カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
135

2011 年を振り返って

2011 年も残すところ本日のみとなりました。 振り返れば 2009 年にギター友人に出会い音楽を始めるきっかけをもらいました。2010 年には Cubase に出会い DTM/DAW の世界と可能性を知りました。その驚きを伝えたくてはじめたのがこのブログのきっかけです。 そして 2011 年、たくさんの機材・音源に出会い、たくさんの曲を作り、ブログやコミュニティーを通じてたくさんの仲間ができました。最初は日に1~2アクセスぐらいで... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 2011 年も残すところ本日のみとなりました。<BR> 振り返れば 2009 年にギター友人に出会い音楽を始めるきっかけをもらいました。2010 年には Cubase に出会い DTM/DAW の世界と可能性を知りました。その驚きを伝えたくてはじめたのがこのブログのきっかけです。<BR> <BR> そして 2011 年、たくさんの機材・音源に出会い、たくさんの曲を作り、ブログやコミュニティーを通じてたくさんの仲間ができました。最初は日に1~2アクセスぐらいでランキングの底辺を這っていたこのブログも、今ではサブジャンルで20位以内に入るまでに成長しました。ブログ内設置のメッセージにも質問などの他に暖かい応援を添えてくださる方もおられ、大変励みになりました。お互いに顔の見えないネット世界のコミュニケーションに対して批判的な意見を多く見かけますが、まだまだ捨てたもんじゃないですね。<BR> <BR> ブログやめようかな?って思う時期もあったけど続けてこられたのは、ひとえにこのブログに遊びに来てくださる皆さんがいたからだと思います。本当にありがとうございます。それと今までネットから情報を得るだけだった自分が多少ながらも提供する側になれたことの意味も大きいですね。<BR> <BR> ■初めての曲作り<BR> <BR> さて、ブログの成長もさることながら DTM/DAW の打ち込み技術も成長したように感じます(あくまで個人の感想です。効果を保証するものではありません 笑)。私が初めて Cubase で作った曲はコブクロの「永遠にともに」です。ギター友人と一緒に歌っています。恥ずかしいので公開しませんが、歌や演奏は頑張っているものの 2mix としては惨たるもので、よくある痛い感じの作品です。今となっては良い思い出ですね~(聴きたいですか?笑)。<BR> <BR> ■2曲目はオーケストラ<BR> <BR> そして次に取り組んだのがオーケストラ曲、ドヴォルザークの「新世界より」でした。と言うのも Cubase に付属する HALion Symphonic Orchestra の音に正直、度肝を抜かれたからです。今でこそ EastWest の QLSO, Hollywood シリーズ, LASS, VIENNA 等の高級オーケストラ音源の存在を知り驚きも薄れてきましたが、私は最初にあの音を聴いて「新世界より」が作れるだろう事を確信しました。結果は皆さんご存知の通りです。ミックスの技術がもっとあればさらに良い作品ができたと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sunset.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sunsets.jpg" alt="sunset" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/38724" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/38724">http://musictrack.jp/musics/38724</a> <BR> <BR> ■そして「篤姫」シリーズ<BR> <BR> 続いて Ivory II と呼ばれるピアノ音源に出会いました。Ivory もとても良い音源で弾いていてとても気持ちがいいです。ピアノ曲を作ってみたくなった私はオーケストラもピアノもできる「篤姫」をチョイスして打ち込んだのですが、実はこの「篤姫」、私は1音も弾いていないのです。全て打ち込みで作成しました。そして失敗しました(笑)。お聴きになって分かる通り、全てベロシティ値が強めでパンパンパンと叩いたような音になってしまっています。ピアノ曲は片手ずつでもいいから演奏して入力した方がいいですね。これも大変勉強になりました。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/jkt19092_1311347966_i.jpg" alt="atsu-piano" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/39152" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/39152">http://musictrack.jp/musics/39152</a> <BR> <BR> そして「篤姫」のオーケストラバージョンです。篤姫シリーズはピアノ版も含めて全て耳コピなんですが、オーケストラの耳コピは大変ですね。って言うか全て聴こえない。特に弦楽器は5種類もあって音域がかぶるので、勘で補ったりしないとサッパリ。ハーモニーが少し単純になった傾向がありますが、まずまずの評価を頂きました。今聴くと8分音符のメロディーなんか流れが死んでますね。まるで打ち込んだみたい(笑)。時間を見つけて手直ししましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111019192349839s.jpg" alt="atsuhime" border="0" width="160" height="100" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/41875" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/41875">http://musictrack.jp/musics/41875</a> <BR> <BR> ■シンセサウンドに挑戦<BR> <BR> まったく、自分でも曲種に節操がないと思います(笑)。しかしシンセ音源 Omnisphere に出会ってしまったからには作らない訳には、、、。この時期になると 2mix の方法やプラグインの使い方、音圧の上げ方なんかも要領を得てきてスキルアップの効果が実感できるようになりました。ただ音源としてはプリセットの音をそのまま使っただけで、使いこなせているとはとても言えない状況。来年の課題ですね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> <BR> <BR> ■他にもたくさん作りました<BR> <BR> その他、公開していない作品も含めて結構作りましたね。ポップス・ブラスバンド・ピアノ曲・ハリウッド調・ロック調など。どれもまだまだのレベルです。もっといろんな曲を聴いて表現のバリエーションやクオリティを上げていきたいですね。<BR> <BR> コード進行から曲作り(爆音注意)<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/StrongEnemy4.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> HALion Sonic のみで打ち込み実験<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F14661943&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F14661943&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/demosong-jpop-halionsonic">DemoSong(JPOP) HALionSonic</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 去り行く友へのお別れの曲(抜粋)<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/farewell">Farewell</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 2011 年は私にとって音源やエフェクトを確認するための年となりましたが、その確認作業は1年間ではとても終わらなかったので、来年はもっと多くの製品に触れて使いこなせるようになっていきたいと思います。もちろん気付いたこと・感じたことはブログにアップしていきますね。<BR> <BR> ■来年の抱負<BR> <BR> 実は既に来年の計画も色々立てていまして、製品レビューと合わせてさらにいろんなジャンルの曲をお聴かせできるんじゃないかと思います。このブログは実演モットーですからね!中にはビックリするようなジャンルの曲もあると思いますよ!詳しくは来年のブログでお話しする予定にしています。動物使いの拙い作品と成長の様子を酒の肴にでもしてひとつ長い目でお付き合い頂ければと思います。そうそう、Twitter もはじめたので良かったらフォローしてくださいね!<BR> <BR> 最後にこのブログにご声援をくださっているみなさんと、私に音楽を始めるきっかけをくれたギター友人さんに感謝を捧げます。本当にありがとう。それでは 2012 年がみなさんにとって良い年になりますように。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/135/clap" id="fc2button-clap-135" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-135").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/135/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="https://media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
  • Date : 2011-12-31 (Sat)
  • Category : その他
134

Twitter はじめました!

