カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
58

白熊に襲われた人間

白熊は獰猛な生き物です。 ぬいぐるみやイラストとのギャップは天と地ほどもあります。 あの太い手足と爪、大きな口と牙、そして、つぶらな瞳!? その白熊に人間が襲われたら!想像しただけでもゾッとします。 そんなヤバいシーンを偶然発見してしまいました。 執拗に繰り返し人間を襲う白熊、ああ、ヤバい、逃げて! それでも襲いかかる白熊、空腹に飢えているのか! いっこうにやめようとしません!! 頑張... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 白熊は獰猛な生き物です。<BR> ぬいぐるみやイラストとのギャップは天と地ほどもあります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/800px-Polar_Bear_ANWR_1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/800px-Polar_Bear_ANWR_1s.jpg" alt="PolarBear" border="0" width="159" height="106" /></a><BR> <BR> あの太い手足と爪、大きな口と牙、そして、つぶらな瞳!?<BR> その白熊に人間が襲われたら!想像しただけでもゾッとします。<BR> <BR> そんなヤバいシーンを偶然発見してしまいました。<BR> 執拗に繰り返し人間を襲う白熊、ああ、ヤバい、逃げて!<BR> <BR> それでも襲いかかる白熊、空腹に飢えているのか!<BR> いっこうにやめようとしません!!<BR> <BR> 頑張れ!人間!!<BR> <BR> いや、しろくま、お前が頑張れ!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PolarBear4.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PolarBear4.jpg" alt="PolarBear4" border="0" width="520" height="363" /></a> <BR> クヌートくん、安らかにお眠りください。 <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/58/clap" id="fc2button-clap-58" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-58").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/58/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="//media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
56

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第9回)

お陰さまでこのテーマも第9回を迎えることになりました(初回はこちらから)。 最初はまともに続くんだろうかと心配していたのですが、なんとか半分ぐらいまで辿り着きました。 改めてご紹介しておきます。Cubase5/6 付属?のオーケストラ専用音源 HALion Symphonic Orchestra(HSO) を使ってどこまで本物らしいいオーケストレーションが組めるか実験をしています。HSO は Cubase ユーザなら1万ちょっとの破格で手に入る逸品... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> お陰さまでこのテーマも第9回を迎えることになりました(初回は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> 最初はまともに続くんだろうかと心配していたのですが、なんとか半分ぐらいまで辿り着きました。<BR> <BR> 改めてご紹介しておきます。Cubase5/6 付属?のオーケストラ専用音源 HALion Symphonic Orchestra(HSO) を使ってどこまで本物らしいいオーケストレーションが組めるか実験をしています。HSO は Cubase ユーザなら1万ちょっとの破格で手に入る逸品ですので、もしも HSO でそれなりのオーケストラに聴こえたら、市販のぶっ高いオーケストラ音源は特に必要ない事になります。<BR> <BR> 曲目はドヴォルザークの「新世界」より「家路」をチョイスしています。典型的なメロディー重視の楽曲で歌謡曲にも通ずるものがあります。ゆったりとしたスローテンポの曲ですので、下手に打ち込むとごまかしが効きません。<BR> <BR> 本日は第9回に入りまして、ついに、私が最も好きなフレーズに入ります。オーボエの孤独な鳴りとフルートの空気感がミックスされた切ない短調のメロディーで、思わず感情移入しそうになります(そうなってもらえたら造り手としては成功ですね)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/oboe.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/oboes.gif" alt="oboe" border="0" width="160" height="119" /></a><BR> <BR> まずは前座のホルンアンサンブルが響き(前回は<a href="http://http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-54.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)、曲の変わり目が訪れることを暗に示唆します。そして今までの暖かい主題のメロディーから打って変わってなんとも悲しいメロディーがフワッと浮き上がってくるイメージです。<BR> <BR> <BR> まずはやはりメロディーからご紹介していきます。フルートとオーボエはユニゾンになっています。フルートは左から、オーボエは右から聴こえるはずです。これは HSO のデフォルト設定です(通常のオーケストラの位置と同じ)。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110327)_2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> フルートとオーボエではオーボエのほうが楽器として線の細い音質ですので、ユニゾンにする場合オーボエがフルートに程良く包まれた感じになる音量の組み合わせを探すと良いと思います。今回は後半に行くほどフルートの割合を多くしてみました。また、お決まりのテクニックですが、2つの楽器の音の出をずらして打ち込み臭さを消すことも大切です。<BR> <BR> さて、2つの楽器では音量のダイナミクスはフルートの方が優れていて、クレッシェンドするとフルートの空気感がいっぱいに広がり始めます。この空気感は音楽に緊張感とスピード感を与えます。うまく使うと聴き手を引き込む力がありますので、盛り上がりの部分でこれが聴こえるように調整するといいですね。さらに、クレッシェンドの中で奏者がブレスを取るタイミングを考え、次の音に食いつくようなブレスを表現できるとリアリティが増すと思います(メロディーの頭から3小節目の3拍目)。<BR> <BR> 次に、演奏者がどのように演奏するか(指揮者がどのように指示するか)を考え、テンポを揺らします。通常、音楽が盛り上がる部分はテンポが速くなり、落ち着く方向に向かうに従って遅くなりますので、そのように抑揚をつけます。このメロディーの場合は各小節の1拍目と3拍目の最初の音を長く取る(テンポを局所的に遅くする)とより本物に近づくように思いますね。<BR> <BR> <BR> 続いて、伴奏となるヴァイオリンとビオラのトレモロを聴いてみてください。<BR> HSO にはトレモロ専用の音源があります。あのガサガサ言うヤツですね!ちょっと伴奏だけを切り出してみたので聴いてみてください。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110327)_StringsTremoro.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 伴奏はメロディーの邪魔をしないように入れていきます。最初の出の部分は小さめからふわっとメロディーを押し上げるように入れて、盛り上がりの部分ではメロディー楽器群の音量では足りないダイナミクスを補うために積極的に変化させます。盛り上がりが綺麗に立ち上がると、その効果で後のディミニエンドが儚く聴こえますね。<BR> <BR> 今回はメロディーと伴奏だけの単純なアンサンブルだったのですが、他のどの部分より時間がかかりました。テンポ調整は至難の業です。今日いいなと思っても次の日聴いたら保存し忘れたか?と思う出来だったりします。同じ音楽を長く聴いていると麻痺してしまうんですね。適度な休憩も打ち込みに必要な作業と考えます。<BR> <BR> 今回は参考までの本日お聴かせした部分のテンポ操作画面をご紹介します。青色のぐちゃぐちゃとなっているのがテンポです。揺れ動きながら山形を描いていると思いますが、ある程度規則正しくテンポがぐっと落ち込んでいると思います。これが1拍目と3拍目ですね。人間はこれを「感性」のひとことでやってのけるんだから恐ろしいです。音楽は頭で理解するんじゃなく体で感じるものなんですねぇ。。。今お兄さんいいこと言ったよ!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/OboeTempo.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/OboeTempo.jpg" alt="OboeTempo" border="0" width="520" height="336" /></a><BR> <BR> さて、次回はストリングスのピチカート奏法を聴いて頂けます。その名の通りピチピチ跳ねる奏法です。その上でクラリネット・オーボエ・フルートが寝そべります(どんな音楽だよ)。お楽しみに!<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-65.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。 <BR> <BR> 余談:オーボエ奏者の人って短気な人が多いそうですよ。オーボエは一生懸命空気を入れないと音が出ないので、頭に血が上って顔が真っ赤になるからです(笑)。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/56/clap" id="fc2button-clap-56" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-56").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/56/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
50

