カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
107

何もあきらめなかったスマホ ARROWS Z ISW11F

ずっと前からスマホ、スマホ言い続けていまだに買ってない動物使いですが、今回の au 秋冬モデルは田中社長の公言通り「ドカン」と来ましたね!その中でも群を抜いてすごいのが、これ!ARROWS Z ISW11F。まさに全部入りスマホです。何もあきらめなかったスマホ! ご存知 iPhone はスマホの走りとしてブランド力とその名に恥じない洗練された UI 操作感、充実したコンテンツなどで全世界に圧倒的なシェアを持つ端末ですが、... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> ずっと前からスマホ、スマホ言い続けていまだに買ってない動物使いですが、今回の au 秋冬モデルは田中社長の公言通り「ドカン」と来ましたね!その中でも群を抜いてすごいのが、これ!ARROWS Z ISW11F。まさに全部入りスマホです。何もあきらめなかったスマホ!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/02_o_.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/02_o_.jpg" alt="arrows" border="0" width="520" height="235" /></a> <BR> ご存知 iPhone はスマホの走りとしてブランド力とその名に恥じない洗練された UI 操作感、充実したコンテンツなどで全世界に圧倒的なシェアを持つ端末ですが、日本市場ではお財布ケータイや赤外線などの日本独自仕様に対応しておらず、二の足を踏んでおられた方も多いと思います。<BR> <BR> また、Android スマホは「海外メーカーのグロスマ vs. 国内メーカーのガラスマ」の様相を呈しており、日本固有の機能はないけどヌルヌルサクサクのグロスマか、日本仕様に対応したもっさりガラスマかの選択になっていました。国内メーカーの Android への対応は鈍く、海外製に対して周回遅れの端末が出回っていた有様。<BR> <BR> そこに登場したのが今回の au 2011 秋冬モデル!<BR> こと android に関しては他社メーカーから大きく遅れを取り、背後に softbank の呼吸が聞こえるほど追いつかれていたわけですが、一気に突き放しにかかった格好ですね。今日はそのフラグシップモデル ARROWS Z ISW11F について語ってみます。<BR> <BR> ■ARROWS Z ISW11F<BR> <a href="http://www.fmworld.net/product/phone/isw11f/" target="_blank" title="http://www.fmworld.net/product/phone/isw11f/">http://www.fmworld.net/product/phone/isw11f/</a><BR> ■au<BR> <a href="http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11f/" target="_blank" title="http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11f/">http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11f/</a><BR> ■ITmedia Inc.<BR> <a href="http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1109/27/news107.html" target="_blank" title="http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1109/27/news107.html">http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1109/27/news107.html</a><BR> ■ASCII<BR> <a href="http://ascii.jp/elem/000/000/637/637066/" target="_blank" title="http://ascii.jp/elem/000/000/637/637066/">http://ascii.jp/elem/000/000/637/637066/</a><BR> ■ケータイWatch<BR> <a href="http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110926_479319.html" target="_blank" title="http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110926_479319.html">http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20110926_479319.html</a><BR> ■Gigazine<BR> <a href="http://gigazine.net/news/20110926_arrows_z_isw11f_kddi_2011_winter/" target="_blank" title="http://gigazine.net/news/20110926_arrows_z_isw11f_kddi_2011_winter/">http://gigazine.net/news/20110926_arrows_z_isw11f_kddi_2011_winter/</a><BR> <BR> まず、周回遅れの感すらあった端末スペックはここにきて一気に世界トップレベルに!<BR> ハードウェアレベルとしてはほぼ満点に近いスペックです。敢えて弱点を挙げるならバッテリー容量が 1460mAh と海外モデルに対して 300mAh ほど少ないことですが、スマホユーザがほぼ予備のバッテリーを携帯していることや 3rd Party の大容量バッテリー購入の選択肢があることを考えればそれほどマイナスとは思えません。<BR> <BR> ・OS:Android 2.3.5<BR> ・CPU:OMAP4430&MDM6600(1.2 GHz Dual-Core ARM Cortex-A9)<BR> ・通信規格:新旧800Mhz、WHS(下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbps)、Wimax対応<BR> ・無線LAN: IEEE 802.11b/g/n<BR> ・Bluetooth:2.1+EDR(HSP,HFP,HID,A2DP,AVRCP,OPP,OBEX)<BR> ・無線LANルーター機能(Wifiテザリング):最大8台まで接続可能<BR> ・内蔵メモリ:RAM1GB、ROM8GB<BR> ・外部メモリ:microSDカードスロット。