ご覧になってお分かりになる通り、今年ももうすぐ終わろうかと言う今日この頃、何を血迷ったかこのブログに Twitter を追加しました。いや、別に何か目的があったわけではないのですが、流行ですし、どんな感じかな?ってことでお試し感覚でやってみたいと思いましてね。思い立ったが吉日作戦です。 とりあえず、私としてはこのブログの更新情報や DTM/DAW 関連の話題を不定期につぶやいていきたいと思っています。乗ってきたら... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/twitter.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/twitter.jpg" alt="twitter.jpg" border="0" width="250" height="202" /></a> <BR> ご覧になってお分かりになる通り、今年ももうすぐ終わろうかと言う今日この頃、何を血迷ったかこのブログに Twitter を追加しました。いや、別に何か目的があったわけではないのですが、流行ですし、どんな感じかな?ってことでお試し感覚でやってみたいと思いましてね。思い立ったが吉日作戦です。<BR> <BR> とりあえず、私としてはこのブログの更新情報や DTM/DAW 関連の話題を不定期につぶやいていきたいと思っています。乗ってきたら愚痴とか思い付きとかブログの苦労話とか駄洒落とか色々つぶやくかも(笑)。逆につまんない感じならやめちゃうかもしれませんね。ま、ゆるーい感じでやっていきたいと思いますので、皆さんフォローしてやってください~!<BR> <BR> で、さっそく右も左も分からずに DTM/DAW 関連に近い方たちをフォローしてみたんですが、何人かの方はフォロワーになって頂けました(意味よくわかってませんけど、、、)。しかし、皆さんホント自由につぶやいてますね~。中には解読不能な内容も(笑)。<BR> <BR> 現時点で20人ほどフォローしてみているのですが、それでもボロボロ新着ツイートが降ってきてあっという間にスクロールしてしまいます。私が見た中では何百人とか何千人とかフォローしている人がザラにいましたけど、こういう人ってツイート全部見れてるのかな?<BR> <BR> それから色んな有名人も登録していて楽しいですね。中には獄中からつぶやいてる方もおられましたが、、、(笑)。そう言えば便利な機能を見つけまして、リストって言うのを作っといてそこに相手を登録するとフォローしなくてもツイートの内容が見れるんですね。リストもたくさん作れるので用途に合わせていくつか作ると便利そうです。私は手始めに音楽会社関係のリストと経済・社会関係のリストを作って関係する相手を登録してみました。結構いいですね。<BR> <BR> あと、不思議なんですがつながる相手を検索しても海外の相手があんまり出てこないんですよね。外人さんともつぶやきたいなとか思ってるんですが、どうやったら出てくるんだろうか。友人に聞いたら、表示された相手からどんどん辿って行くしかないよって言われたんですけど、そんなもんですか?特定の相手だけに返信したい場合とかもよくわかりませんしね。<BR> <BR> ま、色々分からないことが多いですけど楽しみながらやっていきたいと思います。皆さん、フォローよろしくです!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/134/clap" id="fc2button-clap-134" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-134").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/134/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
133

2011 買ってよかった DTM/DAW 機材ランキング

このネタ、やってみたかったんですよね~。そんなわけで今日は「動物使いが贈る、2011 買ってよかった DTM/DAW 機材ランキング」と題して、個人的に満足度の高かった DTM/DAW 機材を紹介していきます! ■ハードウェア部門 AKG K702 ヘッドフォン 今年は DTM 初年度でしたので基本的な機材を中心にリファレンスヘッドフォン・スピーカー・オーディオインターフェース等を購入しました。その中でも群を抜いて気に入って... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/free-christmas-powerpoint-background-6.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/free-christmas-powerpoint-background-6.jpg" alt="free-christmas-powerpoint-background-6.jpg" border="0" width="520" height="390" /></a> このネタ、やってみたかったんですよね~。そんなわけで今日は「動物使いが贈る、2011 買ってよかった DTM/DAW 機材ランキング」と題して、個人的に満足度の高かった DTM/DAW 機材を紹介していきます!<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ハードウェア部門</span><BR> <BR> <u>AKG K702 ヘッドフォン</u><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/08b690cf8e.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/08b690cf8es.jpg" alt="08b690cf8e" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> 今年は DTM 初年度でしたので基本的な機材を中心にリファレンスヘッドフォン・スピーカー・オーディオインターフェース等を購入しました。その中でも群を抜いて気に入っているのがこの AKG K702 ヘッドフォン。何がいいって余計なことを何もしないところ。この特性はリファレンス目的にはとても重要です。DTM/DAW ユーザにとってリファレンスヘッドフォンは押さえておかなければならないアイテムの1つでしょう。<BR> <BR> ご存知の方も多いと思いますが、曲の仕上がりを良くする方法の1つが「たくさんの再生環境で聴くこと」です。アマチュアの方であればホームスピーカー、ヘッドフォン、ラジカセ、イヤホン、カーオーディオぐらいで一通り聴いて微調整をすることをお勧めします。その際に AKG K702 のようなリファレンス機に基準を合わせておくと、バラつきが少ないですね。<BR> <BR> 最近は大きな音を出せる機会も少ないですし長く使えるものですから、ヘッドフォンは少しいいものを買って愛用して頂きたいです。AKG K702 については<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-48.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>に詳しいレビューを載せていますので是非参考にしてください。余談ですが動物使いはイヤホンは Etymotic Research 社のカナル型のものを使っています(米国の某大統領も使っているとか)。オーディオメーカーではなく補聴器メーカーが作ったイヤホンで高い性能を誇ります。こちらもかなりお勧め。<BR> <BR>  Etymotic Research:<a href="http://www.etymotic.com/" target="_blank" title="http://www.etymotic.com/">http://www.etymotic.com/</a><BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ソフト音源部門</span><BR> <BR> <u>Spectrasonics Omnisphere(シンセ音源)</u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omnisphere.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Omnispheres.jpg" alt="Omnisphere.jpg" border="0" width="160" height="72" /></a> <BR> 衝撃でした。