カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
43

作曲ってどうやってますか?(実践編)

前回、作曲の方法としてコードからメロディを造るお話を紹介しました(こちら)。 で、まぁ、せっかくだからホントに造れるよ!、ってところを実践してみたいと思います。 まず、モチーフとなるコード進行を選択するわけですが、前回この便利なお役立ち本を紹介させて頂きました。 これ以外にも私が追加した進行も少しだけ含まれているんですが、今日はこの中からランダムに1つ選択して短い曲を造ってみたいと思います。 ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 前回、作曲の方法としてコードからメロディを造るお話を紹介しました(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-41.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。<BR> で、まぁ、せっかくだからホントに造れるよ!、ってところを実践してみたいと思います。<BR> <BR> まず、モチーフとなるコード進行を選択するわけですが、前回この便利なお役立ち本を紹介させて頂きました。<BR> これ以外にも私が追加した進行も少しだけ含まれているんですが、今日はこの中からランダムに1つ選択して短い曲を造ってみたいと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBooks.jpg" alt="CodeStyleBook" border="0" width="112" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBooks.jpg" alt="NewStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBooks.jpg" alt="GuitarStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> 早速選びました。<BR> 前回綴ったとおり、私はこの本のコード進行を Cubase に保存してありますので、Cubase 立ち上げて目を瞑って再生位置をランダムな位置にセット。でもって再生されたコード進行を採用する。はっきり言ってギャンブルです。よい子の皆さんはやめましょう。 <BR> で、選ばれたのが、コレ。。。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/rashirashi.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> よりによってこんな単純な、、、くら~い、、、2コード進行だけの、、、orz<BR> 絶句。<BR> <BR> まぁ、仕方ない。<BR> 今までなかった自分が目覚めるかもしれないし、やってみましょうか。1日がかりで造りました。<BR> <BR> 私は基本的にバラード系の曲が好みなんですが、このコード進行でバラードはないと思い、試行錯誤した結果できた曲がこれ。短いので曲というかループ素材みたいな感じになりました。これ、何て言うジャンルの曲なんでしょうか。ロック?ヘビメタ? 多分ロックだよね。ロック初めてです(汗)。エレキのメロディーなんか初めて考えました。<BR> <BR> さて、ひと通り言い訳を綴ったので、聴いてみてください。広い心で、ね!<BR> <BR> (音量が大きいです。爆音です! 聴く前に音量を抑え目にしてください!)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StrongEnemy4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> テンポを変えたり、コードの切り替わりのタイミングを変えたり、1拍音を止めてみたり、ギターのエフェクトをもっと派手に効かせてみたり、色々と変化をつけてもっと楽しくできそうですが、今回は実験ということでこのへんでやめておきます。ギタリストの友人からはエレキは NG が出ました(笑)。<BR> <BR> 造ってみて思ったのは、やはりコードが先にあるとメロディーは出てきやすいってこと。 それにメロディーが出てくると、それに合うリズムも自然とイメージが出来てくるってこと。<BR> さらに、普段思いつかないようなメロディーやリズムが出てくるってのもあるのかな(それが求めていたものと一致するかは別として)。<BR> <BR> コードが先にある作曲法は私に向いているかもしれません。<BR> <BR> まぁ、今回はぜんぜん求めていないものが出来たという失敗例でした。。。おそまつ。<BR> <BR> 追記:2011.12.07<BR> ■INTO THE DEEP SEA(動物使い作)<BR>  こちらもコード進行から作成したオリジナル曲になります。是非聴いてみてください。<BR>  曲の作成過程を綴ったブログは<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-128.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/43/clap" id="fc2button-clap-43" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-43").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/43/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- fluct グループ名「FC2ブログ(インフィード):999x999(記事下(スポンサーサイト))」 --> <script type="text/javascript" src="https://cdn-fluct.sh.adingo.jp/f.js?G=1000066857"></script> <!-- fluct ユニット名「FC2ブログ(インフィード):999x999(記事下(スポンサーサイト))」 --> <script type="text/javascript"> //<![CDATA[ if(typeof(adingoFluct)!="undefined") adingoFluct.showAd('1000100033'); //]]> </script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
  • Date : 2011-02-26 (Sat)
  • Category : 作曲
42

HALion Symphonic Orchestra の音が出ない!(出る音もある編)

前回、VST インストゥルメントの出力先と音源ソフト HALion Symphonic Orchestra(以下 HSO)の出力先(OUT)が一致していないと音が出ない件についてご紹介しましたが(こちら)、今回はそれでも音が出ない場合についてご紹介したいと思います。 今日は、「出る音色と出ない音色がある」場合です。 HSO の音色選択画面を見てください。いろんなオーケストラの楽器が並んでいます。 例えば「Viola tutti」はビオラのテゥッテ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 前回、VST インストゥルメントの出力先と音源ソフト HALion Symphonic Orchestra(以下 HSO)の出力先(OUT)が一致していないと音が出ない件についてご紹介しましたが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-36.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、今回はそれでも音が出ない場合についてご紹介したいと思います。<BR> <BR> 今日は、「出る音色と出ない音色がある」場合です。<BR> <BR> HSO の音色選択画面を見てください。いろんなオーケストラの楽器が並んでいます。<BR> 例えば「Viola tutti」はビオラのテゥッティ(ソロの反対みたいな音楽用語)、つまりビオラパートの人たちが全員で弾いた時の音色を意味していますが、「Viola tutti」だけでも ECO, Vel, VelPB, XFade, XSwitch の5つもありますね。いろんな音色のビオラが選択できます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO_Kind.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO_Kinds.jpg" alt="HSO_Kind" border="0" width="160" height="105" /></a><BR> <BR> これ、ウソです。<BR> ビオラだけじゃなくって全ての楽器でウソです。<BR> 1つしかありません(2つあるものもある)。<BR> <BR> さらに言うと、デフォルトの設定で鳴るのは ECO, Vel, VelPB の3つだけです。<BR> XFade と XSwitch は鳴りません。音が出ないと嘆いている方、これらを選択していませんか?<BR> <BR> ではなぜ、XFade と XSwitch は(デフォルトで)音が出ないのでしょうか?<BR> それにはオーケストラで使われる楽器の特徴を説明しないといけません。ちょっと退屈になってきたでしょ?<BR> <BR> 楽器って大きく2つに分けられます。<BR> 1つはピアノみたいに音を出したら後は消えていくのみの打鍵楽器。<BR> もう1つは音を出した後も音量や奏法を変更できる管弦楽器。<BR> オーケストラは圧倒的に管弦楽器が多いですよね。だって管弦楽だもん。<BR> <BR> もしビオラを弾いていてクレッシェンドを表現したくなったらどうします?<BR> マスターボリュームを上げますか?それだったらたとえピアニッシモで演奏している音もフォルテシモで聴かせることができます。でも、管弦楽器ってピアニッシモととフォルテシモで音色がぜんぜん違うんですよ。これをマスターボリュームでやっちゃったらあり得ない音になります。<BR> <BR> 実際にやってみました。<BR> 変ですよね?<BR> <BR> 1回目はマスターボリュームを、2回目は先走って後に述べる XSwitch を使ったクレッシェンド・デクレッシェンドですが、1回目は出だしの小さな音の部分から割れた音になっています。この割れた感じの音は普通、大きな音で演奏した時しかなりませんよね。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/doremi_tromb.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ではどうやって自然な音量コントロールを提供するか? Steinberg は考えました。<BR> それが、Vel, VelPB, XFade, XSwitch です。<BR> <BR> (ECO はリアリズムやダイナミクスのレスポンスを多少犠牲にしてサンプルレイヤー数を少なくすることで、通常のプログラムよりもメモリ消費を抑えた音色ですのでここでは割愛します)<BR> <BR> ========<BR> <BR> 【Vel】<BR> いつも通りのベロシティレイヤによる音量変更。<BR> クレッシェンドとかはマスターボリュームで勝手にやったらバージョン。<BR> ただし、ベロシティーの強さによってその音量に合ったレイヤを鳴らしてくれる。<BR> メモリ消費が最も少ないので、環境が貧弱な場合や音量変化をさほど必要としない曲の場合は選択すべき。<BR> <BR> 【VelPB】<BR> Velocity plus Pitchbend の略。<BR> 音の出の音量はベロシティーで選択。その後、追加的にピッチベンドで音量をコントロールできる。<BR> これもメモリ消費が少ないので、環境が貧弱で音色変化が必要な場合に選択すべき。<BR> 注意点として、もちろんピッチベンド機能は効くわけがない。<BR> <BR> 【XFade】<BR> 最強。<BR> 音量変化を CC11(Expression) で変更できる。<BR> 音量が変化するとき、つまり音色があるレイヤから異なるレイヤーへ移動するとき、その移動(音量変化)が不自然にならないよう、各レイヤーの音を混ぜながら変化していく。最大4つのレイヤーが混ざるらしいが、その代わり CPU 負荷が最も高い。<BR> 環境に余裕があるなら躊躇なく選択すべき。<BR> <BR> 【XSwitch】<BR> XFade のエコノミーな代替手段。<BR> 音量変化を CC11(Expression) で与えられるのは同じだが、レイヤーが移動するとき混ざらずに次のレイヤーへ移動するので変化したタイミングでやや不自然に聴こえる。<BR> ソロの音色は XFade を用いると2つ以上の音が聴こえることになりソロではなくなるので、XSwitch までしか用意されていない。<BR> 環境に余裕があり、XFade がない楽器の場合に選択すべき。<BR> <BR> ========<BR> <BR> ここでレイヤーって単語と CC11(Expression)って単語が出てきたけど大丈夫ですかね?<BR> 最近の音源って、1つの楽器の音を収録するときに色んな音量で演奏したものを複数収録するんですよね。その1つ1つをレイヤーって言います。いい音源ほどレイヤーの数が多くって音量が変わったときの音色の変化が自然です。<BR> <BR> CC11(Expression) はコントロールチェンジの1つですね。<BR> キーエディタの下にあるベロシティー等を表示するところで CC11 を選択できます。<BR> <BR> さて、ではなぜ XFade と XSwitch は鳴らないんでしょうか?<BR> 答えは簡単、CC11 が音量0になっているからです。<BR> <BR> XFade と XSwitch は CC11 の設定音量に従って音を出しますので、このレベルを上げてあげましょう。<BR> さらに、もう1つ CC11 を選択した場所で Main Volume も確認して下さい。この値も0である場合は音が出ません。<BR> <BR> と言うことで、出ない音があると嘆いておられる方、XFade, XSwitch を確認し、CC11 と Main Volume の値を入力してあげてみてください。<BR> <BR> それでは。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/42/clap" id="fc2button-clap-42" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-42").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/26.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/42/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
39

