カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
101

music演人(エンジン)って?

こんにちは。 今日は music演人(エンジン)って言う音楽 SNS を紹介したいと思います。なんでも最近出来た SNS で、登録メンバー同士で曲を重ねたり(セッション)してバンド演奏をしたりとか交流を深めるサイトみたいですね。まずはセッションを追加するか既存のものを選択して、自分の担当したい楽器を選択。いろんな人が参加してきていろんなパートを担当してくれれば、場所は離れていてもバンドが組めたりとエキサイ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/0808-8.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/0808-8s.jpg" alt="music_engine1" border="0" width="159" height="146" /></a> <BR> <BR> 今日は music演人(エンジン)って言う音楽 SNS を紹介したいと思います。なんでも最近出来た SNS で、登録メンバー同士で曲を重ねたり(セッション)してバンド演奏をしたりとか交流を深めるサイトみたいですね。まずはセッションを追加するか既存のものを選択して、自分の担当したい楽器を選択。いろんな人が参加してきていろんなパートを担当してくれれば、場所は離れていてもバンドが組めたりとエキサイティングな体験が出来そうです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110817_1997812.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110817_1997812.jpg" alt="music_engine2" border="0" width="184" height="138" /></a> <BR> ■music演人<BR> <a href="http://musicengine.jp/" target="_blank" title="http://musicengine.jp/">http://musicengine.jp/</a><BR> <BR> 提案元はパイオニアです。以下、ニュースの全文を。<BR> <BR> ----------<BR> <BR> パイオニア、楽器演奏を共有できるSNS「music演人」のベータ版を公開<BR> <BR> パイオニア株式会社は、楽器演奏ソーシャルメディア「music演人(engine)」のベータ版をWebサービスとして公開した。利用料は無料で、ベータ版の公開期間は2012年3月31日までを予定している。<BR> <BR> 同サービスはWebを通じて楽器の演奏を共有し、セッションを楽しめるSNS。ほかの人が演奏したファイルに自分の演奏パートを重ねたり、自分の演奏をアップロードしてほかの人に演奏を重ねてもらったりすることが可能で、自宅にいながらバンド活動のように楽器演奏を楽しめる。<BR> <BR> 「セッション(曲目やテンポ、リズムなど合奏を行うためのルール)」や「バンド(個人の演奏の組み合わせ)」、「パート(個人の演奏)」に対してコメントを投稿することが可能で、Twitterへの投稿も可能だ。メンバー同士でメッセージの送受信も行える。また、友人や仲良くなったメンバーを「フレンド」として登録することも可能だ。さらに、一部の楽曲については楽譜を表示することもできる。<BR> <BR> エレキギターやエレキベース、キーボードなどのライン接続できる楽器だけでなく、ピアノやアコースティックギターなどライン接続できない楽器についても、マイクを使ってPCに音を入力することにより同SNSに参加することが可能。対応ブラウザはGoogle Chromeのみとなっている。<BR> <BR> ----------<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110831215433acd.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110831215433acds.png" alt="music_engine3" border="0" width="159" height="128" /></a> <BR> <BR> 試しにユーザ登録だけしてみました。登録は Yahoo, Google, mixi のアカウントを流用できるようでこれらのどれかをお持ちの方は他のユーザ登録するより簡単に登録できてしまいます。ちなみに閲覧できるブラウザは Google Chrome だけだそうで、現在のブラウザ勢力分布を無視した設定になっています。こりゃユーザ数増えるのに時間がかかるでしょうね。<BR> <BR> ログインした画面はこんな感じ。まだβ版であるからか閑散としていてちょっと寂しい感じですね。まぁ、私も何の曲も登録してませんけど。。。動作も不安定なのも痛い。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/0808-6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/0808-6.jpg" alt="music_engine4" border="0" width="520" height="238" /></a> <BR> <BR> で、これって冷静に考えてどうなんですかね?まず、流行るか流行らないかで考えると、障壁は高そうな気がします。現時点ではセッションを作成するときにテンポや拍子も一緒に登録するのですが、つまり、テンポや拍子は途中で変更できない。これは音楽を少し限定しますね。特にブラスバンドやオーケストラ系はほぼ不可能かと。<BR> <BR> また、演奏にはそれぞれレベルがあると思うのでレベルが合わなくて苦しむケースも見られそう。メンバーの入れ代わりなど新陳代謝を繰り返してメンバー全員が納得いくグループが作れるまでどれほどかかることか。それにミキシングとかマスタリングとかどうするんでしょうね。<BR> <BR> 色々課題はあると思いますが、アイデアとしては面白いですよね。私のようなオーケストラ系の打ち込みもする人間はポップスなんかのバックで流れるストリングスなんか担当してあげると結構喜ばれるような気がします。まぁ、人柱になる方も出てくると思いますが、温かく見守っていきたいと思います。<BR> <BR> みなさんも新しい形のセッション(バンド)、組んでみませんか?<BR> 開発者の方のブログが同じ FC2 にあるようですので一緒に紹介しておきますね。<BR> <BR> ■music 演人(開発ブログ)<BR> <a href="http://musicengine.blog.fc2.com/" target="_blank" title="http://musicengine.blog.fc2.com/">http://musicengine.blog.fc2.com/</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/101/clap" id="fc2button-clap-101" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-101").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/101/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="//media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
97

