスを感じさせません。この便利さは他のツールを使ってみないと体験できません。健康と同じですね(笑)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■VariAudio の基礎知識</span><BR> <BR> まず、オーディオ素材をダブルクリックするとこんな画面が出てきますので「VariAudio」をクリックしましょう。すると解析処理がスタートします。長めのサンプルの場合、少しだけ時間がかかりますが、通常はそれほど気になるモノではありません。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Analyse.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Analyses.png" alt="Analyse.png" border="0" width="159" height="97" /></a> <BR> <BR> 解析が終了すると、お待たせしました、歌声がキレイな7色に変化します(12色だよね 笑)。このカラフルなレクト(四角形)1つ1つを「セグメント」と呼びます。セグメントは VariAudio が解析の結果1つの音と認識した単位です。VariAudio のセグメント認識能力は高く、簡単に補正する分にはこのままでも十分使えます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Rainbow.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Rainbows.png" alt="Rainbow.png" border="0" width="159" height="71" /></a> <BR> <BR> 分割されたセグメントの音を1つ1つ確認することもできますよ。このボタンを押してみてください。そしてセグメントをクリックすると、ホラ、その部分だけ再生されるでしょ?心憎い機能ですね。もし音が出ない場合は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-71.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>を参照してください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VoiceOut.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VoiceOut.png" alt="VoiceOut.png" border="0" width="233" height="62" /></a> <BR> <BR> 次に VariAudio は2つのモードから構成されています。「ピッチ&ワープ」と「セグメント」です。「ピッチ&ワープ」とはピッチ(音程)とワープ(音位置)を修正するモードのこと。通常はこちらを使用します。細かく補正を行う場合、セグメントを分割したりして VariAudio に「これはこういう風に認識した方がいいよ」と教えてあげる必要が出てきます。その場合は「セグメント」モードにして行うんですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PitchWarpSegment.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PitchWarpSegments.png" alt="PitchWarpSegment.png" border="0" width="83" height="158" /></a> <BR> <BR> で、VariAudio の唯一使いにくい点はこの「ピッチ&ワープ」と「セグメント」の切り替え動作なんです。これを左横のインスペクタからクリックで切り替えるのはストレスが溜まります。ここは TAB キーを押しましょう! TAB キーを押すと「ピッチ&ワープ」と「セグメント」が交互に切り替わります。これは非常に便利ですから是非覚えてください。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■セグメントモード</span><BR> <BR> セグメントモードでは各セグメントの分断と長さの変更が行えます。経験的に分断はよく使いますが、長さの変更を使うことはあまりありませんね。なので分断についてのみ紹介しましょう。<BR> <BR> セグメントモードにしてどのセグメントでもいいのでマウスカーソルを乗せてみてください(対象のセグメントが大きく見えるようにしておいてくださいよ)。すると縦軸にうっすらピアノが出てきますが、これはイイモデードなので無視して(笑)、マウスカーソルがハサミに変わる瞬間を見つけてください。このアイコンの時にクリックすると、その位置でセグメントが分断されます。分断できるのはハサミの時にセグメント下に表示される横線の範囲まで。それより両外は大人の事情により分断できません(笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Snip.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Snips.png" alt="Snip.png" border="0" width="160" height="60" /></a> <BR> <BR> 分断のコツは、バックの波形をよく見ること。通常、分断する目的は1つに認識されているセグメントを2音だと教えたいため。つまり、音の切り替わり部分ですから、そこは多少なり音量的に沈んでいる場合が殆どです。ですから波形が最も小さい箇所で分断するのがセオリー。実際に使用してみるとその意味が実感できるようになります。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ピッチ&ワープモード</span><BR> <BR> ピッチ&ワープは機能が多彩です。これはね、実演を交えながら説明した方がいいと思うので今日は表示面での紹介だけに留めましょう。まずは「ピッチ&ワープ」モードにしてください。そして編集したいセグメントをクリックしてみましょう。その部分だけカラーになりましたよね。<BR> <BR> その状態でレクト(四角形)のいろんな位置へカーソルを動かしてみてください。クリックする必要はないですよ。するとカーソルがいろんなアイコンに変わると思います。Windows なら [Alt] キーを、Mac なら [Option] キーを押しながらも試してみてください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Shift.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Shifts.png" alt="Shift.png" border="0" width="158" height="70" /></a> <BR> 音程を修正します。[Shift] や [Ctrl] を押しながら上下へドラッグすると、いいことあります。 <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Seesaw.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Seesaws.png" alt="Seesaw.png" border="0" width="159" height="58" /></a> <BR> シーソーのように中心を支点にして音程の傾きを変えられます。 <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Anchor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Anchors.png" alt="Anchor.png" border="0" width="160" height="57" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DelAnchor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DelAnchors.png" alt="DelAnchor.png" border="0" width="160" height="56" /></a> <BR> アンカーを設定したり解除したりできます。 <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/EndUp.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/EndUps.png" alt="EndUp.png" border="0" width="158" height="61" /></a> <BR> アンカーを支点にして音程を変えられます。 <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Warp.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Warps.png" alt="Warp.png" border="0" width="158" height="42" /></a> <BR> 音の開始や終了位置を変更(ワープ)できます。 <BR> <BR> 具体的な使用法は次回から紹介していきますね。それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/195/clap" id="fc2button-clap-195" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-195").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/7.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/195/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-08-29 (Wed)
  • Category : Cubase
194

VariAudio を使い倒せ!(第1回)