ソフトシンセ音源でこの Omnisphere の右に出る製品はありません。何より衝撃的だったのはその太い音質。そして専用音源かと思うほどの質感。特に生楽器系の音色はアンビエントも含めてしっかり収録されており、それをシンセ向けにやや派手目に着色されているので最初から魅惑的な音を聴かせてくれます。<BR> <BR> そして大量の音色プリセット。各プリセットにイメージ画像や情報が記載されている丁寧さも好感が持てます。音色はウィットに富んでいて、ピアノを燃やした音とかやりすぎなものもあったり。そして、それらの音を組み合わせたり様々なパラメータで劇的に変化させたり、直感的に操作できる分かりやすさも魅力です。<BR> <BR> Spectrasonics Omnisphere は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で紹介しています。<BR> <BR> <u>次点:Ivory II Italian Grand(ピアノ音源)</u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="IvoryII Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a> <BR> 満足しています。音質は当然なので敢えて言及しませんが、私が今 Ivory で一番気に入っている点は「滑らかなベロシティ特性」です。この価値はね、打ち込みをやる人でなければ分かりません。ホントにスムーズのひと言。ピアノ音源を選ぶときはベロシティレイヤーが多いかではなくベロシティー間の繋がりがスムーズかを確認したほうが良いと思います。<BR> <BR> 最近、Ivory の良さを引き出す方法が少しずつ分かってきまして、よりピアノらしい音が得られるようになって来ました。実を言うと初めて作ったピアノ曲「篤姫」(<a href="http://musictrack.jp/musics/39152" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から)は私の中では大失敗でして、Ivory II の作品として聴いて頂くのは心苦しさを覚えていました。Ivory の良さがだいぶ死んでます。。。<BR> <BR> 今日はクリスマス・イブでもありますので、Ivory を使った最新の状況を少しだけお聴かせしたいと思います。オリジナルソングの冒頭部分でして、とても静かな曲想から入ります。1音1音聴きやすいので、音量を少し大きめにして強弱による音の変化、素直な出音と響き、小音量和音のシュワシュワ感?などを聴いてみて下さい。<BR> <BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F31462460&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/farewell">Farewell</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ※補足:この曲について<BR>  この冬、残念ながらお別れすることになった友人のために作っている曲です。悲しいけど仕方ない、そんな気持ちを感じてもらえるとうれしいです(冒頭部分だけですけど、、、)。<BR> <BR> Ivory II Italian Grand は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で詳しく紹介しています。<BR> <BR> その他、Trilian, BFD2, EWQL シリーズなど色々あるんですが、自分の中ではやっぱり Omnisphere と Ivory ですねぇ。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■プラグイン部門</span><BR> <BR> <u>iZotope Ozone 4(マスタリングエフェクト)</u><BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_boxes.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ozone5_ozone5advanced_boxess.png" alt="ozone5_ozone5advanced_boxes.png" border="0" width="159" height="100" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/component_plugins_montage.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/component_plugins_montages.png" alt="component_plugins_montage.png" border="0" width="158" height="61" /></a> <BR> かなり助かってます。ピンポイントできちんと効いてくれるイコライザ、さらっと風味を出すリバーブ、最後にもう一声くれるマキシマイザ、曲を豊かにしてくれるエキサイタ、高機能なマルチバンドダイナミクス、曲に最後の輝きをくれるステレオイメージング、そして、それらが1つにまとまった豊富で実用的なプリセット。動作も軽いので部分的にトラックエフェクトに使っても便利ですね。<BR> <BR> WAVES のプラグインももちろんいいんですが、コストパフォーマンスの観点から iZotope を選びました。<BR> <BR> 最近、エフェクトの意味とか効果とかも分かりはじめて、これらを挿したり送ったり回したりして得られる音の違いがとても楽しいです。飽きないですね~。それにまだまだ奥深い。こうなってくると WAVES の本格的なエフェクトが欲しくなったりします。<BR> <BR> 現在は最新版 Ozone 5 が発売されています。Ozone 4 からさらに機能アップして値段も安い!今買うなら絶対 Ozone 5 です。みんないいなぁ。。。(笑)<BR> <BR> iZotope Ozone 5 の紹介は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-121.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。 <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■DTM/DAW 書籍部門</span><BR> <BR> エンジニアが教えるミックス・テクニック99<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/9784845616848-thumb350x.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/9784845616848-thumb350xs.jpg" alt="mix_tech" border="0" width="112" height="159" /></a> <BR> 著者葛巻さんが知ってることを全部書いた感じで好感が持てます。人に聴いてもらう音楽を作るんだったら絶対読んだ方がいいです。ミックスに必要な各エフェクトをパート(ボーカル・ベースなど)別に解説してくれていますので、まずは自分の音楽に登場するパートのところをしっかり読みましょう。きっとあたなの曲の印象が変わるはずです。<BR> <BR> ----<BR> <BR> さて、如何だったでしょうか。だいたいがこのブログで紹介している機材でしたので新鮮味が薄かったかもしれませんが、いいと思ったものから紹介している素直さに免じて勘弁してやってください(笑)。<BR> <BR> それではみなさん、良いクリスマス・イブを! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/133/clap" id="fc2button-clap-133" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-133").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/133/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
132

