カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

86

HALion 4 (Steinberg) 発売


みなさん、こんにちは。

HALion4

ブログネタ的には若干時期を外してしまっている感がしますが、HALion 4 が発売されてますね。発売が7月頭ですから半月ぐらい遅れちゃってます。Cubase 6, HALion Sonic と続いて HALion 4 ですからこのところの Steinberg の攻勢は激しいですね。YAMAHA の資本が流れて動きが活発化したんでしょうか。Cubase ユーザにとってはありがたい話です。

さて、HALion 4 はご存知 Steinberg が手がけるバーチャルサンプラーで、Steinberg の説明によると、新世代サンプル&バーチャルアナログシンセシスエンジン、マルチモニターにも対応したカスタマイズ自在なワークスペース、44エフェクト、VST 3.5 サポート、そして1,600プリセット / 15GB のサウンドライブラリーを備えた製品だそうです。



ところでバーチャルアナログシンセとかサンプラーってよく聞くけど、何が違うか分かりますか?私もよく分かってませんが、Wiki にそれなりの説明を発見しました。

■ソフトウェア・シンセサイザー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC

つまり、音源には大きく分けてサンプラーとバーチャルアナログシンセの2つに分けられて、それぞれ音の出し方が違うということですね。どちらも本物と同じ音を出すためのアプローチです。

サンプラーの発想は笑っちゃうほど単純で「本物と同じ音を出したいなら本物の楽器の音を録音してしまえ!」ってこと。現在世にあるピアノ音源やオーケストラ音源などのアナログ楽器の音源はほとんどがこの方式。可能な限り高音質で1音1音録音した結果、大量のハードディスクを必要とするようになり、またそのアクセスにもマシンパワーが必要となってしまったんですね~。DTM をするには大量の ROM/RAM が必要と言われる所以はここにあります。

一方、バーチャルアナログシンセは主に電子回路で構成される楽器類やシンセサイザーに適用される方法で、「最近のパソコンは賢くなったんだから昔の電子回路ぐらいパソコン上でエミュレートして同じ音を出してしまえ!」ってことです。さらに、「音を構成するための波形やオシレータなどを自由に組み合わせ出来るようにして好きな音も作れるぜ」、ってのがシンセサイザーですね。オルガンやギターなどのビンテージ楽器(昔の名機)は主にこの方法で再現されています。

で、HALion 4 は「新世代サンプル&バーチャルアナログシンセシスエンジン」搭載ですから、訳すと「新時代のサンプル音をたくさん入れたサンプラー音源とアナログシンセ音源の両方を搭載したどっちでも行けるぜ!音源」と言うことになります。

サンプラー音源として 1,600プリセット / 15GB のサウンドライブラリーの中から好きな音色を選んで使用するも良し、バーチャルアナログシンセとして自ら新しい音を作り出すも良し、ってこと。さらにエフェクトも44種類も付いてるから出した音に色付けをすることも簡単ですよってこと。つまり「なんでも出来ますから初心者さん買ってください!」ってことですね(笑)。

ちなみに 1,600プリセットと言うのは総合音源の中でもかなり多い部類に入りますし(こちらを参照)、15GB と言う容量もなかなかのものになります。注意としては HALion Sonic の音色をそのままサポートしていますから、HALion Sonic を持っている人は大半がかぶってしまうことになります。

■HALion 4
http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html

じゃあ、実際どんな音がするんでしょうか?デモソングを聴いてみましょう。Steinberg の HP に4曲ほどアップされています。お勧めは1曲目と4曲目でしょうか。それぞれシンセ音源とサンプラー音源の音を聴くことが出来ます。

■HALion 4 デモソング http://japan.steinberg.net/jp/products/vst/halion/start.html#/halion4_demo_songs

1曲目はシンセティックな音色の曲。シンセサウンドを扱った曲を評価するにはその高音域のクリアな伸びと中低音の太さ聴いてみるといいでしょう。また、聴き終わった後に爽快感が残るかも私は大事かと思います。

4曲目はサンプラー音源色の曲。ピアノなど名前の分かる楽器も随所に使われているはずです。曲を聴いて各楽器の音がリアルに聴こえるかを評価してみては如何でしょうか。個人的はこの価格帯の製品としては良い部類に入るのではないかと思っています。


HALion 4 のユーザインターフェースは基本的に HALion Sonic のそれを踏襲しています。HALion Sonic についてはこちらで紹介していますので見て頂けば良いのですが、実際に使ってみて操作性はかなり良い出来に仕上がっています。さらに Steinberg の製品ですので Cubase との相性も完璧で Cubase ユーザがとりあえず買ってみるマルチ音源としてはなかなかのものではないかと思います。また、HALion 3 と完全互換であり優待価格が適用される(2011/4/7 以降 HALion 3 を購入された方)ことから、HALion 3 ユーザにも手を出しやすい製品と言えますね。

HALion 4 の価格ですが、実勢で 36,000円ぐらい。もっと高いのかと思ってました。HALion Sonic が 1,200音色、12GB で 27,000円ぐらいですから、これだったら HALion 4 の方がお得な気がします。単純にサンプラーとしてのみ使用するのであれば Sonic の 1,200音色でも十分だと思いますが、音作りを重視される方は HALion 4 の方が良いように思います。

最後に、HALion 4 はいわゆる総合音源の1つです。総合音源はたくさんの音色を幅広く集めた広く浅く的な音源であり、少しディープな領域に踏み込もうと思ったらもの足りなさを感じることもあると思います。そのときは専用音源の導入を検討すればよいわけですが、とは言え最近の総合音源の質は日増しに良くなってきており、簡単に曲を作るぐらいであれば十分に用を達してくれるレベルになっていると思います。また、スケッチ目的であれば動作も軽めですし重宝するのではないでしょうか。

私も HALion Sonic のお試し版の試用期限が過ぎてしまったし、検討してみようかな~。
それでは。




関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。