カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
126

12月はバーゲンセールの月!

みなさん、こんばんは。 早いもので11月ももう終わりですね。残すは12月のみとなってしまいました。12月と言えば、忘年会、ボーナス(あるんかいな?)、バーゲンセールとか「ばびぶべぼ」月な訳ですが、DTM/DAW 機材も12月はセールが多いですよね。毎年この時期を待って欲しかった機材を購入される方もおられるのではないでしょうか。 セールと言えば、クリプトンが今、熱いですよね! ご存知の通り昨今は円高で海外製品が... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさん、こんばんは。<BR> <BR> 早いもので11月ももう終わりですね。残すは12月のみとなってしまいました。12月と言えば、忘年会、ボーナス(あるんかいな?)、バーゲンセールとか「ばびぶべぼ」月な訳ですが、DTM/DAW 機材も12月はセールが多いですよね。毎年この時期を待って欲しかった機材を購入される方もおられるのではないでしょうか。<BR> <BR> セールと言えば、クリプトンが今、熱いですよね!<BR> ご存知の通り昨今は円高で海外製品がとっても安くなってますが、円高差益還元セールと銘打って爆発価格で音源奉仕中です。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cryptonSale.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cryptonSale.jpg" alt="cryptonSale.jpg" border="0" width="520" height="200" /></a> <BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_94.jsp" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_94.jsp">http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_94.jsp</a><BR> <BR> 楽天なんかで最安値を検索するより圧倒的に安いので、是非見てみてください。音源ジャンルも総合音源からオーケストラ系、シンセ、ドラム、ピアノ、ギター、ベース、各種揃ってますよ。個人的にはギター音源が結構そそられたりして。。。<BR> <BR> 一方、High Resolution も EastWest 関連でまたやってますね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HighResolutionSale.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HighResolutionSale.jpg" alt="HighResolutionSale.jpg" border="0" width="520" height="200" /></a> <BR> <a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/index.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/index.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/index.html</a><BR> <BR> 1本買うともう1本プレゼントって言う毎年恒例のセールですが、ま、好評と言うことなんでしょう。ただ、最新作 Hollywood 系のダイヤモンドエディション(最上位版)は対象外だったり、購入商品の価格以下の製品限定だったりと悩ましい制限がいくつかありますのでご注意を。<BR> <BR> ゴールドエディションでいいので Strings と Brass を揃えたいとか考えておられる方はチャンスじゃないですか?大抵は Sounds Online のセールの方が安いんですが、これなら High Resolution で買ってもまぁ納得かな。でも、12月になれば SoundsOnline のセールもヒートアップしてくると思いますので(特にクリスマス!)、そのころまで待って自分に最適な組み合わせを検討するのが賢いんじゃないでしょうか。<BR> <BR> その他、楽天の各ショップなんかも個別にセールをやったりしますから目が離せませんね。さぁ、今年は何を買いましょうか?とか言いつつスマホが一番欲しい動物使いであった。。。<BR>  <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/126/clap" id="fc2button-clap-126" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-126").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/126/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <div id="imobile_ad_native_42222820170623171311"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416606"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175234"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416669"});</script> <div id="imobile_ad_native_42222820170623175252"></div><!-- i-mobile for PC client script --><script type="text/javascript" src="https://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/adsnativepc.js?20101001"></script><script type="text/javascript">IMobile.Native.PC.showAds({pid: "62541",asid: "1416670"});</script> <!-- FC2管理用 --> <img src="https://media.fc2.com/counter_img.php?id=3493" width="1" height="1"> <!-- FC2管理用 --> </div>
  • Date : 2011-11-30 (Wed)
  • Category : 音源
125

