カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
201

VariAudio を使い倒せ!(第5回)

さて、今日は VariAudio を使って音の縦の線を修正してきます。まずは恥ずかしいですが、こちらのサンプルをお聴きください。 「ねむれます」のところが若干ずれているのが分かるでしょうか? まず「ねむれます」の「ね」は遅れてしまっています。そして「れ」はなんだか中途半端なタイミングで音程が変わってしまっています。実際に自身で収録すると、ブレスのタイミングで出音が遅れたり、緊張のあまり早とちって歌っ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> さて、今日は VariAudio を使って音の縦の線を修正してきます。まずは恥ずかしいですが、こちらのサンプルをお聴きください。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_1).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 「ねむれます」のところが若干ずれているのが分かるでしょうか?<BR> まず「ねむれます」の「ね」は遅れてしまっています。そして「れ」はなんだか中途半端なタイミングで音程が変わってしまっています。実際に自身で収録すると、ブレスのタイミングで出音が遅れたり、緊張のあまり早とちって歌ってしまったりしてズレてしまうことはよくあります。これを VariAudio を使って補正してみましょう。<BR> <BR> 補正の仕方はとっても簡単!<BR> VariAudio を「ピッチ&ワープ」モードにして修正したいセグメントの左右の淵にカーソルを近づけてみましょう。すると横矢印アイコンに変わりますよね。この状態で淵をつまんで左右へドラッグしてみてください。それに合わせて後ろの波形が伸び縮みするはずです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Warp.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Warp.png" alt="Warp.png" border="0" width="248" height="66" /></a> <BR> <BR> ヴォーカルがテンポに合わせて収録されている場合は VariAudio の縦線も参考にして伸び縮み幅を調整するといいでしょう。縦線はテンポの表拍を示しています。そうでない場合は曲と合わせて聴きながら最適な伸縮量を見つけましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/breath.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/breaths.png" alt="breath.png" border="0" width="160" height="128" /></a> <BR> <BR> まずはブレスが長いのでこれを短くします。ブレスの右端をつまんで左へドラッグする。すると上部になにやら黒い▼と数字が出ますが特に気にする必要はありません。耳で聴いていいなと思う所まで移動してください。VariAudio は非破壊編集なので、編集の途中経過が積み重なってだんだん音質が劣化するなんてことはありません。あくまで最後に編集した内容がオリジナルの波形に適用されます。要するに途中、何度失敗してもいいってこと(笑)。も、もちろん最初と最後の波形が大きく違うとそれは音質劣化しますよ! 波形はあまり触らない方が良いのです。<BR> <BR> さぁ、次に「ねむれます」の「ね」の出音を早めてみましょう。今回の場合は「ね」が2つのセグメントとして認識されていて動かすのが面倒なので1つのセグメントにまとめてしまいましょう。まとめ方は前回お話しましたね。セグメントモードで Alt キーを押しながらセグメントをクリックです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ne.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/nes.png" alt="ne.png" border="0" width="160" height="132" /></a> <BR> <BR> そうすると1つのセグメントになりますので、「ピッチ&ワープ」で左端をつまんで左へドラッグします。簡単ですよね! そう、VariAudio はとっても直感的に操作できるのが素晴らしいのです。<BR> <BR> 同様に「ねむれます」の「れ」の気持ち悪いリズムも直してみましょう。この場合は「れ」がもっと長ければいいように感じます。「れ」のセグメントを選択して右端をつまみます。今回は右に引っ張ろうと思っても次の音(セグメント)が隣接していますので動かせないように思うでしょ? でもね、ここが VariAudio の賢いところ。なんと、次の音(セグメント)を同時に圧縮してくれて伸ばせるんです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/re.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/res.png" alt="re.png" border="0" width="160" height="121" /></a> <BR> <BR> これね、何気にすごい事ですよ。だって、伸ばしたい音を伸ばしてその後ろの音がそのまま全部後ろにズレるんだったら誰でもできるんですけど、そんなニーズは少ないことを Steinberg は分かってるんですね。だから関連する2音だけに範囲を区切って補正してくれる。ありがたい機能です。<BR> <BR> という事で、ここまでを補正前のものと聴き比べてみましょう。どうです?何気に良くなってきたでしょ?<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_1).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120926).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> 次回はもう少し高度な技を紹介していきます。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/201/clap" id="fc2button-clap-201" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-201").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/201/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="//static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="//media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
  • Date : 2012-09-26 (Wed)
  • Category : Cubase
200

祝! 200 記事!