Synthogy Ivory II v2.0.3(Win) / v2.0.5(Mac) アップデート リリース

2011年7月に Ivory II v2.0.5(Mac)、2.0.3(Win)がリリースされています。 Ivory IIをお持ちの方は、無償にてアップデートできるようですね。 主な変更点は以下の通りです。 ・より多くのVST ホストアプリケーションへの対応 ・iLokドライバーのアップデート ・Tunig Table、Sympathetic Resonanceチューニング、Silent Keyスレッショルドなどの改良 ■ダウンロード方法 Synthogy社のダウンロードページよりダ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/downloadsLogo.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/downloadsLogo.jpg" alt="Synthogy" border="0" width="512" height="171" /></a> <BR> <BR> 2011年7月に Ivory II v2.0.5(Mac)、2.0.3(Win)がリリースされています。 <BR> Ivory IIをお持ちの方は、無償にてアップデートできるようですね。<BR> <BR> 主な変更点は以下の通りです。<BR> <BR> ・より多くのVST ホストアプリケーションへの対応<BR> ・iLokドライバーのアップデート<BR> ・Tunig Table、Sympathetic Resonanceチューニング、Silent Keyスレッショルドなどの改良<BR> <BR> <BR> ■ダウンロード方法<BR> <BR> Synthogy社のダウンロードページよりダウンロードが行えます。<BR> <a href="http://www.synthogy.com/pages/download.html" target="_blank" title="http://www.synthogy.com/pages/download.html">http://www.synthogy.com/pages/download.html</a><BR> <BR> Mac 版と Windows 版でタブが分かれていますので注意してください。70MB 以上あるので、間違ってダウンロードすると精神的に痛手を蒙る可能性があります(笑)。Synthogy のホームページは分かりづらいですよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/V203.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/V203.png" alt="V203" border="0" width="520" height="337" /></a> <BR> <BR> 早速ダウンロード&インストールしてみましたが、まぁ、そんな劇的な変化はないです。ただレゾナントの種類は増えたような気がするなぁ。<BR>それにしても Mac 版で 2,0.5 って Windows 版はどうするつもりなんだろうか。Mac 固有の不具合を直しただけなのかなぁ。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/97/clap" id="fc2button-clap-97" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-97").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/97/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
100

ハーフペダルが使えない!(トランスフォーム機能)

