カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
179

物理モデリング音源いろいろ(第3回:ブラス音源 BRASS2)

連載で物理モデリング音源の紹介をしています。 今日ご紹介したいのは(ってなんかテレフォンショッピングみたいになってきた)、ARTURIA の BRASS2 です。 ■ARTURIA BRASS2 http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html 先日、IRCAM のキャンペーンについてご紹介したのですが(こちら)、その IRCAM が Arturia 社と共同開発で作った物理モデリング音源がこの BRASS2 です。ま、無粋な... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 連載で物理モデリング音源の紹介をしています。<BR> 今日ご紹介したいのは(ってなんかテレフォンショッピングみたいになってきた)、ARTURIA の BRASS2 です。<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sujpa200001sny2t.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sujpa200001sny2ts.jpg" alt="sujpa200001sny2t.jpg" border="0" width="145" height="159" /></a> <BR> ■ARTURIA BRASS2<BR> <a href="http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html" target="_blank" title="http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html">http://hookup.co.jp/products/plugins/arturia/brass2/index_brass2.html</a><BR> <BR> 先日、IRCAM のキャンペーンについてご紹介したのですが(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-178.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)、その IRCAM が Arturia 社と共同開発で作った物理モデリング音源がこの BRASS2 です。ま、無粋な紹介は後にして、デモを聴いてみましょうか。氏家克典氏によるデモビデオがありますので御覧ください。<BR> <BR> <iframe width="520" height="293" src="http://www.youtube.com/embed/y9Qfl1_ksU0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><BR> <BR> どうです?<BR> 結構いいと思いません?<BR> <BR> ブレスコントロールを用いてリアルタイムに抑揚をつけているのでリアリティが相当に増しています。通常、こういった抑揚はモジュレーションホイールなどを使って指で行うのが一般的ですが、実際のブレスでこれを表現しようと言う製品アプローチそのものが成功だったと思えます。<BR> <BR> さらに管の特性をきちんと理解した操作性にも好感が持てます。4:20 あたりからピッチベントによるトランペットのシェイクについて紹介されています。実際に管楽器の演奏経験がある方ならお分かりでしょうが、管楽器と言うのはピストンとブレスの圧力によって音程を変えるんです。ブレス圧を高くすれば同じ指でも高い音が出ます。ブレス圧を徐々に高くしていくと音が裏返る瞬間があって次の倍音に飛ぶんですね。金管奏者が音を外すことがあるのはこのためです(疲れてくると高い音はしんどいんです、、、)。<BR> <BR> 個人的な感想ですが特にサックスはいいと思いましたね。金管の高音はやや機械的でしょうか(本物はもっとしんどそうな頑張ってる感じの音が出ます 笑)。トランペットはデモではややこもったミュート気味の音に聴こえますが、これは音色を選ぶことで解決できます。なんとトランペットだけでもデフォルトで28種類の音色があるんですよ。もちろん編集できます。トロンボーンはややありえない感じの演奏かなぁ(笑)。スライドがもっと聴きたかったな。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■楽器は3類種類だけ!</span><BR> <BR> サポートする楽器の数は少なくって、トランペット・トロンボーン・サックスの3つだけです。ジャズとかソロをメインユースに想定しているのか単に予算が足りなかったのかわかりませんが、ここまマイナスポイントですね。残念!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trumpet.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trumpets.png" alt="BRASS2_Trumpet.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trombone.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Trombones.png" alt="BRASS2_Trombone.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Automation.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Automations.png" alt="BRASS2_Automation.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <BR> でも、それぞれの楽器で20を超えるバリエーションがあって欲しい音色はきっと見つかると思います。ミュートの種類も色々選べるんですよ! さらに、各楽器のパラメータも細かく設定できます。音圧/音色変化・ピッチ・ノイズ・ビブラートなど、時間軸に沿って自由に編集できます。かなりのこだわり具合です。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■他にも面白い機能が!</span><BR> <BR> いくつか紹介しますね。<BR> まず1つ目が Riff モード。これは一言で言うとアンサンブルの編集モード。お気に入りのアンサンブルを追加したり予めスタイル別にプリセットされたアンサンブルを編集したり出来ます。プリセットを聴くと、いろんな奏法を駆使したものなどあって「なるほど」と感心したり、中には「このアンサンブルフレーズを使って曲を作ってみたいな」と言った印象的なものもあります。BRASS2 の可能性を確認する意味でも面白いモードです。<BR> <BR> もう1つが SPACIALIZATION です。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Spacialization.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/BRASS2_Spacializations.png" alt="BRASS2_Spacialization.png" border="0" width="160" height="119" /></a> <BR> これは音像コントロール機能ですね。なんと、各楽器の演奏位置を自由に配置できます。言ってみれば VIENNA MIR PRO みたいな機能で(日本でも販売始まりましたね)、例えばトランペットだけ奥で鳴らしたり、サックスを左、トロンボーンを右後ろ、みたいな構成を自由に作れるんです。こんなことを何気にポロッと搭載するあたり、IRCAM の技術の高さが覗えます。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■デモ版を使ってみよう!</span><BR> <BR> BRASS2 もご多分に漏れずデモ版が利用できます。15日間機能制限なしで利用できますから是非ダウンロードしてみましょう。利用方法は簡単で、まずは下記サイトから実行イメージをダウンロードしてインストールします。次にメールにアクティベーションコードが記載されていますので、eLicenser を立ちあげて「アクティベーションコードの入力」で入力するだけ。Cubase の方は eLicenser が付いているので便利ですね~。<BR> <BR> 私も使ってみました。英語インターフェースですが、操作は至って直感的で迷うことは恐らくないと思います。10分も使えば殆どの機能が理解できるはずです(画面デザインはノペーっとしててあんまり好きじゃないですけどね、、、笑)。<BR> <BR> 気になるのはプツノイズ! 上の動画でも注意して聴くとわかりますが、ブツブツ言ってます。これはデモ版を使用してみても同じように発生します。つまり製品上の慢性的な問題のようですね。ここは大きくマイナスしたい。これが修正されない限り私は買いませんよ~。