こんにちは。 今日はなんと記念日です。このブログも2年ほどやってますけど、なんと今日の記事が 200 記事目なんですね!う~ん、多いのか少ないのか微妙ですが(笑)、なんかちょっとした達成感はあります。 と言う事で、今日は反響の多かった過去記事をちょっと振り返ってみたいと思います。反響といっても拍手数で判断するぐらいですが、、、 ■Cubase 部門 このブログは一応 Cubase 関連のネタが多いの... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> <BR> 今日はなんと記念日です。このブログも2年ほどやってますけど、なんと今日の記事が 200 記事目なんですね!う~ん、多いのか少ないのか微妙ですが(笑)、なんかちょっとした達成感はあります。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_478081_13780124_0.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img_478081_13780124_0s.jpg" alt="img_478081_13780124_0.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a> <BR> <BR> と言う事で、今日は反響の多かった過去記事をちょっと振り返ってみたいと思います。反響といっても拍手数で判断するぐらいですが、、、<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■Cubase 部門</span><BR> <BR> このブログは一応 Cubase 関連のネタが多いのですが、その中で「Cubase 6 便利なショートカットシリーズ」が断然拍手が多かったですね。みなさんやっぱりマウス主体の操作なんでしょうか? その割には番外の「マウスも使う編」も結構な拍手を頂いています。これは単純に使いこなせてないってことかな?(笑)<BR> <BR> マウスとキーボードはそれぞれ長所と短所がありますので使い分けられるととても便利です。一回覚えてしまうと病みつきになりますので、一度ダマサレタと思って使ってみるのがいいですよ!<BR> <BR> Cubase 6 便利なショートカット(初級編)<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-79.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-79.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-79.html</a><BR> <BR> Cubase 6 便利なショートカット(中級編)<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-83.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-83.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-83.html</a><BR> <BR> Cubase 6 便利なショートカット(上級編)<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-103.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-103.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-103.html</a><BR> <BR> Cubase 6 便利な機能(マウスも使う編)<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-130.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-130.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-130.html</a><BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■音源部門</span><BR> <BR> 音源部門はこのブログの主力記事です! いろんな手持ちの音源を紹介しているのですが、拍手が多かったのはやっぱり「Ivory II Italian Grand」の記事ですね。ピアノ音源はやっぱり需要が高いので皆さんよく見てくださっているようです。<BR> <BR> 第1回:Ivory II Italian Grand の特徴<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-77.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-77.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-77.html</a><BR> <BR> また、HALion Symphonic Orchestra の記事は複数に分散しているので合計すると結構な拍手を頂いていました。特に「HALion Symphonic Orchstra の音が出ないシリーズ」はやっぱりみんな困ってるんですね(笑)。アクセス多いんですよ。HSO は音質と操作感のバランスの取れたとってもいい音源なので是非使いこなして頂きたいと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120326_2408298.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/20120326_2408298s.jpg" alt="20120326_2408298.jpg" border="0" width="121" height="159" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Stylus.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Styluss.jpg" alt="Stylus.jpg" border="0" width="159" height="114" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trilan.