ピアノには3つのペダルがあり、一番右側がサスティーンペダルと呼ばれ、弾いた音を伸ばすことが出来るのは皆さんご存知の通りです。ピアノの演奏経験が浅い方はペダルは踏むか離すかのどちらかのような使い方をしてしまいますが、経験が増えるにつれ、このペダルをコントロールしてサスティーンをコントロール出来るようになります。 Ivory II に代表される(高級?)ピアノ音源も、こういったペダル操作を反映できる機... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> ピアノには3つのペダルがあり、一番右側がサスティーンペダルと呼ばれ、弾いた音を伸ばすことが出来るのは皆さんご存知の通りです。ピアノの演奏経験が浅い方はペダルは踏むか離すかのどちらかのような使い方をしてしまいますが、経験が増えるにつれ、このペダルをコントロールしてサスティーンをコントロール出来るようになります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_pedal.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/gp_pedal.jpg" alt="gp_pedal" border="0" width="260" height="150" /></a> <BR> <BR> Ivory II に代表される(高級?)ピアノ音源も、こういったペダル操作を反映できる機能が搭載されていまして、これはハーフペダリング機能と呼ばれています。DTM/DAW では、サスティーンペダル機能は MIDI コントロール上 CC 64 にデフォルトアサインされていて、どの DTM/DAW ツールを使っていても同じではないかと思います。<BR> <BR> さて、Cubase も当然ながら CC 64 にサスティーンがアサインされているのですが、余計なおせっかいと言うか何と言うか、Cubase ではこの CC 64 は 0 か 127 のどちらかの値しか入力できないようになっています。これではピアノ音源にせっかくハーフペダリング機能が搭載されていても Cubase のせいで入力できないことになってしまいます。<BR> <BR> 今日はその解決方法をご紹介したいと思います。その名も「トランスフォーム機能」!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011082421013003a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011082421013003a.jpg" alt="trransformer_movie" border="0" width="450" height="278" /></a><BR> え~っと、それはトランスフォーマー!<BR> <BR> 余談はさておき、この機能はその名の通り、あるものを別のものに変換してしまう機能なのですが、その1つに MIDI CC があります。つまり簡単に言うと、ピアノを弾いて演奏を生打ち込みするときは、CC 64 に送られてくるサスティーンペダル情報を別の 0~127 まで値を自由に入力できる CC に変換して記録し、再生時には逆にこの信号を CC 64 に戻して音源側に送ってやることが出来れば、この問題は解決すると言うことです。<BR> <BR> まずは MIDI トラックを1つ用意します。<BR> ここでは CC 64 を CC 50 に変換する方法を紹介します。CC 番号は好みですので、お好きな番号を使用してください。<BR> <BR> ■CC 64 入力信号を別の CC に変換する方法<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformer.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformers.png" alt="Transformer" border="0" width="160" height="119" /></a> <BR> <BR> 対象としたい MIDI トラックを選択し、画面のこのボタンを押して「このトラックのみ」を選択します。するとこのような画面が出てくるはずです。画面は上下で半分に分かれていますが、上は変換元、下が変換先と考えればよいです。まずは変換元である上半分から設定していきましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerInput.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerInputs.png" alt="TransformerInput" border="0" width="159" height="82" /></a> <BR> <BR> まず、上半分の左下にある「+」ボタンを押します。するとタイプが1行追加されるはずです。ここで「フィルター対象」に「タイプ」を選択します。そして「条件」は「等しい」のままにして「パラメーター1」に「コントローラー」を選択します。<BR> <BR> 次にもう1回上半分の左下にある「+」ボタンを押します。すると2行目が追加されます。今度は「フィルター対象」に「値1」を選択します。すると表示が「MIDIコントロール番号」となりますよね。そしてそして「条件」は「等しい」のままにして「パラメーター1」に「CC 64」と入力します(単に 64 でも OK です)。<BR> <BR> この意味なんですが、変換対象となる条件を「+」ボタンで追加していると言うことです。まず1行目で変換対象を「コントローラー」に絞り込みました。そして2行目でさらにコントローラーの中の「CC 64」のみを対象とするように絞り込んだのです。もし、絞込みじゃなくて○○のときと△△のときの両方と言うような設定にしたい場合は、右端の「ブール」を「Or」に設定します。<BR> <BR> さて、次に変換先(画面下半分)の設定です。上で選択した CC 64 を何に変換するかを指定します。まず、同じ要領で画面左下の「+」をクリックして行を追加します。そして「実行対象」に「値1」を、「操作」に「値を固定」を、「パラメーター1」に「CC 50」を設定します。意味は分かりますよね。上半分で指定した CC 64 が「CC 50 に値を固定される」ように指定したと言うことです。<BR> <BR> 「操作」では他にもいろんなことが出来そうですね。例えば入力信号が小さいときに常に値をいくらか足すとか、ランダム機能を使って毎回異なる音を出すとか色々ありそうです。<BR> <BR> ■ある CC の信号を CC 64 に変換して出力する方法<BR> <BR> CC 64 入力信号を別のものに変換できたなら、その逆も簡単ですよね。ただし、出力の場合は設定する場所が違います。出力の設定はインスペクタの MIDI インサートタブから行います。まずは MIDI インサートに「Transformer」をインサートしてください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformer2.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Transformer2s.png" alt="Transformer2" border="0" width="160" height="137" /></a><BR> <BR> そして、"e" ボタンを押すと、似たような画面が出ます。設定の方法は上で説明したのと逆をやればいいわけですよね。CC 50 を CC 64 に変換する。練習も兼ねてやってみてください(と言っても画像に答えが出ているような気が、、、)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerOutput.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/TransformerOutputs.png" alt="TransformerOutput" border="0" width="160" height="75" /></a> <BR> <BR> ----<BR> <BR> これで、あなたのペダル操作に合わせて音源がハープペダルを認識し、今までなかったようなサスティーンが聴けるようになるでしょう。最後に Ivory ユーザさんにもう1つ情報です。Ivory の場合はこの画面で「Half Pedaling」機能を on にしていないとダメですよ! お忘れなく!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HalfPedaling.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HalfPedalings.png" alt="HalfPedaling" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/100/clap" id="fc2button-clap-100" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-100").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/9.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/100/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
99