ARROWS Z ISW11F 最新動向

私も楽しみにしていた ARROWS Z ISW11F が 12/17(土) に発売されました。 何でも出来る全部入りスマホとして DoCoMo の ARROWS X と共に高い注目を浴びていたのですが、その人気ぶりは本物でして、現在、価格.com でもスマホ人気ランキングを1位・2位をキープしています。 価格.com ではカラーバリエーション別に分かれていますので、DoCoMo が2色、au が4色展開であることを考えれば au の ARROWS Z の方が機種別人... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 私も楽しみにしていた ARROWS Z ISW11F が 12/17(土) に発売されました。<BR> 何でも出来る全部入りスマホとして DoCoMo の ARROWS X と共に高い注目を浴びていたのですが、その人気ぶりは本物でして、現在、価格.com でもスマホ人気ランキングを1位・2位をキープしています。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/arrows01.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/arrows01.jpg" alt="arrows01.jpg" border="0" width="520" height="400" /></a> <BR> <BR> 価格.com ではカラーバリエーション別に分かれていますので、DoCoMo が2色、au が4色展開であることを考えれば au の ARROWS Z の方が機種別人気ランキングは高いことになります(現に4位にも ARROWS Z のファインホワイトがランクインしている)。<BR> <BR> 満足度も高い数字をキープしていて、DoCoMo の ARROWS X が 4.61点、ARROWS Z が 4.02点で共に4点台ですね。点数に差がありますがレビューを読んでいる限り性能に差はなさそうです。デザイン性では DoCoMo の ARROWS X が上回っているかと。<BR> <BR> さて、この機種の問題点は3つあります。<BR> <BR>  ①レスポンス<BR>  ②バッテリー<BR>  ③発熱問題<BR> <BR> ①のレスポンスは発売前から兄弟機種の REGZA Phone T-01D でその実力は分かっていました。ひとことで言えばグロスマモデル群には一歩及ばないまでもそれなりにサクサク。データのロード中は少しカクつくことがある程度で、読み込んでしまえば拡大縮小もヌルヌル。ガラスマにしては頑張った方だと思います。十分使える機種です。実際に au/DoCoMo ショップでホットモックを触ってみましょう!<BR> <BR> 次に②のバッテリー問題ですが、これは価格.com のレビューにもあるように持たないようですね。電池を消費する一番の原因がディスプレイ、次いで WiMAX/Xi, WiFi など。通信・表示を伴うガジェットなどを頻繁に使う場合はバッテリーについて覚悟しないといけませんね。バッテリー持ちはスマホの中でも最低の部類だと思います。3rd パーティの大容量バッテリーなどに期待したいです。<BR> <BR> ちなみに携帯だと、折り畳みが主流で基本的にメインディスプレイは OFF に出来たし、通信を伴うアプリ等はユーザが明示的に起動する方式でした。CPU クロックについても基地局との通信を数秒に1回の間欠受信を行ったり、RTC タイマーを張ったり、メインクロックをなるべく使わない対応をいくつも行っていました。携帯の時計に秒表示がないのもそう言う理由です。<BR> <BR> しかし、スマホはユーザが色んな動作をさせたい端末ですから、通信だって CPU だってディスプレイだって休んでる暇があんまりないんですよね。だからバッテリーが持たなくていいってことではないですが、その辺の事情は知っておきたいです。なのでバッテリーを持たせようと思ったら、携帯の動作に近づけるような設定にしてやらないといけません。<BR> <BR> 最後に③の発熱問題ですが、現在大変な話題になっています。これは ARROWS Z についてですが、以下のような注意書きが同梱されているようです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/l_st_azcharge-01.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/l_st_azcharge-01s.jpg" alt="l_st_azcharge-01.jpg" border="0" width="160" height="112" /></a> <BR> <BR> 「通話、インターネット、カメラ、アプリなどを長時間使用したり、充電しながら使用すると、ISW11Fが熱くなることがあります。熱くなった場合には、充電またはご使用中の一部機能を停止することがありますが、故障ではありません。ご不便をおかけしますが、その場合は、ISW11Fの温度が下がってからご使用ください」<BR> <BR> ■+D Mobile<BR> <a href="http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1112/20/news114.html" target="_blank" title="http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1112/20/news114.html">http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1112/20/news114.html</a><BR> <BR> 客観的に見てこう言う症状のことを「不具合」と言います。発熱の条件が多岐に渡っていることからディスプレイや CPU 周りの放熱対策に起因するハードウェア不具合のように見えますね。防水・防塵機能も備えていますので、外に熱が逃げにくい構造になっているのでしょう。ハードに起因する不具合だとすると、対応できないか対応にかなりの時間を要すると思われますので、現時点で買うのは待った方が良さそう。今買うと確実に情弱呼ばわりされちゃうかな?<BR> <BR> しかし一方で DoCoMo の ARROWS X ではこのような症状は出ていないとのこと。だとすれば発熱の原因は au 機特有の無駄なソフトウェア動作かもしれません。と考えていると新しい情報を発見しました。上記の問題の対策方法です。熱変換されていたエネルギーが減るので電池持ちも多少改善するかなぁ。。。<BR> <BR> ■APP GIGA<BR> <a href="http://plus.appgiga.jp/ky777/2011/12/21/10459/" target="_blank" title="http://plus.appgiga.jp/ky777/2011/12/21/10459/">http://plus.appgiga.jp/ky777/2011/12/21/10459/</a><BR> <BR> やはり無駄なソフトウェアが動作していたんですね。しかし、これでデフォルトのホームアプリや使いたかったアプリをあきらめる必要があるかもしれません。どちらにしてもソフト対策が必要です。ただ、ソフトの対策であればアップデートを信じて購入に踏み切るのもありかと。<BR> <BR> 富士通・東芝は過去にメールの不具合(REGZA Phone IS04)、充電不具合(ARROWS Tab LTE F-01D)、通話問題(REGZA Phone T-01D)などを連発しています。REGZA ブランドを ARROWS に変更したのも REGZA テレビへの影響を配慮したためとの噂もあるほどです。まじめにやらないと TPP を待たずして日本市場は食われてしまいますよ!応援してますから頑張ってください!! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/132/clap" id="fc2button-clap-132" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-132").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/132/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
131

