カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

23

Cubase 6 その4



Cubase 6 音源編です。
前回のブログはこちらから。

Cubase5 の最大の弱点、それは搭載音源が貧弱なことでした。
Cubase5 と Sonar8.5 を比較したときに明らかに見劣りするため、Sonar を選んだ方も多かったのではないかと思います。
私も悩みました。

今だから言えるのですが、音源は所詮後から足していくものであって、付属の音源では限界があるってことです。
でも初めての方は、Cubase や Sonar を買えばなんでもできるような幻想に捕らわれてしまうんですよね。
それなりに真面目に音楽作ろうと思ったら DTM/DAW ソフト買うよりはるかに多くの金額を音源に投資することになります。

さて、所詮付属音源と言ってしまったのですが、今回の Cubase 6 はちょっと様子が違っていて、音源関連で大きく3点の強化がなされています。

その1つが HALion Sonic SE の搭載。
ご存知の通り、HALion Sonic は Steinberg が総合(マルチ)音源としてついこの間リリースした音源です。
1,200 以上のインストゥルメント音色が搭載されており、お手軽総合音源としては十分な量と質だと思います(もちろん専用音源と比べてはいけませんが、、、)。

03615be7bb HALion_Sonic


【デモソング】 http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic

(小声でつぶやき)ここのサウンドデモは耳を疑うほど酷いです! けど、HALion Sonic 自体はそんなに悪くないんだよ~。早くデモなんとかしろよ!

この HALion Sonic の SE 版が長きに渡って Cubase の付属音源として搭載されてきた HALion One に代わって Cubase 6 に搭載されます。SE なので Sonic よりインスツルメント数は少なく 900 程度のようですが、それでも十分ですよね。

HSO_VSIS


次に、これが目玉なんですが、Cubase 6 には HALion Symphonic Orchestra の60日体験版が付いてきます。 これってその名の通りオーケストラ音源なんですけど、オーケストラ音源って普通に買ったら幾らぐらいするか知ってますか? EastWest の QL Symphonic Orchestra がエディションにもよるけど10万ぐらい、VIENNA なんか全部合わせたら100万ぐらいするよ。

それが、Cubase 6 を購入した方なら多分1万ちょっとで体験版の制限を解除して使えるようになる。
自分は今 Cubase5 の HALion Symphonic Orchestra 使ってるけど、普通に使う分には十分すぎます。ベロシティレイヤ数やアーティキュレーションの豊富さ、粒立ちの統一感などは市販の音源に一歩譲りますが、コストパフォーマンスは十分です。うまくやればそれっぽいオーケストラだって作れちゃいます。
だってコレ、専用音源だもん。ちょっと作ってみたので聴いてみます?こちらから

冗談抜きでオススメです!自分、これにかなりお世話になってます。
注意点として、HALion Symphonic Orchestra は 16bit 版と 24bit 版があるんですが、入手できるのは 16bit 版の方です。

それにしても Cubase5 のヤツからずいぶんデザイン変わったね。
まぁアップデート出来るらしいけど、あの読みづらいフォントとかリストの選びにくさは改善されたのだろうか? それだけが心配だよ。。。あ、あとキーボード画面どこ行った?

最後に、ギタリストのための VST Amp Rack。
バーチャルギターアンプ/エフェクトセットで、コンボリューションテクノロジーにより本物と同じエフェクトをギターサウンドに付与できる。ギターだけじゃなく、ボーカルやドラムに当ててみても面白そうですよね。

diamond_copy plexi_copy
deluxe_copy T3-Insane_tones2


ところで良質のギターサウンドそのものはどっから手に入れるの?HALion Sonic?そこが心配。
あっ、そっか!生音録音したヤツをこれに通せってことね!りょうか=い!

次は Cubase 6 の総集編で締めくくりたいと思います。
こちらからどうぞ。





関連記事
  • Date : 2011-01-21 (Fri)
  • Category : Cubase
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。