音楽コミュニティ MUSIC TRACK の紹介

こんにちは。 夏休みも終わりに近づいてきましたね。後半は気温も涼しく過ごしやすかったように思います。夏休みは帰省していたのですが、それにしても離れた場所からブログ更新するのもそんなに難しくないものですね。 え~、話は変わりまして、世の中には色々な趣味があるものでして、例えばひとえに「音楽」と言ってもジャンルから演奏体系から、はたまた作曲とか聴くだけ(笑)とか色々あります。そんな中で DTM を趣味... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> <BR> 夏休みも終わりに近づいてきましたね。後半は気温も涼しく過ごしやすかったように思います。夏休みは帰省していたのですが、それにしても離れた場所からブログ更新するのもそんなに難しくないものですね。<BR> <BR> え~、話は変わりまして、世の中には色々な趣味があるものでして、例えばひとえに「音楽」と言ってもジャンルから演奏体系から、はたまた作曲とか聴くだけ(笑)とか色々あります。そんな中で DTM を趣味にしておられる方も多いことを知りました。<BR> <BR> 最近の DTM/DAW は音色(音源)は沢山あるしソフトも沢山あって頑張ればプロ並みの音楽を作ることだって出来ちゃいそうです。まぁ、これを俗に「打ち込み」と言うわけですが、そういったことを趣味にしておられる方がやっぱりいるんですね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_MIKU.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_MIKUs.png" alt="miku" border="0" width="104" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_rinlen.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_rinlens.png" alt="rinlen" border="0" width="83" height="159" /></a> <BR> <BR> 最近は初音ミクなんかを使った(今は鏡音リン・レン?)ボーカロイド曲が若者世代に大流行です。YouTube, ニコ動でしょっちゅう見かけますよね。才能のある方も多いようで、綺麗な歌詞を乗せ動画まで作成してアップされているのを見ると感心してしまいます。クオリティ高いですね。私も作ってみたいのですが、さすがに初音ミクを買う勇気がありません!バーチャル彼女と勘違いされそう、、、orz。<BR> <BR> さて、閑話休題。そんな打ち込みの中でも究極の打ち込みと言ったら、やっぱりそれはオーケストラの打ち込みではないでしょうか。なんてったって楽器の数がハンパない!そして微細な表現力が要求される。そして、、、長い!10分の曲なんかザラでして、長いのは80分を超えたりします。<BR> <BR> そして、世の中には酔狂な方がおられるようで、このオーケストラの打ち込みを趣味にしておられる方がどうも存在するようなのです。初めて見たときはびっくりしました。と言うわけで今日は、そういうマニアックな(失礼)人たちが集まるサイトをご紹介します。<BR> <BR> といっても別に怪しいアングラサイトではなく健全としたサイトでして、オーケストラだけではなく、音楽と名の付くものなら何でも登録されているコミュニティです。打ち込みをされている方は是非登録してみては如何でしょうか。きっと友達の輪が広がると思いますよ!<BR> <BR> ■Music Track<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MusicTrack.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MusicTracks.png" alt="mt" border="0" width="151" height="160" /></a> <a href="http://musictrack.jp/" target="_blank" title="http://musictrack.jp/">http://musictrack.jp/</a><BR> <BR> このサイトのいいところは、なんと!著作権付きの楽曲でもアップできちゃうこと!これに尽きます。YouTube, ニコ動と同じで著作権料を肩代わりしてくれています。ここから自分のブログに引っ張ってきて再生できると完璧なんですが、それはさすがに現時点ではムリ。それから曲だけでなく歌詞も登録できまして、例えば曲は作れるけども詩的才能がない私のような方は、歌詞作成をされている方とコラボレーションを組んだりも出来ます。その逆も然り。<BR> <BR> 会員登録はもちろん無料ですし、登録すると投稿コメントなんかも見ることが出来るようになりますよ。私も幾つか登録していますので音源の参考にでも聴いてみてください。<BR> <BR> ■交響曲第9番ホ短調 Op.95(B.178) 「新世界より」-第2楽章:ラルゴ(家路)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1310203336_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1310203336_i.jpg" alt="yuhi" border="0" width="160" height="100" /></a> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a><BR> <BR> 世界的に有名なドヴォルザークの「新世界より」から落ち着いた雰囲気の第2楽章(家路)を作成しました。このブログでも作成の様子を綴りましたが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-32.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、約半年かけて1曲を仕上げました。オーケストラ特有の微細な表現をなるべく再現したつもりです。打ち込みでオーケストラをどこまで表現できるか、聴いてみて下さい。<BR> <BR> ■NHK 大河ドラマ「篤姫」オープニングテーマ曲()\\(ピアノバージョン)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" alt="atsu-piano" border="0" width="160" height="100" /></a> <a href="http://musictrack.jp/musics/39152" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/39152">http://musictrack.jp/musics/39152</a><BR> <BR> 篤姫のピアノバージョンです。このブログで紹介している(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>) Ivory II Italian Grand を使用して作成しました。アレンジや表現、ペダルの踏み方がもうちょっとなのですが、音源評価するにはよいと思いますし、何より篤姫が好き!って方も多いのではないでしょうか。 現在このオーケストラバージョンを作成中!乞うご期待!!<BR> <BR> ■NHK 大河ドラマ「篤姫」オープニングテーマ曲()\\(オーケストラバージョン)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html</a><BR> <BR> そしてオーケストラバージョンも作ってみました。<BR> 2作品目と言うことで少し手馴れてきました。処女作ドヴォルザークの「家路」の反省点を踏まえて咲く作成しています。ピアノ版、オーケストラ版、好みが分かれるところです。<BR> <BR> コメントも頂けるとうれしいです!<BR> それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/99/clap" id="fc2button-clap-99" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-99").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/99/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
96

