カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

13

IvoryⅡItalian Grand の正体



伝説のイタリアン・グランドピアノ、IvoryⅡ Italian Grand。

IvoryⅡ Grand Pianos とは別製品としてリリースされるこのピアノはいったい何者なのでしょうか?
そもそも Bösendorfer、Steinway など名だたるピアノを差し置いて単独でリリースとは恐れ多いにも程があります。

つべこべ言わず音を聴いてみます。
現在、Synthogy の代理店 Media Integration, Inc. で3曲のデモソングを視聴できます。
1曲は概要説明の中で、後の2曲はデモソングタブにあります。

IvoryⅡ Italian Grand

http://www.minet.jp/synthogy/italiangrand

IvoryⅡ Grand Pianos のデモソングももちろんあるのですが、正直、私は IvoryⅡ Grand Pianos のデモソングには納得がいきませんでした。聴きながら、次に出てくる音色をイメージしてこんな音で鳴って欲しいと期待するのですが、少しずつ裏切られる感じですかね。次第に速いパッセッジの選曲で誤魔化されているのかと疑う始末。生意気言ってすみません。

でも IvoryⅡ Italian Grand には納得です。
高音と低音の響きが特に気に入りました。
デモソングもゆったりとした選曲で1つ1つの音を聴きやすく、良さが実感できました。
パッケージを分けるのはやはり、このあたりが関係しているのかな。

閑話休題。

この Italian Grand の正体はいったい何か?
手がかりは「イタリア」「伝説」「1970年代後半にデビュー」です。
そして1台のピアノに行き着きました。

"Fazioli"

FAZIOLI

http://www.fazioli.co.jp/

ホントかどうか、合ってるのか分かりませんが、このピアノなら納得です。
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。