カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. -

    2011-12-07 (Wed) 03:29

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

115

ピアノ音源 Ivory II オススメの選び方と要求スペック


こんにちは。今日はシリーズで紹介している(こちら)ピアノ音源 Ivory II のオススメの選び方と要求されるスペックについて綴ってみたいと思います。

piano

■Ivory II Grand Pianos / Italian Grand どっち?
--------------------------------------------------------------

まず1つ質問をさせてください。

 「あなたが欲しいのはピアノ音源ですか?
  それともスタインウェイのピアノ音源ですか?」


ただ漠然と「とにかく素敵な音がするピアノ音源を1つは持っておきたい」と言う方は複数ブランドのピアノが同梱されたパッケージを買う必要が本当にあるでしょうか?複数ブランドのピアノが同梱されたピアノ音源は、割り算すると割安ですがパッケージとしては単品製品より高いですよね。

Ivory II Grand Pianos は Bosendorfer, Steinway, YAMAHA の3つのブランドがパッケージされて定価 43,890円。一方 Ivory II Italian Grand は1種類のピアノ(Fazioli と思われる)のみで定価 22,890円。およそ半分の値段です。

Bosendorfer, Steinway, YAMAHA 各ピアノを状況に応じて使い分けたい、Bosendorfer の静謐な響きが好き、Steinway の煌びやかな音が好き、Italian Grand の音は自分の音楽の方向性とは違う、こう言う何か理由がある場合は Grand Pianos を選択した方が良いですね。

しかし、どのピアノの音も素敵だった、ピアノの音の違いが分からない、何か1つあればいい、安くてもいい音のピアノが欲しい、こう言う方は Italian Grand をお勧めします。音色は EQ やエフェクト類を使ってある程度変更できますし、Italian Grand のプリセットには Jazz/POP/Rock と言った設定もあらかじめ用意されていますので、ご自身の音楽ジャンルに合わせることも出来ます。

Ivory II Grand Pianos と Ivory II Italian Grand の価格差は約2倍。3種類のピアノブランドが同梱されていてお得感がありますが、結局は2倍のお金を支払わなければなりません。Ivory II Italian Grand なら半分で済みますし、しかも Italian Grand は Grand Pianos に比べて特に力を注いで完成されています(容量やベロシティーレイヤー数にもその違いは表れていますね)。

将来も見越してよく考えてみましょう。


■PC の要求スペック
--------------------------

Ivory II Grand Pianos / Italian Grand は1ブランドの音色あたり数十ギガバイトの容量を持つ大容量サンプリング型音源です。ハードディスクにそれだけの空き容量がなければならないことは言うまでもありません。

しかし、空き容量があってもそれを読み取るアクセス速度が十分でなければ実用に耐えません。DTM では複数の音源を使用して曲を組み立てます。それぞれの音源はきっと同じストレージデバイス内に保存されているでしょう。Ivory 単体を再生するのに十分なアクセス速度が確保されていても全ての音源を同時に再生すると読み込みが追いつかないことはしばしばあります。この場合、いずれかの音源の音は途切れることになります。

Ivory II Grand Pianos / Italian Grand を十分なパフォーマンスで使用するためには SSD をお勧めします。SSD はハードディスクより高価であることが玉に瑕ですが、アクセスが高速です。もし、SSD は高嶺の花だとおっしゃる場合はハードディスクの RAID0 を検討してください。

複数の同容量のハードディスクを並列に接続し、それぞれのディスクに半分ずつデータを保存することで、読み出し速度が理論上2倍に向上します。3つ並列接続すれば3倍。ハードディクは大容量で非常に価格が安くなってきていますので、現実的な解と言えます。ちなみに私は HDD を RAID0 で4台並列に接続して使用しており、動作は快適です。

大容量の音源を購入する場合は音源代の他に、こう言った周辺機器の充実も必要になってきますのでコストの計算も重要ですね。なお、CPU パワーはそれほど消費しません。現在もしくは1世代前の CPU であっても問題なく動作するでしょう。


以上、Ivory II オススメの選び方と要求スペックについてでした。皆さんのピアノ音源導入の一助になれば幸いです。それでは。




関連記事
1

Comment

  1. -

    2011-12-07 (Wed) 03:29

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。