ピアノ専用音源 Ivory II Italian Grand

今日は私の愛用しているピアノ専用音源 Ivory II Italian Grand を紹介します。 まず、Ivory とは Synthogy 社が誇るピアノ専用音源のブランド名で、DTM の世界ではプロ・アマ問わず広く利用されています。その Ivory が 2010年にリニューアルして Ivory II となりました。リニューアルしても Ivory からの流れは変えておらず、ラインナップは以下の3つのままです。ですからアップグレードもスムーズに行なえます。 ①Ivory ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は私の愛用しているピアノ専用音源 Ivory II Italian Grand を紹介します。<BR> <BR> まず、Ivory とは Synthogy 社が誇るピアノ専用音源のブランド名で、DTM の世界ではプロ・アマ問わず広く利用されています。その Ivory が 2010年にリニューアルして Ivory II となりました。リニューアルしても Ivory からの流れは変えておらず、ラインナップは以下の3つのままです。ですからアップグレードもスムーズに行なえます。<BR> <BR> ①Ivory II Grand Pianos<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4ca5d7ccd0624_ILIVRMP2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4ca5d7ccd0624_ILIVRMP2.jpg" alt="IvoryIIGP2" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/ivory#1" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/ivory#1">http://www.minet.jp/synthogy/ivory#1</a> <BR> <BR> ②Ivory II Italian Grand<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4d674675c90f5_ILIVITFS2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4d674675c90f5_ILIVITFS2.jpg" alt="IvoryIIIG2" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand">http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand</a> <BR> <BR> ③Ivory Upright Pianos<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4c7e44a64fc6a_ILIVURP.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_4c7e44a64fc6a_ILIVURP.jpg" alt="IvoryUpright" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/uprightpianos" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/uprightpianos">http://www.minet.jp/synthogy/uprightpianos</a> <BR> <BR> ①Ivory II Grand Pianos はピアノの世界で有名な「Steinway D9' Concert Grand」「Bosendorfer 290 Imperial Grand」「Yamaha C7 Grand」の3つを揃えた Ivory II の代表製品です。<BR> <BR> ②Ivory II Italian Grand は Italian Grand と銘打って「幻のピアノ」と謳われた、とあるイタリアメーカーのピアノをモデリングした製品です。このピアノが何なのかは<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-13.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>を御覧ください。ビックリしますよ!<BR> <BR> ③Ivory Upright Pianos は趣向を凝らしてアップライトピアノをモデリングしたものです。世界的に有名な4種類の異なるアップライトピアノを集めた製品で、アップライトピアノにここまで力を入れたものは恐らく Ivory Upright Pianos のみではないでしょうか。<BR> <BR>  ・Modern Upright - Yamaha U5 upright<BR>  ・Vintage Upright - A 1914 A.M. Hume upright<BR>  ・Honky Tonk, Barroom Upright - 1915 Packard upright<BR>  ・Tack Piano - A genuine early 1900’s upright with real tacks in the hammers<BR> <BR> 例えばチャップリンの音楽のピアノや、ミュージカルに出てくるピアノ、ジャズピアノ等と言えばイメージしてもらえやすいかもしれませんね。これはこれでグランドピアノにはない魅力があります。<BR> <BR> 今回紹介したいのは、②の Ivory II Italian Grand です。ていうか、それしか持ってませんので。。。悪しからず。詳しく紹介したいので、数回のシリーズに分けて紹介していきますね!その他、質問があれば受け付けますよ~!<BR> <BR> 【目次】<BR> <BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-77.html" title="第1回:Ivory II Italian Grand の特徴"><u>第1回:Ivory II Italian Grand の特徴</u></a><BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-105.html" target="_blank" title="第2回:どんな音がするの?"><u>第2回:どんな音がするの?</u></a><BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-125.html" target="_blank" title="第3回:機能紹介"><u>第3回:機能紹介</u></a><BR>   第4回:音源比較(スペックと音)<BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-115.html" target="_blank" title="第5回:オススメの選び方と要求スペック"><u>第5回:オススメの選び方と要求スペック</u></a><BR>   <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-100.html" target="_blank" title="第6回:トラブルシューティング"><u>第6回:トラブルシューティング</u></a><BR> <BR> それでは次回をお楽しみに! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/50/clap" id="fc2button-clap-50" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-50").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/50/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
55

ピアノ犬

ま、また負けた、、、orz オペラ歌手を目指してるんですね。分かります。 よく見ると、この犬、間違いなく楽譜読んでます。 基本的に犬のほうが好きなんですが、ピアノは猫が似合いますね(こちら)。... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> ま、また負けた、、、orz<BR> <BR> <object width="480" height="390"><param name="movie" value="http://www.youtube-nocookie.com/v/PiblYasnzWE?fs=1&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube-nocookie.com/v/PiblYasnzWE?fs=1&amp;hl=ja_JP&amp;rel=0" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="390"></embed></object> <BR> <BR> オペラ歌手を目指してるんですね。分かります。<BR> <BR> よく見ると、この犬、間違いなく楽譜読んでます。<BR> <BR> 基本的に犬のほうが好きなんですが、ピアノは猫が似合いますね(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-51.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/55/clap" id="fc2button-clap-55" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-55").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/55/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
46

ピアノ音源比較(本気編)