<BR> <BR> ■デモダウンロード<BR> <a href="http://www.arturia.com/evolution/en/products/brass/resources.html" target="_blank" title="http://www.arturia.com/evolution/en/products/brass/resources.html">http://www.arturia.com/evolution/en/products/brass/resources.html</a><BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■おすすめの使い方</span><BR> <BR> 私が個人的にこう使いたいと思っている構成をご紹介します。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/visuel_bundle.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/visuel_bundle.jpg" alt="visuel_bundle.jpg" border="0" width="520" height="150" /></a> <BR> <span style="font-size:large;">ARTURIA BRASS2 + AKAI EWI-USB</span><BR> <BR> このセット、いいと思いません?<BR> BRASS2 をライブモードにして笛で演奏するんですよ!(笛って言うな!)これはね、絶対いけてる大人の趣味ですよ。おしゃれなお父さんの趣味ですよ。音量も制限できるから近所迷惑にもならないし、指の運動にもなるからボケ防止にもいいですね(なんのこっちゃ)。<BR> <BR> EWI の第一人者と言えば宮崎隆陸氏。CD付き教則なんかも発売されてますよ~。EWI があると、他の楽器や音源での演奏でも今まで手入力していたエクスプレッション(表現コントロール)がブレスで出来るようになって、リアリティと素早い入力が可能になるんじゃないかと思って研究中です。<BR> <BR> ■EWI MASTER BOOK<BR> <a href="http://www.alsoj.net/store/view/ALEWIS1.html" target="_blank" title="http://www.alsoj.net/store/view/ALEWIS1.html">http://www.alsoj.net/store/view/ALEWIS1.html</a><BR> <BR> EWI は高い!と言う方は、氏家氏もデモの中で使っていたブレス・コントローラでも良さそうです。まぁ、こちらは音程が取れませんけど、、、。って、販売終了? ヤマハさ~ん!<BR> <BR> ■YAMAHA BC3<BR> <a href="http://jp.yamaha.com/products/music-production/accessories/breathcontrollers/bc3/?mode=model" target="_blank" title="http://jp.yamaha.com/products/music-production/accessories/breathcontrollers/bc3/?mode=model">http://jp.yamaha.com/products/music-production/accessories/breathcontrollers/bc3/?mode=model</a> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/179/clap" id="fc2button-clap-179" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-179").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/179/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="//media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
178

IRCAM サマープロモーションキャンペーン実施中!

今日は時間があまりないので、キャンペーンのご紹介など。 先日こちらで紹介した IRCAM ですが、現在「IRCAM Summer Promotion」と銘打ってキャンペーンをやってます! なんと、最大 50% OFF!! 早速見てみましょう! ■FLUX:: http://www.fluxhome.com/products まず、IRCAM ってなんぞや?ってとこからですが、フランス国立音響音楽研究所のことで、芸術を科学的に研究する世界でも珍しい機関なのです。つまり... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 今日は時間があまりないので、キャンペーンのご紹介など。<BR> <BR> 先日<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-167.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>で紹介した IRCAM ですが、現在「IRCAM Summer Promotion」と銘打ってキャンペーンをやってます! なんと、最大 50% OFF!! 早速見てみましょう!<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ircam2012summer.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ircam2012summer.jpg" alt="ircam2012summer.jpg" border="0" width="520" height="280" /></a> <BR> ■FLUX::<BR> <a href="http://www.fluxhome.com/products" target="_blank" title="http://www.fluxhome.com/products">http://www.fluxhome.com/products</a><BR> <BR> まず、IRCAM ってなんぞや?ってとこからですが、フランス国立音響音楽研究所のことで、芸術を科学的に研究する世界でも珍しい機関なのです。つまり IRCAM は本場おフランスの芸術的プラグインでございますのよ~ん(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Verb.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Verbs.jpg" alt="Ircam_Verb.jpg" border="0" width="160" height="93" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Trax.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Traxs.jpg" alt="Ircam_Trax.jpg" border="0" width="158" height="85" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Spat.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Ircam_Spats.jpg" alt="Ircam_Spat.jpg" border="0" width="159" height="83" /></a> <BR> <BR> IRCAM プラグインの特徴は何と言ってもこのクールなマスク!ファンが多いんじゃないでしょうか?見ただけで「あぁ、このツールは出来るな」って思っちゃいません?(笑)。パラーメータも難しくなく直感的なのもすごくいいです。機能美を兼ね備えたプラグインです。なんかこう所有欲を掻き立てられますよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iHeader.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/iHeaders.png" alt="iHeader.png" border="0" width="160" height="93" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trax_CS_day.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trax_CS_days.png" alt="Trax_CS_day.png" border="0" width="159" height="85" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sourcefilter.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/sourcefilters.png" alt="sourcefilter.png" border="0" width="160" height="86" /></a> <BR> <BR> 動物使いは現在この試用版を使っているんですが、やっぱり IRCAM はいいですね。