鼻毛通知代理サービス

DTM/DAW 一辺倒のブログも息苦しいので、たまには僕もシュールな話題を提供できることを証明したいと思います。 「あっ、あの子、鼻毛が出てる!」 「教えてあげたいけど、言うと傷つくだろうし」 「でも言わなきゃ」 「あ~、でもそんなこととても言えないよ~」 そんなジレンマを解決する素晴らしいツールが開発されました。その名も鼻毛通知代理サービス「チョロリ」。 優しく伝えたり、軽蔑するように伝え... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> DTM/DAW 一辺倒のブログも息苦しいので、たまには僕もシュールな話題を提供できることを証明したいと思います。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102182106189c4.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102182106189c4.jpg" alt="tyorori" align="center" border="0" width="520" height="459" /></a><BR> <BR> 「あっ、あの子、鼻毛が出てる!」<BR> <BR> 「教えてあげたいけど、言うと傷つくだろうし」<BR> <BR> 「でも言わなきゃ」<BR> <BR> 「あ~、でもそんなこととても言えないよ~」<BR> <BR> そんなジレンマを解決する素晴らしいツールが開発されました。その名も鼻毛通知代理サービス「チョロリ」。<BR> <BR> 優しく伝えたり、軽蔑するように伝えたり。<BR> <BR> <a href="http://hanage.info/" target="_blank" title="http://hanage.info/">http://hanage.info/</a><BR> <BR> これでまた笑顔で会える!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/39/clap" id="fc2button-clap-39" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-39").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/39/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
41

作曲ってどうやってますか?

皆さんは曲を造るとき(作曲)どうやっていますか? 今日は私の作曲の流れをご紹介して、皆さんからアドバイスを貰えたらと思います。 まず、曲を作るためには何か拠り所が必要ですよね。そもそも何のために曲を造るか?友達の結婚式のため・彼女と別れた辛さを・ゲームの戦闘音楽・学校の課題、etc... どんな場合でも曲の題材は最初に決めた方がいいですよね。 題材が決まると曲調が見えてきます。 すなわち、バラ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 皆さんは曲を造るとき(作曲)どうやっていますか?<BR> 今日は私の作曲の流れをご紹介して、皆さんからアドバイスを貰えたらと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2010092F082F442Fc0226244_21395516.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2010092F082F442Fc0226244_21395516s.gif" alt="トロイメライ" border="0" width="136" height="160" /></a><BR> <BR> <BR> まず、曲を作るためには何か拠り所が必要ですよね。そもそも何のために曲を造るか?友達の結婚式のため・彼女と別れた辛さを・ゲームの戦闘音楽・学校の課題、etc... どんな場合でも曲の題材は最初に決めた方がいいですよね。<BR> <BR> 題材が決まると曲調が見えてきます。<BR> すなわち、バラード・ロック・クラシックと言った大きなテーマから、楽しい曲・悲しい曲・壮大な曲・リズムやハーモニーを聴かせる曲と言った雰囲気が見えてくるので、その曲のテンポや調(長調・短調)なんかも決まってきます。<BR> <BR> ここで曲の流れ(メロディー)はどうしましょうか?<BR> メロディーがないと音楽が寂しいです。よくクラシックでそう言うのありますよね。リズムもメロディーもよく分からずゴチャゴチャと音の塊が流れていくヤツ。まぁ、あれはあれで高尚な音楽理論に基づいているんでしょうけど、私にはオーバースペック、さっぱりです。<BR> <BR> さて、私の場合、メロディーはちょっとだけ蓄えがあります。<BR> メロディーを思いついたら鼻歌録音・スコアに手書きで落とす・Cubase に雑に入れる、とかしているんですが、思いつくのは大抵、お風呂・寝てる時のようないわゆるアルファー波が出ている時なので、タイミングをミスすることがシバシバ。<BR> 皆さんこのへんどうですか?朝起きたら綺麗に忘れてますよね(笑)。とにかくメロディーは一期一会なので大事にしないとすごく損した気分になります。<BR> <BR> メロディーに蓄えのない場合はどうすればいいでしょうか?<BR> そんなとき、私はコード進行を利用しています。曲の雰囲気に合わせたコード進行を先に造ってしまって、それに合うメロディーを考える。コード進行を聴いただけでメロディーが鼻歌で出てくる場合もあり、結構楽にメロディーをイメージできます(まぁ決まって似たようなメロディーですが、、、)。<BR> <BR> 先日こんな本を買いました。「コード進行 スタイル・ブック」。この本、主にポップスのいろんなコード進行を集めて音楽技法別に解説を加えながら紹介しているもので、その数116コード進行。簡単な「C→F→G→C」のようなものから涙が誘えるセカンダリードミナントまで色々なパターンがあります。結構便利です。他にも数冊買ったんですが、これが一番役立ってますね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodeStyleBooks.jpg" alt="CodeStyleBook" border="0" width="112" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/NewStyleBooks.jpg" alt="NewStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBook.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarStyleBooks.jpg" alt="GuitarStyleBook.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> <BR> 私はこのコード表を全て Cubase に打ち込んで、いつでも聴けるようにしています。<BR> 打ち込みはコードを知っていれば2時間もあればできるので、そんなに大変ではなかったように思いますが、この本に MIDI データが付いていれば最高でしたね。<BR> Am△7(onG#) とか言われてもどのキーを叩いたらいいかわかんないですよね(笑)。<BR> <BR> よく「いろんな曲を造ってもなんかおんなじ曲のイメージになっちゃんだよな」ってな人が私も含めてプロ・アマ問わずいると思うのですが、コード進行を使えばそういった問題からもある程度開放されるように思います。<BR> たまにはコード進行を最初に決めて曲を造ってみるのも面白いかもしれませんね。<BR> <BR> と言う事で、今日はそのコード進行の中から一部を抜粋してみましたので参考にしてみてください。<BR> 音色は HALionOne から StereoSt2、これに付属のリバーブ RoomWorks を少しかけているだけです(少し音が大きいかもしれませんので注意です)。<BR> ヒマを見つけて何かメロディーラインでも作ってみようかな(後日記:実際にやってみました。興味がありましたら<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodesSample.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 最後に、どこかのホームページで、「メロディーのモチーフはそれを曲にしてくれる人のところに流れていくって」書いてありました。<BR> メロディーを思いついたら今それを曲にできなくても大切に持っておいて、いつか曲にしてあげましょう。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/41/clap" id="fc2button-clap-41" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-41").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/41/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-02-21 (Mon)
  • Category : 作曲
40