Ivory II Italian Grand の機能紹介

Ivory II はピアノの持つほとんどの機能を再現すべく作られているのはこのブログでご紹介している通りです(こちらから)。今回はそれらの機能が Ivory II の中でどのように実現されているか見てみましょう。 ■Ivory II の画面構成 Ivory II は4つの画面から構成されています。 Session 音源の設定画面。メモリの使用量やベロシティカーブ、チューニングなどを設定する。 Program ピアノの設定画面。打鍵・ペダルノイズ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> Ivory II はピアノの持つほとんどの機能を再現すべく作られているのはこのブログでご紹介している通りです(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)。今回はそれらの機能が Ivory II の中でどのように実現されているか見てみましょう。<BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■Ivory II の画面構成</u></span><BR> <BR> Ivory II は4つの画面から構成されています。<BR> <table> <tr><td>Session</td> <td>音源の設定画面。メモリの使用量やベロシティカーブ、チューニングなどを設定する。</td></tr> <tr><td>Program</td> <td>ピアノの設定画面。打鍵・ペダルノイズ量、各種レゾナンス量、ピアノの蓋の開け具合などを調整する。</td></tr> <tr><td>Effects</td> <td>エフェクト調整画面。イコライザ、コーラス、アンビエントの調整を行う。</td></tr> <tr><td>Preferences</td><td>バージョンの確認画面。</td></tr> </table> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Session.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Sessions.png" alt="Session.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Session 画面ではご覧の通り、ピアノ音源としての各種設定がまとめて行えるようになっています。<BR> ピアノの音色プリセットもこの画面(右上)で選択できます。プリセットはクラシック、ジャズ・ポップスなどの雰囲気に合わせたものからシンセパッドを加えたアンサンブルまで20種類以上から選べるようになっています。<BR> さて、ではこの画面の代表的な機能を紹介しますね。<BR> <table> <tr><td>Memory Use</td><td>メモリ使用量の設定。メモリに余裕がある場合は大きめに。</td></tr> <tr><td>Voices</td><td>同時発音可能数。たくさんのキーを同時押下するなら大きめに。</td></tr> <tr><td>Half Pedaling</td><td>ダンパーペダルを踏むか離すかではなくダンパーペダルの滑らかな変化を追従するモード。当然 MIDI(演奏楽器)側も対応している必要があるので注意。</td></tr> <tr><td>Ovtave</td><td>オクターブシフト設定。ピアノの全キーを備えない小さなキーボードを使用する場合などは曲に合わせてシフトさせるとよい。</td></tr> <tr><td>Transpose</td><td>移調設定。半音ずつ上がったり下がったり。私の大好きな機能(笑)</td></tr> <tr><td>Fine Pitch</td><td>100シフトさせると半音上がる(下がる)。</td></tr> <tr><td>A4 Pitch</td><td>基準音 A4 のピッチを設定する。演奏前に他の楽器と合わせましょう。</td></tr> <tr><td>Silent Key Vel</td><td>新機能!ピアノってとてもソフトにタッチした場合は音が鳴らないんですが、そのレベルを再現するための設定です。現代音楽では無音でキーを押さえ、そこに別の音を加えたときに得られる無音キーとの共鳴を演出するような音楽もあり、Ivory II ではそれすらも再現できます。</td></tr> <tr><td>Tunig</td><td>一般的な平均律と「stretch」と呼ばれるコンサート・チューニング技術者数名が実際にチューニングを施した「より自然な」チューニングが選べる。ソロのときはお勧め。</td></tr> <tr><td>Tuning Table</td><td>自分自身のチューニングを設定したり保存もできますよ。</td></tr> <tr><td>Arc Type</td><td>画面右のベロシティカーブの調整を行う。中域を厚くしたり、お使いの MIDI キーボードとの設定に合わせて調整しましょう。</td></tr> </table> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Program.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Programs.png" alt="Program.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Program 画面は Ivory II のメイン画面です。ピアノ鍵盤をクリックするともちろんその音が鳴ります。<BR> Ivory II の売りの1つである新機能、各種レゾナンス(共鳴)の設定もここで行えます。レゾナンスの度合いはプリセットから選べて、それを元に簡単に調整をかけられるようになっています。 下の表に紹介する各種機能の他にも画面右にある「Synth Layer」機能でピアノ音のバックにうっすらとストリングシンセを加えて雰囲気を追加するようなことも出来ます。Ivory II を購入した当初は邪道な機能だと思っていたのですが、使ってみるとなかなか面白くて今ではありかなと思っています。<BR> <BR> <table> <tr><td>Sustain Resonance</td><td>サステインペダルが踏まれ、ダンパーが弦から離れた状態においてピアノの弦と響板によって生まれる共鳴の量を調整します。</td></tr> <tr><td>Sympathetic Resonance</td><td>Synthogy 社独自技術であるハーモニックレゾナンス(弦の共鳴による振動現象)の量を調整します。深~い音になります。</td></tr> <tr><td>Pedal Noise</td><td>ペダルを踏んだときのノイズ量を調整します。やりすぎるとスコスコ耳障りになりますのでほどほどに(笑)。</td></tr> <tr><td>Release</td><td>鍵盤を離してから音が消えるまでの長さを設定します。規定値より少し長めがお勧め。</td></tr> <tr><td>Key Noise</td><td>打鍵時のクッションノイズ。お好みで調整してください。</td></tr> <tr><td>Timbre</td><td>音の明るさ設定。+99 が最高値でデフォルトレコーディング状態。値を下げると音が暗くなります。</td></tr> <tr><td>Dynamic Range</td><td>音量幅の設定。ピアノソロなんかでは少し高めに、ミックス時には低めにすると吉。あまり上げすぎるとダメ。</td></tr> <tr><td>Trim</td><td>発音された音が Ivory II のエフェクトに渡される前のゲイン設定です。エフェクト設定にあわせて調整してください。</td></tr> <tr><td>Stereo Width</td><td>音の広がり感の調整。Stereo Perspective と合わせて使ってください。</td></tr> <tr><td>Lid Position</td><td>蓋の開け具合。落ち着いた暖かい曲なんかは蓋を閉めたりします。よく分からなければ全開で!(笑)</td></tr> <tr><td>Timbre Shift</td><td>結構ハイテクな新機能なんですが、まぁチェンバロみたいな音にしたければプラスに、落ち着いた暗い音にしたければマイナスへどうぞ。</td></tr> <tr><td>Stereo Perspective</td><td>Performer なら低音が左で高音が右、Audience ならその逆です。特に理由がなければ Performer で使ってください。</td></tr> <tr><td>Release Samples</td><td>鍵盤から指が離れた時にダンパーが弦に戻る音。OFF にするとメモリ使用量を大幅削減できる。アンサンブル曲なら OFF がお勧め。</td></tr> <tr><td>Soft Pedal Samples</td><td>ソフトペダルを使用しないなら OFF にすることでメモリ使用量を削減できます。</td></tr> </table> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Effects.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Effectss.png" alt="Effects.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Effects 画面では Program で設定した音色にさらにエフェクトを加えられます。<BR> イコライザとコーラスとアンビエンスがあるのですが、ピアノとして鳴らすなら基本、どれもデフォルトで十分だと思います。<BR> ミックス時にピアノの個性を調整したい場合にさりげなく手を加えるぐらいが良いかと。<BR> コーラスなんかは ON にするとクラビノーバみたいになりますので、自身の音楽に合わせて選択してください。<BR> アンビエンスも「ルーム」から「コンサートホール」まで7つほどの一般的なアンビエンスが収録されています。メインリバーブは FX トラックでかけるとして、うっすらと雰囲気を持たせる程度にするのがよいかと。もちろんソロやスタンドアローンで使用する場合はガツンと掛けちゃっても言いかと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Preferences.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Preferencess.png" alt="Preferences.png" border="0" width="159" height="103" /></a> <BR> <BR> Preference 画面は主にバージョンの確認ですので特にご紹介しなくても良いでしょう。<BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■スタンドアローンでも起動できる!</u></span><BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIICantabileProgram.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IvoryIICantabilePrograms.jpg" alt="IvoryIICantabileProgram.jpg" border="0" width="159" height="129" /></a> <BR> <BR> Ivory II には「Ivory Cantabile」と呼ばれるスタンドアローンツールが付属しています。これを使えば DTM/DAW ソフトをいちいち立ち上げなくても単体で Ivory II を使用できてライブ演奏などに便利です。<BR> Ivory Cantabile では Ivory II Plug-In の全ての機能が使えるだけでなく、メトロノームを鳴らしたり演奏を録音できたりします。手軽に演奏するにはもってこいだと思います。自宅にキーボードはあるけどピアノの音に満足できないような方も、これならキーボードが本格的なピアノ楽器に変身しますよ!もちろんペダルやベロシティレイヤーに対応したキーボードがお勧めです。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/125/clap" id="fc2button-clap-125" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-125").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/125/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
124

DTM/DAW ソフトユーザ数対決! (Cubase/Sonar/ProTools/Logic...)