最大32GBまで対応<BR> ・ディスプレイ:4.3インチTFT液晶(解像度:1280×720p、約1677万色)<BR> ・カメラ:13.1メガピクセル裏面照射型CMOSセンサ Exmor R (1080p動画撮影対応)<BR> ・前面インカメラ:1.3メガピクセル<BR> ・USB:micro USB<BR> ・映像出力:HDMI<BR> ・ヘッドホンジャック:3.5mm<BR> ・バッテリー容量:1460mAh<BR> ・グローバルパスポート (CDMA/GSM)<BR> ・SIMスロット:有り<BR> ・USBホスト有り<BR> ・<s>ゴリラガラス採用</s>(強度はゴリラガラス並み)<BR> <BR> これだけのスペックでありながらサイズは 約64×128×10.0(mm) 131g と標準型。連続通話時間:約260分、連続待受時間:約300時間、ワンセグ連続視聴時間:約3時間30分は少し短いですが、まぁ、許容範囲内でしょうか。<BR> <BR> そして、ガラスマ機能としてはてんこ盛りの大胆素敵な無敵ぶり!<BR> そう、自分はこういう何でもケータイを待っていたんですよ。<BR> 日本メーカーはこういう足し算でしか表現できないって批判もありますけども、そこにニーズがある限り、それはそれで日本メーカーの個性でありいいと思います。現に自分はお財布ケータイしたいし、コンパでスムーズにメアド交換したいし、今までの E/Cメールも使いたいんだ~! <BR> <BR> ・Felica(お財布ケータイ)<BR> ・ワンセグ<BR> ・赤外線<BR> ・防水(IPX5/IPX8相当)<BR> ・ezwebメール<BR> ・Cメール(送受信対応)<BR> ・DLNA対応<BR> ・ATOK搭載(手書き入力対応)<BR> ・FMトランスミッタ<BR> ・ドルビーモバイル<BR> ・富士通モバイル統合辞書+(29辞書と6小辞典(一部プリセット、他は別途提供))<BR> ・スーパーはっきりボイス3<BR> ・あわせるボイス2<BR> ・ぴったりボイス<BR> ・ゆっくりボイス<BR> ・スーパーダブルマイク<BR> ・7色イルミネーションLED<BR> ・ストラップホール<BR> ・充電クレイドル別売<BR> <BR> さてさて、ここまで無敵ぶりな ARROWS Z ISW11F ですが、スペックだけでは端末の良し悪しは語れません。なぜならスマホにはハードスペックを生かしきったヌルヌルサクサクの動作が常に求められるからだ~!1280×720p の広大な画面でヌルサクした~い!<BR> <BR> そのヌルサクぶりを示す動画がこちら。<BR> <BR> <iframe width="520" height="382" src="http://www.youtube.com/embed/C4d2TzEg12c" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> 2ch ではこの動画が出た瞬間、一気にトーンダウン。一部の擁護派を除いてこの遅さはあり得ないとの意見が多数。自分もさすがにコレはまずいと思うよ。確かにディスプレイが 1280×720p 約1677万色になって格段に解像度が上がったので描画に要求される性能が厳しくなったのは理解しますが、そのための OMAP4430 採用ですよね。この性能ではユーザは納得しない。<BR> <BR> 動画を良く見ると横画面ではそれなりに動いているようにも見えることからチューニングの問題と思えますね。また、別動画で見られるホーム画面動作などはそれなりに動いている様子。一説によると現時点の ARROWS Z ISW11F の完成度は 60% 程度とのこと。また、現在の動作はシングルコアなのでカクカクするのは当たり前だとか(現時点でその状態ってのも問題だと思うが)。11月下旬と思われる発売までにデュアルコア対応してどこまでチューニング出切るか分かりませんが、少なくとも現状レベルと言うことはなさそうです。でなければ自社のホームページ上で「あらゆる動作がサクサク快適です」とは詠えない。富士通さんよ、頼んだぞ。<BR> <BR> それに今回は?auからの援護射撃もありますよね。<BR> 現時点では WiMAX は LTE より人口カバー率で優位に立っていますし、WiMAX 網を WiFi テザリングで(しかも低価格で)利用できるメリットは大きいと思います。KDDI が業界2位の通信事業者の威信をかなぐり捨ててまで巻き返しを図る今こそ乗り換えのチャンスではないでしょうか。<BR> <BR> ・12月以降もISフラット加入で skype 通話無料<BR> ・+WiMAX 月額利用料無料キャンペーン(2011年10月1日~2012月1月31日)<BR> ・Wifiテザリング(最大8台まで接続可能)<BR> <BR> 以上、ソフトに懸念があるものの非常に魅力的なスマホ ARROWS Z ISW11F の紹介でした。ソフトはオンラインアップデートできるから初期の多少のもっさり感は許容できるけど、コレだけの機能を詰め込んどいてバグフリーな世界はないと思いますね。ハードの初期不良は量産して初めて分かることもあるので、自分的には少し様子を見て買うのが吉かなと。買って最初はちょっとしたバグと出会いながらアップデートを楽しみに愛機になっていく。そんなちょっとMっぽい使い方が正しいように思います(笑)。自分は買います。<BR> <BR> iPhone5 が au から出たら、android au って、レディーガガって、いったい何だったんですか? <BR> <BR> (2011.10.29 追記)<BR> 10/28 に au NAGOYA でセミナーがありました。<BR> 関連記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-116.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/107/clap" id="fc2button-clap-107" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-107").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/107/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="https://media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
106

打ち込み vs. 生録音 ガチンコ対決!