Cubase 使いであれば VariAudio は当然ご存知ですよね。一般的に言うところの「ボーカル補正ツール」です。ボーカル収録で外れてしまった音程を正しく修正するためのツールです。もちろんボーカル以外の単音にも使用できます。 Cubase5 に初めて搭載された時は衝撃的でした。これを目的に Cubase を選択された方も多かったのではないでしょうか。それまでボーカル補正ツールと言えば Melodyne や Waves Tune のような市販... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> Cubase 使いであれば VariAudio は当然ご存知ですよね。一般的に言うところの「ボーカル補正ツール」です。ボーカル収録で外れてしまった音程を正しく修正するためのツールです。もちろんボーカル以外の単音にも使用できます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cubase5_variaudio.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cubase5_variaudio.jpg" alt="cubase5_variaudio.jpg" border="0" width="520" height="300" /></a> <BR> <BR> Cubase5 に初めて搭載された時は衝撃的でした。これを目的に Cubase を選択された方も多かったのではないでしょうか。それまでボーカル補正ツールと言えば Melodyne や Waves Tune のような市販の専用ツールの購入が必要だったのですが、VariAudio の登場と共にその後の DAW の流れが変わったように思います。今では Sonar にも V-Vocal が搭載されるなど、すっかり定着した印象ですね。<BR> <BR> そんな VariAudio について今回から複数回に分けて紹介してみたいと思います。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■VariAudio の最大のメリット</span><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/editor_screen_main_05.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/editor_screen_main_05s.jpg" alt="editor_screen_main_05.jpg" border="0" width="159" height="94" /></a> <BR> <BR> はっきり言うと VariAudio は機能面からは市販のボーカル補正ツールに一歩譲ります。搭載されているのはボーカル補正に関する基本的な機能のみで、例えばハモリをつけたり自動で音程補正したりするような機能はありません。これは DAW 付属機能であることを考えれば当然のことでしょう。とは言えボーカル補正に必要な機能は揃っていますので、あくまで「発展的な機能を望むなら市販ツールが必要」と捉えるのが正しい認識かと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/S8_Vvocal_lg.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/S8_Vvocal_lgs.gif" alt="S8_Vvocal_lg.gif" border="0" width="159" height="135" /></a> <BR> <BR> また、Sonar 付属の V-Vocal の機能と比べても VariAudio はやや見劣ります。ダイナミクス調整やハモリ作成のような機能は付属しません(フォルマント補正は別ツールの Pitch Correct で行えます)。しかし、これらは VariAudio の搭載機能として存在しないと言う意味であり Cubase の機能を使えば実現可能ですから、実質的な差異はあまりないと言えます。<BR> <BR> ハモリ作成機能について補足すると、「ハモった」状態がどのようなものであるかご存知の方なら、機械的に生成される「ハモリ」がいかに現実離れしているか感覚的に理解頂けるかと思います。ですから、最終的にはやはり自分の耳で微調整をしなければならないことを考えれば、付属機能万能論的な発想はやや短絡的と言えるかもしれません。<BR> <BR> さて、では VariAudio のメリットは何なのか?<BR> それは、Cubase に統合された「標準機能」であることです。VariAudio はプラグインではありません。聞くと「な~んだ、そんなことか」と思われるかもしれませんが、このメリット、実は結構大きいのです。使えば使うほど効いてきます。<BR> <BR> 標準機能ですからオーディオトラックから直接編集できます。また、プラグインではないので大画面(全画面)を使って効率的に作業できます。しかも操作性がとてもいい! 他のボーカル補正ツールを見てみてください。小さな画面に音程軸・時間軸、そしてボタン類を配置して編集させるものがほとんどです。私は Waves「Waves Tune」と iZotope「Nectar」を触らせてもらったことがありますが、通常作業は VariAudio でやりたいですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Izotope-Nectar_3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Izotope-Nectar_3s.jpg" alt="Izotope-Nectar_3.jpg" border="0" width="160" height="116" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/waves_tune.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/waves_tunes.jpg" alt="waves_tune.jpg" border="0" width="159" height="124" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ATEvo_Graphic_full.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ATEvo_Graphic_fulls.jpg" alt="ATEvo_Graphic_full.jpg" border="0" width="160" height="122" /></a> <BR> <BR> そして、何と言っても画面の美しさはピカ1! 淡いブルーをバックに各音程が中間色を伴った半透明のボックスで表示され、その裏でオーディオ波形が表示される姿はそうとうイケてます。はっきり言って惚れちまうね(笑)。<BR> <BR> <BR> さて、次回からは VariAudio の効率的な使い方やヒント・応用技まで、サンプル音など使いながら動物使いが知っている限りを紹介していきたいと思います! お楽しみに!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/194/clap" id="fc2button-clap-194" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-194").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/194/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-08-25 (Sat)
  • Category : Cubase
190

フォルダーを使ってトラックを整理しよう

Cubase 関連のティップスを紹介しています。 今日は超初心者向けの話題です。フォルダートラックについて。 Cubase にはいろんな種類のトラックがあります。オーディオトラック、インストゥルメントトラック、MIDI トラックは音を鳴らすためのトラックですから分かりやすいですよね。インストゥルメントトラックと MIDI トラックの違いが分からない方はこちらを参照ください。 楽曲の編成が大きくなってくると使う... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> Cubase 関連のティップスを紹介しています。<BR> 今日は超初心者向けの話題です。フォルダートラックについて。<BR> <BR> Cubase にはいろんな種類のトラックがあります。オーディオトラック、インストゥルメントトラック、MIDI トラックは音を鳴らすためのトラックですから分かりやすいですよね。インストゥルメントトラックと MIDI トラックの違いが分からない方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-140.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>を参照ください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Folder.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Folder.png" alt="Folder.png" border="0" width="329" height="389" /></a> <BR> <BR> 楽曲の編成が大きくなってくると使う音源や楽器の数、アーティキュレーションなどによって必要な音源トラックが増えてきます。トラックが増えるとゴチャゴチャしてきて見にくくなりますよね。色分けなんかをして整理するんですが、それでも縦にズラ~っと並んだトラックは見にくいです。<BR> <BR> そこで、フォルダートラックを使って見やすさを改善してみましょう。フォルダーとはトラックをいくつも入れられる箱みたいなものですね。フォルダーの中にお好きなトラックをまとめて入れてしまうことができます。今日は私が主に使う方法を2つ紹介したいと思います。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■1つの音源でたくさんの楽器を使う場合</span><BR> <BR> 例えばオーケストラや吹奏楽の打ち込みをされる方はこのケースかと思います。VIENNA、EastWest シリーズ, HALion Symphonic Orchestra のような固定の音源からたくさんの楽器をロードして使うケースです。<BR> <BR> このような場合、フォルダーはセクションごとに作成するといいと思います。例えばオーケストラなら、弦楽器(ストリングス)、木管楽器(ウッドウィンズ)、金管楽器(ブラス)、打楽器(パーカッション)の4つに分かれますので、4つのフォルダーを作成します。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BySection.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BySections.png" alt="BySection.png" border="0" width="37" height="157" /></a> <BR> <BR> それでも多い場合はサブフォルダーを作成して楽器毎に分類することもできます。サブフォルダーはたくさん作れますけどせいぜい2階層ぐらいにしておいた方が見やすいかと思います。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■たくさんの音源を使う場合</span><BR> <BR> POPS やインスト曲のような様々な音源を使う場合は、音源単位でフォルダーを作った方が見やすでしょう。最近の音源はたいていがマルチティンバーをサポートしていますから、1つの音源で MIDI トラックをいくつも並べるスタイルが一般的だと思います。<BR> <BR> また、音源は独自のカラーを主張するものが多いですよね。例えば Omnisphere ならブルー、Stylus はパープル、Trilian は赤です(全部 Spectrasonics 社の音源だったりして 笑)。Ivory は黄色かオレンジですかね。HALion 4 もブルー、HALion Sonic はオレンジでしょうか? それぞれの音源に合ったカラーを割り当てると視認性が向上します。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ByInstruments.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ByInstrumentss.png" alt="ByInstruments.png" border="0" width="34" height="159" /></a> <BR> <BR> こういうのは自分の中でスタイルを決めてしまうのがいいですね。フォルダーにいちいち色を付けるのが面倒くさいという方は簡単にまとめて色付けする方法がありますので<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-123.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>を参照してください。<BR> <BR> そして、編曲をしているとよく触る音源とそうでないものが出てきますので、接触頻度の低い音源のフォルダーは閉じてしまえばスペースが節約できて劇的に見やすくなります。そう、フォルダーの一番の売りは「閉じれること」なのです。<BR> <BR> ----<BR> <BR> と言うことで、今日はフォルダートラックの紹介でした。他にもうまい分類の仕方があったら教えてくださいね!<BR> <BR> それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/190/clap" id="fc2button-clap-190" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-190").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/190/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-08-08 (Wed)
  • Category : Cubase
189

