カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. reira

    reira

    2013-06-06 (Thu) 02:43

    1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
    2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
    3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗
    4調子が独特、回想のイメージが浮かんだ

    全部、使える音源だと思いました
    この4つしか音源を持っていなくて設定を変えられないとしたら
    1>2=3>4の順に使うと思いますが優劣ではありません
  2. 動物使い

    動物使い

    2012-05-24 (Thu) 12:17

    MCタイチさん、コメントありがとうございます。
    また、お返事が遅れましてすみませんでした。

    MCタイチさんは音の違いがわかる方なんですね。素晴らしい!
    この企画は1年以上前のものですけども、今となっては懐かしいです。音源はピアノのブランドも大事ですが収録方法によっても違ってくるので、音を聴いた上で用途に合わせて選びたいですね。

    このブログではピアノの紹介を結構やっていますので、お暇がありましたら見てみてください。音源を選ばれているならここ↓なんか参考になるかも。
    http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-145.html

    新しい音源も出てきてますので年に1回ぐらいやったほうが面白いかな、な~んて。
    ありがとうございました。
  3. MCタイチ

    MCタイチ

    2012-05-22 (Tue) 07:59

    こんにちは、初めまして。

    ピアノ音源の事を調べていて当サイトに辿り着きました。目隠し聴き比べは面白い企画ですね。
    超遅まきながら、僕の感想を書いておきます(最初は下の集計結果を全く見ずに音だけ聴きました)。

    1番目:音に芯があって力強い感じ。綺羅びやかさは無いが、低音から高音までバランスが良い。

    2番目:クリーン&ソフトで最も聴きやすい。ただリバーヴが深めのため、ややぼやけており、芯の音が判りにくい。

    3番目:冒頭の単音がコツコツしてピアノらしくない。音が増えるとまともになる。

    4番目:全般的にチープで人工的。

    実は私はスタインウェイやヘーゼンドルファーの音が好きでは無いのですが、色々と聴いてみるとソフト次第ですね。まあ何れにせよ、私の6年もののPCでは、今の殆どの音源は再生できないと思いますが(^_^;)PCを買い換えた時の為に今から調査しています。

    失礼しました。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

119

ピアノ音源比較 - 投票結果発表!


半年ほど前に同じピアノ曲を製品名を隠して4つ聴いて頂いてどれが一番いいか投票して頂いたのですが(こちら)、面白いコメントなども色々頂きましたので紹介してみたいと思います。

まず、聴いて頂いた曲はこの4つ。どうです?違いが分かりますか?
もう一度、聴いて頂いてコメントを添えてもらってもいいですよ~(^ ^)/~










■投票結果

投票結果はこんな感じでした。

PianoVoteResult.png

・1番目  (22票/42.3%) Ivory II Italian Grand
・2番目  (15票/28.8%) Quantum Leap Pianos
・3番目  ( 7票/13.5%) True Pianos
・4番目  ( 7票/13.5%) HALion One (YAMAHA S90ES Piano)
・どれもダメ( 1票/ 1.9%) 

どれもダメに1票入っちゃってますね(笑)。
感想も頂いてまして「比較するには少々分かりづらい演奏データだと思いました。」という事でした。512K までしかデータをアップできない FC2 ブログの制約の中でなるべく音質を落とさず低域から高域まで含んだ意味のある音楽データを探したわけですが、確かにもう少しいいデータがあったらいいなとは思ってましたね(笑)。まぁ、今回はご勘弁ください。

得票はやはり1番が最も多く、次いで2番。順当な結果と言えます。
私は1→2→3→4の順でいいと思っていましたので共感してもらえる方が多くてよかったです。しかし、3番目と4番目が同じ結果と言うのが面白いですね。つまり TruePianos と HALion One 付属の YAMAHA S90ES Piano は同程度の評価だと受け取って良いと言うことでしょうか。確かにどちらも一長一短ありますからね。

■コメントは?

さて、コメントはそんなに多くないですが、こんな感じで頂いています。

1番目
 工夫を施すとどれもそれなりに聞こえるものですね!1と2で迷いましたが2の方が癖はないけど好みで1番。
2番目
 まるでピアノを鑑賞している気分です
 Ivory,QL,tp,HALion?最後のは音色が安定してなくて使いたくないなぁ
 なんとなく
 4番目は不自然だったかな?
 重すぎずクリアな音が好み
3番目
 コメントはありません
4番目
 正直わからん…自分に高価な音源は豚に真珠だとわかりました
どれもダメ
 比較するには少々分かりづらい演奏データだと思いました。

なんで2番目にこんなたくさんコメントが集中するんだろう、、、
1番を選ばれた方は「コメントするまでもなく当然」という事なのでしょうか(笑)、2番目が対抗馬的にコメント集中しています。1番目か2番目を選ばれた方は自分自身に好みを持っておられる感じがしますね。 いや~、票って割れるもんですね。「豚に真珠」ってそんな、、、(笑)