ここに2枚の CD があります。 どちらもチャイコフスキーの名曲である幻想序曲「ロメオとジュリエット」です。 ただし、左は打ち込み版、右は生演奏を録音したものです。同じ曲を比較して聴いたとき、どちらがより心に響くでしょうか?どうです、クラシック(オーケストラ)に興味のない方もちょっと面白そうじゃないですか? 大方の予想は生演奏の圧勝と思われるでしょう。今日はこのユニークな対決に私なりのコメ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> ここに2枚の CD があります。<BR> <BR> どちらもチャイコフスキーの名曲である幻想序曲「ロメオとジュリエット」です。<BR> ただし、左は打ち込み版、右は生演奏を録音したものです。同じ曲を比較して聴いたとき、どちらがより心に響くでしょうか?どうです、クラシック(オーケストラ)に興味のない方もちょっと面白そうじゃないですか?<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/16.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/16.jpg" alt="haruguchi" border="0" width="250" height="250" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/129261736492716123629_415_20101218052244.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/129261736492716123629_415_20101218052244.jpg" alt="cheribi" border="0" width="250" height="250" /></a> <BR> <BR> 大方の予想は生演奏の圧勝と思われるでしょう。今日はこのユニークな対決に私なりのコメントを添えて現在の打ち込み音源の技術と環境を振り返ってみたいと思います。<BR> <BR> まずは「ロメオとジュリエット」について簡単に紹介しておきます。<BR> この曲はあの有名なシェイクスピアの戯曲をモチーフにしています。<BR> <BR> 昔々、イタリアの小さな町で大きな名声を得ている名門の家柄が2つありまして、1つはモンタギュー家、もう1つはキャピレット家って言います。両家は激しく憎みあっていることでも有名でしたが、モンタギュー家のロメオとキャピレット家のジュリエットはあるとき恋に落ち、両家の争いに翻弄されながらも愛を昇華させていきます。しかし、両家の激しい憎悪の力に打ち勝つことは出来ず、ついに2人は亡くなってしまうのです。2人の死によって自身の愚かさに気付いた両家は争うことをやめ、めでたしめでたし。こんな感じです。<BR> <BR> チャイコフスキーはこの戯曲をそのまま交響曲にしました。ですから聴いていると「あぁ、ここはあのシーンかな?」って結構分かるので他のクラシックより楽しく聴くことが出来ます。また、音楽もなかなかでして同じくロシアの作曲家リムスキー=コルサコフは「ロシア音楽史上、最美の旋律」と評しました。ですから、物語も音楽もかなりイケてまして、クラシックは何を聴いていいか分からないって方には是非これをお勧めしたいです。<BR> <BR> そして今回用意したのはそんな「ロメオとジュリエット」の中でも名盤中の名盤であるチェリビダッケ指揮・ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団演奏のものです。チェリビダッケについて語ると長いので別の機会に譲りますが、ま、とにかく世界的にすごいおっさんです(笑)。<BR> <BR> 対しまして打ち込み代表は現時点で入手しうる最高の打ち込み環境で作成したもの。<BR> 音源には VIENNA Instruments のフルセット VIENNA SUPER PACKAGE を使用し(なんと DVD 48枚組み 746GB、価格にして 130万円越え)、さらに4台のパソコンを駆動させて取り組む徹底ぶり(※ と言うより VIENNA でフル環境を組むとパフォーマンスの観点からどうしても複数台の PC が必要となる)。<BR> <BR> 現時点でも音楽の世界ではこういった高級音源が生演奏の代わりに使用されているケースは沢山あります。状況によっては生より求めていた表現が得られることもあると語るプロの演出家も結構います。現在の音楽制作環境は生と打ち込みのハイブリッドで、いいとこ取りをしてるんですね。<BR> <BR> <BR> ■VI VIENNA SUPER PACKAGE / STANDARD<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_top.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_top.jpg" alt="test" border="0" width="520" height="160" /></a> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=30390" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=30390"><u>http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=30390</u></a><BR> <BR> <BR> ■春口 巌&ヴィエナ・インストゥルメンツ|チャイコフスキー幻想序曲「ロメオとジュリエット」<BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vienna/interview_sp02.jsp" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vienna/interview_sp02.jsp"><u>http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vienna/interview_sp02.jsp</u></a><BR> <a href="http://www.disc-classica.jp/lineup/haruguchi_iwao.html" target="_blank" title="http://www.disc-classica.jp/lineup/haruguchi_iwao.html"><u>http://www.disc-classica.jp/lineup/haruguchi_iwao.html</u></a><BR> <BR> <BR> どうです?勝敗が分からなくなってきたでしょ?<BR> 早速聴いてみましょう!<BR> <BR> 実はね、これだけ煽っておいて申し訳ないんですけど、このあと悲しい結論を書かなければならないのが大変心苦しいんです。長くなってきたんでこの先は次回に譲りますが、気分を害される方もいらっしゃると思うので次回は読まない方がいいですよ。<BR> それでは、次回へ続く(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-113.html" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。 あ~どうしよっか、次回書きたくないなぁ。。。(じゃなんでネタにしたんだよ!笑) </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/106/clap" id="fc2button-clap-106" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-106").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/106/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
105

Ivory II Italian Grand はどんな音がするのか?

