カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

100

ハーフペダルが使えない!(トランスフォーム機能)


ピアノには3つのペダルがあり、一番右側がサスティーンペダルと呼ばれ、弾いた音を伸ばすことが出来るのは皆さんご存知の通りです。ピアノの演奏経験が浅い方はペダルは踏むか離すかのどちらかのような使い方をしてしまいますが、経験が増えるにつれ、このペダルをコントロールしてサスティーンをコントロール出来るようになります。

gp_pedal

Ivory II に代表される(高級?)ピアノ音源も、こういったペダル操作を反映できる機能が搭載されていまして、これはハーフペダリング機能と呼ばれています。DTM/DAW では、サスティーンペダル機能は MIDI コントロール上 CC 64 にデフォルトアサインされていて、どの DTM/DAW ツールを使っていても同じではないかと思います。

さて、Cubase も当然ながら CC 64 にサスティーンがアサインされているのですが、余計なおせっかいと言うか何と言うか、Cubase ではこの CC 64 は 0 か 127 のどちらかの値しか入力できないようになっています。これではピアノ音源にせっかくハーフペダリング機能が搭載されていても Cubase のせいで入力できないことになってしまいます。

今日はその解決方法をご紹介したいと思います。その名も「トランスフォーム機能」!

trransformer_movie
え~っと、それはトランスフォーマー!

余談はさておき、この機能はその名の通り、あるものを別のものに変換してしまう機能なのですが、その1つに MIDI CC があります。つまり簡単に言うと、ピアノを弾いて演奏を生打ち込みするときは、CC 64 に送られてくるサスティーンペダル情報を別の 0~127 まで値を自由に入力できる CC に変換して記録し、再生時には逆にこの信号を CC 64 に戻して音源側に送ってやることが出来れば、この問題は解決すると言うことです。

まずは MIDI トラックを1つ用意します。
ここでは CC 64 を CC 50 に変換する方法を紹介します。CC 番号は好みですので、お好きな番号を使用してください。

■CC 64 入力信号を別の CC に変換する方法

Transformer

対象としたい MIDI トラックを選択し、画面のこのボタンを押して「このトラックのみ」を選択します。するとこのような画面が出てくるはずです。画面は上下で半分に分かれていますが、上は変換元、下が変換先と考えればよいです。まずは変換元である上半分から設定していきましょう。

TransformerInput

まず、上半分の左下にある「+」ボタンを押します。するとタイプが1行追加されるはずです。ここで「フィルター対象」に「タイプ」を選択します。そして「条件」は「等しい」のままにして「パラメーター1」に「コントローラー」を選択します。

次にもう1回上半分の左下にある「+」ボタンを押します。すると2行目が追加されます。今度は「フィルター対象」に「値1」を選択します。すると表示が「MIDIコントロール番号」となりますよね。そしてそして「条件」は「等しい」のままにして「パラメーター1」に「CC 64」と入力します(単に 64 でも OK です)。

この意味なんですが、変換対象となる条件を「+」ボタンで追加していると言うことです。まず1行目で変換対象を「コントローラー」に絞り込みました。そして2行目でさらにコントローラーの中の「CC 64」のみを対象とするように絞り込んだのです。もし、絞込みじゃなくて○○のときと△△のときの両方と言うような設定にしたい場合は、右端の「ブール」を「Or」に設定します。

さて、次に変換先(画面下半分)の設定です。上で選択した CC 64 を何に変換するかを指定します。まず、同じ要領で画面左下の「+」をクリックして行を追加します。そして「実行対象」に「値1」を、「操作」に「値を固定」を、「パラメーター1」に「CC 50」を設定します。意味は分かりますよね。上半分で指定した CC 64 が「CC 50 に値を固定される」ように指定したと言うことです。

「操作」では他にもいろんなことが出来そうですね。例えば入力信号が小さいときに常に値をいくらか足すとか、ランダム機能を使って毎回異なる音を出すとか色々ありそうです。

■ある CC の信号を CC 64 に変換して出力する方法

CC 64 入力信号を別のものに変換できたなら、その逆も簡単ですよね。ただし、出力の場合は設定する場所が違います。出力の設定はインスペクタの MIDI インサートタブから行います。まずは MIDI インサートに「Transformer」をインサートしてください。

Transformer2

そして、"e" ボタンを押すと、似たような画面が出ます。設定の方法は上で説明したのと逆をやればいいわけですよね。CC 50 を CC 64 に変換する。練習も兼ねてやってみてください(と言っても画像に答えが出ているような気が、、、)。

TransformerOutput

----

これで、あなたのペダル操作に合わせて音源がハープペダルを認識し、今までなかったようなサスティーンが聴けるようになるでしょう。最後に Ivory ユーザさんにもう1つ情報です。Ivory の場合はこの画面で「Half Pedaling」機能を on にしていないとダメですよ! お忘れなく!

HalfPedaling

それでは。




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。