VERV なんかすごく粒度が高くって透明感がありますし、TRAX は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-167.html" target="_blank" title="こっち"><u>こっち</u></a>で試したけどかなり面白い! いつかは所有したいアイテムの1つですね。<BR> <BR> でも、お高いんでしょ?(笑)<BR> <BR> このキャンペーンは日本代理店である Media Integration でも取り上げられています。あれ、こっちでは「Flux:: IRCAM Tools 1.1 & Studio 発売記念」になってますね。確かに半額なんてのはあんまりある話ではないですね。<BR> <BR> ■Media Integration<BR> <a href="http://www.minet.jp/flux/ircam-special" target="_blank" title="http://www.minet.jp/flux/ircam-special">http://www.minet.jp/flux/ircam-special</a><BR> <BR> IRCAM シリーズには今回新たに IRCAM Tools と IRCAM Studio が加わっており、その発売記念キャンペーンと言うことですね。IRCAM Tools は7つの IRCAM 関連製品全てをパッケージした完全版、Studio はスタジオユースということなんでしょうか、そこから SPAT と HEar を除いた5製品のパッケージとなっています。<BR> <BR> ちなみに IRCAM の製品を簡単に整理しておきますね。<BR> <TABLE> <TR><TD>IRCAM Spat</TD><TD>音像定位をコントロールするプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM Verb</TD><TD>リバーブプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM Verb Session</TD><TD>IRCAM Verb の廉価版</TD></TR> <TR><TD>IRCAM Trax Transformer</TD><TD>音声変換プラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM HEar<TD>ヘッドフォン用サラウンド・ミックスモニタリングプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM TRAX Cross Synthesis</TD><TD>振幅・周波数・位相モーフィングプラグイン</TD></TR> <TR><TD>IRCAM TRAX Source Filter</TD><TD>音量などによって原音を連続的にフィルタリングするモーフィングプラグイン</TD></TR> </TABLE> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pas_spectrum.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pas_spectrums.png" alt="pas_spectrum.png" border="0" width="159" height="123" /></a> <BR> <BR> 他にも IRCAM には Pure Analyzer のような度肝を抜く製品もあります。見ているだけでも楽しいですね。興味がありましたらどうぞ。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/178/clap" id="fc2button-clap-178" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-178").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/178/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
177

物理モデリング音源いろいろ(第2回:オーケストラ音源 WIVI)

物理モデリング音源の紹介、今回は2回目です(第1回:ピアノ音源はこちら)。 今回はオーケストラ系の音源を幾つか紹介してみたいと思います。結構あるんですよ! 紹介の前にちょっとだけオーケストラの編成について簡単な紹介をさせてください。 オーケストラで使われる楽器っていくつかのグループに分かれているんです。大きく4つあります。  ●ストリングス(弦楽器)… ヴァイオリン・ヴィオラ等  ●ブラス(金管楽... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 物理モデリング音源の紹介、今回は2回目です(第1回:ピアノ音源は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-172.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)。<BR> 今回はオーケストラ系の音源を幾つか紹介してみたいと思います。結構あるんですよ!<BR> <BR> 紹介の前にちょっとだけオーケストラの編成について簡単な紹介をさせてください。<BR> オーケストラで使われる楽器っていくつかのグループに分かれているんです。大きく4つあります。<BR> <BR>  ●ストリングス(弦楽器)… ヴァイオリン・ヴィオラ等<BR>  ●ブラス(金管楽器)… トランペット・ホルン等<BR>  ●ウッドウィンズ(木管楽器)… クラリネット・フルート等<BR>  ●パーカッション(打楽器)… シンバル・ティンパニ等<BR> <BR> ストリングスはオーケストラを代表する楽器ですね。ブラスバンド(吹奏楽)との大きな違いでもありますが、コントラバスだけはブラスバンドにも含まれているのが面白いですね。あれ、運ぶの大変なんですよ。<BR> <BR> ブラスは金属でできた楽器たちでマウスピースを使って音を出します。ブラスバンドにはユーフォニウムなんて楽器も含まれますが、オーケストラでは一般的ではないようです。ですからブラスバンドの打ち込みをしたい方などは音源選びで注意が必要です。<BR> <BR> 次にウッドウィンズは主に木製の楽器でリードを使って音を出します(フルートって何なんでしょうね?)。ブラスバンドとの大きな違いはサックスの存在です。オーケストラには一般的に登場しません。こちらも音源選びの際に注意してください。<BR> <BR> 最後にパーカッションですが、こちらは叩いて音を出す楽器ですね。パーカッションは演奏する楽曲に応じて編成が大きく異なります。ブラスバンドとの違いは特にないように見受けられます。ほとんどが減衰楽器(叩いたら後は音が消え行くのみ)なので、音源化しやすい特徴があると思われます。<BR> <BR> さて、一般的に「オーケストラ音源」と言うと上記4グループの音源がセットになっているケースが多いです。しかし、「ブラス音源」と言った場合は純粋に金管楽器のみを指している場合とストリングを除いたいわゆる「ブラスバンド音源」を指している場合があるので注意しましょう。このブログでは「ブラス音源」と「ブラスバンド音源」は意味を使い分けますね。<BR> <BR> では、具体的な音源について見ていくことにしましょう。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■WIVI シリーズ(ブラス・ウッドウィンズ)</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVOBB.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVOBBs.jpg" alt="WVOBB.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVWS.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVWSs.jpg" alt="WVWS.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVBD.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/WVBDs.jpg" alt="WVBD.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32310" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32310">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32310</a><BR> <a href="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32300" target="_blank" title="http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32300">http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=32300</a> <BR> <BR> まず、最もメジャー(私が勝手にそう思っている 笑)なのが、この WIVI シリーズです。