Cubase で1小節挿入・追加する

こんにちは。 今日は原点回帰、Cubase のティップスを紹介します。 Cubase で私が困ったこと、それは小節の追加でした。Windows ユーザの感覚だと、カーソル位置で右クリックすれば「小節の追加」項目ぐらいあるだろうと思うんですが、Mac インターフェース出身の Cubase はちょっと違うんですね。右クリックしてもこんなんしか出て来ません。お呼びじゃねーっつーの(笑)。この辺りは Windows ユーザはがっかりさせられます... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> 今日は原点回帰、Cubase のティップスを紹介します。<BR> <BR> Cubase で私が困ったこと、それは小節の追加でした。Windows ユーザの感覚だと、カーソル位置で右クリックすれば「小節の追加」項目ぐらいあるだろうと思うんですが、Mac インターフェース出身の Cubase はちょっと違うんですね。右クリックしてもこんなんしか出て来ません。お呼びじゃねーっつーの(笑)。この辺りは Windows ユーザはがっかりさせられますよね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Menu.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Menu.png" alt="Menu.png" border="0" width="288" height="25" /></a> <BR> <BR> かといってヘルプで「小節の追加」とか調べてもヒットしません。Cubase のヘルプは単なる PDF なので検索機能は極めて貧弱。せいぜい OR 検索ぐらいしか出来ません。また、メニューを見ても「トラックの追加」なんかはあるんですが、「小節の追加」は見当たらない。さぁ、困った。<BR> <BR> 考えれば方法はいくつかあります。例えば追加したい位置で全てのトラックをちょん切って分断し、後半を全選択して1小節ずらす。実際これで小節追加している方もおられると思います。今日は正しい小節の追加方法を紹介しますね。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■追加の準備</span><BR> <BR> まず、小節を追加したい位置をロケータで指定します。例えば2小節目の先頭に1小節分追加したければこんな感じで2小節目の先頭に左ロケータを、2小節目の終わり(3小節目の先頭)に右ロケータを持ってきます。この際にカーソル位置はどこにあろうと関係ありません。そして、、、<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BeforeAdditon.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BeforeAdditons.png" alt="BeforeAdditon.png" border="0" width="159" height="25" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Adding.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Addings.png" alt="Adding.png" border="0" width="159" height="56" /></a> <BR> <BR> <u>1.メニューから追加する</u><BR> <BR> 「編集」メニューから「範囲」→「無音部分を挿入」を選択します。すると、このように1小節が追加されます。Ctrl+Shift+E ショートカットで実行しても構いません。分かってしまえば超簡単。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AfterAddition.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AfterAdditions.png" alt="AfterAddition.png" border="0" width="155" height="24" /></a> <BR> <BR> 応用問題として2小節追加したい場合は、もうお分かりですよね。ロケータで2小節分を囲えばいいわけです。同様に1拍追加するには? 分かりますよね(笑)。要するにロケータで選択した長さだけ追加されると言うことです。<BR> <BR> <BR> <u>2.右クリックで追加する</u><BR> <BR> 先ほど右クリックするとお呼びじゃないツールバーしか出ないとお話したのですが、実は右クリックするとき、Ctrl、Shift、Alt キーのどれかを押したままにすると違うメニューが出てきます。つまりキーボード上のアプリケーションキーを押した時と同じ状態が作れます。そして、その中から「範囲」→「無音部分を挿入」を選択すると、同じように1小節追加できます。こちらも分かってしまえば超簡単。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AppKey.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AppKeys.jpg" alt="AppKey.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Adding2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Adding2s.png" alt="Adding2.png" border="0" width="159" height="110" /></a> <BR> <BR> ここで出てきたメニューは Windows ユーザの感覚に近いメニューですから、Windows で Cubase を使っておられる方は是非、Ctrl キーを押しながら右クリックすることを覚えてください。作業が早くなりますよ!<BR> <BR> それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/189/clap" id="fc2button-clap-189" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-189").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/9.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/189/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-08-04 (Sat)
  • Category : Cubase
165

初心者向け、超簡単!ハープ講座

こんにちは。 美しい女性に似合う楽器ベスト3と言えば、ハープ・ピアノ・フルートですね(※個人の感想です。実際似合うかどうかは個人差があります)。そんな美しいハープはまるで白鳥のよう。優雅に滑らかに曲を泳いでいきます。しかし、一見優雅に見える白鳥も水面下では必死こいてバタバタやっているのだーーー。見よ!これがハープの足下だ!! ダッサ!!!足がいっぱい! そう、ハープも白鳥... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ha-pu.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ha-pus.jpg" alt="ha-pu.jpg" border="0" width="112" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41d0bf54.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41d0bf54s.jpg" alt="41d0bf54.jpg" border="0" width="159" height="147" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120509222035b19.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120509222035b19s.jpg" alt="flute (1)" border="0" width="148" height="160" /></a> <BR> <BR> 美しい女性に似合う楽器ベスト3と言えば、ハープ・ピアノ・フルートですね(※個人の感想です。実際似合うかどうかは個人差があります)。そんな美しいハープはまるで白鳥のよう。優雅に滑らかに曲を泳いでいきます。しかし、一見優雅に見える白鳥も水面下では必死こいてバタバタやっているのだーーー。見よ!これがハープの足下だ!!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/_IGP4834.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/_IGP4834s.jpg" alt="_IGP4834.jpg" border="0" width="159" height="106" /></a> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/image3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/image3s.jpg" alt="image3.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> ダッサ!!!足がいっぱい!<BR> <BR> そう、ハープも白鳥と同様に演奏中は足下でバタバタやっているのです(笑)。なんだか火星人みたいですね(※個人の感想です。火星人かどうかは個体差があります)。<BR> <BR> さて、読者のハートを鷲づかみにしたところで(笑)ここからが話の本題です。<BR> ハープって楽器は曲中に入れるととっても引き立ちますよね。特に「グリッサンド」と呼ばれる奏法はハープの特徴的な一面を表しています。しかし、このグリッサンドを打ち込むのは少々難易度が高いのです。<BR> <BR> やってみましょう。<BR> 何も考えずにキーボードでハープのグリッサンドを打ち込むとこんな感じになると思います。まずは「悲しみの調べ」をお聴きください(笑)。演奏が適当なのは許してね~。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Harp_Bad.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> これは単純にキーボードをグリッサンドして打ち込んだだけのグリッサンドです。ですからこれを自分の曲にはめてみても何だかしっくりこないのではないかと思います。正しいグリッサンドを入力するにはハープの構造に関する知識が必要になってきます。それを説明している素晴らしいサイトがこちら。<BR> <BR> ■MIDI でのハープの打ち込み法<BR> <a href="http://www.sparerib.jp/tips/arpa/" target="_blank" title="http://www.sparerib.jp/tips/arpa/">http://www.sparerib.jp/tips/arpa/</a><BR> <BR> わかりましたか?<BR> ハープには「ドレミファソラシ」に該当する弦があって(Ces dur)、それぞれの弦を半音上げたり下げたりするための7つのペダルがあると言うことです。そして自分の曲の調に合わせてそれぞれのペダルを調整した前提で、グリッサンドを表現しなければならないってことです。<BR> <BR> これを一言で表現すると「めんどくさい」だと思います(笑)。<BR> と言うことで「Cubase で簡単!お手軽ハープのグリッサンド再現方法」をご紹介します。<BR> <BR> まずは MIDI トラックを1つ作成して、ふつーにキーボードを使ってグリッサンドを打ち込みます。これはすぐ出来ますね。そして次がポイントです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HARP_MIDI.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HARP_MIDIs.png" alt="HARP_MIDI.png" border="0" width="71" height="159" /></a> <BR> <BR> 画面右のインスペクタから「MIDIインサート」を選択し、「MIDI Modifires」をインサートします。そして下から2番目の「スケール」から最適なものを選択します。長調の曲なら「Maj」「スケールなし」あたり、短調なら「ハーモニック/メロディックmin」「エオリアン」あたりでしょうか(私はエオリアン気に入ってます 笑)。そして一番下のスケールノートから自分の曲の調を指定してください(これは頑張って調べてくださいね)。<BR> <BR> オーケストラのスコアのように厳密にペダルが規定されている場合はきちんとそれに合わせなければいけませんが、およその雰囲気が出ればいいのであればこの方法で十分な曲もあるでしょう。実際やってみるとなかなかの感じになります。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Harp_Good.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> どうですか、わりといけるでしょ?<BR> と言うわけで、今日は初心者向けハープの簡単打ち込み講座でした。<BR> <BR> ちなみに今回使用した音源は、ピアノは Ivory Italian Grand、ハープは EWQL Goliath でした。<BR> それでは!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/165/clap" id="fc2button-clap-165" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-165").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/165/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-05-09 (Wed)
  • Category : Cubase
158