前回、ピアノ音源比較と銘打って生音による音色の比較大会を開催しました(こちらから)。 で、大会の数日後、参加したある音源さんから相談を受けました。 「僕はまだ本気を出してないよ」 そうなんです。 各音源には独自のいろいろな機能が付属しているんです。 例えば QLPianos ならピアノのフタの開け閉め量の変更や、同じピアノをクローズ(ピアノのハコの中)、プレイヤー(演奏者の頭の位置)、ルーム(視聴者の... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1145444222.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1145444222s.jpg" alt="1145444222" border="0" width="116" height="159" /></a> <BR> <BR> 前回、ピアノ音源比較と銘打って生音による音色の比較大会を開催しました(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-27.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。<BR> で、大会の数日後、参加したある音源さんから相談を受けました。<BR> <BR> 「僕はまだ本気を出してないよ」<BR> <BR> そうなんです。<BR> 各音源には独自のいろいろな機能が付属しているんです。<BR> <BR> 例えば QLPianos ならピアノのフタの開け閉め量の変更や、同じピアノをクローズ(ピアノのハコの中)、プレイヤー(演奏者の頭の位置)、ルーム(視聴者の位置)で収録した音をミックスして深い響きを与えられる。そんな機能が付属しているんです。<BR> <BR> そこで今回は各音源が本気を出したらどうなる?と言うことで、各音源のもっとも美しい(と思われる)響きを比較して頂きたいと思います。<BR> <BR> それでは音源のエントリーです。<BR> 今回は各音源の皆さんにコメントを頂きました。<BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">No.1 HALion One - YAMAHA S90ES Piano</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOne.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALionOnes.jpg" alt="HALionOne" border="0" width="159" height="68" /></a><BR> Cubase を代表してワシの登場じゃ。<BR> 前回は Accoustic Piano じゃって不覚を取ったが、実はもっとええピアノがあってのぅ(忘れとったわ)。それがこの YAMAHA S90ES Piano じゃ。しかも、今回は親友の Cubase さんにお願いして、ええ感じの雰囲気を付けてもらったわい。ワシの懐の深さをとくと味わうがよいぞ。<BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">No.2 True Pianos - Diamond</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a><BR> Sonar さんからお願いされて出場する 4Front 社の True Pianos - Diamond です。私は物理モデリングとサンプリングの両方の技術を組み合わせて作られた軽量かつ高音質なピアノ音源です。今日は付属の総合音源から一歩踏み出した専用音源ならではの音色をお聴かせできたらと思います。Symphonic Resonance による複雑な響きも聴いて頂きたいですね。今回は皆さんで共通のリバーブをかけて頂く予定なのですが、私の音源内のリバーブが勝手に 100% かかってしまう不具合があり、ご一緒できません。大変申し訳ありません(皆さんも同じ症状になりませんか?デモ版だから?)。<BR> <BR> <strong><u><span style="font-size:large;">No.3 QL Pianos - Bosendorfer</span></u></strong><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20101226185117569s.png" alt="Quantum Leap Pianos" border="0" width="129" height="149" /></a><BR> ハリウッドから遥々やってきた EastWest の QL Pianos だ。<BR> 今日はハリウッドで培った録音技術をフルに活用して深く自然な響きを聴いてもらうよ。<BR> なんてったってリスナー、プレイヤー、ピアノ内の3つの位置で収録した音をミックスしてるんだから、普通の音源じゃ僕に叶うはずはないね!しかもピアノのフタは全開!悪いけど、優勝は僕のものさ。フッ。<BR> <BR> <u><strong><span style="font-size:large;">No.4 Ivory II - Italian Grand</span></strong></u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> Synthogy の Ivory II Italian Grand です。私は Piano 音源のみを研究・製作する Synthogy 社の最高傑作です。 ハリウッドだとか、いろんな音源のついでに収録したチャラチャラしたピアノ音源と一緒にして頂きたくありません。今日は「真のピアノ音源とはかく鳴るべし」と言う真髄をお聴かせできたらと思います。鍵盤を叩いた時のキーノイズ、ペダルを踏んだ時のペダルノイズ、そして Sustain/Symphonic Resonance、聴き所満載です。出来れば性能の良いスピーカーかヘッドフォンで聴いて頂きたいです。<BR> <BR> --------<BR> <BR> 比較条件:<BR> <BR> 全てのピアノは持てる機能を存分に使用します。<BR> ただし、リバーブのような空間系エフェクトはすべての音源で出来る限り統一して使用します(デフォルトでリバーブがかかってしまう TruePianos は除く)。また、ピーク時の音量は全て同じにしてあります。<BR> <BR> さて、それでは聴いて頂きますが、例によって<span style="color:#FF0000"><u><span style="font-size:large;"><u><strong>再生順番はランダム</strong></u></span></u></span>になっています。上の紹介順番ではありませんので注意してください。<BR> <div style="float:left;"> <BR> それではどうぞ!<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(IvoryIIV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(QLPianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(TruePianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(HALionOneV2).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> 分かりましたか?<BR> 解答は来週発表します。お楽しみに!!<BR> よろしければ投票にも参加してくださいね。<BR> →解答は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-59.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <SCRIPT type="text/javascript" charset="shift_jis" src="http://vote1.fc2.com/poll.php?uid=4676405&amp;mode=js&amp;no=1"></SCRIPT> <NOSCRIPT> <a href="http://vote1.fc2.com/" target="_blank">FC2投票</a> </NOSCRIPT> </div> <div style="float:left;"> <u>関連クイズ!</u><BR> 冒頭の卵の殻をかぶった少年、何だか分かりますか?<BR> 分かった方にはなんと! 300ポイント差し上げます!(笑)<BR> 分かる方はなかなかのピアノ通かも。。。(^ ^)/<BR> <BR> ヒント:○ル○マ○ <BR> </div> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/46/clap" id="fc2button-clap-46" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-46").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/46/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
54

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第8回)

震災の状況も改善方向の兆しが見え始めてきましたので、一刻も早い復興を祈りつつブログを再開します。改めまして被災者の皆様方にはお見舞い申し上げます。 もう説明の必要もないと思いますが、今回は第8回です。 お話が見えない方はこちらからお読みください。 前回はストリングアンサンブルを聴いて頂き(こちら)、ちょっとした打ち込みの技をご披露しました。今日は第1回から始まった最初の段落の締めくくりに... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> 震災の状況も改善方向の兆しが見え始めてきましたので、一刻も早い復興を祈りつつブログを再開します。改めまして被災者の皆様方にはお見舞い申し上げます。<BR> <BR> <BR> もう説明の必要もないと思いますが、今回は第8回です。<BR> お話が見えない方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011031701000530e.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011031701000530es.gif" alt="Horn" border="0" width="160" height="120" /></a><BR> <BR> 前回はストリングアンサンブルを聴いて頂き(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-52.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、ちょっとした打ち込みの技をご披露しました。今日は第1回から始まった最初の段落の締めくくりになります。<BR> <BR> 思い返せば、第一段落は、イングリッシュホルンのゆったりしたメロディーから始まって クラリネット・ファゴット・オーボエ・フルートの複合パートへとメロディーを引き継いで行きましたが、今回はその再現部になり初回とは異なるニュアンスで聴かせてくれます。<BR> 第3回~第5回でお聴かせしたメロディーラインと聴き比べてみると違いがわかって面白いかもしれませんね。<BR> <BR> 最後にゆったりとしたストリングを聴かせてくれて、次の段落へ向けてホルンのソリが入ります。今回の聴きどころは、ズバリこのホルンです!<BR> 今までホルン単体で聴いて頂いたことはないハズですので、HSO のホルンの音を聴いてみてください。高音部は少し薄い気がしますが中低音部のふくよかな音色がらしさを出していて私は結構気に入っています。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110315).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> 打ち込みについてですが、まずイングリッシュホルンの再現部については各音のアタックが強くならないように音の出だしの部分の音量を少し削ります。また、次の音とのつながりが不自然にならないように音の最後も滑らかに削ります。<BR> <BR> この削り取りの量なんですが、曲の雰囲気に合わせて全て変えるべきだと思います。<BR> ゆっくりと削ったほうが良い場合と、スッと落としたほうが良い場合があります。全ての楽器に言えることですが、演奏者の気持ちになって考えてみると分かりやすいと思います。<BR> <BR> バックで流れるストリングスもレガートですから音が切れないように同様の処理を行います。ストリングスの場合は複数楽器ですから、あえて音の出や切りのタイミングをずらしてやることも大切です。ストリングス単体で聴いてみて不自然さがなくなるまで調整を行い、その後にメロディーを乗せるとうまくいくと思います。<BR> <BR> さて、HSO の打ち込みをしている中で、ある重要な欠点に気付きました。<BR> この現象が、Vln solo long XSwitch_16 だけで発生するのかどうかは分かりませんが、小さな音量で鳴らしたとき、ソロ音源で xswitch であるにも関わらず後から入ってくる音があるということです。この遅れる音は、音量を下げれば下げるほど顕著に遅れる傾向があるようで、ピアニッシモを再現できません。<BR> <BR> 今回のフレーズの場合、クラリネットとファゴットのハーモニーが終わった後にストリングスのピアニッシモがありますよね。その最初の音の出なんですが、主旋律のバイオリンの音量変化がおかしいと思いませんか?急に大きくなったような。<BR> <BR> CC11 Expression はいじらず、Main Volume で音量変化をつけてみても同じ結果でした。<BR> HSO のストリングスには "Body" と "Air" と呼ばれるパラメータがあり、その名の通り楽器本来の音色と空気感をそれぞれ調整できる機能が備わっているのですが、この空気感の音が小音量の際に後から入ってきているように聴こえます。<BR> <BR> こういう細かな部分の完成度は HSO は今ひとつ(他の音源はわかりませんが)ですね。そこまで求めるのは酷かもしれませんが、ピアニッシモの部分は聴衆が聴き入る部分であり、非常に恥ずかしい事になりますので出来れば修正してもらいたいです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HornDTM.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HornDTM.jpg" alt="HornDTM" border="0" width="520" height="216" /></a><BR> <BR> さあ、最後にホルンについてですが、如何だったでしょうか?<BR> ホルン独特の暖かい感じが出ていましたか?暖かみを出すために音量を真ん中で膨らませています。つまり、ある1つのロングトーンに対して出と切りをいつも通り削り、真ん中を少しだけクレッシェンド・デミニエンドさせるのです。すると、ホルンらしさが増します。実際の演奏者も無意識にやっているのではと思います。<BR> <BR> それからホルンは大胆に音の出のタイミングをずらしています。2つの音がズレているのが聴き取れると思います。こうすることで不完全さが生まれて生っぽく聴こえませんか?<BR> <BR> さあ、次回は段落が変わりまして非常に切ない、オーボエとフルートのメロディーを聴いて頂きます。私がこの曲で最も好きな部分です。実は私がこの曲を選定したのはここをやりたかったからなんです。テンポが目まぐるしく変化する、打ち込みにとっては非常に厳しい部分です。お楽しみに!<BR> <BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-56.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> <BR> 余談:ホルンって、あのラッパの部分、くるくる回して外せるんですよ!!外したらかっこ悪っ! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/54/clap" id="fc2button-clap-54" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-54").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/54/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
53