DTM/DAW ウィンターセール大集合!

12月も中旬に差し掛かり、各メーカーのクリスマス商戦も加熱してきています。DTM/DAW の音源やエフェクトは圧倒的に海外製が多いのが特徴で、必然的に日本代理店が間に絡むわけですが、その代表的なのが以下の3社。 ■CRYPTON(クリプトン)  http://www.crypton.co.jp/  3社の中では最もビギナー向け。初音ミクから本格オーケストラ音源まで、取り扱いブランドと商品ラインナップの幅広さが特徴です。キャンペーンもよ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 12月も中旬に差し掛かり、各メーカーのクリスマス商戦も加熱してきています。DTM/DAW の音源やエフェクトは圧倒的に海外製が多いのが特徴で、必然的に日本代理店が間に絡むわけですが、その代表的なのが以下の3社。<BR> <BR> ■CRYPTON(クリプトン)<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/">http://www.crypton.co.jp/</a><BR> <BR>  3社の中では最もビギナー向け。初音ミクから本格オーケストラ音源まで、取り扱いブランドと商品ラインナップの幅広さが特徴です。キャンペーンもよくやりますし、ダウンロード販売もしています。残念ながらハードウェアは扱っていませんね。<BR> <BR> ■High Resolution(ハイ・レゾリューション)<BR>  <a href="http://www.h-resolution.com/index.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/index.html">http://www.h-resolution.com/index.html</a><BR> <BR>  主に DTM/DAW ハードウェアを扱っていますが、ドラム音源・総合音源もいくつかあります。xlnaudio のドラム音源 Addictive Drums や EAST WEST の総合音源? Quantum Leap シリーズなどは分かりやすいですね。プロ向けの製品も多数あります。<BR> <BR> ■Media Integration(メディア・インテグレーション)<BR>  <a href="http://www.minet.jp/" target="_blank" title="http://www.minet.jp/">http://www.minet.jp/</a><BR> <BR>  チョット大人の製品を扱うメーカー。IK Multimedia(総合音源)、Fxpansion(ドラム音源)、Synthogy(ピアノ音源)、Spectrasonics(ベース・シンセ音源)等は比較的ポピュラーですよね。他にも有名な WAVES(エフェクト)なんかも扱っています。<BR> <BR> で、現在、3社が結構セールをやってます。今日は各社の代表的なセールについて 100% 主観でコメントしてみたいと思います(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cryptonSale.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/cryptonSale.png" alt="cryptonSale.png" border="0" width="468" height="144" /></a> <BR> ■CRYPTON(クリプトン)<BR> <BR> 今年も取り扱い商品の多さを武器にたくさんのキャンペーンを張ってます。いっぱいでしょ?目移りしちゃいます。<BR> <BR>  NO.1 TOONTRACK ホリデースペシャル ~EZXシリーズ、2点で8400円!!~<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/ezxphy" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/ezxphy">http://www.crypton.co.jp/ezxphy</a><BR> <BR>  NO.2 SONICWIRE ホリデースペシャルセール 最大30%OFF! <BR>  <a href="http://sonicwire.com/sw_holiday" target="_blank" title="http://sonicwire.com/sw_holiday">http://sonicwire.com/sw_holiday</a><BR> <BR>  NO.3 VSLソフトウェアツール 販売開始!VSLホリデー・オファー スタート!<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/vienna_vip" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/vienna_vip">http://www.crypton.co.jp/vienna_vip</a><BR> <BR>  NO.4 D16製品ウィンタースペシャルセール<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/d16" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/d16">http://www.crypton.co.jp/d16</a><BR> <BR>  NO.5 Originラストセール<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/origin4998" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/origin4998">http://www.crypton.co.jp/origin4998</a><BR> <BR>  NO.6 ソフトウェア円高差益還元セール<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_94.jsp" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_94.jsp">http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_94.jsp</a><BR> <BR>  NO.7 サンプリングCD円高差益還元セール<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_69.jsp" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_69.jsp">http://www.crypton.co.jp/mp/pages/news/campaign/camp_69.jsp</a><BR> <BR>  NO.8 アウトレット品(廃盤/生産完了品)も還元セール<BR>  <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/news/outlet" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/news/outlet">http://www.crypton.co.jp/mp/do/news/outlet</a><BR> <BR> この中でピックアップするなら NO.3 の VSL と NO.6 の円高差益還元セールでしょうか。<BR> NO.3 の VSL はオーケストラ音源の王様ですけども、今年はピンボケキャンペーンを張るみたいです。VSL は各セクションの音源が Standard(基本音色)+ Extend(拡張音色) の構成でラインナップされているんですけども、総額10万円以上買うと金額に応じてこの Extend ライブラリが付いてきます。<BR> <BR> このキャンペーンが KY なのは、10万円以上の支出が前提であることと特典が Extend ライブラリであることです。10万円以上に限定することで新規ユーザのきっかけ作りに失敗していますし、Extend ライブラリはその名の通り拡張ライブラリであって、Standard でカバーされていない音色が必要になったときに買えばいいものです。いるかどうかも分からない Extend を最初から付けるメリットがありません。<BR> <BR> VIENNA は既存ユーザは大事にするが新規のプアな顧客は必要としていないと言うことですね。VSL はサンプリング型音源の筆頭な訳ですが、時代は確実に物理モデリング型にシフトしてきています。VIENNA がこの方向に舵を切り直すのは会社の設立理念から推して非現実的であり、彼等ならその時流を感じ取っているはずなのですが、であればなぜ現時点で新規顧客を開拓しないんでしょうね。え~っと、買えない僻みに聴こえます?(笑)<BR> <BR> 次は NO.6 の円高差益還元セールについて。<BR> クリスマス商戦とは関係ないことと多少古めの製品も混ざっていることは置いといて、ジャンルも豊富でなかなか魅力的です。総合音源 VI ONE、ギター音源 ACOUSTIC LEGEND / CHRIS HEIN GUITARS、ハーモナイザー VIELKLANG なんか個人的にそそります。特にギター音源はこれ以上の音質を持つものは他にありませんので、検討の価値はあると思います。<BR> <BR> ちなみに NO.1 の EZX シリーズセールも1本あたり半額になって魅力的ですが、これは EZdrummer か Superior Drummer 2.0 を持っている人だけの話。お間違えのないよう。でも EZdrummer は軽いし操作も分かりやすく、初めてのドラム音源にはもってこいですね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HighResolutionSale.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HighResolutionSale.jpg" alt="HighResolutionSale.jpg" border="0" width="468" height="170" /></a> <BR> ■High Resolution(ハイ・レゾリューション)<BR> <BR>  NO.1 Ableton 対象商品 MAX 28% OFF<BR>  <a href="http://www.h-resolution.com/ableton/index.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/ableton/index.html">http://www.h-resolution.com/ableton/index.html</a><BR> <BR>  NO.2 Addictive Drums お好きな ADpak プレゼント<BR>  <a href="http://www.h-resolution.com/xln/index.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/xln/index.html">http://www.h-resolution.com/xln/index.html</a><BR> <BR>  NO.3 EAST WEST 1本買ったら1本プレゼント<BR>  <a href="http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_campaign.html" target="_blank" title="http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_campaign.html">http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_campaign.html</a><BR> <BR> High Resolution はやっぱり NO.3 の EAST WEST でしょうか。このキャンペーンは毎年の恒例行事ですよね。楽しみにされていた方も多いと思います。EAST WEST のサウンドクオリティは高いしどれも個性を主張してきて分かりやすく、いかにもアメリカっぽいサウンドを提供してくれます。また、ラインナップも豊富。金銭に余裕のある方は高級総合音源としてラインナップしておきたいですね。ただ、EAST WEST のシリーズに専用音源に求めるような過大な期待はしない方がいいと思います。音は確かにいいですが基本的に総合音源です。突き詰めると限界に突き当たります(最近の Hollywood シリーズは専用音源みたいですね)。<BR> <BR> よく巷では EWQL なら CCC をキャンペーン時に買うべきって言われますが、CCC 使いの私としては CCC は支出も大きいし使わないライブラリもあって無駄が多いのでどうかと思います。例えばこのキャンペーンを利用して QLGoliath + QLSOG なんかどうでしょうか。Goliath は総合音源で、他の EWQL の音源を一通り網羅していますし、気合の入った Bosendorfer のピアノなんかも入っていますので何かと便利です。それに QLSOG(オーケストラ音源)を足すとオケ音源の表現範囲が広がって実用的です。支出も抑えられますしね。QLGoliath + QLVoP(女性クワイア音源)なんかもありかと。ちなみに英語が分かる方は <a href="http://www.soundsonline.com/EW-QL-BOGO" target="_blank" title="soundsonline"><u>SundsOnline</u></a> での購入をお勧めします。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WavesSale.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WavesSale.png" alt="WavesSale.png" border="0" width="492" height="220" /></a> <BR> ■Media Integration(メディア・インテグレーション)<BR>  <a href="http://www.minet.jp/waves/bundles_special" target="_blank" title="http://www.minet.jp/waves/bundles_special">http://www.minet.jp/waves/bundles_special</a> <BR> <BR> 最後に Media Integration ですけど、ここは大人の渋いキャンペーンを張ってます。初級ユーザ向けのこのブログにかろうじて合うのは、WAVES ぐらいでしょうか。な、な、なんと WAVES 全パッケージが 70% OFF!!! ひとこと言いたい、「ふざけるな」と(笑)。<BR> <BR> WAVES と言えば高級エフェクト群の雄。そのフラグシップ MERCURY が通常 730,800円のところ、今回は特別価格 294,000円! もうひとこと言いたい、「ふざけるな」と(笑)。もう価格なんてあってないようなもので、30万弱で売っても利益が出ますってことですから、今まで40万以上もふんだくっていたってバラしてるようなもんです。この業界ってふんぞり返ってるブランド多いですね。<BR> <BR> でも今はもう WAVES 一択の時代じゃないですし、未だに 64bit 対応すら出来なくって求心力が低下している印象を持つのは私だけでしょうか。しかし、WAVES のプラグインは確かに音質はいいです。これは間違いありません(音質の差については別の機会に書きます)。ですから WAVES を狙ってた方はこの機会を逃す手はありませんね。何も高いものを買わなくても Native Power Pack や Sliver でも十分その恩恵に与れます。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/131/clap" id="fc2button-clap-131" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-131").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/131/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
130

Cubase 6 便利な機能(マウスも使う編)