Cubase 6.5 オーバービュー

今日は久しぶりに Cubase の話題でも。 何やらボーッとしている間に Cubase 6.5 がリリースされているではないですか!と言うことで、今日は Cubase 6.5 オーバービューと題して Cubase 6.5 の新機能を一通り見ていきたいと思います。 ■Cubase 6.5 http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_in_65.html ■充実したシンセ音源 まず、シンセ音源が2つも追加されています。Retrologue と Padshop です。... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は久しぶりに Cubase の話題でも。<BR> 何やらボーッとしている間に Cubase 6.5 がリリースされているではないですか!と言うことで、今日は Cubase 6.5 オーバービューと題して Cubase 6.5 の新機能を一通り見ていきたいと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/o0506022611826496088.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/o0506022611826496088.jpg" alt="o0506022611826496088.jpg" border="0" width="506" height="226" /></a> <BR> <BR> ■Cubase 6.5<BR> <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_in_65.html" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_in_65.html">http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_in_65.html</a> <BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">■充実したシンセ音源</span></strong><BR> <BR> まず、シンセ音源が2つも追加されています。Retrologue と Padshop です。Retrologue はビンテージシンセのモデリングにフィーチャーしたシンセ音源ですね。シンセ音源と言うものは新しければいいってもんじゃなくって、古いシンセやフリーの音源にだって刺激的な音色はいっぱいあります。私も古いハードシンセに気に入っている音があって捨てずにずっと持ってます(笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Repeater.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Repeaters.jpg" alt="Repeater.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_7ec512dbeb.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_7ec512dbebs.jpg" alt="RTEmagicC_7ec512dbeb.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> Retrologue はあらかじめ 300 以上のプリセットがあって、そのまま使ったりそれらを加工したり重ねたり出来るんですね。もちろん LFO 等を駆使して一から音色を作ることもできるでしょう。面構えは、シンセを知っている人には割とわかりやすい感じですが、触ったことのない人はちょっと引いてしまうかもしれませんね(笑)。これはどんなシンセでも同じかと。シンセは波形を操作するので、どうしてもイカツい感じになっちゃいますね。<BR> <BR> 続いて Padshop はグラニュラーシンセと言うまた違った趣のシンセでして、サンプル音色の粒立ちを操作して音色を作り出す最先端?のシンセ音源です。簡単に言えば元となるサンプル波形を細かく切り刻んで、それらに対してアプローチしていくシンセです。これは市販シンセ音源の代表格である Spectrasonics の Omnisphere にも採用されている技術で、結構すごいもんです。<BR> <BR> 口で説明しても分かりにくいので上で紹介している URL から steinberg のデモソングを聴いてみましょう!サイトの最初のデモムービーの 2:40 からです。サンプルサウンドを選択してちょっとノブを回しただけでこれだけ音色が変化します。操作も見ているぶんには結構わかりやすそうですが、求める音に近づけようと思ったら結構勘所がいりそうですね。<BR> <BR> どちらのシンセも DTM/DAW ソフトに付属するものとしては結構イケテル感じで、私的には高評価ですね~。サイトの最後にあるデモソングも聴いてみましょう。シンセパッドとかでもうちょっと空間を埋めて緊張感を出したりしてもいいような気もしますが、音自体はなかなかのものだと思いますね。<BR> <BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">■エフェクトも追加に</span></strong><BR> <BR> Cubase は基本的なエフェクトは当然一通り備えていますが、今回は少し遊び心のあるエフェクトが追加されています。MorphFilter と DJ-EQ、そしてギターエフェクトです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ae03db7df8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ae03db7df8s.jpg" alt="ae03db7df8.jpg" border="0" width="136" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dec308538e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dec308538es.jpg" alt="dec308538e.jpg" border="0" width="136" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_53e47399a3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_53e47399a3s.jpg" alt="RTEmagicC_53e47399a3.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> MorphFilter はシンセ曲で活躍間違いなしのエフェクトです。簡単操作でターゲットとする周波数帯域とその成分量・挙動を変更できます。面白いのはこれをスムーズにシフトできる点で、滑らかに変化する演出表現を簡単に実現できます。そしてそれをオートメーションで記録しておけばいいんですね。2番目のデモを見てみてくださいね~。<BR> <BR> 一方、DJ-EQ ですが、これは別に大したことありません(キッパリ!)。普通の EQ で十分です(笑)。こんなのはいいから早くパラメトリックイコライザを搭載してください。<BR> <BR> そして充実したのが、ギターエフェクトとして Cubase 6 から搭載された VST Amp Rack です。プリセットが50も追加されて Maximizer や Limiter も増えました。ギターエフェクトに特化したプラグインエフェクトとしては十分な機能を持ったように思います。<BR> <BR> ただね、これ、ギターとかベースとかやってる人にしか受けないんじゃないかな。見た目もまんまそんな感じですしね。私はギター・ベースには余り縁がないので、今まで全くノータッチでした。でも、最近になってこれをボーカルに当ててみても面白いことに気付きました。まだまだいろんな可能性がありそうです。<BR> <BR> エフェクトって言うのは高いものが必ずしもいいわけではありません。エフェクトにはそれぞれ個性があるので、自分の曲に一番合うエフェクトを選ぶのが良いと思います。そういう意味では選択肢が多くあることは大歓迎ですね。<BR> <BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">■その他、注目の新機能</span></strong><BR> <BR> う~ん、そうですね、ReWire 64bit なんかは Cubase 6 のアップデートで対応しますし、あえて挙げるなら「ワープクオンタイズ」ですかね。この機能はオーディオデータのエッジを捉えてまるで MIDI データみたいにクオンタイズしてしまうものですが、例えば生ドラムを収録して、打ち込みの MIDI とビシッと合わせてしまおう!と言うわけです(スイング感も調整できます)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_e6cd755ca4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_e6cd755ca4s.jpg" alt="RTEmagicC_e6cd755ca4.jpg" border="0" width="159" height="101" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_f19eb70843.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/RTEmagicC_f19eb70843s.jpg" alt="RTEmagicC_f19eb70843.jpg" border="0" width="159" height="134" /></a> <BR> <BR> 実際、この機能は有効に働くケースもありますが過度な期待をしてはいけません。まずアタックがハッキリしているオーディオデータでなければダメです(ドラムとか)。そしてあまり複雑なソースもダメ。クオンタイズ後の効果ですが、ちょっとぐらいのズレなら恐らくミックスしてしまえば分からないぐらいのレベルになるでしょう。しかし、場所やソースによっては明らかにノイズが入ったり音質が劣化したりするハズです。<BR> <BR> 一番いいのはやっぱりきちんと再収録をすること。で、ちょっとダメなところを(淡い期待を抱いて)ワープクオンタイズしてみて良かったらラッキー、おかしくなったら元に戻してオーディオ編集で手動修正していく。このぐらいの感覚がいいと思います(笑)。<BR> <BR> ちなみにやや話が逸れますが、VariAudio はホントいいです!私、ホントに気に入ってます。今度紹介します!<BR> <BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">■Cubase 6.5 は買いですか?</span></strong><BR> <BR> う~ん、毎回ながら人によるんでしょうね。これから DTM/DAW ソフトを買ってシンセ曲なんかを作ってみたいって人はいいでしょう。Cubase にはシンセ音源だけでなく HALion Sonic SE と呼ばれるわりと使える総合音源や、ちょっと追加投資すればかなり質の高いオーケストラ曲が作れる HALion Symphonic Orchestra なんかもありますしね。<BR> <BR> 一方、Cubase 6 からのアップデートですが、今回搭載された新しいシンセ音源に魅力を感じないならパスしてもいいレベルに感じます。ま、アップデート価格は steinberg オンラインで \4,980 ですからそんなに高くない訳で、これぐらいならアップデートしてもいいって感覚にもなれます。特に有効なシンセ音源を持っていない方は検討の価値ありかと。<BR> <BR> ちなみに Cubase 6 付属の HALion Sonic SE でもそれなりのシンセサウンドは作れます。「HSSE じゃちょっと物足りないな」って感じる方は検討してみてはどうでしょうか。ただし、シンセ曲に大事なのは音源の質よりもアイデアとイメージ、そしてそれらを具体化するスキルです。もちろんいい音を聴くとインスピレーションが湧いてくるのも事実ですけどね(笑)。<BR> <BR> この記事を最後まで読んでくださった方にお礼として Cubas 6/HSSE のみで作成された曲を1曲ご紹介したいと思います。インスト曲なんですが、この曲は私のブログを懇意にして頂いているHさんが Cubas 6/HSSE のみで作られたものです。HALion Sonic SE でもこれだけのクオリティになること、是非聴いてみてくださいね!Hさんの快いご提供に感謝します。ありがとうございます。<BR> <BR> ■S19(Hさん作)<BR> <a href="http://www.muzie.ne.jp/songs/374346/" target="_blank" title="http://www.muzie.ne.jp/songs/374346/">http://www.muzie.ne.jp/songs/374346/</a><BR> <BR> それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/158/clap" id="fc2button-clap-158" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-158").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/158/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-03-24 (Sat)
  • Category : Cubase
140