FC2 の歩き方

今までずっと不思議だったんです。 自分のブログを訪れてくれる人たちはどうやってこのブログを知ったの? このブログ「音楽広場」は、ジャンル「音楽」、サブジャンル「その他」に登録してあります。 FC2 トップ画面ではジャンル一覧、サブジャンル一覧が選択でき、各ジャンルのトップ50位までのブログが表示されますが、音楽ジャンルのブログって現時点で 56,433 サイトもあるし、サブジャンルにしても 3,806 もあります... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 今までずっと不思議だったんです。<BR> 自分のブログを訪れてくれる人たちはどうやってこのブログを知ったの?<BR> <BR> このブログ「音楽広場」は、ジャンル「音楽」、サブジャンル「その他」に登録してあります。<BR> FC2 トップ画面ではジャンル一覧、サブジャンル一覧が選択でき、各ジャンルのトップ50位までのブログが表示されますが、音楽ジャンルのブログって現時点で 56,433 サイトもあるし、サブジャンルにしても 3,806 もあります。<BR> <BR> 始めたばかりの自分のブログがなかなか上位50位に入ることは難しく、探そうと思ったら鼻血が出るほど「次へ」ボタンを押さなきゃならないですよね。そうかと言ってアクセスランキングの右側にある新着記事プラグインもタイトルと著者IDが載ってるだけでいまいちクリックする気になれない。<BR> <BR> そんな中、皆さんはどうやってこのブログを見つけてくれたんだろう?<BR> いつも疑問に思っていました。<BR> <BR> 今日はいろいろ調べてみて、これかな?って思う歩き方を見つけたので紹介します。<BR> <BR> 皆さん、ブログを投稿するときにカテゴリやジャンルなんかと一緒に「テーマ」を選択しますよね。<BR> 自分は「DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材」を選ぶことが多いんですが、この「テーマ」でもブログを検索できるんです。<BR> <BR> 具体的には FC2 トップ画面左のジャンル一覧から「音楽」を選択すると、次の画面の右側に「共有スレッドテーマ」って出てきます。この中で好きなテーマを選んでみてください。なければその下の「200件表示する」を選ぶともっとたくさん表示されます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ThemaThread.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ThemaThreads.jpg" alt="ThemaThread" border="0" width="138" height="160" /></a> <BR> <BR> すると自分が先ほど更新したブログが表示されているではないですか!!<BR> タイトルと著者IDだけじゃなくって記事の冒頭も紹介されてる。<BR> <BR> これだったら作りたてのブログでも皆さんの目に留まる機会が増えますよね。<BR> そうか、みんなここからアクセスしてきてくれたんだ。<BR> <BR> この記事を読んでくれている皆さんは当然知っておられると思いますが、紹介せずにはいられない小さな発見でした。<BR> よ~し、自分もこれでみんなのブログにいっぱい遊びに行くぞ~!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/40/clap" id="fc2button-clap-40" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-40").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/40/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
38

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第5回)

少し間が開きましたので再開したいと思います。 Cubase 付属の? HALion Symphonic Orchestra を使ってどこまでオーケストラがらしく聴こえるのか? 今日は5回目で、イングリッシュホルンのいよいよラストに入ります。 ※お話の流れがわからない方はこちらからお読みください。 今日は大変な事件が発生します。 イングリッシュホルンのソロもラストと言う事で、音もだんだんと高くなっていきます。 最後の盛り上がりの部... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 少し間が開きましたので再開したいと思います。<BR> Cubase 付属の? HALion Symphonic Orchestra を使ってどこまでオーケストラがらしく聴こえるのか?<BR> 今日は5回目で、イングリッシュホルンのいよいよラストに入ります。<BR> <BR> ※お話の流れがわからない方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> 今日は大変な事件が発生します。<BR> イングリッシュホルンのソロもラストと言う事で、音もだんだんと高くなっていきます。<BR> 最後の盛り上がりの部分でイングリッシュホルンと同じメロディをファゴットもなぞって音に膨らみを持たせるのですが、メロディの一番高い音 F4 が、ない!、ない!、出な~い!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_550631_16288545_2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_550631_16288545_2s.jpg" alt="Fagotto" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <BR> <BR> よりによってソロの一番目立つところで、そこに向けて人が一所懸命クレッシェンドとかしてあげてるのに、ない!、ない!、出な~い! ファゴットって楽器を調べてみても F4 は出ることになってます。ちょっと、Steinberg ふざけ過ぎじゃあないかい? 今なら許す、すぐにファゴット奏者に電話して収録して。お客さん待ってるから。<BR> <BR> よ~し、こうなったらピッチベンド全開で1つ下の音を無理やり上げてしまおう!<BR> ファゴット、ピッチベンド効かね~!<BR> <BR> (考察:アーティキュレーションによって音程をコントロール出来ない楽器の音源に対してはピッチベンドを無効にするような対応は個人的には反対です。確かに生音としてはあり得ない表現になるかもしれませんが、そういった音楽が作れても良いはずだと思うからですし、デジタルの価値ってそういうところにも見出せますよね)。<BR> <BR> じゃあ、1つ下の音をフリーズして wav データに変換して、wav の音程を上げる?<BR> う~ん、泥臭い。<BR> <BR> 最終的に採用したのが、ファゴットのインストゥルメントトラックを別に追加して、その1音だけを入力。<BR> その後、ピッチが 442Hz になっているのを 455Hz まで上げる方法。打ち込みとしてはトリッキーな操作になったが音としては自然な感じ。<BR> <BR> 今日は、そのイングリッシュホルンとファゴットのソリのバックで流れるストリングスの打ち込みの様子をご紹介します。ヴァイオリン1・2,ビオラ、チェロ、コントラバスの5つですが、Cubase って複数のトラックを選択して「Enter」押すとこうやって複数トラックのキーエディタが1つにまとまって表示されます。便利ですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LargoStrings.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LargoStrings.jpg" alt="LargoStrings" border="0" width="520" height="304" /></a><BR> <BR> <BR> 次回はテンポの打ち込みを見て頂きましょうか。<BR> それでは広い心で聴いてみてください(今回は曲の後半で音が大きくなりますので注意です)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110214).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=8#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=8#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=8#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> 例によって打ち込みのポイント(苦労したところ)を紹介しておきます。<BR> <BR> ・いや、だからファゴットの F4 がないんだよ<BR> ・全体的に音が大きめなので、最後のミキシングの段階でもう少し修正しよう<BR> ・盛り上がりの部分のクレッシェンドは結構好き!<BR> ・テンポにメリハリを付けてみた<BR> ・盛り上がりの後半でテンポがゆっくりになる部分はストリングスをもっと小さな音からふわっ<BR>  と出したい<BR> ・メロディーの最後の音の入りと音量はとっても気を遣った(多分演奏者もこの音は気を遣うと<BR>  思うので)<BR> ・最後の音が柔らかい感じで聞こえたら成功!<BR> ・相変わらずテンポの操作には気を遣うが雰囲気が出せたときは楽しい<BR> ・テンポの操作に合わせてメロディーの音の切りのタイミングにも気を遣う<BR> ・ストリングスは基本レガートだがそれだとテヌートっぽくってカッコ悪いので音の終りに向け<BR>  て音量を適宜抜く<BR> ・低音の伸ばしの音がバカっぽく聞こえないように、入りと終わり、メロディーの節目で音量を<BR>  少し抜く<BR> ・ストリングの各楽器の入りのタイミングをずらして不完全さを出す(生演奏はもっと不完全)<BR> ・生演奏はもっと完全を目指しているのに打ち込みはもっと不完全さを目指してる矛盾が面白い<BR> ・クレッシェンド部はテンポを早く、ディミニエンド部はテンポを遅く演奏する<BR> <BR> 次回は主役が変わりまして、フルートが登場します。<BR> どんな音で鳴るか楽しみです。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-45.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/38/clap" id="fc2button-clap-38" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-38").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/38/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
37