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Trilans.jpg" alt="Trilan.jpg" border="0" width="159" height="116" /></a> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/HALion4s.jpg" alt="HALion4.jpg" border="0" width="159" height="89" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/qlp.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/qlps.jpg" alt="qlp.jpg" border="0" width="159" height="124" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViennaInstruments_AdvView1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ViennaInstruments_AdvView1s.jpg" alt="ViennaInstruments_AdvView1.jpg" border="0" width="159" height="96" /></a> <BR> <BR> 今後はドラムやシンセ系の音源もアップしていきますね。候補としては、BFD2, Stylus, Trilian, HALion4, EastWest, VIENNA などなど、、、<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■その他部門</span><BR> <BR> その他部門も合わせると結構な記事があります。その中でもCubase デフォルトプラグイン「UV22HR」についての記事が支持を頂いています。実はこの記事、ちょっと間違ったことを書いてるんですが(コメント参照)、ま、UV22HR を挿入する意図としては方向性はいいかなと思います。<BR> <BR> ディザリングって? UV22HR の紹介<BR> <a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-153.html" target="_blank" title="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-153.html">http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-153.html</a><BR> <BR> <BR> こうしてみるとやはりこのブログの意味としては皆さんが興味のある音源やちょっと分かり辛いところを紹介していくのが良さそうですね。今後もそういう方向で頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。<BR> <BR> それでは。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/200/clap" id="fc2button-clap-200" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-200").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/8.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/200/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
199

VariAudio を使い倒せ!(第4回)

さて、第3回で音程の大まかな部分を修正しました。まずはそこまでを聴いてみましょう。音程は割と良くなりましたね。その分、歌い回しとかリズムとかの違和感が目立つようになったでしょうか。一番おかしい部分を修正すると次におかしな部分が目立って聴こえるのは良くあることです。 さて、今度はリズムとか縦の線を修正していきたいのですが、その前にワンランク上の修正方法について少しお話したいので上の Var... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> さて、第3回で音程の大まかな部分を修正しました。まずはそこまでを聴いてみましょう。音程は割と良くなりましたね。その分、歌い回しとかリズムとかの違和感が目立つようになったでしょうか。一番おかしい部分を修正すると次におかしな部分が目立って聴こえるのは良くあることです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Base.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Base.png" alt="Base.png" border="0" width="520" height="190" /></a> <BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_0).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> さて、今度はリズムとか縦の線を修正していきたいのですが、その前にワンランク上の修正方法について少しお話したいので上の VariAudio の図を拡大して良く見てください。<BR> <BR> おかしかった部分の音程を修正したものですが、よく見るとそれぞれのセグメントがきちんと線の内側に入っていないですよね。例えば「ぐっすりと」の「っ」や、「ねむれます」の「む」のような音です。これは修正ミスをしているのではなく、わざとこうしているのです。なぜでしょうか?<BR> <BR> それは、そのようにした方が良く聴こえるからです(少なくとも私の耳には)。きちんと修正したものと聴き比べてみましょうか?1つ目が全ての音をきっちりと修正したもの。もう1つが上図のように少し高めに音を合わせたもの。どちらがいいでしょうか? えっ?わからない?(笑) 高めに音を取ったものの方が明るく聴こえませんか? 特に「ぐっすりと」の部分は分かりやすいかと思います。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_2).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(20120919_1).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> このように主旋になるものを周囲のピッチより高めに取ったり逆に低めに取ったりして明るさや重苦しさを出す手法はいろんなところで使われています。曲想に合わせて使い分けられるとより綺麗な旋律を聴かせることができるでしょう。ポイントは常に耳で聴いて自分がいいと思った音程に修正すること。機械の判定より自身の感性を一番に判断してください。<BR> <BR> また、VariAudio は音声解析を 440Hz に基づいて行います。