東北関東大震災

皆さんご存知の通り、日本は今、東北関東大震災によって大変な事態になっています。 地震発生から5日経った現在、死者3771人、行方不明者7843人と、計1万人を越える被害が発生していますが、確認されていない方を含めるとその数はもっと多いものと推察されます。季節は3月と言えどまだ寒く、余震の影響も残り救援活動がスムースに進まない中、行方不明者の方にとっては厳しい状況が続きます。 また、福島原発... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 皆さんご存知の通り、日本は今、東北関東大震災によって大変な事態になっています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/110311_japan-quake.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/110311_japan-quake.jpg" alt="JapanQuake" border="0" width="520" height="293" /></a><BR> <BR> 地震発生から5日経った現在、死者3771人、行方不明者7843人と、計1万人を越える被害が発生していますが、確認されていない方を含めるとその数はもっと多いものと推察されます。季節は3月と言えどまだ寒く、余震の影響も残り救援活動がスムースに進まない中、行方不明者の方にとっては厳しい状況が続きます。<BR> <BR> また、福島原発は依然として予断を許さない状況が続いており、周囲の放射線量もマイクロオーダーからミリオーダーの数字が聞こえ始めています。ニュースでは時間当たりの放射線量を報道していますが、現実には放射線は休みなく放出される性質のものであって、累積的には人間が年間に許容可能な放射線量を超えてしまう真実が隠されています。<BR> <BR> 放射線物質の危険性についてはすでに各国が日本からの輸入品、入国者に対して検査を実施するようになっており、今後、日本からの輸出に大きなダメージを与える可能性が出てきました。原発事故レベルが更に引き上げられればこれらの状況はより悪化すると思われます。<BR> <BR> さらに、日本の主要工場がこぞって生産を中止したことで、世界の製造業に対しても影響が出始めています。 ご存知の通り、日本製のエレクトロニクス部品は高信頼性であることから世界の様々な製品に組み込まれており、あのペンタゴンですら日本製品への依存度に懸念を示すほどになっています。危機的状況は連日の円高傾向でも読み取ることが出来ます。保険各社が保険金の支払いに備えてドル資産を売却して円を買っているからです。<BR> <BR> 日本は何としてでもこの苦境を乗り切らなくてはなりません。<BR> <BR> 幸いにも過去最大とも言える100を超える国と10を超える国際団体からの支援の申し出があり救援の環境としてはある程度恵まれていると言えるかもしれません。これもひとえに日本が様々な国と地域にたいして継続して支援活動を行って来たからであり、中国でさえ国内調査では80%を超える人々が日本を救援すべきだとの見解を示しているとの情報もあります。<BR> <BR> また、原発事故に関しては非常に高い放射線放出量の関係で、直接的な冷却措置が取れない中、大型ヘリからのホウ酸の散布など、各国のリソースを活用した対策も講じられつつあるようです。<BR> <BR> しかし一方で問題なのは日本人の危機認識能力の欠如にあるかもしれません。<BR> <BR> 今日(こんにち)の日本人は私も含めて平和にどっぷりと溺れている状況であり、近くの県で原発事故が発生していても、その放射線が風に乗って大都会へ運ばれてきていても、どこか他人ごとのような、きっと誰かが解決してくれるだろうと言ったような現実感を喪失した印象を拭えません。<BR> <BR> 現在、福島原発はあの旧ソ連のチェルノブイリと同等レベル7の危険度へ到達する可能性も見えてきています。 放出されている放射線量はチェルノブイリのそれを超えているという報道もあります。しかし、現時点でも原発の半径20キロ圏内に立ち入り禁止の表示も検問されておらず、被災地の方でさえ「畑に水をやりに戻りたい」と言うような希薄な認識しか持ち合わせていない方もおられるようです。<BR> <BR> 再度、水素爆発が起こり燃料棒が溶けて原子炉圧力容器の底に落下したら、原子炉圧力容器や格納容器は1500度ぐらいで融解し、原子炉圧力容器の底は溶け落ちます。そうなれば大規模な水蒸気爆発を起こす可能性も否定できず、最終外壁も吹き飛ばして大量の放射能が放出されるかもしれません。<BR> <BR> 爆発が起きてからでは遅いのです!<BR> こんなブログを読んでいる場合ではないです。<BR> どこかの記事にありましたが、国も企業も個人も「無駄になってもいいから最悪の事態を想定して出来る限りの対策をすべき」だと思います。<BR> <BR> どうか周辺のみなさま、ご自分の命を大切にしてください。<BR> どうか一人でも多くの行方不明者の方が見つかりますように。<BR> どうか一人でも多くの命が救われますように。<BR> そして一刻も早い復旧を心より祈念しております。<BR> <BR> 私は当該地からかなり離れた場所にいるため直接的な支援が出来ません。<BR> 励ましの歌でも作ろうかと思いましたが、そんな冗長な雰囲気でもなく、結局、何かの足しになればと日本赤十字への義援金の寄付を行いました。<BR> 日本人ひとりひとりができる限りの対応をして、この苦境を一刻も早く乗り切りましょう!<BR> <BR> 参考記事:<BR> <a href="http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/865" target="_blank" title="http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/865">http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/865</a><BR> <a href="http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/201103140001/" target="_blank" title="http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/201103140001/">http://plaza.rakuten.co.jp/OmMaNiPadMeHum/diary/201103140001/</a><BR> <a href="http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110316dde012040006000c.html" target="_blank" title="http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110316dde012040006000c.html">http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110316dde012040006000c.html</a><BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/53/clap" id="fc2button-clap-53" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-53").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/53/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
51