スマートフォン

みなさ~ん、今日は私の相談を聞いてください。 最近スマートフォンって流行ってますよね。 私も時代の流れに乗って今のケータイから乗り換えようかな?とか思案中ですが、ブッチャケどれがいいんですか? 今のスマートフォンって、iPhone vs. Android みたいな構図ですよね?(Windows ってどこ行ったんだろ) それから海外製品の赤外線とかワンセグとか入っていないスマートフォン vs. 日本製の全部入りスマートフ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> みなさ~ん、今日は私の相談を聞いてください。<BR> <BR> 最近スマートフォンって流行ってますよね。<BR> 私も時代の流れに乗って今のケータイから乗り換えようかな?とか思案中ですが、ブッチャケどれがいいんですか?<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230030cd4.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230030cd4.png" alt="IvsA" border="0" width="500" height="250" /></a><BR> <BR> <BR> 今のスマートフォンって、iPhone vs. Android みたいな構図ですよね?(Windows ってどこ行ったんだろ)<BR> それから海外製品の赤外線とかワンセグとか入っていないスマートフォン vs. 日本製の全部入りスマートフォンって構図。<BR> <BR> 使いやすさや完成度で見れば iPhone が一歩優っているように見えますが、SoftBank ってところが気に入らなくって、電波の質が悪いんだろうなぁとか思っちゃいます。これってもう過去の話?<BR> <BR> Android もバージョンがあって 2.2 以上じゃないと遅いんですよね?<BR> これって後々バージョンアップされるのでたいした問題じゃないのかなぁ。。。<BR> 動作が遅いケータイは避けたいところです。<BR> 聞くところによると日本製の全部入りケータイはもっさり動作のものが多いみたいですね。<BR> 頑張れ日本の製造業!<BR> <BR> 海外製も HTC とか Samsung とかパンテックとかよく分からんですな。<BR> 出来れば日本製を買ってあげたいところです。<BR> <BR> でも動作の速い端末となるとこんな感じになるのかなぁ↓<BR> <BR> DoCoMo:Galaxy S (Samsung)<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230152155.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230152155s.png" alt="galaxyS" border="0" width="160" height="128" /></a><BR> <BR> au:IS06 SIRIUS (PANTECH)<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172303326c6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172303326c6s.jpg" alt="SIRIUS" border="0" width="159" height="106" /></a><BR> <BR> SoftBank:iPhone4 (Apple)<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230411251.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230411251s.jpg" alt="iPhone4" border="0" width="104" height="159" /></a><BR> <BR> SoftBank:HTC Desire HD (HTC)<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230456b65.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110217230456b65s.jpg" alt="DesireHD" border="0" width="159" height="126" /></a><BR> <BR> 日本製、1つもねーじゃねーか!!<BR> お願い、日本の製造メーカーさん、ほんとに、ほんとに頑張って!<BR> このままじゃ未来はないぞ~!<BR> <BR> それからソフトバンクにも頑張ってほしい。<BR> 話題性ばかりをさらうんじゃなくって地に足の着いたサービスを提供してほしいな。<BR> 私のような SoftBank じゃなかったら迷わず iPhone ってなユーザーも少なからずいる気がするな。<BR> お父さん嫌いじゃないし。<BR> <BR> 今日はオチが見つからなかったので、最後に Apple vs. Android のおもしろ画像を集めてみました。<BR> <BR> ドロイド君の攻撃!レーザーソード:攻撃力84<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172312198e6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172312198e6.jpg" alt="winAndroid" border="0" width="520" height="322" /></a><BR> <BR> Apple の反撃!会心の一撃!<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/winApple.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/winApple.jpg" alt="winApple" border="0" width="520" height="356" /></a><BR> <BR> 保護者対決!<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172321244d1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102172321244d1.jpg" alt="Parents" border="0" width="520" height="387" /></a><BR> <BR> え~っと、今日、何が書きたかったんだっけ?<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/37/clap" id="fc2button-clap-37" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-37").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/37/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
36

HALion Symphonic Orchestra の音が出ない!