ですから楽曲が違うピッチであった場合、VariAudio を信じて補正すると全てがおかしく聴こえたりすることもあるので注意しましょう。このような場合の解決策としては、まず VariAudio で 440Hz ベースで修正した後にそのオーディオトラックに Pitch Correct をインサートして Transpose で全体をずらす方法がありますが、どちらにしても波形はあまり触らない方がベターです。<BR> <BR> さらに、VariAudio を使ってハモリパートを補正する場合、この機能がとても役に立ちます。というのもハモリと言うのは VariAudio でぴったり補正すれば一番綺麗に聴こえるかといったらそうではないからです。これは12平均律と純音階のお話が絡むので詳細は別の機会に譲りますが、とにかく無思慮に VariAudio を適用するのは控え、一番気持ちのいい音程を探す努力をすることが大切だと言う事です。<BR> <BR> <BR> さて、では VariAudio で僅かに音程をシフトさせるにはどうしたらいいでしょうか?それはピッチ&ワープモードで Shift キーを押したまま目的のセグメントをドラッグします。滑らかにシフトしていくのが分かりますね。もう1つ、Ctrl キーを押しながらドラッグすると、現在の「ずれ量」を維持したまま上下の音程に飛んでくれます。ま、これはあんまり使いませんけどね(笑)。<BR> <BR> <BR> それでは次回からは縦の線(リズム)を補正して行きましょう!音楽が劇的に良くなりますよ!!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/199/clap" id="fc2button-clap-199" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-199").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/199/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-09-19 (Wed)
  • Category : Cubase
198

DTM における OS 再インストール時の注意点

先週末はパソコンの OS を入れ替えしました。と言っても Windows 7 をもう一回入れただけで何も変わってないんですけどね。PC を長く使っていると少しずつ調子が悪くなってきます。落ちる頻度が上がったり、アプリの反応が遅くなったり。 私の場合、Cubase と HALion 系のプラグインの調子が少し悪くなってきていまして、その他、いろんなソフトのインストールなどによってレジストリも汚れてきていましたから綺麗にしてみるこ... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> 先週末はパソコンの OS を入れ替えしました。と言っても Windows 7 をもう一回入れただけで何も変わってないんですけどね。PC を長く使っていると少しずつ調子が悪くなってきます。落ちる頻度が上がったり、アプリの反応が遅くなったり。<BR> <BR> 私の場合、Cubase と HALion 系のプラグインの調子が少し悪くなってきていまして、その他、いろんなソフトのインストールなどによってレジストリも汚れてきていましたから綺麗にしてみることにしました。よくやるんですけどね(笑)<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Windows7RC64-I002.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Windows7RC64-I002.jpg" alt="Windows7RC64-I002.jpg" border="0" width="520" height="400" /></a> <BR> <BR> 今日は「私も OS の再インストールしてみたい!」って方のために DTM 関連データとか気になる部分についてレポートしてみたいと思います。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■どのようにデータを保持していますか?</span><BR> <BR> OS を再インストールすると、そのパーティッションのデータは消失します。ですから自作した楽曲データ・音源データ・メールなど、消えてほしくないデータは別のパーティッションかドライブに保存していなければいけません。<BR> <BR> 動物使いとしては物理的に分かれていた方がいいと思いますので、別ドライブをお勧めします。また、大容量の外付け HDD などを別途用意して万が一のバックアップも取って置きましょう。これなしに OS の再インストールは危険です。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■RAID を組んでるんですが大丈夫ですか?</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/69144-1.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/69144-1s.jpg" alt="69144-1.jpg" border="0" width="160" height="160" /></a>それはメイド!(爆) <BR> <BR> 大丈夫です!最近のオンボード RAID は賢いんですよ。<BR> まず、OS を再インストールするパーティッションは当然消えてしまう(消してしまう)ので仕方ないとして、それ以外のパーティッション・ドライブはきちんと認識されます。SATA ケーブルを前回と違うポートに挿しても認識しますし、HDD が4台とかでも大丈夫です。SSD×2 + HDD×4 とかでも大丈夫です(笑)。<BR> <BR> ですから、普段からアプリケーションのみをプライマリパーティッションに格納し、データ類は別ドライブへ格納する習慣ができている方は簡単に OS の入れ替えが完了します。これは絶対お勧めのデータ保存方法なので皆さんやった方がいいですよ! 多少のセキュリティ対策にもなりますしね。と言うのも、Windows 指定の「マイドキュメント」や「マイミュージック」などにデータを保存している場合、デフォルトであるが故にウィルスソフトに狙い撃ちされる可能性が高いです。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■再インストール前にすること</span><BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img02.