カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-12-27 (Tue) 22:39

    Gunners さん、お返事ありがとうございます。
    はい、頑張ります!
  2. Gunners

    Gunners

    2011-12-27 (Tue) 20:23

    お返事ありがとうございます。説得力ある説明でここまでわかりやすく楽しいDAWのブログはないと思います。応援してます!
  3. 動物使い

    動物使い

    2011-12-27 (Tue) 00:14

    Gunners さん、こんばんは。
    コメント&情報ありがとうございます。

    うわ~、新しいの出ちゃったんですね。腹立つニュースですね~(笑)。近日中に新しい本へもリンクを張るようにしておきます。ブログの方はこの12月で1周年を迎えます。Gunners さんのように遊びに来てくれる方に支えられて楽しく続けられています。これからも頑張っていきますので応援よろしくお願いしますね!
  4. Gunners

    Gunners

    2011-12-26 (Mon) 23:29

    最近動物使いさんのサイトを見つけて、熱心に読ませていただいています。その中でこの作曲について出てきました「コード進行 スタイル・ブック」(2001/7/27)を購入しようと思ってアマゾンで検索したら、同じ著者の「決定版 コード進行スタイル・ブック」が2011/12/22に発売されたのを発見しましたので情報までにご連絡します。。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

43

作曲ってどうやってますか?(実践編)


前回、作曲の方法としてコードからメロディを造るお話を紹介しました(こちら)。
で、まぁ、せっかくだからホントに造れるよ!、ってところを実践してみたいと思います。

まず、モチーフとなるコード進行を選択するわけですが、前回この便利なお役立ち本を紹介させて頂きました。
これ以外にも私が追加した進行も少しだけ含まれているんですが、今日はこの中からランダムに1つ選択して短い曲を造ってみたいと思います。

CodeStyleBook NewStyleBook.jpg GuitarStyleBook.jpg

早速選びました。
前回綴ったとおり、私はこの本のコード進行を Cubase に保存してありますので、Cubase 立ち上げて目を瞑って再生位置をランダムな位置にセット。でもって再生されたコード進行を採用する。はっきり言ってギャンブルです。よい子の皆さんはやめましょう。
で、選ばれたのが、コレ。。。



よりによってこんな単純な、、、くら~い、、、2コード進行だけの、、、orz
絶句。

まぁ、仕方ない。
今までなかった自分が目覚めるかもしれないし、やってみましょうか。1日がかりで造りました。

私は基本的にバラード系の曲が好みなんですが、このコード進行でバラードはないと思い、試行錯誤した結果できた曲がこれ。短いので曲というかループ素材みたいな感じになりました。これ、何て言うジャンルの曲なんでしょうか。ロック?ヘビメタ? 多分ロックだよね。ロック初めてです(汗)。エレキのメロディーなんか初めて考えました。

さて、ひと通り言い訳を綴ったので、聴いてみてください。広い心で、ね!

(音量が大きいです。爆音です! 聴く前に音量を抑え目にしてください!)


テンポを変えたり、コードの切り替わりのタイミングを変えたり、1拍音を止めてみたり、ギターのエフェクトをもっと派手に効かせてみたり、色々と変化をつけてもっと楽しくできそうですが、今回は実験ということでこのへんでやめておきます。ギタリストの友人からはエレキは NG が出ました(笑)。

造ってみて思ったのは、やはりコードが先にあるとメロディーは出てきやすいってこと。 それにメロディーが出てくると、それに合うリズムも自然とイメージが出来てくるってこと。
さらに、普段思いつかないようなメロディーやリズムが出てくるってのもあるのかな(それが求めていたものと一致するかは別として)。

コードが先にある作曲法は私に向いているかもしれません。

まぁ、今回はぜんぜん求めていないものが出来たという失敗例でした。。。おそまつ。

追記:2011.12.07
■INTO THE DEEP SEA(動物使い作)
 こちらもコード進行から作成したオリジナル曲になります。是非聴いてみてください。
 曲の作成過程を綴ったブログはこちらから。
IntoTheDeepSea.jpg
http://musictrack.jp/musics/43171


関連記事
  • Date : 2011-02-26 (Sat)
  • Category : 作曲
4

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-12-27 (Tue) 22:39

    Gunners さん、お返事ありがとうございます。
    はい、頑張ります!
  2. Gunners

    Gunners

    2011-12-27 (Tue) 20:23

    お返事ありがとうございます。説得力ある説明でここまでわかりやすく楽しいDAWのブログはないと思います。応援してます!
  3. 動物使い

    動物使い

    2011-12-27 (Tue) 00:14

    Gunners さん、こんばんは。
    コメント&情報ありがとうございます。

    うわ~、新しいの出ちゃったんですね。腹立つニュースですね~(笑)。近日中に新しい本へもリンクを張るようにしておきます。ブログの方はこの12月で1周年を迎えます。Gunners さんのように遊びに来てくれる方に支えられて楽しく続けられています。これからも頑張っていきますので応援よろしくお願いしますね!
  4. Gunners

    Gunners

    2011-12-26 (Mon) 23:29

    最近動物使いさんのサイトを見つけて、熱心に読ませていただいています。その中でこの作曲について出てきました「コード進行 スタイル・ブック」(2001/7/27)を購入しようと思ってアマゾンで検索したら、同じ著者の「決定版 コード進行スタイル・ブック」が2011/12/22に発売されたのを発見しましたので情報までにご連絡します。。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。