カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

  1. まっとめBLOG速報

    2012-11-13 (Tue) 08:38

    こんにちは。 VariAudio シリーズに続きまして、今回からは音源を紹介していきたいと思います。まずはじめ

Trackback URL

206

高機能バーチャルサンプラー HALion 4


こんにちは。
VariAudio シリーズに続きまして、今回からは音源を紹介していきたいと思います。まずはじめは、私が最もお勧めしたい音源「HALion 4」を紹介します。

HALion4

HALion 4 はとどのつまり総合音源のジャンルに分類されるのですが、肩書きは「バーチャルサンプラー」となっています。このサンプラーって言葉なんですが、その昔、ハードサンプラーって機材がありまして、、、とか説明しようと思ったらここに素敵な動画がありましたので、HALion 4 の機能紹介も兼ねてこちらを見て頂いた方がいいでしょう(笑)。



HALion 4 と HALion Sonic の違いなんですが、HALion 4 は HALion Sonic の上位ソフトになります。ですから HALion Sonic に含まれる音色・エフェクト・機能は全て HALion 4 に搭載されています。もちろん HALion Sonic SE の音色も搭載されています。

SoundSource.png

私の環境で確認すると、画像のように HALion Sonic の音色数が 1335、Sonic SE の音色数が 1067、そして HALion 4 の音色数が 270 の合計 2672 音色です。これ以上どんな音色が必要だというのでしょうか?(笑) 音色面で見ると、HALion 4 と HALion Sonic は 270 音色しか違いませんから、HALion 4 に搭載された高度な機能があまり必要ない方は HALion Sonic を選択するのも良いでしょう。ちなみに追加の 270 音色は画像のようにさまざまなカテゴリに満遍なく散らばっていて、何かの音色に特化している訳ではありません。

SoundSource2.png

さて、HALion 4 と HALion Sonic の違いはたくさんあるわけですが、その中で最も素晴らしいのが画面のカスタマイズ性能です。今までプラグイン音源で画面のサイズを自由に変更できるものがあったでしょうか? 画面サイズを自由に変更できるだけでなく、表示内容を自由に変えられたり、一部だけ別画面に取り出したり、タブ化できたり。ちょっと無茶苦茶やってみた画面がこれ。どうですか?(笑)大きすぎるって? まぁ、楽しくカスタマイズできるのはありがたいですね。今後の課題としては画面サイズを変更する際には随時表示内容をリアルタイム更新するのではなく、Windows の最適化のように枠だけを表示するようにして高速化するなどでしょうか。

UI.png

そして、次に素晴らしいのがその操作性とスピード。ほとんど待たされ感ありません。ボタンをクリックすればキビキビ変わります。音色のロードも1秒以内(音源データは SSD に格納しています)。音色選択も最初は少し戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れますし、慣れてしまうと選択しやすいですね。音色検索機能もきちんと備えています。とても完成度の高い音源です。ちなみに HALion Sonic も音色検索はなかなかです(Sonic SE はダメ)。

ではでは、今日は概略の紹介ですので、簡単にどんな音がするか出してみましょうか。HALion 4 を起動するとウィンドウの左下にトリガーパッドと呼ばれる8つのボタンが見つかります。図のように青色になっている場合は音が出ます。最初から何か出るようになっているんですね。ちょっと押してみましょう!

Trigger.png



こんな感じの音が最初から出ます。音圧上げとかもまったくやってません。これが HALion 4 クオリティです。音色の細かな紹介は別の機会に譲るとして、これぐらいの音質のデータが標準的に搭載されています。中でもシンセティックな音色はそのモダンな音色傾向と相まって HALion 4 の得意とするところではないでしょうか。

次回からはもう少し掘り下げて見ていきましょう!




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
1

Trackback

  1. まっとめBLOG速報

    2012-11-13 (Tue) 08:38

    こんにちは。 VariAudio シリーズに続きまして、今回からは音源を紹介していきたいと思います。まずはじめ

Trackback URL

カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。