カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
28

ピアノ音源比較 (HALionOne/TruePianos/EWQL Piano/Ivory II)

こんにちは。 昨日のブログで4つのピアノ音源比較をしてみたのですが、3つしか再生できなかった問題を直しました。 大変ごめんなさいでした。 4つの名だたる?音源を同じ MIDI データで比較できる面白い企画です(自画自賛)。 こちらからアクセスできます。どうぞお立ち寄りください。 http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> 昨日のブログで4つのピアノ音源比較をしてみたのですが、3つしか再生できなかった問題を直しました。<BR> 大変ごめんなさいでした。<BR> <BR> 4つの名だたる?音源を同じ MIDI データで比較できる面白い企画です(自画自賛)。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-date-20110126.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からアクセスできます。どうぞお立ち寄りください。<BR> <BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-date-20110126.html" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html</a><BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-120x240 */ google_ad_slot = "6821903996"; google_ad_width = 120; google_ad_height = 240; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/28/clap" id="fc2button-clap-28" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-28").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/28/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="//media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
27

ピアノ音源比較 (HALionOne/TruePianos/EWQL Piano/Ivory II)

皆さん DTM する上で「ピアノ」と言う楽器はウェイト高いですよね。 今日はそのピアノ音源を出来る限りフェアに比較してみたいと思います。 使用する音源は、、、当然自分が現在入手できるモノだけですけど、何か? (※その他の音源をお持ちで比較対象にしてみたい方、是非ご連絡ください) ①HALion One - Acoustic Piano YAMAHA S90ES Piano Cubase 代表、付属の総合音源 HALion One から渾身のピアノ(ってこれしか... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 皆さん DTM する上で「ピアノ」と言う楽器はウェイト高いですよね。<BR> 今日はそのピアノ音源を出来る限りフェアに比較してみたいと思います。<BR> <BR> 使用する音源は、、、当然自分が現在入手できるモノだけですけど、何か?<BR> (※その他の音源をお持ちで比較対象にしてみたい方、是非ご連絡ください)<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">①HALion One - <s>Acoustic Piano</s> YAMAHA S90ES Piano</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <BR> Cubase 代表、付属の総合音源 HALion One から渾身のピアノ(<s>ってこれしかない!</s>)。<BR> 息子の HALion Sonic が世に出て定年退職が近いが、最後に花を咲かせるか!<BR> (後日記:よくよく見てみると HALion One には色々なピアノがありまして、その中でも一番良いと思われる YAMAHA S90ES Piano に差し替えました。勉強不足で申し訳ありません)<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">②True Pianos - Diamond</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a><BR> Sonar 8.5 に付属する 4Front 社のピアノ音源。40days Demo 版をダウンロードしての際どいエントリー。<BR> Sonar の名にかけて Cubase ごときには負けられない!<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">③QL Pianos - Bosendorfer</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a><BR> EastWest 社の誇る Piano 専用音源 QL Pianos から、最も力の入った Bosendorfer がエントリー。<BR> 初めから付属音源なんか眼中に無いのか!?狙うは Ivory II の首のみ??<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">④Ivory II - Italian Grand</span></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> ピアノ専用音源の決定版、Synthogy 社から最高・最新のピアノ Italian Grand がエントリー。<BR> QL Pianos の追撃をヒラリとかわし、その実力を見せつけるのか?<BR> <BR> 次に、使用する曲ですが、当然ピアノ曲を選定しました。<BR> 選定基準は「短い!、高音がある、低音もある、中音もある、全部ある!」です。<BR> さらに聞き取りやすいよう、ゆっくりとしたテンポのもので単音が聞き取りやすいものを選定しました。<BR> 著作権がないことももちろんです。<BR> <BR> 曲目はムソルグスキーの「展覧会の絵」より、プロムナード。<BR> このプロムナードと言うのはこの曲の主題で、表情を変えながら何度も曲中に現れます。<BR> その中で、テンポのゆっくりとした短調のプロムナードを選択しました。<BR> <BR> MIDI データは私が演奏しても良かったのですが、ちょうど奇特にも下記にフリーの MIDI データを公開されている方がおられましたので、それを使用させて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。たくさんのピアノ曲が置かれていますので、皆さんもアクセスしてみては如何でしょうか。<BR> <BR> <a href="http://piano.s20.xrea.com/midi/main.html" target="_blank" title="http://piano.s20.xrea.com/midi/main.html">http://piano.s20.xrea.com/midi/main.html</a><BR> <BR> 最後に収録の方法ですが、全ての音源でエフェクト類(リバーブ・アンビエント等)は OFF にしてあります。<BR> サスティーンペダル情報も含まれますので、サスティーンもデフォルトですが、ペダル情報を理解しない音源は適度にサスティーンを入れてあります。<BR> それ以外はデフォルトのままで、生の響きを聴いて頂きたいと思います。<BR> <BR> さて、お待たせしました。<BR> 早速始めたいと思いますが、ただ聴いて頂いても面白くありませんので<span style="color:#ff0000"><strong><u><span style="font-size:large;">演奏順番をランダムにしました</span></u></strong></span>。<BR> どの音がどの音源か?それは次回発表させて頂きます。<BR> <BR> ブランドネームバリューの先入観なく全ての音源を平等に聴いて頂くための工夫ですので、悪しからずご了承ください。<BR> <BR> それではどうぞ!<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade5.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade3.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 解答は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-31.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/27/clap" id="fc2button-clap-27" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-27").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/27/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
26