タイタニックの感動をもう一度

こんにちは。 猛暑が続きますね~。 気温の暑さもさることながら甲子園がまた熱い! なぜかよく分からないですけども試合の熱気って伝わってきますよね。ぜんぜん知らない学校なのに気がついたら応援したり、ミスプレーに思わず声が出てしまったり。一生懸命やるって大事なことですね。 さて、今日は夏休み中ですので、ありあまり堅苦しい話はなしにして、面白ネタをまたひとつお届けしたいと思います。前回涼しげな... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> <BR> 猛暑が続きますね~。<BR> 気温の暑さもさることながら甲子園がまた熱い!<BR> なぜかよく分からないですけども試合の熱気って伝わってきますよね。ぜんぜん知らない学校なのに気がついたら応援したり、ミスプレーに思わず声が出てしまったり。一生懸命やるって大事なことですね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1d7296b8.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/1d7296b8.jpg" alt="titanic" border="0" width="400" height="300" /></a> <BR> <BR> さて、今日は夏休み中ですので、ありあまり堅苦しい話はなしにして、面白ネタをまたひとつお届けしたいと思います。前回涼しげな曲としてグリーンスリーブスをお届けしましたが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-95.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、今回はタイタニックです。タイタニックと言えばやはりレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが演じる冒頭のシーン、そしてセリーヌ・ディオンの名曲「My heart will go on」ですよね~。<BR> <BR> と言うことで今日は My heart will go on の素敵な演奏を聴いて頂いて、タイタニックの感動をもう一度呼び起こして頂ければと思います。それではどうぞ!<BR> <BR> <iframe width="520" height="420" src="http://www.youtube.com/embed/X2WH8mHJnhM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> 如何だったですか?<BR> いや~、奏者の感情移入っぷりもひしひしと伝わってきて甲子園にも通ずる思いがします(笑)。<BR> えっ!?ふざけるな?(笑)<BR> <BR> ちなみに奏者の方の名誉のために言うと、この人はホントは上手に吹けるのにわざとやっているように見えますね。外し方が素人のそれとは所々異なります。<BR> <BR> <BR> え~、このブログでは音楽と動物をテーマに扱っているんですが(知ってました?)、今日は動物が登場していませんので、タイタニックとかけまして下の画像で許してやってください(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/38bf1b9c-s.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/38bf1b9c-s.jpg" alt="titanic2" border="0" width="399" height="487" /></a> <BR> <BR> それでは!<BR> <BR> (トランスフォーマー観に行きたいなぁ) </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/96/clap" id="fc2button-clap-96" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-96").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/96/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
95

親たちの笑いが止まらない吹奏楽の発表会

みなさん、こんにちは。 夏休みになりましたね~。連日の猛暑と帰省ラッシュでヘトヘトの方も多いでしょうか。でも、同窓会や花火大会など楽しいイベントも盛り沢山ですね。私も少しだけ旧友を深めてきたいと思います。 さて、今日は夏休みですし、軽めの話題として「親たちの笑いが止まらない吹奏楽の発表会」をお届けしたいと思います。 どうしたらこうなるのか私にはさっぱり分かりませんが、指揮だのチューニン... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさん、こんにちは。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/b1c1ff15.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/b1c1ff15s.jpg" alt="hello bear" border="0" width="159" height="102" /></a> <BR> <BR> 夏休みになりましたね~。連日の猛暑と帰省ラッシュでヘトヘトの方も多いでしょうか。でも、同窓会や花火大会など楽しいイベントも盛り沢山ですね。私も少しだけ旧友を深めてきたいと思います。 <BR> <BR> さて、今日は夏休みですし、軽めの話題として「親たちの笑いが止まらない吹奏楽の発表会」をお届けしたいと思います。<BR> どうしたらこうなるのか私にはさっぱり分かりませんが、指揮だのチューニングだのバランスだの小難しいことは置いといて、とにかく笑ってください。演奏者・演奏者の方には大変申し訳ないですが、笑ってください。<BR> <BR> え~、演奏している曲はあの有名な「グリーンスリーブス」、、、だと思われます。これがホントの不協和音?後ろのくまさんが素敵です。あ~腹筋ちぎれる~!<BR> <BR> <iframe width="520" height="420" src="http://www.youtube.com/embed/SR2NNV0qAEI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> <BR> このままだと不快感だけが残りますので、ピアノによる「グリーンスリーブス」の素敵な演奏をお聴きください。<BR> <BR> <BR> <iframe width="520" height="420" src="http://www.youtube.com/embed/P5ItNxpwChE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> それでは、よい夏休みを! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/95/clap" id="fc2button-clap-95" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-95").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/95/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
98