これから DTM/DAW ソフトを買おうと検討されている方は Cubase, Sonar って大きな候補ですよね。高い買い物ですから買って後悔したくない。そのためにはいくつか判断材料が欲しいところです。今日はユーザ数の観点から各 DTM/DAW ソフトを見ていきましょう! ユーザ数が多いと言うことはそれだけ使っている人が多いと言うことであり、使われていると言うことはそれだけ使えるツールだと言うことであり、買って後悔する可能性が... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> これから DTM/DAW ソフトを買おうと検討されている方は Cubase, Sonar って大きな候補ですよね。高い買い物ですから買って後悔したくない。そのためにはいくつか判断材料が欲しいところです。今日はユーザ数の観点から各 DTM/DAW ソフトを見ていきましょう!<BR> <BR> ユーザ数が多いと言うことはそれだけ使っている人が多いと言うことであり、使われていると言うことはそれだけ使えるツールだと言うことであり、買って後悔する可能性が低いとも言える理屈。もっと言ってしまえば Cubase も Sonar も ProTools も使っている人は当然たくさんいる訳で、であればどのツールも使えるツールってことですよね。少なくとも買って「使えねー!」ってことにはならない。<BR> <BR> ただ、買った後に分からないことは絶対出てくるので、それを解決する手段が多いに越したことはありません。詳しい人が近くにいるならその人が持ってるソフトにするのが一番いいんでしょうけど、なかなかそんな恵まれた環境はないですよね。さぁ、いくつか調べてみましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/google-music.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/google-musics.jpg" alt="google-music.jpg" border="0" width="159" height="101" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■インターネット情報数対決</u></span><BR> <BR> インターネットで検索してたくさんヒットするツールは情報量が多いツール。ま、多少語弊はあるかもしれませんがそれなりに真理かと思います。検索は「ツール名 DTM DAW」で行ってみます。ツール名だけ入力すると違う意味のサイトもヒットしてしまいますからね。<BR> <BR>  ①Logic       318,000 件(330,000,000 件)<BR>  ②Cubase       292,000 件( 21,200,000 件)<BR>  ③ProTools      274,000 件( 26,500,000 件)<BR>  ④Sonar       232,000 件( 58,600,000 件)<BR>  ⑤Singer Song Writer 39,500 件( 52,800,000 件)<BR>  ⑥Digital Performer  27,900 件( 3,950,000 件)<BR> <BR> 上位4つはなかなか接戦になりました。()内は単純に製品名だけを入力した際のヒット数。Logic つえー。ま、"Logic" や "Sonar" は英単語としても成り立つので、製品以外のページも大量にヒットしていると思われます。<BR> <BR> えっ? これじゃ良く分からないって?(笑)<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/81155_matter.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/81155_matters.jpg" alt="81155_matter.jpg" border="0" width="159" height="101" /></a> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■本の数で勝負だ!</u></span><BR> <BR> 本がたくさん出ていると言うことは、困ったときの手助けが多いと言うことでもあり、またそれだけ需要があるということでもあります。さぁ、どれが多いでしょうか?本と言えば Amazon ですね。検索してみました(日本語の本)。<BR> <BR>  ①Sonar         62 件<BR>  ②Cubase        58 件<BR>  ③ProTools       55 件<BR>  ④Singer Song Writer  16 件<BR>  ⑤Logic Studio     12 件(Logic で検索すると違うものも大量ヒットするため)<BR>  ⑥Digital Performer   9 件<BR> <BR> 本の数では若干 Soanr が有利、でも上位3位は大体同じぐらいだと考えてよいのではないでしょうか。Singer Song Writer なんかは機能がそれほど多くないので本の数も少ないのかもしれませんね。<BR> <BR> えっ? そんな情報じゃダメだって?(笑)<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/share_logo.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/share_logo.jpg" alt="share_logo.jpg" border="0" width="110" height="110" /></a> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■日本のユーザ数で勝負だ!</u></span><BR> <BR> う~ん、仕方ない。じゃあ、実際に使っている人がどれぐらいいるか調べてみましょう!音楽コミュニティーサイトっていくつかあるんですが、その中で私も登録している Music Track(http://musictrack.jp/)を見てみましょう。ここにはたくさんの DTM ユーザがいて、自分の使っている製品を登録しています。ここで登録数が多いってことは、即ち、日本で使っているユーザが多いと言ってしまっていいんじゃないかと思います。<BR> <BR>  ①Cubase      954 人(Nuendo を含めると 1,015 人)<BR>  ②Sonar       773 人(X1 含む)<BR>  ③Logic       382 人<BR>  ④Singer Song Write 299 人(Lite 含む)<BR>  ⑤Pro Tools     265 人<BR>  ⑥Digital Performer 161 人<BR> <BR> と言うことで、実際にユーザ数が多いのは Cubase でした。Sonar もそれほど差はありません。Logic も Mac/Windows 比率から考えればかなり頑張っている数字ですね。<BR> <BR> <span style="font-size:large;"><u>■結論</u></span><BR> <BR> DTM/DAW ソフトの3強は Cubase/Sonar/Logic。そして次点で ProTools も。Logic は本の数が少ないのが気になりますが、Mac ユーザはこれ一択でしょう!選べる Windows ユーザは Cubase か Sonar を買っておけばまず間違いありません!プロを気取りたいなら ProTools もありかと。<BR> <BR> えっ? Cubase か Sonar か結局決められない?<BR> そうやって悩んでるうちが楽しいんですよ。このブログでも Cubase/Sonar の比較はちょくちょくやっていますので過去記事も参考にしてください(ブログ左のカテゴリーツリーから Cubase を選択してください)。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/124/clap" id="fc2button-clap-124" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-124").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/11.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/124/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-11-23 (Wed)
  • Category : Cubase
123

Cubase の色をいろいろ変えたい!