みなさん、こんにちは。 今日は Cubase の小技をいくつか紹介していきたいと思います。前回、キーボードショートカットをかなりたくさん紹介して好評だったのですが(こちらから)、今回はマウスなども使って幅広く便利な紹介できればと思います。 もう12月も中旬でして、クリスマスも近づいてきましたので、このブログでも何か皆さんにプレゼントできるものがないか考えたのですが、曲なんかを作っても逆に元気がなくなる方... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> みなさん、こんにちは。<BR> 今日は Cubase の小技をいくつか紹介していきたいと思います。前回、キーボードショートカットをかなりたくさん紹介して好評だったのですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-79.html" target="_blank" title="こちらから"><u>こちらから</u></a>)、今回はマウスなども使って幅広く便利な紹介できればと思います。<BR> <BR> もう12月も中旬でして、クリスマスも近づいてきましたので、このブログでも何か皆さんにプレゼントできるものがないか考えたのですが、曲なんかを作っても逆に元気がなくなる方がおられると申し訳ないので(笑)、より実用的に便利機能を紹介することでクリスマスプレゼントに代えさせてもらいたいと思います。<BR> <BR> <u>■パート範囲が邪魔</u><BR> <BR> パート範囲ってのはこいつのことです(画像の黄色い四角)。エディタを開くとパートの先頭にこいつが居座るんですよね。マウスでこの位置を選択する機会は結構多いんですが、そのときに邪魔なんです。こいつを消したい。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193602750.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193602750s.png" alt="パート範囲" border="0" width="159" height="104" /></a> <BR> 実はこれ、簡単。このボタンを押すだけ(画像の赤い四角)。これでかなりイライラから開放されます。<BR> <BR> <u>■ノートのベロシティを情報ラインから変更する</u><BR> <BR> これを見てください。今私が作ってる曲のベロシティデータです。ピアノ曲を打ち込みする場合なんかは1つ1つのノートのベロシティはとても大事です。ただ、間が狭かったり重なってたりして目的のノートだけベロシティを変えるのは大変です。そんなときはここ(左画像の黄色い四角)で編集しましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193345dc0.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111214193345dc0s.png" alt="ベロシティ変更" border="0" width="159" height="97" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933444dd.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933444dds.png" alt="ウィンドウレイアウトの設定" border="0" width="159" height="104" /></a> <BR> <BR> この情報ラインは画面の一番左端にある「ウィンドウレイアウトの設定」から表示できます(右画像の黄色い四角)。そして、目的のノートを選択してベロシティ(左画像の赤い四角)をダブルクリックして目的の値を入力する、、、、と思うでしょ? ま、それでもいいんですが、もっと直感的に変更する方法があります。それは、ベロシティ値をマウスでクリックしたまま上下にドラッグするのです。<BR> <BR> ありがたいことに変更値に従って音も鳴るので、目的の音量を設定しやすいですね。これ、知らない人多いんじゃないかな?同じ要領でこの情報ラインにある値は全て変更可能です。<BR> <BR> <u>■画面のスクロール拡大縮小をより簡単に</u><BR> <BR> キーボードの「G」「H」キーで画面の拡大縮小が行えることは前回ご紹介しました。今回はマウスを使った方法を紹介します。まずはホイールスクロールの付いたマウスを用意してください。最近はポピュラーになりましたから大抵付いてますよね?<BR> <BR> まず、キーボードの Ctrl キーを押したままにしてマウスホイールをクルクルしてみましょう。どうです?画面が横に拡大縮小されるでしょう。この機能の素晴らしいのは、現在マウスポインタがある位置を中心に拡大縮小されると言うこと。ポイントを狙って素早く拡大縮小できます。<BR> <BR> 次に、Shift キーを押したままだとどうなるでしょうか?今度は左右にスクロールしますよね?これも便利じゃないですか。余談ですが、この機能は高速スクロール機能が付いたマウスだとさらに便利です。お勧めのマウスを記事の一番下に紹介しておきますね。<BR> <BR> 一般的に、Ctrl, Shift, Alt の3つのキーはこう言った付加的な機能に関わっていることがほとんどです。色んなところでこのキーと他の何かの組み合わせを試してみましょう。きっと新しい発見があるはずです。<BR> <BR> <u>■縦(横)の位置を動かさずにノートを移動</u><BR> <BR> 打ち込みをしていると、手弾きのミスノートやタイミングのずれなどが発生しますよね。音程を間違った場合はリズムがずれないようにノートを移動しなければなりませんし、タイミングを修正するときは音程がずれないようにしなければならない。でも普通にノートを選択して移動させるとどちらもずれちゃいますよね。<BR> <BR> そんなときは移動する際に Ctrl キーを押したままにします。これで上下左右、動かしたい方向以外には動かないようになります。知っておくと便利ですね。また、この機能は複数のノートをまとめて選択しているときも有効ですし、ノートだけでなくパートそのものを別のトラックに移動したい場合なんかにも有効です。<BR> <BR> <u>■コントロール情報も一緒に移動(若しくは別々に移動)</u><BR> <BR> 例えばピアノの打ち込みではサスティーンペダルの踏み込み(画像の赤い四角)、オケの打ち込みではエクスプレッション(強弱表現)のコントロール情報がノートとは別にあるはずです。さて、ノートを選択してどこかへ移動させたとき、これらがついて来ないとまずいですよね。逆にメインボリュームのようについ来て欲しくないコントロール情報もあります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933447f2.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/201112141933447f2s.png" alt="コントロール情報の移動" border="0" width="158" height="97" /></a> <BR> <BR> そんなときはここで選択しましょう(画像の黄色い四角)。これが ON だとノートの移動に合わせてコントロール情報もついて来ます。OFF だとついて来ない。賢いのは、そのコントロール情報に関係していた全てのノートが移動されるときは例え OFF でも一緒についてくる! Cubase なかなか成熟してるでしょ?<BR> <BR> <u>■トラックの大きさをまとめて変更</u><BR> <BR> トラックが増えてくると管理が大変です。と言うのも各トラック表示の高さが高いとたくさん表示できませんし、かといって小さいと何が表示されているのか分からない。編集するときは大きく、そうでないときは小さくなって欲しい。でも1つ1つ合わせていくのは大変。。。そんなときはこうしましょう!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LargoProgress.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/LargoProgresss.jpg" alt="LargoProgress" border="0" width="159" height="98" /></a> <BR> <BR> Ctrl キーを押しながらどれでも1つのトラックの幅を変更してみてください。他のトラックも全てその大きさになるでしょ。通常はこの方法を使って各トラックの幅を小さくして全てのトラックが見渡せるようにするといいですね。そして、必要になったトラックだけ拡大して編集する。<BR> <BR> 次に Shift キーを押したままだとどうなるでしょうか。Shift キーの場合はあらかじめ複数トラックを選択しておきます。その状態で選択トラックのどれかのサイズを変更すると、それらのみが拡大縮小されます。これはセクション内のトラックをまとめてサイズ変更したい場合なんかに有効ですよね。<BR> <BR> <BR> 如何だったでしょうか。皆さんの DTM ライフのお役に立てれば幸いです。その他にも色々ありそうですが、それはまたの機会にお届けしましょう!それではみなさん、風邪など引かないように元気にして忙しい師走を乗り切りりましょうね。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/130/clap" id="fc2button-clap-130" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-130").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/9.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/130/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2011-12-14 (Wed)
  • Category : Cubase
129

クレイジードラマー

見よ!このクレイジーさ! まさにアニマル! 他のミュージシャンが霞んで見える。 ミュージシャンたるもの、やはりこうでなくては。 これは1日2日で準備したものではないですね。 きっと毎日一人で自宅の鏡の前で練習してたんですよ。 その様子を想像するとちょっと笑えてきます。 バリエーションの豊富さも半端ないですね~。 1つ1つのアクションが完全に出来上がっています。 凄いのはありがちな見てくれ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 見よ!このクレイジーさ!<BR> まさにアニマル!<BR> 他のミュージシャンが霞んで見える。<BR> ミュージシャンたるもの、やはりこうでなくては。<BR> <BR> <iframe width="520" height="382" src="http://www.youtube.com/embed/ItZyaOlrb7E" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> これは1日2日で準備したものではないですね。<BR> きっと毎日一人で自宅の鏡の前で練習してたんですよ。<BR> その様子を想像するとちょっと笑えてきます。<BR> <BR> バリエーションの豊富さも半端ないですね~。<BR> 1つ1つのアクションが完全に出来上がっています。<BR> 凄いのはありがちな見てくれのアクションだけでなく、ドラマーとしてのうまさもなかなかのものだと言うこと。もうただただ認めるしかありませんね。<BR> <BR> ただ1つ言わせてもらえば、彼は確実に所属するバンドを間違えてませんかねぇ。<BR> <BR> それにしてもテキサス流のロックがこう言うものだとは不勉強にも知りませんでした。 やっぱり音楽は自分を表現してナンボですね。 <BR> <BR> それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/129/clap" id="fc2button-clap-129" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-129").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/129/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
128

シンセ音源 Omnisphere でオリジナル曲作りに挑戦!