マスターキーボード

こんにちは。 寒い日が続きますね。 突然ですけども皆さんはマスターキーボードに何を使っておられますか? 私は別にマスター用として買ったわけではないのですが KORG の TRINITY を使っています。 こいつはシンセとしては名機なんですが、マスターキーボードとしてはベロシティの分解能が甘かったり、ピアノタッチでなかったりと、あんまりいいもんじゃありません。 やっぱりマスターキーボードといえばピアノタッチの ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> 寒い日が続きますね。<BR> <BR> 突然ですけども皆さんはマスターキーボードに何を使っておられますか?<BR> 私は別にマスター用として買ったわけではないのですが KORG の TRINITY を使っています。<BR> こいつはシンセとしては名機なんですが、マスターキーボードとしてはベロシティの分解能が甘かったり、ピアノタッチでなかったりと、あんまりいいもんじゃありません。<BR> <BR> やっぱりマスターキーボードといえばピアノタッチの 88鍵キーボードだろうと思い探してみたんですが、あんまり良い評価のものがないですね。音源の搭載ありなしは別として、YAMAHA だと KX-8, Roland なら RD-700NX, M-Audio なら Oxygen 88, KORG はよくわからないけど M3XP-88 とかですかねぇ。。。どれもそれなりの評価で、本物のピアノとはまだまだ開きがあるようです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241958473f9.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241958473f9s.jpg" alt="KX-8" border="0" width="160" height="63" /></a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241959473da.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201101241959473das.jpg" alt="RD700-NX" border="0" width="158" height="37" /></a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420001416e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420001416es.jpg" alt="Oxygen88" border="0" width="159" height="64" /></a><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420010001e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011012420010001es.jpg" alt="M3XP-88" border="0" width="160" height="80" /></a><BR> <BR> <BR> 最近は不景気ですからコストを掛けてリアリティのあるピアノタッチを追求しても回収できないんでしょうね。<BR> 面白いことにバブルの頃は今よりももっと優れたピアノタッチ鍵盤があったようで、それが YAMAHA の KX-88 や Roland の A-90。とうの昔に生産終了になっているんですが、ネットでのコメントを見る限り、今のキーボードのピアノタッチよりも全然良かったようですよ。今でもオークションなどに出ればすぐに買い手がついてしまうとか。<BR> バブルって恐ろしい。<BR> <BR> う~ん、どうにかいいピアノタッチのキーボードはないものか?<BR> 聞くところによると Roland なんかのシンセはキーボード部分を輸入しているとか。<BR> で、調べてみると、この輸入元がイタリアの FATAR って会社らしく、キーボードを専門に作ってる様子。<BR> さらに調べるとこのメーカーのキーボードが StudioLogic ってブランドで売られてる。<BR> この中で最上級タッチを誇るのが NUMA(沼?)と言うキーボードで、重量がなんと 26Kg もある。<BR> これって YAMAHA KX-88 と同じぐらいの重量です。そう、バブルの重量!キター!!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NUMA.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NUMAs.jpg" alt="NUMA" border="0" width="158" height="52" /></a><BR> <a href="http://www.fatar.com/ " target="_blank" title="http://www.fatar.com/ ">http://www.fatar.com/ </a><BR> <BR> ただ、これって日本では代理店もないようで直接個人輸入するっきゃないようです。値段は 1,000ユーロぐらいなので円の強い今がお買い得かもしれませんね。誰か日本で使っておられる方いませんかね?よ~し、仕方ない。人柱になるか!?<BR> <BR> 他にも魅力的なキーボードがあれば教えてください。<BR> <BR> ごめんね TRINITY、君のこと嫌いじゃないよ~<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/26/clap" id="fc2button-clap-26" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-26").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/26/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
24