オーケストラ音源の中では比較的安価な部類で、物理モデリングならではの小容量の恩恵を生かして早くからダウンロード販売しており、入手しやすいのも特徴です。<BR> <BR> バージョンは大きく2つあります。本格派の「白」とお手軽の「黒」です。<BR> 本格派の「白」はブラスとウッドウィンズの2製品に分かれていて個別に入手できます。対応楽器数は充実していて、サックス・ユーフォニウムをはじめ若干マイナーな楽器もきちんとサポートしている点は評価が高いですね。<BR> <BR> 一方の黒は搭載する楽器数と操作パラメータを限定したモデルですが、ブラス・ウッドウィンズがセットになっており、両方の主要な楽器をきちんと押さえています。音色自体は「白」と同じと思われますね(黒の方が高級そうに見えるのは私だけ? 笑)。<BR> <BR> 価格は「白」がそれぞれ3万円前後、「黒」が1万円程度となっています。収録楽器を見て問題なければ「黒」の方がマッチするユーザも多いでしょう。ご自分の用途に合った製品を選んで頂きたいです。<BR> <BR> <BR> さて、WIVI シリーズは、物理モデリング音源共通の特徴である「無段階サンプルレイヤー」による滑らかな音色変化と、必要メモリ・CPU リソースの低減が実現出来ていることは言うまでもありません。特にオーケストラ系の打ち込みをされる方は大きな編成となり半端無くメモリを必要としますから、この恩恵はカタログ上よりも大きく体感できるでしょう。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■音はどう?</span><BR> <BR> まずはデモソングを聴いてみてください。一聴すると「これ、ホントに物理モデリング音源?」って思う程の音を出してきます(特に WOODWINDS のデモソング WVWS_4 なんかいいですね)。音量やミュートんなどによる音質の変化もきちんとエミュレートされていてスキがありません。下手なサンプリング音源よりよっぽど再現性が高いでしょう。確実に使える音源と言えます。<BR> <BR> 音色の傾向はを一言で述べるなら「ピュア」。透明感の高いまっすぐの音です。また明るめの音とも言えるのではないでしょうか。他のオケ音源をお持ちでしたらうっすら混ぜて使うことで埋もれそうな音のラインを明確にできそうです。ただしピアノ音源でも書きましたが私には少し素直すぎる印象ですね。でも十分使えますよ、コレ。<BR> <BR> WIVI はトライアルエディションがダウンロードできますので是非試してみましょう!ひと通りの音色が聴けますしちょっとしたアンサンブルなら打ち込んで鳴らしてみることが出来ます。私もやってみました。動作がスムーズでストレスフリーですし、付属するプレーヤーがなかなか面白くて、楽器の再生位置や向き・ホールの種類や広さ・聴き手位置など操作可能です。なかなかに使えるプレーヤーではないでしょうか。<BR> <BR> ■WIVI トライアルエディション<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/wivi_trial_2.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/wivi_trial_2.jpg" alt="wivi_trial_2.jpg" border="0" width="148" height="87" /></a> <BR> <a href="http://www.wallanderinstruments.com/?mode=downloads&amp;lang=en" target="_blank" title="http://www.wallanderinstruments.com/?mode=downloads&amp;lang=en">http://www.wallanderinstruments.com/?mode=downloads&lang=en</a><BR> <BR> 長くなりそうですので今回はこれぐらいにして、次回は ARTURIA の BRASS2 をお届けしようかと思います。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/177/clap" id="fc2button-clap-177" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-177").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/177/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
176

こちょいぬ

先月、スマホを購入したのですが、ライフスタイルが少し変わりましたね。 今までケータイなんか着信とメール以外ほとんど触ることがなかったのですが、なんだか毎日触っちゃいます。やっぱり何かと便利ですね~。 一番の変化は「おサイフケータイ」を使うようになったことでしょうか。DOCOMO iD、Suica、楽天Edy などです。コンビニでお金を出さなくていいのはとても便利ですね。なんだかできる男みたいじゃないで... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 先月、スマホを購入したのですが、ライフスタイルが少し変わりましたね。<BR> 今までケータイなんか着信とメール以外ほとんど触ることがなかったのですが、なんだか毎日触っちゃいます。やっぱり何かと便利ですね~。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/id-docomo.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/id-docomos.jpg" alt="id-docomo.jpg" border="0" width="159" height="107" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20100413124432.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20100413124432s.jpg" alt="20100413124432.jpg" border="0" width="159" height="103" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120614112833175.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120614112833175s.jpg" alt="20120614112833175.jpg" border="0" width="159" height="106" /></a> <BR> <BR> 一番の変化は「おサイフケータイ」を使うようになったことでしょうか。DOCOMO iD、Suica、楽天Edy などです。コンビニでお金を出さなくていいのはとても便利ですね。なんだかできる男みたいじゃないですか!(笑) iD なんかはポストペイド型(クレジットと同じで後から引き落とされる)なのでチャージとか面倒な作業もいりません。<BR> <BR> それからメールがたくさん降ってくるようになりました。今まではガラケーのメールしか見れなかったわけですが、スマホの場合キャリアメールはもとより GMail、家庭固定回線プロバイダのメールも閲覧できます。このブログに頂いたコメントなんかもスマホで見えるようになったのでとても便利です。<BR> <BR> 暇つぶしのゲームや twitter なんかも楽しいですね。アプリもたくさんあって迷います。そうそう、色々と物色していていいのを見つけましたよ!超癒し系のアプリです。これ↓<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/120524_kontake_kotyoinu_01.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/120524_kontake_kotyoinu_01s.jpg" alt="120524_kontake_kotyoinu_01.jpg" border="0" width="96" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/120524_kontake_kotyoinu_02.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/120524_kontake_kotyoinu_02s.jpg" alt="120524_kontake_kotyoinu_02.jpg" border="0" width="96" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4496_howto_3.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4496_howto_3s.jpg" alt="4496_howto_3.jpg" border="0" width="96" height="160" /></a> <BR> <BR> ■こちょいぬ<BR> <a href="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.inline.cotyoinu1&amp;hl=ja" target="_blank" title="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.inline.cotyoinu1&amp;hl=ja">https://play.google.com/store/apps/details?id=com.inline.cotyoinu1&hl=ja</a> <BR> <BR> 腹をなでると超よろこぶんです! ううっ、愛苦しいぃぃぃ。。。