音源について私のコメントを添えてみます。
まず1番目の Ivory II Italian Grand ですが、ペダル音がはっきり聴き取れると思います。これ、聴いて欲しかった1つのポイントなんですね。ペダル音もきちんと再現できてますよって。これが逆にスコスコ聴こえて嫌だと感じた方もおられると思います。これは調整できますのでご心配なく。音色の傾向としては「はっきりした音」と言えると思います。低域から高域までバランスよく音が広がっていますし、曲のつながりもよく、総合的な完成度が高いと感じます。また、今回はシンフォニックレゾナンスを聴いてもらいたくて多めに入れてみました。発音後の音の揺れを1番目と2番目で聴き比べてください。Ivory II の方が複雑な響きであることが分かるでしょうか。多めに入れたのでやや不自然なほど揺らいでいますが、ピアノ音源にありがちな単調な響きとは無縁です。

2番目の Quantum Leap Pianos は Ivory II Italian Grand の後に聴くと、少し音量が小さくて高域にシフトした感じが物足りないと感じられるかと思いましたが、得票数とコメントを見る限り大丈夫そうですね。Bosendorfer らしいコツン・コツンと言う静謐な発音と、EastWest が誇るマイクミキシング技術により発音後の自然な響きが特徴です。この音色がツボの人も結構おられるはず。ただ、曲中の最高音が少し薄っぺらいと感じられるのは私だけではないと思うのですが、如何でしょうか。それからシンフォニックレゾナンスには対応していませんので、発音後の響きがやや単調です。ダイナミクスの幅が小さく、盛り上がった感じがあまりしないのがやや残念。

3番目の True Pianos は個人的には1・2番目に比べて少し品位が落ちた印象がします。
また、高域の発音はなかなか良好ですが、低域に厚みがないのも気になります。発音後の残響も機械的に伸びた感じが否めません。これらは1番目の後に3番目を聴くと分かりやすいと思います。そして発音直後にやや不快な音の膨らみを持った残響があります。実はこれを消したくて TruePianos にデフォルトリバーブを OFF にしたかったのですが、できませんでした。製品版ではきっと大丈夫だと思いますので、この点は差し引いて聴いて頂きたいです。それから TruePianos はシンフォニックレゾナンスに対応していまして、響きの複雑さが表現できています。これは2・4番目と比較するとよく分かると思います。

4番目の HALion One (YAMAHA S90ES Piano) は上記の1~3までのコメントを踏まえて再度聴いて頂くとどうでしょうか。まず、全体として一回り小さなピアノに感じます。また、音の厚みは一番薄く、高域ほど電子ピアノ的な印象がします。それでも低域はそれなりにリアルに表現できていまして、それを評価して YAMAHA S90ES Piano を採用しました。音の伸びはやはりダダ伸ばしになった感じで、ピアノの持つ自然な減衰とは異なります。 シンフォニックレゾナンスにも対応していませんから、発音直後に聴こえる響きは単調ですよね。ただ、ダイナミクスは出ていてなかなかいいですね。ポップスなどの曲中に混ぜるのであれば十分実用的だと思います。

次回はもう少し違った形で音源比較してみたいと思います。
それでは!




関連記事
3

Comment

  1. reira

    reira

    2013-06-06 (Thu) 02:43

    1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
    2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
    3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗
    4調子が独特、回想のイメージが浮かんだ

    全部、使える音源だと思いました
    この4つしか音源を持っていなくて設定を変えられないとしたら
    1>2=3>4の順に使うと思いますが優劣ではありません
  2. 動物使い

    動物使い

    2012-05-24 (Thu) 12:17

    MCタイチさん、コメントありがとうございます。
    また、お返事が遅れましてすみませんでした。

    MCタイチさんは音の違いがわかる方なんですね。素晴らしい!
    この企画は1年以上前のものですけども、今となっては懐かしいです。音源はピアノのブランドも大事ですが収録方法によっても違ってくるので、音を聴いた上で用途に合わせて選びたいですね。

    このブログではピアノの紹介を結構やっていますので、お暇がありましたら見てみてください。音源を選ばれているならここ↓なんか参考になるかも。
    http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-145.html

    新しい音源も出てきてますので年に1回ぐらいやったほうが面白いかな、な~んて。
    ありがとうございました。
  3. MCタイチ

    MCタイチ

    2012-05-22 (Tue) 07:59

    こんにちは、初めまして。

    ピアノ音源の事を調べていて当サイトに辿り着きました。目隠し聴き比べは面白い企画ですね。
    超遅まきながら、僕の感想を書いておきます(最初は下の集計結果を全く見ずに音だけ聴きました)。

    1番目:音に芯があって力強い感じ。綺羅びやかさは無いが、低音から高音までバランスが良い。

    2番目:クリーン&ソフトで最も聴きやすい。ただリバーヴが深めのため、ややぼやけており、芯の音が判りにくい。

    3番目:冒頭の単音がコツコツしてピアノらしくない。音が増えるとまともになる。

    4番目:全般的にチープで人工的。

    実は私はスタインウェイやヘーゼンドルファーの音が好きでは無いのですが、色々と聴いてみるとソフト次第ですね。まあ何れにせよ、私の6年もののPCでは、今の殆どの音源は再生できないと思いますが(^_^;)PCを買い換えた時の為に今から調査しています。

    失礼しました。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。