こんにちは。第1回「Ivory II Italian Grand の特徴」からずいぶんと間が空いてしまってすみません。今日は Ivory II Italian Grand はどんな音がするのか?を紹介していきたいと思います。 とは言っても音を聴きたいのであればサイトが用意しているデモソングを聴けばいいわけですし、当然皆さんはそんなもの聴いて済んでいると思います。でも、サイトのデモソングって色々と味付けしてあったりしてホントにこんな音が... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。第1回「Ivory II Italian Grand の特徴」からずいぶんと間が空いてしまってすみません。今日は Ivory II Italian Grand はどんな音がするのか?を紹介していきたいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIIpreferences.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIIpreferencess.png" alt="IvoryIIpreferences" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> とは言っても音を聴きたいのであればサイトが用意しているデモソングを聴けばいいわけですし、当然皆さんはそんなもの聴いて済んでいると思います。でも、サイトのデモソングって色々と味付けしてあったりしてホントにこんな音が出るんだろうな~って、半信半疑な一面もあるかと思います。私も買う前はそうでした。<BR> <BR> そこで、DTM 暦1年ちょっとの動物使いが実際にデモソングを作ってみました!これなら皆さんの方がキャリアが上だったりすると思いますので、「あぁ、自分も出来そうかな」とか、親近感が沸きません?<BR> <BR> 曲目は2曲用意しようと思います。<BR> 1つは皆さんご存知、大河ドラマ「篤姫」からメインテーマ。篤姫好きだった方も多いですよね。きっと感情移入しやすいかなと思います。ただし、版権ものなのでこのブログで直接お聞かせできませんから、下の特設サイトに用意しました。近いうちに YouTube アップしてブログに引っ張ってこようと思います。<BR> <BR> 2つ目は自作曲からの抜粋です。篤姫は実はちょっと失敗してまして、音がポンポン跳ねてしまってピアノっぽくない感じに聴こえると思います。これは私の打ち込みミスです。2作品目の「Farewell」はだいぶ打ち込み上手になりましたのでこちらを参考にして頂いた方が良いと思います。<BR> <BR> ■篤姫(動物使い作) ちょっと失敗作... 汗;<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" alt="atsu-piano" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/39152" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/39152">http://musictrack.jp/musics/39152</a><BR> <BR> ■去り行く友へのお別れの曲(抜粋)<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/farewell">Farewell</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■Debussy Clair de Lune <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/debussy-clair-de-lune-4">Debussy Clair de Lune-4</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> ■夜の風(動物使い作 POPS) 楽曲に混ぜる使い方が多いですよね<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt15786_1328930007_i.jpg" alt="jkt15786_1328930007_i.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F43854827&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/7j8fvv83riq6">夜の風</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> ■おまけ:INTO THE DEEP SEA(動物使い作)<BR>  インゥテゥルメンタル系のサウンドのバックに Ivory II Italian Grand を使ってみました。<BR>  音色確認の良い素材ではありませんが、こんな音にもなるんだよ!ってことで聴いてみてください。<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> <BR> <BR> 視聴ポイント1<BR> ピアノの音に聴こえますか?そして、いい音(いい曲じゃなくて)だと思いますか? これ、大事ですよね。Ivory II Italian Grand は明るく煌びやかな音がします。<BR> <BR> 自分の思っているピアノの印象と比べてみてください。本物の最高級ピアノもそのブランドによって音が全く違います。Ivory II Italian Grand のように素直で華やかな響きのするもの、Bosendorfer のように重厚で静謐な響きのもの、様々です。「こんな音のピアノも私のレパートリーにあっていいな」、そう思えることが大事です。<BR> <BR> 視聴ポイント2<BR> なるべくよいスピーカーかヘッドフォンで音を大きめにして聴いて聴きましょう。<BR> ダイナミックレンジや音の消え入る瞬間、ペダルノイズやそれを放した瞬間の音の消え方など色んな音が聴けると思います。特に篤姫ではべダルノイズとキーノイズをあえて多めに入れています。ペダルノイズは全ての音が消えるときにスコンと言う低音が聞こえるはずです。キーノイズは1音1音コツンコツンと言う音が聴こえると思います。<BR> <BR> 視聴ポイント3<BR> 音楽的な表現の良し悪しは聴かない。<BR> これ、難しいんですよね。デモソングってちゃんとした曲の場合が多いので、「この表現は嫌いだな」とかあると思うんです。でもそれって音源の音とは何の関係もないんですよね。可能な限り感情を排除して聞いて下さい(普通の音楽鑑賞とは違う聴き方が求められます)。<BR> <BR> <BR> ■メーカーサイトより<BR> <a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand#2" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand#2">http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand#2</a><BR> <BR> お勧めはここの URL よりこっち → <a href="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand" target="_blank" title="http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand">http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand</a> <BR> 解説の下のほうに再生ボタンがあるはずです。