カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-11-04 (Fri) 08:08

    ゆうさん、こんにちは。
    参考になったようでよかったです。
    素敵な音楽ができるといいですね。
  2. ゆう

    ゆう

    2011-11-03 (Thu) 04:24

    こんにちは。
    昨日の質問へのご返事は、疑問の多くを解消してくれました。ありがとうございます。

    それに加えて今回の記事で、知識不足の私が何を買えば良いか明確になりました。
    近々発売予定のOzone5(プロ仕様は値段が凄そうなので、おそらくスタンダードの方)を買います!

    Ozone5を検索したところ、
    作業画面も自分好みですし、ブログ主さんの例のピアノ曲がOzone4でのマスタリングということでしたら、Ozone5で間違いなさそうな気がしています。
    それまではMC6付属やフリーのプラグインでエフェクトについて学んでおこうと思います。

    Ivory II Italian GrandとOzone5、期待感が漲ってきました。
    ピアノの弾き語り(歌はボーカロイドですが)をやる予定ですので、もう不安はありません。

    親切なアドバイスをありがとうございました。
    こちらのブログはちょくちょく覗かせてもらいます。
    では失礼します。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

117

DTM/DAW ソフト付属のエフェクトでは物足りないのか?


DTM/DAW ソフトにはどなたでも音楽をすぐに作れるよう、音源とエフェクト類が付属しています。最近はどちらもかなり豪華になってきていまして、DTM/DAW ソフトを購入しただけでも結構な音楽が作れるようになりました。

さて、今日はこのブログを見て頂いた方からご相談コメントを頂きまして、付属エフェクト類があるにもかかわらず市販のエフェクト類をあえて購入する必要があるのかについて考えてみたいと思います。

まず、エフェクトは種類がたくさんあります。代表的なものを下に書いてみましたが、今の時代の DTM/DAW ソフトにはこれらのエフェクト類は全て付属しています。ですから特殊なエフェクトを除いて、必要としている基本エフェクトが付属していないと言うケースはまずありません。

Cubase付属エフェクト

■音作りに良く使われるエフェクト

・Delay 系 … 音を遅延させ山彦のような効果を生む
・Distortion 系 … 音を歪ませる
・Filter 系 … 音に特殊なフィルタを通して変化させる
・Modulation … 音を加工する

■ミキシングに良く使われるエフェクト

・Dynamics系 … 音を大きくする
・EQ 系 … 周波数毎のダイナミクスを調整する
・Reverb 系 … 音に残響を持たせる
・Surround 系 … サラウンド効果を与える
・便利ツール類(チューナなど)

例えば Cubase のエフェクト類ならここのページに列挙してあります。恐らく一生使わないエフェクトもあるでしょう(笑)

http://japan.steinberg.net/jp/products/cubase/plugin.html#c87457

では、市販のエフェクト類と付属のそれは何が違うんでしょうか? 違いは大きく2つあります。機能の差と質の差です。幾つか例を見てみましょう(ここでは市販品の iZotope Ozone4 のイコライザ・ダイナミクス(マキシマイザ)機能について比較してみます。 iZotope Ozone4 の記事はこちら)。

①機能の差

Cubase 付属と iZotope Ozone4 のパラメトリックイコライザ画面です。パラメトリックイコライザはグラフィックイコライザと比較してバンド数が少ないですが、細かく調整出来るので、より積極的な音作りが出来ることが特徴です。

Standard_EQ_549b0f_03.jpg iZotopeParagraphic Equalizer

まず、調整バンド数は Cubase 付属が4に対して iZotope は8。機能面では Cubase 付属はレスポンスカーブとシェルビングモードが変更できる程度。一方 iZotope は画面でお分かりの通りありえないほどの急峻な設定も可能であったり、スペクトラム・アナライザが統合されており、リアルタイムに周波数特性を確認することが出来ます。その他、様々なプリセットが用意されていたり、mid/side で特性を変えられたりと市販品ならではの使いやすい機能が盛り沢山です。