インストゥルメントトラックと MIDI トラック

この2つの違いが分かるでしょうか? DTM/DAW において、入力トラックは3種類あります。  ①オーディオトラック  ②インストゥルメントトラック  ③MIDI トラック ①はオーディオデータを食わせれば良いことはすぐに分かると思いますが、初心者の方は②③の違いがよく分からないかもしれません。かく言う私も Cubase を買ったときは分かりませんでした(笑)。今日はその違いについてお話してみます。 まず、①②③のうち①... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> この2つの違いが分かるでしょうか?<BR> DTM/DAW において、入力トラックは3種類あります。<BR> <BR>  ①オーディオトラック<BR>  ②インストゥルメントトラック<BR>  ③MIDI トラック<BR> <BR> ①はオーディオデータを食わせれば良いことはすぐに分かると思いますが、初心者の方は②③の違いがよく分からないかもしれません。かく言う私も Cubase を買ったときは分かりませんでした(笑)。今日はその違いについてお話してみます。<BR> <BR> まず、①②③のうち①はオーディオデータ用のトラックであり、②③は MIDI データ用のトラックです。MIDI がよく分からない方はこちらを参考にしてください。MIDI だけでなく、DTM/DAW について動画で分かり易く解説してくれています。で、MIDI データ用トラックとして②インストゥルメントトラックと③MIDI トラックがあるわけですね。なぜ2つもあるんでしょうか。<BR> <BR> 究曲.com:<a href="http://www.kyuukyoku.com/course/dtm/" target="_blank" title="http://www.kyuukyoku.com/course/dtm/">http://www.kyuukyoku.com/course/dtm/</a><BR> <BR> ■まずは MIDI トラックについて理解する<BR> <BR> MIDI とは簡単に言えば音の鳴る時間・長さ・高さ(音程)を並べたデータです。重要なのは「何の楽器で演奏するか」は全く関係ないということです。言ってみれば楽譜のようなもので、これを誰が歌っても演奏しても良いのです。つまり MIDI トラックはそれだけでは音が鳴らないので、何かの楽器(音源)を別途指定してあげないといけないのです。面倒ですね。<BR> <BR> ■インストゥルメントトラックは?<BR> <BR> 「インストゥルメント」とは楽器(音源)のことで、インストゥルメントトラックとは簡単に言えば MIDI トラックに楽器がセットになったトラックです。ですからインストゥルメントトラックを選択して、そこに好きな音源をアサインすればいい。そして MIDI データを編集すればその楽器の音で鳴ります。演奏したい楽器を選んでから演奏データを入力する、極めて直感的なトラックです。また、セットになっているのでエフェクトを挿したりセンドしたりするのも簡単で分かりやすいのも魅力です。<BR> <BR> ■何のために MIDI トラックがあるのか?<BR> <BR> 例えばこんな状況をイメージしてみてください。オーケストラの曲を打ち込みしたいと思います。ご存知の通りオーケストラにはたくさんの楽器がありますから、楽器の数だけトラックを用意しないといけません。ここで②インストゥルメントトラックと③MIDI トラックを用意した場合の違いについて考えてみましょう。<BR> <BR> インストゥルメントトラックは楽器とセットですから使用する音源を選択します。例えば HSE(HALion Sonic SE) とか HSO(HALion Symphonic Orchestra) とかですね。これを楽器の数だけ立ち上げると、どうでしょう?まず同じ Window がたくさん表示されてとってもゴミゴミした感じになりますよね。またそれぞれ別の音源として立ち上がるのでメモリ容量的にも無駄が多いです。<BR> <BR> そこで登場するのが MIDI トラックです。MIDI トラックを使うと立ち上げる音源の数をグッと減らして効率的に音源を利用できるようになります。そのためにはまず、専門用語「マルチティンバー」を理解しないといけません。<BR> <BR> ■マルチティンバーとは何か?<BR> <BR> マルチは「複数」をティンバーは「音色」を意味します。ですからマルチティンバーとは複数音色という意味です。そして最近の音源はみんなこのマルチティンバーに対応しています。つまり1つの音源で複数の音色を同時に鳴らすことが出来ると言うことです。最近の主流は16ティンバー対応で、1つの音源で同時に16の音色をロードして鳴らすことが出来ます。<BR> <BR> ですから各 MIDI トラックをマルチティンバー対応音源の各ティンバーにリンクさせれば立ち上げる音源の数は1つでも複数の音色を鳴らすことが出来るわけです。これは MIDI トラックが音源と切り離されているからこそ出来るわけですよね。分かって来ました?<BR> <BR> ■MIDI トラックを効率的に使おう<BR> <BR> ここまで分かればインストゥルメントトラックと MIDI トラックの使い分けが出来ますよね。インストゥルメントトラックはその音源で1つの音色しか使わないことが分かっている場合に選択します。例えばピアノ専用音源とか。<BR> <BR> 一方で MIDI トラックはその音源で複数の音色を利用する場合に選択するとプロジェクトをすっきり出来て見やすくなります。先ほどインストゥルメントトラックでピアノ専用音源と書きましたが、専用ではなく HSE のような総合音源の中からピアノも使う場合は、MIDI トラックにした方が良いでしょう。<BR> <BR> ■MIDI トラックの使い方<BR> <BR> MIDI トラックを作成するのはインストゥルメントトラックを作成するのと同じですから、説明の必要はないでしょう。問題は音源とのリンクです。まず音源をロードしますが、Cubase の場合は「VST インステゥルメント」(F11)(Sonar の場合は「インステゥルメントを挿入する」だったかな?)を選択します。ここでは HSE をロードしてみましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MIDI_Instrument.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MIDI_Instruments.png" alt="MIDI_Instrument.png" border="0" width="159" height="105" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSE_Timber.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSE_Timbers.png" alt="HSE_Timber.png" border="0" width="159" height="133" /></a> <BR> <BR> マルチティンバーに対応している音源なら画面のどこかに1~16までの数字が書いてあるところがあるはずです。それを探してください。なければそれはマルチティンバー対応音源ではありません(D-Pro なんかはシングルティンバーですね)。この1~16にお好きな楽器をロードしてください。ロードできたら次はいよいよ MIDI トラックとのリンクです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SelectInstrument.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SelectInstruments.png" alt="SelectInstrument.png" border="0" width="160" height="118" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SelectChannel.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SelectChannels.png" alt="SelectChannel.png" border="0" width="117" height="159" /></a> <BR> <BR> リンクはインストゥルメントの選択とティンバーの選択が必要です(Cubase についてお話します)。まず左画像黄色部分をクリックして「VST インストゥルメント」(F11)でインストールした音源(ここでは HSE)を選択します。そして、その右画像黄色部分でその音源のどのティンバーを利用するか選択します。普通ですね。これで MIDI トラックが鳴るようになります。<BR> <BR> 今回は MIDI トラックの基本についてのお話でした。次回は応用編として MIDI トラックにエフェクトを挿したり、別チャンネルから出力させたりする方法についてお話できたらと思います。それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/140/clap" id="fc2button-clap-140" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-140").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/11.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/140/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-01-21 (Sat)
  • Category : Cubase
130