リバーブが薄めで静かな曲でして、1音1音がしっかりと聴けます。こういう曲をアップできるのは音源に自信があるからだと思います。<BR> <BR> まず1つ1つの音がしっかりと個性を持っているのを聴いてください。これは大きな音・中ぐらいの音・小さな音の全てで、そして高音・中音・低音の全てで聴いてください。<BR> <BR> 次に各音の厚みを確認してください。録音の仕方によってはいくらいいピアノを素材に使っていても線の細いものになってしまいます。<BR> <BR> さらに音量が段階的に変化する際の自然さを確認します。ベロシティレイヤー数が少ない音源では滑らかな音量変化にならず多少のぎこちなさが生じます。これは編集である程度修正されてしまうので結構耳を傾けないと分からないかもしれません。ちなみに動物使いはこの曲で不自然さを発見できませんでした。<BR> <BR> <BR> これらの曲を一通り聴いたら、すかさず別のメーカーのデモソング曲を聴いて見ましょう。例えば EAST WEST Quantam Leap Pianos など(<a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/pianos.html</a>) 異質な感じがするはずです。音の厚みが薄い気がする?ダイナミックレンジが小さい?音の個性はリバーブが多すぎて聴き取りにくい?比べることで色々と違いが見えてきます。<BR> <BR> さて、如何だったでしょうか。自分にぴったりの音源が見つかるといいですね。<BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/105/clap" id="fc2button-clap-105" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-105").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/105/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
104

本音で語る本たち(オススメの良書)

こんにちは。 今日は本音が語ってある本を幾つか紹介してみたいと思います。 最近はインターネットが進化してきて色んな情報を取得できるようになりました。経済、スポーツ、料理なんかは当たり前、国家機密にだってアクセスできる?ホントになんでもです。最近は個人のブログもかなり増えましたし、グーグルに代表されるインテリジェンスな検索エンジンと相まって細かな情報にまで短時間でアクセスできるようにもなりまし... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> 今日は本音が語ってある本を幾つか紹介してみたいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/book1.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/book1.png" alt="book2" border="0" width="200" height="194" /></a> <BR> 最近はインターネットが進化してきて色んな情報を取得できるようになりました。経済、スポーツ、料理なんかは当たり前、国家機密にだってアクセスできる?ホントになんでもです。最近は個人のブログもかなり増えましたし、グーグルに代表されるインテリジェンスな検索エンジンと相まって細かな情報にまで短時間でアクセスできるようにもなりましたね。<BR> <BR> 一方で昔からある「本」(CD も)は押され気味な訳ですが、インタネット上の情報と本の情報は色々と差異があると思ってます。例えば信頼性。インターネット上の情報は私のブログも含めて?(笑)信頼性が乏しいですし、曖昧。また、インターネットの情報が断片的なのに対して本は包括的な情報を提供してくれます。<BR> <BR> さて、そんな良いところもある「本」ですが、「良書」となるとグッと数が減ります。もちろん何を良書とするかは読み手に依存しますので一概には言えませんが、ストーリーに一貫性があることや事実がきちんと提示されているなど共通する要素も多々ありますよね。<BR> <BR> 最近は面白い本も沢山出てきています。その中で私が特に面白いと思うのは「本音を語る本」。本音を語るってことは高いリスクが付きまとうんですが、そんなものを物ともせず語る著者の勇気も素晴らしいですし、こういう本は私たちが普段知らされない裏情報や真実を淡々と語っていることが多いのです。<BR> <BR> 特にテレビやインターネット上の情報に溺れているステレオタイプな人たちには新鮮な情報となるのではないでしょうか。今回は音楽、政治経済、医学と異なる3ジャンルから本音を語ってある本を紹介してみます。もちろんここで紹介するのはアマゾンでも★が沢山の良書ですよ。<BR> <BR> まずは音楽から(音楽関連ブログですから、、、)。<BR> <BR> ■音楽<BR> タイトル:クラシックを聴け!<BR> 著者:許 光俊<BR> <SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_mfw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/fxshelves-22/8001/49bb4f74-6a17-4aa1-a6aa-f18fea209d6c"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_mfw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Ffxshelves-22%2F8001%2F49bb4f74-6a17-4aa1-a6aa-f18fea209d6c&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT> <BR> タイトルからして面白そうですよね。<BR> クラシックって嫌いじゃないけど何を聴いたらいいか分からないし、堅苦しくて何となく敬遠しがち。私もです(笑)。そんなあなたにこの本はぴったりかもしれません。クラシックを理解するための手順やお勧めの CD をこと細かに教えてくれます。ここで紹介されている CD の幾つかを私も持っているのですが、どれも確実に名盤です。<BR> <BR> さらにクラシックを理解するには「1.本格推理小説を読む」「2.自分でサラダを作る」の2つが必要だと説いています。意味不明でしょ?読めば分かります。そして本の後半は本当に聴く価値のある演奏家やオーケストラ楽団、指揮者、評論家などぶった切りにしていきます。さすがにそれは誇張じゃないの?って思うところもありますが、なぜか真に迫る感じがして痛快です。