今日は Omnisphere を使って機能紹介などしながら短い曲を1つ作ってみようと思います。 まず、曲作りの最初は私の場合、拠り所探しです。ただ漠然と「曲を作りたい」と思ってもなかなか具体的になりませんよね。そこで何かベースとなるものを探していきます。(前回の記事はこちら) 色んな拠り所があると思うんですが、楽器の拠り所はもちろん「Omnisphere」。そして今回はイメージの拠り所として「深海」をピックアップして... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は Omnisphere を使って機能紹介などしながら短い曲を1つ作ってみようと思います。 まず、曲作りの最初は私の場合、拠り所探しです。ただ漠然と「曲を作りたい」と思ってもなかなか具体的になりませんよね。そこで何かベースとなるものを探していきます。(前回の記事は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)<BR> <BR> 色んな拠り所があると思うんですが、楽器の拠り所はもちろん「Omnisphere」。そして今回はイメージの拠り所として「深海」をピックアップしてみたいと思います。すると、「ゆったりとしたテンポがいいな」とか「少し暗めの雰囲気を持たせたほうがいいな」とか、次の拠り所が出てきます。私の場合こんなのが出てきました。表現出来なくったって構わないんでとりあえず書いておきます。<BR> <BR>  ●ゆったりとしたテンポがいいな<BR>  ●少し暗めの雰囲気を持たせたほうがいいな<BR>  ●水とか泡とかの雰囲気を入れてみたい<BR>  ●神秘的な雰囲気が欲しい<BR>  ●段々と深く潜っていく感覚を出したい<BR>  ●短めの曲で印象的に!<BR> <BR> ここで DAW と Omnisphere を立ち上げ、テンポをゆっくり目の 100bpm ぐらいに合わせます。次にコード進行選びです。シンセ曲の場合、あまり凝ったコード進行はかえってサウンドをグチャグチャにしてしまう可能性がありますから、4小節で一順するぐらいの比較的分かりやすいコードを選びたいです。そして今回は少し暗めのコードを。<BR> <BR> 私の場合、<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-43.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で紹介した方法でコードパターンを全て MIDI 化していますので、これを再生させながらコード進行を選んでいきました。いいかなと思った進行は全て別のトラックにピックアップしていきます。もちろんこの時に Omnisphere の音で確認しても楽しいと思います。そして最終的にこれにしました。ちなみにこれは HALion Sonic SE の音です。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/CodesSampleIntoTheDeepSea.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> 次に音色を探してみましょうか!シンセ音源で音を探す場合、お勧めはやはりコードパターンを使うことです。なぜならシンセは和音を鳴らすことで凄く良く聴こえるから(笑)。単音で聴いたってたいしてインスピは降りてきません。そして Omnisphere の場合、ちょっと良さげな音が見つかったら 「ARP」ボタンを ON にしてみて聴いてみましょう!これはコードを自動的にアルペジオで再生してくれる機能です。特にギター・ベル・ピアノのような減衰の早い音色の場合はアルペジオにするといい結果が出ることが多いです。是非お勧めします!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45s.jpg" alt="Glorius Guitars" border="0" width="160" height="126" /></a> <BR> <BR> さて、気に入った音色は★を好きなだけ付けておきましょう。そうしないともう二度と出会えませんからね(笑)。そしてまず最初に探すのは曲の基本となる音色です。これはもうタグとキーワードで候補を削っていかないと、とても終わらないです。今回はアルペジオ機能が気に入ったので「Guitar」をキーワードに検索してみました。それでも恐ろしいほどヒットするので、Directory を "Omnisphere Library" に、Genre(ジャンル)を "Ballad"(バラード)にし、最終的にベースとなる音色として「Glorious Guitars」を選択しました。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarsARP.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR> <BR> さぁ、次は彩を加える音色探しです。とにかくたくさん聴いて気に入ったものは常に★を付ける習慣にしましょう。次回の音色探しがとても楽になります。今回は最初に決めた「拠り所」の雰囲気に合うものを片っ端からピックアップしていき、実際にベース音色に加えてみたりしてベストマッチするものを選んでいきます。<BR> <BR>  ●水とか泡とかの雰囲気を入れてみたい<BR>   雨の音を見つけたので、深海に雨っておかしいけど(笑)入れてみることにしました。<BR> <BR>  ●神秘的な雰囲気が欲しい<BR>   コーラスで神聖な雰囲気が出ないかなと思ってやってみます。<BR> <BR>  ●段々潜っていく感覚を出したい<BR>   これは音色を重ねていくことで雰囲気を出してみたいと思います。<BR> <BR> ここで1回聴いてみましょうか?<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967618%3Fsecret_token%3Ds-ORW8l&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967618%3Fsecret_token%3Ds-ORW8l&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>IntoTheDeepSea_1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> どうです?少し曲の方向性が見えてきた気がしませんか? でもまだなんか色々足りない気がしますね。もっと装飾的な音色を追加してみましょう!こんなのどうですか?<BR> <BR>  ●ベル<BR>   適所に使うとかなりゾクッっとする印象を与えられますよね。特にこういう音は低音と一緒に使うと吉です。<BR> <BR>  ●低音<BR>   インパクトのある低音が欲しいですよね。Omnisphere の得意とするところです。<BR> <BR>  ●リバースシンバル<BR>   緊張感と惹き付ける力を与えてくれるんですよね。<BR> <BR>  ●リズム<BR>   後半からは少しリズム性のある音色を入れてリズムを出してみます。<BR> <BR> これらを加えて再度聴いてみましょう!<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967643%3Fsecret_token%3Ds-3qykh&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967643%3Fsecret_token%3Ds-3qykh&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>IntoTheDeepSea_2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> どうですか?良くなってきたんじゃないですか?(笑)こうなってくると後はノリです。他の音源も使ってどんどん雰囲気を追加していきましょう!<BR> <BR>  ●ストリングス<BR>   やっぱりこういう曲はストリングスの緊張感も欲しいですよね。バックでうっすらと流れる感じを出してみます。<BR> <BR>  ●ピアノ<BR>   幻想的で神秘的なイメージを追加してみます。これもバックでキラキラと流すことで水のような泡のような印象を出してみたいと思います。<BR> <BR>  ●ヴォイス<BR>   神秘的といえばやはり女性ヴォイスでしょう。透き通った女性のロングトーンは凄く魅力的だと思うのは私だけ?<BR> <BR> そして出来上がった曲がこちらです。<BR> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967672&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F29967672&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/intothedeepsea">IntoTheDeepSea</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> 如何だったでしょうか。<BR> 初挑戦にしてはそれほど難しくなく、しかも楽しく作れたように感じました。後半はほとんどインスピレーションのみで音を追加していってますので、ほんと感性とその感性が降りて来やすい環境づくりが大事だと思います。みなさんも挑戦してみてくださいね。<BR> <BR> ちなみに本家はこちらに登録してありますので是非お立ち寄りください。それでは!<BR> <BR> ■INTO THE DEEP SEA(動物使い作)<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSea.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/IntoTheDeepSeas.jpg" alt="IntoTheDeepSea.jpg" border="0" width="160" height="108" /></a> <BR> <a href="http://musictrack.jp/musics/43171" target="_blank" title="http://musictrack.jp/musics/43171">http://musictrack.jp/musics/43171</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/128/clap" id="fc2button-clap-128" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-128").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/6.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/128/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
127