(笑)   えーっと、それだけですけど、何か?<BR> <BR> 動物使いとしてはこのアプリは外せそうにありません(笑)。他にも「こちょねこ」とかあるらしいですが、私はいぬ派です(キッパリ!)。広告なし版があれば買うんですけどねぇ。。。(爆)おかしな権限も必要としないのでぜひお供に入れてやって下さいまし。<BR> <BR> <BR> <BR> 色々出来るスマホですが、それだけに落とすと大惨事です。強度の高いパスワードの設定や遠隔ロックの手順など、万が一に備えた対策もきちんとしておきたいですね。<BR> <BR> 今日はこんな話題ですみません。。。 </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/176/clap" id="fc2button-clap-176" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-176").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/176/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
175

DTM/DAW モニタスピーカー YAMAHA MSP7

10年以上使用していたスピーカーが、4月頃からビリビリ言い出しまして、お別れの時が来たことを教えてくれていました。ONKYO の GX-70AX と言う白色のかわいいスピーカーなんですが、PC 用のスピーカーとして購入しました。1万円ほどしたような記憶があります。 当時私は学生だったと思うのですが、1万円はなかなかの大金でして、たかだか PC のスピーカーに1万円も必要なのかとか、それでも少しはいい音が聴きたいとか、... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 10年以上使用していたスピーカーが、4月頃からビリビリ言い出しまして、お別れの時が来たことを教えてくれていました。ONKYO の GX-70AX と言う白色のかわいいスピーカーなんですが、PC 用のスピーカーとして購入しました。1万円ほどしたような記憶があります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4961330010199_PL.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/4961330010199_PLs.jpg" alt="4961330010199_PL.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> 当時私は学生だったと思うのですが、1万円はなかなかの大金でして、たかだか PC のスピーカーに1万円も必要なのかとか、それでも少しはいい音が聴きたいとか、色々悩んだのを懐かしく思い出しました。<BR> <BR> このスピーカーは出音に色付けがしてあり中域の暖かな音色が特徴でした。もちろん当時の私にそんなことが分かるはずもなく、とにかく自分が想像していた以上の音が出てくれたことが大変嬉しかったように記憶しています。<BR> <BR> 実は、恥ずかしながら、私はこのスピーカーを DTM のモニタとしてついこの間まで使用していました。しかもメインで(爆)。DTM を知っておられる方ならきっと大笑いされると思います(笑)。もちろんスピーカーの音色特性はある程度わかっていたので、不足する高低音域とふくよかな中域を頭の中で補正しながらミックスをやっていました。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■新しいモニタスピーカーを導入!</span><BR> <BR> さて、つい先日とうとう新しいモニタスピーカーを購入しました。YAMAHA の MSP7 STUDIO です。何のひねりもないモニタの王道です(笑)。今日はこの MSP7 のレビュー、と言うよりまだ十分使用出来ていませんので、ファーストインプレッションをお届けしたいと思います。<BR> <BR> このスピーカーはご存知、NS-10M STUDIO の後継モニタスピーカーで、MSP3/5/7 とあるラインナップの最上位機種となります。詳しい説明は YAMAHA のホームページを見て頂いた方が良いでしょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/msp7studio.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/msp7studios.jpg" alt="msp7studio.jpg" border="0" width="104" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YamahaMSP7rear_l.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YamahaMSP7rear_ls.jpg" alt="YamahaMSP7rear_l.jpg" border="0" width="105" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YAM-MSP7STUDIO_a.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/YAM-MSP7STUDIO_as.jpg" alt="YAM-MSP7STUDIO_a.jpg" border="0" width="159" height="149" /></a> <BR> ■YAMAHA MSP7 STUDIO<BR> <a href="http://proaudio.yamaha.co.jp/products/speakers/msp_studio_series/" target="_blank" title="http://proaudio.yamaha.co.jp/products/speakers/msp_studio_series/">http://proaudio.yamaha.co.jp/products/speakers/msp_studio_series/</a><BR> <BR> まず、モニタが届いて思ったこと、「重い、、、」。1つ 14kg ほどあります。アンプ内蔵のアクティブスピーカーですから当然なんですが、重い(笑)。モニタは通常インシュレータの上に載せますが、1個あたりの耐荷重に気を付けなければなりません。通常、3点支持が良いと思いますので(前1点、後ろ2点)5kg 以上ないと危ないですよ!<BR> <BR> 次に箱から取り出して思ったこと、「でかい、、、」(笑)。これは液晶テレビと一緒かなと思います。はじめは我が家にデカすぎたと焦るのですが、使っているうちに慣れます(笑)。ただ、不意のお客様は歪に感じるでしょうね(笑)。<BR> <BR> 個体の作りは非常にしっかりとしていて艶消しブラックが高級感を醸し出しています。MSP7 には音質優先のため、スピーカーを守るキャビネットが付属していませんので取り扱いには充分気をつけましょう。さもないと家電量販店売り場のスピーカーの運命になります(笑)(裸のスピーカーを見ると指で押してみたくなるのは何故なんでしょうね?)。<BR> <BR> 電源はモニタの裏側にあります。入り切りしにくいです。最近は省エネのためコンセントにスイッチが付いたものがありますので、そちらで入り切りする方がやりやすいかもしれませんね。<BR> <BR> 大事なことですが PC を立ち上げる時に電源を入れる順番は、PC→オーディオインターフェース→モニタです。音の出元から出先に向けて電源を入れていきます。切る場合はこの逆です。要するにモニタに突発的なノイズが入ってスピーカーを痛めてしまわないように配慮すべきと言うことですね。<BR> <BR> 次にモニタの配置は左右モニタの距離とリスナーの距離が同じになる正三角形が推奨されています。また、リスナの位置からモニタの正面が見えるよう、モニタの顔をリスナーに向けます。高さはツイーターの位置が耳の高さに来るように調整するのが良いようです。<BR> <BR> 高音域は指向性が強いためスイートスポットと呼ばれる最も音が良く聴こえる視聴位置を作り出します(上記の正三角形の位置)。モニタを視聴する場合は必ずこのスイートスポットに顔を置くようにしましょう。特に高さは意識希薄になりがちなので注意が必要ですね。高さを変えるだけでもだいぶ音が違います。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■接続構成</span><BR> <BR> 接続構成も紹介しておきますね。<BR> PC から USB 接続でオーディオインターフェース(RME FireFace UC)に接続し、TRS-XLR バランスケーブルでダイレクトに MSP7 へ繋いでいます。ケーブルは BELDEN 88770、インシュレータは audio-technica の AT6099 です。結構な構成でしょ? <BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/key_dtm-rme-ffuc.