カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

139

オリジナルの曲を作る(第2回:歌詞を分析する)


前回から作曲についてシリーズで綴っています。今回はメロディ作りのための歌詞についてのお話です。前回はこちらからどうぞ。

まずは今回の曲作りに使う歌詞を紹介しましょう。

avt15786_1306252946_i.jpg 作詞:じょじょさん
jkt15786_1324830404_i.jpg 曲名:夜の風

こんなに風の 冷たい夜は
不意にキミを 思い出す
交わした言葉の 少なさが
かえって想いを 強くする
同じ匂いを持つキミの せつなさ
か弱さ はかなさを
そばで抱きしめ あたためることも
できはしない ボクだけど
せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように
ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す

こんなに星の 少ない夜は
不意にキミを 思い出す
交わした想いの 切なさが
ふたりの間を 行き来する
交わることのないキミの いとしさ
かわいさ りりしさを
そばに寄り添い たしかめることも
できはしない ボクだけど
せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように
ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す

光を失った夜の中で キミへの想いを灯して
温もりを失くした夜の中で キミへの想いを抱きしめて
---------------------------------------------------------

この歌詞は MusicTrack で精力的に歌詞を作られているじょじょさんの作品です。寒い夜と相手を思う暖かい気持ちの対比、澄んだ夜空と純粋な気持ちの交錯がとってもいい雰囲気を出していると思います。一目見て気に入ったので、私の方から附曲させてくださいとお願いしました。

じょじょさんは他にも渋い詩や面白い詩などたくさん書かれていますので、是非ご覧になってください。また、私と同じように曲は何とか作れるけど歌詞はちょっと、、、と言う方も MusicTrack にはたくさんの詩人がいますから、コラボを組んでみては如何でしょうか。コラボを組むと言うことは多少の責任ができるわけですから、いままでチョット作ってはやめてしまっていたメロディも形に出来るかもしれませんよ。前進のためには自分に適度な負荷をかけていきたいですね。

■歌詞を分析する

早速メロディ作りのための準備を始めましょう。
歌詞を見てください。1行空いているところがあり、全部で3つのグループになっています。第1と第2グループは同じ形ですからこれらには同じメロディーを使い、第3グループはちょっと違う風にしたいんだと解釈できます。第3グループは曲の終わりな訳ですからちょっと盛り上がる感じの方がいいでしょうか。曲の全体像をイメージしてみてください。

では第1グループを見てみます。各行の終わりの「韻」(最後の文字を伸ばしてみて何の母音で終わるか)と歌詞の意味を考えて、さらにいくつかのブロックに分割して整理みます。こんな風にするとまとまった感じがしませんか?(ABC)

---------------------------------------------------------

こんなに風の 冷たい夜は
不意にキミを 思い出す
交わした言葉の 少なさが
かえって想いを 強くする


同じ匂いを 持つキミの
せつなさ か弱さ はかなさを
そばで抱きしめ あたためることも
できはしない ボクだけど


せめて今夜は ぐっすりと 眠れますように
ちいさな星の 瞬きに 願いを 託す
---------------------------------------------------------

Aは韻から判断して区切りました。「あ・う」が2回続いています。つまりAの中も2つに分かれると言うことですね。Bはイメージから判断しました。A・Cに比べてBは否定的な単語が多く暗いイメージじゃないですか?Cになったとたん優しい単語になります。このようにして歌謡曲で言う「Aメロ」「Bメロ」「Cメロ(サビ)」が出てきます。もちろんこれは作詞者のじょじょさんがそのように意図して詩を構成したわけですから、本人に聞くのが一番早いですけども、、、。

さて、ここで動物使い流の大事なポイントを書きます。

「詩や曲には温度があります」

この詩で最も温度が低いところと、高いところはどこでしょうか?
私のセンスですと、最も低いのはBメロの2行目、高いのはCメロの2行目です。なぜならBメロの2行目は一番悲しい単語が並んでいるし、他とは詩の形が違うから。Cメロの2行目はその間逆ですよね。これには大体賛同して頂けるんじゃないでしょうか?

この温度と言うのはメロディを考える上でとても重要です。つまり、温度が低いところは悲しいメロディを、高いところは明るいメロディを持ってくるのです。こうすることで曲にも歌詞の温度が伝わって一体感が生まれます。勘のいい方は「温度=長調・短調」であることに気付いたと思います。その他、各ブロックの温度もイメージしてください。温度順にC>A>Bとなるはずです。

■曲の方向性をまとめる

さて、歌詞の分析が終わったところで曲全体のメロディの方向性をまとめます。

Aメロは前後半2つに分かれているので、1・2行目を1つの塊としてメロディーを作り、3・4行目には同じメロディーを流用する。そして全体的にそんなに明るくも暗くもないメロディーの印象にする。

Bメロは暗い。特に2行目は最も暗い。さらに2行目だけは歌詞が3つに割れています。これをうまく使って最も悲しく聴こえるようにメロディをアレンジし、3・4行目はCメロの暖かさに向かって緩んでいく感じ(口で言うのは簡単ですが後で困ることになります 笑)。

Cメロは通常サビになり、盛り上がるわけですが、この歌詞だと盛り上がると言うよりは落ち着いてしまっているので正直困りました。ですので暖かく柔らかくまとめることにしてみます。これはつまり盛り上がりに欠ける曲になることを決定してしまうと言う事なので、苦渋の決断です。通常は作詞者と意見交換して改変していくのが良いと思います。

そして曲調は歌詞から判断してバラード。テンポは結構ゆっくり目。

このように具体的にメロディを考える前に各メロディーのイメージをまとめておくと、歌詞と曲の印象が合わなかったり、メロディーの方向性がグラついたりせずに進めて良いのではないでしょうか。

それでは次回はいよいよメロディを作っていきます(こちらから)。




関連記事
  • Date : 2012-01-18 (Wed)
  • Category : 作曲
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。