<BR> <BR> <BR> ■政治経済<BR> タイトル:それでも「日本は死なない」これだけの理由<BR> 著者:増田 悦佐<BR> <SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_mfw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/fxshelves-22/8001/73a01cb2-4aed-4dbe-923b-14631a2bb376"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_mfw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Ffxshelves-22%2F8001%2F73a01cb2-4aed-4dbe-923b-14631a2bb376&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT> <BR> これは日本人は読んでおくべき本だと思います。なぜならインターネットやテレビで連日報道される情報と全く異なることが書かれているからです。円高、日本国債と格付け、原発と太陽光発電、今ホットな話題ばかりだと思います。<BR> <BR> アメリカ、EU、中国、中東等の主要各国の経済現状と日本との差異を明確にした上で、日本経済の性質がいかにこれらと異なり将来の可能性を秘めているか、グローバルな視点から多角的に述べられていますし、主要各国の今後の行く末についても理解が深まる良書です。この本も主要関係者を丁寧にぶった切りにしていきます。<BR> <BR> <BR> ■医学<BR> タイトル:新脳内革命 春山茂雄71歳! 体内年齢28歳のレシピ<BR> 著者:春山茂雄<BR> <SCRIPT charset="utf-8" type="text/javascript" src="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_mfw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822/JP/fxshelves-22/8001/a1102959-3a86-4207-b07f-e98f9a2e21a9"> </SCRIPT> <NOSCRIPT><A HREF="http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?rt=tf_mfw&ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=V20070822%2FJP%2Ffxshelves-22%2F8001%2Fa1102959-3a86-4207-b07f-e98f9a2e21a9&Operation=NoScript">Amazon.co.jp ウィジェット</A></NOSCRIPT> <BR> え~表紙の人、何歳に見えますか?<BR> 71歳です。それだけでもう読む価値があるでしょ(笑)?<BR> <BR> 現在の病院は、例えば血圧が高ければ血圧を下げる薬を出す。それで血圧は下がって患者さんも安心。でも、なぜ血圧が高かったのか?それは、体内に血液を必要としている箇所があったから。それを薬で強制的に下げると将来何が起きるのか?目的は血圧を下げることではなく患者を健康にすること。<BR> <BR> 現在の金儲けありきの病院ビジネス体質を批判しつつ、自身を健康に保つために役立つ情報を、その理由や過程を含めて原子レベルから具体的に分かりやすく説明しています。高血圧や糖尿病などにまだ縁のない若いうちに読んでおくべき良書だと感じました。読んだその日からあなたの何かの生活習慣が変わるはずです。<BR> <BR> 今日はまじめな話しちゃった。。。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/104/clap" id="fc2button-clap-104" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-104").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/104/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
103

Cubase 6 便利なショートカット(上級編)

わ、忘れてました。中級編でほったらかしにしてたことを。 と言うことで、本日は上級編(と勝手に思っている)をお届けしま~す。 中級編でも「キーボードショートカット」メニューで自己流にアレンジしましたが、上級編ももちろんやりますよ~! まず、絶対にお勧めしたいのはこの2つ。これは分類で言うと「トランスポート」の中にあるのですが、1小節戻るに「,」を、1小節進むに「.」を割り当てています。キーボ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> わ、忘れてました。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-83.html" target="_blank" title="中級編"><u>中級編</u></a>でほったらかしにしてたことを。<BR> と言うことで、本日は上級編(と勝手に思っている)をお届けしま~す。<BR> <BR> 中級編でも「キーボードショートカット」メニューで自己流にアレンジしましたが、上級編ももちろんやりますよ~!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110907193537a9f.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110907193537a9f.png" alt="KeyboardShortCut" border="0" width="520" height="317" /></a> <BR> <BR> まず、絶対にお勧めしたいのはこの2つ。これは分類で言うと「トランスポート」の中にあるのですが、1小節戻るに「,」を、1小節進むに「.」を割り当てています。キーボードを見てもらうと分かるのですが、「,」「.」はそれぞれ「<」「>」記号もプリントされていますよね。なんだか戻ると進むみたいじゃないですか。それにキーボードの一番下の段は Z~M までずっと有効なショートカットキーが割り当てられているので、その右隣の「<」「>」も繋がっていて自然です。<BR> <BR> ・1小節戻る    ,<BR> ・1小節進む    .<BR> <BR> さて、このように設定して何か既に打ち込んである画面で実際にヒットしてみてください。画面はどこでもいいです。どうです?1小節ずつ戻ったり進んだりするでしょ?これって何気に便利じゃないですか?これ、個人的にめちゃくちゃ重宝してます。オススメ!<BR> <BR> <BR> どんどんいきますよ~ (^^)/~<BR> 先ほどのショートカットの続きでトランスポーズ関連のショートカットを充実してみましょう。操作が断然早くなります。<BR> <BR> ・ゼロに戻る      Ctrl + Home<BR> ・終了位置へ移動    Ctrl + End<BR> <BR> これも意味は簡単ですよね。押せば曲の先頭や末尾に瞬時に移動できます。特にゼロに戻るはよく使いますね。<BR> <BR> 続いてズーム関連です。「キーボードショートカット」から「ズーム」分類を見てください。初級編で紹介した通り G/H はズームイン/ズームアウトにデフォルトで設定されています。しかし、縦方向のズームはないんですね。これを有効にしてみましょう。