カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-04-09 (Sat) 21:40

    やまねさん、こんばんは。
    C6 楽しそうですね!

    エフェクト類は期待外れでしたか。。。市販の専用音源を使われている方にとっては物足りないのかもしれませんね。私も使ってみて判断したいと思います。まぁ付属のエフェクトですから過大な期待をするのも酷なことだと思います(^^)。

    今月は音源ネタを頑張りたいのですが Windows の入れ替えでなかなか作業が前に進んでません。今日やっと Windows7 がインストールできてネットに繋がったところです。やっぱり SSD は速いですね。インストールの様子でも綴ってみようかな。

    さて、音源ネタも頑張っていきますが、過大な期待をすると同じ目に遭うかもしれませんよ。なんてったって弱小ブログですからね。それでは!

    P.S
    C6 って C5 からそんなに操作性が変わってる訳ではないと思ってるんですけど、解説イベントって何か新しい発見がありそうですかね?
  2. やまね

    やまね

    2011-04-08 (Fri) 22:58

    動物つかいさん
    こんばんわん

    今日C6のマスターガイドDVDが
    来たんで さっそくインプレ
    と言ってもDVDのインプレじゃなく
    今日のテーマが音源なんで
    DVDを見ながら新しく搭載された
    ギターアンプ・エフェクターについて
    テストを兼ねていじってみました

    自分はギターの場合はロック系なんで
    ODやハードな音を好むので
    その立場で素直な意見?を

    今回のギター関係のエフェクトに
    期待してたんですが 
    ちょっと期待が外れました
    と言うのはアンプの音質の差が小ささを感じだとか
    エフェクターの組み合わせ設定が
    いい音を作るには面倒なので
    比べるのもなんなんですが
    いつも自分が使ってるLine6の
    ソフト音源の方が全然いいと思いました

    結局C6は吊るしの段階で高いレベルを
    こなしますがその上を求めるなら
    アフター物の音源!なのでしょうね~

    と言うわけで
    動物使いさんの今後の音源レポ
    全国民を代表して期待してま~す^^

    PS 
    C6の解説イベントを現在やってますが動物使いさんは遊びに行ったりはしないんですか?

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

61

世の中の総合(マルチ)音源



今月は音源ネタを充実させたいと計画しています。と言うことで、まずはネタ数の少ない総合(マルチ)音源についてシリーズで考えてみたいと思います。

総合音源とは DTM でよく使用される音源を1つのパッケージに集めた音源のことを指します。専用音源がある音色ジャンルに特化して深く対応するのに対し、総合音源は広く浅く多くの音色をサポートすることに主眼が置かれています。

たくさんの音色があればそれだけ作れる楽曲に幅ができるわけで、「多くの音色をサポートする、なるべく音質のよい総合音源を、安く手に入れたい」と言うのが我々の本音ですよね。つまり総合音源に求められるのは、

 ・音の種類の豊富さ
 ・音源の質
 ・値段

この3点だと思います。

その他にも使いやすさだとか動作が軽いとかありますが、上記に比べれば副次的な内容だと思いますので今回は割愛するとして、今日は世の中に存在する総合音源と思しきものをこの3点に注目して分析してみたいと思います。

まず、総合音源はたくさんの音色をサポートしなければなりませんが、我々の身の回りにはどれだけのジャンルの楽器が存在するんでしょうか?ざっと並べてみました。結構ありますね(他にもあったら教えてください)。これらを全て網羅した音源となると大変そうです。

 ・ピアノ系
 ・アコースティックギター系
 ・エレキギター系
 ・ベース系
 ・ドラム/パーカッション系
 ・ストリング系
 ・木管(ウィンズ)系
 ・金管(ブラス)系
 ・ハーモニカ系
 ・ハープ系
 ・サックス系
 ・クワイヤ(ヴォイス・コーラス)系
 ・エスニック系
 ・シンセ(リード・パッド含む)系
 ・オルガン系
 ・効果音系

次に、世の中にはどのような総合音源があるのでしょうか?有名どころをピックアップしてみました。

■HALion One(Cubase4/5/6 付属)
HALionOne
 http://japan.steinberg.net/jp/products/legacy_products/cubase_essential_4/658/667.html

■HALion Sonic(Cubase 6 付属)
HALionSonic
 http://japan.steinberg.net/jp/products/vst_instruments/halion_sonic