EAST WEST PLAY 3 リリース

いや~、暑いですね。いまだにエアコンつけていないので死にそうですが、換気扇を回すと結構涼しくなったりします。ちなみに先月の電気代は約3千円でした。安っ!これで何か音源でも買えそうですね。まさに捨て身の節約術。よい子の皆さんは真似しないでください。 さて、バグ盛り沢山の PLAY 環境ですが、新しいのがリリースされましたよ~! 現在の最新版は v3.0.21 です。既にビルドバージョンが 21 ってところが... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> いや~、暑いですね。いまだにエアコンつけていないので死にそうですが、換気扇を回すと結構涼しくなったりします。ちなみに先月の電気代は約3千円でした。安っ!これで何か音源でも買えそうですね。まさに捨て身の節約術。よい子の皆さんは真似しないでください。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/eastwest_play3.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/eastwest_play3.jpg" alt="eastwest_play3" border="0" width="520" height="232" /></a> <BR> <BR> さて、バグ盛り沢山の PLAY 環境ですが、新しいのがリリースされましたよ~!<BR> 現在の最新版は v3.0.21 です。既にビルドバージョンが 21 ってところが不安いっぱいですが、以下のような修正が含まれているようですので、アップデートしてみては如何ですか(私が訳したのでちょっと日本語おかしいかも)。無料だしね。フフッ<BR> <BR> ・インステゥルメントアップデートインストーラとの下位互換性の修正<BR> ・EWQL Hollywood Brass Diamond と Gold エディションのサポート追加<BR> ・残メモリが少ない状況で使用した場合の警告追加(オプションで無効化可能)<BR> ・MAC OS 10.6 での 64bit 互換対応(AU, VST, and Standalone)<BR> ・"max voices" を最大 2,048 まで増加可能な対応を含む全てのプラットフォームにおける<BR>  パフォーマンスの最適化<BR> ・"Fast Disk Mode" の追加(MAC におけるストリーミングとロード時間の短縮支援)<BR> ・オートセーブ機能の追加(スタンドアローン動作時のみ)<BR> ・潜在的なノイズバーストの修正<BR> ・その他、全てのプラットフォームにおける細かなバグの修正<BR> <BR> ■Sounds online<BR> <a href="http://www.soundsonline.com/Downloads" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/Downloads">http://www.soundsonline.com/Downloads</a><BR> <BR> ■High Resolution(日本語)<BR> <a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_updata.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_updata.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_updata.html</a><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Play_x64.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Play_x64s.png" alt="Play_x64" border="0" width="159" height="128" /></a> <BR> <BR> 私もインストールしてみました。特に見た目に変化はありません。ロードがクソ遅いのもご健在。使っているうちに何か分かったらまたレポートしてみたいと思います。安定性が向上してるとうれしいな。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/98/clap" id="fc2button-clap-98" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-98").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/98/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
94