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/key_dtm-rme-ffucs.jpg" alt="key_dtm-rme-ffuc.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110406_164901.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110406_164901s.gif" alt="20110406_164901.gif" border="0" width="133" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/k61632369.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/k61632369s.jpg" alt="k61632369.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> ケーブルは自作される方も多いと思いますが方向に注意しましょう。ケーブルに印字されている文字の方向に音が流れるようにします。BELDEN なら B → N の方向に出力されるよう、B 側に TRS 端子を、N 側に XLR 端子を接続します。ケーブル長を左右同じにするのは言うまでもありません。<BR> <BR> 長さは短い方がノイズが乗らなくて良いとされていますが、真偽の程は定かではありません。個人的にはそれなりのケーブルを使っていればあまり関係ないような気が、、、。他にもっと拘るべきところがありますし、短すぎて困るよりはよっぽどマシかと。ただ、不要に長いケーブルも邪魔ですから必要最低限ってことで。私は 3m で使用しています。<BR> <BR> モニタのボリュームつまみは2つ回しただけの位置。これでもかなりの音量が出ます。近所への配慮が必要な方はこの程度が限界かと。故にモニタとしては不十分な鳴り方をしているかも、、、(笑)。ちなみに周波数特性の切り替えスイッチがあるのですが、一応全てフラットで使用しています。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■音はどう?</span><BR> <BR> まず最初に気になったのは高域が少し落ちている印象。明るさとか輝きとかが少し物足りない。これは相当フラットだと認識している AKG の K702 ヘッドフォンと比較してです。スイートスポットを外すとさらに落ちますね。ボリュームレベルが低いのでモニタとして十分な性能が出せていないかもです。背面パネルの High Trim を上げることで一応解決できそうです(こういうオプションがいいですね)。<BR> <BR> 中域から低域にかけてはひとまず文句ありません。癖を感じることなく真っすぐ伸びているように聴こえます。MSP7 STUDIO には専用のサブウーファーもあり、これがないと低域は不足するかなと思っていたのですが、重低域を意識しなければ充分使えそうですね。<BR> <BR> 次に解像度について。やっぱりスピーカーはいいですね。当たり前ですがヘッドフォンでは密集して埋もれがちになる音もそれぞれの場所からきちんと聴こえてきます。立体感も出ていますし低域の締りも good! 特にベースの躍動的な動きは鮮明に聴き取れるようになりました。楽曲制作時に意図した僅かな音量差もきちんと描き分けます。<BR> <BR> うれしい誤算だったのが音のつながりについて。モニタスピーカーなのでとことんシビアに再生されて楽曲がまるで個々の楽器をそれぞれ聴いているみたいに分断されてしまうのかとか思っていたのですが、きれいに繋がるじゃないですか!我が家にある再生環境の中では最高にいいです!<BR> <BR> 恐らく各音の余韻まできちんと再生されているためなのでしょうが、この誤算は正直ありがたかったですね。素人が見栄張って MSP7 なんか買って違いが分かるのかとか思ったのですが、私としてはこの音が聴けるなら大枚はたいた価値はあったと感じています。あ、もちろん MSP5 とかでもそうなったかもしれませんが。。。<BR> <BR> と言うことで、今日はモニタスピーカー YAMAHA MSP7 の紹介でした。スピーカーは長く使えるものですからいいものを選びたいですね。<BR> <BR> <BR> 余談:<BR> ONKYO の GX-70AX、なんだか名残惜しくって捨てられないんですよねー (^ ^) </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/175/clap" id="fc2button-clap-175" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-175").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/175/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
174

DTM 環境を改善する(静音化とメモリ増設時の注意点)

先週末、DTM/DAW 用のパソコンを新しくしました! 懸案だったメモリの増設を行うため、マザーボード・CPU・メモリの3点を差し替えました。なにせ DDR2 メモリだったので DDR3 にするために色々と周辺も変える必要があったわけです。新しい環境はこんな感じです。いやー超快適! これで今まで作れなかった大編成も余裕です (^ ^)v  ●CPU … Intel Core i7-3770  ●MB … ASUS P8H77-V  ●RAM … DDR3 32GB (8GB×4)... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 先週末、DTM/DAW 用のパソコンを新しくしました!<BR> 懸案だったメモリの増設を行うため、マザーボード・CPU・メモリの3点を差し替えました。なにせ DDR2 メモリだったので DDR3 にするために色々と周辺も変える必要があったわけです。新しい環境はこんな感じです。いやー超快適! これで今まで作れなかった大編成も余裕です (^ ^)v<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/intel-core-i7-3770.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/intel-core-i7-3770s.jpg" alt="intel-core-i7-3770.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/73311.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/73311s.jpg" alt="73311.jpg" border="0" width="160" height="112" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/murauchi_4997401145590.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/murauchi_4997401145590s.jpg" alt="murauchi_4997401145590.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR>  ●CPU … Intel Core i7-3770<BR>  ●MB … ASUS P8H77-V<BR>  ●RAM … DDR3 32GB (8GB×4)<BR> <BR> i7-3770 は第3世代 Core iシリーズ Ivy Bridge をベースとしていて、前作 Sandy Bridge と比べて低消費電力化と発熱量の低減を達成しています。DTMer にとって低消費電力と発熱量の低減はつまり冷却ファンの回転数が少なくて済むことを意味していて、音楽制作時の静音性に直接結びつきます。<BR> <BR> マザーボードは ASUS 買っとけばまず問題ないでしょう。台湾は大変な親日国ですし、彼らの経済も応援してあげたいですね(笑)。大震災時にもお世話になりましたし。オーバークロックの必要性がない方は H77 シリーズで問題ありません(やりたい人は Z77 を買いましょう!)。<BR> <BR> RAM はとにかく量と信頼性が大事です。マザーボードは4枚挿しが普通ですから、8GB×4 がいいですね。また永久保証品を選びましょう。動作周波数は高いに越したことはありませんが、DTM/DAW においてこれはほとんど関係ありません。PC3-10600(DDR3-1333) ぐらいのもので十分です(安いですし)。<BR> <BR> これらを刷新して驚いたのが互換性。主要デバイスを総入れ替えしたので、RAID の構成も崩れるから OS の再インストールからやらなきゃダメだろうと思っていたのですが、そのまま起動しました(笑)。プライマリディスクは SSD×2、セカンダリは HDD×4 の RAID0 構成にしているのですが、どちらもそのまま認識されました。拍子抜けです。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■静音性も考えてみよう!</span><BR> <BR> DTM/DAW をする場合、静かな環境はとても大事です。