■D-Pro(Sonar 付属)
D-Pro
 http://www.roland.co.jp/products/jp/Cakewalk_D-PRO/

■Sample Tank2(IK Multimedia)
SampleTank2
 http://www.minet.jp/ikmultimedia/sampletank

■Independence Pro 3.0(Yellow Tools)
IndependencePro3
 http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=34170

■Quantum Leap Goliath(East West)
Goliath
 http://www.h-resolution.com/EastWest/goliath.html

■Complete Composers Collection(East West)
CCC
 http://www.h-resolution.com/EastWest/Complete.html

■KONTAKT4(Native Instruments)
KONTAKT4
 http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/kontakt-4/

■KOMPLETE7(Native Instruments)
KOMPLETE7
 http://www.native-instruments.com/#/jp/products/producer/komplete-7/

■VI ONE(VIR2)
VIOne
 http://www.crypton.co.jp/mp/do/prod?id=29020


結構ありますね。
コレ以外にもありますが、それなりに代表的なものを集めたかと思います。

さて、それぞれの音源について搭載音色のジャンル、音色数、サイズ、実勢価格などをまとめてみました。ジャンルについてはひと通りサポートしているものも多いですが、音色数、サイズ、価格などは結構な開きがあります。

MSS

最近は総合音源の世界も競争が激化していまして、各音源とも結構リッチな Free 版を提供したりして、購入しなくてもある程度製品の情報を知ることができるようになっています。

この中には私の持っている音源もありますので、それぞれの音源について Free 版を含めて実際に使ってみた感想を交えながら、①音の種類の豊富さ、②音源の質、③値段についてコメントしてみたいと思います。

ただし、このブログに記載する情報は全て私の独自調査と主観に基づくものです。万が一何らかの被害が発生しても当方は責任を持てませんので、その点はご理解くださいね。

書けたものからアップしていきま~す。

【目次(予定)】

 第1回:HALion One
 第2回:HALion Sonic / Sonic SE
 第3回:D-Pro
 第4回:Sample Tank2 XL
 第5回:Independence Pro 3.0
 第6回:QL Goliath
 第7回:Complete Composers Collection
 第8回:KONTAKT4
 第9回:KOMPLETE7
 第10回:VI ONE
 第11回:目的別、総合音源の選び方
 第12回:究極の総合音源

それでは。




関連記事
2

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-04-09 (Sat) 21:40

    やまねさん、こんばんは。
    C6 楽しそうですね!

    エフェクト類は期待外れでしたか。。。市販の専用音源を使われている方にとっては物足りないのかもしれませんね。私も使ってみて判断したいと思います。まぁ付属のエフェクトですから過大な期待をするのも酷なことだと思います(^^)。

    今月は音源ネタを頑張りたいのですが Windows の入れ替えでなかなか作業が前に進んでません。今日やっと Windows7 がインストールできてネットに繋がったところです。やっぱり SSD は速いですね。インストールの様子でも綴ってみようかな。

    さて、音源ネタも頑張っていきますが、過大な期待をすると同じ目に遭うかもしれませんよ。なんてったって弱小ブログですからね。それでは!

    P.S
    C6 って C5 からそんなに操作性が変わってる訳ではないと思ってるんですけど、解説イベントって何か新しい発見がありそうですかね?
  2. やまね

    やまね

    2011-04-08 (Fri) 22:58

    動物つかいさん
    こんばんわん

    今日C6のマスターガイドDVDが
    来たんで さっそくインプレ
    と言ってもDVDのインプレじゃなく
    今日のテーマが音源なんで
    DVDを見ながら新しく搭載された
    ギターアンプ・エフェクターについて
    テストを兼ねていじってみました

    自分はギターの場合はロック系なんで
    ODやハードな音を好むので
    その立場で素直な意見?を

    今回のギター関係のエフェクトに
    期待してたんですが 
    ちょっと期待が外れました
    と言うのはアンプの音質の差が小ささを感じだとか
    エフェクターの組み合わせ設定が
    いい音を作るには面倒なので
    比べるのもなんなんですが
    いつも自分が使ってるLine6の
    ソフト音源の方が全然いいと思いました

    結局C6は吊るしの段階で高いレベルを
    こなしますがその上を求めるなら
    アフター物の音源!なのでしょうね~

    と言うわけで
    動物使いさんの今後の音源レポ
    全国民を代表して期待してま~す^^

    PS 
    C6の解説イベントを現在やってますが動物使いさんは遊びに行ったりはしないんですか?

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。