ピアノ猫

ま、負けた、、、orz 何という愛くるしさ。何という才能。 完敗です。... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> ま、負けた、、、orz<BR> <BR> <object width="480" height="390"><param name="movie" value="http://www.youtube-nocookie.com/v/TZ860P4iTaM?fs=1&amp;hl=ja_JP"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube-nocookie.com/v/TZ860P4iTaM?fs=1&amp;hl=ja_JP" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="480" height="390"></embed></object> <BR> <BR> 何という愛くるしさ。何という才能。<BR> <BR> 完敗です。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/51/clap" id="fc2button-clap-51" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-51").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/51/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
52

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第7回)

HALion ファミリーである HALion Symphonic Orchestra(以下 HSO) を使用してどこまで本物らしいオーケストレーションが組めるか実験しています。今回は第7回目です。お話が見えない方はこちらからお読みください。 前回フルートの音色を聴いて頂きまして(こちら)、強弱の違いによる音色の違いを確認して頂きました。今回はストリングスです。オーケストラと言えばストリングですよね! そもそもストリングスというの... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> HALion ファミリーである HALion Symphonic Orchestra(以下 HSO) を使用してどこまで本物らしいオーケストレーションが組めるか実験しています。今回は第7回目です。お話が見えない方は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。<BR> <BR> 前回フルートの音色を聴いて頂きまして(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-45.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、強弱の違いによる音色の違いを確認して頂きました。今回はストリングスです。オーケストラと言えばストリングですよね!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/violin.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/violins.jpg" alt="violin" border="0" width="128" height="159" /></a> <BR> そもそもストリングスというのは楽器の名前ではなく、ヴァイオリンとかチェロとかいっぱい集まった弦楽器群の音色のことを指すんですね。HSO にはヴァイオリン・チェロ・ビオラ・コントラバスの4つの弦楽器の他にストリングスも収録されています。今回はこのストリングスの音色を使っていつもの曲(ドヴォルザークより新世界-家路)を組み立ててみたいと思います。<BR> <BR> 前回のフルートから始まるテーマの再現部が終わり、全体がディミニエンドしながら次のストリングスのメロディが浮かび上がってくるイメージになります。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110309).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> まず、4つの弦楽器が静かに立ち上がります。<BR> そこから主旋律となるヴァイオリンがフワッと浮かんできて、コントラバスのロングトーンを支えにして、他の副旋律を奏でる弦楽器とハーモニーを形成しながら流れていきます。1つの大きなフレーズの中で小さくクレッシェンド・ディミニエンドを効かせて曲を単調にさせず、飽きさせないように工夫します。<BR> <BR> また、同じフレーズが2度続くときは2回目をやや大きめの音量にして違いを見せることも大切です。これは音楽のジャンルを問わずに必要なテクニックですね。特にポップスなんかはAメロ・Bメロなど同じメロディーが繰り返されるパターンが多いので、2回目に楽器を追加したりアレンジを変えたりして面白みを出す工夫が必要です。<BR> <BR> お話しが戻って、クラシックの場合、単に音量を変化させるだけでなく、テンポも変化させます。フレーズが盛り上がる部分ではテンポを早くし、フレーズが終わりに近づくにつれてテンポをゆっくりにしていきます。そうすると味が出るんですね。ただし、この技、やり過ぎると田舎臭くなりますので、もうちょっと欲しいな!と思う手前で止めるのがポイントです(なかなか誘惑に負けて出来ませんが)。後半の方はテンポが変化している様子がよくわかると思います。<BR> <BR> これが聴いて頂いた部分とその周辺のテンポ編集の様子です。<BR> 聴いた限りではテンポに変化がないように聴こえても実際は鼻血が出るほど細かなテンポ調整をやっています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TempoArrange.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TempoArrange.jpg" alt="TempoArrange" border="0" width="520" height="305" /></a><BR> <BR> 全体的には、本物のオーケストラと比べると音の入りが揃いすぎている感がどうしても否めませんし、最後の部分がズーズー弁(音がテヌート調に聴こえて田舎臭くなること)でもう1工夫欲しいところではあります。<BR> <BR> さて、ここでもう1つ同じフレーズを聴いてみてください。<BR> どちらも HSO のヴァイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの4つです。<BR> 最初に聴いたフレーズとどちらが綺麗に聴こえますか?<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110309)_2.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 最初の方が音楽に艶があるというか、少し輝いて聴こえませんか?<BR> これは私があみ出した?技なんですが、主旋律となるヴァイオリンだけは "Violin Solo" を少しだけ混ぜるんです。<BR> <BR> 最初に書いた通り、ストリングスと言う楽器はなく、ヴァイオリンストリングスはヴァイオリンの集合です。ですからそこにヴァイオリンのソロ音源が入ってもおかしくないんです。ソロ音源はソロらしくビブラートをたっぷり効かせた印象的な音として収録されていますので、これを少しだけ混ぜることで全体が艶っぽくなるんです。<BR> <BR> この技はどんな音楽でも使えます。ポップスでもバックにストリングスを流すのはもはや定番とも言える手法ですよね。このストリングスの主旋にソロ音源を混ぜてみてください。特にボーカルの合間にストリングスが盛り上がる部分とか、ここはストリングスを聴かせたい!ってとこでストリングス全体の音量を上げながらソロを膨らませてみてください。<BR> きっと良くなりますよ!<BR> <BR> 次回は再びイングリッシュホルンの再現部に戻り、いよいよ次の主題へと移っていきます。<BR> ホルンのソリも出てきまして、またコレがなかなか良い味を出してくれます。お楽しみに! 次回はこちらから。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/52/clap" id="fc2button-clap-52" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-52").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/45.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/52/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
47