Cubase 6 総集編

Cubase 6 総集編です。 前回までの Cubase 6 紹介はこちらから。 Cubase 6 の新機能をまとめると大きく3点ですね。 ①ドラム編集機能の強化 ②VST Expression2 ③音源・エフェクトの刷新 普通に紹介しても面白く無いので今回はあえて、ネガティブな観点から考察してみたいと思います。 【ドラム編集機能の強化について】 ドラム編集機能はトランジェント・テンポ検知能力の向上と操作性の向上が図られており、... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> Cubase 6 総集編です。<BR> 前回までの Cubase 6 紹介は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-23.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> Cubase 6 の新機能をまとめると大きく3点ですね。<BR> <BR> ①ドラム編集機能の強化<BR> ②VST Expression2<BR> ③音源・エフェクトの刷新<BR> <BR> 普通に紹介しても面白く無いので今回はあえて、ネガティブな観点から考察してみたいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hitpoints_03.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hitpoints_03.gif" alt="Cubase6-Transient" border="0" width="520" height="293" /></a><BR> <BR> <BR> <strong>【ドラム編集機能の強化について】</strong><BR> ドラム編集機能はトランジェント・テンポ検知能力の向上と操作性の向上が図られており、生ドラの編集が簡単に行えるようになりました。生ドラ演奏からリズム感だけ残して音を良質なドラムセットに切り替えたりするような従来ではあり得ない操作も手軽に行なえます。バンドにドラマーの方がいる場合は、ドラマー + 録音機材 + ドラム音源 + Cubase 6 で楽しいことができそうですね。<BR> <BR> ただ、逆に言うとこの機能強化は打ち込みドラム派の方にはあまりメリットがないものでしょう。<BR> 最近のドラム音源はヒューマナイズ機能や複数音源の自動切換えなど当たり前になってきていて、音楽によっては打ち込みでも十分なリアリティを確保できるようになってきています。そういう意味では人によってはあまり重要な新規能ではないとの見方も出来ると思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/noteexpression_03.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/noteexpression_03.gif" alt="Noteexpression" border="0" width="520" height="293" /></a><BR> <BR> <BR> <strong>【VST Expression2 について】</strong><BR> Cubase5 で搭載された VST Expression にノートエクスプレッションが追加されて VST Expression2 となりました。例えば MIDI である和音が入力されていたとして、今までその和音単位でしか付与できなかったエクスプレッションをノート単位で行えるようになりました。これにより1つのノートだけをクレッシェンドしたりといった操作が簡単に行えるようになり、表現の幅が広がります。<BR> <BR> ただ、この機能は Cubase5 でも行えないものではありません。同じインスツルメントの複数パートを用意しておいて、変更したいノートだけそちらに移植すればいいんです。どうしても必要と言うわけではありません。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO_VSIS_06.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO_VSIS_06.jpg" alt="HSO_VSIS" border="0" width="471" height="331" /></a><BR> <BR> <BR> <strong>【音源・エフェクトの刷新】</strong><BR> 3つ追加されており、1つは HALion One が HALion Sonic SE に、2つ目は HALion Symphonic Orchestra のバージョンアップ、3つ目はエフェクトの追加です。HALion Sonic SE に変わったことは画期的なことで、今まで HALion One の音質に不満を持っていたユーザは検討の価値があると思います。<BR> <BR> ただ、専用音源をお持ちのユーザさんはわかると思いますが、HALion Sonic も結局は総合音源な訳でして、リアリティのある音を出したいと思えば、HALion Sonic はあくまでオマケ的な価値しかありません(使えないと言う意味ではないですし、Sonar だっておんなじです)。HALion Symphonic Orchestra も Cubase5 に付随しており、個別でバージョンアップ出来るわけですから既存の Cubase5 ユーザには殆どメリットはありません(新規ユーザには十分メリットがある)。エフェクトの追加もそれほどインパクトないですねぇ。<BR> <BR> ただし、HALion Symphonic Orchestra の音だけは将来、他の専用音源に差し替えなくても十分使えると保証します。このブログ内でオーケストラの曲を1つ造っていますので興味があれば<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で試聴できます。これで物足りないと思われるなら専用音源を検討してください。<BR> <BR> 【結論】<BR> <BR> 既存の Cubase5 ユーザはドラマー・ギタリストでなければ見送ってもやっていける範囲。<BR> 新規ユーザは十分購入検討の価値ありと言えると思います。個人的には Cubase 6 は UI の大幅カスタマイズが可能になったこともあって Sonar X1 を突き放してしまった感じに見えます。<BR> <BR> さんざんネガティブなことを書きながらバージョンアップを検討する私であった。。。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/24/clap" id="fc2button-clap-24" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-24").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/24/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-01-23 (Sun)
  • Category : Cubase
23