シンセ音源 Omnisphere レビュー

シンセ音源の決定版! Spectrasonics の Omnisphere を紹介します。シンセ音源 と言えば Spectrasonics と言うほどその名を知られているメーカーですが、実際のところその実力はどうなんでしょうか?今日はそのインプレッションを紹介していきます。  ホームページ :http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1  Spectrasonics:http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php Omnisphere は6枚組... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> シンセ音源の決定版! Spectrasonics の Omnisphere を紹介します。シンセ音源 と言えば Spectrasonics と言うほどその名を知られているメーカーですが、実際のところその実力はどうなんでしょうか?今日はそのインプレッションを紹介していきます。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/omni15n-600b.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/omni15n-600b.jpg" alt="omni15n-600b.jpg" border="0" width="520" height="270" /></a> <BR>  ホームページ :<a href="http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1" target="_blank" title="http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1">http://www.minet.jp/spectrasonics/omnisphere#1</a> <BR>  Spectrasonics:<a href="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php" target="_blank" title="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php">http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere.php</a> <BR> <BR> Omnisphere は6枚組みの DVD に格納される総容量 50GB のモンスター音源です。ブルーを基調にあしらったパッケージがなんとも映えますね。軽く所有欲を満たしてくれます。 さて、簡単に使ってみた感想を述べてみましょう。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■良い点</span><BR> <u>◎とにかくプリセットが多い!</u><BR> 5,000 を超える音色パッチと 2,700 以上のサウンドソースをはじめ、これでもか!ってほど詰め込んであります。しかも、現在も増殖中。初めて Omnisphere が発売されたころはパッチ数は 3,500 ぐらいだったと記憶していますが、実際増えてるんですよ。こう言うアフターサービスの充実も Spectrasonics の1つのポイントですね。<BR> <BR> はっきり言って音色数は多すぎて探すのに困ります。Spectrasonics もその辺は自覚していまして、検索機能が割りと充実しています。ランダムサーチなんかもありますので、気に入った音色は★マークをつけておきましょう。そうしないともう一生その音色に出会えないかもしれませんから(笑)。Omnisphere の音色は一期一会です。<BR> <BR>  音色:<a href="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php" target="_blank" title="http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php">http://www.spectrasonics.net/products/omnisphere-lib.php</a><BR> <BR> <u>◎音色のクオリティが高い!</u><BR> 音色は大きく分けて楽器系と波形系があるんですが、楽器系はクオリティが素晴らしいです。ギター1つにしても強弱に応じて弦のしなるような音も収録されていてまるで専用音源のようです。また音質で定評のある Trilian の音色も取り込めたりするので申し分ないです。<BR> <BR> 波形系は Spectrasonics の真骨頂。膨大な数のパッチは1つ1つが十分な分厚さとユニークさ・音圧を持っていて使ってみたくなります。また、後で紹介する音色のエディット機能を用いてこれらの音色を多彩に編集できます。このエディットがまた凄いんだ。もちろん楽器系のパッチもエディットできますよ!<BR> <BR> <u>◎アルペジエータが秀逸</u><BR> アルペジエータって言うのはギターのアルペジオに似た機能です。リズムと各ビートのベロシティが指定されたグラフのようなビジュアルテーブルを用いてロードした音色を順番に弾いていきいます。言葉では説明が難しいのでちょっとやってみましょう。ギターの音色をロードすると普通、こんな感じ。でもアルペジエータを ON にするとこんな感じになります。どうです、楽しさが広がった感じがしませんか?<BR> <BR> <div style="float:left; width: 320px;"> アルペジエータ OFF<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Guitars.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> アルペジエータ ON<BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/GuitarsARP.mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object><BR>  <BR>  <BR> </div> <div style="float:right; width: 200px;"> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20111203165144a45s.jpg" alt="Glorius Guitars" border="0" width="160" height="126" /></a> </div> <BR> <div style="float:left; width: 520px;"> <u>◎恐るべき音色エディット!</u><BR> どれも音質・音圧共に十分。波形系はそのエディットによって化ける変幻自在ぶりが素敵です。その片鱗をこの動画で確認してみてください。7:23 からの「GRANULAR」なんて恐ろしい編集も可能です。また、各音色パッチを自由に組み合わせてオリジナルの音色も作れます。<BR> </div>  <BR>  <iframe width="520" height="294" src="http://www.youtube.com/embed/Vp0dBNecYrA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■良くない点</span><BR> <u>×ちょっと重い、、、</u><BR> ロードする音色によるんですが、200~300MB ぐらいの音色もザラにあって、特に目的の音色を素早く見つけたいときにしんどいことがあります。これはプリロード機能を使ってある程度解消できますが、私の HDD 4台並列した RAID 0 環境でも2秒弱かかる音色があります(もちろん速いのもありますよ)。<BR> <BR> <u>×音色が探し辛い、、、</u><BR> 音色検索機能は確かに充実しています。★を付けて好みの音色をリマインドする機能、様々なフィルタによって音色を振り分ける機能、キーワードで直接検索する機能などあります。ただ、全て英語ですからボキャブラリーの少ない方は単語の意味を調べないと目的を達成できません。ちょっと敷居が高いです。まぁ、慣れですが。。。<BR> <BR> <u>×FXが分かり辛い</u><BR> Omnisphere はコーラス、リバーブ・イコライザ・フェーザ等、多彩で品位の高い FX をいくつも搭載しています。ただ、これがこんな感じでトラック形式なんですね。昔はこんな感じだった訳ですが、ソフトプラグインが主流の現在、多少違和感を覚えるのは私だけでしょうか。まぁ、見た目だけのお話です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Rev_Omni_400.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Rev_Omni_400s.jpg" alt="Rev_Omni_400.jpg" border="0" width="159" height="116" /></a> <BR> <BR> さぁ、色々と良い点・悪い点を紹介してきましたが、このブログでは実演をモットーとしています。Omnisphere 初使いの私がどこまで使えるかやってみたいと思います。初心者の私がある程度使えるようなら、皆さんはもっと素晴らしいサウンドが作れることでしょう。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-128.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>からどうぞ!<BR> <BR> また、Omnisphere の様々な機能についても順を追って紹介していきますね。お楽しみに!(ホントにこんなに紹介できるのかな、、、汗)<BR> <BR>  <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-128.html" title="第0回:Omnisphere で曲作りに挑戦!"><u>第0回:Omnisphere で曲作りに挑戦!</u></a><BR>  <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-148.html" target="_blank" title="第1回:こんなにある!Omnisphere の音色"><u>第1回:こんなにある!Omnisphere の音色</u></a><BR>  第2回:Omnisphere の機能紹介<BR>  第3回:楽しい アルペジエータ機能<BR>  第4回:凄いぜ! GRANULAR 機能<BR>  第5回:豊富な FX<BR>  第6回:ライブ機能と ORB<BR> <BR> 最後に Spectrasonics 本家の素晴らしい動画を紹介しておきましょう。スクラッチの音色からこんな音楽が出来上がってしまうのです。もちろんそれなりのセンスは要求されるでしょうが、もっと必要なのは Omnisphere の実力を引き出せるまで使い倒してみることでしょう。そうすれば後はインスピレーションで Omnisphere はあなたの欲しかったサウンドをきっと提供してくれるはずです。<BR> <BR> <iframe width="520" height="294" src="http://www.youtube.com/embed/AA3z3574zeM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/127/clap" id="fc2button-clap-127" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-127").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/127/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。