カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-02-22 (Tue) 19:33

    ㈲pei さん、コメントありがとう。

    なるほど。やっぱりコードから曲を造る方は多いんですね。
    私も昔はメロディーを最初に造っていたのですが、神が降臨した例がなく才能の無を感じたりしました。
    コードのような何か拠り所があったほうが造り易いですよね。

    私はまだ「リズムから」って言うのがよくわかってないんですが、最近流行りのループ素材のようなものを利用するってことなんですかね?ドラムが叩くリズムを聴いてメロディーが浮かんでくる自信がないです。。。
    ㈲pei さんも試行錯誤してるんですね。

    今後ともよろしく!
  2. ㈲pei

    ㈲pei

    2011-02-22 (Tue) 03:28

    僕はメロディーのセンスだとか芸術的な感性を持ち合わせていないらしく(笑)メロディーから曲を作り始めることはまず有り得ないです。少し前は完全にコードから曲を作っていました。商用に音楽を作る仕事をしている人はこのパターンが割と多い様です。

    最近はメロディーやコード感を前面に押し出すような曲をあまり作っていないので、リズムから作ることが多いです。変なことばっかやってるので、友達に頭がおかしくなったと思われて心配されています(笑)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

41

作曲ってどうやってますか?



皆さんは曲を造るとき(作曲)どうやっていますか?
今日は私の作曲の流れをご紹介して、皆さんからアドバイスを貰えたらと思います。

トロイメライ


まず、曲を作るためには何か拠り所が必要ですよね。そもそも何のために曲を造るか?友達の結婚式のため・彼女と別れた辛さを・ゲームの戦闘音楽・学校の課題、etc... どんな場合でも曲の題材は最初に決めた方がいいですよね。

題材が決まると曲調が見えてきます。
すなわち、バラード・ロック・クラシックと言った大きなテーマから、楽しい曲・悲しい曲・壮大な曲・リズムやハーモニーを聴かせる曲と言った雰囲気が見えてくるので、その曲のテンポや調(長調・短調)なんかも決まってきます。

ここで曲の流れ(メロディー)はどうしましょうか?
メロディーがないと音楽が寂しいです。よくクラシックでそう言うのありますよね。リズムもメロディーもよく分からずゴチャゴチャと音の塊が流れていくヤツ。まぁ、あれはあれで高尚な音楽理論に基づいているんでしょうけど、私にはオーバースペック、さっぱりです。

さて、私の場合、メロディーはちょっとだけ蓄えがあります。
メロディーを思いついたら鼻歌録音・スコアに手書きで落とす・Cubase に雑に入れる、とかしているんですが、思いつくのは大抵、お風呂・寝てる時のようないわゆるアルファー波が出ている時なので、タイミングをミスすることがシバシバ。
皆さんこのへんどうですか?朝起きたら綺麗に忘れてますよね(笑)。とにかくメロディーは一期一会なので大事にしないとすごく損した気分になります。

メロディーに蓄えのない場合はどうすればいいでしょうか?
そんなとき、私はコード進行を利用しています。曲の雰囲気に合わせたコード進行を先に造ってしまって、それに合うメロディーを考える。コード進行を聴いただけでメロディーが鼻歌で出てくる場合もあり、結構楽にメロディーをイメージできます(まぁ決まって似たようなメロディーですが、、、)。

先日こんな本を買いました。「コード進行 スタイル・ブック」。この本、主にポップスのいろんなコード進行を集めて音楽技法別に解説を加えながら紹介しているもので、その数116コード進行。簡単な「C→F→G→C」のようなものから涙が誘えるセカンダリードミナントまで色々なパターンがあります。結構便利です。他にも数冊買ったんですが、これが一番役立ってますね。

CodeStyleBook NewStyleBook.jpg GuitarStyleBook.jpg


私はこのコード表を全て Cubase に打ち込んで、いつでも聴けるようにしています。
打ち込みはコードを知っていれば2時間もあればできるので、そんなに大変ではなかったように思いますが、この本に MIDI データが付いていれば最高でしたね。
Am△7(onG#) とか言われてもどのキーを叩いたらいいかわかんないですよね(笑)。

よく「いろんな曲を造ってもなんかおんなじ曲のイメージになっちゃんだよな」ってな人が私も含めてプロ・アマ問わずいると思うのですが、コード進行を使えばそういった問題からもある程度開放されるように思います。
たまにはコード進行を最初に決めて曲を造ってみるのも面白いかもしれませんね。

と言う事で、今日はそのコード進行の中から一部を抜粋してみましたので参考にしてみてください。
音色は HALionOne から StereoSt2、これに付属のリバーブ RoomWorks を少しかけているだけです(少し音が大きいかもしれませんので注意です)。
ヒマを見つけて何かメロディーラインでも作ってみようかな(後日記:実際にやってみました。興味がありましたらこちらから)。



最後に、どこかのホームページで、「メロディーのモチーフはそれを曲にしてくれる人のところに流れていくって」書いてありました。
メロディーを思いついたら今それを曲にできなくても大切に持っておいて、いつか曲にしてあげましょう。


関連記事
  • Date : 2011-02-21 (Mon)
  • Category : 作曲
2

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-02-22 (Tue) 19:33

    ㈲pei さん、コメントありがとう。

    なるほど。やっぱりコードから曲を造る方は多いんですね。
    私も昔はメロディーを最初に造っていたのですが、神が降臨した例がなく才能の無を感じたりしました。
    コードのような何か拠り所があったほうが造り易いですよね。

    私はまだ「リズムから」って言うのがよくわかってないんですが、最近流行りのループ素材のようなものを利用するってことなんですかね?ドラムが叩くリズムを聴いてメロディーが浮かんでくる自信がないです。。。
    ㈲pei さんも試行錯誤してるんですね。

    今後ともよろしく!
  2. ㈲pei

    ㈲pei

    2011-02-22 (Tue) 03:28

    僕はメロディーのセンスだとか芸術的な感性を持ち合わせていないらしく(笑)メロディーから曲を作り始めることはまず有り得ないです。少し前は完全にコードから曲を作っていました。商用に音楽を作る仕事をしている人はこのパターンが割と多い様です。

    最近はメロディーやコード感を前面に押し出すような曲をあまり作っていないので、リズムから作ることが多いです。変なことばっかやってるので、友達に頭がおかしくなったと思われて心配されています(笑)

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。