カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

165

初心者向け、超簡単!ハープ講座


こんにちは。

ha-pu.jpg 41d0bf54.jpg flute (1)

美しい女性に似合う楽器ベスト3と言えば、ハープ・ピアノ・フルートですね(※個人の感想です。実際似合うかどうかは個人差があります)。そんな美しいハープはまるで白鳥のよう。優雅に滑らかに曲を泳いでいきます。しかし、一見優雅に見える白鳥も水面下では必死こいてバタバタやっているのだーーー。見よ!これがハープの足下だ!!

_IGP4834.jpg image3.jpg
ダッサ!!!足がいっぱい!

そう、ハープも白鳥と同様に演奏中は足下でバタバタやっているのです(笑)。なんだか火星人みたいですね(※個人の感想です。火星人かどうかは個体差があります)。

さて、読者のハートを鷲づかみにしたところで(笑)ここからが話の本題です。
ハープって楽器は曲中に入れるととっても引き立ちますよね。特に「グリッサンド」と呼ばれる奏法はハープの特徴的な一面を表しています。しかし、このグリッサンドを打ち込むのは少々難易度が高いのです。

やってみましょう。
何も考えずにキーボードでハープのグリッサンドを打ち込むとこんな感じになると思います。まずは「悲しみの調べ」をお聴きください(笑)。演奏が適当なのは許してね~。



これは単純にキーボードをグリッサンドして打ち込んだだけのグリッサンドです。ですからこれを自分の曲にはめてみても何だかしっくりこないのではないかと思います。正しいグリッサンドを入力するにはハープの構造に関する知識が必要になってきます。それを説明している素晴らしいサイトがこちら。

■MIDI でのハープの打ち込み法
http://www.sparerib.jp/tips/arpa/

わかりましたか?
ハープには「ドレミファソラシ」に該当する弦があって(Ces dur)、それぞれの弦を半音上げたり下げたりするための7つのペダルがあると言うことです。そして自分の曲の調に合わせてそれぞれのペダルを調整した前提で、グリッサンドを表現しなければならないってことです。

これを一言で表現すると「めんどくさい」だと思います(笑)。
と言うことで「Cubase で簡単!お手軽ハープのグリッサンド再現方法」をご紹介します。

まずは MIDI トラックを1つ作成して、ふつーにキーボードを使ってグリッサンドを打ち込みます。これはすぐ出来ますね。そして次がポイントです。

HARP_MIDI.png

画面右のインスペクタから「MIDIインサート」を選択し、「MIDI Modifires」をインサートします。そして下から2番目の「スケール」から最適なものを選択します。長調の曲なら「Maj」「スケールなし」あたり、短調なら「ハーモニック/メロディックmin」「エオリアン」あたりでしょうか(私はエオリアン気に入ってます 笑)。そして一番下のスケールノートから自分の曲の調を指定してください(これは頑張って調べてくださいね)。

オーケストラのスコアのように厳密にペダルが規定されている場合はきちんとそれに合わせなければいけませんが、およその雰囲気が出ればいいのであればこの方法で十分な曲もあるでしょう。実際やってみるとなかなかの感じになります。



どうですか、わりといけるでしょ?
と言うわけで、今日は初心者向けハープの簡単打ち込み講座でした。

ちなみに今回使用した音源は、ピアノは Ivory Italian Grand、ハープは EWQL Goliath でした。
それでは!




関連記事
  • Date : 2012-05-09 (Wed)
  • Category : Cubase
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。