カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

183

物理モデリング音源いろいろ(第5回:ブラス音源 Sample Modeling)


物理モデリング音源をシリーズで紹介しています。今日は金色の楽器が大好きな Sample Modeling です。

logo.jpg

現時点でリリースされている楽器はこれだけあります。どうです?金色ばっかりでしょ?(笑) 主にジャズ向けのサウンドに似合うシリーズです。今年6月に French Horn & Tuba がリリースされてジャンルの幅を広げつつあります。今後にも期待が持てそうな音源ですね。

css_horntuba.png css_trombone.png css_trumpet.png
css_mssaxs.png css_saxbrothers.png
■Sample Modeling
http://www.samplemodeling.com/en/index.php
http://www.minet.jp/samplemodeling/

特に気合が入っているのが、そのラインナップ数でもお分かりのサックスです。その最新作であり Sample Modeling の中でも意欲作である Ms. Sax S. のデモ動画がありますので聴いてみましょう。



どうですか?

サックスの特徴は、小音量時のエアーノイズを多く含んだ霞がかかった音と、高音域のやや苦しげで平べったく変形した割れる寸前の音です。特に安い音源でこの高音域を表現しようとすると、ただ平べったいだけいの品のない音になります。Sample Modeling はなかなかの音を出してますね。何も知らされず目を瞑って聴いたらキャンディー・ダルファーかと思っちゃいます(笑)。

swam.png
Sample Modeling Ms. Sax S. は最新の SWAM エンジンを搭載しています。SWAM エンジンの根幹にある設計は、やはり最近主流のハイブリッド方式です。つまり、基本となる音色をサンプリングに求め、モーフィング(音色の変化表現)を物理モデリングに求めるやり方です。

この方式はサンプリング・物理モデリングそれぞれの方式の強みを組み合わせたものであり、極めて合理的な選択だと言えます。恐らく今後の音源の主流方式になるでしょう。しかし実際にこれを人間の感性のレベルにまで昇華させるとなると結構大変でして、楽器に応じた独自のアプローチや高度な演算処理が必要になってきます。

このため最新の Ms. Sax S. では、それまで採用していた Native Instruments の Kontakt プラットフォームを捨て、独自のエンジンを採用しています。私の勝手な音源選びの基準に「Kontakt でないこと」があります。Kontakt は様々な音源で採用されるほど汎用性に富んだ優秀なエンジン&インターフェースですが、音源を突き詰めていくとどうしても制約が出てくるようです。事実、世にある名だたる専用音源で Kontakt を採用しているものはありません。

さて、Sample Modeling は3段階の工程を経て音作りがなされているようです。まず1段階目がサンプリング。プロの奏者を捕まえて無反響室に監禁し、ループ無しのサンプルを高音質で収録します。サイズだいたい 300MB ぐらいのようですね。

そして2段階目がアダプティブ・モデルによる音色の擬似化です。ここでは「ハーモニック・アライメント」と呼ばれる特許取得の独自技術を使って本物の楽器と聴き分けられない程の精度で音色をバーチャル化します。

そして3段階目が MIDI 入力に応じた演奏表現(アーティキュレーション・強弱・ヴィブラート・レガート・ポルタメント・トリルなど)の付加です。ここでも特許やAI(人工知能)を駆使して様々な人間らしい表現を組み立てて行くようですね。おそらく先日紹介した Synful と同じようにスライスされた断片フレーズを加工してリアルタイムにつなぎあわせていくような処理が行われているのではと想像します。

----

そして、私のお勧めしたい使い方!(いつの間にかオススメになっちゃった 汗)EWI とのコラボレーションです。ご多分に漏れず Sample Modeling でもやってらっしゃる方が色々おられますね。紹介してみましょう。





2つ目はトランペットの演奏サンプルですが、最初一発目で外したところが生々しくて好きです(笑)。皆さんもいかがでしょうか。

日本代理店は、マニアックな製品でお馴染みの Media Integration です。価格はなんと!安い!!! 15,750円。えっ、ホントに!? 私はてっきり3~4万円はすると思ってました。ダウンロード販売ですから送料がかかりませんので、オンラインでユーロ建てで買えば更に安いです。注文フォームも日本語対応しているので難しいことは一切なし。ただ、やはり取説類は期待できそうにないので、そう言う方は Media Integration での購入がいいでしょう。

French Horn & TubaEUR 149
The TrumpetEUR 149
The TromboneEUR 149
Ms. Sax S.EUR 119
Mr. Sax T. EUR 119
The Trumpet + The Trombone (Bundle)EUR 269
The Trumpet + Mr. Sax T. (Bundle)EUR 241
Mr. Sax B. & A. (alto & baritone sax)EUR 149
The Sax Brothers (alto, tenor & baritone sax)EUR 239

久しぶりにキャンディー聴こうっと!




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。