Cubase って基本グレーっぽい配色で統一されてますよね。地味~な感じ。 まぁ大抵の DTM/DAW ソフトってのは重要なものを目立たせるためにこういう配色になってるのがほとんどなんですが、今日は Cubase の色を変える方法をいろいろ(洒落?)紹介していきます。色合いの変更は Cubase 6 の新機能でもありますね! ■全体的な色合いを変えたい これは簡単ですね! [ファイル]-[環境設定] から [外観] を選択しましょう... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> Cubase って基本グレーっぽい配色で統一されてますよね。地味~な感じ。<BR> まぁ大抵の DTM/DAW ソフトってのは重要なものを目立たせるためにこういう配色になってるのがほとんどなんですが、今日は Cubase の色を変える方法をいろいろ(洒落?)紹介していきます。色合いの変更は Cubase 6 の新機能でもありますね!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/a24f5bbd6b.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/a24f5bbd6b.png" alt="Cubase6 UIColor" border="0" width="520" height="300" /></a> <u>■全体的な色合いを変えたい</u><BR> <BR> これは簡単ですね!<BR> [ファイル]-[環境設定] から [外観] を選択しましょう。<BR> Cubase ではどこでも何でも好きな色に変更できるわけではなく、一定の調和を保った範囲で変更することが許されています。ボタンが背景と同化して見づらくなったりするのを避けているわけですね。自由に変更できると思ってた人は少し物足りないかもしれません。<BR> <BR> [全般] 設定では彩度・明度・色相を自由に変更できますが、個人的には赤・青・緑にした方が分かりやすかったと思います。<BR> <BR> <u>■各トラックの色を変えたい</u><BR> <BR> これは方法が色々あるんですが、基本的には画像の黄色枠の部分で変更します。<BR> まず左側のトラック名が表示されているところですが、右端にある小さな右三角矢印をクリックすることで色を変えられます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeColors.png" alt="ChangeColor.png" border="0" width="159" height="133" /></a> <BR> <BR> 次に画像右側の各トラックですが、これは [Shift]/[Ctrl]/[Alt] のいずれかのキーを押したままマウスクリックすることで変更できるようになります。これちょっと分かりにくいですよね。<BR> <BR> <u>■ミキサー画面でも変えたい</u><BR> <BR> これも上で紹介したトラックの色を変える方法と同じです。ミキサー内の各トラックの色表示されている部分で [Shift]/[Ctrl]/[Alt] のいずれかのキーを押したままマウスクリックすることで変更できるようになります。当然、ここで変更した色はメイン画面の各トラックにも反映されます。どちらで変更してもいいんですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeMixerColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeMixerColors.png" alt="ChangeMixerColor.png" border="0" width="158" height="63" /></a> <BR> <BR> <u>■まとめてトラックの色を変えたい</u><BR> <BR> まず変更したいトラックを全て選択します。これは [Ctrl] キーを押したままトラックをクリックすることで複数選択できます。また、範囲を指定したいときは [Shift] キーを押したまま範囲の先頭トラックと末尾のトラックをクリックすれば間にある全てのトラックが選択対象になります。<BR> <BR> その状態で自分の指定したい色になっているトラックを右クリックして「同じタイプの選択トラックのカラーを使用」を選択しましょう。すると、選択していたトラックが全て右クリックしたトラックの色に変わります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeAllTrackColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangeAllTrackColors.png" alt="ChangeAllTrackColor.png" border="0" width="160" height="155" /></a> <BR> <BR> これは各トラックをグループに分けて整理している時なんかに便利です。同じグループ内のトラックは同じ色にしたいですよね。グループ内のトラックを全て選択してまとめて変更してしまいましょう。<BR> <BR> <u>■各トラックの色をグラデーションにしたい</u><BR> <BR> 実は Cubase ではトラックを追加すると追加される位置の1つ前にあるトラックカラーの次の色が自動的に割り当てられます。例えばオレンジのトラックが選択されている状態で右クリックして「トラックを追加」を選ぶと黄色のトラックが追加されます。そして複数のトラックをまとめて追加すると、それらはグラデーションになります。<BR> <BR> ですからトラックカラーをグラデーションにしたい場合は、まとめて複数トラックを追加しましょう。これで綺麗なグラデーショントラックが出来上がります。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AddTracks.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/AddTracks.png" alt="AddTracks.png" border="0" width="520" height="70" /></a> <BR> <BR> ちなみにこの動作仕様は環境設定から変更できます。 [環境設定]-[編集操作]-[プロジェクト/ミキサー]を選択してください。設定項目の中に「トラック表示色の自動設定」があるはずです。これを変更することでトラックを追加した際の配色の挙動を変えられます。<BR> <BR> <u>■デフォルトの16色の色を変更したい</u><BR> <BR> それも簡単です。<BR> メイン画面の上部にあるボタンを押します(画像の黄色枠)。するとこんなメニューが出てきます。もうお分かりですね。後は各色を好きな色合いに変更しちゃってください(笑)。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MakeOriginalColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/MakeOriginalColors.png" alt="MakeOriginalColor.png" border="0" width="138" height="159" /></a> <BR> <BR> <u>■各ピッチの色を変えたい</u><BR> <BR> エディット画面では入力されたノートを様々なタイプで色分けすることが出来ます。下の画像のボタンを押せば選択できますよね。このボタンを押して表示されるメニューに「設定」があります。選択してみましょう。カラー編集画面が出ますよね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangePitchColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ChangePitchColors.png" alt="ChangePitchColor.png" border="0" width="160" height="147" /></a> <BR> <BR> 現在選択されている表示設定に応じたカラー編集画面が出ますから分かりやすいです。デフォルトのカラーリングが原色っぽくってイヤだって方もおられると思います。中間色にするなどお好きな設定を楽しんでください。<BR> <BR> <u>■コントローラレーンのカラーを変更したい</u><BR> <BR> コントローラーレーンとは、エディット画面を開いたときに画面の下に表示されるベロシティーとかピッチベントとかを表示するエリアのことですが、ここで表示される各パラメータの色は基本的に上で紹介した「各ピッチの色を変えたい」で変更した色合いに従って表示されます。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ExpressionColor.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ExpressionColors.png" alt="ExpressionColor.png" border="0" width="159" height="124" /></a> <BR> <BR> 残念なのは Expression などのユーザが自由に入力できるタイプのコントローラレーンです。Cubase 5 の時代ではこれらはきれいな?グラデーション表示がなされていましたが、Cubase 6 では単色グレーになってしまいました。これをグラデーションにする方法はないようです。<BR> <BR> 以上、Cubase のカラー変更についての紹介でした。<BR> 自分オリジナルのカラーリングで DTM/DAW ライフを満喫しましょう! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/123/clap" id="fc2button-clap-123" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-123").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/123/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-11-19 (Sat)
  • Category : Cubase
122

グーグルパズル

みなさ~ん、もう「グーグルパズル」やりました? 今更?って話題ですが、結構楽しかったので思い出したついでに紹介しておきますね。 まだの方は是非やってみよう! http://www.thegooglepuzzle.com/ なんでも最近流行の HTML5 や CSS3 を駆使して作ったものらしいです。HTML5 と言えば今は亡きジョブズを思い出しますねぇ。Adobe の Flash にダメ出しして HTML5 にラブコール。その Adobe も今後は HTML5 を頑張ってい... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさ~ん、もう「グーグルパズル」やりました?<BR> 今更?って話題ですが、結構楽しかったので思い出したついでに紹介しておきますね。<BR> まだの方は是非やってみよう!<BR> <BR> <a href="http://www.thegooglepuzzle.com/" target="_blank" title="http://www.thegooglepuzzle.com/">http://www.thegooglepuzzle.com/</a><BR> <BR> なんでも最近流行の HTML5 や CSS3 を駆使して作ったものらしいです。HTML5 と言えば今は亡きジョブズを思い出しますねぇ。Adobe の Flash にダメ出しして HTML5 にラブコール。その Adobe も今後は HTML5 を頑張っていくとか。HTML5 を使うともうほとんどアプレット(ブラウザ上で動作するアプリのこと)とは思えないような動作が出来ちゃうんですね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110817googlepuzzle1.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110817googlepuzzle1.jpg" alt="20110817googlepuzzle1.jpg" border="0" width="520" height="350" /></a> <BR> <BR> おっと、話題が反れました。<BR> このグーグルパズルですが、頭が固いと解くのが難しいですよ~。特に5つの問題をクリアした後の最後の問題は相当頭を柔らかくしないと解けないぞ!ふふふふっ、解いたからこそ出来る、この上から目線(笑)。<BR> <BR> ちなみにブラウザは Google Chrome でやった方がいいみたいですよ。このブログも一応 Google Chrome での閲覧を推奨しています!<BR> <BR> それでは!<BR>  <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/122/clap" id="fc2button-clap-122" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-122").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/122/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
121

iZotope Ozone 5 遂にリリース!