こんにちは。 先週から「HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?」をお届けしていますが、疲れてきましたので今日は少し話題を変えまして、お悩み相談室です。 よく「HALion Symphonic Orchestra の音が出ない、出ない音がある(一部の音しか出ない)」などのコメントを見かけることがあります。コレには複数の原因が考えられるのですが、経験を踏まえて1つ1つアドバイスができたらと思います。 まず、Stei... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> 先週から「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-35.html" title="<u>HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?</u>">HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?</a>」をお届けしていますが、疲れてきましたので今日は少し話題を変えまして、お悩み相談室です。<BR> <BR> よく「HALion Symphonic Orchestra の音が出ない、出ない音がある(一部の音しか出ない)」などのコメントを見かけることがあります。コレには複数の原因が考えられるのですが、経験を踏まえて1つ1つアドバイスができたらと思います。<BR> <BR> まず、Steinberg の Q&A サイトを御覧ください。<BR> <a href="http://www.distribution-steinberg.jp/support/faq/halion_symphonic_orchestra/" target="_blank" title="http://www.distribution-steinberg.jp/support/faq/halion_symphonic_orchestra/">http://www.distribution-steinberg.jp/support/faq/halion_symphonic_orchestra/</a><BR> <BR> ここを読めば大抵解決しますが、ここではその意味も含めて用途別にもう少し掘り下げて解説してみたいと思います。<BR> <BR> <u><strong>MIDI トラックで HSO を選択している場合</strong></u><BR> <BR> MIDI トラックはそれだけでは音の出ない(つまり音源が指定されていない)データトラックです。 従って、音を出すためには楽器(インストゥルメント)を指定してあげる必要があります。それが「VST インストゥルメント」です。<BR> F11 キーを押してみてください。「VST インストゥルメント」と書かれた小さなウィンドウが表示されます。<BR> それからこの画面の黒い部分をクリックして使いたいインストゥルメント(ここでは HSO)を選択してください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110215180756aea.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110215180756aeas.jpg" alt="VSTInstrument" border="0" width="160" height="146" /></a><BR> <BR> すると Cubase のウィンドウに「VST インストゥルメント」「HALSymphOrch」フォルダが追加されて「Hal Hso1 Violin」が追加されます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTInstrumentExplain1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTInstrumentExplain1.jpg" alt="VSTInstrumentExplain1" border="0" width="520" height="163" /></a><BR> <BR> <BR> これが何を意味しているのかですが、「VST インストゥルメントの音源リストに HSO を追加登録して、それだけじゃ寂しいから Hal Hso1 Violin 出力先を追加しておいてあげたよ」と言う事になります。<BR> <BR> 「Hal Hso1 Violin 出力先」って何でしょう? <BR> HSO の画面を開いてみてください。<BR> 16の音源チャンネルリストが並んでいる一番右端に「Out」リストがあります。その中の先頭に「Hso1 Violin」がありますね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTInstrumentExplain2.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTInstrumentExplain2.jpg" alt="VSTInstrumentExplain2" border="0" width="520" height="340" /></a><BR> <BR> <BR> 実は、HSO は搭載する楽器を Hso1 Violin から Hso16 PcMetal までの16のカテゴリ(出力先)に分割していて、デフォルトではそれぞれの出力先に音が出力される仕様になっているのです。例えば音源プログラムから「Bass Clarinet Solo」を選択した場合、その音はデフォルトで「Hso7 Clarinet」から出力されるようになっています。<BR> <BR> でも、Cubase の画面には「Hal Hso1 Violin」しかないですよね。だから音が出ないんです。<BR> つまり、コレを解決するには、HSO 画面で Bass Clarinet の出力先 Out を「Program」から VST インストゥルメントリスにある「Hso1 Violin」に変えればいいんです(Program になっているとデフォルトの出力先から出力される)。<BR> <BR> もしくは「VST インストゥルメント」の水色の "e" の横にある右矢印をクリックして「Hso7 Clarinet」を追加(変更)してやる。<BR> ここで「全出力を有効化」を選ぶと16カテゴリ全ての出力先が追加され、どのカテゴリの楽器を選択しても音が出るようになります。<BR> <BR> 要するに VST インストゥルメントの出力先と HSO の Out 出力先が一致していなければならないということです。<BR><BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTInstrumentExplain3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTInstrumentExplain3.jpg" alt="VSTInstrumentExplain3" border="0" width="520" height="297" /></a><BR> <BR> <BR> この仕様はオーケストラを組むときに各カテゴリの楽器群に別々のエフェクトをかけたい場合に重宝するのですが、どの楽器がデフォルトでどのカテゴリに属するかなんてどっかに書いてありましたっけ?私も知りません。<BR> マニュアルにもなさそうですよね。<BR> どなたかご存じの方、おられましたら情報お待ちしていま~す。<BR> <BR> それでも音が出ない方は次回へ続く。。。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-42.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/36/clap" id="fc2button-clap-36" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-36").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/36/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
35

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第4回)

こんにちは。 もはやお腹いっぱいな感じになってきたこのテーマ。 本日は第4回です。 ※お話の流れが読めない方はこちらからお読みください。 前回、ドヴォルザーク「新世界」の「家路」からイングリッシュホルンソロの冒頭部分をお聴き頂きましたが、今日はその展開部になります。 同じメロディーが2回繰り返される部分で、イングリッシュホルンとバスクラリネット(だと思っている)の渋いハーモニーが聴き所です... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> もはやお腹いっぱいな感じになってきたこのテーマ。<BR> 本日は第4回です。<BR> <BR> ※お話の流れが読めない方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> 前回、ドヴォルザーク「新世界」の「家路」からイングリッシュホルンソロの冒頭部分をお聴き頂きましたが、今日はその展開部になります。<BR> <BR> 同じメロディーが2回繰り返される部分で、イングリッシュホルンとバスクラリネット(だと思っている)の渋いハーモニーが聴き所です。バックのストリングスも1回目と2回目で表情を弾き分けています。<BR> <BR> 例によってソロなので、1音1音注意して打ち込まないと、音色や音量差が不自然だったり入のアタックが強すぎたり弱すぎたりしておかしくなります。HSO はそれほど音の粒立ちが揃っていないので、これを揃える作業にもっとも時間がかかりました。<BR> <BR> これがそのイングリッシュホルンの打ち込みの様子です。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/EHornMIDI.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/EHornMIDI.jpg" alt="EHornMIDI" border="0" width="520" height="302" /></a><BR> <BR> <BR> 後はメロディーラインを1つのフレーズとして捉え、大きなクレッシェンド、デクレッシェンドで表現するなど、通常の演奏と同じテクニックを導入しています。もちろん、それに合わせてテンポも揺らしています。若干テンポの表現に嘘臭さが残るのですが、皆さんの耳にはどのように聴こえるでしょうか?<BR> <BR> それでは広い心で聴いてください。<BR> 感想、コメントなど、よろしくお願いしますね!<BR> (曲は冒頭部分から展開部まで収録しています)<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110213).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> 本日のポイント(苦労した点)<BR> <BR> ・音の入りを柔らかくするため、各音の(特にメロディー最初の)出だしの音量を若干削る<BR> ・音の粒立ちの問題は、その音の音量のみ上げ下げして調和する音量を見つける<BR> ・音の終わりはなめらかに音量を抜いて次の音への自然なつながりを作る<BR> ・これは特に長い音(ロングトーン)で効果的<BR> ・1回目のフレーズより2回目のフレーズをゆったりと大きく演奏することで面白みを与える<BR> ・それでも次の盛り上がりに備えて控えめな表現に留める<BR> ・2回目はもっといやらしくテンポを揺らしても良かったかもしれないが田舎臭いか?<BR> ・「感情的」と「田舎臭い」の違いがもはやよくわからない<BR> ・バスクラリネットはもう少し控えめでも良かった?<BR> <BR> 次回はいよいよイングリッシュホルンのサビの部分です。<BR> 個人的に気に入ってる部分なんでぜひ聴いて頂きたいです!<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-38.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/35/clap" id="fc2button-clap-35" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-35").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/35/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
34

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第3回)