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/img02s.jpg" alt="img02.jpg" border="0" width="160" height="103" /></a> <BR> <BR> これはもうバックアップを取ることに尽きます。特にいろんなサイトのログインパスワードとかシリアル番号や暗証番号とか、絶対なくなったら困るデータについてはきちんと複数バックアップを取りましょう。最悪、これさえあれば何とか心が折れずにすみます。<BR> <BR> 一点、Windows 7 には BitLocker みたいなドライブごと暗号化してしまうすばらしい機能がありますけども、これ、そのままだと違う PC では読めませんので悲惨なことになります。事前に解除するとかしておきましょう。ちなみにメッチャ時間がかかりますけど、、、(笑)<BR> <BR> その他、プライマリパーティッションからはブラウザの「お気に入りデータ(ブックマーク)」と ProgramFiles ディレクトリ、そして C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming 配下はバップアップしておくといいことがあったりします。それから、自身の楽曲のオーディオデータファイルがプライマリパーティッションにある場合は、これもバックアップしてください。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■インストール後にすること</span><BR> <BR> DTM 関係のアプリをインストールする前に、①ハイバネートの OFF(SSD 使用のデスクトップ PC)、②ページファイルの設定(メモリに余裕のある方)、③OS のアップデートをやりましょう。セキュリティソフトのインストールもすべきですが、アプリインストール時に相性が悪いものがあったりしますので、これはお好みで。間違ってもいきなりブラウザつないでエロサイトとかはやめた方がいいです(笑)。失礼(このブログ学生さんも見てるんですよ!)。<BR> <BR> ハイバネートについては<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-174.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>を参照してください。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■DTM ソフトのインストールは簡単?</span><BR> <BR> 私はありがたいことに結構いろんな音源をもってるんですが、インストールはどれも簡単です。いちおう躓きそうなポイントだけ紹介しますね。<BR> <BR>  ①Cubase/E-Licenser は真っ先に最新にしておこう!<BR>  ②HALion4 をインストールしたのに音色リストが表示されない人は、付属の HALion Sonic<BR>   トライアル版をインストールしてから HALion 4 を入れてみよう<BR>  ③Spectrasonics STYLUS の音色が表示されない人は、最新版にアップデートしてみよう<BR> <BR> 音源ソフトのインストールは、setup.exe を起動させるため DISK1 は CD ドライブに挿入する必要がありますが、データドライブを指定してあげるとたいていそれだけで終わってくれます。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ライセンスは正しく再利用できますか?</span><BR> <BR> ほとんど大丈夫ですが、一部面倒なものがあります。iLok, Steinberg キーなどの外部ドングルにライセンスを保存するソフトは問題ありません。問題があるのは、<BR> <BR> ・<u>Spectrasonics</u><BR>  最認証が必要、あまりやるとオンラインで「目的」を聞かれちゃいます。「OS の再インストールだ」って言っておけば問題ありません。<BR> <BR> ・<u>BFD2</u><BR>  英語でライセンスサーバのリセット?を依頼する必要あり。担当者は応答も速く丁寧なのでそんなに苦じゃないかな。<BR> <BR> ・<u>Sonivox DVI</u><BR>  DVI シリーズって言うダウンロード販売のプチ音源シリーズがあるのですが(現在は買収され、購入できないみたい)、これ、一回ライセンスを取得すると次からは、「それはもう取得済みだ」って言われちゃいます。現在交渉中。めんどくせー。<BR> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■音源インストール後、楽曲データは再生できますか?</span><BR> <BR> 2つ問題があります。<BR> 1つはオーディオデータの保存場所。楽曲にオーディオデータが含まれる場合、そのデータ位置にそれがないと認識してくれません。これは楽曲を保存するディレクトリと同じディレクトリにオーディオデータを入れる習慣にしておけば問題ないと思います。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/symphonicchoirs.gif" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/symphonicchoirss.gif" alt="symphonicchoirs.gif" border="0" width="159" height="130" /></a> <BR> <BR> 2つ目は EastWest です。この会社のソフトは出来が悪いことで有名です(だった?)が、ここでも露呈します。具体的には音色データのとのリンクが切れてしまうので自身で再度選択する必要が出てきます。それだけなら良いのですが、EWQL Choir の Word Builder のデータも飛ぶようですので注意してください(どうやって? 笑)。<BR> <BR> <BR> と言うことで、色々問題もあるのですが、やり終わるとスッキリした気持ちになりますね。PC の調子が悪い方は検討してみては如何でしょうか。ただし、くれぐれも自己責任でお願いしますよ! それでは! </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/198/clap" id="fc2button-clap-198" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-198").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/3.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/198/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
197

HDD/SSD どっちが DTM/DAW にオススメ?

