カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

45

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(第6回)



このテーマ、すでに第6回を迎えているのですが、FC2 サーバにアップできるデータサイズの関係でなかなか前に進めていません。そこで、本日からは巻いて進めていきたいと思います。お話が見えない方はお手数ですが、こちらからお読みください。

前回、イングリッシュホルンのソロが終わりまして(こちらから)いよいよ次はフルートの音を聴いて頂けます。実際に打ち込んでみて、なかなかいい音で気に入っています。

flute

さて、その前にまず今日は皆さんに告白しなければならないことがあります(「好きです」って言うわけじゃないですよ)。第1回の時に耳コピで作成していると書きましたが、確かに耳コピでやっていたんですが、えっと、その、あのー、何ていうか、体力の限界というか、だんだん分からなくなってきたというか、そのー、、、スコア、買いました。orz
最後まで耳コピで行ければ凄かったんでしょうけど、ここでドーピング宣言です。

dovrak

閑話休題。

今日紹介する部分は、第1回で聴いて頂いたイントロ部分の再現部です。第1回では金管を主体とするイントロでしたが、今回は木管楽器主体でまた印象が異なります。



全体をお聞きになりたい場合はこちらをご用意しました(今できているところまで)。
loda.jp って音量大きくすると音が割れてしまいますね。音量を大きくしたい場合は皆さんのスピーカーの音を大きくしてみてください。
http://musictrack.jp/musics/38724
http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#

(2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。
atsuhime
■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ
http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html

まずクラリネットとファゴットのアンサンブルから入るのですが、この2つの楽器が同じメロディーを2回演奏します。このときの音量を CC11(Expression) で変更しているのですが、音量の大きな1回目と小さな2回目でクラリネットの音色が異なっていることが分かりますか?単純に音量を下げた場合と比べて表現性がアップしていると思います。このあたりを表現できるところが HSO の素晴らしいところです。

その後、チェロが低音から盛り上がってきまして1つのフレーズの中でフルートと入れ替わります。ここの切り替わりの部分も聴いて頂きたいポイントの1つです。スムーズな入れ替わりに聴こえるでしょうか?

そしてお待ちかねのフルートです。正確にはフルート・オーボエ・クラリネット・ファゴットの4つがいるのですが、いろんな音を聴いて頂きたいのでフルートを主役にしてみました。各楽器はビブラートも収録されていますので、打ち込みは棒線一本引っ張るだけで自然なビブラートをかけてくれます。分かりにくいですが、フルートも後半のクレッシェンド部で音色が変化していっています(エアー音が増してくるのが聴こえます)。

最後に金管が加わって、最初のイントロの再現が完了します。

余談ですが、私は HSO のトランペットの音が嫌いです。恐らく唯一トランペットが嫌いだと思います。 他の楽器に比べてチューニングが低い気がするし、他の楽器との混ざりがあまりよくないような気がします。

このテーマに取り組むことで HSO の色々な楽器に触れることが出来、普段気付かないような発見や、また収録の粗さなどに気が付けて面白いです。 曲はこれで 1/5 程度紹介できた事になります。まだまだですが、ダレないように次回からも巻いていきますね!

次回はストリングアンサンブルです。綺麗に聴かせるためのちょっとした技がありますのでお楽しみに!
こちらから!



関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。