こんにちは。 最近はこのテーマにどっぷりハマってしまっています。 初めてここへ飛んでこられた方はこちらからお読みください。 さて、第1回、2回とドヴォルザークの新世界から「家路」の冒頭部分をお聴き頂いていますが、今日はいよいよイングリッシュホルンのソロ部分に入ります。皆さんお馴染みのメロディーで、コレを聞くと家に帰りたくなる人もいらっしゃるかもしれません。逆にそういう雰囲気を打ち込みで表... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> 最近はこのテーマにどっぷりハマってしまっています。<BR> 初めてここへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41DHCDXDHZL__SL160_.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41DHCDXDHZL__SL160_.jpg" alt="新世界" border="0" width="160" height="159" /></a><BR> <BR> <BR> さて、第1回、2回とドヴォルザークの新世界から「家路」の冒頭部分をお聴き頂いていますが、今日はいよいよイングリッシュホルンのソロ部分に入ります。皆さんお馴染みのメロディーで、コレを聞くと家に帰りたくなる人もいらっしゃるかもしれません。逆にそういう雰囲気を打ち込みで表現出来れば成功ということになりますか。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSOs.jpg" alt="HSO" border="0" width="160" height="105" /></a><BR> <BR> <BR> HALion Symphonic Orchestra にもイングリッシュホルンはしっかり収録されていて比較的いい音で入っています。 私が HSO の中で気に入っている音色でもあります。<BR> ただ、HSO は「音の粒揃え」としてはあまりよくなく、ある音程によっては他の音程より音量が大きかったり、楽器特有のエアーノイズ(尺八なんかエアーノイズだらけですよね。ま、それが味なんですが)がたくさん含まれていたりして、ソロを演奏させると荒が出てくる場面もあります。<BR> <BR> HSO は同じ音程の音でも音量によって違う収録データが再生されるようになっていて、ピアニッシモやフォルテの雰囲気を表現できるところは素晴らしいです。<BR> ホルンなんかはオカマの楽器ですので、ピアニッシモでは女性らしく、フォルテでは男性らしい音が聴けます。<BR> でも、ピアノとフォルテの音の切り替わりで音色のズレが激しく、メロディーラインとして不自然になることも多々あります。<BR> <BR> こう言った癖を理解しながら打ち込んでいくのがとてもしんどいですね。<BR> まぁこれは HSO に限った話ではなく、他の専用音源にも大抵言えることです。音源を選ぶ上で「音の粒揃え」は非常に重要なファクターだと考えます(音の粒揃えを詠ってる音源って、Chris Hein Guitars ぐらいしか知らないんですけど、、、)。<BR> <BR> それでは、家路のイングリッシュホルンソロの前段部をお聴きください。<BR> アップロードサイズリミットの関係で3つに分割してお聴き頂かなければならないこと、ご容赦ください。<BR> <BR> 感想、コメント、指導?などなど、お待ちしていま~す!<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110212).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> 例によって打ち込みのポイント(苦労した点)を紹介しておきます。<BR> <BR> ・とにかくソロは大変<BR> ・生演奏はテンポの揺らしが激しいが拍単位でしか調整できない Cubase ではなかなか合わせ<BR>  づらい<BR> ・ややテンポを遅らせるところ、大胆に遅らせる所を使い分ける<BR> ・ソロは音の入りがアタックに聞こえないよう音量をコントロール<BR> ・音程によって音量が異なる HSO の問題を CC11(Expression) とベロシティーで調整<BR> ・ブレスを意識した間を取る<BR> ・テンポを変化させるとブレスの間が狂ってくるのでそれも調整<BR> ・ソロとバックのストリングが調和するよう音量をコントロールする<BR> ・バックのストリングはバックにいながらちゃんと存在感とメロディに追従した雰囲気を持た<BR>  せる<BR> ・同じメロディーが2回登場する場合は2回目の方を表現豊かに<BR> ・ロングトーンは自然に音量を下げてメロディーラインを意識する<BR> ・後半の展開を考えて全体的に控えめな表現に留める<BR> ・高性能なスピーカーやヘッドホンで聴くと打ち込みの荒がやっぱり目立つ<BR> <BR> 次回へ続く。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-35.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/34/clap" id="fc2button-clap-34" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-34").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/34/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
33

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第2回)

こんにちは。 HALion Symphonic Orchestra でそれらしいオーケストラは打ち込みできるのでしょうか? 今日は第2回です(第1回はこちらから)。 ドヴォルザークの「新世界」より「家路」をチョイスしています。 前回はオープニングの4小節を造ってアップしましたが、その後の2小節分を加えてみました。 最初の4小節は金管がメインの重厚な響きから始まってオープニングをフォルテで奏でた後、その後に始まる... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> こんにちは。<BR> <BR> HALion Symphonic Orchestra でそれらしいオーケストラは打ち込みできるのでしょうか?<BR> 今日は第2回です(第1回は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSOs.jpg" alt="HSO" border="0" width="160" height="105" /></a><BR> <BR> <BR> ドヴォルザークの「新世界」より「家路」をチョイスしています。<BR> 前回はオープニングの4小節を造ってアップしましたが、その後の2小節分を加えてみました。<BR> <BR> 最初の4小節は金管がメインの重厚な響きから始まってオープニングをフォルテで奏でた後、その後に始まるイングリッシュホルンのソロに向けてディミニエンドしながらストリングに切り替わります。<BR> <BR> この切り替わりが結構曲者で、ストリングはものすごく小さな音で奏でるので、金管類がディミニエンドしてもまだうるさく、ストリングに切り替わった瞬間、音がなくなったような空虚な感じになってしまいます。かと言って金管類を0近くまでディミニエンドすると嘘っぽくなる。私と違って繊細です。<BR> <BR> 今日は、その切り替わりの部分までをお聴き頂きたいと思います。<BR> 曲が長くなってきたので少し音質(サンプリングレート)を落としました。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> 以下、打ち込みのポイント(苦労した点?)を紹介します。<BR> <BR> ・ストリングはヴァイオリン×2、ヴィオラ、チェロ、ダブルベースの5つで構成<BR> ・ストリングの音の出だしは予定の音量より少し小さな音から膨らませることで入りのアタック<BR>  を軽減<BR> ・入りのタイミングを全てずらし、曖昧さと柔らかさを与える<BR> ・ストリングの和音はピラミッド型を意識<BR> ・音の切りに向かって僅かに音量を抜いていくことでバカっぽいロングトーンを回避<BR> ・それでもヤッパリ生演奏には敵わない、、、<BR> ・フェルマータを入れて自然なテンポの流れを作る<BR> ・生演奏はなんでこんなにテンポが変わるのにタイミングがある程度揃うんだ?(指揮者って<BR>  すご~い)<BR> ・音量の変化は全て CC11(Expression) で付け、ボリュームは一切触らない<BR> <BR> 次回からはいよいよ、イングリッシュホルンのソロです!<BR> 皆さんお馴染みのメロディーが出てきますよ!!乞うご期待!<BR> <BR> やっべ、楽しくなってきた。続く、、、第3回は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-34.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/33/clap" id="fc2button-clap-33" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-33").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/33/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
32

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?