Cubase 6 その4

Cubase 6 音源編です。 前回のブログはこちらから。 Cubase5 の最大の弱点、それは搭載音源が貧弱なことでした。 Cubase5 と Sonar8.5 を比較したときに明らかに見劣りするため、Sonar を選んだ方も多かったのではないかと思います。 私も悩みました。 今だから言えるのですが、音源は所詮後から足していくものであって、付属の音源では限界があるってことです。 でも初めての方は、Cubase や Sonar を買えばなんでもで... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> Cubase 6 音源編です。<BR> 前回のブログは<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-22.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> Cubase5 の最大の弱点、それは搭載音源が貧弱なことでした。<BR> Cubase5 と Sonar8.5 を比較したときに明らかに見劣りするため、Sonar を選んだ方も多かったのではないかと思います。<BR> 私も悩みました。<BR> <BR> 今だから言えるのですが、音源は所詮後から足していくものであって、付属の音源では限界があるってことです。<BR> でも初めての方は、Cubase や Sonar を買えばなんでもできるような幻想に捕らわれてしまうんですよね。<BR> それなりに真面目に音楽作ろうと思ったら DTM/DAW ソフト買うよりはるかに多くの金額を音源に投資することになります。<BR> <BR> さて、所詮付属音源と言ってしまったのですが、今回の Cubase 6 はちょっと様子が違っていて、音源関連で大きく3点の強化がなされています。<BR> <BR> その1つが HALion Sonic SE の搭載。<BR> ご存知の通り、HALion Sonic は Steinberg が総合(マルチ)音源としてついこの間リリースした音源です。<BR> 1,200 以上のインストゥルメント音色が搭載されており、お手軽総合音源としては十分な量と質だと思います(もちろん専用音源と比べてはいけませんが、、、)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/03615be7bb.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/03615be7bbs.png" alt="03615be7bb" border="0" width="160" height="132" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion_Sonic_Visual_940x350_17.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion_Sonic_Visual_940x350_17s.jpg" alt="HALion_Sonic" border="0" width="158" height="59" /></a><BR> <BR> <BR> 【デモソング】 <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic">http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic</a><BR> <BR> (小声でつぶやき)ここのサウンドデモは耳を疑うほど酷いです! けど、HALion Sonic 自体はそんなに悪くないんだよ~。早くデモなんとかしろよ!<BR> <BR> この HALion Sonic の SE 版が長きに渡って Cubase の付属音源として搭載されてきた HALion One に代わって Cubase 6 に搭載されます。SE なので Sonic よりインスツルメント数は少なく 900 程度のようですが、それでも十分ですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO_VSIS_06.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO_VSIS_06.jpg" alt="HSO_VSIS" border="0" width="471" height="331" /></a><BR> <BR> <BR> 次に、これが目玉なんですが、Cubase 6 には HALion Symphonic Orchestra の60日体験版が付いてきます。 これってその名の通りオーケストラ音源なんですけど、オーケストラ音源って普通に買ったら幾らぐらいするか知ってますか? EastWest の QL Symphonic Orchestra がエディションにもよるけど10万ぐらい、VIENNA なんか全部合わせたら100万ぐらいするよ。<BR> <BR> それが、Cubase 6 を購入した方なら多分1万ちょっとで体験版の制限を解除して使えるようになる。<BR> 自分は今 Cubase5 の HALion Symphonic Orchestra 使ってるけど、普通に使う分には十分すぎます。ベロシティレイヤ数やアーティキュレーションの豊富さ、粒立ちの統一感などは市販の音源に一歩譲りますが、コストパフォーマンスは十分です。うまくやればそれっぽいオーケストラだって作れちゃいます。<BR> だってコレ、専用音源だもん。ちょっと作ってみたので聴いてみます?<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="こちらから">こちらから</a>。<BR> <BR> 冗談抜きでオススメです!自分、これにかなりお世話になってます。<BR> 注意点として、HALion Symphonic Orchestra は 16bit 版と 24bit 版があるんですが、入手できるのは 16bit 版の方です。<BR> <BR> それにしても Cubase5 のヤツからずいぶんデザイン変わったね。<BR> まぁアップデート出来るらしいけど、あの読みづらいフォントとかリストの選びにくさは改善されたのだろうか? それだけが心配だよ。。。あ、あとキーボード画面どこ行った?<BR> <BR> 最後に、ギタリストのための VST Amp Rack。<BR> バーチャルギターアンプ/エフェクトセットで、コンボリューションテクノロジーにより本物と同じエフェクトをギターサウンドに付与できる。ギターだけじゃなく、ボーカルやドラムに当ててみても面白そうですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/diamond_copy_06.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/diamond_copy_06s.png" alt="diamond_copy" border="0" width="159" height="71" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/plexi_copy_06.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/plexi_copy_06s.png" alt="plexi_copy" border="0" width="158" height="72" /></a><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/deluxe_copy_19.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/deluxe_copy_19s.png" alt="deluxe_copy" border="0" width="159" height="71" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T3-Insane_tones2_08.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T3-Insane_tones2_08s.png" alt="T3-Insane_tones2" border="0" width="159" height="71" /></a><BR> <BR> <BR> ところで良質のギターサウンドそのものはどっから手に入れるの?HALion Sonic?そこが心配。<BR> あっ、そっか!生音録音したヤツをこれに通せってことね!りょうか=い!<BR> <BR> 次は Cubase 6 の総集編で締めくくりたいと思います。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-24.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/23/clap" id="fc2button-clap-23" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-23").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/23/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-01-21 (Fri)
  • Category : Cubase
22

