カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

121

iZotope Ozone 5 遂にリリース!


ozone5_ozone5advanced_main.png

出ましたよ! iZotope Ozone 5!

ご存知、マスタリングツールの決定版。十分な性能を持っているのは当然のこと、動作が軽快で使いやすく、何と言っても低価格。アマチュア DTM/DAW の強い味方です。前作 Ozone 4 で確固たる人気を確立し、今回満を持してのメジャーバージョンアップとなりました。早速見てみましょう!

component_plugins_montage.png

■かっこいい?画面デザイン

Ozone シリーズと言えば黒地に緑!そして、要所に映える赤です。
今回もそのデザインを踏襲したものとなってますね。ボタン類のレイアウトも Ozone 4 とほぼ同じですが立体的に凝ったものになりました。バンド分けが必要なダイナミクスやステレオイメージングは4色のカラーを採用し、より分かりやすくなりましたし、ベクタースコープやゲインリダクションが視覚化れるなど、グラフィック面ではかなり改良された印象です。デザインや配色はともかく使いやすさはなかなかに上がっているようですね。 それからウィンドウのサイズですが、Ozone 4 より2周りぐらい大きくなってます。大画面ディスプレイじゃないと圧迫感がありますね。こんな感じ↓

画面サイズ

■2つのパッケージ

今回の Ozone 5 は2種類のパッケージがあります。"Ozone 5" と "Ozone 5 Advanced" です。高機能なのは Advanced の方。価格差は定価で $249 と $999 ですから4倍ほど。結構な差ですよね。何が違うんでしょうか?

ozone5_ozone5advanced_boxes.png
簡単に言うと2つあって、1つは COMPONENTPLUG-INS と呼ばれるもの。これは Ozone 5 の持つ6つの機能、イコライザ・マキシマイザ・ダイナミクス・リバーブ・ステレオイメージング・エキサイタをそれぞれ独立したプラグインとして利用できること。つまり、マスタリングエフェクトとしてではなく、トラックエフェクトとして単独で挿しても使いやすいですよってことです。まぁ、私は Ozone 4 でもトラックエフェクトとして無理やり挿したりはしていましたが、、、。

もう1つは METER BRIDGE と呼ばれるもの。これははっきり言ってプロ向けの機能。フルスクリーンで設定一覧を表示したり、ステレオバランス/相関・スペクトラムを時間軸上に3Dグラフィック表示できたりします。この機能はグラフィックパワーを要しますので、Open GL 2.0 に対応したグラフィックカードが必須になります。グラフィックパワーが必要な音楽機材って初めてお会いしました(笑)。写真左上の3D表示がグラフィックパワーいるんですよね。それから右下のラウドネスメーターは実物を見るとすごくクールでかっこいいです!

ozone5_meterbridge.png

その他、各機能に細かな改良や小機能追加があります。

詳しくはこちらの "WATS'S NEW" を参照。
http://www.izotope.com/products/audio/ozone/index.asp

■Ozone 4 からの変更点

Ozone シリーズが持つ6つの機能がそれぞれパワーアップしています!全体の機能を通して時間軸上で各エフェクトの効果を視認できるグラフィックが追加されたのは非常に素晴らしいです。動作も Ozone 4 譲りで軽快、ストレスを一切感じさせないのはさすが。CPU もそんなに喰ってないですね。

イコライザ
ozone5_eq.png PreEQ.png
通常、イコライザはマスタリングの初段で入れますが、Ozone 5 ではもう1つ「ポストイコライザ」が追加され、マスタリングの後段にも挿せるようになりました。これによってダイナミクスやエキサイタなど周波数成分が変わる変更を行った後でもイコライザ調整が出来るんですね。また、「アナログマッチイコライザカーブ」機能が追加されて高域のアナログ表示の正確性が2倍以上上がったようですよ。

リバーブ
ozone5_reverb.png
Plate/Room に加えて新しく Hall/Theater/Cathedral/Arena が追加されました。パラメータもアーリーリフレクションズ(最初のこだまの設定)や、左右チャンネルのリバーブ成分間のステレオ広がり量の調整を行うクロスミックスコントロールなどが追加されています。

マキシマシザ
ozone5_maximizer.png
透き通ったリミッティングを実現するための先進的な音響モデルである IRC(Intelligent Release Control) III が正式に追加されています。IRC は WAVES でもお馴染みですね。複数の異なるラウドネスコントロールアルゴリズムが平行に動作する中で IRC III は最も違和感のないアルゴリズムをリアルタイムに選択するようです。

エキサイタ
ozone5_exciter.png
モードとして、Triode/Dual Triode が追加されています。画面もカラフルになり、エキサイタの掛かり具合がグラフィカルに表示できるモードが加わって倍音成分の効果の度合いが良く分かります。また、サチった倍音成分を抑える簡易高域リミッターが付いてます。

ダイナミクス
ozone5_dynamics.png
表示が一段とグラフィカルになり、何を操作しているのかとても分かりやすくなりました。どの箇所でどれだけコンプレッサが効いてるかも一目で分かります。これは初心者さんは特にありがたいハズ。その他、透明で微細な圧縮を与える Hard/Soft knee mode なんかもあります。ただ、若干ごちゃごちゃした感じになったのは残念(画像は一番ごちゃごちゃしている4バンド全設定表示時のもの)。

ステレオイメージング
stereo_imaging_full.png
ステレオイメージを確認するベクタースコープに Polar S モードが追加されました。また、correlation trace 画面によって位相外れになる箇所も一発で視認できます。これだけ整ったステレオイメージング調整環境ってなかなか見ないですね。やべっ、欲しい(笑)

■気になる点

エキサイター、ダイナミクス、ステレオイメージング機能は4バンドに区切って調整できるのですが、この区切りが3つの機能で共通でしか設定できない点が Ozone 4 の時から指摘されていました。Ozone 5 でも残念ながらそれは改善されていませんね。

それから Ozone 4 でも素晴らしかったプリセットですが Ozone 5 でも健在。ただ、やっぱり切り替え時にバリバリって言うんですよ。切り替わりはスムーズでいいんですけど、この音だけが、、、。まぁ、ご愛嬌ってことで。

■Ozone 5, Ozone 5 Advanced どっち?

ほとんどの方は Ozone 5 で全く問題ないと思います。Advanced はプロユースです。素人が買ってもカッコいいだけでとても使いこなせないのではないでしょうか。Ozone 5 は必要十分な機能が備わっていて、価格的には3~5万ぐらいしてもいいんじゃないかと思います。それが $249 ですし、今なら12月1日まで $199 のオープニングセール中です。非常に良心的な価格設定だと思います。一般の方に広く使ってもらいたい気持ちが表れていますね。

■まずはお試し版を使ってみよう!

Ozone 5 は Advanced も含めて10日間のお試し版がダウンロードできます。10日過ぎるとデモ版として動作するようです。気になる方は是非使ってみましょう!ダウンロードはこちらから。

http://www.izotope.com/products/audio/ozone/download.asp
 
INTO THE DEEP SEA(動物使い作)
 iZotope Ozone で初心者でも簡単にこれぐらいの音圧、音の色・艶に出来てしまいます。
 是非お聴きください!
IntoTheDeepSea.jpg
http://musictrack.jp/musics/43171
 




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。