つ、ついにこのテーマを試すことになってしまった。 「HALion Symphonic Orchestra」 それは、Cubase5, Cubase 6 を買うと90日体験版が付いてきて、結構いいし安いので大抵買っちゃうと言う麻薬的なオーケストラ音源。 それは、音色の選択プルダウンメニューがいちいち最初に戻るわ、文字が小さくて選びにくいわで鬱陶しいオーケストラ音源(Cubase 6 のヤツは少し改善されてる予感)。 それは、最初使ってい... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> つ、ついにこのテーマを試すことになってしまった。<BR> <BR> 「HALion Symphonic Orchestra」<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSO.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HSOs.jpg" alt="HSO" border="0" width="160" height="105" /></a><BR> <BR> <BR> それは、Cubase5, Cubase 6 を買うと90日体験版が付いてきて、結構いいし安いので大抵買っちゃうと言う麻薬的なオーケストラ音源。<BR> <BR> それは、音色の選択プルダウンメニューがいちいち最初に戻るわ、文字が小さくて選びにくいわで鬱陶しいオーケストラ音源(Cubase 6 のヤツは少し改善されてる予感)。<BR> <BR> それは、最初使っていると選択した音色によっては全く音が出ないので不良品の問い合わせがサポートに多発するオーケストラ音源(マニュアルを読めば書いてあるんですが、困っておられる方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-36.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>で解決法を紹介しています)。<BR> <BR> それは、いいなと思って使っているとハープがないことに気付いて慌てるオーケストラ音源(YAMAHA さ~ん、Steinberg になんとかお願いしてやってくださ~い)。<BR> <BR> このような素晴らしいオーケストラ音源 HSO はどこまで使えるの?<BR> QLSO や VIENNA を買わなくても結構まともなオーケストレーションができるの?<BR> <BR> やってみましょう!<BR> <BR> 選定した曲はドヴォルザークの「新世界」より第2楽章ラルゴ、日本名「家路」。<BR> 選定理由は、①ストリングだけでなく金管・木管が聴ける、②テンポが聴きやすい、③ハープがない(笑)、④著作権フリー、⑤個人的趣味です。<BR> <BR> スコアはないので、、、耳コピです(汗)。<BR> ブログ上では残念ながら 500K までしかアップできませんので、出来たところからお聴き頂きたいと思います。<BR> 笑わないで、広い心で聴いてください。<BR> <BR> 耳コピに使用した CD は、名盤と言われるコレ↓<BR> キリル・コンドラシン指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。<BR> 結構いいですよ!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41DHCDXDHZL__SL160_.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/41DHCDXDHZL__SL160_.jpg" alt="新世界" border="0" width="160" height="159" /></a><BR> <BR> <BR> それではまずはオープニングの4小節をお聴きください。<BR> オープニングは私の耳によれば、トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ、ティンパニーが聴こえます。 ファゴットも入ってる?<BR> <BR> 感じが出ているでしょうか?感想、批評をお願いしま~す!<BR> <BR> 注)ブログにアップできるサイズの関係上、音質を落としています。通常の音質でお聴きになりたい場合はすぐ下の loda.jp URL から全体をお聴きください。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo1.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(通常音質版)。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください)<BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> 以下、打ち込み上のポイントを紹介します。<BR> <BR> ・音の入りと切りを僅かにずらして人間的なズレを再現<BR> ・テンポを揺らしてロングトーンの長さを変更し、より人間的な演奏を考慮<BR> ・各音色は soft legato と legato の2種類を使用して後半のクレッシェンドに音色の変化を<BR>  与える<BR> ・コンボリバーブには REVerence の "Japanese Concert Hall" を使用<BR> ・音色は全て xswitch 以上を使用して Expression(CC11) による音の強弱を実現<BR> ・パンはデフォルト設定のまま(ステレオ録音されている)<BR> ・最後の切りの部分で音を遠くへ飛ばすイメージを持たせるため、瞬間的に音量を微増させる<BR> ・ブレスを意識した間を取る<BR> ・実際のオーケストラのほうがやはりダイナミックに音量と音質が変わる(無理に対応すると<BR>  不自然)<BR> ・トランペットのクレッシェンドはそれなりによく出来たかな?とか思っている(汗)<BR> ・音色の中には、椅子の軋む音やブレスの音が収録されちゃってるのもあって面白い<BR> <BR> こんなところかなぁ。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-33.html" title="次回へ"><u>次回へ</u></a>続く。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/32/clap" id="fc2button-clap-32" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-32").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/10.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/32/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
31

ピアノ音源比較 (HALionOne/TruePianos/EWQL Piano/Ivory II)

お待たせしました! 4音源比較大会の結果発表です。 (いきなりここへ飛んでこられた方はこちらからお読みください) その、演奏順番は以下の通りでした!皆さん分かりましたか? 好き嫌いもあって、必ずしもブランド名と順序が一致しなかったのではないでしょうか? ①HALion One - Acoustic Piano YAMAHA S90ES Piano (後日記:よくよく見てみると HALion One には色々なピアノがありまして、その中でも一番良いと... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> お待たせしました!<BR> 4音源比較大会の結果発表です。<BR> (いきなりここへ飛んでこられた方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください)<BR> <BR> その、演奏順番は以下の通りでした!皆さん分かりましたか?<BR> 好き嫌いもあって、必ずしもブランド名と順序が一致しなかったのではないでしょうか?<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">①HALion One - <s>Acoustic Piano</s> YAMAHA S90ES Piano<BR></span></strong><a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade5.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> (後日記:よくよく見てみると HALion One には色々なピアノがありまして、その中でも一番良いと思われる YAMAHA S90ES Piano に差し替えました。勉強不足で申し訳ありません)<BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">③QL Pianos - Bosendorfer<BR></span></strong><a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">④Ivory II - Italian Grand<BR></span></strong><a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade3.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <strong><span style="font-size:large;">②True Pianos - Diamond<BR></span></strong><a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a><BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 次回は Ivory II の魅力について語ってみようかなぁ。。。<BR> <BR> (後日記:各音源が持てる力を全て出し切った、本気対決バージョンを公開しました。興味のある方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ!) <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/31/clap" id="fc2button-clap-31" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-31").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/31/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
30

サウンドカード PRODIGY HD2 ADVANCE(EEPROM 書き換え編)