ブログとブラウザ

ブロガーの皆さん。こんにちは。 一昔前までブラウザーと言えば「Internet Explorer」でしたが、最近ではいろんな種類が増えてきましたね。 「Fire Fox」、「Google Chrome」、「Opera」、MAC ユーザなら「Safari」なんかもありますね。まぁ、Windows でも使えますが、、、 現在の日本におけるブラウザのシェアは、こんな感じみたいです(2009年12月現在)。 IE はトップを独走していますが、その割合は徐々に下げてい... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> ブロガーの皆さん。こんにちは。<BR> <BR> 一昔前までブラウザーと言えば「Internet Explorer」でしたが、最近ではいろんな種類が増えてきましたね。 「Fire Fox」、「Google Chrome」、「Opera」、MAC ユーザなら「Safari」なんかもありますね。まぁ、Windows でも使えますが、、、<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IE7-vs-Chrome-1-0-vs-Opera-9-62-vs-Firefox-3-0-4-vs-Safari-3-2-vs-Password-Security-2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IE7-vs-Chrome-1-0-vs-Opera-9-62-vs-Firefox-3-0-4-vs-Safari-3-2-vs-Password-Security-2.jpg" alt="browser" border="0" width="300" height="300" /></a><BR> <BR> 現在の日本におけるブラウザのシェアは、こんな感じみたいです(2009年12月現在)。<BR> IE はトップを独走していますが、その割合は徐々に下げているようです。Google Chrome は派手に宣伝してる割にはあまり使われてないんですね。<BR> <BR>  Internet Explorer 7 34.81%<BR>  Internet Explorer 8 20.82%<BR>  Internet Explorer 6 16.90%<BR>  Firefox 3 12.92%<BR>  Safari 4.00%<BR>  Sleipnir 3.79%<BR>  Chrome 1.96%<BR>  Opera 1.87%<BR>  Lunascape 0.83%<BR>  NetFront 0.41%<BR>  Internet Explorer 5 0.39%<BR>  Firefox 2 0.29%<BR>  不明 0.89%<BR>  その他 0.13%<BR> <BR> で、今日の話題なんですけど、ブラウザによってブログの見え方が違うってご存知ですか?<BR> 私も最近知りました。IE なんか IE7 と IE8 でも違うんですよ!近々 IE9 が出るみたいだからブロガーにとってはさらに大変!<BR> <BR> HTML プロトコルなんて RFC で規定されてるもんだから、誰がブラウザ作ってもおんなじ見え方になりそうなもんですが、RFC とは名ばかりで、現実の標準てなものはないようです。<BR> <BR> と言うことで私は IE の他に「Google Chrome」、「FireFox」、「Safari」、「Opera」をダウンロードして自分のブログがちゃんと表示されているか調べました。そしたら結構おかしい所があって、現在困っているところです。まぁ、現時点では IE に合わせるべきなんだろううか(余談ながら表示速度も結構違いますね)。<BR> <BR> で、特にヤバいのが音楽ファイルなんですが、DTM ブロガーの皆さんはブログ内で音楽再生を結構やりますよね。<BR> <BR> 私はブログを始めた当初、下のタイプのツールを使っていて、ブログ表示と共に勝手に再生されないように autostart="false" にしていたんです。でも Google Chrome は勝手に再生するんですよ!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20060703181030.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20060703181030.jpg" alt="audioplayer" border="0" width="308" height="30" /></a><BR> <BR> よく東方○起なんとかブログとか言って、入った途端に爆音ぶちまける非常識なブログがありますけど、故意ではないにせよ私も同じことをしていたとは、、、orz  大変残念で恥ずかしいです。 1.96% の Google Chrome ユーザの皆さん、大変ごめんなさいでした(って言うか Chrome が悪い!)。<BR> <BR> ちなみに Google Chrome はプレーヤーの表示もおかしいし、チェックボックスが表示されなかったりするし、速いだけで完成度は今ひとつのように思います。その他、アクセスカウンターがアクセスの度にカウントアップされるなどの症状もあるみたいですね。<BR> <BR> と言うことで、皆さんのブログも一度確認してみては如何ですか?<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/47/clap" id="fc2button-clap-47" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-47").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/47/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
44

オンキョーから10周年記念オーディオボード発売

SE-200PCI と言えばオンキョーの誇るデスクトップPC向けの高音質サウンドカードですが、3年ぶりに10周年記念として音楽再生品質を極限まで突き詰めたモデルが発売されるようですよ!その名も「SE-200PCI LTD TECHNOLOGY」。 見てください。 オンキョーの特許技術に「VLSC」回路って言う D/A 変換時に発生するパルス性のデジタルノイズを飛躍的に低減する技術があるんですが、この部分を銅製のプレートで完全にカバ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> SE-200PCI と言えばオンキョーの誇るデスクトップPC向けの高音質サウンドカードですが、3年ぶりに10周年記念として音楽再生品質を極限まで突き詰めたモデルが発売されるようですよ!その名も「SE-200PCI LTD TECHNOLOGY」。<BR> <BR> 見てください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232348206.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232348206.gif" alt="se200pciltd_main" border="0" width="500" height="370" /></a><BR> <BR> オンキョーの特許技術に「VLSC」回路って言う D/A 変換時に発生するパルス性のデジタルノイズを飛躍的に低減する技術があるんですが、この部分を銅製のプレートで完全にカバーして PC からのノイズをシャットアウトしようって言うんだから、凄い!音楽のファイヤーウォールや!(意味不明)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232435481.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110223232435481.gif" alt="tech_02" border="0" width="175" height="175" /></a><BR> <BR> コンデンサ類に高音質パーツを使うのはもはや当たり前で、新たに試聴と改良を重ねて部品メーカーと共同開発した AUDIO コンデンサーを回路全般に渡って搭載するという徹底ぶり。10周年記念だからできるバブルを彷彿とさせる開発です。<BR> <BR> さらに見てください。<BR> 中央にあるドでかいコンデンサ。暇なときに PC の電力をたらふく蓄えといて大音量が必要になったらここからいつでも好きなだけ使えますよ、ってことですよ。音楽の元気玉です(意味不明)。いつでも出てこいやーの高田総帥です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102232325113f2.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201102232325113f2.gif" alt="tech_04" border="0" width="175" height="175" /></a><BR> <BR> もちろん ASIO4ALL と併用できるのでレイテンシが気になる DTM/DAW ユーザも安心して使えるでしょう。ちなみに ASIO4ALL を導入するもう1つの利点として、Windowsのカーネルミキサーをバイパス出来ることによる高音質化があります。<BR> <BR> 私の PC 環境は未だに Windows XP なのでよく分かりませんが、Windows Vista 以降では Windows Audio Session API と呼ばれる ASIO と同等のドライバが提供されているらしいです。つまり、Vista 以降はこれに対応したプレーヤーで再生すれば ASIO4ALL による高音質化のメリットはない?と言うことになりそうですか。<BR> <BR> 閑話休題。<BR> <BR> SE-200PCI は良く PRODIGY の HD2 ADVANCE と音質比較されますね。<BR> ネットで漁ると SE-200PCI は良い味付けのしてある音、PRODIGY HD2 ADVANCE は原音に忠実と言うことで、DTM/DAW ユーザは後者のほうが良いかもしれませんが、HD2 ADVANCE と ASIO4ALL は相性が悪く、個人的にはあまりお勧めしません。<BR> <BR> そうなるとやっぱり SE-200PCI LTD が気になりますね。PRODIGY と違って日本メーカーですし。機会があれば買ってみたいな。。。SE-200PCI の市場評価は相当高いですから、その LTD バージョンである本製品が期待を裏切ることはないでしょう。<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/44/clap" id="fc2button-clap-44" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-44").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/44/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
48