Cubase 6 便利な機能(マウスも使う編)

みなさん、こんにちは。 今日は Cubase の小技をいくつか紹介していきたいと思います。前回、キーボードショートカットをかなりたくさん紹介して好評だったのですが(こちらから)、今回はマウスなども使って幅広く便利な紹介できればと思います。 もう12月も中旬でして、クリスマスも近づいてきましたので、このブログでも何か皆さんにプレゼントできるものがないか考えたのですが、曲なんかを作っても逆に元気がなくなる方... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさん、こんにちは。<BR> 今日は Cubase の小技をいくつか紹介していきたいと思います。前回、キーボードショートカットをかなりたくさん紹介して好評だったのですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-79.html" target="_blank" title="こちらから"><u>こちらから</u></a>)、今回はマウスなども使って幅広く便利な紹介できればと思います。<BR> <BR> もう12月も中旬でして、クリスマスも近づいてきましたので、このブログでも何か皆さんにプレゼントできるものがないか考えたのですが、曲なんかを作っても逆に元気がなくなる方がおられると申し訳ないので(笑)、より実用的に便利機能を紹介することでクリスマスプレゼントに代えさせてもらいたいと思います。<BR> <BR> <u>■パート範囲が邪魔</u><BR> <BR> パート範囲ってのはこいつのことです(画像の黄色い四角)。エディタを開くとパートの先頭にこいつが居座るんですよね。マウスでこの位置を選択する機会は結構多いんですが、そのときに邪魔なんです。こいつを消したい。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193602750.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193602750s.png" alt="パート範囲" border="0" width="159" height="104" /></a> <BR> 実はこれ、簡単。このボタンを押すだけ(画像の赤い四角)。これでかなりイライラから開放されます。<BR> <BR> <u>■ノートのベロシティを情報ラインから変更する</u><BR> <BR> これを見てください。今私が作ってる曲のベロシティデータです。ピアノ曲を打ち込みする場合なんかは1つ1つのノートのベロシティはとても大事です。ただ、間が狭かったり重なってたりして目的のノートだけベロシティを変えるのは大変です。そんなときはここ(左画像の黄色い四角)で編集しましょう。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193345dc0.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193345dc0s.png" alt="ベロシティ変更" border="0" width="159" height="97" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933444dd.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933444dds.png" alt="ウィンドウレイアウトの設定" border="0" width="159" height="104" /></a> <BR> <BR> この情報ラインは画面の一番左端にある「ウィンドウレイアウトの設定」から表示できます(右画像の黄色い四角)。そして、目的のノートを選択してベロシティ(左画像の赤い四角)をダブルクリックして目的の値を入力する、、、、と思うでしょ? ま、それでもいいんですが、もっと直感的に変更する方法があります。それは、ベロシティ値をマウスでクリックしたまま上下にドラッグするのです。<BR> <BR> ありがたいことに変更値に従って音も鳴るので、目的の音量を設定しやすいですね。これ、知らない人多いんじゃないかな?同じ要領でこの情報ラインにある値は全て変更可能です。<BR> <BR> <u>■画面のスクロール拡大縮小をより簡単に</u><BR> <BR> キーボードの「G」「H」キーで画面の拡大縮小が行えることは前回ご紹介しました。今回はマウスを使った方法を紹介します。まずはホイールスクロールの付いたマウスを用意してください。最近はポピュラーになりましたから大抵付いてますよね?<BR> <BR> まず、キーボードの Ctrl キーを押したままにしてマウスホイールをクルクルしてみましょう。どうです?画面が横に拡大縮小されるでしょう。この機能の素晴らしいのは、現在マウスポインタがある位置を中心に拡大縮小されると言うこと。ポイントを狙って素早く拡大縮小できます。<BR> <BR> 次に、Shift キーを押したままだとどうなるでしょうか?今度は左右にスクロールしますよね?これも便利じゃないですか。余談ですが、この機能は高速スクロール機能が付いたマウスだとさらに便利です。お勧めのマウスを記事の一番下に紹介しておきますね。<BR> <BR> 一般的に、Ctrl, Shift, Alt の3つのキーはこう言った付加的な機能に関わっていることがほとんどです。色んなところでこのキーと他の何かの組み合わせを試してみましょう。きっと新しい発見があるはずです。<BR> <BR> <u>■縦(横)の位置を動かさずにノートを移動</u><BR> <BR> 打ち込みをしていると、手弾きのミスノートやタイミングのずれなどが発生しますよね。音程を間違った場合はリズムがずれないようにノートを移動しなければなりませんし、タイミングを修正するときは音程がずれないようにしなければならない。でも普通にノートを選択して移動させるとどちらもずれちゃいますよね。<BR> <BR> そんなときは移動する際に Ctrl キーを押したままにします。これで上下左右、動かしたい方向以外には動かないようになります。知っておくと便利ですね。また、この機能は複数のノートをまとめて選択しているときも有効ですし、ノートだけでなくパートそのものを別のトラックに移動したい場合なんかにも有効です。<BR> <BR> <u>■コントロール情報も一緒に移動(若しくは別々に移動)</u><BR> <BR> 例えばピアノの打ち込みではサスティーンペダルの踏み込み(画像の赤い四角)、オケの打ち込みではエクスプレッション(強弱表現)のコントロール情報がノートとは別にあるはずです。さて、ノートを選択してどこかへ移動させたとき、これらがついて来ないとまずいですよね。逆にメインボリュームのようについ来て欲しくないコントロール情報もあります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933447f2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933447f2s.png" alt="コントロール情報の移動" border="0" width="158" height="97" /></a> <BR> <BR> そんなときはここで選択しましょう(画像の黄色い四角)。これが ON だとノートの移動に合わせてコントロール情報もついて来ます。OFF だとついて来ない。賢いのは、そのコントロール情報に関係していた全てのノートが移動されるときは例え OFF でも一緒についてくる! Cubase なかなか成熟してるでしょ?<BR> <BR> <u>■トラックの大きさをまとめて変更</u><BR> <BR> トラックが増えてくると管理が大変です。と言うのも各トラック表示の高さが高いとたくさん表示できませんし、かといって小さいと何が表示されているのか分からない。編集するときは大きく、そうでないときは小さくなって欲しい。でも1つ1つ合わせていくのは大変。。。そんなときはこうしましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LargoProgress.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LargoProgresss.jpg" alt="LargoProgress" border="0" width="159" height="98" /></a> <BR> <BR> Ctrl キーを押しながらどれでも1つのトラックの幅を変更してみてください。他のトラックも全てその大きさになるでしょ。通常はこの方法を使って各トラックの幅を小さくして全てのトラックが見渡せるようにするといいですね。そして、必要になったトラックだけ拡大して編集する。<BR> <BR> 次に Shift キーを押したままだとどうなるでしょうか。Shift キーの場合はあらかじめ複数トラックを選択しておきます。その状態で選択トラックのどれかのサイズを変更すると、それらのみが拡大縮小されます。これはセクション内のトラックをまとめてサイズ変更したい場合なんかに有効ですよね。<BR> <BR> <BR> 如何だったでしょうか。皆さんの DTM ライフのお役に立てれば幸いです。その他にも色々ありそうですが、それはまたの機会にお届けしましょう!それではみなさん、風邪など引かないように元気にして忙しい師走を乗り切りりましょうね。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/130/clap" id="fc2button-clap-130" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-130").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/9.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/130/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-12-14 (Wed)
  • Category : Cubase
124