出ましたよ! iZotope Ozone 5! ご存知、マスタリングツールの決定版。十分な性能を持っているのは当然のこと、動作が軽快で使いやすく、何と言っても低価格。アマチュア DTM/DAW の強い味方です。前作 Ozone 4 で確固たる人気を確立し、今回満を持してのメジャーバージョンアップとなりました。早速見てみましょう! ■かっこいい?画面デザイン Ozone シリーズと言えば黒地に緑!そして、要所に映える赤です。 今... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_main.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_main.png" alt="ozone5_ozone5advanced_main.png" border="0" width="255" height="141" /></a> <BR> <BR> 出ましたよ! iZotope Ozone 5!<BR> <BR> ご存知、マスタリングツールの決定版。十分な性能を持っているのは当然のこと、動作が軽快で使いやすく、何と言っても低価格。アマチュア DTM/DAW の強い味方です。前作 Ozone 4 で確固たる人気を確立し、今回満を持してのメジャーバージョンアップとなりました。早速見てみましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/component_plugins_montage.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/component_plugins_montage.png" alt="component_plugins_montage.png" border="0" width="520" height="160" /></a> <BR> <p>■かっこいい?画面デザイン</p> Ozone シリーズと言えば黒地に緑!そして、要所に映える赤です。<BR> 今回もそのデザインを踏襲したものとなってますね。ボタン類のレイアウトも Ozone 4 とほぼ同じですが立体的に凝ったものになりました。バンド分けが必要なダイナミクスやステレオイメージングは4色のカラーを採用し、より分かりやすくなりましたし、ベクタースコープやゲインリダクションが視覚化れるなど、グラフィック面ではかなり改良された印象です。デザインや配色はともかく使いやすさはなかなかに上がっているようですね。 それからウィンドウのサイズですが、Ozone 4 より2周りぐらい大きくなってます。大画面ディスプレイじゃないと圧迫感がありますね。こんな感じ↓<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111112192307776.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111112192307776s.png" alt="画面サイズ" border="0" width="159" height="119" /></a> <BR> <p>■2つのパッケージ</p> 今回の Ozone 5 は2種類のパッケージがあります。"Ozone 5" と "Ozone 5 Advanced" です。高機能なのは Advanced の方。価格差は定価で $249 と $999 ですから4倍ほど。結構な差ですよね。何が違うんでしょうか?<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_boxes.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_boxess.png" alt="ozone5_ozone5advanced_boxes.png" border="0" width="159" height="100" /></a> <BR> 簡単に言うと2つあって、1つは COMPONENTPLUG-INS と呼ばれるもの。これは Ozone 5 の持つ6つの機能、イコライザ・マキシマイザ・ダイナミクス・リバーブ・ステレオイメージング・エキサイタをそれぞれ独立したプラグインとして利用できること。つまり、マスタリングエフェクトとしてではなく、トラックエフェクトとして単独で挿しても使いやすいですよってことです。まぁ、私は Ozone 4 でもトラックエフェクトとして無理やり挿したりはしていましたが、、、。<BR> <BR> もう1つは METER BRIDGE と呼ばれるもの。これははっきり言ってプロ向けの機能。フルスクリーンで設定一覧を表示したり、ステレオバランス/相関・スペクトラムを時間軸上に3Dグラフィック表示できたりします。この機能はグラフィックパワーを要しますので、Open GL 2.0 に対応したグラフィックカードが必須になります。グラフィックパワーが必要な音楽機材って初めてお会いしました(笑)。写真左上の3D表示がグラフィックパワーいるんですよね。それから右下のラウドネスメーターは実物を見るとすごくクールでかっこいいです!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_meterbridge.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_meterbridges.png" alt="ozone5_meterbridge.png" border="0" width="159" height="92" /></a> <BR> <BR> その他、各機能に細かな改良や小機能追加があります。<BR> <BR> 詳しくはこちらの "WATS'S NEW" を参照。<BR> <a href="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/index.asp" target="_blank" title="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/index.asp">http://www.izotope.com/products/audio/ozone/index.asp</a><BR> <BR> <p>■Ozone 4 からの変更点</p> Ozone シリーズが持つ6つの機能がそれぞれパワーアップしています!全体の機能を通して時間軸上で各エフェクトの効果を視認できるグラフィックが追加されたのは非常に素晴らしいです。動作も Ozone 4 譲りで軽快、ストレスを一切感じさせないのはさすが。CPU もそんなに喰ってないですね。<BR> <BR> <u>イコライザ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_eq.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_eqs.png" alt="ozone5_eq.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PreEQ.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PreEQs.png" alt="PreEQ.png" border="0" width="160" height="85" /></a> <BR> 通常、イコライザはマスタリングの初段で入れますが、Ozone 5 ではもう1つ「ポストイコライザ」が追加され、マスタリングの後段にも挿せるようになりました。これによってダイナミクスやエキサイタなど周波数成分が変わる変更を行った後でもイコライザ調整が出来るんですね。また、「アナログマッチイコライザカーブ」機能が追加されて高域のアナログ表示の正確性が2倍以上上がったようですよ。<BR> <BR> <u>リバーブ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_reverb.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_reverbs.png" alt="ozone5_reverb.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> Plate/Room に加えて新しく Hall/Theater/Cathedral/Arena が追加されました。パラメータもアーリーリフレクションズ(最初のこだまの設定)や、左右チャンネルのリバーブ成分間のステレオ広がり量の調整を行うクロスミックスコントロールなどが追加されています。<BR> <BR> <u>マキシマシザ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_maximizer.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_maximizers.png" alt="ozone5_maximizer.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> 透き通ったリミッティングを実現するための先進的な音響モデルである IRC(Intelligent Release Control) III が正式に追加されています。IRC は WAVES でもお馴染みですね。複数の異なるラウドネスコントロールアルゴリズムが平行に動作する中で IRC III は最も違和感のないアルゴリズムをリアルタイムに選択するようです。<BR> <BR> <u>エキサイタ</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_exciter.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_exciters.png" alt="ozone5_exciter.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> モードとして、Triode/Dual Triode が追加されています。画面もカラフルになり、エキサイタの掛かり具合がグラフィカルに表示できるモードが加わって倍音成分の効果の度合いが良く分かります。また、サチった倍音成分を抑える簡易高域リミッターが付いてます。<BR> <BR> <u>ダイナミクス</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_dynamics.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_dynamicss.png" alt="ozone5_dynamics.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> 表示が一段とグラフィカルになり、何を操作しているのかとても分かりやすくなりました。どの箇所でどれだけコンプレッサが効いてるかも一目で分かります。これは初心者さんは特にありがたいハズ。その他、透明で微細な圧縮を与える Hard/Soft knee mode なんかもあります。ただ、若干ごちゃごちゃした感じになったのは残念(画像は一番ごちゃごちゃしている4バンド全設定表示時のもの)。<BR> <BR> <u>ステレオイメージング</u> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/stereo_imaging_full.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/stereo_imaging_fulls.png" alt="stereo_imaging_full.png" border="0" width="160" height="111" /></a> <BR> ステレオイメージを確認するベクタースコープに Polar S モードが追加されました。また、correlation trace 画面によって位相外れになる箇所も一発で視認できます。これだけ整ったステレオイメージング調整環境ってなかなか見ないですね。やべっ、欲しい(笑)<BR> <BR> <p>■気になる点</p> エキサイター、ダイナミクス、ステレオイメージング機能は4バンドに区切って調整できるのですが、この区切りが3つの機能で共通でしか設定できない点が Ozone 4 の時から指摘されていました。Ozone 5 でも残念ながらそれは改善されていませんね。<BR> <BR> それから Ozone 4 でも素晴らしかったプリセットですが Ozone 5 でも健在。ただ、やっぱり切り替え時にバリバリって言うんですよ。切り替わりはスムーズでいいんですけど、この音だけが、、、。まぁ、ご愛嬌ってことで。<BR> <BR> <p>■Ozone 5, Ozone 5 Advanced どっち?</p> ほとんどの方は Ozone 5 で全く問題ないと思います。Advanced はプロユースです。素人が買ってもカッコいいだけでとても使いこなせないのではないでしょうか。Ozone 5 は必要十分な機能が備わっていて、価格的には3~5万ぐらいしてもいいんじゃないかと思います。それが $249 ですし、今なら12月1日まで $199 のオープニングセール中です。非常に良心的な価格設定だと思います。一般の方に広く使ってもらいたい気持ちが表れていますね。<BR> <BR> <p>■まずはお試し版を使ってみよう!</p> Ozone 5 は Advanced も含めて10日間のお試し版がダウンロードできます。10日過ぎるとデモ版として動作するようです。気になる方は是非使ってみましょう!ダウンロードはこちらから。<BR> <BR> <a href="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp" target="_blank" title="http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp">http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp</a><BR>  <BR> ■<a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="INTO THE DEEP SEA(動物使い作)"><u>INTO THE DEEP SEA(動物使い作)</u></a><BR>  iZotope Ozone で初心者でも簡単にこれぐらいの音圧、音の色・艶に出来てしまいます。<BR>  是非お聴きください!<BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a><BR>  <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/121/clap" id="fc2button-clap-121" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-121").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/121/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
120