<BR> <BR> ・垂直方向にズームアウト    Shift + G<BR> ・垂直方向にズームイン     Shift + H<BR> <BR> 「Shift + G」はデフォルトで別のショートカット(選択範囲を反復再生)に設定されていますが、お構いなしです。どうせいつでも戻せますし、自分が良く使う方に設定されていた方が断然いいです。思い切って変更してみましょう。<BR> <BR> 設定が完了するとすぐに使えます。この機能はエディタ画面よりもトラック画面で使う機会が多いと思います。特にトラックが増えてくると1つ1つを狭くしたり広くしたりしたいと思う機会が増えます。そんなとき、便利ですよ~!<BR> <BR> お次は、クオンタイズを便利にしてみましょう。デフォルトでは Q がクオンタイズに割り振られています。でも長さを揃えたいときは?今までの流れで考えると Shift + Q 辺りが妥当ではないでしょうか。これもデフォルトで別の機能に割り振られていますが、変更してみましょう。分類は「クオンタイズカテゴリー」です。<BR> <BR> ・MIDIイベントの長さをクオンタイズ    Shift + Q<BR> <BR> こいつが優秀なのは、例えばクオンタイズを 1/16(16分音符)に設定していたとして、色んな長さのノートを選択して Shift + Q を押すと、16分音符間隔で最も近い長さに揃えてくれます。全部のノートが 16分音符になったりするようなおバカ機能ではありません!コレも便利。<BR> <BR> ちなみに打ち込みの世界では逆にノートの長さをバラバラにしたい要求もあったりするんですが、これを1発でやる方法なんかもあります。まぁ、これは別の機会に紹介しましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110907194822078.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110907194822078.png" alt="aroundHere" border="0" width="520" height="356" /></a> <BR> <BR> その代わりと言ってはなんですが、マウスによる技を1つ紹介したいと思います。まず、どの画面でも構いません。上部に時間軸が表示されている画面で(上図の黄色四角あたり)お好きな位置をマウスで押したままにしてください(離しちゃダメです)。そしてそこから真上か真下にマウスを引っ張ります。すると、、、。なんと拡大縮小が出来るじゃないか~!!!これもテラ便利。<BR> <BR> と言うことで、上級にふさわしいエレガントさを持って(?)幾つかショートカットを紹介してみました。皆さんも便利なショートカットがありましたら是非教えてください!<BR> <BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-83.html" target="_blank" title="中級編"><u>中級編</u></a>、<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-79.html" target="_blank" title="初級編"><u>初級編</u></a>もよろしかったらご覧ください。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/103/clap" id="fc2button-clap-103" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-103").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/103/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-09-07 (Wed)
  • Category : Cubase
102

オーケストラ音源の老舗 VIENNA がプレゼントキャンペーン実施中!

なんだかクリプトンが VIENNA のキャンペーンをやってるみたいですよ~! ■VIENNA ご愛顧感謝プレゼント&ディスカウントキャンペーン http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vienna/camp1109_autumn.jsp -------------------------------------------------------------------------------- 【Vienna Instruments STANDARD製品を1点ご購入につき、 お好きなVSLダウンロード・インストゥルメントを1点プレゼント... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> なんだかクリプトンが VIENNA のキャンペーンをやってるみたいですよ~!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/header.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/header.jpg" alt="crypton_sale" border="0" width="520" height="165" /></a> <BR> <BR> ■VIENNA ご愛顧感謝プレゼント&ディスカウントキャンペーン<BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vienna/camp1109_autumn.jsp" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vienna/camp1109_autumn.jsp">http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vienna/camp1109_autumn.jsp</a><BR> <BR> --------------------------------------------------------------------------------<BR> 【Vienna Instruments STANDARD製品を1点ご購入につき、<BR> お好きなVSLダウンロード・インストゥルメントを1点プレゼント】<BR> <BR> キャンペーン期間中に、新たにVienna Instruments STANDARDパッケージ製品(※注意1)を1点ご購入の上、VSLアカウントにご登録いただきましたお客様へ、ご希望のVSLダウンロード・インストゥルメントを1点(※注意2)プレゼントいたします。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/vienna_festival.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/vienna_festival.png" alt="vft" border="0" width="520" height="586" /></a> <BR> --------------------------------------------------------------------------------<BR> <BR> ここで注意すべきなのは、プレゼントされるのは「VSL ダウンロード・インストゥルメント」であること。EXTEND をプレゼントするなどとはどこにも書かれていません。