にも関わらずアマチュアの環境ってのは結構劣悪ですよね。パソコン本体からのファンノイズだけならまだしもご近所ノイズや騒音、近くに冷蔵庫があったり、、、(笑)。せめてパソコンからのノイズぐらいは低減させたい! そのためにどんなことができるでしょうか?<BR> <BR> まずパソコンノイズは、①電源ユニット、②CPUファン、③グラフィックボード、④HDD から出ています。これら1つ1つのノイズ量を減らすことが重要です。<BR> <BR> ①電源ユニットに関しては高信頼性のものを選びましょう。ENERMAX なんかはお勧めです。ファンがユニット内側にあり大型で超静音です。日本製コンデンサを使用していて高信頼性でもあります。ちょっとお値段張りますけどね(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/enermaxmodu8705.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/enermaxmodu8705s.jpg" alt="enermaxmodu8705.jpg" border="0" width="159" height="119" /></a> <BR> <BR> 次に、②CPUファンですが、リテールクーラーは最悪です。ファンというのは回転数が上がるとうるさくなりますので基本的に大型の方が静音です。ゆっくり回っても必要な風量が得られるからです。従って市販のクーラーに取り替えましょう。予算があるなら水冷も検討してみたいですが、あれは水を冷やすためのファンが結局回っていたりして本末転倒な製品もありますから、熟慮が必要です。<BR> <BR> ③グラフィックボードについては、もし、あなたが特にグラフィック性能を必要としないのなら思い切ってグラフィックボードをなしにしてみては如何でしょうか。グラフィックボードのファンと言うのは静音性などほとんど考慮されていないので一番のノイズ原因になります。最近のオンボードグラフィックは十分な性能を持っています。私はオンボードでやってます(静かです 笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/antec.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/antecs.jpg" alt="antec.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> 最後に④HDD ですが、RAID なんか組んでるとたくさん HDD が必要ですよね。まず、HDD 自体の設置はシリコン素材を挟むなど、静音化させます。外部ファンは大型で静音のものを選択(間違っても静音化のためにファンを搭載しないとかはヤメましょう)。そしてこれは全体の静音化に役立ちますが、静音設計されたパソコンケースを選択するのが良いでしょう。Antec なんかはお勧めですね。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■メモリ増設時の注意点</span><BR> <BR> メモリを急に増設された方、プライマリディスクの空き容量をチェックしてみてください。思いっきり減ってませんか?特にプライマリディスクが SSD の方は、容量も少ないでしょうから注意が必要です。<BR> <BR> まず、ハイバネート(ハイバネーション)と言う言葉をご存知でしょうか? Linux なんかを触る方はよく聞くかもしれません。これはパソコンの電源を入れた時に直ぐに前回の状態に復帰できるよう、RAM の内容をハードディスクに退避する機能のことです。このおかげで私たちは何かの作業をしたままパソコンを閉じても直ぐに前回の状態から作業を再開できるわけです。特にノートPCの方には重宝する機能です。<BR> <BR> Windows ではデフォルトでこの機能が有効です。お分かりだと思いますが、この機能に必要となるハードディスクの量は搭載した RAM の量に比例しますので、メモリを増設するとその分だけたくさん持っていかれます(大体、搭載メモリの1~2倍ぐらい)。64GB の SSD なんかを使っておられる方にはこのサイズは致命的です。デスクトップユーザなど特にハイバネーションを必要としない方はこの機能を OFF にしましょう。<BR> <BR> やり方はこちらのサイトなどを参考にしてもらうのが良いでしょう。PCを再起動して、プライマリディスク直下から hiberfil.sys ファイルがなくなって空き容量が増加していれば成功です。その他、SSD 使用時の便利なティップスも参考にしてくだい。<BR> <BR> ■ハイバネーションを無効化する<BR> <a href="http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_hiberfil_sys.html" target="_blank" title="http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_hiberfil_sys.html">http://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_hiberfil_sys.html</a><BR> <a href="http://www.dosv.jp/other/0903/15.htm" target="_blank" title="http://www.dosv.jp/other/0903/15.htm">http://www.dosv.jp/other/0903/15.htm</a><BR> <BR> <BR> 皆さんの楽しい DTM ライフのお役に立てれば幸いです。<BR> それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/174/clap" id="fc2button-clap-174" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-174").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/4.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/174/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
172

物理モデリング音源いろいろ(第1回:ピアノ音源)

こんにちは。前回からだいぶ開いてしまって申し訳ありません。 今日は先日の続きで物理モデリング音源を色々紹介してみたいと思います。まだまだ数は少ないんですが結構いい音出すのが揃ってるんですよね。 まず今日はピアノ音源を紹介しましょう。先日も紹介した pianoteq と TruePianos です。 ■pianoteq http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq 物理モデリング音源の醍醐味はなんといっても滑らかなベロシティレイ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。前回からだいぶ開いてしまって申し訳ありません。<BR> 今日は先日の続きで物理モデリング音源を色々紹介してみたいと思います。まだまだ数は少ないんですが結構いい音出すのが揃ってるんですよね。<BR> <BR> まず今日はピアノ音源を紹介しましょう。先日も紹介した pianoteq と TruePianos です。<BR> <BR> ■pianoteq<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <a href="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq" target="_blank" title="http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq">http://www.minet.jp/pianoteq/pianoteq</a><BR> <BR> 物理モデリング音源の醍醐味はなんといっても滑らかなベロシティレイヤ。これはデモソングを聴いて頂くと随所に感じ取れると思います。なるほどピアニッシモからフォルテへ上り詰める流れがとてもスムーズに聴こえますね。<BR> <BR> そしてもう1つの特徴が音色変化の幅です。<BR> サンプリング型ピアノ音源はモデルとなるピアノの音を収録しますので、基本的にそのピアノの音しか出せません。しかし物理モデリング音源はパラメータを操作することで自由に音色を変化させることが出来ます。自分だけのピアノが作れるわけですね。<BR> <BR> ただこれは欠点と言えるかもしれません。<BR> 例えば Bosendorfer みたいな音が作りたいなと思っても、それはあくまで「みたいな」音であり本物のそれとは違います。ですから物理モデリング音源はビジネス的には売りにくい一面があるのかなと想像しています。もちろん世界の名器を超える音が作れる可能性もあるわけですが。<BR> <BR> <BR> 【前回の解答】<BR> さて、そんな pianoteq の演奏は、先日紹介した演奏(<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-170.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>)の2番目でした。他の演奏に比べて音が真っ直ぐストレートに伸びているように聴こえます。