リバーブを正しく使おう!リバーブの意味と基本的な使い方

リバーブってのはとっても重要なエフェクトですよね。 チョット恥ずかしい私の、そしてあなたの?(笑)ボーカルが綺麗に聴こえるのもリバーブの効果が大きいハズです。そんなとっても重要なリバーブ、DTM/DAW 初心者の方は正しく使えているでしょうか?今日は私も勘違いしていた初歩的なリバーブの使い方についてお話したいと思います。 最近の DTM/DAW ソフトには高品質なリバーブが付属してますよね。例えば ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> リバーブってのはとっても重要なエフェクトですよね。<BR> チョット恥ずかしい私の、そしてあなたの?(笑)ボーカルが綺麗に聴こえるのもリバーブの効果が大きいハズです。そんなとっても重要なリバーブ、DTM/DAW 初心者の方は正しく使えているでしょうか?今日は私も勘違いしていた初歩的なリバーブの使い方についてお話したいと思います。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/S5_Pro_PerfectSpace_lg.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/S5_Pro_PerfectSpace_lgs.gif" alt="S5_Pro_PerfectSpace_lg.gif" border="0" width="159" height="101" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Lexicon_large.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Lexicon_larges.gif" alt="Lexicon_large.gif" border="0" width="160" height="114" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/REVerence.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/REVerences.png" alt="REVerence.png" border="0" width="160" height="94" /></a> <BR> <BR> 最近の DTM/DAW ソフトには高品質なリバーブが付属してますよね。例えば Sonar なら Perfect Space(左) や Lexicon Pantheon LE(中央)、Cubase なら REVrerence(右) です。いい時代になりました。余談ですが最近はコンボリューションリバーブと言って実際のホールや教会の残響をサンプリングしてるんですね。だから響きがとってもリアル!<BR> <BR> さて、それではリバーブエフェクトをインサートしてみましょう!曲目はこのブログでお馴染みのドヴォルザークからの抜粋です。まず、リバーブなしの原音をお聴きください。寂しいですね(笑)。これにリバーブをかけます!<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo-Original.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> イメージしてください。今、演奏者はステージ上で演奏しています。リバーブはそのコンサートホールの残響をエミュレートしたもの。ですから全ての楽器に同じように適用しなければなりません。全ての楽器に適用できるエフェクトのインサート場所と言ったら?、そう、最後の Stereo Out ですよね! 入れてみました。Cubase ならこんな感じ。さぁ、聴いてみましょう!<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTStereoOut.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VSTStereoOuts.png" alt="VSTStereoOut.png" border="0" width="159" height="98" /></a> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo-BadRev.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> ??? あれっ?なんか変だぞ?<BR> リバーブは確かにかかってる。って言うかかかり過ぎ!音が奥の方に行っちゃって音量も小さくなってしまった。期待していたのと違うなぁ? 調整が必要なのかな? かかり過ぎなんでとりあえず Time Scalling や Size を小さくしてみよう! う~ん、確かにリバーブ効果は小さくなったけど、なんだか全然求めていた音にはならない。。。 <BR> <BR> こんな人、いませんか?<BR> 私も DTM 始めて一ヶ月目はこんな感じでした(笑)。さて、上の操作は何がまずかったんでしょうか?それにはまずリバーブの意味をきちんと理解しておく必要があります。<BR> <BR> <p>■リバーブの意味</p> リバーブは空間系エフェクトです。空間系エフェクトとはある音源から音が出た後に作用するエフェクトのことです。ディレイなんかもそうですね。その他、音量に作用するダイナミクス系や、音色に作用するフィルター系などがあります。<BR> <BR> さて、今あなたが客席でこの演奏を聴いていたとして、ステージからはどんな音が届くでしょうか?1つは演奏者が発音した直接音、そしてもう1つが壁などの反響版を経由した反射音です。リバーブエフェクトとはこの反射音を作り出すエフェクトなのです。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/room2.gif" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/room2s.gif" alt="room2.gif" border="0" width="159" height="100" /></a> <BR> <BR> では、直接音はどこに行ったんでしょうか?<BR> もうお分かりだと思いますが、リバーブエフェクトをまるでフィルター系エフェクトのように Stereo Out にインサートしたために、入力した直接音が全て反射音に変換されて出力されてしまったのです。だからあんな深いリバーブになってしまったんですね。<BR> <BR> ではどうすればよかったのか?<BR> 直接音と反射音の両方を出力すればよかったのです。どうやって?<BR> エフェクトの挿し方は2通りあります。1つは先ほど説明した「インサート」。そしてもう1つが「センド」です。「インサート」は文字通り挿入するので、入力した音が 100% そのエフェクトで色付けされます。一方「センド」は送ると言う意味であり、どれだけ送るか指定できるのです。<BR> <BR> <BR> まず、FXチャンネルトラックを1つ追加しましょう。そこで REVerence エフェクトを選択します。そして、各インストゥルメントトラックからこの FX チャンネル上の REVerence に各音源の音をそれぞれ送るのです。実際に各楽器の音も、ミックスされたものが反響するのではなく、1つ1つの楽器が反響して耳に届いていますよね。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Sends1.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Sends1s.png" alt="Sends1.png" border="0" width="70" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Sends2.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Sends2s.png" alt="Sends2.png" border="0" width="42" height="156" /></a> <BR> <BR> さて、こうすることで Stereo Out には直接音とリバーブのかかった反射音の両方がミックスされます。さぁ、聴いてみましょう!バッチリですね!!後はあまりべったりリバーブがかからないようセンド量やパラメータを少し弄って、自分好みに仕上げます。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Largo-Good.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> と言うことで、今回はリバーブの初歩的な使い方についてのお話でした。DTM/DAW 初心者の方のお役に立てれば幸いです。それでは。<BR> <BR> <BR> 補足:<BR> <BR> リバーブエフェクトには DRY/WET の量を調整できる高機能なものがあります。DRY は原音(直接音)、WET はエフェクト後の音(反射音)です。これにより直接音も混ぜて出力することも出来るので便利ですが、動作の原理は押さえておきましょう。ちなみに Cubase REVerence では画面右下の Mix と書かれたパラメータがこれに相当します。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/120/clap" id="fc2button-clap-120" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-120").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/120/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-11-09 (Wed)
  • Category : Cubase
119

ピアノ音源比較 - 投票結果発表!