大変です! 先日オーディオカードを PRODIGY HD2 ADVANCE に交換したブログを書いたんですが(こちら)、確かに音は良くなった。なったけど、Cubase 立ち上げて DTM しようと思ったらプチノイズが侵略すること火の如く、レイテンシが発生すること山の如しで、全く使えね~。こ、これは軽くヤバイですよ。 ASIO4ALL 入れてレイテンシは改善させてるはずなのに何故?と思って ASIO4ALL のコントロールパネルを見てみると、なに... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 大変です!<BR> <BR> 先日オーディオカードを PRODIGY HD2 ADVANCE に交換したブログを書いたんですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-29.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、確かに音は良くなった。なったけど、Cubase 立ち上げて DTM しようと思ったらプチノイズが侵略すること火の如く、レイテンシが発生すること山の如しで、全く使えね~。こ、これは軽くヤバイですよ。<BR> <BR> ASIO4ALL 入れてレイテンシは改善させてるはずなのに何故?と思って ASIO4ALL のコントロールパネルを見てみると、なにやら「192kHz まで対応した新入りのオーディオカード君が眩しくってスネています」みたいなエラーが出てるじゃないですか!2.10 の最新版にしてもダメ。<BR> <BR> ヤ、ヤバい!<BR> 俺の DTM ライフは終わった~!!!<BR> <BR> 何か方法はないのか?<BR> 調べてみると「PRODIGY HD2 ADVANCE は ASIO に対応している珍しいカードで、EEPROM を書き換えると使えるようになるよ」的な記述を発見!<BR> <BR> さらに調べると、EEPROM 書き換え用のデータファイルは AUDIOTRAK の日本サイトには置いてなくって、本場韓国のサーバにあるよ!」って。ふむふむ。早速行ってみよう!<BR> <BR> <a href="http://www.audiotrack.co.kr/kr/home.php" target="_blank" title="http://www.audiotrack.co.kr/kr/home.php">http://www.audiotrack.co.kr/kr/home.php</a><BR> <BR> 、、、って読めるかっ!こんなサイト!!<BR> 全て「チャングム」って書いてあるんでしょ?<BR> <BR> くじけてはいけない!<BR> こんな時役に立つのが、使いやすさ10の100乗、Google 翻訳。<BR> 調べていくとありました。<BR> <BR> まとめるとこんな感じ。<BR> (紹介しますけど、結構トリッキーなことをしていますので、自己責任でお願いします)<BR> <BR> ①下の2つのサイトにアクセスして EEPROM データファイルとドライバをダウンロード<BR> <BR> <a href="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/view.php?id=prodigyhd2&amp;page=1&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=10&amp;PHPSESSID=5cdd04e2fa49b185170f1d15fea90721" target="_blank" title="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/view.php?id=prodigyhd2&amp;page=1&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=10&amp;PHPSESSID=5cdd04e2fa49b185170f1d15fea90721">http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/view.php?id=prodigyhd2&page=1&sn1=&divpage=1&sn=off&ss=on&sc=on&select_arrange=headnum&desc=asc&no=10&PHPSESSID=5cdd04e2fa49b185170f1d15fea90721</a><BR> <BR> <a href="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/zboard.php?id=Prodigy20HiFi&amp;page=2&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=448" target="_blank" title="http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/zboard.php?id=Prodigy20HiFi&amp;page=2&amp;sn1=&amp;divpage=1&amp;sn=off&amp;ss=on&amp;sc=on&amp;select_arrange=headnum&amp;desc=asc&amp;no=448">http://www.audiotrak.co.kr/zeroboard/zboard.php?id=Prodigy20HiFi&page=2&sn1=&divpage=1&sn=off&ss=on&sc=on&select_arrange=headnum&desc=asc&no=448</a><BR> <BR> ②フロッピーディスクを準備して「起動ディスク」としてフォーマット<BR>  先ほどダウンロードしてきた eeprom.zip の方を解凍してフロッピーディスクに保存する。<BR>  <BR>  ※これは、CD-ROM を使った方法もあるので、それについては<a href="http://audiotrak.co.kr/kr/customer/Lprodigy_hd2.php" target="_blank" title="こちら">こちら</a>を参照。<BR> <BR> ③PC を再起動させてフロッピーディスクから起動<BR>  デフォルトでフロッピー起動しない場合は BIOS の設定変更から起動順序を直して再起動して<BR>  ください。<BR> <BR> ④A:/ プロンプトが表示されたら "EEPRWA" と入力して Enter キー押下<BR> <BR> ⑤大きな文字絵で "PASS" と表示されたら書き換え OK!<BR> <BR> ⑥PC の電源を切り、電源ユニットにタッチしてから(静電気対策)電源コードを抜いてサウン<BR>  ドカードを外す<BR> <BR> ⑦JP4(ジャンパースイッチ) を "ON" にする(接続する)<BR> <BR> ⑧PC の電源 ON して普通に起動<BR> <BR> ⑨「新しいドライバが認識されました」と表示されたらダウンロードしたドライバの<BR>   "UnInstall_32.exe" を実行<BR>  ※Pdhd2PAN.exe じゃないですよ。<BR> <BR> ⑩アプリが起動したら "Update" をクリック(Unsinstall じゃなくて)<BR> <BR> ⑪完了!お好みに応じて Config メニューから設定を変更してください。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102022029370b5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102022029370b5.jpg" alt="ProdigyHD2" border="0" width="520" height="269" /></a><BR> <BR> <BR> う~ん、確かにレスポンスは早くなった。プチノイズもない。<BR> だけど、ミキサー表示したり再生位置を変更したりするとノイズが混ざりますねぇ。<BR> 使いやすさも ASIO4ALL の方が上。まぁ、今日のところはこれでヨシとするか。。。<BR> <BR> ASIO4ALL 早く 192kHz 対応して~(泣)。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/30/clap" id="fc2button-clap-30" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-30").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/30/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
29

サウンドカード PRODIGY HD2 ADVANCE

良い音を出すために良い音源を揃える。 私も含めて皆さんなされていることと思います。 しかし、意外に盲点なのは音の出力デバイス、サウンドカードではないでしょうか? 想像できるようにパソコンの筐体の中は様々なデバイスからのノイズでいっぱいですし、電源供給環境もよくありません。高いモニタースピーカーやヘッドホンを用意しても出力の大元から汚れていては何をモニタしてるんだかよくわからないですよね。 また... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 良い音を出すために良い音源を揃える。<BR> 私も含めて皆さんなされていることと思います。<BR> <BR> しかし、意外に盲点なのは音の出力デバイス、サウンドカードではないでしょうか?<BR> 想像できるようにパソコンの筐体の中は様々なデバイスからのノイズでいっぱいですし、電源供給環境もよくありません。高いモニタースピーカーやヘッドホンを用意しても出力の大元から汚れていては何をモニタしてるんだかよくわからないですよね。<BR> <BR> また、自分で作った曲をヘッドホンで聴いていて音量が大きくなったときすぐに音が割れてしまったりしていませんか?それは高インピーダンスのヘッドホンをドライブ出来ていない可能性があります。<BR> <BR> そんなことに今更気が付いて、先日サウンドカードを交換しました。<BR> 交換したのは、これ!<BR> ネットでも評判の良い PRODIGY の HD2 ADVANCE です。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212831cc5.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212831cc5.jpg" alt="PRODIGY HD2 ADVANCE" border="0" width="520" height="400" /></a> <BR> <a href="http://www.audiotrak.jp/product/?audiotrak=PRODIGY%20HD2%20ADVANCE" target="_blank" title="http://www.audiotrak.jp/product/?audiotrak=PRODIGY%20HD2%20ADVANCE">http://www.audiotrak.jp/product/?audiotrak=PRODIGY%20HD2%20ADVANCE</a><BR> <BR> このカード、全ての電子部品が白い絨毯の上に乗っています。裏側も全面絨毯。<BR> 端子類は全て金メッキ!かわいいヤツよのぅ。<BR> <BR> 早速 PCI スロットに装着。<BR> PC を再度起動してドライバインストールして、コントロールパネルからデバイスを選択するだけの簡単設定。<BR> さて、音は変わったのか?<BR> <BR> まずヘッドホンですけども、ヘッドホン出力端子が装備されていますので挿入。<BR> AKG K702 の 62Ωをものともせずドライブしてくれます。それもそのはず。このサウンドカードは 150~600Ω でも高音質再生が可能な設計になっているようです。<BR> <BR> 今まで音量が大きくなった部分で発生していたプチ(バリ?)ノイズも全く発生しません。<BR> 安心して音が聴けるようになりました!<BR> <BR> 音質についても激変!<BR> 音の分解能(分離)が良くなったことがすぐに分かります。音がイキイキとしてきました。<BR> パソコンの音からオーディオの音になった感じ。これ、もう戻れないですね。。。<BR> <BR> 高級パーツをふんだんに使用したこのサウンドカードですが、これはさらに!マニアの方にはたまらない「オペアンプ交換」が出来るカードなのです。オペアンプ(写真だと黒い8本足のゲジゲジのヤツ、3つある)は増幅器でして、オーディオの音質に大きな影響を与える電子パーツです。これを、自分の好きなのに交換できる!!<BR> <BR> 「いや、好きなオペアンプ、別にないっス」<BR> <BR> あっ、いや、ふつーの方はそうでしょうけども、あくまでマニア向けのオプションということで、、、(汗)。<BR> <BR> オペアンプは数百円ぐらいのものでして、手軽に楽しく音質の変化を楽しめるようです。私も今の音に十分慣れたらオペアンプ交換をして違いを確かめてみたいと思います。今はこれで満足だよ。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212839f3e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110131212839f3e.jpg" alt="PRODIGY HD2 ADVANCE2" border="0" width="187" height="141" /></a> <BR> <BR> この高級パーツをふんだんに使用したサウンドカード、1万ちょっとで手に入りますので、皆さんも試してみてはいかがですか?<BR> <BR> (後日記)次は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-30.html" title="サウンドカード ASIO トラブル編"><u>サウンドカード ASIO トラブル編</u></a>です。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/29/clap" id="fc2button-clap-29" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-29").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/29/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。