Cubase 6 その3

Cubase6 の VST Exporession2 について紹介します。 前回のブログはこちらから。 Cubase5 には VST Exporession と呼ばれる Steinberg が開発した MIDI の表現技法が搭載されています。 これは、スコアエディタやキーエディタでの編集において、選択したインスツルメントにマッピングされたエクスプレッションを入力すると、その演奏技法で発音されると言うものです。 ギターやヴァイオリンなどの専用音源では通常の... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> Cubase6 の VST Exporession2 について紹介します。<BR> 前回のブログは<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-21.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> Cubase5 には VST Exporession と呼ばれる Steinberg が開発した MIDI の表現技法が搭載されています。 これは、スコアエディタやキーエディタでの編集において、選択したインスツルメントにマッピングされたエクスプレッションを入力すると、その演奏技法で発音されると言うものです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/noteexpression_03.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/noteexpression_03.gif" alt="Noteexpression" border="0" width="520" height="293" /></a><BR> <BR> <BR> ギターやヴァイオリンなどの専用音源では通常の奏法だけでなくスライドやピチカートなど、様々なアーティキュレーションも収録されていて、それらを選択して鳴らすことで MIDI にも関わらずリアルな表現を生み出すことが出来ていました。<BR> <BR> しかし、VST Expression に対応した音源を使用すれば、各 MIDI 音に対してエクスプレッション記号を入力するだけで、自動的にアーティキュレーションが切り替わります。各アーティキュレーションのために別々のパートを用意する必要がないだけでなく、入力作業が簡易化されるメリットがあります。<BR> <BR> HALion Orchestra や HALion Sonic など、最近の Steinberg 製品は当然この機能に対応しており(HALionOne でも追加の14音色は適応)、その他でも Electri6ity や VIENNA なども対応しています。<BR> <BR> Cubase 6 ではこの VST Expression に、ノートエクスプレッションと言う機能が追加されて VST Expression2 となりました。これにより今までトラック単位で行っていたコントロールチェンジは各ノート単位で設定できるようになります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/note_expression_05.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/note_expression_05.jpg" alt="Noteexpression2" border="0" width="424" height="105" /></a><BR> <BR> <BR> 例えば、あるトラックにストリングの3和音が入力されていた場合、中央の音のみ若干音程を下げて和音をきれいにしたり、1音だけクレッシェンドさせてみたりと言った操作が簡単に行えるようになります。しかも、その操作には専用の編集ウィンドウが設けられているようで、操作性はかなり高いのではないでしょうか。<BR> <BR> 他にも下のようにダイナミクスの直接指定もできるようです。<BR> ff, ppp などの強弱記号だけでなく、クレッシェンド、デクレッシェンドも可能なようです。<BR> HALion Symphonic Orchestra の場合、選択した音色によっては音の強弱はベロシティではなくコントロールチェンジを使用しますので、ダイナミクス指定がこちらに反映されるのか気になりますね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T2-Make_it_Dynamic_06.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T2-Make_it_Dynamic_06.png" alt="Make_it_Dynamic" border="0" width="478" height="260" /></a><BR> <BR> <BR> 個人的には VST Expression2 機能だけでも Cubase 6 にアップデートしたいです。<BR> VST Expression が洗練されて他社も採用するようになり、業界標準になっていくと恩恵もさらに増すんでしょうね。ノートエクスプレッション機能は、その機能の性質から恐らく VST Expression 対応の音源でなくとも、さらに言うとコントロールチェンジで変更できるものなら何でも動作するんでしょうね。<BR> <BR> ただ、やはり心配なのはマシンパワーで、噂では XP/Vista がサポートされていないような話もあります。ここんとこ要注意ですよねぇ。<BR> <BR> 次回は新音源について紹介したいと思います(実はこれに一番興味がある)。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-23.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/22/clap" id="fc2button-clap-22" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-22").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/11.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/22/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-01-20 (Thu)
  • Category : Cubase
21

Cubase 6 その2

こんにちは。 前回から3月発売予定の Cubase 6 の新機能について紹介をしています。 前回のブログはこちらから。 今日紹介したいのはユーザインタフェース関連です。 Cubase 6 では画面の色合い変更など、カスタマイズ性がアップしています。 何だか少し Nuendo っぽくなった気もしますが、出来上がる音楽に変わりはないにしても好みの色調に変更できるのは楽しいですよね。ユーザインタフェースのカスタマイズ性に... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> 前回から3月発売予定の Cubase 6 の新機能について紹介をしています。<BR> 前回のブログは<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-20.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> 今日紹介したいのはユーザインタフェース関連です。<BR> Cubase 6 では画面の色合い変更など、カスタマイズ性がアップしています。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/a24f5bbd6b.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/a24f5bbd6b.png" alt="Cubase6 UIColor" border="0" width="520" height="277" /></a><BR> <BR> 何だか少し Nuendo っぽくなった気もしますが、出来上がる音楽に変わりはないにしても好みの色調に変更できるのは楽しいですよね。ユーザインタフェースのカスタマイズ性についてはずっと Sonar がリードしてきた部分だったのですが、これで追いつけたのか、見てみたいところです。<BR> <BR> インスペクタも一新されています。<BR> すべての重要な MIDI ツールやパラメーターに簡単かつ直感的にアクセスできるように拡張されたらしいのですが、確かに機能はここに集約されているように見えます。ただ、Cubase のインスペクタは選択した部分しかオープンされないのでいちいち開き直さなければならず使いにくいと感じているのですが、この点は改善されていないように思えます。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/inspector_05.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/inspector_05s.jpg" alt="Cubase6 Inspector" border="0" width="54" height="149" /></a><BR> <BR> ありがたいなと思ったのは下の機能で、オートメーションを直感的に操作する方法としてかなり使えそうです。おそらく VariAudio で好評を得た操作性をベースにしているのではないかと思えます。ピッチベンドやボリューム・ビブラートの調整などオートメーションはよく使うのですが、これなら作業が楽に行えそうです。開始・終了位置や最大値の値が数値として表示されれまなおありがたいのですが。。。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/controlandautomat_03.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/controlandautomat_03.gif" alt="Cubase6 Controlandautomat" border="0" width="520" height="147" /></a><BR> <BR> <BR> VST プラグインのインターフェースも一新されました。<BR> 従来のデザインを踏襲しつつモダンな感じになっており、個人的には好感が持てます。<BR> 操作性も向上しているようですよ!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T5---SMPTE-Generator_11.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T5---SMPTE-Generator_11s.jpg" alt="Cubase6 Generator" border="0" width="159" height="70" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T5---Test-Generator_11.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/T5---Test-Generator_11s.jpg" alt="Cubase6 Generator2" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <BR> <BR> まだまだある新機能ですが、次回は VST EXPRESSION 2 について紹介してみたいと思います。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-22.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/21/clap" id="fc2button-clap-21" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-21").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/21/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-01-19 (Wed)
  • Category : Cubase
20