DTM/DAW ソフトユーザ数対決! (Cubase/Sonar/ProTools/Logic...)

これから DTM/DAW ソフトを買おうと検討されている方は Cubase, Sonar って大きな候補ですよね。高い買い物ですから買って後悔したくない。そのためにはいくつか判断材料が欲しいところです。今日はユーザ数の観点から各 DTM/DAW ソフトを見ていきましょう! ユーザ数が多いと言うことはそれだけ使っている人が多いと言うことであり、使われていると言うことはそれだけ使えるツールだと言うことであり、買って後悔する可能性が... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> これから DTM/DAW ソフトを買おうと検討されている方は Cubase, Sonar って大きな候補ですよね。高い買い物ですから買って後悔したくない。そのためにはいくつか判断材料が欲しいところです。今日はユーザ数の観点から各 DTM/DAW ソフトを見ていきましょう!<BR> <BR> ユーザ数が多いと言うことはそれだけ使っている人が多いと言うことであり、使われていると言うことはそれだけ使えるツールだと言うことであり、買って後悔する可能性が低いとも言える理屈。もっと言ってしまえば Cubase も Sonar も ProTools も使っている人は当然たくさんいる訳で、であればどのツールも使えるツールってことですよね。少なくとも買って「使えねー!」ってことにはならない。<BR> <BR> ただ、買った後に分からないことは絶対出てくるので、それを解決する手段が多いに越したことはありません。詳しい人が近くにいるならその人が持ってるソフトにするのが一番いいんでしょうけど、なかなかそんな恵まれた環境はないですよね。さぁ、いくつか調べてみましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/google-music.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/google-musics.jpg" alt="google-music.jpg" border="0" width="159" height="101" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■インターネット情報数対決</u></span><BR> <BR> インターネットで検索してたくさんヒットするツールは情報量が多いツール。ま、多少語弊はあるかもしれませんがそれなりに真理かと思います。検索は「ツール名 DTM DAW」で行ってみます。ツール名だけ入力すると違う意味のサイトもヒットしてしまいますからね。<BR> <BR>  ①Logic       318,000 件(330,000,000 件)<BR>  ②Cubase       292,000 件( 21,200,000 件)<BR>  ③ProTools      274,000 件( 26,500,000 件)<BR>  ④Sonar       232,000 件( 58,600,000 件)<BR>  ⑤Singer Song Writer 39,500 件( 52,800,000 件)<BR>  ⑥Digital Performer  27,900 件( 3,950,000 件)<BR> <BR> 上位4つはなかなか接戦になりました。()内は単純に製品名だけを入力した際のヒット数。Logic つえー。ま、"Logic" や "Sonar" は英単語としても成り立つので、製品以外のページも大量にヒットしていると思われます。<BR> <BR> えっ? これじゃ良く分からないって?(笑)<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/81155_matter.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/81155_matters.jpg" alt="81155_matter.jpg" border="0" width="159" height="101" /></a> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■本の数で勝負だ!</u></span><BR> <BR> 本がたくさん出ていると言うことは、困ったときの手助けが多いと言うことでもあり、またそれだけ需要があるということでもあります。さぁ、どれが多いでしょうか?本と言えば Amazon ですね。検索してみました(日本語の本)。<BR> <BR>  ①Sonar         62 件<BR>  ②Cubase        58 件<BR>  ③ProTools       55 件<BR>  ④Singer Song Writer  16 件<BR>  ⑤Logic Studio     12 件(Logic で検索すると違うものも大量ヒットするため)<BR>  ⑥Digital Performer   9 件<BR> <BR> 本の数では若干 Soanr が有利、でも上位3位は大体同じぐらいだと考えてよいのではないでしょうか。Singer Song Writer なんかは機能がそれほど多くないので本の数も少ないのかもしれませんね。<BR> <BR> えっ? そんな情報じゃダメだって?(笑)<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/share_logo.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/share_logo.jpg" alt="share_logo.jpg" border="0" width="110" height="110" /></a> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■日本のユーザ数で勝負だ!</u></span><BR> <BR> う~ん、仕方ない。じゃあ、実際に使っている人がどれぐらいいるか調べてみましょう!音楽コミュニティーサイトっていくつかあるんですが、その中で私も登録している Music Track(http://musictrack.jp/)を見てみましょう。ここにはたくさんの DTM ユーザがいて、自分の使っている製品を登録しています。ここで登録数が多いってことは、即ち、日本で使っているユーザが多いと言ってしまっていいんじゃないかと思います。<BR> <BR>  ①Cubase      954 人(Nuendo を含めると 1,015 人)<BR>  ②Sonar       773 人(X1 含む)<BR>  ③Logic       382 人<BR>  ④Singer Song Write 299 人(Lite 含む)<BR>  ⑤Pro Tools     265 人<BR>  ⑥Digital Performer 161 人<BR> <BR> と言うことで、実際にユーザ数が多いのは Cubase でした。Sonar もそれほど差はありません。Logic も Mac/Windows 比率から考えればかなり頑張っている数字ですね。<BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■結論</u></span><BR> <BR> DTM/DAW ソフトの3強は Cubase/Sonar/Logic。そして次点で ProTools も。Logic は本の数が少ないのが気になりますが、Mac ユーザはこれ一択でしょう!選べる Windows ユーザは Cubase か Sonar を買っておけばまず間違いありません!プロを気取りたいなら ProTools もありかと。<BR> <BR> えっ? Cubase か Sonar か結局決められない?<BR> そうやって悩んでるうちが楽しいんですよ。このブログでも Cubase/Sonar の比較はちょくちょくやっていますので過去記事も参考にしてください(ブログ左のカテゴリーツリーから Cubase を選択してください)。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/124/clap" id="fc2button-clap-124" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-124").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/11.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/124/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-11-23 (Wed)
  • Category : Cubase
123

Cubase の色をいろいろ変えたい!