Google Chrome 13 最新安定版リリースとうちのブログ

みなさん、こんにちは。 Google Chrome 13(最新安定版)がリリースされましたね! ■情報元 http://gigazine.net/news/20110803_google_chrome_13_release/ このブログでは Google Chrome での閲覧をお勧めしています(っ言うか IE 以外)。と言うのも IE ではこのブログの機能が一部表示されないのです。以下の画像はこのブログのスナップショットを Chrome と IE で撮ったものですが、別に拍手数を表示したいわけ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさん、こんにちは。<BR> Google Chrome 13(最新安定版)がリリースされましたね!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/article_chromeIE.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/article_chromeIE.jpg" alt="ChromeIE" border="0" width="295" height="172" /></a> <BR> <BR> ■情報元<BR> <a href="http://gigazine.net/news/20110803_google_chrome_13_release/" target="_blank" title="http://gigazine.net/news/20110803_google_chrome_13_release/">http://gigazine.net/news/20110803_google_chrome_13_release/</a><BR> <BR> このブログでは Google Chrome での閲覧をお勧めしています(っ言うか IE 以外)。と言うのも IE ではこのブログの機能が一部表示されないのです。以下の画像はこのブログのスナップショットを Chrome と IE で撮ったものですが、別に拍手数を表示したいわけでも何でもないのに IE ユーザの皆さんにこんな風に見えているのが残念で仕方ありません。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChromeView.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChromeViews.jpg" alt="ChromeView" border="0" width="159" height="120" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IE.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IEs.png" alt="IEView" border="0" width="159" height="121" /></a> <BR> 左が Chrome、右が IE での表示。<BR> このブログ画面左上の「音楽広場」をクリックすると表示できます。<BR> <BR> このブログを見てくれている方の 70% 近くは IE ユーザさんですので、殆どの方がこんな風に見えているわけですが、IE 以外のブラウザ(Opera/Safari で確認)でもきちんと画像表示されることから、やはり WEB デザイン業界で言われる通り IE は異端なのだなと感じてしまいます。<BR> <BR> 私は Google の回し者でもなんでもありませんが、こうやって画像が表示されると楽しいですし、Chrome だと読み込みが高速なので IE ユーザさんは一回 IE 以外の世界に飛び出してみては如何でしょうか。<BR> <BR> <BR> それからブラウザに関してもう1つ面白い記事を発見しましたので紹介しておきます。「IE ユーザは IQ が低い」と言う調査結果なのですが、最近になってこの記事はでっち上げだと各方面から指摘されています。さすがにこれは酷いですよね。<BR> <BR> ■情報元<BR> <a href="http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110805/363661/" target="_blank" title="http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110805/363661/">http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110805/363661/</a><BR> <BR> このようにして一部の人間の都合のいい情報操作が行われているんでしょうね。昨今の情報化社会では大量の情報がエンドユーザにまで届く時代になりましたが、それを判断・選択して吸収・行動できる能力が問われているのかもしれません。<BR> <BR> 堅い話になってすみません! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/94/clap" id="fc2button-clap-94" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-94").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/94/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
92