Cubase 6

なんと Cubase 6 が発表されましたよ! 3月下旬の発売とのことで、Cubase5 の発売からもう2年ほども経つんですね。 これで ProTools9, Sonar X1 と揃い踏みした感じですが、ProTools はともかく Sonar X1 は UI の更新程度の改良ですから、長らく続いた Cubase と Sonar の戦いは Cubase が一歩リードした印象です。 【Steinberg HP】http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_features.html 多くの機能追... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110118202447ae8.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110118202447ae8.jpg" alt="Cubase6" border="0" width="520" height="98" /></a><BR> なんと Cubase 6 が発表されましたよ!<BR> 3月下旬の発売とのことで、Cubase5 の発売からもう2年ほども経つんですね。<BR> これで ProTools9, Sonar X1 と揃い踏みした感じですが、ProTools はともかく Sonar X1 は UI の更新程度の改良ですから、長らく続いた Cubase と Sonar の戦いは Cubase が一歩リードした印象です。<BR> <BR> 【Steinberg HP】<a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_features.html" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_features.html">http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/new_features.html</a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011011820270979c.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011011820270979c.jpg" alt="Cubase6-Package" border="0" width="110" height="156" /></a><BR> <BR> 多くの機能追加がなされているんですが、今日はドラム関連機能について紹介しますね。<BR> <BR> Cubase 6 はドラム編集機能に力が入っていまして、その中の1つにトランジェント(音の立ち上がり)検知機能と言うものがあります。これは動画のようにスレッショルドを変更することで「ピーク」と「ビート」をグラフィカルに設定して、リズムを検知する機能です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hitpoints_03.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Hitpoints_03.gif" alt="Cubase6-Transient" border="0" width="520" height="293" /></a><BR> <BR> <BR> 検出されたドランジェントはユーザ定義のトラックに MIDI で落とせるようで、つまりスネアならスネアだけが1つのトラックに、シンバルはシンバルトラックにそれぞれ自動的に振り分けられるように見えますね。<BR> <BR> その後、それぞれのトラックにドラム音源を当てて、生のリズム感を保持したまま音源で発音したりするような使い方ができますね。ドラムは打ち込むと嘘っぽく聞こえてしまうのでライブ感が欲しいパートの1つだと思いますが、これなら生のリズムを保ったまま BFD2 等のドラム専用音源に差し替えることが出来ますね。<BR> <BR> ただ、生のドラム音源だけをどっから手に入れるんだい?って疑問は残りますが、バンドやってて収録したドラム音なんかを差し替えたいような人は重宝するのではないでしょうか。個人的にはドラム以外のパートでも使えるのか試してみたいです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Tempo_detection_05.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Tempo_detection_05.png" alt="Cubase6 TempoDetection" border="0" width="520" height="350" /></a><BR> <BR> <BR> それからテンポの検知能力も向上しているようです。<BR> こちらは新開発のアルゴリズムに変更されており、リズム系オーディオ素材に対してのみ有効ですが、かなり自信アリ気な記述。単に認識するだけでなくスムージングも行えるようで、自然なテンポ感を構築できると思われます。<BR> <BR> Cubase5 でギターパートなどをタイムワープ表示させると悲しいテンポで認識されてしまうのですが、改善されていることに期待。それにしても人間が自然に認識出来る拍子やテンポ感を機械が認識出来るようになるのはいつの日のことか。。。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/drumquantizing_800_03.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/drumquantizing_800_03.gif" alt="Cubase6-AudioQuantize" border="0" width="520" height="340" /></a><BR> <BR> <BR> さらに、オーディオトラックはマルチトラックの位相を維持したまま、まとめて MIDI のようにクオンタイズできるようになったようです。テンポに合わせてマルチトラックをスライスし、各スライスをクオンタイズして出来た隙間をクロスフェードで埋めて自然な仕上がりにするようなことを簡単に行えるようになるんでしょうね。<BR> <BR> まだまだ新機能がいっぱいありますので、インプレッション込みでどんどん紹介していきますね。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-21.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/20/clap" id="fc2button-clap-20" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-20").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/20/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-01-18 (Tue)
  • Category : Cubase
19

