カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-07-10 (Sun) 14:08

    マイボさん、ご無沙汰しておりました。
    仕事の関係で DTM から遠ざかっていましたが再開したいと思います。それにしても大分前に頂いたコメントへの返信となってしまい申し訳ないです。

    さて、中間部のフルートとオーボエは一番気に入っている部分なので気合を入れて打ち込んだのを覚えています。EQ は特段触っていませんが、演奏者が体を乗り出して演奏するシーンをイメージしたりしながら Main Volume と CC11 を駆使しています。この曲の中で最も生っぽい部分だと思います。

    その後、マイボさんの高級音源の調子は如何ですか?使い方にも慣れましたでしょうか。またブログにも遊びに行きますね。それでは!
  2. マイボ

    マイボ

    2011-06-15 (Wed) 00:12

    確かに中間部のフルート&オーボエの音は秀逸だと思います。やわらかく、そして同時に掠れた表情もでていて曲想にもあっていますね。これはEQかなにかで、音作りをされたんですか?

    あと、ソロヴァイオリンの音が利いているあたりの静かなメロディもいいですね。とても繊細な感じ。HSOの微弱音に不満を持っておられるようですが、アラを探すような聴き方をしなければ、全体としてとてもいい感じの打ち込みに仕上がっていると思いましたよ。ブラボー!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

82

HALion Symphonic Orchestra はどこまで出来るのか?(最終回)


こんにちは。

HSO はどこまでできるのか?とうとう最終回です。2月から始めたこの企画ですが、6月まで約5ヶ月もかかってしまいました。初めて HSO を使うにあたり、使い方の勉強と本当にこれでそれらしいオーケストレーションが組めるのかと言う半信半疑な動機でしたが、今思うとやってみてよかったなと思います。

だいぶオタク的な要素が強くなってしまったのが気がかりではありましたが、15回まで聴いて頂いた方、本当にありがとうございました。くどい企画だと思われた方、大変すみませんでした(笑)。

この曲はハッピーエンドでして、暖かい表情に包まれて終わります。楽器はヴァイオリン群、ファゴット、クラリネット、オーボエ、ホルン、トロンボーン、チューバなど暖色系の楽器を柔らかく使ってこの曲の主題を暖かい温度感と共に描いていきます。そしてヴァイオリンがゆっくりと頂点まで登っていくのを聴き遂げて、最後のコントラバスがジワ~っと、締めくくるんですね。私、この最後大好きです。最後まで聴いてよかった~って思います。そんな雰囲気に聴こえたら成功です。


最終回まで聴いて頂いた方へのささやかな感謝の気持ちを込めて、全曲をこのブログの中で聴けるようにしてみました。10分を超える曲ですがよろしければお聴きください。ただしノイズが酷いので出来ればこちらから聴いて頂きたいです(SoundCloud 最悪です)。

http://musictrack.jp/musics/38724
http://loda.jp/ongakuhiroba/?id=9#

聴いて頂く際には各楽器の音色や強弱表情の再現、空気感、温度感、スピード感、空間表現、人間臭さなど、本物のオーケストラの印象と HSO がどのように異なるか、またどこまで再現できているかなどに耳を傾けて頂くと面白いと思います。あえてメロディー以外を聴くと発見があるかもしれません。また、少し音量を大きめにして聴いて頂くと細部が聴こえて良いと思います。

Largo by ongakuhiroba

LargoProgress
ドヴォルザーク打ち込みの様子

以下、本物のオーケストラ(クラシック)を1曲仕上げた動物使いの HSO の率直な評価をまとめてみます。

Q1.HSO はオーケストラ音源として使えるか?
A1.確実に使えます。

今までいろいろな音源で簡単なオーケストレーションを組んでみて、音を重ねれば重ねるほど求めているオーケストレーションからかけ離れていく悲しさを経験してきましたが、HSO は各楽器をパート通りに入力してオーケストレーションを組むと言う正統な方法で成功した初めての音源でした。これは各楽器の音色が本物の音色であるからこそ実現できることです。

Q2.HSO の良いとことは何か?
A2.まずはコストパフォーマンス。

Cubase ユーザなら 12,500円で製品版のライセンスを購入可能ですから、是非自身の音源レパートリーに加えるべきだと思います。Cubase 6 の購入を検討されている方は +12,500円をあらかじめ計算に入れて計画したほうが良いと思います。

それから VST Expression。ダイナミクスを CC11 でコントロール可能にする機能ですが、これは秀逸だと思います。クレッシェンドの角度、ディミニエンドの微細な表現など簡単に調整できます。