こんにちは。 最近少し涼しくなってきましたけど雨が多いですね。今も降っていて一瞬停電しました。さよなら、さっきまでの原稿(笑)。 今日は小休止してハードウェアのお話でも。 DTM/DAW には大容量記憶デバイスが必須です。ちょっと調子に乗って色々音源を買ったりするとあっという間に領域を圧迫してきます。それに自身が作った曲の保存にもそれなりの容量を必要とします。私の環境では音源データに 1.5TB 弱、楽曲の保... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> こんにちは。<BR> 最近少し涼しくなってきましたけど雨が多いですね。今も降っていて一瞬停電しました。さよなら、さっきまでの原稿(笑)。<BR> <BR> 今日は小休止してハードウェアのお話でも。<BR> DTM/DAW には大容量記憶デバイスが必須です。ちょっと調子に乗って色々音源を買ったりするとあっという間に領域を圧迫してきます。それに自身が作った曲の保存にもそれなりの容量を必要とします。私の環境では音源データに 1.5TB 弱、楽曲の保存に 30GB は使ってますね(汗)。もちろんフリーの音源など、今となっては使わないだろうものも少なからずありますから、整理すればもう少し節約は出来るでしょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SSD.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/SSD.png" alt="SSD.png" border="0" width="520" height="350" /></a> <BR> <BR> ところで最近は SSD が結構安くなってますよね。さっき価格.com で調べたらこんな感じ。<BR> 240GB が 1万5千円台で買えるんですね。ざっと計算して HDD の 20倍ぐらいには落ちてきた感じでしょうか。しかし、1TB 以上の環境を作るとなるとやはり結構な出費になります。<BR> <BR> 現状では HDD と SSD どっちがベストソリューションなんでしょうか?<BR> 私の経験から考えると、まだ HDD をオススメしたいかなと思います。と言うのも HDD で遅さを感じるシーンは割りと限定的だからです。私は同じ種類の HDD を 4台重ねて RAID0 を組んでいます。最近はマザーボードが RAID をサポートするので、HDD を買ってくるだけで手軽に RAID を組むことが出来るようになりました。<BR> <BR> そんな動物使いが DTM 作業で HDD にイラッとする瞬間ベスト3をまとめてみました!(笑)<BR> <BR> ---- <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/10_syncing.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/10_syncings.png" alt="10_syncing.png" border="0" width="157" height="34" /></a> <BR> <BR> <u>第3位:プロジェクトの読み込み時間</u><BR> <BR> これは大きな楽曲編成になるほど遅いですね。だいたい 1分~2分ぐらい待たされることもあります。ま、これは起動時に 1回だけなのでまだ許せる範囲かと。プロジェクトを複数立ちあげて切り替えなんてやると、そうとうイライラします(笑)。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/38075.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/38075s.jpg" alt="38075.jpg" border="0" width="160" height="120" /></a> <BR> <BR> <u>第2位:Spectrasonics の音源たち</u><BR> <BR> Spectrasonics 3兄弟といえば Omnisphere, Trilian, Stylus なんですが、まぁどいつもこいつも音色のロードが遅いわけですよ(笑)。Spectrasonics の製品は音色数の多さも売りにしているので、音色の切り替え時にワンテンポ待たされるわけです。だいたい 1秒ぐらいですが、音色によっては 10秒ぐらい待たされたりします。音探ししているときは何百という音色をザッと聴いてしまいたいのですが、それが出来ないんですよね。ただし音質は素晴らしいです。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ew_header.jpg" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/ew_headers.jpg" alt="ew_header.jpg" border="0" width="157" height="159" /></a> <BR> <BR> <u>第1位:EastWest シリーズ</u><BR> <BR> この会社はね、音楽に対する情熱は素晴らしいのですが、ソフトエンジニアさんがね、どうも今ひとつなのです(涙)。音色のロード時間は私が知る限り最遅です。中でも一番遅いのは EWQL Pianos。Bosendorfer なんかは 90秒はかかるかな。<BR> <BR> しかも、EWQL にはマルチポジションマイクと言うなかなか生かした機能があって、同じ音色でも雰囲気を幅広く変えられるのですが、これはまた別々にロードが必要。しかも一旦 OFF にすると ON にする時はまたロードし直しと言う超シンプル設計。その他、EWQL シリーズのどの音源のどの音色をロードするにもプログレスバーを見つめることになります(笑)。Goliath ですら。<BR> <BR> ----<BR> <BR> さて、逆に言うとその他の音源は私の環境ではそれほどストレスを感じることはありません。もちろん大容量音源ほど待たされ感はあるのですが、UI の見せ方が秀逸だったり、データを圧縮して時間短縮を図ったり、ロード完了部分から再生出来るエンジンだったりと工夫が見られます。ですから今の段階でどうしても SSD と言うことはないと思いますね。<BR> <BR> もう1つ私が考えているのは、ストレスが溜まる音源のみを SSD に格納する方法。これなら SSD にかける費用が節約できますし HDD で十分な音源もたくさんありますから効率がいいと思います。SSD を 3万円ぐらいで 2つ買って RAID0 でも組めば Spectrasonics 兄弟と EastWest はスッポリ入りますし、割りとリーズナブルかと。<BR> <BR> 皆さんも工夫してみてくださいね!<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/197/clap" id="fc2button-clap-197" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-197").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/20.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/197/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