AKG K702 ヘッドフォン

DTM をする上で必要となるのがモニター環境ですが、モニタースピーカーは値段が高い上にオーディオインターフェースも必要、その上、置き場所に困る。。。 そんな悩みを解決してくれるのがヘッドフォンです。 今日はそんなヘッドフォンの中で全領域フラットなモニタ用ヘッドフォン、AKG K702 を紹介します。日本では赤毛の名称で親しまれています(AKG をドイツ読みするとアーカーゲーなので)。 音楽の本場オーストリ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> DTM をする上で必要となるのがモニター環境ですが、モニタースピーカーは値段が高い上にオーディオインターフェースも必要、その上、置き場所に困る。。。<BR> <BR> そんな悩みを解決してくれるのがヘッドフォンです。<BR> 今日はそんなヘッドフォンの中で全領域フラットなモニタ用ヘッドフォン、AKG K702 を紹介します。日本では赤毛の名称で親しまれています(AKG をドイツ読みするとアーカーゲーなので)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/08b690cf8e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/08b690cf8es.jpg" alt="08b690cf8e" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <BR> 音楽の本場オーストリア製で、DTM ユーザにも、そうでない方にもオススメの逸品です!<BR> 1年ぐらい使用してエージングも済んで馴染んできましたので使用感や長所・短所などお話しします。<BR> <BR> <BR> <strong><u>どんな音がするの?</u></strong><BR> <BR> ひとことで言えば「何でもこなす上品な優等生」。<BR> <BR> プロフェッショナルスタジオモニター・オープンヘッドフォンと銘打つだけあって全領域フラット。ワイドレンジで再生能力が高いのですが、すべての領域の音を誇張せず、包み隠さず、あるがままに聴かせてくれます。<BR> <BR> 特に印象的なのは低域と高域で、低域は通常の家庭用スピーカーでは聞き取りづらい音も必要十分な量で再現されますし、高域も綺麗に伸びていて輝いているように聴こえます。ですから音楽を聴いた際に広大な音場空間を感じられます。<BR> <BR> DTM ユーザであればピアノなどいろいろな音源を単音で聴くことが多いかと思いますが、その際にも特定の音域に対してアンプで膨らませたような(いかにもスピーカーから再生されているような)嘘くさい音がすることは一切無く、全領域に渡って自然な音を聴かせてくれます。本当にモニター用としては最適だと思います。<BR> <BR> ピアノは楽器の王様と呼ばれ、最も再生範囲の広い楽器です。私は Ivory II Italian Grand と言うピアノ音源を使用して最低域から最高域まで1音ずつ AKG K702 の鳴りを確かめたことがありますが、初めて聴いたときにはその恐ろしいまでの自然さと生々しさに鳥肌がたったほどです。スピーカー環境も構築していますが、ここまでのリアルさは表現できません。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a><BR> <BR> 分解能もヘッドフォンの中では高い方で、低域・高域の伸びの中に今まで聴こえなかった音を発見できる場合が多いです。ただし、これは全てのヘッドフォンに言えることですが、ヘッドフォンの性質上、スピーカーの分解能には及ばないと思います。<BR> <BR> 音質上の欠点を挙げるとすれば、全ての領域がフラットであることで逆に物足りなさを感じる音楽があると言うことです。特に低域を重視される方も多いと思われますので、そのような場合には不足感を感じます。これはそのような再生を意図していないわけですから仕方のないことではあります。<BR> <BR> <BR> <strong><u>製品としての良い点・悪い点</u></strong><BR> <BR> AKG K702 はプロ業務用ヘッドフォンです。ヘッドフォンの左耳の部分に3芯のミニ XLR プラグを挿し込むようになっており、ケーブルとヘッドフォンを分離できます。これはケーブルを別の高音質品に変更できることを意味しています。オヤイデやオーグラインのような高級ケーブルに変更することでさらに音質を上げることが出来るようになっています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07673.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07673s.jpg" alt="DSC07673" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> ケーブルは3メートルと長く、かなり遠くまで移動することが可能です。ただし、コレは欠点でもあり、ケーブルに躓いたり踏んづけたりします。ケーブル交換をするなどして、自分にあった長さに調整しましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07670.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07670s.jpg" alt="DSC07670" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> さらにケーブルの反対側はこのように 6.3mm ステレオプラグと 3.5mm ステレオミニプラグの両方が使えるようになっています(どちらも同梱されています)。ステレオプラグをくるくる回して外すとミニプラグが出てきます。これは非常に便利です!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07671.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07671s.jpg" alt="DSC07671" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> インピーダンスは 62Ωと比較的高く、PC のオンボードイヤホン端子から再生するのは厳しいです(再生されますが十分にドライブできない)。別途サウンドカードやオーディオインターフェース等の購入をお勧めします。<BR> <BR> また、AKG K702 は最近はやりの開放型ヘッドフォンで、反対側から音が漏れるようになっています。これにより密閉型ヘッドフォンにはない音抜けの良さを実現しています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07674.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07674s.jpg" alt="DSC07674" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> どれぐらい音が漏れるかですが、心配しなくても聴いている音量と同じぐらい漏れたりはしません。音量を大きくして太腿にあてて聴いてみたところ、主観ですが音量は聴いている音量の10分の1ぐらいで低音よりも高音が比較的よく漏れます。大音量なら周りには何を聴いているかははっきり聴こえますので、間違っても電車の中などで聴く用途には向きません。中程度の音量でも傾向に変わりはありませんでした。<BR> <BR> <BR> <strong><u>デザインの良し悪し</u></strong><BR> <BR> AKG K702 ヘッドフォンはプラスチック製です。木目調のような高級感はありませんが、上質なプラスチックを使用しており、安っぽさとは無縁です。耳の周りにあたる部分は柔らかいクッション素材を使用しており違和感なく装着することが可能です。また、このクッション部分は軽く左に回すと簡単に外せるようになっており、洗濯が可能です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07679.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07679s.jpg" alt="DSC07679" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> ヘッドに当たる部分はこのように特殊なコブ状の形状になっています。人間工学に基づいたものらしいのですが、若干固めでネット上での評判も悪く、長時間装着が厳しい方もおられると思います。ただこれは次に紹介するゴムのせいであって、コブのせいではないと私は思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07676.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07676s.jpg" alt="DSC07676" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> このヘッドフォンで唯一許せないのが、下の写真のこのゴムの部分。片方上下2本出ているのが分かりますでしょうか。ヘッドフォンの高さを調整する機能を持っているわけですが、別にゴムのデザインがダサいと言うわけではありません。キツイんです。ゴムがキツイのでコブが頭に刺さる感じがしてとても長時間装着していられません。「AKG のヘッドフォンはハゲる」と言われる所以はここにあります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07677.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07677s.jpg" alt="DSC07677" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> 私の場合1時間は無理でした。みなさんにも当てはまる方がおられると思います。対策として、私はビニールバンドを使ってゴムが伸びきった状態で留めて使用しています。これで何時間でも装着していられるようになりました。下の写真の感じです。AKG ロゴの上側の黒いビニールバンドです。ダサいでしょ!かわいいヤツです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07675.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07675s.jpg" alt="DSC07675" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> <BR> <strong><u>向いている音楽・人</u></strong><BR> <BR> 初めに紹介した通り、AKG K702 は全領域フラットなモニタ用ヘッドフォンです。<BR> <BR> その基本性能の高さから普段イヤホンや簡易ヘッドフォンを使用されている方は確実に低音・高音が増した感じがするでしょう。逆に、音楽に躍動感や迫力を求める味付けされたヘッドフォンを使用されている方は低域に物足りなさを感じるかもしれません。<BR> <BR> 音楽ジャンルで言えば、ジャズやクラシックのような音の質を求めるタイプの音楽には最適で、ロックやメタル系のような量を求めるタイプの音楽には不向きだと言えます。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ot3l5NZu.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ot3l5NZus.jpg" alt="Ot3l5NZu" border="0" align="left" width="135" height="160" /></a> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_f278_ph01.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_f278_ph01s.jpg" alt="FAZIOLI" border="0" width="160" height="129" /></a><BR> <BR> DTM/DAW のような打ち込み、音楽制作、音響・音効等に関わりのある方にも最適なリファレンスヘッドフォンであるとも言えます。実際私は DTM をやっていますが、スピーカーでよしと思っったミックスを K702 で聴くと、音楽のつなぎ目の部分が荒かったり、全体の音量バランスが不自然だったりして焦ることもシバシバあります。逆に K702 でよしとしたミックスをスピーカーで聴いて、それほど不自然だと感じたことはありません。<BR> <BR> 私の友人もこのヘッドフォンを一度貸してあげたら、次の日、すぐに注文してました(笑)。<BR> <BR> ヘッドフォンは大切にすれば10年以上長く使えるものです。ですから多少高くでも良いものを選ぶべきではないでしょうか。AKG K702 は価格以上の価値を十分に発揮してくれる逸品であると私は確信できます。それに国内メーカーの高級ヘッドフォンと比較してもそれほど高くないんですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07659.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07659s.jpg" alt="DSC07659" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> 最後に、ヘッドフォンは大音量で聴くと耳が悪くなります。大音量での長時間の視聴は避け、適切な音量で聴くように心がけましょう。何でもピアノ調律師の資格を取るにはヘッドフォンを大音量で長時間聴いてはいけないというような研究もあるようで、ゆっくりと聴力が奪われていくようです。まぁ私は子供の頃からヘッドフォンをガンガンにかけてましたので、後の祭りですが。。。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07680.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/DSC07680s.jpg" alt="DSC07680" border="0" width="159" height="119" /></a><BR> <BR> それでは。<BR> </div> <BR> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/48/clap" id="fc2button-clap-48" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-48").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/48/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
45