半年ほど前に同じピアノ曲を製品名を隠して4つ聴いて頂いてどれが一番いいか投票して頂いたのですが(こちら)、面白いコメントなども色々頂きましたので紹介してみたいと思います。 まず、聴いて頂いた曲はこの4つ。どうです?違いが分かりますか? もう一度、聴いて頂いてコメントを添えてもらってもいいですよ~(^ ^)/~ ■投票結果 投票結果はこんな感じでした。 ・1番目  (22票/42... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 半年ほど前に同じピアノ曲を製品名を隠して4つ聴いて頂いてどれが一番いいか投票して頂いたのですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、面白いコメントなども色々頂きましたので紹介してみたいと思います。<BR> <BR> まず、聴いて頂いた曲はこの4つ。どうです?違いが分かりますか?<BR> もう一度、聴いて頂いてコメントを添えてもらってもいいですよ~(^ ^)/~<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(IvoryIIV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(QLPianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(TruePianosV).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Mussorgsky-Promenade(HALionOneV2).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> <BR> <p><b>■投票結果</b></p> 投票結果はこんな感じでした。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoVoteResult.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoVoteResult.png" alt="PianoVoteResult.png" border="0" width="520" height="280" /></a> <BR> <BR> ・1番目  (22票/42.3%) Ivory II Italian Grand<BR> ・2番目  (15票/28.8%) Quantum Leap Pianos<BR> ・3番目  ( 7票/13.5%) True Pianos<BR> ・4番目  ( 7票/13.5%) HALion One (YAMAHA S90ES Piano)<BR> ・どれもダメ( 1票/ 1.9%) <BR> <BR> どれもダメに1票入っちゃってますね(笑)。<BR> 感想も頂いてまして「比較するには少々分かりづらい演奏データだと思いました。」という事でした。512K までしかデータをアップできない FC2 ブログの制約の中でなるべく音質を落とさず低域から高域まで含んだ意味のある音楽データを探したわけですが、確かにもう少しいいデータがあったらいいなとは思ってましたね(笑)。まぁ、今回はご勘弁ください。<BR> <BR> 得票はやはり1番が最も多く、次いで2番。順当な結果と言えます。<BR> 私は1→2→3→4の順でいいと思っていましたので共感してもらえる方が多くてよかったです。しかし、3番目と4番目が同じ結果と言うのが面白いですね。つまり TruePianos と HALion One 付属の YAMAHA S90ES Piano は同程度の評価だと受け取って良いと言うことでしょうか。確かにどちらも一長一短ありますからね。<BR> <BR> <p><b>■コメントは?</b></p> さて、コメントはそんなに多くないですが、こんな感じで頂いています。<BR> <BR> ・<u>1番目</u><BR>  工夫を施すとどれもそれなりに聞こえるものですね!1と2で迷いましたが2の方が癖はないけど好みで1番。<BR> ・<u>2番目</u><BR>  まるでピアノを鑑賞している気分です<BR>  Ivory,QL,tp,HALion?最後のは音色が安定してなくて使いたくないなぁ<BR>  なんとなく<BR>  4番目は不自然だったかな?<BR>  重すぎずクリアな音が好み<BR> ・<u>3番目</u><BR>  コメントはありません<BR> ・<u>4番目</u><BR>  正直わからん…自分に高価な音源は豚に真珠だとわかりました<BR> ・<u>どれもダメ</u><BR>  比較するには少々分かりづらい演奏データだと思いました。<BR> <BR> なんで2番目にこんなたくさんコメントが集中するんだろう、、、<BR> 1番を選ばれた方は「コメントするまでもなく当然」という事なのでしょうか(笑)、2番目が対抗馬的にコメント集中しています。1番目か2番目を選ばれた方は自分自身に好みを持っておられる感じがしますね。 いや~、票って割れるもんですね。「豚に真珠」ってそんな、、、(笑)<BR> <BR> 音源について私のコメントを添えてみます。<BR> まず1番目の Ivory II Italian Grand ですが、ペダル音がはっきり聴き取れると思います。これ、聴いて欲しかった1つのポイントなんですね。ペダル音もきちんと再現できてますよって。これが逆にスコスコ聴こえて嫌だと感じた方もおられると思います。これは調整できますのでご心配なく。音色の傾向としては「はっきりした音」と言えると思います。低域から高域までバランスよく音が広がっていますし、曲のつながりもよく、総合的な完成度が高いと感じます。また、今回はシンフォニックレゾナンスを聴いてもらいたくて多めに入れてみました。発音後の音の揺れを1番目と2番目で聴き比べてください。Ivory II の方が複雑な響きであることが分かるでしょうか。多めに入れたのでやや不自然なほど揺らいでいますが、ピアノ音源にありがちな単調な響きとは無縁です。<BR> <BR> 2番目の Quantum Leap Pianos は Ivory II Italian Grand の後に聴くと、少し音量が小さくて高域にシフトした感じが物足りないと感じられるかと思いましたが、得票数とコメントを見る限り大丈夫そうですね。Bosendorfer らしいコツン・コツンと言う静謐な発音と、EastWest が誇るマイクミキシング技術により発音後の自然な響きが特徴です。この音色がツボの人も結構おられるはず。ただ、曲中の最高音が少し薄っぺらいと感じられるのは私だけではないと思うのですが、如何でしょうか。それからシンフォニックレゾナンスには対応していませんので、発音後の響きがやや単調です。ダイナミクスの幅が小さく、盛り上がった感じがあまりしないのがやや残念。<BR> <BR> 3番目の True Pianos は個人的には1・2番目に比べて少し品位が落ちた印象がします。<BR> また、高域の発音はなかなか良好ですが、低域に厚みがないのも気になります。発音後の残響も機械的に伸びた感じが否めません。これらは1番目の後に3番目を聴くと分かりやすいと思います。そして発音直後にやや不快な音の膨らみを持った残響があります。実はこれを消したくて TruePianos にデフォルトリバーブを OFF にしたかったのですが、できませんでした。製品版ではきっと大丈夫だと思いますので、この点は差し引いて聴いて頂きたいです。それから TruePianos はシンフォニックレゾナンスに対応していまして、響きの複雑さが表現できています。これは2・4番目と比較するとよく分かると思います。<BR> <BR> 4番目の HALion One (YAMAHA S90ES Piano) は上記の1~3までのコメントを踏まえて再度聴いて頂くとどうでしょうか。まず、全体として一回り小さなピアノに感じます。また、音の厚みは一番薄く、高域ほど電子ピアノ的な印象がします。それでも低域はそれなりにリアルに表現できていまして、それを評価して YAMAHA S90ES Piano を採用しました。音の伸びはやはりダダ伸ばしになった感じで、ピアノの持つ自然な減衰とは異なります。 シンフォニックレゾナンスにも対応していませんから、発音直後に聴こえる響きは単調ですよね。ただ、ダイナミクスは出ていてなかなかいいですね。ポップスなどの曲中に混ぜるのであれば十分実用的だと思います。<BR> <BR> 次回はもう少し違った形で音源比較してみたいと思います。<BR> それでは! <BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/119/clap" id="fc2button-clap-119" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-119").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/119/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
117

DTM/DAW ソフト付属のエフェクトでは物足りないのか?

