カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

104

本音で語る本たち(オススメの良書)


こんにちは。
今日は本音が語ってある本を幾つか紹介してみたいと思います。

book2
最近はインターネットが進化してきて色んな情報を取得できるようになりました。経済、スポーツ、料理なんかは当たり前、国家機密にだってアクセスできる?ホントになんでもです。最近は個人のブログもかなり増えましたし、グーグルに代表されるインテリジェンスな検索エンジンと相まって細かな情報にまで短時間でアクセスできるようにもなりましたね。

一方で昔からある「本」(CD も)は押され気味な訳ですが、インタネット上の情報と本の情報は色々と差異があると思ってます。例えば信頼性。インターネット上の情報は私のブログも含めて?(笑)信頼性が乏しいですし、曖昧。また、インターネットの情報が断片的なのに対して本は包括的な情報を提供してくれます。

さて、そんな良いところもある「本」ですが、「良書」となるとグッと数が減ります。もちろん何を良書とするかは読み手に依存しますので一概には言えませんが、ストーリーに一貫性があることや事実がきちんと提示されているなど共通する要素も多々ありますよね。

最近は面白い本も沢山出てきています。その中で私が特に面白いと思うのは「本音を語る本」。本音を語るってことは高いリスクが付きまとうんですが、そんなものを物ともせず語る著者の勇気も素晴らしいですし、こういう本は私たちが普段知らされない裏情報や真実を淡々と語っていることが多いのです。

特にテレビやインターネット上の情報に溺れているステレオタイプな人たちには新鮮な情報となるのではないでしょうか。今回は音楽、政治経済、医学と異なる3ジャンルから本音を語ってある本を紹介してみます。もちろんここで紹介するのはアマゾンでも★が沢山の良書ですよ。

まずは音楽から(音楽関連ブログですから、、、)。

■音楽
タイトル:クラシックを聴け!
著者:許 光俊

タイトルからして面白そうですよね。
クラシックって嫌いじゃないけど何を聴いたらいいか分からないし、堅苦しくて何となく敬遠しがち。私もです(笑)。そんなあなたにこの本はぴったりかもしれません。クラシックを理解するための手順やお勧めの CD をこと細かに教えてくれます。ここで紹介されている CD の幾つかを私も持っているのですが、どれも確実に名盤です。

さらにクラシックを理解するには「1.本格推理小説を読む」「2.自分でサラダを作る」の2つが必要だと説いています。意味不明でしょ?読めば分かります。そして本の後半は本当に聴く価値のある演奏家やオーケストラ楽団、指揮者、評論家などぶった切りにしていきます。さすがにそれは誇張じゃないの?って思うところもありますが、なぜか真に迫る感じがして痛快です。


■政治経済
タイトル:それでも「日本は死なない」これだけの理由
著者:増田 悦佐

これは日本人は読んでおくべき本だと思います。なぜならインターネットやテレビで連日報道される情報と全く異なることが書かれているからです。円高、日本国債と格付け、原発と太陽光発電、今ホットな話題ばかりだと思います。

アメリカ、EU、中国、中東等の主要各国の経済現状と日本との差異を明確にした上で、日本経済の性質がいかにこれらと異なり将来の可能性を秘めているか、グローバルな視点から多角的に述べられていますし、主要各国の今後の行く末についても理解が深まる良書です。この本も主要関係者を丁寧にぶった切りにしていきます。


■医学
タイトル:新脳内革命 春山茂雄71歳! 体内年齢28歳のレシピ
著者:春山茂雄

え~表紙の人、何歳に見えますか?
71歳です。それだけでもう読む価値があるでしょ(笑)?

現在の病院は、例えば血圧が高ければ血圧を下げる薬を出す。それで血圧は下がって患者さんも安心。でも、なぜ血圧が高かったのか?それは、体内に血液を必要としている箇所があったから。それを薬で強制的に下げると将来何が起きるのか?目的は血圧を下げることではなく患者を健康にすること。

現在の金儲けありきの病院ビジネス体質を批判しつつ、自身を健康に保つために役立つ情報を、その理由や過程を含めて原子レベルから具体的に分かりやすく説明しています。高血圧や糖尿病などにまだ縁のない若いうちに読んでおくべき良書だと感じました。読んだその日からあなたの何かの生活習慣が変わるはずです。

今日はまじめな話しちゃった。。。




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。