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第6回)

このテーマ、すでに第6回を迎えているのですが、FC2 サーバにアップできるデータサイズの関係でなかなか前に進めていません。そこで、本日からは巻いて進めていきたいと思います。お話が見えない方はお手数ですが、こちらからお読みください。 前回、イングリッシュホルンのソロが終わりまして(こちらから)いよいよ次はフルートの音を聴いて頂けます。実際に打ち込んでみて、なかなかいい音で気に入っています。 ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> このテーマ、すでに第6回を迎えているのですが、FC2 サーバにアップできるデータサイズの関係でなかなか前に進めていません。そこで、本日からは巻いて進めていきたいと思います。お話が見えない方はお手数ですが、<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお読みください。 <BR> <BR> 前回、イングリッシュホルンのソロが終わりまして(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-38.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)いよいよ次はフルートの音を聴いて頂けます。実際に打ち込んでみて、なかなかいい音で気に入っています。 <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/flute.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/flutes.jpg" alt="flute" border="0" width="148" height="160" /></a><BR> <BR> さて、その前にまず今日は皆さんに告白しなければならないことがあります(「好きです」って言うわけじゃないですよ)。第1回の時に耳コピで作成していると書きましたが、確かに耳コピでやっていたんですが、えっと、その、あのー、何ていうか、体力の限界というか、だんだん分からなくなってきたというか、そのー、、、スコア、買いました。orz <BR> 最後まで耳コピで行ければ凄かったんでしょうけど、ここでドーピング宣言です。 <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4276482143.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4276482143s.jpg" alt="dovrak" border="0" width="112" height="160" /></a><BR> <BR> 閑話休題。 <BR> <BR> 今日紹介する部分は、第1回で聴いて頂いたイントロ部分の再現部です。第1回では金管を主体とするイントロでしたが、今回は木管楽器主体でまた印象が異なります。 <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo(20110227).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。<BR> loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。<BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <a href="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#" target="_blank" title="http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#">http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#</a><BR> <BR> (2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> ■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a> <BR> <BR> まずクラリネットとファゴットのアンサンブルから入るのですが、この2つの楽器が同じメロディーを2回演奏します。このときの音量を CC11(Expression) で変更しているのですが、音量の大きな1回目と小さな2回目でクラリネットの音色が異なっていることが分かりますか?単純に音量を下げた場合と比べて表現性がアップしていると思います。このあたりを表現できるところが HSO の素晴らしいところです。 <BR> <BR> その後、チェロが低音から盛り上がってきまして1つのフレーズの中でフルートと入れ替わります。ここの切り替わりの部分も聴いて頂きたいポイントの1つです。スムーズな入れ替わりに聴こえるでしょうか? <BR> <BR> そしてお待ちかねのフルートです。正確にはフルート・オーボエ・クラリネット・ファゴットの4つがいるのですが、いろんな音を聴いて頂きたいのでフルートを主役にしてみました。各楽器はビブラートも収録されていますので、打ち込みは棒線一本引っ張るだけで自然なビブラートをかけてくれます。分かりにくいですが、フルートも後半のクレッシェンド部で音色が変化していっています(エアー音が増してくるのが聴こえます)。 <BR> <BR> 最後に金管が加わって、最初のイントロの再現が完了します。 <BR> <BR> 余談ですが、私は HSO のトランペットの音が嫌いです。恐らく唯一トランペットが嫌いだと思います。 他の楽器に比べてチューニングが低い気がするし、他の楽器との混ざりがあまりよくないような気がします。 <BR> <BR> このテーマに取り組むことで HSO の色々な楽器に触れることが出来、普段気付かないような発見や、また収録の粗さなどに気が付けて面白いです。 曲はこれで 1/5 程度紹介できた事になります。まだまだですが、ダレないように次回からも巻いていきますね! <BR> <BR> 次回はストリングアンサンブルです。綺麗に聴かせるためのちょっとした技がありますのでお楽しみに! <BR> こちらから!<BR> <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/45/clap" id="fc2button-clap-45" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-45").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/45/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
49

涙した本 - 犬たちをおくる日

多くは語りません。 飼い主の手によって保健所に送られ、虚しくもその生涯を閉じる犬たちを描いた実話です。 この本は平易な漢字を除く全ての漢字にふりがなが振ってあります。   「一人でも多くの人にこの現実を知ってもらいたい」 作者の強い思いを感じました。... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:3em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <BR> <BR> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011030219084420d.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011030219084420ds.jpg" alt="犬たちをおくる日" border="0" width="160" height="160" /></a><BR> <BR> 多くは語りません。<BR> <BR> 飼い主の手によって保健所に送られ、虚しくもその生涯を閉じる犬たちを描いた実話です。<BR> <BR> この本は平易な漢字を除く全ての漢字にふりがなが振ってあります。<BR> <BR> <BR>   「一人でも多くの人にこの現実を知ってもらいたい」<BR> <BR> <BR> 作者の強い思いを感じました。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/49/clap" id="fc2button-clap-49" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-49").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/49/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。