他のエフェクト類も同様であり、充実した、あるいは統合された使いやすさが市販品の大きなアドバンテージの1つになっています。

②質の差

エフェクトを使って音に変化を加えるとき、その変化の幅(強力さ)と違和感のなさ(品位)が大切です。マキシマイザを使って音を大きくしたけどもあまり変化がなかったり、音が歪んでしまうようでは良いエフェクトとは言えません。


CubaseMaximaizer.png iZotopeLoudnessMaximaizer.png IzotopeDynamics.png

簡単に実験をしてみました。まず、440Hz -40dB ほどの微弱な正弦波を流します。これを Cubase 付属と iZotope のマキシマイザで大きくしてみましょう。どこまで大きくなるでしょうか?実験結果は Cubase 付属が -23.8dB まで、iZotope が -0.8dB となりました(Multiband Maximizer と Loudness Maximizer の複合による)。Loudness Maximizer 単体で使用しても -20dB まで上げられます。

また、音質面でも市販品は内部で 64bit 演算のような高品位なアルゴリズムを使用しており、アドバンテージがあると言えます。ただし、この違いを一般家庭のスピーカーやイヤホンの流し聞きで聴き取れるかと言えば、きっと NO でしょう。


■市販のエフェクトは買うべきか?

まずは付属のエフェクトを使い倒してみるべきです。そしてそれでも目標の「あの人」の曲や一般 CD レベルの音にならないと感じたり、付属のエフェクトに物足りなさを感じたなら、初めて市販のエフェクトを検討しましょう。そうしなければ各エフェクトの意味さえ分からずに市販の多機能エフェクトの海にダイブすることになります。そして溺れます。


waves.jpg images (1) 61613_l.jpg

イコライザにスペクトラム・アナライザが統合され、リアルタイムに周波数表示されることで何が便利なのでしょうか? コンプレッサのスレッショルド、レシオ、アタック、それぞれ何を意味しているか分かりますか? 音を大きくしようとしてマスターボリュームが 0dB より大きくなったり、ミキサーの各パートボリュームつまみがほとんど半分以上に上がっていませんか?

これぐらいが理解できていないと新しいツールに溺れそうですよ(笑)

また、こんな風に考えるとどうでしょうか。もし、あなたがたまにしか DTM をしない日曜大工的な感じなら、最初から中程度のエフェクト購入をお勧めします。そしてこれをずっと使いましょう。もし、あなたが真剣に DTM に取り組んでおられるなら、最初は安いエフェクト類(若しくは付属の)で頑張ることをお勧めします。そして、エフェクトの価値が分かりいいエフェクトが欲しくなったら、そのときはきっとあなたの欲しいエフェクトはもう分かっているはずです。

これ、私がゴルフクラブを買うときに Golf5 の店員さんに言われた言葉(笑)。
まぁ、年末はいろいろセールがありますし、思い切ってダイブして溺れてみるのも若さかもしれませんね。そこから学べることもあるでしょう。

それでは。




関連記事
2

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-11-04 (Fri) 08:08

    ゆうさん、こんにちは。
    参考になったようでよかったです。
    素敵な音楽ができるといいですね。
  2. ゆう

    ゆう

    2011-11-03 (Thu) 04:24

    こんにちは。
    昨日の質問へのご返事は、疑問の多くを解消してくれました。ありがとうございます。

    それに加えて今回の記事で、知識不足の私が何を買えば良いか明確になりました。
    近々発売予定のOzone5(プロ仕様は値段が凄そうなので、おそらくスタンダードの方)を買います!

    Ozone5を検索したところ、
    作業画面も自分好みですし、ブログ主さんの例のピアノ曲がOzone4でのマスタリングということでしたら、Ozone5で間違いなさそうな気がしています。
    それまではMC6付属やフリーのプラグインでエフェクトについて学んでおこうと思います。

    Ivory II Italian GrandとOzone5、期待感が漲ってきました。
    ピアノの弾き語り(歌はボーカロイドですが)をやる予定ですので、もう不安はありません。

    親切なアドバイスをありがとうございました。
    こちらのブログはちょくちょく覗かせてもらいます。
    では失礼します。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。