DTM/DAW ソフトにはどなたでも音楽をすぐに作れるよう、音源とエフェクト類が付属しています。最近はどちらもかなり豪華になってきていまして、DTM/DAW ソフトを購入しただけでも結構な音楽が作れるようになりました。 さて、今日はこのブログを見て頂いた方からご相談コメントを頂きまして、付属エフェクト類があるにもかかわらず市販のエフェクト類をあえて購入する必要があるのかについて考えてみたいと思います。 まず、... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> DTM/DAW ソフトにはどなたでも音楽をすぐに作れるよう、音源とエフェクト類が付属しています。最近はどちらもかなり豪華になってきていまして、DTM/DAW ソフトを購入しただけでも結構な音楽が作れるようになりました。<BR> <BR> さて、今日はこのブログを見て頂いた方からご相談コメントを頂きまして、付属エフェクト類があるにもかかわらず市販のエフェクト類をあえて購入する必要があるのかについて考えてみたいと思います。<BR> <BR> まず、エフェクトは種類がたくさんあります。代表的なものを下に書いてみましたが、今の時代の DTM/DAW ソフトにはこれらのエフェクト類は全て付属しています。ですから特殊なエフェクトを除いて、必要としている基本エフェクトが付属していないと言うケースはまずありません。<BR> <BR><a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530603c.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530603cs.png" alt="Cubase付属エフェクト" border="0" width="159" height="148" /></a> <BR> <BR> ■音作りに良く使われるエフェクト<BR> <BR> ・Delay 系 … 音を遅延させ山彦のような効果を生む<BR> ・Distortion 系 … 音を歪ませる<BR> ・Filter 系 … 音に特殊なフィルタを通して変化させる<BR> ・Modulation … 音を加工する<BR> <BR> ■ミキシングに良く使われるエフェクト<BR> <BR> ・Dynamics系 … 音を大きくする<BR> ・EQ 系 … 周波数毎のダイナミクスを調整する<BR> ・Reverb 系 … 音に残響を持たせる<BR> ・Surround 系 … サラウンド効果を与える<BR> ・便利ツール類(チューナなど)<BR> <BR> 例えば Cubase のエフェクト類ならここのページに列挙してあります。恐らく一生使わないエフェクトもあるでしょう(笑)<BR> <BR> <a href="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/plugin.html#c87457" target="_blank" title="http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/plugin.html#c87457">http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/plugin.html#c87457</a><BR> <BR> では、市販のエフェクト類と付属のそれは何が違うんでしょうか? 違いは大きく2つあります。機能の差と質の差です。幾つか例を見てみましょう(ここでは市販品の iZotope Ozone4 のイコライザ・ダイナミクス(マキシマイザ)機能について比較してみます。 iZotope Ozone4 の記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-111.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。<BR> <BR> <u><p>①機能の差</p></u> Cubase 付属と iZotope Ozone4 のパラメトリックイコライザ画面です。パラメトリックイコライザはグラフィックイコライザと比較してバンド数が少ないですが、細かく調整出来るので、より積極的な音作りが出来ることが特徴です。<BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Standard_EQ_549b0f_03.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Standard_EQ_549b0f_03s.jpg" alt="Standard_EQ_549b0f_03.jpg" border="0" width="159" height="148" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530533d.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/2011110220530533ds.png" alt="iZotopeParagraphic Equalizer" border="0" width="160" height="126" /></a> <BR> <BR> まず、調整バンド数は Cubase 付属が4に対して iZotope は8。機能面では Cubase 付属はレスポンスカーブとシェルビングモードが変更できる程度。一方 iZotope は画面でお分かりの通りありえないほどの急峻な設定も可能であったり、スペクトラム・アナライザが統合されており、リアルタイムに周波数特性を確認することが出来ます。その他、様々なプリセットが用意されていたり、mid/side で特性を変えられたりと市販品ならではの使いやすい機能が盛り沢山です。<BR> <BR> 他のエフェクト類も同様であり、充実した、あるいは統合された使いやすさが市販品の大きなアドバンテージの1つになっています。<BR> <BR> <u><p>②質の差</p></u> エフェクトを使って音に変化を加えるとき、その変化の幅(強力さ)と違和感のなさ(品位)が大切です。マキシマイザを使って音を大きくしたけどもあまり変化がなかったり、音が歪んでしまうようでは良いエフェクトとは言えません。<BR> <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CubaseMaximaizer.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CubaseMaximaizers.png" alt="CubaseMaximaizer.png" border="0" width="90" height="158" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iZotopeLoudnessMaximaizer.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iZotopeLoudnessMaximaizers.png" alt="iZotopeLoudnessMaximaizer.png" border="0" width="160" height="126" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IzotopeDynamics.png" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IzotopeDynamicss.png" alt="IzotopeDynamics.png" border="0" width="160" height="126" /></a> <BR> <BR> 簡単に実験をしてみました。まず、440Hz -40dB ほどの微弱な正弦波を流します。これを Cubase 付属と iZotope のマキシマイザで大きくしてみましょう。どこまで大きくなるでしょうか?実験結果は Cubase 付属が -23.8dB まで、iZotope が -0.8dB となりました(Multiband Maximizer と Loudness Maximizer の複合による)。Loudness Maximizer 単体で使用しても -20dB まで上げられます。<BR> <BR> また、音質面でも市販品は内部で 64bit 演算のような高品位なアルゴリズムを使用しており、アドバンテージがあると言えます。ただし、この違いを一般家庭のスピーカーやイヤホンの流し聞きで聴き取れるかと言えば、きっと NO でしょう。<BR> <BR> <BR> ■市販のエフェクトは買うべきか?<BR> <BR> まずは付属のエフェクトを使い倒してみるべきです。そしてそれでも目標の「あの人」の曲や一般 CD レベルの音にならないと感じたり、付属のエフェクトに物足りなさを感じたなら、初めて市販のエフェクトを検討しましょう。そうしなければ各エフェクトの意味さえ分からずに市販の多機能エフェクトの海にダイブすることになります。そして溺れます。<BR> <BR> <BR> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/waves.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/wavess.jpg" alt="waves.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111102210233e82.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111102210233e82s.jpg" alt="images (1)" border="0" width="108" height="159" /></a> <a href="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/61613_l.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/61613_ls.jpg" alt="61613_l.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> イコライザにスペクトラム・アナライザが統合され、リアルタイムに周波数表示されることで何が便利なのでしょうか? コンプレッサのスレッショルド、レシオ、アタック、それぞれ何を意味しているか分かりますか? 音を大きくしようとしてマスターボリュームが 0dB より大きくなったり、ミキサーの各パートボリュームつまみがほとんど半分以上に上がっていませんか?<BR> <BR> これぐらいが理解できていないと新しいツールに溺れそうですよ(笑)<BR> <BR> また、こんな風に考えるとどうでしょうか。もし、あなたがたまにしか DTM をしない日曜大工的な感じなら、最初から中程度のエフェクト購入をお勧めします。そしてこれをずっと使いましょう。もし、あなたが真剣に DTM に取り組んでおられるなら、最初は安いエフェクト類(若しくは付属の)で頑張ることをお勧めします。そして、エフェクトの価値が分かりいいエフェクトが欲しくなったら、そのときはきっとあなたの欲しいエフェクトはもう分かっているはずです。<BR> <BR> これ、私がゴルフクラブを買うときに Golf5 の店員さんに言われた言葉(笑)。<BR> まぁ、年末はいろいろセールがありますし、思い切ってダイブして溺れてみるのも若さかもしれませんね。そこから学べることもあるでしょう。<BR> <BR> それでは。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/117/clap" id="fc2button-clap-117" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-117").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/7.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/117/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。