カテゴリ

openclose

べんりな検索

動物使いのつぶやき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

87

Cubase 6 新機能:超便利!オートメーション編集機能


いや~、Cubase 6 にバージョンアップしてからはや3ヶ月以上経ちますが、いろんな機能が追加になっていてなかなか気に入っています。今日はその中で特に気に入っているオートメーション編集機能について紹介します。

この機能、Cubase 6 で追加となった Note Expression と言う機能の中の1つなのですが、要は音のパラメータを簡単に操作できる機能です。幾つか例を挙げてみます。

AutomationEdit1

この図はピアノの打ち込みの一部ですが、最後の部分をアルペジオ(和音を同時に鳴らすのではなく下から1音ずつずらして弾く奏法)で演奏するようにしています。このとき高音域になるほど音を小さくするのは生っぽさを演出するための打ち込みの基本テクニックです。

今まではそれぞれのベロシティを1つずつ設定していたのですが、オートメーション編集機能を使うと簡単。まず、対象となる音をまとめて選択するとベロシティのところの色が変わりますので、そこにカーソルを合わせます。するとカーソルアイコンが変わってなにやら操作が出来そうです。下にドラッグしてみましょう。,,,非常に申し上げにくいのですが、以上で終了です。

AutomationEdit2 AutomationEdit3

今度は全体的に音量を小さくしたい場合ですが、真ん中のつまみを使って下に引っ張ります。以上です。ぬぅわんて簡単なんだ~~~~~~~~!

AutomationEdit5

さらにピアノの右手と左手を1つのエディットにまとめて打ち込んでいる場合も問題ありません。例えば左手の音のみを操作したい場合、まず左手の音のみを選択します。そして例によって好きに引っ張ってください。今度は全体的に音量を下げてさらに音が段々大きくなるようにしてみます。真ん中のつまみを下げて、右のつまみを上げて、左のつまみを下げる。このとき選択されたノートのみのが編集の対象になるのでとっても便利なのです。

AutomationEdit6 AutomationEdit7 AutomationEdit8

さらに、オーケストラ楽器のような音を出した後も音量の変化が付けられる楽器の場合はさらに便利です。やり方は同じ。例えば HALion Symphonic Orchestra の場合は CC11 で音量のコントロールをしますが、こんな感じで好きなように間単に編集できてしまいます。

AutomationEdit9

さらにさらに、この黄色丸のボタンも操作してみてください。全体の縮尺を切り替えられます。全体的に表現を大きくしたいとか言う場合に使用できます。もう、まいっちんぐマチコ先生です(はい、歳がバレた~!)。

AutomationEdit10

素晴らしいオートメーション編集機能ですが、欲を言えば横方向の編集も出来れば完璧だったと思います。例えばディミニエンドをさせているときに、その終了ポイントをもっと長くさせたいとか言う要求があります。Steinberg, YAMAHA の両先生、よろしくお願いします!

最後に、これらを駆使して作ったピアノ曲を紹介しておきます。曲目は皆さんご存知「篤姫」のメインテーマです。いやー、篤姫よかったですね。思い出深い方もたくさんおられませんか?このブログでお聞かせ出来れば良かったのですが、版権物ですのでこちらから聴いてください。いずれ YouTube にアップしてブログに引っ張ってこようと思います(音質悪くなりますが)。

■篤姫(Piano Version)
http://musictrack.jp/musics/39152

それでは。




関連記事
  • Date : 2011-07-24 (Sun)
  • Category : Cubase
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

動物使い

Author:動物使い
DTM/DAW を中心とした音楽関連の話題を綴ってます。
音楽に興味のある方、ブロともなりましょう!
応援よろしくお願いします!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

Ewql買うならまずメモリ増やすでしょ……。
あと、マルチモニターするならi7でも7000円くらいのグラボをつけた方がいいと思います。

05/22 17:22 

初めまして。
Pianoteqの情報から物理モデリング音源の記事という経緯で拝読しました。

数年前Viennaの試用感から、DTMでの管弦楽再現にある種諦観を抱き、
情報収集

05/18 23:23 Ryu

小さな動きがあるだけでも、動物使いさんがご健在だと伺うことができ嬉しく思います。
このコメントがプレッシャーになってしまっていたらすみません。
月並みな言葉です

05/07 03:48 たつろす

篤姫のピアノカバー感動いたしました。
この曲のピアノカバーはいくつか聴きましたが、動物使い様のものが私は一番好きです。

10/25 00:38 mikan

Ivory II Italian Grandは
別のピアノ音源の比較と同じ設定なんですよね?
こちらではとてもリアルで、ほうほうこれがItalianなのかと思ってしまいます
低音が上手なの

06/06 03:00 reira

1上等なデジタルグランドピアノという感じの音
2ちょっとこもったような音色。とにかく暗い、表現は豊か
3重厚な感じで透明感がある、演奏はやや平坦、余韻が綺麗

06/06 02:43 reira
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。