196

VariAudio を使い倒せ!(第3回)

VariAudio を使い倒せ!、今日は第3回です。今日は実際に素材を使って VariAudio で修正をしてみましょう。 サンプル素材はこれ! 本邦初公開です(笑)。今回は音程補正の紹介と言うことで、敢えて外して歌っています(笑)。いいですか、大事なのでもう1度言います、「あ・え・て外して歌ってます」(笑) 正しく言うと私が歌ったものを VariAudio で逆におかしく修正したものです(爆)。恥ずかしいので若干アンビエント... <div style="float:left; width: 520px; padding-left:2em;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-465x15(Blue) */ google_ad_slot = "9054149401"; google_ad_width = 468; google_ad_height = 15; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div> <div style="float:left; width: 520px; padding-left:1em;"> <BR> VariAudio を使い倒せ!、今日は第3回です。今日は実際に素材を使って VariAudio で修正をしてみましょう。<BR> <BR> サンプル素材はこれ! 本邦初公開です(笑)。今回は音程補正の紹介と言うことで、敢えて外して歌っています(笑)。いいですか、大事なのでもう1度言います、「あ・え・て外して歌ってます」(笑) 正しく言うと私が歌ったものを VariAudio で逆におかしく修正したものです(爆)。恥ずかしいので若干アンビエントも加えておきました。さぁ、どこまで補正できるでしょうか?<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/semete.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/semete.png" alt="semete.png" border="0" width="520" height="180" /></a> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(BAD).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> ※オリジナル曲「<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-161.html" target="_blank" title="夜の風"><u>夜の風</u></a>」からの抜粋です。真面目な歌は<a href="http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-161.html" target="_blank" title="こちら"><u>こちら</u></a>からお聴きください(笑)。<BR> <BR> 曲と一緒に聴いてみましょう。お分かりの通りいくつか気持ち悪い音程がありますよね。出音のタイミングも合っていません。<BR> <BR> <object type="application/x-shockwave-flash" data="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" id="audioplayer1" height="24" width="290"><param name="movie" value="//blog-imgs-30-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/player.swf" /><param name="FlashVars" value="playerID=1&amp;soundFile=//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Yorunokaze_VariAudio(ANS).mp3" /><param name="quality" value="high" /><param name="menu" value="false" /><param name="wmode" value="transparent" /></object> <BR> <BR> まず、画面を見てください(画像をクリックすると大きく見えます)。うっすらと縦線と横線が見えますよね。前回お話した通り、縦線は出音のタイミングを、横線は音程を示しています。そして左横にピアノロールがあります。各セグメントはこの左横の音程として VariAudio に認識されたと言うことです。ですからセグメントは基本的に横線の間に収まっているほど(VariAudio 的には)正しい音程と言うことになります。よく見ると間に収まっていないものも幾つかありますね(笑)。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■ピッチ補正の基本</span><BR> <BR> まず「ピッチ&ワープ」モードにします。そしてズレている音程のセグメントをつまんで補正したい位置まで引っ張ります。これでピッタリその音程に補正できます。細かくピッチを指定したい場合は Shift キーを押しながら引っ張りましょう。滑らかに補正することが出来ます。この2つは補正時に必ず使用しますのでぜひ覚えておきましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Shift.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/Shifts.png" alt="Shift.png" border="0" width="158" height="70" /></a> <BR> <BR> <span style="font-size:large;">■2つの音に分割する</span><BR> <BR> 歌い方によっては2つの音が1つに認識されてしまうことがあります。音程が正しい場合はこのままでも良いですが、補正したい場合はもう片方の音も一緒に補正されないようセグメントを2つ以上に分割する必要があります。サンプルの例では最後の「ように」の「よう」ですね。1つの音として認識されていますので「よ」と「う」に分けてみましょう。<BR> <BR> TAB キーを押して「セグメント」モードにしてください。画面を拡大して対象部分が大きく見えるようにしましょう。