EastWest Complete Composers Collection HD

こんにちは。 今日は先日到着しました EastWest の Complete Composers Collection について紹介したいと思います。 ご存知の通り、Complete Composers Collection(以下 CCC)は総合音源・マルチ音源の最有力候補として、yellow tools の Independence PRO や Native Instruments KOMPLETE と常に比肩される製品ですが、その音質とバグの多さ?には世の定評を受けています。 CCC は基本的に以下の EastWest 社の7製品... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> 今日は先日到着しました EastWest の Complete Composers Collection について紹介したいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/d_10748s.png" alt="CCC" border="0" width="124" height="149" /></a><BR> <BR> ご存知の通り、Complete Composers Collection(以下 CCC)は総合音源・マルチ音源の最有力候補として、yellow tools の Independence PRO や Native Instruments KOMPLETE と常に比肩される製品ですが、その音質とバグの多さ?には世の定評を受けています。<BR> <BR> CCC は基本的に以下の EastWest 社の7製品で構成されたバンドルパッケージなのですが、sounds online の HP ではこの構成をある程度変更することが出来ます。<BR> <BR> ・Quantum Leap Symphonic Orchestra Gold Complete(QLSO)<BR> ・Quantum Leap Pianos Gold Edition(QLP)<BR> ・Quantum Leap Symphonic Choirs(QLSC)<BR> ・Quantum Leap Goliath(QLG)<BR> ・Quantum Leap SD 2(QLSD2)<BR> ・Quantum Leap Voices of Passion(QLVP)<BR> ・Quantum Leap RA(QLRA)<BR> <BR> <a href="http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized/" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized/">http://www.soundsonline.com/Complete-Composers-Collection-Customized/</a><BR> <BR> 日本ではクリプトンが PLAY EDITION を販売していますが、sounds online のそれは HD Edition でして、なんと!選択した7製品が Western Digital 社の 7,200rpm 1TB の HDD にインストールされて発送されます。つまりハードディスク代込みの価格になっているわけです(iLok Key は付属しません)。<BR> <BR> CCC は基本構成でも 200GB もの容量を必要とするので1枚 4.7GB の DVD では恐ろしいほどインストールに時間がかかりますが、これならインストールは1分で終わります。日本への送料は $40.95 で、HDD 代を考えれば安いと思えます。なお、パッケージ選択を誤っても変更してくれませんので注意してください。<BR> <BR> こちらが選択した製品を HDD にインストールしてから出荷されるので到着までしばらく時間がかかるかな?と予想していたのですが、意外にも早く出荷されます(このカラクリは少し下で紹介します)。輸入の際、税関で個人使用かどうかを尋ねられる場合があります。これは Invoice に各パッケージ名が価格とともにズラズラと記載されており販売目的かと疑われるためですが「個人使用です」と回答しておけば問題ありません。なお製品到着後、税関より数千円の支払い通知が届きます。<BR> <BR> さて、到着したパッケージは上の画像にある CCC パッケージ1つのみで中身は HDD のみと言う非常にあっさりした構成で、開き直って紙切れ1枚のマニュアル?がサラッと箱から落ちる程度です。HDD は 725GB も使用しており、「あれ? 200GB ぐらいじゃなかったっけ?」と思ったりします。<BR> <BR> DVD は一切付いていませんので、ウィルスチェックをした後に HDD を別のバックアップ HDD にコピーしてバックアップをとっておきます。インストール自体は簡単です。<BR> HDD の直下にある Play Complete Composers Collection Installer XX Bit.exe をダブルクリックするだけ。と思いきや、問題が発生します。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116102833578.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116102833578s.jpg" alt="EASTWEST CCC HDD" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <BR> インストールは無事完了するのですが、どこにもインストールされていない状況が発生します。焦ります。紙切れには「既に SAMPLES(ライブラリのこと) は HDD にインストール済みだからこれらをインストールする必要はない」とあるのですが QLXX も PLAY エンジンもどこにも存在しませんしレジストリも書き換わっていません。<BR> <BR> これはインストール時に各パッケージを指定しなかったためで、SAMPLES はインストール済みだが、ここでは各パッケージをインストールするよう選択しなければなりませんでした。と言うことで下の画像の×になっているパッケージを全て「Entire feature will be installed on local hard drive」に変えます。紛らわしいです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116103732b08.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116103732b08s.jpg" alt="CCC Install" border="0" width="159" height="121" /></a><BR> <BR> この時点で分かったのですが、HDD には CCC で選択できる全てのパッケージがあらかじめインストールされていて、sounds online で何を選択しようがこれが送られてくるだけだったのです。インストールは出来るが、Authorization Codes がないので使えないってこと。だから出荷が早かったんですね。 725GB も使用していたんですね。分かってしまえば当たり前のことですが。。。<BR> <BR> インストール完了後、スタンドアロン起動しようとショートカットを開くと、??? QLSO, QLP が見当たりません。焦ります2。インストールされていないのか?!!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116105322948.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116105322948s.jpg" alt="EWQL Startup" border="0" width="117" height="149" /></a><BR> <BR> これも単純で単にショートカットが出来ていないだけで実体は Program Files の "EastWest" ディレクトリにありますから、ショートカットを自分で作ります。あと、"EWQL" だったり "QL" だったりと名前が統一されていないショートカットがありますので統一しました。<BR> <BR> これでインストール完了です!<BR> <BR> 次に認証作業ですが、Authorization Codes 自体は注文時に速攻で来る受注メールに記載されていますのでそれを入力しますが、あらかじめ sounds online HP の My Profile にある iLok.com account に iLok アカウントを入力しておかなければエラーになります。<BR> <BR> 最後に sounds online から最新版の PLAY エンジン、ライブラリをダウンロードして更新します。 そうそう、PLAY エンジンの PlugIn を インストーラのデフォルト設定でインストールした場合は、プラットフォームのプラグインパスを追加しないといけませんね。Cubase の場合は以下の感じ。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116111720a78.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116111720a78s.jpg" alt="Cubase - VSTPlugIn" border="0" width="160" height="85" /></a><BR> <BR> いや~大変でしたが、DVD をちまちまインストールしていたらまだ終わっていないよ、これ。<BR> (後日記)CCC で簡単な曲?を作ってみました!興味がある方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> 【番外編】<BR> <BR> CCC を購入すると、別の EastWest 製品が欲しくなったとき、ライセンスのみを安く購入することが出来るようです。大体半額程度ですかね。おそらく Authorization Codes が送られてきて認証するだけなんでしょうね。<BR> <BR> <a href="http://www.soundsonline.com/Additional-Licenses/" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/Additional-Licenses/">http://www.soundsonline.com/Additional-Licenses/</a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116110552e5f.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110116110552e5fs.jpg" alt="EWQL Series" border="0" width="159" height="134" /></a><BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/19/clap" id="fc2button-clap-19" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-19").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/10.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/19/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
18