音質もまずまず。16bit 版ですから物理的にはそれほど良いとは言えませんが、聴覚上から間違いなくその楽器の音色に聴こえます。○○の音みたいではなく、○○の音がします。音によってはイスが軋む音やブレスの音が入っているものもあります(録音時に混入したもの)。

Q3.HSO のダメなとことは何か?
A3.いろいろあります。

   ・微弱音の再現では空気音が後から再生され極めて不自然(アルゴリズム改善求む)
   ・音色によってはレイヤー間のつながりが不自然で急に音量が大きくなる
    音色によってはレイヤー間のつながりが不自然で急に音質が変わる
   ・音色によっては音の入りが遅れて収録されているものがある
   ・音色によっては音程がずれているものがある
   ・音色が選びづらい(Cubase 5 のみの問題)
   ・ハープがない(ある意味致命傷)

Q4.HSO で気に入った楽器(音色)は?
A4.フルート(レガート)、ヴァイオリン(ソロ)、チェロ(トレモロ)、ホルン

フルートの音量が大きくなっていくに連れて増えていく空気感が好きです。上で聴いて頂いた曲の中盤ぐらいにある短調に変わった最初のフレーズ(ホルンの後)を音量を大きくして聴いてみて下さい。オーボエの裏からフルートの空気感膨らんでメロディーにスリルを与えているのが良く分かります。ヴァイオリンのソロは艶が好きです。チェロのトレモロはあのガサガサ感がリアルでいいと思います。ホルンもいいですが、もう少し音に膨らみがあって男性っぽいと良いと思いました(ホルンはその昔、狩りに使われていたことから男性を象徴する楽器ですので)。

Q5.HSO で気に入らない楽器(音色)は?
A5.トランペット(全部)、コントラバス(ピチカート)、イングリッシュホルン

トランペットは HSO の楽器群で異色に感じます。溶けません。アーティキュレーション搭載の選択も意図が明確に読み取れません。パンも右すぎる。コントラバスのピチカートは音の入りのタイミングが滅茶苦茶です。イングリッシュホルンはレイヤー間のつながりが雑すぎる。

Q6.EWQLSO や VIENNA など別のオーケストラ音源は必要か?
A6.用途によると思います。

BGM オーケストラとして流す分には全く問題ありません。今回の企画のようにオーケストレーションを組んでみることも出来ますが、微細な表現や迫ってくるようなリアリティは得られません。このようなものを必要とされる場合は高価ですが VIENNA をお勧めします。

また、HSO を使いこなせないのであれば EWQLSO や VIENNA は絶対に使いこなせません。
まずは HSO を十分使ってみてそれから物足りない部分を感じたとき初めて検討すればよいと思います。EWQLSO も良い音源ですが、コストパフォーマンスでは圧倒的に HSO が有利ですし、ロングトーンが致命的に短いなどの欠点もありますので、初めてのオーケストラ音源としては私は HSO をお勧めしたいです。


ご清聴、本当にありがとうございました。

(2011.10.19 追記) 第2作品目、NHK大河ドラマより「篤姫」オーケストラ打ち込み版が完成しました。例によって HSO のみで構成しています。1作品目より良い出来に仕上がっていますので是非聴いてみてください。
atsuhime
■NHK大河ドラマ「篤姫」よりオープニングテーマ
http://fxshelves.blog84.fc2.com/blog-entry-112.html





関連記事
2

Comment

  1. 動物使い

    動物使い

    2011-07-10 (Sun) 14:08

    マイボさん、ご無沙汰しておりました。
    仕事の関係で DTM から遠ざかっていましたが再開したいと思います。それにしても大分前に頂いたコメントへの返信となってしまい申し訳ないです。

    さて、中間部のフルートとオーボエは一番気に入っている部分なので気合を入れて打ち込んだのを覚えています。EQ は特段触っていませんが、演奏者が体を乗り出して演奏するシーンをイメージしたりしながら Main Volume と CC11 を駆使しています。この曲の中で最も生っぽい部分だと思います。

    その後、マイボさんの高級音源の調子は如何ですか?使い方にも慣れましたでしょうか。またブログにも遊びに行きますね。それでは!
  2. マイボ

    マイボ

    2011-06-15 (Wed) 00:12

    確かに中間部のフルート&オーボエの音は秀逸だと思います。やわらかく、そして同時に掠れた表情もでていて曲想にもあっていますね。これはEQかなにかで、音作りをされたんですか?

    あと、ソロヴァイオリンの音が利いているあたりの静かなメロディもいいですね。とても繊細な感じ。HSOの微弱音に不満を持っておられるようですが、アラを探すような聴き方をしなければ、全体としてとてもいい感じの打ち込みに仕上がっていると思いましたよ。ブラボー!

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。