VI VIENNA DIMENSION BRASS レビュー

今日は VIENNA の革新的なオーケストラライブラリである VI VIENNA DIMENSION BRASS / STANDARD を紹介したいと思います。VIENNA と言えば VIENNA Instruments に代表されるオーケストラ音源のフラグシップブランドですが、その VIENNA がなぜか BRASS ライブラリだけ新しくリリースしてるんですね。なぜでしょうか。 まずは VI VIENNA DIMENSION BRASS とはどんな音源なのか?、VIENNA Instruments と何が違うのか?見てみま... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mp3_bg_VDB_en2_800x300.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/mp3_bg_VDB_en2_800x300.jpg" alt="VIENNA DIMENSION BRASS" border="0" width="520" height="196" /></a> <BR> <BR> 今日は VIENNA の革新的なオーケストラライブラリである VI VIENNA DIMENSION BRASS / STANDARD を紹介したいと思います。VIENNA と言えば VIENNA Instruments に代表されるオーケストラ音源のフラグシップブランドですが、その VIENNA がなぜか BRASS ライブラリだけ新しくリリースしてるんですね。なぜでしょうか。<BR> <BR> まずは VI VIENNA DIMENSION BRASS とはどんな音源なのか?、VIENNA Instruments と何が違うのか?見てみましょう。<BR> <BR> <iframe width="520" height="326" src="http://www.youtube.com/embed/EwiWp8Rz9e8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> 如何だったですか?って英語じゃーん!って人も多いと思いますので要約すると、ポイントは2つあります。1つはブラスアンサンブルを楽器単位で構成したこと。もう1つはヒューマナイズ機能です。<BR> <BR> 1つめの機能はムービーの前半で説明されています。VI VIENNA DIMENSION BRASS は4トランペット、4ホルン、4トロンボーン、ローブラスセクション(チューバ・ベーストロンボーン等)の4つのセクションが収録されています。そして、通常それぞれのセクションはその楽器をセクションメンバー全員で同時に演奏したアンサンブルとして収録されています。<BR> <BR> しかし、VI VIENNA DIMENSION BRASS はセクションメンバー1人1人を個別に収録し、それを平行して鳴らす事でアンサンブルを構成している点が新しいのです。つまり、実際の演奏と同じだと言うことです。このため詠い文句に「かつてない正確性と再現性を誇る」とあるわけですね。<BR> <BR> なるほど、確かにこうすると表現のバリエーションが広がりそうですね。収録された各メンバーの音は自由に組み合わせて演奏させることが出来ます。また、小編成のアンサンブルも組めますし、ソロで演奏するにしても4つのソロがあるわけです。アーティキュレーションも全ての楽器で等しく収録されていますから、どれを選択しても問題ありません。収録されている音も専用のマイクを使って 24bit サンプリングされており、デモで聴く限り申し分ありません。 <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/shot_VISYC_l.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/shot_VISYC_l.jpg" alt="VIENNA" border="0" width="490" height="339" /></a> <BR> <BR> 次にヒューマナイズ機能ですが、これはドラム音源など、他の色々な音源でも搭載されているのでご存知の方も多いと思いますが、演奏に曖昧さを付加する機能です。人間ですからいつも完璧な音程で演奏できるわけではないわけで、VI VIENNA DIMENSION BRASS の場合、音質、各楽器のアタックからリリースまでの音程を自由にヒューマナイズできるようです。また、その量(どれだけ曖昧さを持たせるか)の調整も簡単に行えますし、あらかじめ幾らかのプリセットも用意されています。デモの中で聴く限り、確かに多少のヒューマナイズを加えたほうがより実際の演奏に近く聴こえます。いいですね~。<BR> <BR> 欲を言えば同じアーティキュレーションでも複数収録してランダムに切り替えるような実際的なヒューマナイズ機能が搭載されていればもっと良かったと思いますが、ドラム音源ならまだしもオーケストラ音源でこれを要求するのは数が多すぎてちょっと酷でしょうか。 <BR> <BR> マイナスポイントを挙げるとすればパッケージのデータサイズが最新のオーケストラ音源としては 13.6GB と小さめであることと、価格が高いことでしょうか。<BR> <BR> まずデータサイズですが、同じく VIENNA からリリースされている定番の BRASS 音源 VI BRASS 1 / STANDARD は 51GB あります。この差は搭載されているアーティキュレーションの種類が少ないことに起因しているように見えます。チョット凝ったことをしようとすると「アーティキュレーションがない!」ってことになるかもしれませんね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIVDB.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIVDB.jpg" alt="VIVDB" border="0" width="230" height="230" /></a> <BR> ちなみに先日紹介した EAST WEST 最新 BRASS 音源 HOLLYWOOD BRASS(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-88.html" target="_blank" title="こちら">こちら</a>) は 150GB(GOLD EDITION は 20GB)です。VIENNA の音源は独自の圧縮技術によって容量が 2/3 程度になっていますから、だいたい EAST WEST HOLLYWOOD BRASS GOLD EDITION と同じサイズと言えるでしょうか。ただし、この GOLD EDITION はフラグシップである DIAMOND EDITION と同じだけアーティキュレーションを搭載しており、その録音精度(16bit)とマイクポジション数が異なることによって容量が小さくなっています。アーティキュレーションだけを純粋に比較した場合、HOLLYWOOD BRASS の方が多いわけです。<BR> <BR> VI VIENNA DIMENSION BRASS は 24bit で専用マイクを使って収録していますので、音質面からの妥協はありません。 EAST WEST HOLLYWOOD BRASS GOLD EDITION と比較した場合、その音質をとるか、アーティキュレーションの数をとるかと言った選択になろうかと思います。<BR> <BR> 価格は VIENNA シリーズはお高くとまってますので致し方ないところでしょうか。これでも円高差益還元して少し安くなった方なのですが、、、。最近の円高は拍車がかかっていますし、もう1回価格改定をして欲しいところです。あと、VIENNA の場合別売の VIENNAキーが必要となるのも痛い所です。<BR> <BR> 個人的には EAST WEST HOLLYWOOD BRASS の攻勢を受けた VIENNA の出方を窺いつつ、EAST WEST HOLLYWOOD BRASS が値下がりするのを待つのがいいかなと思っています。皆さんは如何ですか?ただ、この DIMENSION BRASS、クリプトンにおけるカテゴリー売り上げ No.1 商品らしいですよ。デモソングも聴きましたが、ブラスバンドの打ち込みをするには最適かもしれませんね。<BR> <BR> ■VI VIENNA DIMENSION BRASS デモソング<BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=34270" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=34270">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=34270</a><BR> <BR> お勧めのデモは1曲目ですね。演奏はぎこちないところがありますが(特にトランペット)、全ての BRASS 関連楽器の音が聴けますし、各楽器のクレッシェンドの自然さも聴けると思います。6曲目は特殊なアーティキュレーションの収録が聴けます。4曲目にはあの、スターウォーズのメインテーマもありますよ!(音源試聴の参考にはあまりなりませんが)。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/92/clap" id="fc2button-clap-92" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-92").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/92/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。