Cubase って基本グレーっぽい配色で統一されてますよね。地味~な感じ。 まぁ大抵の DTM/DAW ソフトってのは重要なものを目立たせるためにこういう配色になってるのがほとんどなんですが、今日は Cubase の色を変える方法をいろいろ(洒落?)紹介していきます。色合いの変更は Cubase 6 の新機能でもありますね! ■全体的な色合いを変えたい これは簡単ですね! [ファイル]-[環境設定] から [外観] を選択しましょう... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> Cubase って基本グレーっぽい配色で統一されてますよね。地味~な感じ。<BR> まぁ大抵の DTM/DAW ソフトってのは重要なものを目立たせるためにこういう配色になってるのがほとんどなんですが、今日は Cubase の色を変える方法をいろいろ(洒落?)紹介していきます。色合いの変更は Cubase 6 の新機能でもありますね!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/a24f5bbd6b.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/a24f5bbd6b.png" alt="Cubase6 UIColor" border="0" width="520" height="300" /></a> <u>■全体的な色合いを変えたい</u><BR> <BR> これは簡単ですね!<BR> [ファイル]-[環境設定] から [外観] を選択しましょう。<BR> Cubase ではどこでも何でも好きな色に変更できるわけではなく、一定の調和を保った範囲で変更することが許されています。ボタンが背景と同化して見づらくなったりするのを避けているわけですね。自由に変更できると思ってた人は少し物足りないかもしれません。<BR> <BR> [全般] 設定では彩度・明度・色相を自由に変更できますが、個人的には赤・青・緑にした方が分かりやすかったと思います。<BR> <BR> <u>■各トラックの色を変えたい</u><BR> <BR> これは方法が色々あるんですが、基本的には画像の黄色枠の部分で変更します。<BR> まず左側のトラック名が表示されているところですが、右端にある小さな右三角矢印をクリックすることで色を変えられます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeColors.png" alt="ChangeColor.png" border="0" width="159" height="133" /></a> <BR> <BR> 次に画像右側の各トラックですが、これは [Shift]/[Ctrl]/[Alt] のいずれかのキーを押したままマウスクリックすることで変更できるようになります。これちょっと分かりにくいですよね。<BR> <BR> <u>■ミキサー画面でも変えたい</u><BR> <BR> これも上で紹介したトラックの色を変える方法と同じです。ミキサー内の各トラックの色表示されている部分で [Shift]/[Ctrl]/[Alt] のいずれかのキーを押したままマウスクリックすることで変更できるようになります。当然、ここで変更した色はメイン画面の各トラックにも反映されます。どちらで変更してもいいんですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeMixerColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeMixerColors.png" alt="ChangeMixerColor.png" border="0" width="158" height="63" /></a> <BR> <BR> <u>■まとめてトラックの色を変えたい</u><BR> <BR> まず変更したいトラックを全て選択します。これは [Ctrl] キーを押したままトラックをクリックすることで複数選択できます。また、範囲を指定したいときは [Shift] キーを押したまま範囲の先頭トラックと末尾のトラックをクリックすれば間にある全てのトラックが選択対象になります。<BR> <BR> その状態で自分の指定したい色になっているトラックを右クリックして「同じタイプの選択トラックのカラーを使用」を選択しましょう。すると、選択していたトラックが全て右クリックしたトラックの色に変わります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeAllTrackColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeAllTrackColors.png" alt="ChangeAllTrackColor.png" border="0" width="160" height="155" /></a> <BR> <BR> これは各トラックをグループに分けて整理している時なんかに便利です。同じグループ内のトラックは同じ色にしたいですよね。グループ内のトラックを全て選択してまとめて変更してしまいましょう。<BR> <BR> <u>■各トラックの色をグラデーションにしたい</u><BR> <BR> 実は Cubase ではトラックを追加すると追加される位置の1つ前にあるトラックカラーの次の色が自動的に割り当てられます。例えばオレンジのトラックが選択されている状態で右クリックして「トラックを追加」を選ぶと黄色のトラックが追加されます。そして複数のトラックをまとめて追加すると、それらはグラデーションになります。<BR> <BR> ですからトラックカラーをグラデーションにしたい場合は、まとめて複数トラックを追加しましょう。これで綺麗なグラデーショントラックが出来上がります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AddTracks.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AddTracks.png" alt="AddTracks.png" border="0" width="520" height="70" /></a> <BR> <BR> ちなみにこの動作仕様は環境設定から変更できます。 [環境設定]-[編集操作]-[プロジェクト/ミキサー]を選択してください。設定項目の中に「トラック表示色の自動設定」があるはずです。これを変更することでトラックを追加した際の配色の挙動を変えられます。<BR> <BR> <u>■デフォルトの16色の色を変更したい</u><BR> <BR> それも簡単です。<BR> メイン画面の上部にあるボタンを押します(画像の黄色枠)。するとこんなメニューが出てきます。もうお分かりですね。後は各色を好きな色合いに変更しちゃってください(笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MakeOriginalColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MakeOriginalColors.png" alt="MakeOriginalColor.png" border="0" width="138" height="159" /></a> <BR> <BR> <u>■各ピッチの色を変えたい</u><BR> <BR> エディット画面では入力されたノートを様々なタイプで色分けすることが出来ます。下の画像のボタンを押せば選択できますよね。このボタンを押して表示されるメニューに「設定」があります。選択してみましょう。カラー編集画面が出ますよね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangePitchColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangePitchColors.png" alt="ChangePitchColor.png" border="0" width="160" height="147" /></a> <BR> <BR> 現在選択されている表示設定に応じたカラー編集画面が出ますから分かりやすいです。デフォルトのカラーリングが原色っぽくってイヤだって方もおられると思います。中間色にするなどお好きな設定を楽しんでください。<BR> <BR> <u>■コントローラレーンのカラーを変更したい</u><BR> <BR> コントローラーレーンとは、エディット画面を開いたときに画面の下に表示されるベロシティーとかピッチベントとかを表示するエリアのことですが、ここで表示される各パラメータの色は基本的に上で紹介した「各ピッチの色を変えたい」で変更した色合いに従って表示されます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ExpressionColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ExpressionColors.png" alt="ExpressionColor.png" border="0" width="159" height="124" /></a> <BR> <BR> 残念なのは Expression などのユーザが自由に入力できるタイプのコントローラレーンです。Cubase 5 の時代ではこれらはきれいな?グラデーション表示がなされていましたが、Cubase 6 では単色グレーになってしまいました。これをグラデーションにする方法はないようです。<BR> <BR> 以上、Cubase のカラー変更についての紹介でした。<BR> 自分オリジナルのカラーリングで DTM/DAW ライフを満喫しましょう! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/123/clap" id="fc2button-clap-123" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-123").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/123/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-11-19 (Sat)
  • Category : Cubase
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。