ピアノ音源比較

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 さて、ピアノ音源ですが探してみるとたくさんあるものですね。 デモを聴いてもどれも良く聴こえて、いつの間にかピアノ音の良し悪しじゃなくて曲の良し悪しを聴いていたりします。 これが同じ曲ならもっと比較しやすいのに、と思うことは良くありますね。 そんな中、数多くのピアノ音源を同じ MIDI データで比較できるサイトを発見しましたので紹介します... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> あけましておめでとうございます。<BR> 今年もよろしくお願いします。<BR> <BR> さて、ピアノ音源ですが探してみるとたくさんあるものですね。<BR> デモを聴いてもどれも良く聴こえて、いつの間にかピアノ音の良し悪しじゃなくて曲の良し悪しを聴いていたりします。<BR> これが同じ曲ならもっと比較しやすいのに、と思うことは良くありますね。<BR> <BR> そんな中、数多くのピアノ音源を同じ MIDI データで比較できるサイトを発見しましたので紹介します。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/banner_property_piano.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/banner_property_pianos.jpg" alt="ピアノ音源比較" border="0" width="158" height="66" /></a> <a href="http://www.crypton.co.jp/piano" target="_blank" title="クリプトン-ピアノ音源比較">http://www.crypton.co.jp/piano</a><BR> <BR> クリプトンの HP 上なのですが、ここでは10を超えるピアノ音源をクラシック・ジャズ・ラテン・ポップの4ジャンルで聴くことが出来、しかも聴くべきポイントまで書いてくれています。<BR> <BR> 価格やブランドに惑わされず、まずは目を瞑って聴いてみると発見があるのではないでしょうか。<BR> 自分のスタイルに合った音源を見つけられそうですね。<BR> <BR> 敢えて個人的な感想は書きませんが、評価すべきポイントとしてはこんなところでしょうか。<BR> <BR> ●同じ種類のピアノで聴く<BR>  音質の好みで曲の良し悪しを判断してしまうのを避けます。<BR>  Steinway, Boesendorfer が多いですので、それら同士で聴きましょう。<BR>  もちろん好きな音質のピアノがいいわけで、嫌いな音質の音源は候補から外しますが、、、。<BR> <BR> ●音楽ではなく音を評価する<BR>  よくやってしまう過ちですね(笑)。<BR>  「最後の音はもっと聴こえて欲しかった」とか、自然と思ってしまうのですが、音源を評価を<BR>  する場合は、「そんなに小さな音も出せるんだ」と評価しなければなりません。欲しい音量で<BR>  聴こえた音源はベロシティレイヤーが不足している可能性があります。<BR> <BR> ●強弱表現の幅(ベロシティレイヤー)が広いか?<BR>  これが狭いと同じ音の大きさで聞こえてしまい、単調に聴こえます。<BR>  弱音部の和音が全て同じ大きさで聴こえたり弱音が他の音源より大きく聴こえたりします。<BR>  強音部はピアノの弦音や、弱音部との音量差に注目してみると良いと思います。<BR> <BR> ●余韻(残響音)の質<BR>  残響音に不快な響きが伴うものがあります。<BR>  付属リバーブのものか収録時のものか分かりませんが(おそらく前者)ない方がいいですね。<BR>  付属のリバーブは消せるはずなので、後から良質のコンボリバーブを挿入すればいいですね。<BR> <BR> ●ペダル音<BR>  耳を澄ますと曲の静かな部分でペダル操作した時の音が聴こえるものがあります。<BR>  リアルさを追求する上で良いものだと思いますのであるものを選んでは如何でしょうか。<BR>  もちろんペダル音の多寡も調整できるはずです。<BR> <BR> ●レゾナンス共鳴<BR>  ある鍵盤を押さえた状態で別の鍵盤を鳴らすと共鳴を起こして前鍵盤の倍音が発生するもので<BR>  結果として複雑な響きを醸し出します。<BR>  静かな曲の和音部等で響きの複雑さを聴いてみて下さい。分かったような気がします(笑)。  <BR> <BR> それでは。<BR> <BR> 後日記:このブログでも HALion One, True Pianos, EWQL Pianos, Ivory II の比較をしてみました。<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/18/clap" id="fc2button-clap-18" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-18").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/18/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。