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/downloadInstruments.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/downloadInstruments.png" alt="di" border="0" width="520" height="225" /></a> <BR> ■VSL ダウンロード・インストゥルメント<BR> <a href="http://www.vsl.co.at/en/211/496/802/951.vsl" target="_blank" title="http://www.vsl.co.at/en/211/496/802/951.vsl">http://www.vsl.co.at/en/211/496/802/951.vsl</a><BR> <BR> VSLダウンロード・インストゥルメントって言うのは要するに各楽器単位でのバラ売りってことで、ダウンロード版なので手軽に欲しい楽器だけ手に入れることが出来ます。例によって SANTARD/EXTEND の2つに分かれています。ですからこのキャンペーンの意味は、Vienna Instruments STANDARD 製品を1つ買うと、お好きな楽器(VSL ダウンロード・インストゥルメント)の STANDARD または EXTEND が1つダウンロードできるようになるってことですね。最大3つまで行けるみたいです。<BR> <BR> どうでしょう?<BR> <BR> ちょっと微妙ですかねぇ。例えば金管セクションの基本製品である VI BRASS I の STANDARD を買って、クラリネットだけの STANDARD が付いてくる。う~ん。それにどうも VSL ダウンロード・インストゥルメントにはストリング系の音色はないみたいですね。 そうだ!木管セクションの VI WOODWINDS I STANDARD を買ってサックスの STANDARD を付けるなんてのはどうですか?オーケストラはブラスバンドと違ってサックスが標準ではないですからね。あとはそうだな、金管セクションの VI BRASS I STANDARD を買ってどうしても欲しい EXTEND を付けるとか。<BR> <BR> 心配するのはこういう中途半端なキャンペーンに飛びつくことで後でまとまった製品が欲しくなったときに無駄が出てしまうことなんですよね。VSL ダウンロード・インストゥルメントで1つ1つ購入して合わせ技で1つのパッケージにしてしまうことは出来ますし、ダウンロード版は製品版より安いのですが、合わせるとどうしても割高になります。<BR> <BR> そもそもクリプトンって大抵年末年始にキャンペーンを張るんですけども、毎年その内容が違うので買い手としてはスリル(リスク)があります。キャンペーン時に購入を検討しておられる方は多いと思うんですが、その内容が毎年違うとなると計画がおぼつきませんよねぇ。クリプトンもいい加減にキャンペーンの内容を統一すればいいのに。ちなみに昨年末から今年にかけてのキャンペーンの内容はこんな感じでした。<BR> <BR> --------------------------------------------------------------------------------<BR> キャンペーンの内容は2つあり、ひとつは、すでにVienna Instruments STANDARDパッケージ製品を1点以上持っているVSLユーザーが新たにパッケージ製品を1タイトル以上購入すると、EXTENDEDライセンスが1点プレゼントされるというもの。もうひとつは、Vienna Instruments STANDARD製品またはFULL製品を4タイトル以上同時購入すると、価格が23%OFFになるというもの。<BR> --------------------------------------------------------------------------------<BR> <BR> う~ん、今年のキャンペーンがどうなるか分かりませんが、やっぱり買うんだったら年末年始ですかねぇ。それから相変わらずの円高ですので、差益還元してほしい。。。<BR> <BR> さて、年末年始までとても待てないし高すぎると言う方は、チョット裏技?がありまして、sweetwater のような海外のサイトから購入すれば円高の恩恵に与れてだいたいクリプトンのキャンペーンと同じぐらいの価格で買えそうです。海外なので心配と思われる方もおられると思いますが、一応 paypal にも対応していてクレジット情報漏えいの心配は少なそうです。<BR> <BR> ちなみに sweetwater では EastWest の製品も取り扱っていますが、これは SoundsOnline で購入した方が安く上がります。以前 paypal が使えなくなっていたことがありましたが最近ではまた使えるようになったようで安心しました。<BR> <BR> まぁ、どこで購入するにせよクリプトンやハイレゾ(High Resolution)のような日本代理店は少し遅れた円で売ることでシコタマ儲けてるからくりは知っておいて損はないかと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sw-logo-flag.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sw-logo-flag.gif" alt="sw" border="0" width="192" height="65" /></a> <BR> ■sweetwater<BR> <a href="http://www.sweetwater.com/" target="_blank" title="http://www.sweetwater.com/">http://www.sweetwater.com/</a><BR> <BR> ■soundsonline<BR> <a href="http://www.soundsonline.com/" target="_blank" title="http://www.soundsonline.com/">http://www.soundsonline.com/</a><BR> <BR> ■CRYPTON<BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/">http://www.crypton.co.jp/</a><BR> <BR> ■High Resolution<BR> <a href="http://www.h-resolution.com/index.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/index.html">http://www.h-resolution.com/index.html</a><BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/102/clap" id="fc2button-clap-102" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-102").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/102/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。