このストレートさ、好印象の方とそうでない方がおられるのではと想像します。私は少し素直すぎる印象。音質も透明感が高くとても綺麗ですが、少し綺麗すぎでしょうか。<BR> <BR> しかし、基本的なポテンシャルの高さを感じさせますので、今後、楽器独特の味わいや複雑さを表現できるようなパラメータが追加されれば、とても面白いことになると想像しています。リリースを重ねるごとに更に良くなっていくことでしょう。とても楽しみです。<BR> <BR> そして気になる VIENNA Bosendorfer の音は1番目の演奏、生演奏は3番目でした。生演奏はわかり易かったのではないかと思います。如何だったでしょうか?<BR> <BR> <BR> 続いて紹介したいのが TruePianos です。<BR> こちらは最近はやりのハイブリッド音源です。はやりのハイブリッドと言っても「サンプリング」と「物理モデリング」のハイブリッドです。ガソリンと電気ではありません(笑)。サンプリング音を少し内包していますので純粋な物理モデリング音源より少しサイズが大きめです。しかし、代表的なサンプリング型音源と比べればそのサイズは無視できるほどに小さいと言えます。<BR> <BR> ■TruePianos<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_front.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/truepianos_fronts.png" alt="TruePianos" border="0" width="159" height="72" /></a> <a href="http://www.truepianos.com/" target="_blank" title="http://www.truepianos.com/">http://www.truepianos.com/</a><BR> <BR> こちらもデモソングがいっぱいおいてあるので聴いてみてください。なかなかに使える音です。Sonar にも1種類が付属しているんですよね。ありがたいことです。お持ちでない方はトライアル版もダウンロードできますので、一度試してみてはいかがでしょか。<BR> <BR> 私もデモソングを幾つか聴いてみました。音の傾向は pianoteq と同じで、やはり物理モデリング音源らしくどこまでもストレートで透明感の高い音が出てきます。私は atlantis の音色が気に入りました。diamond はその名の通り非常に硬い音質でこちらもなかなか。amber、emerald は暖かい音色ですね。いろいろな種類があり、実際の楽曲作りの中で最適な音色が選べるのはとても実用的です。<BR> <BR> 私の印象としては、どの音色も完成度が高く曲中で「なかなか」と感じさせる場面も多々ありますが、全体として各音色とも一本調子なところが垣間見えることがあり、「この音と全く同じ音を数小節前も聴いた」などと認識できる場面があります。こちらも今後の伸びに期待したいですね。<BR> <BR> <BR> ピアノ音源に限らず、現在の「物理モデリング」を詠う音源はたいてい「ベロシティレイヤのスムーズさ」を売りにしています。サンプリング型のように少数のベロシティレイヤーの配分量を組み合わせて音量を表現するのではなく、無段階で生成できることを特徴として詠っているわけなのですが、私としては、これをサンプリング音源に対するアドバンテージと捉えているうちはまだサンプリング音源には勝てないのかなと思います。<BR> <BR> 理由はうまく言えませんが、音源として勝負すべきはそこじゃない気がします。本物らしい音はベロシティレイヤの量で決まらない印象です。その裏付けと言ってはなんですが、スムーズさを詠う物理モデリング音源のデモソングは私にとっては気持ち悪いぐらいスムーズに聴こえます。本物の演奏はそんなにスムーズじゃありません。私としては物理モデリング音源が次に何を詠い文句にするのかに大変興味があります。<BR> <BR> <BR> と言うことで今日は物理モデリング音源のうちピアノ音源を紹介してみました。ここまで読んで下さった方へのお礼として、私の持っている <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-50.html" target="_blank" title="Ivory II Italian Grand"><u>Ivory II Italian Grand</u></a> でも先週紹介した Debussy - Clair de Lune のデモソングを作ってみたのでお聴きください(体力の限界のため途中までですが、、、笑)。<BR> <BR> ■VIENNA Bosendorfer<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperial.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/VIViennaImperials.png" alt="VIViennaImperial.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27559805%3Fsecret_token%3Ds-Y86DT&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-1 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■pianoteq<BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPro.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/PianoteqPros.png" alt="PianoteqPro.png" border="0" width="160" height="160" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="http://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F27048614%3Fsecret_token%3Ds-l6z6C&amp;show_comments=false&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span>Debussy Clair de Lune-2 by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">ongakuhiroba</a></span> <BR> <BR> ■Ivory II Italian Grand<BR> <a href="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20110125232623597s.jpg" alt="IvoryII Italian Grand" border="0" width="144" height="159" /></a> <object height="81" width="100%"> <param name="movie" value="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff"></param> <param name="allowscriptaccess" value="always"></param> <embed allowscriptaccess="always" height="81" src="https://player.soundcloud.com/player.swf?url=http%3A%2F%2Fapi.soundcloud.com%2Ftracks%2F48807474&amp;show_comments=true&amp;auto_play=false&amp;color=1aaaff" type="application/x-shockwave-flash" width="100%"></embed> </object> <span><a href="http://soundcloud.com/user8030429/debussy-clair-de-lune-4">Debussy Clair de Lune-4</a> by <a href="http://soundcloud.com/user8030429">AnimalsMaster</a></span> <BR> <BR> 次回はオーケストラ系の物理モデリング音源 WIVI を紹介します。<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-177.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>から。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/172/clap" id="fc2button-clap-172" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-172").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/172/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。