そしてセグメントの下の方にカーソルを合わせるとアイコンがハサミに変わります。さて、何を基準に切ったら良いでしょうか?<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_before.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_befores.png" alt="youni_before.png" border="0" width="159" height="84" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_after.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/youni_afters.png" alt="youni_after.png" border="0" width="160" height="85" /></a> <BR> <BR> 今回は音程を2つに分けることが目的ですから、音程の分かれ目を探します。すると、ちょうど真ん中辺りで音程が下がり始めているのが見えますよね。縦軸は時間(リズム)を表しているわけですから当然と言えば当然です。ここで分割しましょう。その他、バックのオーディオ波形を参照にして音が小さくなっている箇所を狙う方法もありますが、今回はそのようなメロディではないのでこの手は使えませんね。分割できたら TAB キーで「ピッチ&ワープ」モードに戻して音程を修正します。<BR> <BR> <span style="font-size:large;">■綺麗なロングトーンを作る</span><BR> <BR> みなさん、ロングトーンできますか?ロングトーンは歌を綺麗に聴かせるために結構重要なので是非できるようになりたいですね。さて、最後の「ように」の「に」がロングトーンですね。私の場合、ノンビブラートとビブラートを使い分けられるので、後半からビブラートがかかって音程がグニャグニャ波打っているのが分かります。これを1つのセグメントと認識してくれる VariAudio は素晴らしい!<BR> <BR> さて、このセグメントの前半を見ると確かにロングトーンですがあまり綺麗じゃありません。この前半を綺麗にしてみましょう。まずは「セグメント」モードにしてビブラート前後で分割します。方法は分かりますよね。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flats.png" alt="pitch_flat.png" border="0" width="157" height="58" /></a> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat2.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat2s.png" alt="pitch_flat2.png" border="0" width="143" height="159" /></a> <BR> <BR> そして「ピッチ&ワープ」モードで前半のセグメントを指定し、画面左のインスペクタから「ピッチを平坦化」のバーの部分をクリックしてみましょう。マウスをスライドさせることで平坦化量を指定できます。それに応じて選択セグメントのピッチが平らに変化するのが分かりますよね。これ、すごく便利。合わせて音程も補正しておきましょう。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat3.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/pitch_flat3s.png" alt="pitch_flat3.png" border="0" width="159" height="51" /></a> <BR> <BR> ポイントは完全に平坦にせずすこし余裕を持たせること。コレぐらいが綺麗でしょうか。あまりやるとロボットみたいになりますからね(笑)。人間味を残しましょう。その他、ここはあまり音程を揺らしたくないなと思う箇所にはこの「ピッチを平坦化」機能を使ってみましょう。良い感じになりますよ。くれぐれも使い過ぎないように。<BR> <BR> 使い過ぎの1つの基準は隣の音へシフトするときの傾き。こんな断崖絶壁になるような補正はダメですよ(笑)。アラやノイズが出る場合もありますし、何より人間の歌い方ではないです。そんないきなり次の音程に変われないでしょ?(笑) ま、そういう効果を狙った曲はありだと思いますが。。。<BR> <BR> <a href="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dangai.png" target="_blank"><img src="//blog-imgs-52-origin.fc2.com/f/x/s/fxshelves/dangais.png" alt="dangai.png" border="0" width="160" height="110" /></a> <BR> <BR> 長くなってきたので今日はkこの辺で。<BR> </div> <div style="float:right;"> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> <BR> <BR> <script type="text/javascript"><!-- google_ad_client = "ca-pub-3720749633495682"; /* Ad-160x600(Image/Text) */ google_ad_slot = "4442117741"; google_ad_width = 160; google_ad_height = 600; //--> </script> <script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js"> </script> </div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/196/clap" id="fc2button-clap-196" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-196").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/5.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/fxshelves/196/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> </div>
  • Date : 2012-09-01 (Sat)
  • Category : Cubase
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。