カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

84

Cubase 6:タップテンポ機能とテンポの検出


こんにちは。
今日はとある方からご質問を頂いた「タップテンポ機能」についてお話してみたいと思います。

まず、「タップテンポ機能」って何ですか?ってことなんですが、皆さんもオリジナル曲を作るばかりではなく、世の中にある色々な曲をカバーしたりすることはありますよね。YouTube なんかにもカバー曲は色々アップされています。

こういった既存の曲を打ち込んでいくとき、オリジナル曲のテンポをどうやって自分のカバー曲に反映させたらいいでしょうか?まぁ、耳で聴いて「大体こんなテンポかな?」って合わせればいいんでしょうけども、出来れば本物となるべく同じテンポを設定したいものです。

他にも、ギターやベースなどリアルタイムで弾いて打ち込まれる方も「最初のテンポをキープしたい」と言った要求はあるかと思います。

タップテンポ機能は簡単に言うとテンポを自分でタップして(叩いて)そのテンポを DTM/DAW ソフトに反映させてしまおう!と言う機能です。それだけでは寂しいので、そのテンポに合わせてビートを刻んでくれたりシンコペーションのビートを再生してくれたりするようなものもあります(専用の機材を買わなければいけませんが)。

ギタリストさんはこんなブログが役に立つかも
http://widewindows.com/blog/gen/index.php?e=29&PHPSESSID=065703f386ebf3e008a9a441c7823401


と言うことで、今日は Cubase 6 で簡単に出来るタップテンポ機能を紹介していきます。

まず、[プロジェクト]メニューの「テンポの計算」を選択してください。こんな画面が出てきます。ここで[タップテンポ]ボタンを押します。さぁ、お気に入りのミュージックを聴きながら、そのテンポに合わせてスペースキーかマウスをクリックしてみましょう!

TempoCalcurate

数回やってみてください。それに応じてあなたが入力したテンポが表示されます。表示されるテンポは入力した回数で割った平均値のようですね。これで聴いている曲のテンポが分かりました。後はプロジェクトに反映させればいいですね。[OK]ボタンを押した後、[テンポトラックの開始位置]ボタンを押せば、それで出来上がりです。

TapTempo

あらかじめテンポを反映させたい範囲を選択しておいてからその部分にテンポを適用させるには[選択範囲の開始位置]ボタンを押します。テンポの反映範囲はエディット単位やノート単位でも可能です。簡単ですね。


その他、Cubase にはオーディオデータに MIDI のテンポを合わせたり、Cubase 6 ではドラムのテンポを自動検出したりする機能もあります。ドラムテンポの自動検出機能は Cubase 6 の新機能でしたね。チョットやってみましょうか?

適当なドラムのオーディオデータを用意します。別にドラムのオーディオデータでなくてもいいみたいですが、ま、とにかくテンポが識別できそうなオーディオデータを用意します。今回は簡単なドラムデータを用意しました。テンポは 110 で演奏されています。さぁ、ちゃんと 110 で認識してくれんでしょうか?



TempoDetectTest

オーディオデータを選択し、[プロジェクト]メニューから「テンポの検出」を選択します。 そして現れた Windows の「分析」ボタンをクリックすると、、、こんな感じになりました。「拍子」と「テンポ」シートが増えてなにやら検出したテンポと拍を表示しているようです。

TempoDetectResult

確かに 110 付近の値を表示しています。テンポシートにたくさんの□があることからテンポが微妙に異なって検出されていることもわかりますが全体を通して 110 を中心にほぼ一直線にテンポ検出されています。また、拍子も正しく取れていることが見て取れます。う~ん、なかなかやるじゃないか。

よ~し、今度はもっと難しいやつを食わせてみよう。。。お楽しみに!




関連記事
  • Date : 2011-07-13 (Wed)
  • Category : Cubase
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。